千葉 競輪ライブ。 千葉けいりん

【千葉競輪】 2019年度ありがとうキャンペーン

千葉 競輪ライブ

千葉競輪場ってどんなところ? 千葉競輪場は、千葉県千葉市中央区にある競輪場である競輪場です。 1周500mバンクという広い競輪場でしたが、現在は新しい250mのドーム型競輪場に建て替えが決定しており、現在改修建て替え工事をしております。 今回は、過去の500mバンクだった時の予想のコツやデータを参照しながら紹介します。 また、改修工事に至った経緯なども合わせて紹介します。 千葉競輪場のバンクの特徴 1周500メートルの直線の長いバンクだが、カントが緩いためか早めの先行が打たれる400メートルバンクに近いレースが繰り広げられました。 捲りを決めるならバックストレッチで一気に仕掛けるしかなく、コーナーで仕掛けてもスピードは上がらず外にふくれる場合が多かった場所です。 このため、先行選手へのハンデは500メートルバンクの割に少ないが、仕掛け所を逃さなければどの戦法の選手でも勝利のチャンスはありました。 千葉競輪場の決まり手 決まり手は、差し-捲り残りや逃げ残りやズブズブが多いが、捲り — 逃げ残りという残り目も見受けられました。 そのためか本線に人気が集中する極端なオッズは少ないと言え、筋違いなのに低配当ということも多く存在していた競輪場です。 全国の競輪場の中で最も直線が短く、傾斜が浅いため逃げ有利なレースになりやすい事もあり、少し癖のある競輪場でした。 インが有利なため、激しい競りが繰り広げられ、落車や失格も他の競輪場に比べれば多く存在しました。 下記の決まり手のデータを紹介します。 なお2007年(平成19年)までは『秋桜杯』が毎年8月下旬から9月の間に開催されていたが、千葉競輪場の改修に伴い、2018年度については松戸競輪場で開催しました。 また現役時代「輪聖」と謳われた白鳥伸雄を称え『白鳥伸雄杯』が、競輪のGIレースの常連として活躍していた東出剛(2004年(平成16年)2月22日に胃癌のため39歳で死去)を称え『東出剛メモリアルカップ・グランドチャンピオン500』が開催されています。 千葉競輪場の予想のコツ 千葉が500走路であることを年頭に置いて推理するのは当然ですが、500走路にしては直線距離が短いので500だからと先行不利と決めつける必要はないでしょう。 500走路の中では先行逃げ切りが極めて多いバンクです。 平成9年度中期の決まり手を見ると、1着の決まり手では先行も捲りも17%台でほぼ互角でした。 逃げ残りの確率も高く、他の500バンクのように展開のアヤやゴール前のもつれを心配するより、力のある選手を中心に検討した方が良かった競輪場です。 500バンクにしては直線が短いので先行型のハンデは少なく、カント(傾斜)がゆるいのでコーナー捲りは不利でした。 4コーナーからのイン強襲はあまり伸びるコースがないので決まりにくい傾向にあったといえますね。 冬はバック向かい風で、夏はバック送り風だが、3月は日によって極端に変わるのを視野に入れないといけない場所でした。 千葉競輪場の存続と国際規格の250m屋内競技場に建て替え もともとは、市経済企画課などによると、千葉競輪場は老朽化に伴う大規模修繕費の財源確保が困難となり、市が平成27年1月、29年度末で廃止する方針を固めていました。 しかし、その後に運営を受託する日本写真判定(日写、東京都千代田区)が28年6月、国際規格の周長250m、屋内木製トラックを備えた多目的競技場に建て替えることを提案されました。 千葉市は2017年9月13日、事業継続に向けて検討していた千葉競輪場(同市中央区)について、自転車競技の国際規格を採用した多目的競技場に建て替えた上で、本格的に継続に取り組む方針を明らかにしました。 2020(平成32)年夏の東京五輪・パラリンピック後に開設する予定です。 老朽化した施設を一新することで観戦人口の増加を目指すとしているが、車券の売り上げが低迷する厳しい状況の中で、新規ファンの取り込みが課題となります。 そんな千葉改修にあたっての詳細を書きに説明します。 存続及び全面改修へ至った経緯 千葉競輪場は、屋内250メートル板張りバンクとしての存続が決定しました。 さらに2016年(平成28年)6月に日本写真判定は、現在の競輪場を国際自転車競技連合(UCI)公認規格に適合した「屋内250メートル周長の板張り走路」にする全面改修を自社で実施する提案を千葉市に行ないました。 なお1周250メートルの自転車競技場を競輪場として使用することは現時点では認められていないため、実現には経済産業省による基準の変更が必要となるが、千葉市は日本写真判定からの提案に基づいて検討を行なうことを表明しています。 予定された通り2017年9月に結論が出され、前述の「屋内250メートル周長の板張り走路」への全面改修による競輪場存続が発表されました。 500メートルバンクでは同年の12月15日-17日が最後の開催となり、2018年春から解体工事に入る予定(工事期間中も場外発売は実施)との報道がありましたが、2019年2月15日から解体工事に入っています。 メインスタンドを除く現競輪場施設の解体工事を同年秋まで行い、その後本体工事を行う予定で着工されました。 工事開始前々日の2月13日には選手会千葉支部の16人が最後のバンク練習をしました。 千葉市が国際規格導入へ動き出す 公営ギャンブルを管轄する経済産業省は現在、250mトラックの競輪事業を認めていないが、競輪関係団体がレースへの導入に向けた動きをみせていました。 国際規格を導入することで、競輪以外の自転車競技の開催や練習場としての活用が見込まれるほか、新施設ではフットサルなどさまざまな競技にも対応できます。 敷地内には市民体育館や武道場も新設する予定です。 新施設の建設費は、国内で唯一、国際規格のトラックを持つ伊豆ベロドローム(静岡県)の総工費が約40億円だったことから、数十億円に上るとみられます。 建て替えに伴い、ファン獲得に課題 千葉競輪の存続が決まったこの日、同競輪場でレース観戦を楽しんでいたファンからは喜びの声が上がりました。 公営ギャンブルをめぐっては観戦人口の高齢化による収益悪化などが顕著になり、競輪も全国の自治体で撤退が相次いでいます。 千葉競輪場の車券売り上げは7年度の約652億円から、28年度には約114億円まで減少していました。 入場者数も24年度の8万8740人から5万3355人まで落ち込んでいます。 今回の存続決定により収益が伸びる保証はなく、新規ファンの獲得が急務とされます。 また、同競輪場の敷地約4万4300平方mのうち約3万1千平方mは国有地で、市は事業継続に向けて国有地部分を買い上げるとしているが、費用は数十億円に上るとみられます。 市民体育館の新設もあり、財政への影響も懸念される事でしょう。 千葉市は250mトラックの導入をアピールすることで、新たなファン層の獲得を狙っています。 千葉競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 現在は改修工事が進み、新しい競輪場へ生まれ変わろうとしている千葉競輪場ですが、過去はどんな競輪場だったのでしょうか。 過去の競輪場の歴史などを調べ紹介したいと思います。 千葉競輪場の概要&歴史 千葉競輪場は1949年(昭和24年)8月31日に開設されました。 過去に行われたビッグレースは、1977年(昭和52年)に第20回オールスター競輪、1972年(昭和47年)・1975年(昭和50年)・1976年(昭和51年)・1981年(昭和56年)・1984年(昭和59年)・1987年(昭和62年)・1996年(平成8年)・2000年(平成12年)に日本選手権競輪が開催された競輪場でした。 千葉の入場料 千葉けいりん場の入場料は100円。 一般席は無料です。 冷暖房完備の有料席もあり、メインスタンド特別観覧席3階500円・2階1,000円、ロイヤルルーム5,000円でした。 入場したら無料の出走表を忘れずに入手して、枠順・発走時刻をはじめ選手の年齢や出身地ギア倍数、競走得点、成績などの基本データが載っているものをもらう事が出来ました。 千葉競輪場のマスコット マスコットはライオンの姿をした「ライモン君」です。 20世紀最後の架空の生きものとして、1999年10月千葉競輪場のイメージキャラクターとして誕生したライオンと合体したハイパー悟空、ライモン君です。 千葉競輪場の応援団長として活躍しています。 千葉競輪場のアクセス アクセス方法は下記の通りになっています。 2km 京葉道路「貝塚IC」から 2. 4km 千葉東金道路「千葉東IC」から 4km.

次の

松戸競輪場(千葉県)の基本情報とライブ、開催日程、場外発売、予想ほか

千葉 競輪ライブ

国際規格に沿った1周250メートルの木製トラックを設置するドーム内 千葉市は、老朽化した千葉競輪場(中央区)の再整備事業を公表した。 現在の施設を国際規格に沿った1周250メートルの木製トラックを備え、音楽ライブなども開ける多目的スポーツ施設「千葉公園ドーム(仮称)」にリニューアル。 整備は日本写真判定(東京都千代田区)が担い、2020年度の完成を目指す。 市によると、ドームは地上3階地下1階建てで、敷地面積約2万7千平方メートル。 常設の観客席約3千席やレストラン、カフェ、ショップなども設置する。 整備費用約70億円は日本写真判定が負担。 同社は、現競輪場の運営を受託している。 同社が提出したイメージ図には、白いドーム屋根の競技場を背景に、周辺に集う市民が描かれている。 同社はドーム完成後、従来の競輪事業に加えて、国際的な自転車競技大会も誘致する。 自転車スポーツ以外にもゲームの対戦競技「eスポーツ」大会やドローンのイベント、音楽ライブの開催なども検討する。 市は敷地を国から取得する方針。 また、18年度予算案に約9億3千万円を計上し、今春にも現競輪場の解体工事に取りかかる。 工事期間中の主催レースは、18年度は松戸競輪場(松戸市)と川崎競輪場(川崎市)で行う。 熊谷俊人市長は「日本の自転車スポーツの発展につながる新たな挑戦で緊張している。 競輪業界の理解を得ながら、事業を成り立たせたい」と述べた。 千葉競輪事業を巡って、市は15年1月、業績低迷を理由に廃止の方針を提示。 しかし、翌16年6月に同社が再整備を提案したことなどから、昨年9月、事業継続へと方針を転換した。 現在の競輪場の敷地のうち、市はドーム予定地以外の土地に新たに体育館などを建設する予定。

次の

「千葉公園ドーム」整備 20年度完成目指す 競輪場間もなく解体へ

千葉 競輪ライブ

国際規格の屋内多目的競技場に建て替えての存続が決まった千葉競輪場 Photo: Naoi HIRASAWA 千葉市は9月13日、事業継続に向けて検討していた千葉競輪場(同市中央区)について、自転車競技の国際規格を採用した多目的競技場に建て替えた上で、本格的に継続に取り組む方針を明らかにした。 2020(平成32)年夏の東京五輪・パラリンピック後に開設する予定。 老朽化した施設を一新することで観戦人口の増加を目指すとしているが、車券の売り上げが低迷する厳しい状況の中で、新規ファンの取り込みが課題となる。 国際規格導入へ 市経済企画課などによると、千葉競輪場は老朽化に伴う大規模修繕費の財源確保が困難となり、市が27年1月、29年度末で廃止する方針を固めた。 その後、運営を受託する日本写真判定(日写、東京都千代田区)が28年6月、国際規格の周長250m、屋内木製トラックを備えた多目的競技場に建て替えることを提案。 市が存続の可否を再検討していた。 公営ギャンブルを管轄する経済産業省は現在、250mトラックの競輪事業を認めていないが、競輪関係団体がレースへの導入に向けた動きをみせている。 国際規格を導入することで、競輪以外の自転車競技の開催や練習場としての活用が見込まれるほか、新施設ではフットサルなどさまざまな競技にも対応できる。 敷地内には市民体育館や武道場も新設する予定。 新施設の建設費は、国内で唯一、国際規格のトラックを持つ伊豆ベロドローム(静岡県)の総工費が約40億円だったことから、数十億円に上るとみられる。 現施設でのレース開催は今年12月で終了。 場外車券販売は継続しつつ、来年2、3月ごろに解体を始める。 ファン獲得に課題 千葉競輪の存続が決まったこの日、同競輪場でレース観戦を楽しんでいたファンからは喜びの声が上がった。 30年来のファンという千葉市中央区の荒井善一さん(70)は「高齢者が遊べる場所が少ない中、低額で遊べる競輪が残ってうれしい」と笑顔で話した。 一方、公営ギャンブルをめぐっては観戦人口の高齢化による収益悪化などが顕著になり、競輪も全国の自治体で撤退が相次いでいる。 千葉競輪場の車券売り上げは7年度の約652億円から、28年度には約114億円まで減少。 入場者数も24年度の8万8740人から5万3355人まで落ち込んだ。 今回の存続決定により収益が伸びる保証はなく、新規ファンの獲得が急務とされる。 存続は決まったが長期的な競輪の人気低迷もあり課題は多い =9月13日、千葉市中央区弁天(牧山紘子撮影) また、同競輪場の敷地約4万4300平方mのうち約3万1千平方mは国有地で、市は事業継続に向けて国有地部分を買い上げるとしているが、費用は数十億円に上るとみられる。 市民体育館の新設もあり、財政への影響も懸念される。 月1度のペースで競輪場に足を運ぶという同市中央区の会社員、広瀬美沙さん(26)は「存続はうれしいけれど、来ている人の大半が団塊の世代。 若い世代を引き込めないと今後は厳しい」と話すなど、将来性を危惧する声も上がる。 千葉市は250mトラックの導入をアピールすることで、新たなファン層の獲得を狙う。 熊谷俊人市長は13日、報道陣の取材に対し「新施設を自転車の聖地にして、市のスポーツ振興につなげたい」と話した。 (より) この記事のタグ.

次の