商社 株。 商社株 おすすめ銘柄ベスト3!

商社株 おすすめ銘柄ベスト3!

商社 株

堅調な株式市場の中で放置されている大手商社株 第2次安倍政権が誕生してから株式市場は堅調を維持しています。 2013年末には一時16,000円台を突破した日経平均株価は、その後、14,000円まで下がったものの、最近では15,000円を回復するなど、一定のボックスの中で動いており、15,000円を突き抜けてさらに上昇するかどうかといったところに注目が集まっています。 この間、不動産会社、ゲームアプリ会社、バイオ関連会社などの間を資金が行き来し、大きく上昇する銘柄もしばしば見られました。 中にはPER、PBR等の投資指標からみると明らかに割高であるものの、勢いそのままに上がり続けるような銘柄もありました。 そのような中で地味な動きを見せているのが大手商社株です。 三井物産、三菱商事、住友商事、伊藤忠商事、丸紅といった誰もが知る銘柄が、投資指標からみるとかなり割安な状態で放置されています。 なぜ、この大手商社銘柄に資金がなかなか向かわないのか検証しながら各商社が最近打ち出している株主資本効率化の動きを追ってみました。 1 商社が歩んできた歴史 個人的には大手商社銘柄が割安に放置されている理由の1つに商社の歴史があるのではないかと考えています。 商社は一昔前まで今とはだいぶ異なった事業展開となっています。 以前は「仲介」が事業の主でした。 つまり、メーカーと流通業者などの間に入って国内外で取引を行って、そこで手数料を稼ぐというのが商社の仕事でした。 金額が大きくても手数料はごくわずかであり、売り上げが大きい割には利益が少ない企業でした。 特にバブル崩壊後、「商社冬の時代」と言われる時期があり、バブル崩壊による不良資産の処理のみならず、メーカーが少しでも利益を稼ごうと、仲介者である商社を間に入れず、直接取引をするようになったり、取引をしていた商社の数を減らしたりする動きが見られました。 この時代はメーカーの就職説明会に行けば、「商社不要論」が実しやかに語られたりもしていました。 この「商社冬の時代」「商社不要論」がどうしても拭いきれないでいる投資家もいるのではないでしょうか。 2 商社に対する見方を変えるべき もしも、このような見方をしているのであれば、商社に対する見方を変える必要があります。 今や商社は「ミネラルウオーター」から「人工衛星」まで何でも扱う事業会社となりました。 そして、ただ単に仲介をしているわけではありません。 産業の川上から川下まで抑え、その事業に積極的に関わり、あらゆる段階で利益を上げようとしています。 ただ、どうしても商社につきまとうのは、「資源株」という見方です。 仲介ビジネスでの収益が期待できなくなった商社は資源分野 石炭、鉄鉱石、石油、LNG、LPGなど への投資を積極化しました。 石油価格の上昇などを受け、商社もその恩恵を少なからず受けましたが、その後に待っていたのが「石油などの資源価格に左右されるのではないか」という見方です。 商社株に懸念を抱く投資家の多くはどちらかといえばこちらの懸念の方が強いのではないでしょうか。 ただ、商社側も資源分野への投資による好業績に胡坐をかいているわけではありません。

次の

コロナショックと原油安で「二極化」進む? 商社が迎える試練: J

商社 株

総合商社とは 現在、総合商社とは、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、豊田通商、双日の7社で 「七大商社」と呼びます。 割安な高配当株として人気です。 借金が多かったり世界景気の影響を受けやすかったりデメリットもあります。 総合商社が気になる方は インカム狙いの長期投資家が多いかと思います。 これを比較することで、いままで高配当利回りだったのが今後どうなっていくのかが少し読み解けるかと思います。 伊藤忠商事と豊田通商が増益で、それ以外は減益でした。 丸紅と住友商事は大きい一過性損出を計上したためかなり減益しています。 7大商社の決算まとめ こちらはそれぞれの銘柄の詳細なまとめです。 また、決算前の内容にはなりますが、それぞれのファンダメンタル分析の記事のリンクを貼りましたので、気になる方は参照ください。 双日 【2768】• 6%の減益。 配当性向30%を目安に出す予定です。 業績予想は20年6月まで新型コロナウイルス感染症が続く前提での減益です。 新型コロナウイルス感染症が20年6月以降も長引く場合は、1か月ごとに-80億円の減益インパクトがあるとのことです。 赤字の原因は 一過性の減損損失ということで、石油・ガス開発事業における固定資産の減損損失や、のれんや各種投資の減損だそうです。 (15円予定)• よって、業績が予想以上に良い場合は15円から増える予定です。 2%です。 赤字決算発表前は配当利回り7%だったのでだいぶ下がってしまいました。 丸紅では一過性損失で赤字ということだったのですが、他の総合商社も2016年頃に同じく一過性損失をすでに出していました。 そのときは丸紅は出していなかったので、今期では一気に損失計上が必要だったのかなという印象です。 (詳細はわかりませんが) また、原油価格暴落が総合商社の業績に大きく影響を与えるのかと思っていましたが、決算資料では原油価格暴落などの影響はそれほど書かれていませんでした。 コロナウイルスや世界的な需要減の影響のほうが大きいようです。 決算前の総合商社の配当利回りは平均6%ほどだったので、EPS(一株利益)が半分になって配当性向据え置きだと仮定した場合、総合商社の配当利回りは平均3%に減ることになります。 しかし、配当性向は30%前後なので、配当性向を60%以上に上げれば配当を維持することもできます。 ここは商社ごとで配当の方向性が違うみたいなので要注目です。 今ならどの銘柄がおすすめか? 今の段階でおすすめできそうなのは、 伊藤忠商事と 三菱商事です。 伊藤忠商事は今回のIR資料を見る限り、一番コロナの影響を受けていません。 減益予想ですが、他の銘柄より影響度が少なそうです。 また、配当も累進配当を継続するとのことで安心感が高いです。 他の銘柄は大きな減益と減配で難しいところですが、必要以上に株価が下がった場合は検討の価値がありそうです。 業績が戻りさえすれば、総合商社は長期で見たときに増配傾向があるので、トータルでのリターンを見たときの仕込み場が来るかもしれません。 まとめ• コロナの影響が出て減益の商社が多かった。 業績予想未定、配当予想未定の銘柄が半分くらいだった。 原油価格暴落の影響はあまり無いようだった。 丸紅と住友商事は大減益でしたが、それは一過性損出の影響が大きい。 累進配当を宣言していない銘柄は今後の配当が不透明になっている。 総合商社は配当性向が低いので、長期で見たときの安心感はある。 総合商社のファンダメンタルをより詳細に分析した記事も書いていますので、総合商社が気になる方はこちらもどうぞ。

次の

住友商事の配当利回りは驚異的!他の商社株を圧倒|株で生活を豊かにする

商社 株

2020年3月9日 20:00 企業概要 伊藤忠商事(8001)は、1949年設立の繊維業を祖業とする非財閥系の大手総合商社。 288の子会社・関連会社および9つのセグメント(「その他」含む)で構成され、傘下には、Doleやファミリーマート、伊藤忠テクノソリューションズやコネクシオといった多くの有力企業を擁しています。 繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において幅広いビジネスをグローバルに展開しており、バランスの取れた事業ポートフォリオを構築しています。 また、海外展開では、2015年、中国最大のコングロマリットであるCITICグループ、タイ最大で世界有数のコングロマリットであるCPグループと戦略的・資本提携をし、中国で、強みを持つ生活消費関連分野での事業展開を行っています。 食料や繊維など非資源分野の好調をけん引役に、安定した業績推移を維持してきた同社。 足元でも前期の一過性利益の反動減を堅調な事業業績でカバーしながら高水準のキャッシュフローを生み出しています。 子会社化したヤナセの収益改善、ファミリーマートの利益成長も寄与しており、最高益水準を維持する見通しとなっています。 注目ポイント 新型肺炎による影響については、短期的にはヘッジ済みとのことで業績への影響は軽微としていますが、どの程度続くかは不透明であり、それは他の投資先同様に注視しておく必要があります。 非資源分野での事業分散効果によって安定して高水準の最終利益を確保することができており、資本の蓄積が順調であることから、財務状況も良好です。 有利子負債は前期末比1. 3%減の2兆9444億円に。 現金等は2. 3%増の5855億円となり、ネット有利子負債は2. 4%減の2兆3491億円となりました。 この結果ネットDEレシオは前期末から0. 05ポイント改善し0. 76倍となっています。 事業の堅調推移によって生み出す潤沢なキャッシュが財務体力を充実させていることが伺えます。 また、同社はキャッシュフローを重要視した経営方針を取るとしていますが、具体的には厳選した新規投資とともに回収も進めることで、財務の安定を実現しています。 例えば、2019年3月期は約5000億円の新規投資を実施した一方で、事業売却によりそれとほぼ同額となる約4800億円の投資回収を行っています。 継続的な資産の入替は総合商社の特徴ですが、中でも同社はそれが上手くいっていると見受けられます。 年間配当についても増額修正が期待できそうです。 同社は今期の配当について前期比2. 0円増の85. 0円とするとしていますが、キャッシュフローの好調な獲得や現預金の厚さなどを考慮すると、さらなる増配も期待できると思います。 また、自社株買いが開始されたことで、発行済み株式数が減少し、一株当たりの価値が上がることになります。 配当利回りでは総合商社最下位ですが、三菱商事同様「累進配当方針」を掲げたことも、個人投資家にとって魅力が上がるエッセンスとなると思われます。 【PROFILE】戸松信博(とまつ・のぶひろ):1973年生まれ。 グローバルリンクアドバイザーズ代表。 鋭い市場分析と自ら現地訪問を頻繁に繰り返す銘柄分析スタイルが口コミで広がり、メルマガ購読者数は3万人以上に達する。 最新の注目銘柄、相場見通しはメルマガ「」にて配信中。

次の