東京電力 採用。 東京電力HDの新卒採用の倍率とは!? 就職難易度は今も高い?

東京電力へ転職する方法!中途採用情報や評判・口コミも紹介!

東京電力 採用

東京電力ホールディングスの雇用条件 東京電力ホールディングスの雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。 初任給は学部卒で206,000円ですので、残業代を考慮すると東京電力ホールディングスの1年目の年収は283万円を超えて来るでしょう。 初任給 総合職(事務系・技術系) 修士了 230,000円 学部卒 206,000円 高等専門学校専門科修了(学士) 206,000円 高等専門学校本科卒 181,000円 短期大学卒 171,000円 専門学校卒 171,000円 昇給・賞与等 諸手当 時間外手当、作業手当等、通勤交通費全額支給 昇給 原則年1回 賞与 年俸制を採用 福利厚生 年間休日120日以上、完全週休2日制、社宅家賃補助制度、時短勤務制度、産休・育児休暇取得実績あり 参考• 東京電力ホールディングスの採用情報 東京電力ホールディングスに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。 東京電力ホールディングスが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。 学歴 東京電力ホールディングスの就職は、大学、大学院卒の理系がメインになります。 内定者の学歴に関しては、「東京大学」「東京工業大学」「東京理科大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。 また、「埼玉大学」や「宇都宮大学」などの駅弁クラスの学生も採用しているようです。 採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「駅弁」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。 求める人材 東京電力ホールディングスの求める人材像は以下の4つです。 何が問題かを洞察し、新たな価値を創造できる広い視野と想像力を持つ人• 難しい課題に自ら取り組むことができるチャレンジ精神が旺盛な人• 上司や同僚などを巻き込み、分かりやすく伝えることができるコミュニケーション能力が豊かな人• 課題の解決に向けて、あきらめずに最後までやり通して成果を出せる人 また上記の人材像に加え、東京電力ホールディングスの社長や採用担当者は、就活生に「ゼロからイチを生み出すイノベーションを起こせる能力」を期待しているようです。 面接においても、学生時代にイノベーションを起こすためにしたことや失敗経験、経験から学んだことや活かせることを話せると良いでしょう。 語学力 語学力は特に求められていないようです。 しかし、海外での事業に携わりたいという人は語学力を身に着けておくと入社後に役立つ可能性があります。 東京電力ホールディングスの良い点(魅力) 東京電力ホールディングスの良い点(魅力)は、 大手電力会社ならではの安定性とチャレンジ精神にあります。 大手電力会社ならではの安定性とチャレンジ精神 東京電力ホールディングスは日本国内の電力の30%を供給しており、首都圏を中心に日本の電力インフラを支えています。 そのため、日本の電力需要がなくならない限り、東京電力ホールディングスの需要は無くなることはなく安定的な企業です。 しかし、東京電力ホールディングスは福島原発以降、福島の復興支援や被災者に対する賠償などの責任問題を抱えています。 そんな中、近年は発展途上国に発電所を作るなどの海外進出や大規模プロジェクトにも積極的に取り組み、新たな収益基盤の確保と企業価値の回復に尽力しています。 そのため、事業だけでなく、ダイバーシティの推進や女性の管理職登用などの社内の職場環境の改善などにも取り組んでおり、イノベーションを重視しています。 そのため、東京電力ホールディングスで電力の安定供給に貢献するだけでなく、様々なことに挑戦してイノベーションを起こしたいという人におすすめの企業です。

次の

【面接対策】東京電力ホールディングスの中途採用面接では何を聞かれるのか

東京電力 採用

試用期間なし• 実力主義の給与体系・評価制度を導入• 年間休日120日以上• 福利厚生が充実• 教育・研修制度が充実• 時短勤務制度あり• 産休・育児休暇取得実績あり• 当社では、日常業務を通じた指導(OJT)を基本としながら、個別の専門知識・技能の付与を目的とした種々の集合研修など、職場外における教育・訓練(Off-JT)を実施しています。 技術系社員の場合、新入社員導入研修後、配属される職場でのOJTと職務部門毎の知識付与を目的とした集合研修を実施し、専門性を高めていきます。 当社では、日常業務を通じた指導(OJT)を基本としながら、個別の専門知識・技能の付与を目的とした種々の集合研修など、職場外における教育・訓練(Off-JT)を実施しています。 技術系社員の場合、新入社員導入研修後、配属される職場でのOJTと職務部門毎の知識付与を目的とした集合研修を実施し、専門性を高めていきます。 各業務における推奨資格や通信教育のご紹介や費用補助などの制度があります。 採用実績(学校) <大学院> 東京大学、京都大学、東京工業大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、横浜国立大学、東海大学、工学院大学、日本大学、熊本大学、神戸大学、金沢大学、岩手大学、東京都市大学、芝浦工業大学、法政大学、中央大学、青山学院大学、明海大学、新潟大学、長岡技術科学大学、信州大学、静岡大学、山梨大学、千葉大学、埼玉大学、茨城大学、群馬大学、宇都宮大学、東京農工大学、電気通信大学、筑波大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学、上智大学、同志社大学、立命館大学 <大学> 東海大学、東京大学、東京工科大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、秋田大学、いわき明星大学、岩手大学、宇都宮大学、大阪大学、鹿児島大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、九州大学、京都大学、近畿大学、熊本大学、群馬大学、工学院大学、神戸大学、埼玉大学、佐賀大学、芝浦工業大学、信州大学、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学、日本工業大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、早稲田大学 採用実績(人数) 2017年 2018年 2019年 2020年 予 ----------------------------------------------------------------------- 大卒 183名 150名 193名 258名 短大・高専卒 23名 12名 20名 15名.

次の

【面接対策】東京電力ホールディングスの中途採用面接では何を聞かれるのか

東京電力 採用

の大卒・短大卒・高卒の年収 の年収も、大卒・短大卒・高卒で年齢が経過すれにつれて差が出てくる傾向があります。 そこで、一番年収差がつく50歳の時の年収で、大卒 高卒までの年収を比較しました。 東京電力の平均年収が10%カット 福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故や電力供給低下に伴い、東京電力が社員の人員削減と給与カットを発表した。 人員削減等の理由は賠償金にあてるということだが・・・このことに国民はお怒りの様子です。 ネットでは「たったの十パーセントかよ」や「は? 1割? そんで許されると思ってんの?」、「税金投入するのにボーナスは支給されるのか?」 など多数の非難の声があがっているようです。 中には社員の問題発言があったり、色々と非難を今うけているのが現状です。 プラス賠償のために基本料金を上げるという設定も最近ではあるようです。 東京電力勤務10年目の平均年収 大学を卒業して10年働いたときの平均年収が約700万前後。 2011年3月期の有価証券報告書をみても、従業員数3万6683人の平均年間給与は、で約761万円にものぼる。 ボーナスは今期は半減しているらしいですが、約40万ほどももらっているようです。 東京電力は日本の企業の中でも相当平均年収が高いといわれている企業になります。 社員の約7割は高校卒や高専卒の現業社員で、約3割が大卒社員。 大卒に限定すれば、10年も働けば1000万円を超える水準になるようです。 ちなみに毎年東京電力の就職率は60倍ぐらいといわれています。 一流大学といわれるところから約50%の大学生が入社している状況です。 それでも約3割ほどは無名大学等から入社をしてたりするので、コネと運があればそれなりに入社できる企業ではないでしょうか。 最近ではよく批判を受けてますので一気に採用率も減りそうですが受けてみるにはいいかもしれません。 東京電力の中途採用は内ですがグループ等だとかなりあるようです。 東京電力のホームページにある採用情報に随時掲載されています。 募集する職種が多いため採用情報のページには、「まるごと仕事サーチ」というお仕事検索ページが設けられています。 採用情報 2014年、つまり2013年度末採用枠は、東電だけで 3,600人の人員削減影響で、新卒者も372人の採用に留まりましたが、2015年度採用は、 その約2倍、800人に増強する方針を掲げています。 内、その採用枠70人程度は福島の大学、高専、高校から採用を予定していますね。 人材流出1,500名の、補充目的があり、既に2016年の採用情報も、公式サイトに掲載中です。 昇給は原則、年1回、完全週休2日制、普通休暇15~20日、特別休暇の2種類があります。 関連コンテンツ 社員口コミによる、東京電力の評判 その昔は、家族的で比較的おとなしめの社風でしたが、国からの圧力もあり、コスト重視の姿勢に切り替わり、ここ数年は、一般企業の体質に似てきている部分があります。 部門間の障壁は、やはり濃厚で、横ではなく、縦方向に系統が別れた、部門別の別会社のような様相がいまだありますね。 戦前の関東配電を母体とした、総変電部門や、日本発送電を前身に持つ、発電部は組織文化もまるで異なります。 安全に対する姿勢は、想像以上で、組織論理は部署の中では結束力が強いです。 そういう意味では、やはり公務員と同じ体質は、かなり色濃いものを感じます。 女性の管理職も存在していおり、産休短勤務は完備、出世を望まないなら、女性も働きやすいと評価されています。 待遇 年功序列が基本姿勢で、同世代間では、格差は生まれにくいと言われています。 本店勤務で、在籍10年未満は年収500万円くらい、人事による評価が、給与に反映されることは、稀かもしれません。 震災以降、大幅の人件費削減の影響で、今後も上る見込みは少ないですが、年棒制になったおかげで、上司より、高い給与と言ったケースも出てきています。 福利厚生は、以前があまりに厚遇ということもあり、一般企業並みになったと言えるかもしれません。 賞与も年俸に含まれており、主任クラスでは、震災前年収900万円、現時点年収700万円となっています。 可処分所得の割合多く、初任給は低く抑えられているのが特徴です。 今後 震災の影響でかなりの被害を与えた東京電力の責任は大きいですが、税金を使い社員にボーナスを与えている状態です。 今後は国営化されるよていですが、この利権は変わらないとおもわれるので年収はちょっと下がったとしても、それなりの年収はもらえるとおもいます。 2,3年は採用を行わない方針ということですが、この不評が終わればまた採用が始まると思われます。 東京電力の年収は相当いいですが他にも色々と同じような年収もあるので各地の電力会社もみてみるといいかもしれません。 電力会社の年収一覧•

次の