ここ から 琵琶湖 テラス。 びわ湖バレイ/びわ湖テラス

びわ湖バレイ(びわ湖テラス)人気のリフトとブランコからの風景が最高です!

ここ から 琵琶湖 テラス

5時間くらいです。 バスに乗るタイミングやロープウェイの混み具合にもよりますが、だいたいこれくらいかと。 また、JR大阪駅からJR志賀駅までは途中で乗り換えを挟み 1. 5時間くらいです。 新快速 超早い特急みたいなもの で行くと良いでしょう。 あと、JRは 進行方向に向かって右側の席を取れば、 走行中に琵琶湖を一望できます。 景色はこんな感じ。 大阪からのルートはこちら。 で、JR志賀駅を降りたらバス停へと向かいます。 バス停は志賀駅を出てすぐの場所にあります。 迷うことはないでしょう。 バスの発車時刻は、 山頂までは無理ですが、ロープウェイ駅までなら車で行くことができます! 駐車場はこちら。 Googleマップで見ると駐車場は一ヶ所ですが、実際は山の斜面に 「第15駐車場」くらいまであります。 で、 第15駐車場とかに停めちゃうとロープウェイ駅まで非常に遠いです。 ただ、駐車場からロープウェイ駅までシャトルバスが出ているので、それに乗っていけばOKです。 駐車場代はこちら。 平日 乗用車1,000円、バス1,500円、バイク500円 土日祝 乗用車2,000円、バス3,000円、バイク1,000円 私は過去2回、琵琶湖テラスに行きましたが、 どちらのタイミングも駐車場は激混みでした。 路線バスの窓か混み具合が見えたのです笑 ・大人往復 2,500円 です。 後述する 割引券を使うと300円引きになります。 チケットはこんな感じです。 ロープウェイの運行時間は以下。 この 最終便の直前はロープウェイが非常に混雑します。 待機列も長蛇になるので、早めに行動した方が良いです。 なお、運行間隔は15分です。 毎時 00分、15分、30分、45分 に出発します。 ロープウェイは1度に100人くらい乗れるらしいのですが、天気の良い休日など混んでいる日は何回か待ってようやく乗れる感じです。 私は過去に1時間くらい待ったこともあります。 そんなロープウェイですが 乗車時間は5分と非常に短いです。 凄い早いスピードで進むので、ちょっとしたアトラクションに乗ってる感覚になります。 公共交通機関がおすすめかなぁ〜と思います。 駐車場料金は高い 琵琶湖テラスの駐車場料金は、平日と祝日とで異なります。 平日 乗用車1,000円、バス1,500円、バイク500円 土日祝 乗用車2,000円、バス3,000円、バイク1,000円 休日だと2,000円するんですよね・・・。 で、琵琶湖テラスに行くにはロープウェイ代の大人往復2,500円もかかるので、 これだけで4,500円します。 山頂でも色々お金使うと思うので、安くはないなぁ〜と思います。 というわけで、 やっぱり公共交通機関がおすすめです。 帰りはタクシーがおすすめ 公共交通機関を使用する場合、 琵琶湖テラスからJR志賀駅まで帰る手段は2つあります。 ・休日の16:00〜17:00は、琵琶湖テラスから帰る観光客が集中して路線バスが激混み or 定員オーバーで乗れなくなるから 私は一度この「定員オーバー」で帰りのバスに乗れなくなった(1本見送った)ことがあります。 で、バスの本数は少ないので、待ってられずにタクシーを利用しました。 琵琶湖テラスからJR志賀駅まではタクシーで1,000円くらいです。 その時は 4人で乗ったので、ひとり250円ですみました。 ロープウェイを降りた先に客待ちのタクシーが数台停まっています。 そこで「バスが混んでいるからタクシーどうすでか〜」「相乗りしたら安いですよ〜」と勧誘をしてきます。 確かにその通りなのです。 というわけで、帰りのバスが混んでいたらタクシー利用がおすすめです。 ロープウェイの割引券を手に入れよう 琵琶湖テラスのロープウェイは、.

次の

はじめての琵琶湖ならこのルート!1泊2日観光モデルコース

ここ から 琵琶湖 テラス

琵琶湖バレイのカフェCAFE360は席が予約できる 画像出典元:びわ湖テラスなどがある打見山の山頂からさらに約70m高い蓬莱山の山頂に上ると、大パノラマを望むことができる CAFE360(カフェサンロクマル)というお店があります。 CAFE360に行くには、打見山から、「打見リフト」「ホーライリフト」と、片道約20分、2つのリフトを乗り継いでいきます。 このカフェは、物販ブースで食べ物や飲み物を買い、屋外の360度パノラマのゆったりとしたウッドデッキやカウチ席で、飲食をするというスタイルです。 ・プレミアムシートご利用料のほかに、ロープウェイ及びリフト代が必要になります。 ・シートの場所は指定できません。 ・ペットをお連れの場合、抱っこまたはケージがあればプレミアムシートを利用できます。 ・利用時間の延長はできません。 画像出典元:混雑していても、ランチやお茶をしながら、ゆったりとくつろぐことができるので、とても贅沢な気持ちになれますよ。 ・インフィニティラウンジご利用料のほかに、ロープウェイ代が必要になります。 ・シートの場所、利用時間の延長は指定できません。 ・ペットの同伴不可。 料金 1名様、チャージ料込み インフィニティプラン 3,000円(フードBOX+焼き菓子BOX+ドリンク) シャンパンプラン 3,000円(フードBOX+モエ・エ・シャンドン200ml) カフェプラン 2,000円(焼き菓子BOX+ドリンク) びわ湖バレイ・びわ湖テラスとは? 画像出典元: びわ湖バレイは、琵琶湖の西側、滋賀県大津市にある、標高1,108mの打見山から1,174mの蓬莱山にかけて広がるリゾート施設です。 また、 びわ湖テラスとはいうのは、そのびわ湖バレイの山頂に位置するカフェを併設したテラスで、今、インスタなどのSNSで大人気のスポットなんです。 びわ湖バレイの営業日は?混雑していない・空いている時間はある? 冬はスキー場として使われているので、びわ湖バレイの営業は、 4月上旬~11月下旬のみとなります。 2016年7月にびわ湖テラスがオープンして以来、全国からたくさんの人が訪れるようになり、特に土日のお昼時は、人でごった返しています。 から琵琶湖を眺める。 お天気が良かったので、琵琶湖大橋も眼に迫る風景。 — 寛容&忍耐 菊次郎 kikioroshi びわ湖テラス。 これ、休日とかすごい人だろうなぁ。 また、風も強く吹く日が多いため、体感気温がかなり下がり、真夏を除き、肌寒いと感じる日も多いのです。 春や秋には、 1枚羽織れる上着を持っていくのが無難ですよ。 特に晴れている日は、空の青さと琵琶湖の水面の青さが一体化して見え、目の前に青色の世界が広がります。 ただ、曇りで霧が出ている時は、景色が何も見えないということもあるようですね…。 恋人の聖地らしいです。 — たらまる haise2016 カップルや好きな人と行けば、今よりきっと愛が深まるはず…! びわ湖テラスにある広大なエリアThe Main 画像出典元: びわ湖テラスには、広大なテラスエリアThe Mainがあり、「Grand Terrace」と「North Terrace」に分かれています。 どちらも爽やかな水盤と伸びやかなウッドデッキが広がっていて、ソファやチェアでくつろいだり、ゆっくりと散策したり、特別な時間が過ごせること間違いなし。 Grand Terraceにはテラスカフェ・ダイニングレイクビュー・カフェスタンド、North Terraceにはノーステラスカフェスタンドというお店があります。 The Mainの中心「テラスカフェ」はラグジュアリーな雰囲気で、とても贅沢な時間が過ごせますよ。 画像出典元:メニューは、滋賀県産にこだわった料理やドリンクなどがあります。 【営業時間】 平日 9:40~16:00(L. 15:30) 土日祝、8月 9:10~16:00(L. 15:30) 11月11日(月)以降 9:40~15:30(L. 15:00) 午後からは混みあうので、絶景が見える特等席を確保するには、 オープンと同時に入るのがベストです。 ランチビュッフェがおすすめのレストラン 画像出典元: びわ湖テラスには、「ダイニングレイクビュー」というビュッフェスタイルのレストランがあります。 ダイニングレイクビューのランチは、さまざまな種類のメニューがあり、年齢を問わず、人気があります。 右さとち。 この、びわ湖バレイでジップラインのツアーの隊長、副隊長に立候補したのでいつもトップで飛んだ。 クライマックスのこれはスーパーマンスタイルで背中につけてるのだけど、最後の最後でこけたw — わかめRa wacamera ジップラインとは、ワイヤーロープを、滑車につられてターザンのように滑り降りるアトラクションです。 びわ湖バレイのジップラインは、2時間かけて全7コースを巡るように作られていて、最長コースは 長さ169m、高さ25mでスリル満点です。 2人同時に飛べるダブルラインは、カップルで行くと、最高の思い出になること間違いなし。 料金は1人3,800円で、申し込みは前日の15時までにWEB予約をしておく必要があります。 開催時間や当日の流れなど、詳しくは、のページをご覧ください。 地上約5mの「チャレンジコース(中級・上級)」または、約2mの「ちびっ子コース」のどちらかを選び、進んでいきます。 標高1,100m、 関西最高地のアスレチックをしながら、見下ろす琵琶湖は、まさに絶景そのもの。 料金は、チャレンジコースが3,200円、ちびっ子コースが1,600円で、こちらも前日の15時までにしておきます。 また、サマーランドは、そり遊び(そりレンタル1時間500円)やなぞ解き(1枚500円)が楽しめるスペースになっています。 小さなお子さまでも安心して遊べる場所ですよ。 びわ湖バレイのお土産は、びわ湖ストリートで買おう 画像出典元:ロープウェイ山麓駅には、県内最大級の「びわ湖ストリート」というお土産ショップがあります。 フィナンシェやバームクーヘン、えび煎餅などの商品が並びます。 滋賀県やびわ湖バレイのオリジナル商品が、お菓子・食品から地酒まで、たくさん揃っているので、きっとお気に入りが見つかることでしょう。 びわ湖バレイやびわ湖テラスを観光した思い出に、お土産を選んでくださいね! びわ湖バレイのアクセス・行き方は? 画像出典元: 電車の場合 JR湖西線「志賀駅」を降り、路線バス(江若交通)で約10分ほどで、ロープウェイ乗り場の前に到着します。 JRなら大阪から約1時間20分、京都からなら約50分なので、日帰りでも気軽に楽しめますね。 車の場合 湖西道路(無料)を北上し、志賀I. で降ります。 そこから1つ目の信号を右折し、「びわ湖バレイ口」という信号を右折します。 駐車場 びわ湖バレイには、駐車場が15箇所あります。 入口で、平日1,000円/1日・土日祝2,000円/1日の料金を払えば、近いところから遠いところまで、どこに停めてもOKです。 定員121名の大型ロープウェイは、4面ガラス張りで、パノラマビューが楽しめます。 乗るとわかるけど、ロープウェイが思ってたよりとても速い。 びわ湖バレイにあるロープウェイの割引はある? びわ湖バレイ、ロープウェイ料金高すぎだろ……。 リフト代合わせて5800円は高い。 それないと上まで行けんから絶対乗らなあかんし。 — おくすり shaikon297 「絶景が見たい!でもロープウェイの値段がちょっと高くて躊躇している」という方も少なくないはず。 少しでも安く乗るために、割引特典を使うといいですよ。 「JAFカード」や「タイムズカード」など、いろいろな割引方法がありますが、最も割引率が高いのは、 平和堂の「HOPカード」です。 このカードを持っていると、なんと5名まで、往復通常料金より 大人500円引き・小学生200円引き・幼児100円引きで、ロープウェイに乗れちゃうんです。 カードの発行・案内を受けるには、1階のサービスカウンターで、無料で作ることができます。 平和堂和迩店の営業時間:9:30~21:00 びわ湖バレイに実際に行った方の口コミ・感想 画像参照元: やはり、1番多い口コミは、その絶景に感動する声です! 思った以上にキレイな景色だった、来た甲斐があったという意見が多いですね。 絶景だけでなく、 グルメやアスレチックなどが充実しているのも、満足できる理由の1つです。 昨日はびわ湖バレイにできた新オシャレスポットびわ湖テラスなるものに行っておりました。 人は凄かったけど涼しくて眺めは最高、満喫できました。 視界がクリアなラッキーデーだったようで、琵琶湖の向こう側の建物までバッチリ見えてましたよ。 — 増田育珠 Id0328Ikumi インスタ映えならぬ、ツイッター映え。 めっちゃええやん。 来た甲斐あった。 — HIROPON IS CRAZY hiropon0907 ただ、次に多い意見として、人が多すぎて、思っていたのと違うという声もあります。 実際に、土日や大型連休などは、ロープウェイ乗り場や、カフェ・レストランエリアにも列ができてしまうこともしばしば・・・。 【駐車場】 1,700台 平日1,000円/1日 土日祝2,000円/1日 詳しくはをご確認ください。 びわ湖バレイは、春には桜、5月頃には水仙、秋には紅葉が楽しめる絶景スポットです! カップルや家族、女子旅にもおすすめの場所ですよ。 山の上なのに、水着で遊べるというのが気分爽快ですよ! 無料で遊べるのも、いいですね。

次の

琵琶湖テラスへのアクセス方法は?ロープウェイで絶景テラスカフェへ!

ここ から 琵琶湖 テラス

2016年にオープンした琵琶湖テラスへ やっと行けました。 昨年から行こう行こうと思いながらも行けなくて。 琵琶湖テラスへ行った当日は、 晴れ間が見えたり雲が多い日でしたが まずはここからスタートしました! 琵琶湖テラス前の寄り道・マキノ高原『メタセコイア並木』 琵琶湖テラスに行く前に寄り道した 『メタセコイア並木』 ヒノキ科メタセコイア属の針葉樹が 2. 4kmに渡って立ち並ぶ「新・日本の街路樹百景」にも 選ばれてるそうで、確かに木がたくさん並んでましたが ここは夏来る所じゃないですね・・・・ 樹々がクタっと疲れていた。 やはり紅葉の秋か冬に針葉樹に降り積もった雪景色の時に 訪れるのがベストでしょう。 近くに観光果樹園「マキノピックランド」があるだけで 周りには何にもない田舎の風景でした。 琵琶湖テラスへ・・・・ その後琵琶湖辺りに差し掛かった時点で 雲行きが怪しくなる。 琵琶湖に浮かぶ白髭神社 琵琶湖テラスへ上る通行料金がまず500円かかります! (2018年8月に行ったときに1,000円に値上がりしてました) そして琵琶湖テラスに到着して山の上を見ると 霧で何も見えず雨もポツポツ。 ロープウェイに乗って山に上がります。 正直ロープウェイ怖かった・・・・・ 高所恐怖症の方注意です! 標高1100mまで一気に上がる為に琵琶湖が一望できるのですが かなり怖い。 登りのロープウェイは後方が琵琶湖が見えておススメの席。 怖い方は山側の席でひたすら山の上を見続けましょう。 下りは逆です。 霧の琵琶湖テラス 琵琶湖テラス到着早々、 雨が降り出してすぐにテラスカフェで食事をすることに。 飲み物メインで軽食です。 山の上だから仕方ありませんが。 霧が突然晴れて琵琶湖テラスへ出る カフェ室内で食事中に突然歓声が! 霧が一気に晴れて眼下には琵琶湖が! 平日、正午頃でこの人の多さです。 この日は突然霧に覆われたり、霧が晴れたり 忙しい天気でしたが店員さんに聞いたところ 「こんなに短時間で霧が出たり晴れたりは珍しい」 到着した時は雨が降ったり上がってくるまでは 霧で何にも見えませんでしたが、こんな日もあるということです。 恋人の聖地 恋人の聖地と呼ばれているそうですが 上から観るとハート形に見えるオブジェで 恋人たちや男同士?でもたくさん写真を撮ってました。 自分たちは食事の時間も合わせると2時間半程度 滞在しましたが、休日や混む日には まず座れる席を確保することをお勧めします。 カフェで食事を購入するのも混みますので 一人が座席確保、一人が食事を買いに行くのが ベストですね! インスタグラムで大人気の琵琶湖テラスですが 実際に目にする標高1100mからの琵琶湖は 雄大でとても空気が澄んでいて 不思議な空間に居る気分になりました。 この日は最高気温32度で平地は蒸し暑かったですが 琵琶湖テラスは涼しくて汗はかかない程度の 気温でした。

次の