ウイカ 全裸。 ファーストサマーウイカのBiS時代のPVを調査!前貼りなし画像が衝撃!

【結婚】ファーストサマーウイカの本名+学歴↓韓国人なの?

ウイカ 全裸

誰しも人生で何人かはいる「あこがれた人」や「嫉妬する相手」。 「他人と比べない社会」を良しとする風潮の中で、それでも自分の中にある「羨ましい」「あの人みたいになれたら」の声に耳を傾けることで、次に頑張るべき課題や目標が見えてくるかもしれません。 今回は、2019年12月のライブを機に解散するBILLIE IDLEのメンバーで、タレントとしても活躍中のファーストサマーウイカさん、後編では「嫉妬」との付き合い方について伺いました。 前回、前々回のベッド・インちゃんまいさんと、夢眠ねむさんは「しないです」という2人だったのですが。 ファーストサマーウイカ(以下、ウイカ): 私はめっちゃしますね。 橋本環奈ちゃんのCM観て「わぁええなぁ……こんなんに生まれたら最高やん!」とか広瀬香美さんが歌ってるのとか聴いたら「こんなに歌うまかったら幸せやろなー!」とか。 人に対してすぐ羨ましいと思います。 ウイカ: ただ、嫉妬といっても、自分を卑下するようなことはあんまりないです。 「私なんて」みたいな感情よりは「ええなぁー!」っていう方。 ファミレスで友達の頼んだメニューを「そっち頼んだらよかったわぁ、一口ちょうだい!」みたいな羨ましさです。 たとえば、最近BiSHというグループがすごく人気があって、私はBiSという姉貴分の、血の繋がったようなグループにいたので、タイミングが違ったらBiSHにいる未来もあったかもしれない、なんて人に言われたり、自分でも思うことはあるんですけど。 でもそこで「あー!BiSHにいたらもっと売れてたのかもしれないのに!」じゃなくて「私がいなかったらBiSHは存在してなかったな」って思えちゃう。 ウイカ: 私の大好きな芸人さんと共演してたらそりゃもう、その度に血の涙を流して観てますよ(笑)。 でも、よく「嫉妬心があるから頑張れる」っていうじゃないですか。 私まさにそれで。 歌が上手い人が羨ましい、じゃあ、自分はどうやったら違う部分で魅力が出せるだろう?って考えたり、「BiSHが人気?オッケー、ここは人気に乗っかったろ。 どや、うざい先輩やろ?」って、おいしいとこどりでバネにしようと思えちゃう。 いわゆる「私が良いと思ってたものって、売れていくねん!」っていうあれです。 だから、いいなぁって嫉妬できる存在のまさにその「いいなぁ」の部分をうまく取り入れたら、自分の良さにできるんじゃないかって。 この「いいなぁ」とか「すてきやなぁ」ってフラットに思える感覚は消さないようにしていますね。 羨ましいって思える性格でよかった。 ウイカさんにとってどういう場所でしたか? ウイカ: 「唯一の、クリエイティブな種を撒いて花を咲かせるということをする場所」ですかね。 私、あまり率先してものづくりをするような人間ではないんです。 グループの活動として作詞をすることはあっても、普段からポエムを書いてきたというわけではない。 作詞や振り付けは、プロジェクトの中で人から勧められて「私がやったらおもしろいんじゃないか?」という感じで、戦略的にやらせてもらっていた。 あくまで自分のことはパフォーマー側だと思っています。 なので、そういう場がなくなるというのは結構大きいことかもしれません。 一貫して「来たモンは全部やる精神」って感じだったんですね。 よく、「流木のように生きたい」言ってるんです。 「バンドをやりたい」「女優になりたいかも?」発端はいつも自分、でもそこからは波に揺られるままに、たどりついた島に滞在していくような人生。 波や風という人や縁に左右されながら、どこかへ連れて行ってもらえるような生き方をしていきたいと。 だから、次にバンドなのか劇団なのかわからないけど、もしそういうものをゼロから作るような活動をするとしたら、それは人生で初めてのことになるかもしれないです。 流されるにしてはあまりにも涙も多い荒波すぎる20代だったように見ていて感じました。 ウイカ: たしかに、波に逆らうこともできたかもしれないし、何ならこの先、朽ち果てて沈んじゃうこともあるかもしれない。 でも、そんな自分をおもしろがれるか否かが大事だって思います。 ウイカ: そうそう。 29歳の女性がこの世界で戦っていくってなったら、相当ふんばらないと一瞬で消えちゃうだろうとか、どうやったら嫌味な感じに見えないだろうとか、いろんなことを考えます。 でも、私っていう流木、相当、稀有(けう)なところに流れ着きながらここまできてるんじゃないかと。 こんな変な経歴そうそういない。 それは、私が「圧倒的に普通な人間だったから」だと思うんです。 何ひとつ人より秀でてると自分では思ってません。 でも、それをできるだけ払い落とさない、要は、やってきたこと全部無駄にはしてこなかったつもりです。 実は私、声優の専門学校に1年だけ通って中退したんです。 こんな風に後々の人生に役立つんだなぁって思いました。 だから、困難なことや辛いことがあっても、全部明日のネタにしてやろうって思ってやっています。 たまに収録で滑って大泣きして帰ることもありますけど……。 ーーかなり落ち込むタイプですか? ウイカ: 新幹線で2時間半泣いて帰ってくるときとかありますけどね(笑)「なんであそこであれ言われへんかったんやろ」ってボロボロ泣きながら。 でもそれも次の収録でその話をしたら大ウケしたりすることもあるから、拾ったものは全部使うし、自分の身から出たサビですら使う。 多分これからも、そうやって生きていくと思います。 取材後記:「声優になりたい」という夢は黒歴史だったと話してくれたウイカさん。 「でも小学校の卒業文集の時に書いた「声優」という夢を、進路を決めるときに思い出して繋がって、その学校に通ったことが今、仕事に繋がって。 ずーっと昔の自分からバトンを繋いでもらってるんです。 グループの解散も、今ここで話していることや、この記事も、なにか次のバトンになるかもしれない。 これ『憧れバトン』って企画なんですよね? 私が次にバトンを渡す人にも、新しい発見があるかもしれない、それが私に返ってくるかもしれない。 そんな風に思います」。 とうれしい言葉をくださいました。 ウイカさんが「憧れた」次のバトンを受け取る人は……? 次回もぜひお楽しみに。 2014年、NIGO R プロデュースのもと「BILLIE IDLE R 」を結成。 女性5人組で楽曲リリースとライブ活動を行う。 本年12月の「LAST ORGY」ツアーをもってグループは解散する。

次の

ファーストサマーウイカ前貼り無しで魚拓!学歴や出身校は?

ウイカ 全裸

ファーストサマーウイカ結婚報告文(全文) いつも応援してくださっている皆様 いつも支えてくださっているスタッフの皆様 関係者の皆様 新年明けましておめでとうございます。 日頃から皆様方には大変お世話になり、誠にありがとうございます。 突然のご報告になりますが、私 ファーストサマーウイカは、2015年に一般男性と入籍したことを本日ここでご報告させていただきます。 私はお仕事をさせていただく上で、一人の女性であるプライベートの自分と、ファーストサマーウイカとしての自分とを分けて考えています。 おかげさまで、この一年で自分を取り巻く環境が大きく変わりました。 そのため、今後 どこからか 自分発信ではない形で、私ごとが公になることがあるかもしれない。 それならば、応援してくださる皆様に自分の言葉でしっかりお伝えしておきたいと思いこのタイミングで発表させていただきました。 ちなみに、現在妊娠はしておりません。 グループ活動を終え、2020年新たなスタートを迎えました。 今後は、これまで以上に仕事に打ち込み、精進して参ります。 本年も、変わらぬご支援ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。 2020年 元日 ファーストサマーウイカ 普段は毒舌ヤンキーキャラで、サバサバした印象のファーストサマーウイカさん。 この結婚報告文からは、まっすぐで誠実な印象を受けますね。 実はヤンキーキャラもまさにキャラ作りで、昔は「門限もしっかり守っていた」という発言もしていたり、本当は真面目なのかも、、、! この結婚報告文をまとめると、• 2015年に一般男性と入籍• 公になる前に自分発信で発表したかった• 妊娠はしていない ファーストサマーウイカさんは 2014年にアイドルグループ「BiS」を卒業し、2015年に「BILLIEIDLE」を結成しています。 その変わり目である2015年に入籍をしていたんですね! ファーストサマーウイカの結婚相手は誰? 結婚相手は低姿勢な一般男性 ファーストサマーウイカさんの結婚相手は、 「一般男性」ということが明らかになっています。 結婚報告文では、 「私はお仕事をさせていただく上で、一人の女性であるプライベートの自分と、ファーストサマーウイカとしての自分とを分けて考えています。 」と発表しています。 このことから、お相手は 芸能関係の方ではなく、素の初夏(ウイカ)さんを出せるお相手なのだと予想ができますよね。 元々ファーストサマーウイカさんが掲げている理想の男性像は、• 高学歴• 高収入• 低姿勢 と話していました。 2020年2月2日のおしゃれイズムで、結婚相手の旦那様はこの中で一番重要な 「低姿勢」に当てはまっていると発言。 ということは 学歴や収入はあまり高くないかもしれませんが、低姿勢でとても優しい男性なのかなと考えられますよね。 結婚相手との馴れ初めは? ファーストサマーウイカさんと結婚相手の方の 馴れ初めが気になりますね。 入籍した2015年といえば、「BILLIEIDLE」を結成し、活動を開始した年。 BiS時代のウイカさんを支え、区切りの時期に入籍を決めたという流れが自然かなと思います。 ウイカさんは、高校を卒業してすぐ18歳で劇団に入り、OLとして働いたり、薬局やブライダル関係の仕事をされながら22,3歳まで芝居をしていたという経歴の持ち主。 芸能関係の場以外での出会いだったのかもしれないですね! ファーストサマーウイカの恋愛観 『ダウンタウンなう』では好きなタイプや結婚観についてぶっちゃけていました。 ウイカさんが掲げる理想の男性像の「高学歴・高収入・低姿勢」の2高1低ですが、 高学歴:頭の良い人・学びに対する姿勢を失ってない人 高収入:ちゃんと収入が成り立っている人 という意味なので、いい大学を出て大富豪!みたいな解釈とは違うようです。 ただ実際に付き合ったことがあるのは、「売れないバンドマン」だったと話していたので、これはあくまで理想のタイプということみたいですね。 w 逆に 苦手なタイプは「勝俣州和さん」「ノブコブ吉村さん」「フットボールアワー後藤さん」など、うるさい人なんだそう。 確かに、よく喋るウイカさんと一緒にいるところを想像すると、騒がしそうです、、、w ファーストサマーウイカはなぜ5年越しで結婚発表をしたのか ウイカさんが入籍したのは2015年で、結婚を発表されたのが2020年。 5年もの間、沈黙の時間があったのが気になりますよね。 その理由について、考察していきます。 その後、2020年元旦に 結婚報告をされています。 「BILLIEIDLE」は恋愛禁止のグループではありませんが、アイドルということに違いはないので、ウイカさんの意向で結婚報告を控えていた、というのは考えられると思います。 「今後芸能界を生き抜く」という意味合いで、TVをよく見る主婦層の支持を得るには、自身の結婚を公表し「親近感」を得てもらう、という作戦があったのかなとも感じます。 その理由というのが、 「自分の名前をもじったセクシービデオが出たこと」w このビデオを発見したウイカさんは、「もう危ない」と思って公表に踏み切ったと話していました。 くりぃむしちゅーの上田さんが 「なぜこれまで何年も結婚していたことを黙っていたの?」という質問をウイカさんに投げかけます。 それに対し、.

次の

ファーストサマーウイカ前貼り無しで魚拓!学歴や出身校は?

ウイカ 全裸

気になるところから読む• 別名は本名でもある 「初夏(ういか)」と、野性爆弾くっきーの肉糞亭一門の門下生で 「肉糞亭恥骨子」という名前もあります。 愛称は 「ウイぽん」「ファッサマ」。 出身地は大阪府大阪市で、生年月日は1990年6月4日の現在29歳です。 (2019年10月現在) 趣味は アダルトビデオ鑑賞で、中でも 吉沢明歩のファンなのだとか。 2009年にオーディションを経て 劇団レトルト内閣に入団。 同年10月2日に 『哀願ソワレ ~ハーフビューティな彼女に愛の薔薇一票~』で俳優デビューを果たします。 Twitterで発見したBiSのオーディションに応募して合格し、 2013年5月26日に女性アイドルグループのBiSに加入しました。 2014年7月8日に横浜アリーナでの 「BiSなりの武道館」公演をもってBiSは解散。 ちなみにドラムが特技で10年ほどやっていたことから、BiS時代には 「太鼓持ち担当」を任されていました。 旧BiSの最終期メンバーはグループ解散後(2014年7月8日)も全員が芸能界で活躍中です。 これは移り変わりが早いアイドル文化の中では凄く珍しい事であり、嬉しい事ですね。 BiS時代のPVはかなり攻めた内容でしたが、最後の 「FiNAL DANCE」はAKBをほうふつとさせるアイドルぶりでしたね! また、雑誌の特集で 人拓をとった時に、 前貼りなしの写真撮影に挑んでいたことがわかりました。

次の