コミュニケーション が 取れ ない 人。 コミュニケーション能力がない人の特徴や原因まとめ

職場で全くコミュニケーションが取れない人っていますか?

コミュニケーション が 取れ ない 人

どんな場所でもコミュニケーションは大事になってきますが、中には苦手な人もいます。 そういった人のことを巷では 「コミュ障」と言われてはいますが、そもそも コミュニケーションの能力が低いのには何らかの原因があるかもしれません。 その原因や理由を見つけないままでいるといつまでたっても向上せず、「コミュ障」のままになってしまうのではないでしょうか? 特に仕事場では職場の人やお客さん、取引先と話す場が多いため、そのまま放置してしまうと仕事にも影響してしまいます。 そうならないためにコミュニケーション能力が低い原因を理解し、改善するようにしましょう。 今回はコミュニケーション能力が低い人に共通する原因や特徴を紹介していきます。 コミュニケーション能力がない理由とは? コミュニケーション能力を向上させるには、ある程度の経験が必要です。 コミュニケーションだけでなく、どんなことにでも言えるのですが、あるスキルを伸ばそうとするのであれば、それなりの努力と経験を培っていく必要があるでしょう。 特にコミュニケーション能力がない人は、コミュニケーションを取る事に苦手意識を持ってしまいます。 おそらく「自分は人見知りだから」「初めて会う人とうまく話せない」と何かと理由をつけてしまうのかもしれません。 ですが、会話がぎこちなくても、積極的に人と会って話をする事はできますし、自分から話かける事もできなくはないでしょう。 ただ、コミュニケーション不足で悩んでしまう方は、初めの一歩を踏み出すことに少なからず戸惑いがあります。 本当は自分から話しかけたいと心では思ってはいるものの、つい相手の顔色を伺ってしまい、なかなか勇気が出なくなってしまうのです。 なので、コミュニケーション能力を上達させるには、やはり努力と経験が必要になりますが、その前にコミュニケーションが苦手な理由や原因、特徴をしっかりと理解し、改善していく事が必要なのです。 コミュニケーション能力がない人の5つの特徴とは? コミュニケーション能力がない人が先ず取り組むべき事は、しっかりと自己分析をすることです。 「どういった場面だと会話ができなくなるのか」「どうして自分から話しかけられないのか」と自己分析をしっかりと理解し、改善することが初めの一歩となります。 そこでここでは、コミュニケーション能力がない人に共通する特徴をいくつか紹介していきますので、当てはまる箇所があればきちんと受け止め、改善していくようにしましょう。 話す場から遠ざかる 話すのが苦手な人ほど話す場から遠ざかってしまいます。 それは、先ほど書いた リスクのことを気にしているからです。 「もし、つまらない話だったらどうしよう」「周りが静まり返ったらどうしよう」と話す前からそのようなことばかり気にしているのです。 ですが、そうやって気にしていたら気軽に話せませんよね。 仕事になると飲み会の場が増えてきます。 職場の上司、同僚との飲み会が増えていくかと思いますが、そういった場に行かなくなってしまうのです。 たとえ、自分に飲みを誘ってくれたとしても遠慮してしまったり、プライベートが大事だからと仕事が終わったらすぐに帰ってしまいます。 それでは一向に上達はしません。 相手がもし自分を誘ってくれたとしたらそれは自分と話がしたいと思っての誘いなのかもしれません。 その思いを無視してしまうといつしか誰も飲みに誘わなくなってしまうでしょう。 私もどちらかというと飲み会という場は苦手ではありますが、最近では自分から出向くようにしています。 今まで誘いを断ってきた経験からわかるのは誘いを断っていたらいつしか誘いが来なくなるということです。 相手は善意で自分を誘っていたことは理解していても自分のコミュニケーション不足を理由に誘いを断ってしまったのです。 そうしていては当然のことながら相手に愛想をなくされてしまいます。 この経験があったからこそ今では誘いを断らずに積極的に参加するようになりました。 そうしていくうちにいつの間にか苦手意識もなくなり、飲み会の場でも難なくしゃべれるようになりました。 コミュニケーションが苦手な人は、しゃべることが苦手ということを盾にして断ってしまうのです。 ですが、それでは何も変わりません。 そのことに気づかない限りいつまでたっても向上することはないのです。 自分から話そうとしない あまりしゃべらない人は、自分から話題を振ったり、話したりすることが苦手です。 どうしても自分から話そうとしないので相手から話しかけるチャンスをうかがったり、待ってたりしてしまいます。 ただ、これではいつまでたっても会話することができません。 この人たちの心境としては 「自分が話すことがつまらなかったらどうしよう」「相手がちゃんと聞いてくれるのか」と相手の反応を常に気にしている事が考えられます。 おそらく、相手を優先してしまうあまり遠慮してしまい、話さなくなってしまうのでしょう。 確かに相手の話をきちんと聞く姿勢も大事ですし、相手を優先する事も大事ではありますが、そうしているうちに段々と自分から話す機会から遠ざかってしまいます。 これでは上達しようにもいつまでたってもコミュニケーション能力が向上しませんよね。 やはりコミュニケーションを向上させるには場数を踏んで話す機会を増やしていかないといけません。 何度か話をしていくうちに自分の話し方のパターンが見えてきます。 それに気づくことが向上の第一歩なのです。 自分から話すことはそれなりのリスクがありますが、なにか失礼なことを言わない限り相手は自分を嫌いになることはありません。 相手側も聞く姿勢があればどんな話をしてもきちんと聞いてくれますし、話もしてくれます。 なので、あまりリスクを恐れずに自分から話すことを挑戦してみましょう。 コミュニケーション能力の向上は自分から意識を変えない限り上達はしません。 自分から変えようという姿勢があれば変わっていけるのです。 自分語りが増えてしまう 自分で「人と話すのが得意」という人に限ってのことですが、 自分語りが多いように感じます。 自分の意見を語る事は良いことではありますが限度というものがあります。 これは、会話をしているつもりになっているのかもしれません。 たとえば、上司との飲み会の場で上司から一方的にしゃべっている場面を想像してみてください。 この場面を想像して果たしてコミュニケーションを取っているといえるでしょうか? 自分の後輩に向かってひたすら自分の意見や自慢話ばかりをしゃべる、、、 これは単なる自分語りですよね。 しゃべっている本人は満足がいくように感じていますが、聞いている人にとっては話した感覚がなく、むしろうんざりしているかもしれません。 これはコミュニケーションではなくただ語っているだけです。 人と話している気になってしまうと話している気になるので自分語りの癖が染み付いてしまいます。 そうならないためにも相手の話すことを聞いたりするべきなのです。 何を話していいのかわからなくなる そもそもの苦手な原因として何を話していいのかわからないという問題があります。 会話はその場で話をしないといけないので考える暇がないのです。 そのため次に何を話していいのかわからなくなり、黙ってしまい会話を閉ざしてしまうのです。 ここが会話の難しいところではありますが、ある一工夫をしていただけると対処できるでしょう。 それは相手の好きなことを聞き出すことです。 たとえば、会話が途切れそうなときに相手の趣味を聞き出してみてはどうでしょうか?もし上司の方が車が趣味だったとしましょう。 私ならどんな車に乗っているのか?最近はどこに出かけたのか?等、車のことに関して質問します。 そうしたら質問を受けた上司は嬉しそうに車に関して詳しく語り始めるでしょう。 当然、自分の好きなことを相手に話したい感情はどんな人にもあります。 自分のことを理解してほしいという欲求はどんな人にもあるものです。 しかし、ここでひとつ注意が必要なのが相手の話をきちんと聞くということです。 先ほどコミュニケーションが苦手な人の特徴として「人の話を聞くのが苦手」と書きました。 この姿勢がある段階で相手の好きな話を聞いたとしても次にどんなことを質問すればいいのかわからなくなってしまいます。 そこで、まずはこのテクニックを活用する前に人の話を聞く姿勢を身に着けなければいけません。 これはコミュニケーションを何度かこなしていくうちに身につくので安心してください。 人の話をきちん聞くのが苦手 会話は一対一でするものなので相手の話をきちんと聞かないことはタブーです。 どうしてもこのような人には相手の話をきちんと聞かない傾向があります。 自分が話すことを最優先にしてしまい、相手の話を聞かないことと相手の話を受け入れられないことがあります。 自分の話に夢中になる事はわからなくもないですが、 相手の反応も見ながら話すようにしましょう。 自分のことばかり優先してしまうと相手と意志疎通ができなくなってしまいます。 会話は一対一の関係ですのでどちらかが優先することはありません。 そのことを理解していただけると自分を優先することはなくなるかと思います。 相手の話を受け入れないことも会話を成り立たせない要素です。 相手の話をきちんと受け入れて話すことはかまわないのですが、相手の意見を無視したり、時に反論したりすると相手側も話しづらくなってしまうでしょう。 そうならないためにもここで書いたことに注意をして相手の気持ちや態度をきちんと理解しコミュニケーションを取るようにしましょう。 まとめ どうでしたか? コミュニケーション能力が低いのはこれらの原因があるからではないでしょうか?おそらく、自分でコミュニケーションが低いと思っている人は自分に自信がないのかもしれません。 自信があればコミュニティーの場にも参加できますし、自分から話を振る事もできるでしょう。 コミュニケーションは私たちが生きてきた中で培っていくスキルです。 幼少時代や学生時代に人と話さなかったり、人を避けてきたりすると大人になってもコミュニケーションがうまく取れなくなってしまいます。 だからと言って成人した人は諦めろというのではなく、むしろ改善できるものでもあるのです。 この記事を読んでいただいて、 もしコミュニケーション能力がないことに気が付いたならそれを治せばいいだけの話です。 これは気付かないと何も改善できないので自分でまずは意識、理解し受け入れていくのが大切なんだと思います。 なにもコミュニケーションが取れないのは才能がないからではありません。 自分で気付かなくて治そうとしないからいつまでたっても改善できないのです。 なので、きちんと今の現状を受け入れてコミュニケーション能力の改善をしていきましょう。 私も学生時代は比較的しゃべることが苦手でした。 部活やサークルなどの集団でしゃべることが苦手で、自分にはしゃべる才能がないんだと思い込んでいました。 しかし、成人してこの記事に書いたような特徴に気づき、改善していくと段々としゃべれるようになったのです。 それは、自分できちんと自覚し、改善しようと思ったからでしょう。 そうやって自分のコミュニケーション能力のなさを理解したら今度は人がいるコミュニティーに参加するようになりました。 コミュニケーション能力を身に着けるため、自分から足を運んだのです。 コミュニケーションができないと悩む暇があるのなら勇気を出してコミュニティーの場に参加してみるようにしましょう。 この能力を上げるのには場数を踏むしかないと思います。 そうやって少しずつ改善していくと難なくしゃべることができるようになるでしょう。

次の

職場にいるコミュニケーションを取らない人の心理と対処法!

コミュニケーション が 取れ ない 人

<目次>• すぐ怒るのはコミュニケーションスタイルの癖だと認識する 完璧な人間というのはそういないもの。 誰もが何らかのコミュニケーションスタイルの癖を持っています。 すぐ怒るというのも、コミュニケーションの癖の一つです。 怒りをぶつけられることで頭が真っ白になってしまう人、威圧されてしまう人にとってすぐ怒る人というのはシリアスな悩みの元凶でしょう。 しかし怒るのが単なる癖の一つだと認識すれば、委縮や苦しさが軽減する場合もあります。 すぐに怒る人だけでなく、他のタイプの苦手な人も、相手のコミュニケーションタイプの癖に過ぎない、と認識することが、気持ちを楽にして接する、第一歩になります。 どんな時に怒り出すのか観察する 怒りに萎縮するのではなく観察してみよう 怒るという行為をコミュニケーションの癖と定義づけした後は、相手を観察してみましょう。 すぐ怒る人も何の原因もなく怒り出すわけではありません。 怒りのコミュニケーションスタイルが出る時には、タイミングや言葉など何らかのスイッチがあるはずです。 すぐ怒る人へどのように話したらいいかを考える前に、どんな条件が揃った時に怒り出すのか、相手を観察してみましょう。 観察には2つのメリットがあります。 自分が怒られていると受動的に考えるのではなく、どんな条件が揃って怒り出したのか観察するという能動的な考え方にするだけでもストレスの度合いが変わります。 相手がなぜ怒り出したのかという背景には、ないがしろにされた(気がする)、ルールを守らない(ように見える)等の理由があります。 それらを知ることによって、今後の話し方・伝え方の対策が立てやすくなるのです。 すぐ怒る人の怒りを増長させる態度とは? コミュニケーションの癖を増長させてしまうような非言語コミュニケーションにご用心 すぐ怒るというコミュニケーションスタイルの癖がついた要因の一つに、怒ることで相手が思うように動いたといった成功体験があることが挙げられます。 相手の癖を増長させるような態度、怒られるとすぐにいうことを聞く、委縮するといった態度はとらないようにしましょう。 謝罪すべきシーンではきちんと謝罪することが大事ですが、必要以上に委縮するのは、相手の間違ったコミュニケーションスタイルを肯定することになりかねません。 例えば、目をそらす、下を向く、慌てるなどの委縮を伝える非言語コミュニケーションには特に気をつけるようにしましょう。 相手の怒りを増長させない態度とは? 相手を増長させないためには、相手の目を静かに見つめる、胸を張って立つなど、堂々とした非言語コミュニケーションをするのが一番です。 「ご指導ありがとうございました」、「勉強になりました」という一言を付け加えれば、毅然とした態度をとっても失礼にはあたりません。 自分が思う通りに作業されないことに怒りを感じるわけですが、指示する側が具体的に指示を出せていないケースがほとんどなので、このタイプの人から指示を受けた場合には次のような一言をプラスするようにしましょう。 」 「中間報告なのですが、この方向で間違いないですか。 ないがしろにされたように感じることにも怒りを覚えるタイプですので、次のような一言をプラスしましょう。 怒られても思うようには動かない、別のところで尊敬を表現するという地道な繰り返しと共に、次のような一言をプラスしましょう。 すぐ怒る人はコミュニケーション上の癖だと考える 2. どんな時に怒るか観察する 3. 相手を増長させる態度をとらない 4. 怒り出すタイプ別にコミュニケーション方法を変える 怒りをぶつけられることはストレスになります。 とはいえ、相手の行動を変えるということは難しいのが現実でしょう。 まずは受け止め方や解釈を変え、ストレスの軽減に努めましょう。 感情的になってしまっては、いい伝え方・話し方が思い浮びません。 コミュニケーションスタイルの癖がある人からストレスを受けた時こそ、冷静に一呼吸おいて、相手のタイプを考えながら話し出すようにしましょう。 【関連記事】•

次の

コミュニケーション能力がない人の特徴10選

コミュニケーション が 取れ ない 人

人間は生きていく上で、様々な人との関わりは避けられないものとなっています。 人間、一人で生きていくという事は非常に難しい事であり、生きていく上では、様々なつながりが必要不可欠となっています。 恐らく、これを見ている方も、今までの人生一人で育ってきたという方はいらっしゃらないのではないでしょうか。 様々な人との繋がりであったり、関わりなどを経て、現在の自分がいらっしゃるかと思います。 人と接する上で、必要なのはコミュニケーションを行う事です。 ただ、中には人とのコミュニケーションを得意とする人、そして不得意とする人が中にはいらっしゃるかと思います。 今回は、そんな人と人とのコミュニケーションについて細かくご紹介していきたいと思います。 今までコミュニケーションに悩んできた方、そして現在コミュニケーションや人間関係に悩んでいる方は是非見て頂きたい内容となっているので、確認してみてくださいね。 それではご紹介していきましょう。 コミュニケーションとは コミュニケーションとは、と聞かれると実際、どう答えればいいか悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。 基本的な事ですが、言語や身振り、画像などを媒介手段とした精神的交流という事をコミュニケーションと表現します。 難しく考えずとも、生きている上で人と関わりを持つ事であったり、人と話す事、仲良くなる事という意味でとらえて頂ければ考えやすいかと思います。 コミュニケーションを取る手段は様々ありますが、一番想像しやすいのは、人と人が実際に話をして、色々な事を知って、相手と気を許せる関係になるという所になるのではないでしょうか。 今までの人生で、誰かと話をした事がないという方はいないと思いますので、誰しもがコミュニケーションを取った事があるという認識を持たれるかと思います。 そんなコミュニケーションについて今回は深く考えていきたいと思いますが、まずはコミュニケーションの必要性についても考えていきたいと思います。 必要性 コミュニケーションの必要性についてまずはしっかりと考えていきたいと思います。 コミュニケーションを取る事が大事ではないと考える人は割合としては低いかと思います。 なぜなら、生きていく上で、人との関わりは避けて通れないものですし、人との関わりが幸福を感じる事にもつながっているからであるといえるでしょう。 何かをする時に関しても、一人で何かをするのも楽しいですが、一緒に何か共通の趣味を持って作業をしたりとか、感情を共有するという事が非常に楽しいものですし、嬉しいものですよね。 コミュニケーションを取るのはそれぐらい楽しいものであるという事です。 コミュニケーションの必要性、そして状況や場所などをそれぞれ分けてさらにその必要性についてご紹介していきたいと思います。 職場 まずは職場についてコミュニケーションの必要性を考えていきましょう。 職場ではコミュニケーションを取る事はかなり必要だと思います。 なぜなら、一人で仕事をしているという事は非常にあり得ない事であるからです。 中には自営業で一人で仕事をしているという方もいらっしゃるでしょう、ただ、その人も誰かから仕事をもらったりとか、誰かに何かを売ったり、他者との関わりがまったくないという事はありえないですよね? ましてや、企業に就職して会社員として働いているのであれば、自分より上の立場の社長や上司、同僚、他部署の人、お客様など、誰かと話をしたり、コミュニケーションを取ったりしますよね。 仕事を共有したり、共同作業、引継ぎ、などなど、考えるだけでも人との関わりは避けられません。 コミュニケーションを取る事は絶対的に必要であり、おろそかにしてはいけない事であるともいえます。 コミュニケーションを取らないという事は、孤独な存在になってしまい、時には信頼であったり、周りとの環境で溝を産んでしまう結果になる事もあります。 なので、しっかりとコミュニケーションを大事に考える事が必要であるといえるでしょう。 時には苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、人間なので仕方がない事だと割り切り、ある程度表面的にでもコミュニケーションを取る事をお勧め致します。 学校 学校でも同様にコミュニケーションを取る事は必要であるといえるでしょう。 学校生活を送っていると、様々なシチュエーションがあるかと思います。 例えば、友達と一緒に授業の中で共同作業をする事もあるでしょう。 時には運動会などで、みんなで一緒に何かを発表したり、チームワークを発揮して運動を行ったりもするでしょう。 学校以外でも、休みの日などは友達と遊んだり、一緒に何かをして楽しい思い出を作る事も非常に大事な事ですし、学校生活でコミュニケーション能力を学ぶという事も否定はできません。 コミュニケーションを取らずに、一人でいるのが楽だと感じる人も中にはいますが、コミュニケーションを取る事を求められた時に困ってしまう事にも繋がりますので、早い段階でコミュニケーションを取る事を練習しておくべきであるともいえるでしょう。 家庭 家庭においてもコミュニケーションを取る事は非常に大事な事です。 家族って、唯一真の意味で気を遣わずにいられる関係になるのではないでしょうか。 もちろん、長年寄り添った、信頼できる仲間だったり、相手も同様かもしれませんが、心の底から安心できる存在は家族以外の何者でもないかと思います。 だからこそ、家族だからといってコミュニケーションをおろそかにせずに、家族だからこそ、しっかりとコミュニケーションを取る事が必要であるといえるでしょう。 家族のつながりは最も強い繋がりでしょう。 この繋がりは大事にしなくてはいけませんし、あなたを本当の意味で心配してくれる、助けてくれる繋がりになるかと思います。 なくてはならないもの 結論として、どんな場面でもコミュニケーションを取るという事は大事な事ですし、求められるものであるという事がわかります。 なくてはならないものですし、コミュニケーションを取らないという事は非常に寂しい事です。 極端な例ですが、例えば自分以外の人類がみんな消滅してしまい、自分だけが取り残されてしまったとしましょう。 そんな世界で生きていても楽しいですか? きっと楽しくはないと思うはずです、誰かと一緒に遊んだり、仕事をしたり、愛し合ったり、そういう事があるからこそ人生は楽しいものであり、いきがいややりがいなどを感じて人生を歩んでいくものであるかと思いますよ。 極端すぎますが、コミュニケーションは大事な事であるという事と、そして必要な事であると再度認識し、普段のコミュニケーションに活かしてみてくださいね。 「コミュニケーション障害」と「コミュ障」の違い あなたは「コミュニケーション障害」と「コミュ障」の違いがわかりますか? 恐らく、違いが明確にわかるという人はそんなにいないのではないでしょうか。 単純に略称なのか、そうではないかの違いではないの?と思っている方もいませんか? ただ、根本的に意味がまったく異なる言葉になります。 同じような意味でも、意味合いが異なる分、しっかりとそれぞれの違いに関して理解をしておく事が必要になります。 是非この機会に知ってみてください、もし現在自分自身がこういう症状で困っている事があるのであれば、なおさら知っておく必要があるかと思いますよ。 それでは見ていきましょう。 コミュニケーション障害とは まずは 「コミュニケーション障害」ですが、こちらは例えば脳や聴覚など、体の器官に問題がなくても、失語症であったりとか、言語障害など、そういった障害が発生してしまい、それが理由で人とのコミュニケーションが円滑に出来ない場合を表現しています。 また、対人関係において上手に相手に言葉を返すのが難しい、問題があるという症状において表現される言葉になるそうです。 子どもの時に上手にコミュニケーションが取れていたのに、大人になってからうまくできなくなったという場合もこちらに当てはまる可能性がありそうです。 社会に出てから、生きづらさを感じたり、上手に人間関係が取れないと感じている方はこちらの可能性が多少なりあるかもしれません。 時には、症状が加速してしまうと、ひきこもりやうつ病になったりとか、様々な精神的な病気になってしまう可能性もあります。 なので、本当の意味でコミュニケーション障害として悩んでいる場合には、医療機関などに診察にいく事が必要になるでしょう。 医学的な特徴 まずは言語障害に関してですが、これは例えば自分自身の過去の話をする事が難しかったり、周りが話している話題に応じた内容を話す事が出来なかったりといった事が特徴として表れています。 また、電話番号であったりとか、何か購入してくるようにおつかいを頼まれても、頼まれたものを覚えたりするのが難しいなど、一番伝えたい事なのに、上手く相手に伝えるのが難しかったりといった様々な症状が特徴的であると言われています。 また、中には語音症といって、言葉を上手に発する事が出来ないという方も中にはいらっしゃるそうです。 話している内容が相手にしっかりと伝わらないので、コミュニケーションを取る事が非常に難しい場面が多いようです。 言葉を相手に伝えることが困難 相手に言葉を伝える事自体が困難であるがゆえに、なかなか上手にコミュニケーションを取る事は出来ない場合が多いです。 現実、なかなか言葉を上手に伝えられないと、相手もしっかりと聞いてくれる機会は少なくなってしまうのかもしれません。 そうした事などを経験していくにつれて、段々と自分自身も相手との上手なコミュニケーションを取れない経験から自信がなくなってしまうような事にも繋がります。 自然と相手とコミュニケーションを取る事を怖がってしまい、距離を置くようになってしまいます。 これが悪循環となって、さらにコミュニケーション障害を助長させてしまうような事にもなります。 実際に体験した人にしかわからない辛さかもしれませんが、しっかりと自分自身の気持ちを強く持つ事が非常に大切であるといえるでしょう。 相手の話の裏側まで理解することが困難 コミュニケーションが取れないのは、何も自分からうまく発信できないだけではありません。 相手の言葉の意味であったり、相手の話の意味を理解する事が難しいと感じる事も大きな コミュニケーション障害の原因となっているケースがあります。 相手の話の裏側までしっかりと理解できない場合、相手との話の内容がかみ合わない事も多々見られるでしょう。 そうなると、相手も自分の話を理解してくれていないと認識し、話す事自体がなくなってしまうという事にも繋がってしまいます。 普段話している内容で、普通の場合はすべて話さなくても伝わる事を、すべて伝えないといけなくなるため、話す方も話す事をやめてしまい、それが原因で自信がなくなってしまうという事にも繋がってしまうのではないでしょうか。 曖昧な表現を理解できない 話をしていると、曖昧な表現でわざと濁して話すという事をする時があるかと思います。 そういう話を全て理解する事が出来ない場合などもあるでしょう。 そうなると、悪気がなくても空気が読めないという言葉を返されたりする事もあるのではないでしょうか。 しっかりと話を理解しようと思っても難しい場合、もしかするとこのような事が起こってしまうのではないでしょうか。 そうなると、コミュニケーション障害の可能性も否定できなくなってしまうのではないでしょうか。 相手の気持ちを表情から読み取れない 普段、相手とコミュニケーションを取っていると、相手の言葉以外からも様々な情報を読み取ったりする事はあるかと思います。 例えば、相手が悲しそうな表情をしていれば、悲しい話だという事がわかりますし、相手が楽しそうな雰囲気で話しているのであれば、それは楽しい話であるという事が自然とわかりますよね。 こうしたように、普段相手と話していると言葉以外からの感情を自然と読み取りますが、コミュニケーション障害の方には相手の表情から気持ちを読み取る事が難しい場合があります。 こうなってしまうと、相手は当然違和感を覚え、上手にコミュニケーションが取れない事に対して不安感であったり、不満を持ってしまう事に繋がってしまいます。 理解がある方であれば問題ないかもしれませんが、相手が理解がない人の場合、不機嫌になったり、文句を言われてしまう事もあるかもしれません。 こちらに悪気がなくても、このような事が起こってしまう事もあるかもしれませんので、こういう事が起こってしまった事があるという人は、自分自身に何か問題があるかもしれないと少し疑った方が良いかもしれません。 正確な言葉でないと伝わらない コミュニケーションを取る際に、しっかりと相手に伝える事が必要です。 それはしっかりとした言葉を相手に伝わる必要があるのですが、コミュニケーション障害の方は自分の言葉で相手に言葉を伝えるのが難しい場合もあります。 上手に言葉を伝えられないと、相手にも理解が出来ない場合が多く、それが原因で、自分はコミュニケーションが取れない人間なんだと傷ついてしまう事もあります。 難しい問題ですし、すぐには改善できないかもしれませんが、絶対に自分は諦めない、あきらめない事が大事なんだと信じる事も大事です。 しっかりと相手とコミュニケーションを取りたいという気持ちを大事にして、挑戦する事が大事であるといえるでしょう。 臨機応変さが難しい 臨機応変に何事も受け止める能力がなければ、非常にコミュニケーションを取る事は難しいといえるでしょう。 通常であれば、無意識のうちにそのような事が出来ていても、コミュニケーション障害の場合は非常にそれが難しく感じる事もあるかと思います。 逆に、コミュニケーションを取る事自体が難しいと感じている場合、障害の可能性が否定できないので、早めに医療機関などに診察する事も視野に入れておく事が遅い決断にならない、良い決断に繋がるかもしれません。 コミュ障とは こちらはそのままコミュニケーション障害の略語ではあるのですが、意味合いが異なってきますので、間違って解釈をしないように気を付ける事が大事であるといえるでしょう。 具体的にどういう意味なのかといいますと、他人とのコミュニケーションが苦痛であったり、苦手、面倒だと感じている人の事を主に差す事が多いと言えるでしょう。 なので、先ほどのコミュニケーション障害との違いとしては、取りたくても取れないわけでもなく、ただ単純にそういう行為が苦手であり、下手であり、心の中で面倒だと感じている人の事を指す場合が多いかもしれません。 特に現代ではちょっと軽い意味合いで使われる事の方が多いともいえるでしょう。 ネットの俗語 元々はネットの俗語としてよく表現されていた言葉です。 よくネットでも表現されているのが、例えば中二病とか、リア充などなど。 誰でも一度くらいは聞いた事がある言葉なのではないでしょうか。 こういう言葉がはやっているにつれて、自然とこのコミュ障という言葉も流行りだしている状況にあります。 今ではけっこう周りも普通に使っているくらいに有名になっている言葉なのではないでしょうか? もともとは2010年~2011年あたりに現れた言葉であり、大体の方がこのあたりで耳にするようになったのではないでしょうか? けっこうネットの言葉って確信をついており、ズバッと表現されているものが多いので、言われて傷ついてしまう事もあるかもしれませんね。 ただ、こういうネット用語などはある程度軽い感じでの物言いなので、あまり気にする必要もないかとは思います。 特徴 ここからはコミュ障についての特徴についてご紹介していきたいと思います。 今までコミュニケーション障害と混同していたという方は是非この機会に正式な意味合いをしっかりと知っていただけると幸いです。 間違った使い方をしていると、時には重大な事になってしまう可能性もありますので、しっかりときちんとした意味合いを理解しておいてくださいね。 では、どのような特徴を持っているのか、見ていきましょう。 人見知り まずは、コミュ障と聞いて、みなさんこちらが思いつくのではないでしょうか? 人見知りという事が、現在ではコミュ障と表現されたりしています。 これはれっきとした病気のコミュニケーション障害ではなく、単純に話す時におどおどしていたりとか、あまり自信がなさそうにしゃべったりだとか、人と話す事が苦手そうな人の事を指しています。 恐らくこの言葉を使っている本人はコミュ障ではないので、あまり深い意味で相手がとらえるとは思っていませんが、時には傷ついてしまうような人もいます。 しっかりと使う側も、きちんと意味を理解し、相手に失礼がないようにしておく事を意識する事が大事であるといえるでしょう。 逆に言われた側も、あまり気にする必要もありませんし、それでも自分を変えたいと思うのであれば、人に興味を持って、しっかりと相手を知りたいと思い話しかける事が大事であるといえるでしょう。 引きこもり 中には、コミュニケーションが上手に取れない事を自分で認識しており、気にしてしまい他人との交流をしないようになってしまうという事も見受けられます。 その中には、交流をしないようにするために、自分の家などに引きこもってしまうという方もいらっしゃるかと思います。 俗にいう引きこもりですが、家族との交流も中には断ち切ってしまうという方もいるかもしれません。 ただ、人生、コミュニケーションを取っていく事が大事であり、人生において必要な事になるので、逃げずに立ち向かっていく勇気は必要であるといえるでしょう。 他人に興味がない 他人に興味がないという人も同様にコミュ障であると比喩される事があるようです。 ただこの手の場合に関しては、確かに興味がないから接触するのを避けるというのはあまり良い事であるとはいえないかもしれませんが、興味がないだけで興味があればまだ改善出来る余地はあるという事です。 人の興味を持つように考え方を変えれば、自然とこの手のタイプはコミュニケーションが取れるはずです。 なので、もしも周りからコミュ障といわれて悩んでいる方の中で、冷静に考えて相手に対して興味をもっていなかったと感じる方であれば、まだまだ、早期の段階で改善出来る可能性が高いので、悩んでいるのであれば、是非他人に興味を持って接してみてください。 そうする事で、対応などが変わってくるかと思いますので、是非チャレンジしてみてくださいね。 意見を押し通す 中には、コミュニケーションを取る事が下手であるという例で、自分の意見を押し通すというコミュ障もいらっしゃるかもしれません。 この手のタイプは、人と話すのが苦手というより、相手を理解してあげる事についての配慮が欠けている可能性が高いです。 普通であれば、相手の意見を聞いて、こちらの意見を話す、相手を理解して自分を理解してもらうという事の流れであったり、大切さなどを理解している方が圧倒的に多いかと思います。 ただ、中には自分の意見を通したいがために、相手の意見を否定して、自分の意見を無理矢理押し通すという方も中にはいらっしゃるかもしれません。 この手のタイプは、根本的に相手の気持ちをもっと考える必要があるかと思います。 自分ではあまり意識していなくても、自然とこのような行動をとってしまうのであれば、注意が必要であるといえるでしょう。 異性が苦手 どうしても異性と話す時に委縮してしまったり、緊張してしまうような人っていませんか? あまりにも異性を意識するあまりに、話し方であったり、表現なども硬くなってしまい、それが原因でうまくコミュニケーションを取れないという方も中にはいらっしゃるかと思います。 ただ、あまりにも意識する必要はないかと思います。 女性だから~とか、男性だから~といった変な偏見をもってしまうから、態度に出てしまうのです。 外見が違うだけで、同じ人間であるという事をしっかりと意識して、男女関係なく話をする事が大切であり、すべて自分の考え方次第であるという事を覚えておきましょう。 コミュニケーション障害への理解度 コミュニケーション障害とコミュ障の違いについて話をしていきました。 さて、大事なのはコミュニケーション障害への理解であるという事をしっかりと認識していただきたいと思います。 本人にとっては違うかもしれませんが、比較的前者の方が深刻度が高い症例になります。 コミュニケーションを取りたいと思っていても、なかなか難しいのが現実です。 なので、コミュニケーション障害の方についてに配慮であったり、理解が必要だという事は当然の事です。 この人はこういう人だとしっかりと認識して、それでも差別なく対応をする事が必要であるという事です。 コミュニケーション障害の方も、あまりにも自分がダメなんだという卑下するような考え方をやめて、しっかりと自己主張を行う事が大事です。 自己主張ができなくなってしまった時、症状はもっと深刻になり、いつか思い病気へと発展してしまう可能性もあります。 なので、しっかりとまずはこれが自分なんだと受け止め、それを乗り越える努力を行うべきであるかと思います。 一般的認知は少ない 残念ながら、これだけ申告な病気であるという認識が低い事が現状になっています。 最近ではコミュ障という言葉が比較的軽い意味合いで使われている事から、あまりハードルが高くないように感じられているのかもしれません。 なので、どちらかというと、本人というよりは周りがその病気に対してしっかりと理解を示してあげる事が大事なのではないでしょうか。 どうする事で、自然と相手に対しての理解も生まれますし、相手もそれに対して安心してコミュニケーションんを取ろうと努力をすることが出来る事に繋がるかと思いますよ。 職場でトラブル 職場で、コミュニケーション障害が起因するトラブルが発生したとしても冷静に対処する必要があります。 先ほどもお伝えした通り、まだまだ認識がされていない病気ですし、理解度もたかくはないのが現状です。 なので、頭ごなしに叱られてしまう可能性もあります。 しっかりと相手に対して理解し、それが相手にとって難しい事なのであれば、相手がどういう風にすれば乗り越えてくれるのか、どういう風にすれば相手は安心して作業する事ができるのかといった相手目線で一度考えてあげる事も大事であるのではないでしょうか。 恋愛でもつれる 恋愛に関しても同じような事がいえるかもしれません。 今まで付き合ってきた人はこうなのに、なんでこの人はこうなんだろう、なんでこういう風に受け止めるんだろうといったように、すれ違いが発生してしまう可能性もあります。 ただ、人によってはしょうがない部分もあり、それが当然のように思って行動している人もいます。 なので、しっかりと相手と話し合って、相手の認識を変えてあげる事が大事であるといえるでしょう。 結局は他人なので、今まで育ってきた環境も違いますし、価値観だって違います。 そこをどういう風に一緒に乗り越えていくかという事が大切であって、嫌な事があったから別れるなんて簡単に決断してしまうのはあまり適切ではないという事を覚えておきましょう。 対策は? しっかりと日々、相手とコミュニケーションを持つ、積極的に相手に対して興味を持つという事が大切なのではないでしょうか。 そして、あまり気にするという事をやめるべきであるかと思います。 気にすると自然と相手に対しての表情や、言葉に対して、自分が思っている事が伝わってしまうようになります。 自信がない人は声が小さくなるでしょうし、怖いと思ったら目が合わせられない、そういう事が自然と出てきてしまうので、しっかりと自分に自信を持って、多少自信過剰なくらいがちょうどよいのではないでしょうか。 根拠のない自信も、必要な時には必要だと思いますよ。 相手の話をゆっくりと聞く コミュニケーション障害の方と話をする際に気を付けて頂きたいのが、まずは相手の話をゆっくりでもいいからしっかりと聞いてあげるという事が大事です。 何を言ってるのかわからないから、無視をするという事は絶対にやめましょう。 そのような経験をしてしまって、積み重なり、相手は自信をなくしてしまいます。 逆に、しっかりと聞いてあげるようにこちらも合わせてあげる事で、相手もなんとか伝えようと必死になってくれます。 そうする事で、しっかりとコミュニケーションが取れた時、相手にとってはそれが自信にも繋がります。 しっかりと相手の事を思いやり、行動してあげましょう。 伝わりやすいように丁寧に説明する こちらも、聞くだけではなく、相手に話をする際には明確にわかりやすいように話してあげる事が大事です。 聞くだけではコミュニケーションにはなりません。 しっかりと相手に対しても伝える事が大事であり、お互いに話を通じ合わせる事で、初めてコミュニケーションは生まれます。 しっかりと相手に理解をもって、話をしてあげてみてくださいね。 まとめ コミュニケーション障害とコミュ障の違い、そして対応方法などについてご紹介してきました。 これからの人生で、自分自身が悩んでしまう事もあれば周りが悩んでいる所をみかける所もあるでしょう。 あまり認知されていない病気でもあるので、しっかりとした理解、そして対応、自分自身が心がけられる事で、相手も救われる事にも繋がります。 しっかりと思いやりの心を持てば、自然と良い関係が生まれるかと思いますので、身の回りに悩んでいる人がいれば、ゆっくりと話を聞いてあげてみてはいかがでしょうか。

次の