イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付。 欧州の赤十字、新型コロナウイルス対策で仮想通貨でも寄付募る ~イタリアとオランダ「医療設備充実に使用」

イタリア赤十字社、暗号資産で集めた募金を医療基地に寄付

イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付

イタリアとスペインは新型コロナウイルスの影響を最もひどく受けている2つの国であり、恐らく両国の医療従事者は現在、最も早急に財政支援を必要としている。 しかし、両国の赤十字社は仮想通貨による寄付に対して非常に異なるアプローチを取っている。 イタリアの赤十字社は数万ドル相当のビットコイン<BTC>を集めている一方で、スペインの赤十字社は仮想通貨資金は受け取ることができないと述べている。 2月にイタリアのスタートアップ企業であるヘルパービットはイタリア赤十字社と提携している機関と共同で、BC(ブロックチェーン)を利用したビットコイン寄付・プラットフォームを設立した。 このプラットフォームは、「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)患者のトリアージ」を行う医療センターに必要な「重要なインフラ及び医療機器を購入」するために、1万1000米ドル調達という目標をすでに達成しており、余った資金は全て「医療従事者に彼らが必要としている個人的な保護手段を提供する」ために利用される。 この医療センターは現在設立中である。 しかし、最初の目標を超過して達成した後、このキャンペーンの主催者は規模を拡大して、全部で4・1024ビットコイン(2万7389米ドル)を集めたいと考えている。 主催者によれば、この額は上述の医療センターに緊急治療を行う能力を与え、さらに除細動器及び診断モニターを提供することを可能にする。 これまで、全部で77人の寄贈者が3.2131ビットコインを寄付している。 しかし、Diario Bitcoinによると、スペインの赤十字社は仮想通貨による寄付を受け取ることすらしていない。 スペイン赤十字社の報道官はDiario Bitcoinに対して、スペイン赤十字社が仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げる予定はなく、今のところクレジットカード及びデビットカードを利用した資金調達のみ受け付けている、と述べている。 オランダ及び米国の赤十字社も仮想通貨による寄付を受け付けており、スペインにおける仮想通貨の地位に関する規制的な障害が同国の赤十字社による仮想通貨寄付の受け取りを阻止しているのではないかと考えているメディアも存在する。 (イメージ写真提供:123RF) This story originally appeared on. 最新記事• FCT• QTUM• Podcast• 英語版• CoinDesk-en 年別 バックナンバー•

次の

イタリアの銀行がビットコイン取引を提供、国内封鎖で仮想通貨への関心が高まる

イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 All CFDs stocks, indexes, futures and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible. 22,857. 685 -0. 087 -0. 88 -0. 04 -0. 78 -0. 15 -0. 22 -1. 69 -6. 12 -1. 76 -0. 08 -3. 22 -3. 20 -0. 04 -0. 26 -2. 64 -0. 0 -19. 0 -0. 5 -61. 5 -0. 0 -9. 5 -2. 0 -15. 0 -0. 7 -1. 6 -1. 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の

イタリア赤十字社、暗号資産で集めた募金を医療基地に寄付

イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付

(Image: Shutterstock. com) 新型コロナウイルスによる肺炎のパンデミックが起きているイタリアの赤十字は3月12日、医療インフラ整備のために仮想通貨での寄付を募るキャンペーンを始めた。 目標金額1万ユーロ(129万円相当)の寄付を15日に達成し、同日、さらなる医療体制拡大のため、追加の寄付募集を始めた。 イタリアでは3月16日時点で2万5000人近くが新型コロナウイルスに感染し、死者も1800人を超えた。 致死率は最初にパンデミックが起きた中国・武漢を上回り、医療崩壊の危機にある。 赤十字は「集中治療のためのベッドが足りず、感染のピークはまだ先にある」と訴え、支援を呼びかけた。 集めた資金は医療設備の充実に充てるが、余剰分は医療スタッフのケアに使うという。 イタリア赤十字コッリ・アルバーニ委員会のブルーノ・ピエトロサンティ委員長は、「感染者の数が増え、病院施設内の利用可能な場所が減少しており、新たな入院患者の受け入れ態勢が課題になっている。 Bitcoinのような革新的な資金調達ツールが、この歴史的な危機に際し、入手困難かつ必要な経済的資源を獲得するのに役立つと信じています」と述べた。 また、感染者が1000人を超えたオランダの赤十字も、新型コロナウイルス対策でBitcoinなど主要仮想通貨の寄付を受け付けている。

次の