可愛い 神戸弁。 【女子必見】広島の方言(広島弁)を徹底解説!かわいい方言も紹介!

大阪弁の告白|男女別!関西弁萌えな可愛い&かっこいいセリフ集

可愛い 神戸弁

大阪弁では一文字の言葉を言い表す際に言葉尻を伸ばすという特徴があります。 例えば毛のことを「けぇー」と言い「明日けぇー切りに行くねん」と言います。 ちなみに「明日けぇー切りに行くねん」という表現の意味は「明日散髪しに行くんだ」という意味合いです。 他にも目のことは「めぇー」、火のことを「ひぃー」と言うように、一文字の言葉について言葉尻を伸ばすという特徴があります。 ちなみに言葉尻を伸ばすのは一文字の言葉に限定されません。 特にのんびりしている時やくつろいでいる時は全体的に語尾を伸ばしがちです。 例えば「朝からずっとこたつに入ってるわぁー。 寒いから外出る気にならへんねんなぁ」といった具合に、のんびりしている時の大阪弁はグダグダ感が顕著に表れます。 だからこそ大阪人がキレた時の口調は余計に激しく聞こえ、大阪弁を話す人は怖いといったイメージの一因であると言われています。 大阪弁のイントネーションは標準語とは異なり独特です。 例えば「雨」と言う時、標準語では一文字目の「あ」にアクセントがあり、「め」に向かって下がるようなイントネーションですが、大阪弁では「あ」が低く、「め」に向かって上がるようなイントネーションになります このように大阪弁には標準語とは異なるイントネーションがあることから慣れない人にはうまく聞き取れないことも珍しくありません。 しかし短気な大阪人と話していると、何度も聞き直すと「何回言わせるねん!」とキレられてしまうこともあるので注意が必要です。 ちなみに大阪人はせっかちで短気というイメージを持っている人は少なくありませんが、大阪人の中にものんびりした人はたくさんいますし、天然と呼ばれるゆったりとした空気感を持っている人もたくさんいます。 大阪人の全員が短気で怖いということではありません。 大阪弁の女子は好きな男子とフランクに話すことが多いので、勢いに任せてあんたのことめっちゃ好きやねんけど!と萌えるを告白する女子は少なくありません。 大阪弁の女子は好きな男子と話す時にもボケたりツッコんだりしながら楽しく過ごす人が多いと言われています。 大阪弁の男子はそんな女子を友達のように思っている人が少なくないと言われています。 そのため恋心を抱く女子の気持ちになかなか気付かず、いつまでも片思いの状態が続くことも珍しくありません。 女子としては楽しい時間を過ごしながらもしっかりと行為を伝えているつもりなのに、意中の彼は全く好意に気付いてくれないことからしびれを切らして「なんでうちの気持ちに気付いてくれへんの!」と思いのたけをぶちまけてしまうという可愛い萌え告白セリフです。 大阪弁の女子もその他の女子と同様に、大好きな彼には自分のことだけを見ていて欲しいと思うものです。 それなのにそんな自分の気持ちに気付かず、他の子とも分け隔てなく接する彼を見て嫉妬する女子は少なくないと言われています。 大阪の女子は好きな男子と話す時にもボケたりツッコんだりしながら楽しく過ごす人が多いと言われています。 だからこそいつも大好きな彼を独り占めしたいと願う大阪女子は多いと言われています。 大阪女子には恥ずかしがり屋な人も多く、照れ隠しのためにふざけて面白いことを言ったり悪態をつくこともあります。 しかし素直な気持ちは大好きな彼と一緒にいたいという気持ちが現れた一言です。 大阪弁の女子には一途に彼を思う人も少なくありません。 そういった純粋な心を持つ大阪女子には、他の男性が全く目に入らず心から愛してると思っている人は少なくありません。 そんな大阪女子はいくら他の男子に言い寄られたとしても心が揺らぐことはなく意中の彼への愛してるという気持ちを大切にします。 大阪女子は口が軽かったりノリが軽いという印象を持たれがちですが、中身は芯の通った女子が多いことから意中の彼に何度も愛してると言う人もいます。 ちなみに以下の記事では大阪出身の県民性について紹介しているので合わせてご覧ください。 大阪人の性格や特徴、方言、有名人などもお伝えしています。 大阪弁の男子は子供っぽいと言われることが多く、少年のような無邪気さを持っている人も少なくありません。 だからこそいつも遊び感覚のようなノリで女子とじゃれ合う人も少なくありません。 いつもはそういう軽いノリの大阪弁の男子でも、本当に好きな女子の前では真剣な思いを口にします。 お前が好きやねんという言葉は、そんな普段の無邪気なところからは想像しがたい真剣な雰囲気で言われることが多い告白だと言われています。 大阪弁の男子にはイベント事が好きな人も多いので、花火やお祭り、クリスマスなどのイベントの際には今日こそは決めようと心に決めてお前が好きやねんと告白する人もいると言われています。 しかし、大阪の男子はどこかにオチを求める傾向があるので、真剣に告白した後に笑いを求める傾向があると言われています。 大阪弁の男子には恥ずかしがり屋な人も少なくありません。 そのためストレートに告白するよりも照れ隠しのためにお前はホンマに可愛いなと言う告白で相手に気持ちを伝える大阪男子も少ないと言われています。 大阪男子はその場のノリや冗談でお前可愛いなー!ということがありますが、お前はホンマに可愛いなという告白をする時には、そういった冗談めいたセリフとは全く違う意味合いが込められます。 それはシチュエーションや表情、態度、言い方などからヒシヒシと伝わってくるものであると言われています。 お前はホンマに可愛いなという告白をする時には、いつもとは全く違う緊張感などがあることから、告白された女の子までとても緊張したり恥ずかしく感じたりすると言われています。 また女の子の立場からすると、お前が好きやねんとストレートに告白してほしいという正直な意見もあがっています。 ほな付き合おうやという告白は、意中の女の子と一緒に過ごすことが多い大阪男子がよく口にする告白です。 ほな一緒にいようやという告白は、2人きりで良い雰囲気になった時に大阪男子から自然な形でされる告白です。 大阪男子はいつも元気でノリが良いというイメージがありますが、意中の女の子と2人きりになると友達の前では見せない意外な素顔を見せることも珍しくありません。 そういった特別な表情や感情は誰にでも見せるものではありません。 大阪男子には周囲の人には明るく振る舞って、落ち込んでいる姿や弱い部分を隠そうとする人は少なくありません。 そういった大阪男子は告白の際にも少し照れ隠しをしようとする人もいますが、告白する際の真剣な雰囲気がにじみ出ていることから、ほな付き合おうやという大阪男子にときめく人も多いと言われています。 大阪弁の男子はお笑い好きな人が多く、冗談めいた会話をしていることも少なくないと言われています。 そんな大阪男子の中には、照れ隠しをしながらも意中の女の子への思いが抑えきれず、冗談っぽく好意を口にする人もいます。 普段から意中の女の子にお前が好きやねんって!と言いながらも笑い飛ばす日々を送る人も少なくありません。 そういう大阪男子が意中の女の子と2人きりになって言葉少なめな雰囲気になった時にボソッと俺にしとけってと真剣に告白する姿に落ちる女性は少なくないと言われています。 大阪弁・関西弁の告白を参考にして恋を成就させましょう 大阪弁・関西弁の男女は基本的にお笑いが好きな人が多く、軽いノリでふざけた会話をする人も少なくありません。 そういった普段の雰囲気とは打って変わって、2人きりになった時の特別な雰囲気に、真剣に告白されると萌えるという人は少なくありません。 そんな大阪弁・関西弁の男女の告白を参考にして恋を成就させましょう。

次の

方言女子はやっぱりかわいい!?男性が萌える関西弁

可愛い 神戸弁

大阪弁では一文字の言葉を言い表す際に言葉尻を伸ばすという特徴があります。 例えば毛のことを「けぇー」と言い「明日けぇー切りに行くねん」と言います。 ちなみに「明日けぇー切りに行くねん」という表現の意味は「明日散髪しに行くんだ」という意味合いです。 他にも目のことは「めぇー」、火のことを「ひぃー」と言うように、一文字の言葉について言葉尻を伸ばすという特徴があります。 ちなみに言葉尻を伸ばすのは一文字の言葉に限定されません。 特にのんびりしている時やくつろいでいる時は全体的に語尾を伸ばしがちです。 例えば「朝からずっとこたつに入ってるわぁー。 寒いから外出る気にならへんねんなぁ」といった具合に、のんびりしている時の大阪弁はグダグダ感が顕著に表れます。 だからこそ大阪人がキレた時の口調は余計に激しく聞こえ、大阪弁を話す人は怖いといったイメージの一因であると言われています。 大阪弁のイントネーションは標準語とは異なり独特です。 例えば「雨」と言う時、標準語では一文字目の「あ」にアクセントがあり、「め」に向かって下がるようなイントネーションですが、大阪弁では「あ」が低く、「め」に向かって上がるようなイントネーションになります このように大阪弁には標準語とは異なるイントネーションがあることから慣れない人にはうまく聞き取れないことも珍しくありません。 しかし短気な大阪人と話していると、何度も聞き直すと「何回言わせるねん!」とキレられてしまうこともあるので注意が必要です。 ちなみに大阪人はせっかちで短気というイメージを持っている人は少なくありませんが、大阪人の中にものんびりした人はたくさんいますし、天然と呼ばれるゆったりとした空気感を持っている人もたくさんいます。 大阪人の全員が短気で怖いということではありません。 大阪弁の女子は好きな男子とフランクに話すことが多いので、勢いに任せてあんたのことめっちゃ好きやねんけど!と萌えるを告白する女子は少なくありません。 大阪弁の女子は好きな男子と話す時にもボケたりツッコんだりしながら楽しく過ごす人が多いと言われています。 大阪弁の男子はそんな女子を友達のように思っている人が少なくないと言われています。 そのため恋心を抱く女子の気持ちになかなか気付かず、いつまでも片思いの状態が続くことも珍しくありません。 女子としては楽しい時間を過ごしながらもしっかりと行為を伝えているつもりなのに、意中の彼は全く好意に気付いてくれないことからしびれを切らして「なんでうちの気持ちに気付いてくれへんの!」と思いのたけをぶちまけてしまうという可愛い萌え告白セリフです。 大阪弁の女子もその他の女子と同様に、大好きな彼には自分のことだけを見ていて欲しいと思うものです。 それなのにそんな自分の気持ちに気付かず、他の子とも分け隔てなく接する彼を見て嫉妬する女子は少なくないと言われています。 大阪の女子は好きな男子と話す時にもボケたりツッコんだりしながら楽しく過ごす人が多いと言われています。 だからこそいつも大好きな彼を独り占めしたいと願う大阪女子は多いと言われています。 大阪女子には恥ずかしがり屋な人も多く、照れ隠しのためにふざけて面白いことを言ったり悪態をつくこともあります。 しかし素直な気持ちは大好きな彼と一緒にいたいという気持ちが現れた一言です。 大阪弁の女子には一途に彼を思う人も少なくありません。 そういった純粋な心を持つ大阪女子には、他の男性が全く目に入らず心から愛してると思っている人は少なくありません。 そんな大阪女子はいくら他の男子に言い寄られたとしても心が揺らぐことはなく意中の彼への愛してるという気持ちを大切にします。 大阪女子は口が軽かったりノリが軽いという印象を持たれがちですが、中身は芯の通った女子が多いことから意中の彼に何度も愛してると言う人もいます。 ちなみに以下の記事では大阪出身の県民性について紹介しているので合わせてご覧ください。 大阪人の性格や特徴、方言、有名人などもお伝えしています。 大阪弁の男子は子供っぽいと言われることが多く、少年のような無邪気さを持っている人も少なくありません。 だからこそいつも遊び感覚のようなノリで女子とじゃれ合う人も少なくありません。 いつもはそういう軽いノリの大阪弁の男子でも、本当に好きな女子の前では真剣な思いを口にします。 お前が好きやねんという言葉は、そんな普段の無邪気なところからは想像しがたい真剣な雰囲気で言われることが多い告白だと言われています。 大阪弁の男子にはイベント事が好きな人も多いので、花火やお祭り、クリスマスなどのイベントの際には今日こそは決めようと心に決めてお前が好きやねんと告白する人もいると言われています。 しかし、大阪の男子はどこかにオチを求める傾向があるので、真剣に告白した後に笑いを求める傾向があると言われています。 大阪弁の男子には恥ずかしがり屋な人も少なくありません。 そのためストレートに告白するよりも照れ隠しのためにお前はホンマに可愛いなと言う告白で相手に気持ちを伝える大阪男子も少ないと言われています。 大阪男子はその場のノリや冗談でお前可愛いなー!ということがありますが、お前はホンマに可愛いなという告白をする時には、そういった冗談めいたセリフとは全く違う意味合いが込められます。 それはシチュエーションや表情、態度、言い方などからヒシヒシと伝わってくるものであると言われています。 お前はホンマに可愛いなという告白をする時には、いつもとは全く違う緊張感などがあることから、告白された女の子までとても緊張したり恥ずかしく感じたりすると言われています。 また女の子の立場からすると、お前が好きやねんとストレートに告白してほしいという正直な意見もあがっています。 ほな付き合おうやという告白は、意中の女の子と一緒に過ごすことが多い大阪男子がよく口にする告白です。 ほな一緒にいようやという告白は、2人きりで良い雰囲気になった時に大阪男子から自然な形でされる告白です。 大阪男子はいつも元気でノリが良いというイメージがありますが、意中の女の子と2人きりになると友達の前では見せない意外な素顔を見せることも珍しくありません。 そういった特別な表情や感情は誰にでも見せるものではありません。 大阪男子には周囲の人には明るく振る舞って、落ち込んでいる姿や弱い部分を隠そうとする人は少なくありません。 そういった大阪男子は告白の際にも少し照れ隠しをしようとする人もいますが、告白する際の真剣な雰囲気がにじみ出ていることから、ほな付き合おうやという大阪男子にときめく人も多いと言われています。 大阪弁の男子はお笑い好きな人が多く、冗談めいた会話をしていることも少なくないと言われています。 そんな大阪男子の中には、照れ隠しをしながらも意中の女の子への思いが抑えきれず、冗談っぽく好意を口にする人もいます。 普段から意中の女の子にお前が好きやねんって!と言いながらも笑い飛ばす日々を送る人も少なくありません。 そういう大阪男子が意中の女の子と2人きりになって言葉少なめな雰囲気になった時にボソッと俺にしとけってと真剣に告白する姿に落ちる女性は少なくないと言われています。 大阪弁・関西弁の告白を参考にして恋を成就させましょう 大阪弁・関西弁の男女は基本的にお笑いが好きな人が多く、軽いノリでふざけた会話をする人も少なくありません。 そういった普段の雰囲気とは打って変わって、2人きりになった時の特別な雰囲気に、真剣に告白されると萌えるという人は少なくありません。 そんな大阪弁・関西弁の男女の告白を参考にして恋を成就させましょう。

次の

可愛い|徳島県の方言(阿波弁)25選!好き・告白の表現もご紹介!

可愛い 神戸弁

広島にすむ25歳、独身女性です。 私はなぜか関西、特に神戸弁の男性に魅力を感じています。 数年前に片思いした人が、神戸出身で、その後も、神戸や姫路の人と付き合いました。 「〜しとうやん。 」や「〜やで」「〜へんの?」らの方言を耳にすると、妙に男らしさを感じてしまうんです!(我ながら変・・) それに関西全体ですが、話が上手ですよね!大しておもしろくない話もおもしろく聞こえるから不思議です。 「たくさんある」という表現を「腐るほどある」とか「アホほどある」とよく使いますよね(笑)会話の途中で笑ってしまいます。 大阪弁は、少し怖い、しつこい印象で、京都弁はちょっと女性的。 神戸弁はからっとしてる印象を受けるのは私だけでしょうか? 私のように方言に魅力を感じてしまう人、いますか?? 男性は、京都弁の女に弱いってよく聞きますが。。。 私は逆バージョンですね。。 ユーザーID: 「西のほうから見た関西方言」というのはとても斬新な視点で、楽しく読ませていただきました。 広島の「山陽方言」は神戸よりさらに西の「播州方言」とゆるやかにかぶっているので、江戸っ子弁のようにパキパキして飾りの多い大阪弁より親しみを感じるのかもしれません。 というのはこじつけ。 実は、かくいう私は摂津(いわゆる阪神間と大阪の一部)の方言が子供のころに入った身なので、岡山や広島の方言にたいへん親しみを感じます。 誇り高い住人が多いわりに転勤族にも住みやすい。 だから外から見たらからっとした男性的な印象になるというのも、あり得ない話じゃないなあと思いました。 あ、でも、いつか神戸の方言の中の、きたなーいのを耳にしても、幻滅しないでね…。 ユーザーID:• 横気味ですが。。。 神戸出身です。 方言が違うと、付き合うの大変じゃないですか? 関西圏同士だと大丈夫なのかな・・・ 大学からずっと東京なので、逆に関西弁が話せなくなってしまいました。 親兄弟と話すときはもちろん関西弁ですが、かしこまると出ないんです。 敬語が話せない。 お店で買い物するときやコンパなど、初対面の人と話すときはどう頑張っても、こっちの言葉になってしまいます。 だから、関西出身男性へのウケは悪いんですよ。 神戸出身なのに、何で?みたいな。 あと、相手が関西弁じゃないと関西弁は話せません。 京都弁(といっても場所によるみたいですが)は私も女性らしくて素敵だなと思います。 あれはマネできないですね。 難しい! あと、茨城方面の言葉?で、「〜だべ」というのと、長野の方で「〜ら」というのがありますよね。 両方好きです。 方言〜面白いよね 広島でも岡山に近い辺りに小学校3年生まで住んでいました。 名古屋、東京、大阪と父の転勤に伴って移動し、現在の神戸が一番長いです。 転勤族で言葉がチャンポンの私ですが、結婚して夫がバリバリ神戸弁なので、すっかり神戸弁がうつりました。 言葉ってうつりますよね〜。 広島の方言って関西弁と似ているけど、発音は東京よりですよね。 不思議だけど。 学生時代、アナウンス部だったこともあり、仕事で話す時は発音まで共通語になります。 基本の言葉は神戸弁だけど、話す相手が東京なら東京弁(標準語じゃないよ)、名古屋なら名古屋弁、広島なら広島弁と自然と七変化します。 手持ちの方言でない相手と話す時は、共通語と神戸弁の半々って感じになります。 親は広島弁だけど、私が親と話す時は神戸弁です。 ユーザーID:• 九州弁 関西出身の独身30歳です。 関西弁を、ほめてくれてありがとうございます。 私は現在海外なので、普段の生活は英語、日本人の知人とあうときは、あたりさわりのない「なんとなく関西風アクセント」の標準語で話します。 普段関西弁に飢えているからでしょうか。 私も西のアクセント(近畿、中国、四国、九州)でしゃべる男性をついつい好ましく思ってしまい、話がはずみがちです。 ところで、タイトル通り、中でも特に九州地方(さらにつめると博多弁)にかなり弱いです。 「どげん?」とか、もう、可愛いというか男らしいというか、、、。 大喧嘩して不満をぶちまけた後、九州出身の彼に「どげんしてほしかと?」といわれるともうめろめろになっていました〜。 そういうことってあると思いますよ〜。 ユーザーID:• さかもとさん>そうですね。 兵庫の南側は、結構あっさりしてるのかも。 広島、岡山方面の方言に親しみを感じてもらえて嬉しいです!神戸弁の汚いのは、広島弁の汚いのも同じだと思ってるんで、免疫はあります(笑) yukiさん>方言が違うからこそ、話してみたくなるんですよね〜(笑) 静岡の方の「〜ら」っていう方言に出会った時はかなりびっくりしました・・・。 その人は逆に「広島弁を話す女性はかわいらしい」と言ってたなぁ。 新鮮なんでしょうね あさみさん>確かに、好きな人の方言というのは勉強したくなりますよね! やよいさん>初めて「〜しとう」が可愛いというご意見ありがとうございます。。 私は広島といっても、ほぼ岡山よりの地域なので「〜じゃけん」は使いません。 こてこての(?)広島弁ではないんですよね。 TVでたまに広島弁を耳にすると、すっごく浮いてるというか、目立つ(笑)「うわっ!」って思います。 客観的に「長老がいる!」って思えてなりません。 ユーザーID:• へえ〜 私もトピ主さんと同じく、片思いした相手の地方の方言がとても魅力的に耳に心地よく思えたクチです。 その方言は、岡山弁です。 姑も岡山の出身ですが、こちらは魅力的には聞こえず、むしろキツイ感じに聞こえますので、やはり方言云々よりも自分の思い入れに寄るところが大きいのでしょう。 私は大阪で、夫は神戸ですが大阪弁と神戸弁は95%同じでしょう。 「しとう?」と「だぼ」など違うのも勿論ありますが。 京都と違い、イントネーションで神戸と大阪を区別することは不可能に近いと思われます。 ただ、大阪には吉本芸人のおかげでコテコテなイメージがついてしまっているので、比較して神戸は良く思われるのでしょう。 ユーザーID:• 広島弁大好き 私のように、方言に「きゅん」とくる方はいるんですね(笑) もう1つ「きゅん」とくる神戸弁は、語尾の「〜でやぁ、・・」です。 少し横気味ですが、私は地元出身の男性に魅力を感じなくて、 今までの彼氏、好きな人はほとんど他県なんです。 私みたいな人はさすがに少ないかなぁ?? また神戸の男性と出会いたいなぁ、と思っているのですが、最近出会いません。。 う〜ん、出会いたい!(笑) ユーザーID:• 旦那が神戸です 私は大阪弁です。 詳しくは京都よりの北河内弁です。 昔ロンドンにいた時、郷里の言葉で話す日本人は 関西人くらいなものでした。 標準語しゃべってるから「出身どこ?」て聞けば 大分だったり、岐阜だったり。 恥ずかしいのかな。 もっと自分の地元の言葉を大切にしてほしいと 思いました。 関西人は言われなくてもどこへ行っても関西弁で やってけるし、標準語の次に国民権を得てる方言ですよね。 ところで、トピ主さん!私は広島弁がめちゃ気になります。 というのもポルノグラフィティのファンなので、 彼らがしゃべる言葉にいちいち反応して、いいなーと 思ってしまいます。 でも、たぶんよくわからないけど 広島弁と、彼らの出身地因島弁ってちょっと違うの かな!?また教えて下さい。 ユーザーID:• 「腐るほどある」って… 地域限定だったのねぇ。 今、東京で働いているのですが、先日 「すみません、ボールペン余ってますか?」 と、地元出身の同僚に言われたので、 「今、業者さんが持ってきたから、そこに腐るほどあるで。 持ってき」 と返事をしました。 すると、すごーく変な…摩訶不思議な顔をするので、 「あ、ゴメン。 ボールペンは腐らへんもんな」 と訂正しました。 で、彼女が箱を開けるのが見えたので、 「な? アホほど入っとうやろ?」 と、同意を求めると、 「ぶふっ」 という音を立てて、彼女は大笑いを始めました。 じゃ、関西以外の人々は、「沢山ある」としか言わないものなの? ユーザーID:• 言葉の捉え違いで彼とケンカ(横です) ふたりとも関西近郊(大阪ではない)、関西弁なのですが、 昔、語尾につける「〜し」という言葉使いでケンカになったことがあります。 私の地域はケンカする時の言葉に使うものなのです。 例:「っていうか、あんたの言よること意味わからんし」 とか、とりあえず主にケンカの時にしか使いません。 しかし、彼氏の地は普段でも会話中、頻繁に使うそうです。 ケンカ後、彼氏が「〜し」という言葉ばかりで謝罪の言葉を述べるので、 私は益々ケンカをふっかけているのだと勘違いし、逆上したのでした(笑) 同じ(ような)方言でも、言葉って地域によって奥深いですねぇ。 私は自分が使ってるせいか、大阪弁ひいきですね〜。 ユーザーID:• 同じ「来ない」でも 嫁いでカルチャーショックありました。 新居に掃除に行ったとき、近所の人に 「いつまでおっとってですのん?」と聞かれ 「???」 主人の姉としゃべっているとき 「・・・・してやる」といったら 「そんなガラの悪いことば・・・」と突っ込まれ 「???」 お好み焼き屋のメニューは 「ぶた玉・いか玉」ではなく「ぶた焼き・いか焼き」 おまけにあんまりおいしくないし、 結婚して数日後の母からの電話でホームシック爆裂! 「蓬莱の豚饅持ってきてぇ」と泣きつきました(笑) そんな私も15年も経ってしまえばすっかり播州弁。 久しぶりに大阪の友達としゃべると 「おおー、大阪弁ってこんな風にしゃべるんや!」 と懐かしくなります。 ユーザーID:• 播州弁 神戸と近いですが、姫路出身です。 姫路人同士で喋る時はもうおもいっきり播州弁でかましてしまいますが、一歩兵庫を出るとちょっと抑えてしまいます…。 京都出身の母親の前では「何しとんけぇ」はタブーです。 「とん」と語尾の「け」が汚いそうです。 大抵の人が「汚い」「下品」などの理由で嫌う播州弁、私はもう大好きです!! レスでありましたが、大阪、京都、神戸、どこ出身だろうが人によってキツく言う人だったり穏やかに喋る人はいるだろうけど、やっぱり違いますよ。 どこも「関西弁」と基本は同じですが、「来ない」1つ取っても「けーへん」「きーひん」「こーへん」(順番は大阪、京都、神戸のはず??)と、やっぱり喋り口調に問わず、違う色はやっぱり出てきます。 ユーザーID:• 東京弁に・・・ 皆さん、レスありがとうございます! ポルノファンさん> ポルノの使う方言は、私の住む広島県最東部より、さらに広島弁がキツイですね。 地元のお年寄りが使うくらいの広島弁かなぁ(ごめんなさい) ちなみに島谷ひとみさんも広島出身なんですよ。 MEGUMIさんも倉敷なんで、きっと地元に帰ると「〜よなぁ?」「〜じゃろ?」って岡山弁を使っているはず。 ポルノ以外のタレントは、すっかり標準語ですよね。 六甲おろしさん> その状況わかります!!(笑) 「腐るほどある」や「アホほどある」が関西限定なら、それ以外の地域は「山ほどある」が一般的ではないかと分析します。。 フロレンさん> 「〜し」って京都弁ではないでしょうか? 以前、京都に旅行した時、酒屋さんに道を尋ねたところ、 「ここを右にまがりますし、そこをまっすぐ行きますし、次の信号を左にまがりますし・・・」と言ってました(笑) 「〜し」ってそんな使い方!??ってカルチャーショックを受けました。 私の中では「〜し」は「〜だし・・」の使い方なんですが、京都では「〜よ」の意味なのかな?? ユーザーID:• ごめんなさい、一寸不愉快になりました。 神戸の方が神戸を誇りに思われるのは結構ですが、 なぜその時に大阪弁はキツイから、などとワザワザ言う必要があるのでしょうか。 私の神戸の知り合いは強烈な早口のため、私にとっての神戸弁はキツイ言葉です。 言葉は話す人によって受ける印象は違います。 かつて谷崎潤一郎が最も美しい響きを持つ言葉として大阪の船場言葉を挙げ、「細雪」を書き上げました。 大抵の人はTVで流れる芸能人のインチキ大阪弁を聞いて全てを知っているかの様に言います。 さらに大阪は東京と同じく他の地域から沢山の人が移り住み、インチキ大阪弁が定着しつつあります。 最近話題になった振り込め詐欺撲滅CMも私からすれば不愉快極まりないCMです。 大阪の人はお調子乗りなところがありますから、なんでも「そうそう」と話を合わせたりしますが、これが間違いの元かもしれませんね。 大阪の人はそろそろ声を挙げるべきかも知れません。 ユーザーID:• 博多&大阪弁の彼 自分の出身地で検索したらひっかかったので遅ればせながらレスします(笑) 広島弁と因島弁ですが、トピ主様も仰っておりますが明らかに違います。 うちのダンナは呉市に住んでましたが、呉弁もまた広島の言葉とも違う。 細かく言うと、広島でも各地で少しづつ違ってます。 なので、広島出身の芸能人はたくさんおられますが、ポルノの(今は)2人の言葉は一番私には懐かしい響きを持ってます。 広島の女性などが「〜(何々)しちょったん?」みたいに使う言葉も因島では「〜(何々)しよんじゃろ?」とぶっきらぼうです。 初めて広島弁を喋る女性に出会った時の衝撃(なんて優しい言葉で話すのだろう)は今でも忘れません。 余談ですが「つつこしい」と「おどくさい」は同じ広島出身のダンナには通じませんでした。 ポルノのお二人は判ると思いますよ(笑) ユーザーID:• 方言好き。

次の