アキラ 漫画 コロナ。 AKIRA 全6巻完結セット(KCデラックス)

AKIRA(漫画)の予言解説!5つの都市伝説とは

アキラ 漫画 コロナ

2020年1月の「東京オリンピック中止」はフェイクニュース 2020年1月に「東京オリンピック中止」という衝撃的なワードがTwitterのトレンドになりました。 東京オリンピック中止がトレンドに入ってるのが、コロナウィルス以上の衝撃… — HKT lO5ByYlqhp1T0C0 なぜそんなことが言われているのかというと、「東京オリンピック中止」と言うタイトルのニュースが拡散されたからです。 このニュースの元になっているのは、南ドイツの新聞。 あくまでもオリンピックが中止になる可能性もないことはないというだけで、中止とははっきり言っていません。 それだけ、世間の注目も集まっています。 政府にもしっかり対応してもらいたいです。 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は1月30日に「東京オリンピック中止」という情報を完全に否定しました。 AKIRAのあらすじ 1988年7月、関東地方に使用された「新型爆弾」により、第三次世界大戦が勃発。 それから31年後、新首都のネオ東京では反政府ゲリラと軍部との暗闘が続いていた。 金田は山形、甲斐、鉄雄といった仲間と共に暴走に明け暮れる日々を繰り返していた。 ある日、金田は暴走中に鉄雄がタカシと衝突したことで警察に捕まってしまい、留置所で出会ったケイに一目惚れする。 一方、病院から脱走した鉄雄は奇妙な力に目覚めると同時にコンプレックスを肥大化させ、やがて超能力を怒りに任せて振るうようになっていく。 金田はケイと共に軍のラボに潜入して鉄雄を救おうとするが、暴走した鉄雄によって友人の山形が殺されたことで、鉄雄との対決を決意する。 軍や暴徒を退いた鉄雄は オリンピック会場でアキラの封印を解くが、そこにあったのは分析のためにバラバラに分解されたホルマリン漬けの臓器だけであった。 レーザー銃を手に入れた金田が鉄雄との対決に敗北する一方、大佐がSOLによるレーザー照射を実行。 鉄雄はこれによって右腕を失うが、超能力によってSOLを無残に破壊、 オリンピック会場に墜落させる。 金田たちはそれに紛れて一時撤退、鉄雄は右腕の肩代わりとして瓦礫の破片を義手にするのだった。 翌日、オリンピック会場で玉座に座る鉄雄は大佐の説得を退けるも、最終決戦を挑む金田のレーザー銃に撃たれたことで倒れこみ、カオリを巻き込んで膨張する肉塊へと成り果てる。 そこへナンバーズによって導かれたアキラが覚醒、拡大する光は金田や鉄雄もろとも旧市街を巻き込み、建物も地盤も津波によって海中に押し流された。 光の中で金田は鉄雄と出会ったときの記憶を垣間見る。 そしてナンバーズから人々の間にもアキラの力の目覚めが始まっている事を知らされた金田は、鉄雄がナンバーズとアキラによって別世界へ運ばれるのを見送る事しかできなかった。 夜が明け、スタジアムのガレキの山で辛うじて生き延びた金田、ケイ、甲斐はバイクで崩れかけた道路を全速力で飛ばしながらネオ東京へと向かって行く。 そしてその一方で、鉄雄の誕生から未来までの断片などの神秘的なビジョンとともに「僕は、鉄雄…」という鉄雄のひと声で物語は終わる。 引用元:wikipedia 舞台はオリンピック開催前の2019年。 「ネオ東京」です。 「東京五輪、国民の力で成功させよう」という広告の下部に、 「中止だ中止」「粉砕」などの落書きが描かれていることが、 今回の「オリンピック中止」騒動と重なるということで、ネットで話題になっています。 スポンサーリンク アニメ映画版「AKIRA」は で見られます。 \31日間無料トライアル付き/ 世間の反応 東京オリンピックが中止になったら、漫画「AKIRA」と同じになる!と話題になっています。 — メガネのキワミィ Sabumegane0000 トレンドに「東京オリンピック中止」が上がっていたので見てみると「AKIRA」のことだったのね。 まあ147日前なのに工事中だし、「中止だ中止」の落書きもあるし、妙にシンクロしてる。 コロナウィルスの件もあるから、もう中止でいいよ。 東京オリンピック中止になるの?感染症が激増するくらいならそれでいいと思う。 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は1月30日に「東京オリンピック中止」という情報を完全に否定しました。 ちなみに、東京オリンピックの経費はこのように報道されていました。 2020年東京五輪・パラリンピックをめぐり、会計検査院は4日、平成30年度までの6年間に国が支出した関連経費の総額が、約1兆600億円に上ったと明らかにした。 大会組織委員会と東京都が見込む事業費と合わせると、関連経費の総額は3兆円を超えることが確実となった。 引用元:産経新聞 総額が3兆円!! 中止にすると、このお金が全部パーになってしまいますからね。 東京オリンピックの新型肺炎対策として考えられるのは2つ。 通常通り開催• 延期 延期の可能性も2020年1月の段階では低いです。 【追記】2020年3月24日、東京オリンピックの開催が1年延期されることが決定しました。

次の

アキラの予言とコロナ危機 (北畠謙太郎 ブログ)

アキラ 漫画 コロナ

新型コロナウイルスで東京オリンピックが中止!?IOCがWHOと協議! 新型コロナウイルスの感染は現時点では止まらず、毎日感染者が増え続けています。 日本国内でも感染者が出ているので、他人事とは思えなくなってきました。 そこで心配されているのが「東京オリンピック」。 ネット上でも 東京オリンピックは大丈夫? 東京オリンピック中止?などと不安の声が多数出ています。 そんななか、 ドイツメディアが報道した内容によると、国際オリンピック委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)が連絡を取り合い協議しているとのことです。 まさに東京オリンピック中止の危機・・・!? これはどうやら、 新型コロナウイルスによる 新型肺炎対策の一環のようです。 東京オリンピックが半年後に迫った今、 「感染症対策は、安全に大会を開催するための重要な要素」としています。 東京オリンピックでは東京を中心にたくさんの人が国内外から集まります。 そんな中で感染者が出てしまうと、東京だけでなく日本中、世界中に新型コロナウイルスが拡大してしまいますよね・・・ 想像するだけでも恐ろしいです。 だって、インフルエンザでさえ流行している期間はすごく嫌ですよね? 外出する機会も減りますし、手洗いやうがいなどもいつも以上に入念にします。 それが新型新型コロナウイルスで、普段以上の人が集まるとなると、恐ろしい話です。 中国では新型コロナウイルスの影響で、サッカーやバスケットボールのオリンピックトーナメントがすでに移転しているようです。 中国を中心に感染者が増加しているので、中国に安心していることはできないですよね・・・ また過去に発生した感染症を調べてみると、2002年11月にSARSが発生していました。 終息したのは、なんと、2003年の7月なのです。 およそ 8ヶ月の期間がかかったということになります。 これを知るとなおさら不安になってしまいますね・・・ どう考えても東京オリンピックに間に合わない・・・ 現時点では終息の目処が立っていないようなので、本当に東京オリンピックが中止になってしまう可能性が0とは断言できないのです。 新型コロナウイルスで東京オリンピック中止!?イルミナティカードが予言? 突然広がった感染症に、戸惑いを隠せない日々ですが・・・ 実はこの事態をイルミナティカードが予言していたとの噂があります。 都市伝説的な話になってしまうので、苦手な方には不快な気持ちにさせてしまうかもしれませんが、紹介させていただきます。 そもそも、 イルミナティカードって何かご存知でしょうか? イルミナティカードとは、アメリカで販売されているカードゲームです。 ネットでも売っているので、日本に住んでいる方でも購入することができます。 この段階で怪しいさ満点ですが、1982年に発売されて以来人気があるようです。 ちなみに、子ども用ではなく大人が楽しむゲームです。 イルミナティカードが予言カードと呼ばれるきっかけになったのは、 9. 11です。 カードのイラストが2001年に起こった アメリカ同時多発テロを思わせるものだったのです。 こちらは ペンタゴンのテロそのものです。 また、 ダイアナ妃らしき人物がパパラッチに囲まれていることから暗殺の予言とも言われています。 日本国内の出来事でも予言されていたのでは?と言われる出来事があります。 それは 東日本大震災です。 忘れることはできない、とても恐ろしい災害でした。 たくさんの方が亡くなり、町が津波に襲われ、原発問題も浮上しましたね。 それもまたイルミナティカードのイラストに似たようなものがあったのです。 こちらは 津波に襲われる日本を予言していると言われているカード 偶然では?と思いたい気持ちがあるのですが、あまり起こらないことばかりがカードに描かれているので、ただの偶然だとは思えません。 こちらは、 福島原発事故の様子を予言していると言われているカードです。 今回の 新型新型コロナウイルスの感染も、ある1枚のカードが予言しているようです。 このカードには時計や逃げる人々が描かれています。 この時計は 銀座和光の時計台を表していると言われており、倒れるように見えます。 また、 逃げる人が来ている服の色がオリンピックカラーになっています。 信じたくはありませんが…。 しかしここまで当てはまってしまうと、そうなってしまうのではないかと不安になってしまいます。 イルミナティカードについて知っていくと、このカードが恐ろしくなってきてしまいますね・・・ ここに描かれていることが、これから世界中で起きてしまうと思うと恐ろしいです。 東京オリンピック中止を漫画「AKIRA」が予言していた? またもや都市伝説のような話になってしまいますが・・・ 漫画「AKIRA」が話題になったのは、東京オリンピックの開催が決定したときでした。 1982年の漫画なのですが、作品の中でも東京オリンピックが2020年に開催されると、まさに現実と同じ出来事がでてきていたのです。 しかし予言されていたのは開催決定だけではなかったようなのです・・・ 作品の中では新型コロナウイルスが感染したわけではありません。 さすがにそこまで描かれていたら鳥肌が立ちます。 漫画ではオリンピック開催に反対する人たちが登場します。 その反対派の人たちの壁の書き込みには、 中止だ!中止の文字が・・・ ほかにも 粉砕の文字などがあり、まさに今の状況に似ている・・・ ただ、肝心なところのオリンピック開催日までは描かれていないのです。 だからこそ話題になっているのでしょう。 今の状況は誰もが困惑してしまうような状況なので、いろんな説があります。 どこまでが事実で、どれが嘘なのかはわかりません。 信じるのも信じないのも自分次第ですし、実際信じたところで感染が収まるのかとなれば、全くそんなことはないのです。 タイミングだけで言うと、本当に最悪なタイミングですよね。 いいタイミングなんて存在しませんが、そのなかでも最悪・・・ たくさんのお金をかけて急ピッチで建設している建物たちが無駄になってしまうことなどを想像すると、非常に悲しいですよね。 潜伏期間がいつまでなのかは、現時点では断言できませんが、なるべく早いうちに終息することを願うばかりです。

次の

東京オリンピック中止はありえる!?AKIRAが「中止だ中止!」と予言していてヤバい!【画像】|ゆみログ

アキラ 漫画 コロナ

香港ではいまだ反送中運動が終わらず、今年になって武漢肺炎の流行で世の中が騒然としている中、ネット上では30年以上前にマンガ誌「週刊ヤングマガジン」に連載され、アニメ映画として公開された「AKIRA」が現在の東京の状況を予言していると話題になっています。 「AKIRA」は日本の漫画家でアニメーション監督の大友克洋氏が執筆した漫画で、1982年から連載され、その後、「AKIRA」はアニメ映画として1988年に公開されました。 その中ではまさに東京オリンピックが行われようとしている2020年の東京が描かれています。 日本の漫画家の平野健太さんは、昨年7月1日に、香港の抗議者が円形の交通標識を盾として持っているのを見て、以前見た「AKIRA」のシーンを思い出し、香港の抗議者の写真を「AKIRA」と並べた画像をツイートで投稿しました。 赤い枠で囲ったところをよく見ると、伝染病に対する世界保健機関(WHO)の対応が批判されている内容の街頭発表であり、「ちょっとゾッとした」と現在、武漢肺炎の発生でWHO が批判されている現在の状況と一致していることに驚きを隠せません。 ほんとだ AKIRAどんだけ予言してんだよ — 平野耕太 ( hiranokohta) 「予言」はそれだけではありません。 アニメーションの中で出てくるシーンに東京オリンピックのカウントダウンの看板で、147日と記してある下に「中止だ中止」と落書きが書いてあります。 因みにオリンピック開催前147日は2月29日となっています。 今のところ東京は今年の夏にオリンピックを開催する予定ですが、日本の武漢肺炎の流行が悪化しているため、「AKIRA」の「予言」が実現するかどうかはまだわからないところです。 「AKIRA」の連載が開始されたのが1982年。 作品の中に現れる38年後の東京を今と比べてみるとまた驚くべき予測がもっとみつかるかもしれませんね。 (大紀元日本ウェブ編集部) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の