忍野 メメ 名言。 恋物語の最後に貝木が中学生に鉄パイプで殴られていましたが...

恋物語の最後に貝木が中学生に鉄パイプで殴られていましたが...

忍野 メメ 名言

【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww 関連記事.

次の

【化物語】謎の存在!忍野扇をご紹介!

忍野 メメ 名言

化物語第一話 「おー、阿良々木君、やっと来たのか」 忍野メメ、初登場のセリフです。 阿良々木君は事前に忍野さんの元を訪れずれることを伝えてないのにこのセリフ。 忍野さんのひょうひょうとした性格が丸わかりな登場シーンですね。 「ああ。 そう」 戦場ヶ原に初めて出会い、自己紹介を受けた時の反応。 その右手をご覧ください。 その手はタバコがあります。 ですがそのタバコには火がつけられていないのです。 忍野さんのなぞの癖ですね。 「忍野忍と名付けてみた」 刃の元に心あり。 名前はその人を表すといいますが、今回はその逆。 その人を名前で表すパターン。 しかも自らの苗字と「忍」という文字を2回使うことによって名前で縛っています。 「助ける?そりゃ無理だ。 君が勝手に一人で助かるだけだよ。 お嬢ちゃん」 この先何度も登場する、忍野さんの名言中の名言です。 この名言は忍野さんの思想を体現したようなセリフですね。 ですが、初めてこれを聞いた戦場ヶ原は眉をひそめてしまいました。 「お嬢ちゃん。 随分と元気がいいね。 何かいいことでもあったのかい」 戦場ヶ原に詐欺師と疑われてのこの一言。 ぱっとみ相手をおちょくってるようにしか見えません。 でもまあ忍野さんにそんなおちょくるようなつもりはなく、ただ本当にそう思ってるのでしょう。 「被害者面が気に食わねえっつてんだよ、お嬢ちゃん」 戦場ヶ原からいきさつを聞き、それの解に当たる怪異の説明を終えてからの一言。 かなり突き放す一言です。 怪異の専門家をして何か気に障ることがあったのでしょう。 怖いけどカッコいい。 化物語第二話 「助けない。 力は貸すけど」 戦場ヶ原に「助けてくれるんですか」と聞かれ、その返事がこちら。 あくまで自分の考え方、主張は曲げない忍野さんです。 人は一人で勝手に助かるだけです。 「ま、その方がお嬢ちゃんの気が楽ってことならもらっておくことにしようか」 戦場ヶ原にお礼はいくらかと聞かれての一言。 こんな言い方をしながら阿良々木君や羽川さんからもちゃっかりお礼金をもらおうとしているのだからなんかずるいですね。 まあ忍野さんの人。 お金がなけりゃ生きてけない。 「ふぅん、君は代わり映えしないね」 シャワーを浴びたか、阿良々木君に聞いた後、阿良々木君に向けた一言。 戦場ヶ原のことはほめたのに阿良々木君に対しては当たりの強い押野さん。 まあ実際阿良々木は制服のまんまですしね。 「考え方が乱暴だな阿良々木君は。 何かいいことでもあったのかい」 阿良々木君に蟹が退治できるのかと聞かれての一言。 二つの文の前後のつながりが分かりません。 もうなんか 後ろのセリフが言いたいだけではないのかというやつですね。 「それに神様っていうのはけっこう大雑把な連中なんだ」 このセリフ、すでに化物語を見た人ならわかるかもしれませんが、実は伏線となってくるセリフですね。 そして、神様のことを連中と言ったり、忍野さんに信仰心はないご様子。 「そう、そこにいるし、どこにでもいる」 戦場ヶ原に「あの蟹は今も私のそばにいますか」と聞かれたときの一言。 ささやくような物言いで、 神の深さを表したようなセリフですね。 「だったらお嬢ちゃん。 それは君の思いだ。 どんなに重かろうとも、それは君が背負わなければいけないものだ。 人任せにしちゃいけないよ」 蟹に会うための儀式中のセリフ。 蟹に会うための問答のひとつなのですが、とても深い言葉です。 重い思いも背負って生きよう。 その思いですら自分のものだ。 「やれやれ、仕方がないなあ本当に。 せっかちな神さんだ。 気のいいやつだよ本当に。 何かいいことでもあったのかなあ」 蟹に襲われた戦場ヶ原を救う前につぶやいた一言。 なんでもかんでもいいことがあったということにつなげたがるおじさん。 忍野さんです。 「結局こういうのって心の持ちようだからさ、お願いできないなら、言葉が通じないのなら、戦争しかないのさ」 戦場ヶ原を襲っていた蟹を抑えつけての一言。 神様だろうと容赦のない忍野さん。 言葉が通じないのなら、 戦争。 ここで戦争という言葉を使われると深く考えてしまいますね。 「僕は蟹がとてつもなく嫌いなんだよ。 食べにくいからねえ」 蟹を足蹴にし、つぶそうとしての一言。 蟹だろうと神だろうとおかまいなし。 強硬手段にでることになろうと食べにくくて嫌いだからまあいいや。 大雑把な性格をしているようです。 化物語第四話 「全く。 日曜日の朝の惰眠を邪魔するなんてツンデレちゃんはひどい子だよ」 三話飛んで第四話Bパート、忍野さん久々の登場です。 まあ電話越しではありますが。 どうやら戦場ヶ原のことはツンデレちゃん呼びで定着したようです。 「はあ。 阿良々木君は本当に解消なしだなあ」 今回の怪異のいきさつを聞いての一言。 と言ってもまだ八九寺真宵と言う名前を教えただけ。 それだけでもすべてを理解してしまったのでしょう。 凄まじい理解力です。 「年頃の女の子を一人で怪しい男が寝泊まりしているところに送り込むなんて感心しないよ」 阿良々木君との電話でワンシーンの一言。 年頃の女の子とは戦場ヶ原のことですね。 怪しい男というはもちろん忍野さん。 自分でちゃんと怪しいと自覚しているようです。 「何もしないって!ホチキスを構えるのを止めてくれ。 ツンデレちゃん!!」 戦場ヶ原に警戒され、ホチキスで攻撃されそうになった忍野さん。 あまり慌てることのない忍野さんですが、このときは凄い慌てようでした。 「あー、びっくりした。 ツンデレちゃんは怖いツンデレちゃんだったんだね」 戦場ヶ原にホチキスを向けられた後の一言。 ホチキスを攻撃の武器として使う女の子をただ怖いの一言で片づけちゃえる忍野さん。 「あー。 もう、やっぱ電話は苦手だな。 話しにくいや」 阿良々木君に電話で今回の怪異の詳細を伝えようとしての一言。 アウトローな生活をしているだけあって電子機器は苦手なようです。 スマホとか触らせたらどうなるのでしょうか。 「もっとも、ツンデレちゃんがそれを素直に教えてくれればだけど、ね」 阿良々木君との電話の最後の一言。 意味深。 物凄く意味深な一言ですね。 電話の画面の「DEATH」の絵も相極まってこれから起こる何かを想像させます。 化物語第七話 「遅いよ阿良々木君。 待ちくたびれてもう少しで寝てしまうとこだった」 またもや忍野さん久々の登場です。 怪異の問題に当たらないと忍野さんの出番がないのが残念なところ。 ヒロインたちみたいに阿良々木君との雑談パートがあってもいいと思うんですけどね。 「君は会うたびに違う女の子をつれているなあ」 久々に会った阿良々木君への一言。 誤解を招きそうな一言ですが、実際誤解ではないのだから仕方がない。 委員長、ツンデレ、ロリ小学生、スポーツ少女。 よりどりみどりです。 「ああ。 おやつのミスタードーナツを僕が一個多く食べたら、忍ちゃん拗ねちゃってさ」 阿良々木君に忍ちゃんがなぜ会談にいるのかと問われての一言。 忍ちゃんと忍野さんが二人仲良くドーナツの取り合いをしているところを想像すると思わず吹き出してしまいますね。 「ふぅん。 阿良々木君の後輩ってことはツンデレちゃんの後輩でもあるんだね」 阿良々木君から神原のことを紹介されての一言。 いきなり核心に触れるようなことを言い出す忍野さん。 この辺の読み取りの力の高さがどうやって身に着けたのでしょうか 「あぁ。 お金ね。 お金お金。 よかったよかった。 そろそろ生活に困ってきていたんだよ」 阿良々木君から、戦場ヶ原から預かっていたお礼金をもらっての一言。 自分が勝手に想像するにマジに生活に困っていたのではないでしょうか。 ひょうひょうとしていてそのへんぜんぜん読み取れませんね。 「順番に聞こうか。 あんまり楽しい話じゃなさそうだ」 神原が今回の件の説明をしようとたら、それを遮っての一言。 まじ忍野さん察し良すぎ。 阿良々木君と戦場ヶ原、神原の関係、神原の右手、それらをなんとなくで全て読みっとっています!! 「魂と引き換えに三つの願いを叶えてやろう。 当たり前のことさ。 悪魔なら」 神原の左腕を見せてもらい、それを悪魔だと言い、その最後に言い放った一言。 忍野さんもまるで悪魔のようないたずらな笑みを浮かべてこのセリフを言ってそうですね。 化物語第八話 「いやあ、僕は一端の専門家だからね。 半可通のなんちゃってオーソリティとしてこういう事態に当たって力を貸すことにはやぶさかではないんだよ」 直訳すると、怪異のことなら力を貸そうか?みたいな感じですかね。 物凄い遠回りな言い方をしています。 人は勝手に助かるだけという信条のもとの発言でしょうか。 「助けないよ。 力を貸すだけ。 君が勝手に一人で助かるだけだよ、お嬢ちゃん」 神原の「助けてくれるのか!」の発言に対する返答がこちら。 もはや 定番です。 忍野さんはどんな過去をへてこういう考えに至ったのか、ぜひ過去編でもやってほしいところです。 「人間一人殺そうとしてんだぜ。 それくらい、当然のことじゃないのか」 腕を切り落とすという忍野さんの提案に渋って見せた神原への一言。 あまり見ることのできない怒りの表情です。 ちゃらんぽらんに見えてまっすぐな忍野さんといった感じですね。 「そばにいたいだけ?笑うねえ。 阿良々木君は本当に優しいよね。 優しくて胸がむかつくね」 阿良々木君の優しいところが嫌いではない忍野さんですが、この時ばかりはむかついてしまった。 そのやさしさに付け入られている様子が気に入らなかったのでしょう。 「阿良々木君はこれから悪魔とくんずほぐれずの大立ち回りを演じないといけないんだからさあ。 そんな気を回している暇ないと思うぜ」 忍との吸血行為を終え、レイニーデビルとの戦いに向かう阿良々木君にかけた一言。 ガチの殺し合いなのに 忍野さんの言い回しのせいで緊張感がなくなりますね。 「鞄とか、貴重品とかは預かっといてあげるよ阿良々木君。 そんなものもったままじゃ動きにくいだろ」 決戦に向かう阿良々木君に手を差し出して一言。 あれ?忍野さんってこんなやさしさを発揮できるおっさんだっけ?と思ったあなた。 正解です。 実はあんな 裏の意図がありましたね。 「どうして自分を殺そうとした相手まで阿良々木君は助けようとするんだい?あのお嬢ちゃんは無意識とはいえ、阿良々木君のことを憎むべき恋敵としてとらえていたんだぜ」 上に同じ決戦前の阿良々木君と忍野さんのワンシーン。 このシーンは阿良々木君と忍野さんの男と男の通じるものみたいなものが感じれてカッコいいですよね。 「あっそ。 それが阿良々木君の決めたことならぜんぜん構わないさ。 僕の知ったことじゃない。 じゃあ阿良々木君、お嬢ちゃんに力貸してあげなよ」 上の同じく阿良々木君とのシーン。 阿良々木君のことなんてどうでもいい、みたいな感じの発言をしておきながら最後は応援しているようなことを言う。 化物語第十話 「それに、運も悪かったみたいだね」 九話を飛ばして十話で再登場の忍野さん。 このシーンの後オープニングに入るのでどう運が悪かったんだろうと思わせる素晴らしいひきです。 「お嬢ちゃんが蛇をぶつ切りにしたあの神社。 ホントは何でもない場所だったんだけどさ。 ほら、忍ちゃんがこの町に来たじゃない」 オープニング前の運が悪かったの、どう運が悪かったかの説明シーン。 忍野さんが盛大に落ちています。 セリフは普通なのに映像のほうはかなり危ないことになっていますね 「貴族の血統の伝説の吸血鬼。 怪異の王吸血鬼。 その影響であの神社にはよくない物が集まり始めていた」 前のシーンの続きです。 積み上げられた机の上から盛大に落ちた結果、、床におもいっきり背中を叩き付けました。 忍野さん、大丈夫だったのでしょうか。 化物語第十一話 「黒くて悪い羽川翼、さしずめブラック羽川といったところか」 障り猫に障られた羽川の通称を決めた忍野さん。 ブラック羽川の見た目は白髪、白い衣装で真っ白です。 それでもその内側の黒さから、ブラック羽川。 よいネーミングです。 化物語第十三話 「おや阿良々木君じゃないか。 それに、委員長ちゃん、だよね?」 つばさキャットで回想を除いて、忍野さん初登場のセリフ。 阿良々木君との出会いのシーンなのにいつもの待ちくたびれたがありません。 ここも伏線となっているのです。 「髪型は変わっているけど、うん。 そのメガネは間違いなく委員長ちゃんだ」 羽川とみてのセリフ。 確かに髪型はかわってますけど忍野さんが羽川を見分けてるポイントって眼鏡と髪型だけなんですねえ。 雑です。 「え、あ、そうだっけ」 「待ってたよとか、待ちくたびれたよとか言わないのか」と阿良々木君に問われての一言。 おとぼけをしている忍野さん。 もう旅立とうとしている忍野さんとしては阿良々木君を待ってはいないのでしょう。 「ふうん、そういうことかい」 羽川に「帽子似合っているね」といった後の一言。 この一言への羽川の反応だけで全てを理解したとでもいうのでしょうか。 いうのでしょうね。 安定の洞察力です。 「慌てるなよ、阿良々木。 元気いいなあ。 何かいいことでもあったのかい」 学習塾跡に入ってきた羽川の意識を奪ったことにうろたえた阿良々木君への一言。 ここで阿良々木君のことを初めて 呼び捨てにしました。 後にも先にも阿良々木君のことを呼び捨てにしたのはこれだけではないでしょうか 「ほら来たぜ阿良々木君。 色ボケ猫のお出ましだ」 羽川がブラック羽川への変貌を遂げる姿を見てのひとこと。 障り猫のことを色ボケ猫という当たり、本当に何もかもを理解しているのでしょう。 相変わらずです。 化物語第十四話 「 」 阿良々木君とのお別れのシーン。 学習塾跡屋上で阿良々木君に手を振ったのですが、阿良々木君はそれに気付くことなく行ってしまいました。 まとめ いかがだったでしょうか。 忍野さんはこの後もなんやかんやちょくちょく登場するのですが、今回は化物語のみでまとめさせていただきました。 うさんくさカッコいい忍野さん! おすすめ関連ポスト.

次の

終物語の忍野扇の正体ネタバレ!阿良々木暦との関係と考察まとめ

忍野 メメ 名言

忍野メメとは、作のおよび、それをとした作品のの一人である。 : 概要 可らしいみたいな名前だが、 男である。 となった塾跡にしている代の。 では小汚くて中年の(評)だったはずが、に際し、作品一のとなった。 なハシャツにぼさぼさのという、あまり見られたものではない格好をしている。 軽薄かつ皮屋な性格で軽口が耐えない。 の使い方を知らないほどので、~の文化に詳しい。 たちにへの対処法、及びをする役割の人物。 を調し全を放浪している。 彼のモットーは「 自分は助けない、相手が勝手に助かるだけ」というもの。 その言葉からも分かるように「助ける」という言葉を嫌っており、どう見ても彼が手助けしている場面でも「を貸す」などという表現をする。 また、者自身の姿勢や原因そのものにも言及し、のを問うのも彼の姿勢である。 底した中立。 なお、その頃は周囲にいつもをらせていた事がある人物から明かされている。 多くの場面で先、布石、予防策、対抗手段、膨大な知識量を披露しており、には「みたいだ」と評されていたが、本人は「まで行的に事態をし、解決する事は自分には出来ない」と話している。 った見方をするなら、作品の多くが一人物からの単一で成り立っている手法なのに対し、の作品が複数人物の多で書いている事を併せ読むと深いである。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• ハシャツ•

次の