イナビル どれくらい で 解熱。 イナビルの効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

イナビル吸入粉末剤って効くの?

イナビル どれくらい で 解熱

2013年1月31日午後から鼻炎状態となり、パブロン鼻炎用カプセルを服用。 2月1日午後2時頃さらにもう1カプセル服用。 夕方37. 2日早朝の体温は38. 8:30内科へ。 検査の結果を受けてその場で9:00頃イナビル吸入。 2日午後9:00入浴後38. 3日8時36. 鼻水とのど、関節痛の違和感が残るものの、食欲も回復し、よく聞いています。 発熱後、という表現があいまいですが、変調を感じてから48時間程度でイナビルを吸入したことになるのかもしれません。 幸運でした。 しかも、医薬分業とはいえ、内科その場でイナビルを吸入できたことは、さらに幸運でした。 他のサイトにもありますが、処方箋を持って薬局へ行き、その場で、という方も多いでしょうが、医者でも薬局でもその場で、をお勧めしますね。 上手く据えていないなら、医者なり薬剤師なりに「やり直し」と指導されるでしょうから。 家に持って帰ってから吸入すると、うまく据えていない可能性もあります。 昨日、処方していただいて服薬しました。 今日はもう、体調上向きです。 もともと、私は毎年予防接種を受けています。 でも、咳が始まり、熱は 37度前半だったので、よくある喉風邪だろうと思っていたのですが、 余りに体調最悪な感じがするので、掛かりつけ医のところへ行きました。 腕の良い先生みたいで、発症して間もない様子と言いながら、ほとんど 見えないような線をキットの中に見つけたらしく、すぐにイナビルを 処方してくれて、すぐに服用するように言われました。 それから少しの間はだるさなどの症状が続きましたが、他のお薬で少し 楽になり、24時間後の今は36度台に解熱して、軽くなりました。 でも、吸入式それも1回きりなんて、慣れないからびっくりしますね。 子どもなどで重症な場合は、1日に何度でもしつこく病院を訪れてOK らしいですよ。 点滴に移行したり、より良い処置が出来ると聞きます。 寒気、倦怠感、ありましたが 熱が上がりきるまで 市販の薬も 下剤も使わず 朝を向かえて 近所の内科に行き診察してもらいました。 やはりインフルエンザA型でした。 同じくイナビル吸入粉末剤2キットを処方され 薬局の方に教えてもらいながら、その場ですぐ 吸い込んできました。 結構強めに吸い込むように支持され何回か繰り返し吸い込み息を1~2秒止め処方は終わりました。 私は、その日の夕方には36度台に下がりました。 今までに 4回インフルに感染しましたが 今まではタミフルを処方され飲んでいました。 今回初めてイナビル吸入粉末剤を処方されましたが、インフル症状の回復は 今までにない良い回復力で 体力も元気も食欲も二日目にして元に戻りました。 はじめてです。 今まではタミフルを飲みきるまでダウンしていてたような気がします。 奥様もご主人様も2日間の高熱の後は回復に向かいましたでしょうか。 私も以前かかった時は、やはり二日間は高熱にうなされ3日目から回復に向かっていました。 副作用も後遺症もなく回復出来たのであれば安心です。 今回の薬は たまたま私には 良く効いた薬となりました。 もし娘も、インフルに感染してしまったら 同じ病院に 行ってみようと思っています。 薬剤師です。 イナビルは効くか否か? 答えは「人による」ですね。 万人に効く薬というのはありませんので、何とも言えない所です。 ただ現場を見た限り、効いている感じはしますので、 多くの方に効果が出ているものだと考えます。 抗インフルエンザ薬は「発症してから48時間以内に使用する」のが原則ですので、 医者を変えて、薬を変えても、もう遅いかと思います。 インフルエンザの薬は「重症になるケースが減った」というところに意味があって、 高齢者や小児などのリスクが高い人に有効と言えるでしょうね。 20~50代くらいまでの人は、つらいながらも自力で治していたわけです。 ふと頭によぎったのは「本当にインフルエンザだけなんだろうか?」ということです。 病気のときは菌、ウイルスと戦うため、体は攻撃態勢に入ります。 しかし同時に体力も奪われるため、他のウイルスも拾いやすいのです。 という可能性は捨てきれないと思います。 イナビルはきちんと働いてインフルエンザを食い止めたが、 風邪のウイルスには効果がないため、似た症状の風邪が前に出てきてしまった。 結果、自覚症状として「治っていない」と感じてしまった。 そういう可能性も考えてみるべきかと思います。 Q いつもお世話になっております。 6歳の娘が10日夕方に急に発熱し夜間診療に行きましたが、発熱後すぐだったのでインフルエンザの検査はできない、とのことで、翌11日朝に再診しインフルエンザA型と分かりました。 3まで上がってしまい、咳や鼻水もあり、気管支炎や肺炎等の二次感染が心配だったので改めて小児科へ連れていきました。 かかりつけ医は木曜が休診のため違う小児科にかかりました すると「インフルエンザの続きで、解熱してもまた熱は出ますよ」とのこと。 実は私もインフルエンザを移されてしまい、小児科に連れていったのが旦那で、病院で先生がどんなことをしたのか不明で…。 とにかく二次感染が心配でたまりません。 インフルエンザにかかり、解熱して再度発熱ということはあるのでしょうか? もしあるとしたら今の熱はいつまで続くのでしょうか…? タミフルも3日分で適切だったのでしょうか? 5日分という人が多かったので… ご回答をどうぞよろしくお願い致します。 いつもお世話になっております。 6歳の娘が10日夕方に急に発熱し夜間診療に行きましたが、発熱後すぐだったのでインフルエンザの検査はできない、とのことで、翌11日朝に再診しインフルエンザA型と分かりました。 3まで上がってしまい、咳や鼻水もあり、気管支炎や肺炎等の二次感染が心配だったので改めて小児科へ連れていきました。 かかりつけ医は木曜が休... A ベストアンサー インフルエンザでは「二峰性発熱」と言って 3日目くらいに解熱して5日目くらいにぶり返して発熱することがあります。 なので、学校などは「解熱後2日以上して」登校するほうが良いと思います。 というか、法的にも解熱から2日はまだ出校停止扱いだと思います。 11日にインフルエンザ陽性が出ていて、14日にもし病院で 学校に行って良いといわれたのなら「?」です。 もしお母さんの判断で学校に行かせていたのならそれは「間違いだった」です。 感染症の登校時期はきちんと病院に相談したほうがいいでしょう。 周囲にはまだ感染もさせてしまう可能性もありますし。 インフルエンザに二回かかったわけじゃなくて まだインフルエンザが終わっていない、一時的に解熱したのに 治ったと思って登校してしまっただけだと思います。 あなた自身も、熱が下がって2~3日は様子を見たほうが良いと思います。 二度目の発熱から3日もすれば治り始めると思いますよ Q 検索してもうまいこと探せなかったので、質問させて下さい。 今週火曜にインフルエンザ A型 と診断され、リレンザやその他風邪の諸症状に効くお薬 漢方薬含む をいくつか処方され、現在平熱まで下がり体調も特に問題はない状態です。 咳がまだ残ってる位です。 なのですが、未だに汗をかきます。 よく、体内の毒素を汗として出す…ですとか、熱を、汗として発汗する…とか聞きますけど、平熱で、体調もだいぶ戻っている状態なのに、汗は出続けるのは何故でしょうか? 普段から汗かきならまだ分かるのですが、私の場合普段はあまり汗をかかない人間ですし、部屋も別に暖房等つけて暖かくしているわけでもないです。 布団もいつもと同じような環境ですし、それで普段寝汗をかくことはなかったのですが…。 平熱だけど、まだ芯に熱がある?とか毒素が残ってるとか…そういう事なんでしょうか? また、こうやって汗が出ている間はまだ安静にしているべきなのでしょうか? どなたかお分かりになる方おりましたら、ご回答の程よろしくお願い致します。 A ベストアンサー ご存じのように寝汗は熱を下げようとしてかくものですから、薬をまだ飲んでいるのなら、薬で熱を下げようとしている効果でかくことはありますよ。 日程からしてまだインフルエンザは完治していない、インフルエンザウィルスそのものの潜伏期間は過ぎているかもしれませんが、発症期から回復期に入っていて、まだ体に熱が残っていて薬で熱を下げている可能性はあるでしょう。 回復期になってもまだまわりに移す可能性はあるので、できればもう1、2日程度休むか、出来なくてもマスクをつけるなどすることでしょう。 通常は発症してから丸1週間は安静にするのがよいのですから、月曜火曜に熱が出始めたのなら、もう数日の安静は必要でしょう。 この期間ならまだ寝汗はかいても仕方ないでしょう。 あとはストレスや自律神経がおかしくなることで寝汗がかきやすくなるし、一時的に代謝がよくなっていることもありますが、とにかくまだ日にちも浅いのでもう何日か様子をみてから、医者にみてもううしかないでしょう。 Q こんにちは 私は48歳女性です 1月30日夕方から喉が痛くなり 31日悪寒、筋肉痛、発熱、関節痛等があり夕方病院に行きインフルエンザ検査、結果C 「風邪」でしょうと抗生剤注射と薬を処方してもらい 2月1日自宅療養 2日改善ならずまた病院に行き今度はニンニク注射 3日全く回復兆し無く再度病院に行き再インフルエンザ検査の結果陽性反応有り、結果A イナビルを2個吸入しました が、抗インフルエンザ薬は「発症してから48時間以内に使用する」のが原則とありました って事は、吸入損? 私はどうなるの?? このまま自然ちうを願うだけでしょうか? そうだとしたら自宅治療の極意と何日くらいで完治するのか教えてください 1人で自営ですからお仕事これ以上休めません 今の様態は微熱、関節痛、筋肉通があります どうか宜しくいお願い致します。 A ベストアンサー こんにちは。 インフルエンザできつい思いをされているのでしょうね。 48時間経過したイナビル吸引は、全く効果がないわけではないでしょうが、十分な効果は期待できないと厚生労働省のホームページにも記載されています。 私も今回インフルエンザA型にかかりました。 発熱したので病院へ行き、反応はすごく薄かったのですが、インフルエンザとの事でイナビルをすぐさま吸引しました。 その日は頭痛と熱できつかったのですが、翌朝には36度台まで下がってその後熱は出ませんでした。 発熱してから48時間ですので、熱はいつ出たのでしょうか。 2月1日に自宅療養ではなく、もう一度病院へ行かれたら結果は違っていたかも知れません。 発熱してすぐでも反応が出ない事があります。 何年か前に自分の子供が同じ事になりました。 48時間経ってましたが、やはり抗ウイルス剤のタミフルを処方されましたよ。 お医者さん曰く、「全然効果が無い訳じゃないから・・・」と言っていました。 あとは解熱鎮痛剤と鼻水や咳などの薬を症状に合わせて処方してもらうしかないと思います。 解熱鎮痛剤についてはインフルエンザの時に使用を避けた方がよい薬もありますので、やはり乱用せずお医者さんの出された薬を飲み、一番の薬は療養なので、この際ゆっくりされた方がご自身の為かと思われます。 解熱後二日経てば大丈夫らしいですよ。 こじらせて肺炎にかかった人もいますし、無理しないほうがいいですよ・・・。 お大事に。 こんにちは。 インフルエンザできつい思いをされているのでしょうね。 48時間経過したイナビル吸引は、全く効果がないわけではないでしょうが、十分な効果は期待できないと厚生労働省のホームページにも記載されています。 私も今回インフルエンザA型にかかりました。 発熱したので病院へ行き、反応はすごく薄かったのですが、インフルエンザとの事でイナビルをすぐさま吸引しました。 その日は頭痛と熱できつかったのですが、翌朝には36度台まで下がってその後熱は出ませんでした。 発熱してから48時間ですので、熱... A ベストアンサー あなたの症状に対して個別に回答すると医師法違反となりますので、 一般論として回答いたします。 ご了承ください。 イナビルは昨年10月販売開始の新しい薬です。 イナビル添付文書情報をご一読ください。 info. pmda. pdf [効能又は効果/用法及び用量] A型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療 成人:ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。 と記載のとおり、一回きりの投与が正しい使用方法です。 >次の日には37度前後でほぼ微熱になりました。 >今日もまだ36度後半~37度と微熱があり インフルエンザは一般的に38度台後半~40度台の高熱が出る病気ですので、 あなたの体温は「熱が下がった」と言える状態ではないかと思いますが。 あなたの平熱が何度なのかにもよりますが(よほど低体温の方なのでしょうか?) 36度後半~37度は一般的には平熱と呼ばれる範囲です。 >軽い頭痛と少しだるさが残っています。 金曜日に治療開始して、現在日曜日の午後ですから、 何も症状がないほうが不思議だと思いますが如何でしょうか。 完治には『日にち薬』も必要です。 ある程度の日数はかかります。 先日、身内がA型インフルに罹患しましたが、医師からは 『症状がなくなってから最低2日は出勤禁止、最低でもトータル5日以上は自宅待機』と 指示されていました。 (他人にうつさない為でもあります。 ) 治療開始からまだ2日ですので、あせらないことです。 >どうにかする方法はないのでしょうか? 室温を暖かく保ち加湿し、消化の良いものを食べ、水分を補給し、 体力回復につとめてください。 どうしても不安なのでしたら、明日月曜日にでも医師にご相談ください。 あなたの症状に対して個別に回答すると医師法違反となりますので、 一般論として回答いたします。 ご了承ください。 イナビルは昨年10月販売開始の新しい薬です。 イナビル添付文書情報をご一読ください。 info. pmda. pdf [効能又は効果/用法及び用量] A型又はB型インフルエンザウイルス感染症の治療 成人:ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。 と記載のとおり、一回きりの投与が正しい使用方法です。 >次の日... A ベストアンサー こんにちは 医療機関勤務です。 先週の火曜日というと1月28日が発症日でしょうか? 当院のインフル患者さんのほとんどは一週間ほどで疲労感は収まっているようですが なかには「なんか調子がスッキリしなくて」という方が 子供さんも合わせると3割はいらっしゃいます。 もちろん個人差はありますが、疲労感が長引く原因のひとつに インフルエンザで弱った身体に、いわゆる風邪などを引き起こす細菌などに二次感染されている可能性も考えられます。 その他にも可能性はいくつかあるかもしれませんが うちの患者さんでそういった問い合わせがあった場合は 再度、受診をおすすめしています。 インフルエンザの検査をしてもらった病院に、電話で結構ですので問い合わせられてはいかがでしょう。 お大事になさってください A ベストアンサー 主人はともかくって(^^; インフルエンザにかかった人が部屋の中にいた場合、その人の咳やくしゃみ(飛沫)の中にインフルエンザウイルスがいる可能性がありますが、飛沫というのは1~2メートル以上は飛びませんし、マスクをしていれば飛沫の発生は最小限に抑えることができます。 また、手や指先を介した感染もありますので、手洗いは重要です。 狭くて喚起の悪い部屋などでは、比較的長くウイルスが浮遊することもありますので、時々換気をすることや、部屋の湿度を適度に保つことなどが大切です。 インフルエンザウイルスはほとんどの消毒薬に弱いので、目に見えるような、痰やくしゃみで飛んだ分泌物などによる汚れがある場合には、通常の消毒薬により消毒しておくほうがよいでしょう。 しかし、十分な湿度があれば生存期間も短いので、通常の掃除だけで十分だと考えられます。 インフルエンザにかかっている時に着用した衣服には、ウイルスが付着していることが予想されますが、これから感染を起こすことはまれだと考えられています。 通常の洗濯をして日なたに干しておけばウイルスの感染性はなくなってしまいます。 あと同じタオルは使わない方が無難でしょうね。 お大事にして下さい 主人はともかくって(^^; インフルエンザにかかった人が部屋の中にいた場合、その人の咳やくしゃみ(飛沫)の中にインフルエンザウイルスがいる可能性がありますが、飛沫というのは1~2メートル以上は飛びませんし、マスクをしていれば飛沫の発生は最小限に抑えることができます。 また、手や指先を介した感染もありますので、手洗いは重要です。 狭くて喚起の悪い部屋などでは、比較的長くウイルスが浮遊することもありますので、時々換気をすることや、部屋の湿度を適度に保つことなどが大切です。 インフ... Q 主人が13日から具合が悪くなり、14日の朝39度の熱が出てインフルエンザa型と診断されました。 今日の夜になってようやく、37度まで熱が下がりました。 我が家は3歳と1歳の子供がいますので、半隔離状態にして感染しないように心掛けておりますが、毎日心配しながら生活しております。 ここから質問です。 主人は実家で家族経営の仕事をしております。 実家には、リュウマチにより障がい者1級の母親 インフルエンザの予防接種を受けれない身体です 94歳のおばあちゃん、元気な父親がいます。 そこに、お兄さん家族(3歳と1歳の子供と嫁 私達家族が朝から出勤して、晩御飯とお風呂までして帰るという毎日をおくっております。 子供は、おじいちゃんお風呂に入ります。 この様な状態なので、インフルエンザを持ち込むのは、危険な感じです。 しかし、正月明けなので、仕事もたまっております。 主人と私達は、いつから出勤しても大丈夫でしょうか。 私と子供の潜伏期間も含めいつからなら、感染させないでいけるでしょうか。 ぜひ教えてください。 A ベストアンサー 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。 「判らない」ことと「知らない」ことは別です。 また感染症の伝播リスクをゼロにすることは至難、というより現実的でありませんが、現実的に許容できるレベルまで低下させることはできます。 まあ少なくとも実家に判断させるというのは愚手でしょうね。 自分が判らないことを他人に押しつけるだけですものね。 その判断をするために本質問をされたわけですし、高齢者への感染リスクを極力下げたいという質問者さんのお気持ちは十分判ります。 その後、今日16日はほぼ快癒したという前提で考えてもよろしいでしょうか。 インフルエンザの感染者が他人に感染させる可能性があるのは、発症24時間前から症状軽快後2日間、と言われています。 つまり、ご主人が「伝播力」を持つのは、12日頃から18日くらいまで、ということになります。 すなわち、12日も出勤されていたのであれば、この時に実家にウイルスを持ち込んでしまった可能性はあったということになるのですが、現時点で実家の誰も発症していなければ、この時は無事に済んだと考えて良いでしょう。 インフルエンザの潜伏期間は最大で7日間とか言われていますが、大半は1~2日、せいぜい3日程度です。 つまり12日に感染していたのなら、まず15日までには発症しているはず、ということです。 さて、ご主人は18日を過ぎれば、つまり19日になれば「インフルエンザを他人に感染させるリスクは現実的には無視できるレベルまで低くなる」と考えて良いです。 というわけで、19日から出勤、というのが「案その1」です。 次に質問者さんの家族のことを考えてみます。 家族がご主人から感染を受ける可能性があるのは18日くらいまでです。 もし18日に感染したとすると、その家族がさらに「他の人に感染させる」可能性があるのは、潜伏期間を1~3日と仮定すると19~20日頃まで、となります。 すなわち、21日から出勤、というのが「案の2」ということです。 というわけで、No. 2の回答とほぼ同じになりましたが、それも当然でしょうね。 正しい知見を基に判断すればそうなる、ということですから。 インフルエンザの伝播リスクはやはり発症時が最大ですから、症状軽快後に家族に伝播するリスクは低い、という想定をすると「案の1」で良いですし、もっとリスクを下げたいのなら「案の2」でしょう。 さらにリスクをほぼゼロにしたいのなら、潜伏期を最大の7日間で計算すれば良いです。 つまり18日から7日間すなわち25日まで様子を見て26日から出勤、というのが「案の3」です。 どういう措置を講じるか、というのは「どのくらい感染拡大を防止したいか」という意志によって決まります。 その「どのくらい防止したいか」は、「感染してしまうとどのくらいヤバイか」という程度によって決まります。 ですから、健常者と高齢者や病人などの「免疫的弱者」では、ヤバさの程度が違いますし、当然「講じるべき措置」も違ってきて当然です。 ご質問の状況で「インフルエンザを持ち込みたくない」と判断されたのは正しいと思いますし、そういう状況を踏まえるなら、私ならここでは「案の2」を選択します。 実家が健常者ばかりなら「案の1」でしょうけどね。 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。 「判らない」ことと「知らない」ことは別です。 また感染症の伝播リスクをゼロにすることは至難、というより現実的でありませんが、現実的に許容できるレベルまで低下させることはできます。 まあ少なくとも実家に判断させるというのは愚手でしょうね。 自分が判らないことを他人に押しつけるだけですものね。 その判断をするために本質問をされたわけですし、高齢者への感染リスクを極力下げたいという質問者さんのお気持ちは十分判ります。 整理してみま... A ベストアンサー 私も子供にタミフルを飲ませずにB型インフルエンザを治しました。 自分なりに調べたのですが、だいたい、熱が出始めて2日目あたりがもっとも熱が高いそうです。 3日目、4日目あたりに平熱まで下がりますが、夜になるとまた高熱が出始めます。 4日目、5日目あたりでは高熱とセキがもっともひどく、気管支炎かというくらい咳き込みます。 だいたい、5日を過ぎると最高でも38度程度になり、6日目には37度くらい。 7日目でようやく平熱に戻る。 というのが一般的だそうです。 もし、明日にになっても熱が下がらない場合は最近感染による肺炎を併発している可能性があるので抗生剤をもらってください。 熱が長く続くのは心配ですよね。 もう少しですから。 がんばってください。 A ベストアンサー こんばんは。 専門家ではありませんので、参考程度に読んでください。 インフルエンザの潜伏期は1-2日で、咳やくしゃみと共に飛散したウイルスを他人が吸い込むとウイルスは約20分経過すると細胞内に取り込まれます。 つまり、インフルエンザの人と接触しても3-4日経過しても発症しなければまず感染していない事になります。 インフルエンザウイルスは、低温、低湿度に長く生きるので、部屋を暖め、加湿器を使うことがウイルスの活動を弱めるのに有効です。 また、湿度が50%ではウィルスは約3%の生存率しかないといわれています。 ですから、湿度60%以上にする事が望ましいと言えます。 ものに付着したウイルスは1時間程度生き延びるので、風邪の患者が触ったものにすぐに触るのは危険です。 空気中に浮遊したウイルスはは2-3時間生きているそうです。

次の

イナビル吸入粉末剤って効くの?

イナビル どれくらい で 解熱

インフルエンザがうつる期間は? インフルエンザの感染の多くは、 「飛沫感染」によるものが最も多く、それ以外にも 「接触感染」や 「空気感染」による感染もあります。 飛沫感染とは? 感染者の 咳やくしゃみ、会話などをした時に発生する飛沫(小粒子)に含まれている菌やウイルスを鼻や口から吸い込むことにより感染することで、飛沫の数は、 1回のくしゃみで約200万個、咳で約10万個と言われています。 また、飛沫の大きさは5ミクロン以上(1ミクロン=1000分の1ミリ)で、 飛距離はおよそ1~1. 5メートル程度の範囲におよぶとされています。 また、鼻や口だけでなく 「目」などの粘膜から直接侵入することもあるようです。 接触感染とは? 皮膚や粘膜の直接的な接触や、手、ドアノブ、手すり、便座、スイッチ、ボタン等の表面を介しての 接触で病原体が付着することによる感染のことです。 手についたウイルスを目や鼻、口などに無意識にもっていくことにより、 粘膜からウイルスが侵入します。 尚、ウイルスは 乾燥した環境中では、長時間活動することができるので、感染者が使用した電話やドアノブ、食器等にウイルスが付着して、後からそれを触ったヒトに感染が起こり、感染が拡大することがあり得ます。 空気感染とは? 感染者の排出する飛沫核に付着している菌やウイルスを鼻や口から吸い込むことにより感染することです。 この 「飛沫核」の大きさは1~5ミクロンの微細な粒子のため、長い間空中に浮遊するために、感染者と同じ空間にいる人がウイルスを吸入することによって感染しやすくなります。 場合によっては「飛沫核感染」とも言われます。 狭い気密な部屋や空気が低温で乾燥していると、菌やウイルスはより長く感染性を持ち続けることができるため、このような条件が揃うと空気感染が起こることがあるとされています。 飛沫核とは? 菌やウイルスを含んだ飛沫から水分が蒸発した直径5ミクロン以下の小粒子で、空気中を長く浮遊するもののことを指します。 感染者が、咳やくしゃみをすると、その飛沫が空気中に放出され、そのなかに菌やウイルスが含まれています。 この時には、菌やウイルスの周りには水滴がついていて、大きさは5ミクロン以上の粒子となっていて、水滴がついている状態のため、落下速度は、30~80cm/秒ほどとなります。 それが、乾燥した環境中では、水滴がついている状態から 水滴が蒸発しやすくなり、 菌やウイルスだけになるため、 大きさも微細になります。 また、落下速度は0. 06~1. 5cm/秒となり、 空気中を長時間浮遊することになるのです。 スポンサーリンク インフルエンザへの感染を防ぐためには、これらの 感染経路をできる限り阻止することが大切ですし、インフルエンザに感染した人が他の人に感染させる菌やウイルス をいつからいつまでの期間、保有しているのか?ということも対策を考えるうえで非常に重要になってきます。 インフルエンザの潜伏期間中の感染力は? 「潜伏期間」とは、 インフルエンザに感染してから、体に症状が現れるまでの期間のことを言い、インフルエンザの潜伏期間は、 通常1~3日程度とされ、一般的には、潜伏期間が極めて短いことが知られています。 インフルエンザの感染から治癒までの流れは? インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。 発症後、約1~3日間程度の期間で、突然の高熱(38度以上)や、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。 そしてその後、咳やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、なかには、腰痛や吐き気などの「消化器症状」を訴える人もいます。 最終的に、10日前後で症状が落ち着き治癒するのが一般的なインフルエンザの症状の経過です。 インフルエンザの潜伏期間中のウイルスの状態は? 通常1~3日程度とされるインフルエンザの潜伏期間中、 人間の体内ではどんなことが起こっているのでしょうか? 主に「飛沫感染」により広がるインフルエンザウイルス。 人間の身体に侵入したウイルスは、上気道(喉と肺の入り口の間の管)の粘膜に付着し、 約20分で細胞の中に入り込みます。 その後、細胞内に侵入したウイルスは、まずは自分の仲間を増やそうと 「増殖」を始めます。 この時、 インフルエンザウイルスは驚異的なスピードで増殖するのが特徴でもあります。 一般的に、 1つのウイルスに感染すると、8時間後に100個程度、16時間後には1万個に、24時間後には約100万個にまで増殖すると言われています。 通常、 ウイルスが100万個以上になると自覚症状が現れ、インフルエンザ特有の症状を発症するとされています。 このように、驚異的なスピードで増殖するインフルエンザウイルスは、早期に発症するケースが多く、 最短で16時間前後から、最も多いのが2~3日経過後に発症するケースです。 スポンサーリンク なぜインフルエンザウイルスの感染力は強いの? インフルエンザウイルスは、自分の力では増殖することができず、 他の生物に感染し、感染した細胞の中で自分の遺伝子のコピーを作り増殖していきます。 インフルエンザウイルスの遺伝子は RNA(人の遺伝子はDNA)という遺伝子で、このRNAは 間違ったコピーが発生しやすく、これを 「変異」といい、インフルエンザウイルスは、常にこの変異が起こっており、人の1000倍の確率で起こっているといわれています。 さらに、驚異的な増殖スピードで常に変異と増殖を繰り返して、徐々にマイナーチェンジしながら生き延びていくのです。 でも、通常はマイナーチェンジだけの変異だったものが、数十年に一度、フルモデルチェンジの変異を起こすことがあります。 インフルエンザウイルスにも種類があり、人に感染する種類は 「A型・B型・C型」の3つです。 その中でもA型は、人のみに感染するものではなく、 「トリ・ブタ・ウマ・クジラ・アザラシ・ミンク」などにも感染が確認されています。 A型は、人以外の生物にも感染できることで、別の動物が持つウイルスと結合し更に強いウイルスへ、といった感じで変異も独自の進化を続けるのです。 これまでの主な例として、それまで鳥だけに感染していた鳥インフルエンザウイルスが、フルモデルチェンジの変異で人に感染するようになり、さらに人から人に効率よく感染するように変化したのが、数年前に猛威を振るった 「新型インフルエンザウイルス」です。 「新型インフルエンザウイルス」は、これまでのワクチンがまったく効かず、世界中で大流行しました。 このように、インフルエンザウイルスは、その 驚異の増殖力と 変異という武器で、姿形を変幻しながら存在しているのです。 一度インフルエンザにかかったのに、 何度でもかかることがあるのは、このように変異したインフルエ ンザウイルスに感染していることも理由のひとつなのです。 インフルエンザの潜伏期間中もうつるの? 上記でもご紹介したように、インフルエンザウイルスは、驚異的なスピードで増殖するのが特徴です。 たとえ1個でも24時間後には100万個(インフルエンザ特有の症状を発症するレベル)の数までに増殖します。 そのため、潜伏期間中といえども、インフルエンザウイルスがうつる 可能性は十分にあります。 特に、発症する直前などは、症状が出ていないぶん自覚症状がないため、対策を講じない人が多いですが、ウイルスを排出している可能性は十分にありますので、 マスクの着用などは必須となります。 インフルエンザの解熱後の感染力にもご注意を! 通常、体内に入ったインフルエンザウイルスは、猛烈な勢いで増え続け、 症状が出てから1~3日後(24~72時間後)に最も数が増え活発に活動します。 ウイルスが活発に活動している時期(症状も強く現れている時期)は、ウイルスの排出量も活発で、 ウイルスの排出量のピークは発症後24~72時間後とされています。 インフルエンザウイルスの活動が弱まってくると、症状も落ち着いてきます。 でも、症状が落ち着いたからと言ってウイルスの排出が止まったわけではありません。 インフルエンザは、解熱後、排出されるウイルス量は減少しますが、 解熱後もウイルスを排出しますので注意が必要となります。 インフルエンザの臨床研究などによると、 インフルエンザ発症後5日間を経過すると、ウイルスの排出量はある程度収まるとの研究結果の報告があります。 このような研究報告を基に、感染拡大の予防策として、 「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」は、ウイルスを拡散する恐れがあるため十分な注意が必要とされており、子供の出席停止期間の基準もこれに則り施行されています。 特に、解熱後に咳やくしゃみ等の呼吸器症状が続いている場合には、マスクを着用するなどの周囲への感染拡大に配慮が必要です。

次の

イナビルの効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

イナビル どれくらい で 解熱

イナビルの効果 イナビルの有効成分ラ二ナミビルは ノイラミニダーゼ阻害薬という種類の薬です。 ノイラミニダーゼとはインフルエンザウイルスの持つ酵素のことをいいます。 インフルエンザウイルスは人の細胞内で増殖し、その細胞から脱出して新たな細胞へと移動し、そこでさらに増殖する、ということを繰り返します。 感染細胞から脱出することを 脱殻といいますが、この脱殻に必要となるのがノイラミニダーゼです。 イナビルの有効成分ラニナミビルはノイラミニダーゼの働きを阻害することでインフルエンザウイルスは感染細胞から脱殻することができなくなり、これにより 増殖することができなくなります。 このようにしてイナビルはインフルエンザウイルス感染症に効果を示します。 イナビルの特徴 1回使用するだけでOK イナビルは 1回の使用でインフルエンザウイルス感染症に対する治療効果を発揮します。 これはイナビルの有効成分が肺や気道に 長時間とどまりやすくなっているためです。 イナビルには有効成分のラニナミビルオクタン酸エステル水和物が含まれています。 これが吸入によって、気道や肺に到達するとその組織内で加水分解を受け、ラニナミビルとなります。 このラニナミビルは気道や肺にとどまりやすい性質を持っているため、長時間抗インフルエンザ効果が持続するのです。 抗インフルエンザ薬には内服薬のタミフルや吸入薬のリレンザも存在しますが、この2つの薬は5日間使い続ける必要があります。 これらに比べ、 イナビルは手間もかからず、かつ使い忘れの心配もないため薬物治療の効果の向上が期待できます。 耐性ウイルスが発生しにくい 近年従来から広く使用されてきた抗インフルエンザ薬のタミフルに対して耐性を持つインフルエンザウイルスが出現してきたと言われています。 耐性を持つとは、遺伝子変異などを起こすことによってある薬が効かないように姿を変えることをいいます。 つまりタミフルは場合によっては効果の出にくい薬になってきているのです。 タミフルに対する耐性ウイルスの出現の原因としては、タミフルを5日間使い切らないことが多々あったことが挙げられます。 タミフルを服用すると5日も経たずしてインフルエンザの症状が改善することが多いです。 この場合どうしてもタミフルの服用を途中やめにしてしまう人が出てきます。 しかし、体の症状はおさまっていても体の中のインフルエンザウイルスは弱りながらも生き残っていることがあります。 この生き残ったインフルエンザウイルスはタミフルのことを学習し、今度はタミフルに痛い目にあわされないようにタミフルが効きにくいウイルスへと変貌していくのです。 これこそが耐性を獲得する過程なのです。 一方、イナビルは1回の薬の使用で効果が持続する薬です。 このためインフルエンザウイルスが死滅してしまう時まで薬が効き続ける可能性が高いのです。 よって、 イナビルに対する耐性ウイルスは出現しにくいのです。 それにより広く使用されるようになろうとも、安定した効果が期待できるのです。 吸入に失敗した場合が大変 1回の使用で終わるのはメリットでもありデメリットでもあります。 10歳未満の場合は2回の吸入で、10歳以上の場合は4回の吸入で薬の使用が終わるわけですが、吸入に失敗すれば残り回数はわずかしかありません。 特に10歳未満の場合は1回吸入に失敗すると残り1回分しか吸入できないということになります。 小さなお子さんの場合は使用法の理解が難しく、容器を加えてから吸わずに呼気をはき出してしまい、容器内の薬の粉が飛んでいってしまうことがよくあります。 タミフルやリレンザは使用回数が多いものの、1回失敗しても残りの使用回数が多いため、薬の効果に大きな影響が出ることは少ないですが、 イナビルは1回の失敗が大きく治療効果に影響する可能性があるということです。 このことを踏まえ、十分にお子さんに使用法と注意点を理解させてからイナビルを使用するようにしましょう。 ちなみにイナビルの使用に失敗したために追加でイナビルを処方してもらうためにかかる費用は 全額自己負担となってしまいます。 イナビルを使用してはいけない人 今までイナビルを使用して 過敏症(薬物アレルギー)を起こしたことのある方はイナビルを使用することができません。 今まで過敏症を起こしたことがある方がイナビルを使用すると、再度過敏症を起こすリスクが高いためです。 イナビルの使用方法 イナビルはインフルエンザウイルス感染症の治療と感染予防のために用いられる薬です。 治療に用いる場合と感染予防に用いる場合とでは使用方法が異なる場合があります。 インフルエンザウイルス感染症の治療に用いる場合 イナビルは10歳未満の場合と10歳以上の場合とで使用量が異なります。 10歳未満の場合はラニナミビルオクタン酸エステルとして20mg(容器1本分)を一度に全て吸入します。 一方、10歳以上の場合はラニナミビルオクタン酸エステルとして40mg(容器2本分)を一度に全て吸入します。 インフルエンザウイルス感染予防に用いる場合 インフルエンザウイルス感染予防に用いる際にも10歳未満の場合と10歳以上の場合とで使用量が異なります。 10歳未満の場合にはラニナミビルオクタン酸エステルとして20mg(容器1本分)を一度に全て吸入します。 つまり、治療に用いる場合と使用量、使用方法ともに同じです。 一方、10歳以上の場合はラニナミビルオクタン酸エステルとして40mg(容器2本分)を一度に全て吸入するか、1日1回1回20mg(ラニナミビルオクタン酸エステルとして。 容器1本分)を2日間吸入します。 つまり、10歳以上の場合は2日に分けて1本ずつ使用するという方法もあるのです。 イナビルは1歳から使用することができますが… イナビルは一応 1歳から使用することが可能な薬ではあります。 しかし、実際に1歳の子供が吸入薬をうまく使用できるわけがありません。 1歳以上で吸入薬の使用が可能な場合に処方することとされています。 つまり、あまりにも小さな年齢で吸入薬の使用に不安がある場合は使用が推奨されていません。 発症後なるべく早く使用する イナビルはインフルエンザウイルスに感染して発症後、なるべく早く使用する方が効果的です。 具体的には 発症後48時間以内に使用しなければ効果がないと言われています。 イナビルはインフルエンザウイルスが体の中で増殖していく過程を阻害する薬です。 しかし、インフルエンザウイルスの増殖スピードは非常に早く発症48時間後には体内のインフルエンザウイルスの数はピークに達します。 つまり、発症して48時間後以降に使用してもウイルスの増殖過程ではないためあまり治療効果が得られないのです。 イナビルの予防効果はどれくらい持続する? イナビルはインフルエンザウイルスの感染の予防のために用いられますが、その予防効果は 薬の使用開始後10日まで持続します。 10日以降に関しては予防効果は確認されていません。 イナビルの副作用 イナビルは吸入薬で、呼吸器官に局所的に作用するため副作用が現れにくい薬ではあります。 しかし、まれに以下の副作用が現れることがあります。 過敏症(薬物アレルギー) イナビルの使用で 過敏症(薬物アレルギー)が起こることがあります。 この時、 呼吸困難、蕁麻疹、血圧低下、顔面蒼白、冷汗といった症状が現れることがあります。 場合によっては意識消失を伴うこともあります。 こういった症状が現れた場合には医師に相談するようにしましょう。 咳、呼吸困難 ここまでで紹介してきた通り、イナビルは粉末の吸入薬です。 粉を吸い込むことによって気道が敏感に反応して、咳が出たり、気道が狭くなって呼吸困難を起こしたりすることがあります。 特にぜんそくの方ではこの副作用が起こりやすいです。 ぜんそくをお持ちの方は十分に注意しながら使用し、いざ咳や呼吸困難といった副作用が起こった時にすぐ対処できるように準備をしておきましょう。 乳製品にアレルギーのある人は注意が必要 イナビルの粉末の中には乳に含まれるタンパク質が含まれています。 そのため 乳製品にアレルギーがある方が使用した際にアレルギー反応を起こすことがあります。 このため乳製品にアレルギーのある方は慎重にイナビルを使用することとされています。 その他の副作用 その他、イナビルの使用中には 下痢、吐き気、めまいといった副作用が現れることがあります。 異常行動について 2005年から2007年あたりにかけてタミフル使用中に子供が異常な行動を起こしマンションから転落死する事故が多く報道されました。 ただこの異常行動はタミフル使用中にのみ起こるわけではありません。 ここまで紹介してきたイナビルを使用中にも異常行動が起こることがあります。 ちなみにタミフルやイナビル使用中以外に抗インフルエンザ薬ではリレンザを使用中にも異常行動が起こることが報告されています。 また抗インフルエンザ薬を使用していないインフルエンザウイルス感染者においても、インフルエンザ脳症を起こして、異常行動が起こることがあります。 つまり異常行動が抗インフルエンザ薬のせいなのか、それともインフルエンザウイルス感染によるものなのかはいまだ解明されていないのです。 イナビルを使用中のお子さんには異常行動に関して以下の点に注意する必要があります。 熱が出ている間は近くで見守る(少なくとも薬を使用してから2日間は様子を見守る)• 窓になるべく近づけないようにする 妊娠中、授乳中の母親のイナビルの使用について 妊娠中の女性のイナビルの使用 妊婦、又は妊娠している可能性のある女性のイナビルの使用に関しては、「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること」とされています。 つまり、 妊娠中でもイナビルが使用できないわけではないということです。 ちなみに妊娠中のイナビルの使用によって、イナビルの有効成分ラニナミビルは胎盤を通過して胎児に達することが報告されています。 授乳中の母親のイナビルの使用 授乳中の母親がイナビルを使用する場合には、 授乳を中止することとされています。 これはイナビルの有効成分のラニナミビルが乳汁中へと移行するためです。 関連ページ アレグラ(フェキソフェナジン)は主に抗ヒスタミン作用によってアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの症状を改善する薬です。 アレグラ(フェキソフェナジン)は眠気や痙攣といった抗ヒスタミン薬によくある副作用を起こしにくく安全性の高い薬です。 アレロック(オロパタジン)は第2世代抗ヒスタミン薬でアレルギー性疾患に使用されます。 アレロック(オロパタジン)は第世代抗ヒスタミン薬の中ではアレルギーを抑える効果は強力ですが、眠気や口渇といった副作用は比較的起こりやすいです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)はセフェム系抗生物質で感染症の治療に使用されます。 フロモックス(セフカペンピボキシル)のよく起こる副作用は下痢で、その他重大な副作用には薬物アレルギーや低カルニチン血症による低血糖が挙げられます。 ナウゼリン(ドンペリドン)は吐き気止めとして使用される薬です。 胃の中の内容物を腸へと送るのを促し、さらに下部食道括約筋を収縮させることで胃内容物の食道への逆流を防ぎます。 副作用は起こりにくいですが下痢、眠気、めまいを起こすことがあります。 アスベリンは咳止めとして古くから使用されている薬です。 そのため安全性も確立しており、0歳から使用が可能です。 副作用は起こりにくい薬ですが、まれに眠気、めまい、意識障害、吐き気、嘔吐、下痢といったことが起こることがあります。 アモキシシリン(サワシリン、パセトシン、ワイドシリン、アモリン)はペニシリン系抗生物質で細菌感染症に用いられます。 アモキシシリンは古くからある薬で小さな子供や妊婦、授乳中の母親にも使用されることがある抗生物質です。 リレンザはインフルエンザの治療、感染予防に用いられる吸入薬です。 5歳から使用可能な薬で副作用も比較的起こりにくい薬ではありますが、場合によってはアレルギーや嘔吐、下痢などの副作用が現れることがあります。 異常行動にも注意が必要です。 オノン(プランルカスト)はロイコトリエン受容体拮抗薬で気管支喘息、アレルギー性鼻炎の治療に用いられます。 オノン(プランルカスト)は予防的効果に優れている薬ですが、出てしまっている症状を抑える効果は比較的マイルドです。 タミフルはインフルエンザの治療、予防に用いられる薬です。 内服タイプの抗インフルエンザ薬で、誰にでも使用しやすいというメリットがあります。 ただタミフル服用中に異常行動を起こす例が報告されており、注意が必要な薬でもあります。 ツロブテロール(ホクナリン、セキナリン、ベラチン)は気管支平滑筋を弛緩させることで気管支を拡張させ、呼吸困難、ぜんそく、咳といった症状を改善します。 内服薬の他、テープ剤もあります。 副作用として手足のふるえ、動悸、吐き気等に注意が必要です。 モンテルカスト(キプレス、シングレア)は気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる薬です。 副作用が出にくく予防的使用に適した薬ですが、出ている症状を速やかに抑えることには適さない薬です。 トスフロキサシン(オゼックス)は小児にも使用できるニューキノロン系抗生物質です。 幅広い細菌感染に効果が出やすい抗菌薬で、他の抗生物質が効きにくい場合によく使用されます。 トスフロキサシン(オゼックス)服用中には副作用で下痢が起こりやすくなります。 セチリジン(ジルテック)は花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる抗アレルギー薬です。 抗ヒスタミン薬といってヒスタミンの働きを抑える薬です。 抗ヒスタミン薬の中で効果は中程度で、副作用で眠気、口渇、めまいが起こることがあります。 レボセチリジン(ザイザル)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみを改善する抗ヒスタミン薬の一種です。 この薬は生後6か月から服用することができます。 レボセチリジン(ザイザル)服用中には眠気、口の渇きなどの副作用が起こることがあります。 エピナスチン(アレジオン)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 エピナスチンは脳に影響を及ぼしにくい抗ヒスタミン薬で眠気、痙攣等の副作用が起こりにくいです。 さらにエピナスチンは1日1回の服用で済む持続力の高い薬です。 メキタジン(ニポラジン、ゼスラン等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる第二世代抗ヒスタミン薬です。 メキタジン服用中には比較的副作用は起こりにくいものの、眠気、口渇、吐き気が起こることがあります。 ケトチフェン(ザジテン、ジキリオン等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いる抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬の中ではけいれんを起こしやすい薬なので小さな子供やけいれん性疾患を起こしたことがある方は注意が必要です。 オキサトミド(セルテクト、セルトミド等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、かゆみに用いる抗ヒスタミン薬です。 ドライシロップは甘く飲みやすいですが、小さな子供では副作用が起こりやすいので注意が必要です。 クロルフェニラミン(ポララミン)は第一世代抗ヒスタミン薬で、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみ、咳などの治療に用いられます。 緑内障を悪化させるリスクや尿閉のリスクがあるため注意が必要で、その他の眠気等の副作用も起こりやすい抗ヒスタミン薬です。 シプロヘプタジン(ペリアクチン)はアレルギー性鼻炎、感染症に伴う鼻水や咳、じんましん、かゆみの治療に用いる第一世代抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬の中では珍しく抗セロトニン作用をも併せ持っており、これはかゆみに有効です。 ロラタジン(クラリチン)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いられる第二世代抗ヒスタミン薬です。 眠気、口渇などの副作用が起こりにくいと言われている第二世代抗ヒスタミン薬の中でも最も副作用の起こりにくい薬の1つです。 ペミロラスト(アレギサール、ペミラストン)はアレルギー性鼻炎、気管支喘息の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 副作用が出にくく安全に使用できますが、効果は比較的弱く予防的な治療に用いられることが多いです。 トラニラスト(リザベン)は気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 抗アレルギー効果は比較的弱いものの副作用が起こりにくい薬です。 また、ケロイドや肥厚性瘢痕の治療に用いられる唯一の内服薬でもあります。 オラペネム(テビペネム)はカルバペネム系抗生物質で唯一の内服薬です。 肺炎、副鼻腔炎、中耳炎の治療に用いられます。 オラペネム(テビペネム)は各種耐性菌を含むあらゆる細菌に抗菌作用を発揮する薬で、主に他の抗生物質が効かない場合の最終手段的に使用されます。 セフジトレンピボキシル(メイアクト)はセフェム系抗生物質であらゆる細菌感染症の治療に用いられます。 セフジトレンピボキシル(メイアクト)はセフェム系の中では効く細菌の種類が多いです。 ただセフジトレンピボキシル(メイアクト)服用中は下痢が起こりやすいです。 セフジニル(セフゾン)は様々な感染症に用いるセフェム系抗生物質です。 セフジニル(セフゾン)は鉄、アルミニウム、マグネシウムと一緒に服用すると体に吸収されにくくなり効果が弱まります。 また、セフジニル(セフゾン)服用の影響で便や尿が赤色になることがあります。 セフテラム(トミロン)は様々な細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セフテラム(トミロン)はセフェム系の中では多くの種類の細菌に抗菌活性を発揮するタイプの薬です。 トミロン細粒小児用10%は抗生物質の中では比較的飲みやすい薬です。 セフポドキシムプロキセチル(バナン)は感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セフポドキシムプロキセチル(バナン)服用中に起こる主な副作用は下痢です。 またセフポドキシムプロキセチル(バナン)は妊娠中、授乳中でも服用でき子供は生後1か月から服用できます。 ファロペネム(ファロム)は様々な感染症に用いるペネム系抗生物質です。 ファロペネム(ファロム)はセフェム系やペニシリン系の抗生物質と同様に細菌の細胞壁合成を阻害する薬ですが、これらより多くの菌種に抗菌作用を発揮します。 またファロペネム(ファロム)は下痢を起こしやすい抗生物質です。 ホスホマイシン(ホスミシン)は細菌感染症に用いられる抗生物質です。 ミノサイクリン(ミノマイシン)は細菌感染症の治療に用いられる抗生物質です。 ミノサイクリン(ミノマイシン)は特にニキビ(ざ瘡)やマイコプラズマ肺炎の治療に用いられることが多いです。 ただ、歯や骨の形成に影響があるため、小さな子供や妊婦はほぼ使用されません。 バラシクロビル(バルトレックス)は単純疱疹(ヘルペス)、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹、性器ヘルペスの治療に用いられる抗ウイルス薬です。 バラシクロビル(バルトレックス)はアシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)の体内への吸収率を改良した薬です。 デスロラタジン(デザレックス)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 デスロラタジン(デザレックス)は眠気等副作用が出にくいこと、いつ服用しても構わないことが特徴で使いやすい薬となっています。 セファレキシン(ケフレックス)は細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セファレキシン(ケフレックス)は古くから存在する第一世代のセフェム系抗生物質であり、グラム陽性菌に抗菌作用を発揮します。 セファクロル(ケフラール)は細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セファクロル(ケフラール)はセフェム系抗生物質の中でも第一世代セフェム系抗生物質に分類され、グラム陽性菌に抗菌作用を発揮しやすいという特徴があります。 ビラスチン(ビラノア)は2016年に発売された比較的新しい抗ヒスタミン薬です。 ビラスチン(ビラノア)は眠気、口の渇き(口渇)といった抗ヒスタミン薬に起こりやすい副作用が起こりにくいのが特徴で、効果は抗ヒスタミン薬の中では中程度です。 ベポタスチン(タリオン)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 ベポタスチン(タリオン)は第二世代抗ヒスタミン薬なので、眠気、口渇等の副作用は起こりにくいです。 効果の強さは抗ヒスタミン薬の中では中程度です。 アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)は主に単純疱疹、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹の治療に用いられる薬です。 アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)は副作用が比較的起こりにくい薬ですが、下痢、肝機能異常が副作用として起こることがあります。 トラネキサム酸(トランサミン)は鼻血など出血が起こった際の止血薬や抗炎症薬として使用される薬です。 トラネキサム酸(トランサミン)は古くから存在する薬で、小さな子供、妊婦、授乳婦が使用しても安全に使用できることが確認されている薬です。 スルタミシリン(ユナシン)は細菌感染症に用いるペニシリン系抗生物質です。 スプラタスト(アイピーディ)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性疾患の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 スプラタスト(アイピーディ)は他の抗アレルギー薬とは異なる作用機序で働く薬で、副作用が出にくいことが特徴です。 クレマスチン(タベジールなど)は蕁麻疹、湿疹、かゆみなどアレルギー性皮膚疾患、アレルギー性鼻炎の治療に用いられる第一世代抗ヒスタミン薬の1つです。 クレマスチン(タベジールなど)服用中には特に小児に痙攣の副作用が起こりやすくなったり、眠気が起こったりするので注意が必要です。 デキストロメトルファン(メジコン等)は中枢性非麻薬性鎮咳薬の一種で咳止めとして広く使用されています。 デキストロメトルファン(メジコン等)は麻薬性鎮咳薬と比べて、便秘、口渇などの副作用が起こりにくく、依存性もありません。 酸化マグネシウム(マグミット)は主に便秘の際に緩下剤として使用されますが、制酸剤や尿路シュウ酸カリウム結石の予防にも用いられます。 酸化マグネシウム(マグミット)を使用する際にはテトラサイクリン系抗生物質やニューキノロン系抗菌薬など併用薬との相互作用に注意が必要です。 ジメモルファン(アストミン)は咳止めとして使用される薬です。 この薬は延髄の咳中枢に作用することで咳を止めます。 比較的副作用の出にくい薬ですが、耐糖能異常を起こすこともあるので糖尿病の方はジメモルファン(アストミン)を服用する際にはより注意が必要です。 ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)は咳止めとして使用される薬です。 非麻薬性鎮咳薬に分類されるため、依存性、耐性は生じません。 また、ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)は抗コリン作用、局所麻酔作用を併せ持つ咳止めの薬です。 レスプレンは咳止めとして使用される薬です。 延髄の咳中枢に作用して咳を止めます。 また、レスプレンは痰を切れやすくする作用も有しています。 非麻薬性鎮咳薬なので副作用が起こりにくいです。 フスタゾールは咳止めとして使用される薬です。 有効成分のクロペラスチンが延髄の咳中枢に作用することで咳を起こしにくくします。 また、フスタゾールは気管支平滑筋弛緩作用、抗ヒスタミン作用も併せ持つ咳止めです。 ブロムヘキシン(ビソルボン)は去痰薬で、内服薬の錠剤、散剤に加え、吸入薬、注射薬が存在します。 ブロムヘキシン(ビソルボン)はネバネバした痰をサラサラにして、さらに線毛運動を促進することによって痰を切れやすくします。 ケイツーはビタミンK2製剤でビタミンKの補充のために用いる薬です。 ビタミンKが欠乏するとビタミンK欠乏性出血症になる恐れがあります。 この予防のために主に新生児、乳児に使用されます。 ピコスルファート(ラキソベロン)は主に便秘に使用する下剤です。 便秘の他、手術の後、造影剤服用後の排便促進や、大腸検査前の腸内容物の除去のためにも用いられます。 大腸刺激性下剤で耐性が生じることがあります。 タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は下痢に用いられる薬です。 腸の粘膜に穏やかな収れん作用を発揮することで、腸に起こる炎症を抑え、下痢に対して治療効果を発揮します。 また、タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は子供や妊婦も服用できる安全な薬です。 ガランターゼは乳糖不耐症の治療に用いられる薬です。 ミルラクトは乳糖不耐症による下痢や腹部膨満といった症状を改善する薬です。 オリザチームは乳糖不耐症に伴う下痢や消化不良などの消化器症状を改善する薬です。 カラシミーゼは乳糖不耐症に伴う下痢等の症状を改善する薬です。 ロペラミド(ロペミン)は下痢止めとして使用される薬です。 腸の蠕動運動を抑制することによって腸の内容物を腸に長くとどまらせて水分の吸収を促し下痢を改善します。 通常、ロペラミド(ロペミン)は非感染性の下痢に使用されます。 アセトアミノフェンは解熱鎮痛剤として広く使用されています。 特に小児の解熱鎮痛に用いることのできる貴重な解熱鎮痛剤です。 インフルエンザや水ぼうそうの際にも使用することができます。 12歳未満には通常使用されません。 クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)はマクロライド系抗生物質の一種で細菌感染症の治療に用いられます。 様々な種類の細菌に抗菌効果を発揮し、下痢などの消化器系の副作用が他の抗生物質よりも起こりにくいことが特徴です。 エリスロマイシン(エリスロシン)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられる薬です。 下痢などの消化器系の副作用が起こりにくいため、広く臨床現場で使用される抗生物質の一つとなっています。 アジスロマイシン(ジスロマック)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いる薬です。 効果の持続性に優れており、少ない服用回数で長期間効果が持続します。 ロキシスロマイシン(ルリッド)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられます。 他のマクロライド系抗生物質と比較して、他の薬との飲み合わせに問題が起こりにくいです。 ルパタジン(ルパフィン)は抗ヒスタミン薬の一種で、体内でヒスタミンの働きを抑制し、アレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみ、じんましんの症状を改善します。 さらに、抗PAF作用を併せ持ち、これもアレルギー症状の改善に有効です。 アゼラスチン(アゼプチン)は第二世代抗ヒスタミン薬でアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患、喘息の治療に用いられる薬です。 第一世代抗ヒスタミン薬と比べて眠気等の副作用が起こりにくいですが、第二世代抗ヒスタミン薬の中では起こりやすいです。 ゾフルーザ(バロキサビル)は抗インフルエンザ薬です。 1回服用するだけでインフルエンザの治療が完了する薬です。 副作用が起こりにくく安全性にも優れた抗インフルエンザ薬です。

次の