お忙しいところご対応いただきありがとうございます 英語。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語

「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

お忙しいところご対応いただきありがとうございます 英語

正しい例:迅速な ご対応ありがとうございます。 迅速な対応をして 頂き、ありがとうございます。 間違っている例:迅速な ご対応をして 頂きありがとうございます。 「ご対応」「~して頂き」はどちらも尊敬語です。 「尊敬語+尊敬語」や「+謙譲語」は二重敬語になるため適切ではありません。 「迅速な対応」を敬語表現で使用する場合は、尊敬語の使い方に注意しましょう。 「迅速な対応ありがとうございました」の応用 「迅速な対応ありがとうございました」はビジネスシーンでもよく使用する言葉です。 しかし 同じばかり使っていると、相手に「言葉が軽い」という印象を与えてしまいます。 そこで「迅速な対応ありがとうございました」の応用をしましょう。 「迅速な対応ありがとうございました」の応用は次の2つです。

次の

「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

お忙しいところご対応いただきありがとうございます 英語

社外編「お忙しいところ申し訳ありませんが」 まずは社外編。 取引先の相手に直接会ったり、電話で話したりするときに使います。 I understand you are very busy, but…• I understand you are occupied at the moment, but… 直訳ならこのあたりが無難。 「busy」と「occupied」はほぼ同じ意味です。 「occupied」のほうが、単に忙しいというより、やることがあって手が空かないというニュアンスを含みます。 少しひねってこんな言い方も。 I'm very sorry to bother you at this time of year, but…• I'm terribly sorry to disturb you again, but … 「bother」「disturb」は「邪魔をする」という意味。 1文目は「こんな時期にすみません」というニュアンスです。 こう言えば、年末の忙しい時期なのか、プロジェクトで忙しい時期なのか相手も想像がつくでしょう。 2文目の「terribly」は「 本当に申し訳ありません」という具合に、申し訳なさを強調することができます。 社内編「お忙しいところすみません」 社内だと、外国人の上司や先輩に対して使うことが多いのではないでしょうか。 取引先の人と話すときよりは、カジュアルでOKだと思います。 I know you are very busy, …• Sorry to bother you, … 「understand」より「know」のほうが少しカジュアル。 また「Sorry to bother you... 」のように主語を省略することでカジュアル度が増します。 さらに「お忙しいところすみません」と言うかわりに、単刀直入に用件を伝え、そのあとで• I'll keep it short. (長くはかかりません)• I'll be quick. (早めに終わらせます) などと言って「あまり時間を取らせません」という意思を伝えるのもアリだと思います! メール編「お忙しいところ恐縮ですが」 最後はメール編。 日本語と同じで、対面や電話で話すよりも、さらに改まった感じになります。 「お忙しいとは存じますが…」「お忙しい中恐縮ですが…」というイメージですね。 I understand that you are very busy, but … 社外編の「お忙しいところ申し訳ありませんが」に似ていますが、違いは「that」が入っている点。 基本的にメールでは、接続詞や関係代名詞を省略しないのがルールです。 ですが最近はビジネスメールも、よりカジュアルになってきており、省略形を使う人も増えているようです。 ほかにも• I am afraid that you are having a hectic week, but... なんて言い方もあります。 「hectic」は「慌ただしい、てんてこ舞いの」という意味です。 メールで「お忙しいとは存じますが」とは書かない!? メールで使える文例を紹介しましたが、 実は「メールでこんな前置きしない!」という考え方も。 ネイティブからのメールに、このような前置きを見たことは、私も正直ありません。 直接話す相手なら、確かに「忙しいとは思いますが…」と前置きを入れるイメージは英語圏にもあります。 相手が仕事を中断して聞いてくれるわけですからね。 ですがメールとなると、相手にはいつメールを開くか決める権利があります。 しかも、あえて連絡するのは、忙しいと思いつつも「頼みごとがあるから」ですよね?それなら• 簡潔で分かりやすいメールにする• 相手をBCCやCCに入れない• タイトルで要件が分かるようにする• 金曜の午後になってメールしない などに気をつけるほうが、よほど大切。 忙しい人に対する思いやりですね。 英語のサイトですが「」というサイトが参考になりますよ。 「お忙しいところ…」に続く文例 「お忙しいところ…」という丁寧な前置き。 これに続く文章も、同じく丁寧な表現である必要があります。 日本人同士なら「お忙しいところすみませんが、あの件、よろしくお願いします」で事足りるかもしれません。 ですが英語に「よろしくお願いします」のように万能に使えるフレーズはありません。 「何をいつまでにしてほしいのか」はっきり伝えましょう。 ダイレクトに言ったほうが、時間を無駄にせず、むしろ好印象だと思います。 I understand you are occupied, but I would appreciate it if you could finish this project by Friday. I know you are busy, but it would be great if you could spend some time on this task, too. Sorry to bother you, but can you read through this document for me, please? (お忙しいところすみません、このドキュメントに目を通してもらえますか) フォーマル度は参考程度に付けましたが、3つ目の表現も、親しい上司や先輩に対して使うには全く問題ありません。 まとめ いかがでしたか?社外編、社内編、メール編に分けて「お忙しいところ恐縮ですが」に使える英文を紹介してきました。 英語圏であっても、口頭であればこのような前置きを使うのはアリです。 親しい先輩、上司、取引先の社長など、フォーマル度でしっかり使い分けましょう。 メールとなると、ネイティブはこのような前置きをあまり使いません。 むしろ「要件を簡潔に伝えること」が、忙しい人への一番の配慮になると思います。 みなさんの参考になれば幸いです!.

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」は英語でなんて言う?シーン別に例文を紹介します

お忙しいところご対応いただきありがとうございます 英語

予想外の事態が起こり、上司や取引先などのビジネスの相手に、急ぎの対応をお願いする時に使うのが「早急なご対応をお願いします」という言葉です。 この記事では「早急なご対応」という言葉の意味や具体的な使い方、類語の「早速」「早々」「迅速」などとの使い分け、実際に上司や取引先に早急に対応してもらうためのコツなどについて解説しています。 上手く使えると便利な言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。 「早急なご対応」の意味 「早急」の意味は「非常に急ぐこと」であり、 「対応」は「周囲の状況などに合わせて物事をすること」なので、具体的な行動を指示しているわけではありません。 「早急なご対応を願います」という言葉は、「(予期せぬことが起こったので、誠に申し訳ありませんが)至急対応してください」と、相手に依頼する時の丁寧な表現として使われます。 「早急なご対応」という言葉が使われる場面 「早急なご対応」という言葉は何か突発的な事態に陥り、現場に応じた作業を大至急で相手にお願いする時に使われます。 しかし、こちらにとっての「突発的な事態」への対応は、相手にとっても「突発的な事態」です。 「早急なご対応をお願いします」だけでは、命令のニュアンスがあるので、「申し訳ありませんが」などのお願いする気持ちを表す言葉を付け加えると、対応を依頼された相手も快く作業をしてくれるでしょう。 「早急なご対応」の使い方と類語・例文 ビジネス敬語としての「早急なご対応」 「早急なご対応」の「ご対応」という言葉では、指示や命令に近いニュアンスを持つ「対応」に尊敬語の「ご」をつけて、「対応していただきたい」を丁寧にした言い回しです。 メールに「早急なご対応をお願いします」だけ書いても、相手から「突然、大急ぎの用事を持ち込まれた」と迷惑に思われることもあるので、「早急なご対応をお願いします」の前に「申し訳ありませんが」をつけると、相手も快く協力してくれるでしょう。 「早急」の類語3つ ビジネスの場で頻繁に使われる「早急なご対応をお願いします」の「早急」には、意味の似た言葉が3つあります。 それは「早速」「早々」「迅速」です。 ここでは「早急」と類語の「早速」「早々」「迅速」の違いと使い分けのコツを勉強していきましょう。 類語をたくさん知って、うまく使い分けることができると、ビジネスもスムーズに進みます。 類語1. 「早速」 「早速」は「すみやかなこと」「すぐ行うこと」「すぐに」を意味する言葉ですが、文章の途中からしか使えない形容動詞の「早急」とは違い、形容動詞・副詞の「早速」は文章の最初につけてもかまいません。 使用例として「早速お返事をいただき、ありがとうございます」「早速だが、上海でのビジネスの話をしよう」「早速ご報告していただきたいことがあります」などがあります。 類語2. 「早々」 早々は「はやばや」と「そうそう」の2つの読み方があります。 「早々」は「早急」と違って自分や目下の人や友人、知人などには使えますが、目上の方に使うと失礼な印象を与えます。 「中学時代の後輩は入社早々から仕事の面倒をみてくれた」「彼は結婚早々、札幌に転勤になってしまった」「マイホーム購入早々に出た転勤辞令だったが、子どもの学校のこともあり、単身赴任することにした」などの使用例があります。 類語3. 「迅速」 「迅速」は物事の進捗や行動が速いことを意味します。 「早急」は自分の行動には使えませんが、「迅速」は自分の行動に対しても、相手側の行動に対しても使うことができます。 ビジネスでは「迅速なご対応ありがとうございます」という表現が頻繁に使われます。 他に「警官は迅速に現場にかけつけた」「通勤用車両は迅速な乗降のために扉を大きくした」「契約後、迅速に資金が振り込まれた」などの表現例があります。 「早急なご対応」と類語の例文4つ 例文1 ビジネスのメールで使われることが多い「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」という言葉は、突発的な出来事に対して自らの予定を変更して処理してくれた相手への感謝の思いが込められています。 メールだけでのやりとりはドライな関係になりやすいですが、「早急にご対応をお願いします」と「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」を一対で使うように習慣づけておくと、相手と良好な関係が築けます。 例文2. ビジネスメールで使われる「この度は迅速なご対応ありがとうございました」という言葉は、思いがけず相手がすばやく対応してくれたことへの感謝の表現です。 「早急なご対応をお願いします」とメールを送った後、相手の対応が速くて適切に処理できた時に、報告メールの文中に「迅速なご対応ありがとうございました」と一言添えると相手に喜ばれます。 「早急なご対応をお願いします」とワンセットで使うとよいでしょう。 3 「〇〇商事の件、メールで送付しましたので早急に対処をお願いします」の「対処」は、「対応」と似たニュアンスで使われることが多い言葉です。 「対応」は 周囲の状況などに合わせて物事をすることで、「対処」はある事に対して適当な処置をとることを指し、「対処」は「対応」よりも範囲が限定的です。 使用例に「取引先の倒産に対処した」「倉庫の火災への対処に保険をかけた」「顧客からのクレームに対処する」などがあります。 このように早急な対応をお願いする時には、必ず期限を明確に記載することが大事です。 敬語について知りたい方へおすすめの本はこちら ここでは上司や取引先に「早急なご対応」をお願いする時の注意点について説明します。 ポイントは4つあります。 迅速に依頼すること 2. メールの見出しで急ぎの依頼内容であることを伝える 3. 案件の回答期日や急ぎの理由を明確に書く 4. 返事が遅れている場合は、督促メールをだけでなく、電話や口頭でも「早急なご対応をお願いします」と伝え、急ぎの案件があることを思い出してもらう 具体的な方法についてみていきましょう。 迅速に依頼 相手に依頼しなければいけない緊急の案件がまわってきたら、自分の抱えている案件は後回しにしてでも、即座に上司や取引先にお願いのメールを送り、必要があれば電話します。 相手もたくさんの案件を抱えているため、突発的な事態に早急な対応が必要になった場合、スケジュール調整しなければならないケースが多いので、自分の片付けたい急ぎの案件を、速く処理したい気持ちを抑えて、まずは相手に連絡することが大切です。 メールや依頼内容 急ぎの案件があることを取引先に確実に伝えるには、メールで依頼するのがよいでしょう。 メールのタイトルに「急用」「至急」などの文字を入れておくと、相手が至急の案件が入ったことに気づきやすくなります。 相手がメールをフォルダー分け設定していない場合もあるので、メール送信だけではなく、必ず電話や口頭で「お忙しいとは思いますが、早急なご対応をお願いします」と、相手に急ぎの案件があることを伝えましょう。 例えば「上司に売上データを急いで送ってほしい」と依頼するメールに、「来季の売上目標を決める会議の資料として使いたいので、売上データを〇月〇日〇時までに資料を送ってください」と理由を書き添えるとよいでしょう。 メールだけでなく口頭でもリマインド 上司に送ったメールが期限間近になっても返答が帰ってこない場合、改めて「お忙しいところ申し訳ありませんが、早急なご対応をお願いします」と催促のメールを送ります。 そして、もう一度口頭で催促します。 この時に相手を急かし過ぎず、失礼のないように丁寧に対応することが大切です。 多忙の余り、こちらが送ったメールを見ていない可能性もあるので、口頭で早急な対応が必要な案件があることを思い出してもらうことが重要です。 ビジネスシーンで「早急なご対応」を正しく使おう この記事ではビジネスメールを書くケースを中心に「早急なご対応」という言葉の意味や使い方、「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」との使い分けについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。 「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」や、「対応」の類語「対処」との使い方の違いに注意して、メールで頻繁に出てくる「早急なご対応をお願いします」という言葉を使いこなして、ご自分のビジネスを円滑に進めてください。 ビジネスにおいて正しい敬語を身に付けよう 社会人になると、上司・先輩・同僚・後輩・お客様・取引先の担当者など、性別も年代も価値観も立場も全く違う人とコミュニケーションを取る必要が出てきます。 特に先輩や上司、お客様や取引先などの目上の方に、親しみの気持ちを保ちながらも距離感を調節していくためには「敬語」の使い方が重要です。 周りの人たちと良好なコミュニケーションをとり、自信を持って仕事をしていくために、正しい敬語の使い方を身につけましょう。

次の