梅雨 言葉 手紙。 時候の挨拶 6月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

梅雨の時候の挨拶にはどんなものがある? 6月にビジネスで使える挨拶をご紹介!

梅雨 言葉 手紙

スポンサーリンク 6月といえば、 梅雨の時期ですね。 そんな時期に お手紙を書かなければいけなくなりました。 お手紙を書く際には、 最初の書き出しとしてあいさつ文があります。 また結びの言葉もありますよね。 知っておかなければ、 ちょっと社会人としては恥ずかしいです。 今回は梅雨時期の手紙のあいさつと 結びの言葉についてご紹介します。 梅雨の挨拶の手紙書き出しのコツ!失敗しない例文付き! 梅雨の挨拶とはつまり、 6月の挨拶となります。 手紙の書き出しとしては 時候の挨拶用語があります。 ・初夏の候 ・入梅の候 ・梅雨の候 ・小夏の候 ・霖雨の候 ・夏至の候 などなど、たくさんあります。 ちなみに候は「そうろう」ではなく 「こう」と読みます。 プライベートで使う際の 手紙の書き出しとしては、 ・梅雨前線が近づいてきました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・梅雨空のうっとうしい季節となりました。 お元気でしょうか。 ・あじさいが、雨に美しく濡れています。 お健やかにお過ごしでしょうか。 ・山々の緑も、 雨に打たれて色濃くなりました。 お元気でお過ごしのことと存じます。 といったように、 そこまで 堅苦しいあいさつでなくて大丈夫です。 たとえば親しい親戚や友人などに 手紙を送る際は 以上のような例文を使うと良いでしょう。 では、 ビジネスで使う際の手紙の書き方も ご紹介します。 ・梅雨入りのニュースが気になるこの頃ですが、 貴社ますますご繁栄のことと お慶び申し上げます。 ・今年も、 早く半分を過ぎようとしていますが、 皆様ますますご健勝のことと お慶び申し上げます。 ・今年は空梅雨らしく、 早くも真夏を思わせる強い 日差しの日が多くなりましたが、 貴社ますますご発展のことと お慶び申し上げます。 といったように、 やはりビジネスなので 少し堅苦しいぐらいが丁度いいのです。 梅雨の挨拶の手紙結びの言葉!失礼にならない例文付き! 挨拶の書き出しの言葉は大丈夫ですね。 次は手紙の結びの言葉をご紹介します。 プライベートであれば ・天候不順のみだり、 くれぐれもお体を大切になさってください。 ・梅雨明けが長引いていますが、 お元気でお過ごしくださるように お祈り申し上げます。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、 ご自愛ください。 ・梅雨でうっとうしい毎日ですが、 気持ちだけはさわやかに過ごしましょう。 ・雨の日の外出もまた風情あるものです、 ぜひお出かけください。 といったように、 書き出しの挨拶と一緒で あまり堅苦しくない方がいいでしょう。 では次にビジネスでの結びの言葉です。 ・末筆ながら、 貴社益々のご発展をお祈り致します とともに、倍旧のご愛顧を賜りますよう お願い申し上げます。 ・爽やかな初夏のみぎり、 貴社の更なるご発展を 心よりお祈り申し上げます。 ・時節柄、 皆様方のご無事息災を 心よりお祈りいたします。 といったような、 感じで締めくくりましょう。 プライベートとビジネスでは、 まったく文章が違いますので、 送る方によって使い分けてくださいね。 スポンサーリンク まとめ 手紙を書く上で、以上のような例文は あらかじめ決まっているようなものが多く 覚えておくと色々な場面で使えるので 損はないです。 ただしこれは 6月の梅雨時期の挨拶の書き出しと 手紙の結びの言葉となります。 月によって 言葉も内容もガラッと変わりますので そこはご注意ください。 しかし現代では、 メールなどが普及し手紙を書くことも めっきりと減ってしまいました。 だからこそ、 このような丁寧なお手紙をもらう方は 嬉しいかと思います。 またこの手紙の丁寧な挨拶の書き出しと 手紙の結びの言葉がきちんと使えるということは 書いている人の人柄や きちんとされていることもよく伝わります。 ぜひ素敵なお手紙をお書きください。

次の

梅雨の言葉19種類!梅雨の印象が変わる美しい日本語

梅雨 言葉 手紙

梅雨見舞いの手紙の書き方 文例 梅雨お見舞い申し上げます 梅雨空のうっとうしい季節ですが日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私のほうは、梅雨の季節が無い温暖な沖縄でひさびさの休暇をとりお陰さまで毎日元気に過ごしております。 この様な雨が長く続きますと風邪なども引きやすくなりますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 お陰さまで私たちは、北海道に帰省しておりましたが、ようやく戻りお便り差し上げた次第でございます。 憂鬱な季節折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 お蔭さまで体調も戻りつつありますので、ご安心ください。 夏だと言うのに長雨に打たれ憂鬱にもなりますが、どうぞご自愛くださいませ。 また今後もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。 ごたごた慌ただしくご挨拶出来なく申し訳ございませんでした。 季節柄、憂鬱な日が続きますが、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 今後も変わらぬ ご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 今年の梅雨はいつになく長く続き嫌な思いも致しますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 いつもお気遣いお世話になりありがとうございます。 恒例の事ですがバタバタと慌ただしい日々を過ごしていますが、元気に毎日を送っています。 そろそろ夏本番の時期が訪れますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 私たち家族は、お陰さまで風邪も引かずに過ごしております。 今年はいつになく梅雨が長く感じられるので体調にも気を使ってしまいますね。 これからも変わらぬ お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 晴れた夏の訪れが待ち遠しいものですね。 梅雨が過ぎ去ったら、またお話しでもと思っております。 、体調を崩しやすい時期です。 どうかご自愛ください。 立春のご丁寧なご挨拶をありがとうございました。 ご挨拶も申し上げず誠に申し訳ありません。 実は春先より体調を崩し入院を余儀なくされていました。 お蔭さまで随分と体調も回復しましたので、ご挨拶申し上げた次第です。 今後もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上 げます。 お陰さまで、私どもも家族全員、この梅雨の憂鬱さにも負けずに頑張っております。 梅雨が明けもし近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 心よりお待ち申し上げております。 これからもどうぞよろしくお願いします。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例1 先日は御多忙の折にもかかわらずお手紙をありがとうございました。 夏も本番近いと言うのに雨の日が続いておりますね。 梅雨明け後に近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例2 先日は御多忙の折にもかかわらず、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。 お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。 ご心配くださる体調もまったく問題はありませんのでご安心ください。 夏の納涼時にお会いしたいと思います。 追って連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。 末筆になりましたが、皆様お健やかに秋をお迎えくださいますようお祈りいたしております。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例3 このたびはお手紙をいただきまして、ありがとうございました。 お陰さまで家族それぞれ元気に風邪も引かずに過ごしております。 また陰で支え応援してくださる叔母様のお蔭と誠に感謝いたしております。 今後とも変わらぬご指導のほど、お願い申し上げます。 夏とは言え梅雨の時期は寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛下さい。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例4 このたびは、心温まるお手紙を本当にありがとうございました。 お陰さまでこちら家族全員それぞれに元気で楽しい毎日を過ごさせて頂いております。 長雨が去り、もし近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

次の

手紙の書き方・例文 季節、時候の挨拶~6月~

梅雨 言葉 手紙

梅雨時期の手紙の挨拶と季語 梅雨の時期に使える季節の言葉には、梅雨入り、空梅雨、梅雨の中休み、梅雨明けの4つに分けられます。 同じ梅雨でもその時期によって少しずつ言葉が変わってきます。 自分の感性に従ってその時期が梅雨の始まりなのか、終わりなのか季節感にマッチした言葉を使いましょう。 これで丁寧でしっかりした手紙の書き出しになります。 梅雨に出す手紙の書き出し例文 梅雨の季節は雨が多いのでじめじめして、ちょっと不快なこともあります。 でもそのような時期だからこそ季節感がたっぷりの手紙を送ると喜ばれるでしょう。 ・鬱々とした梅雨が明け、…。 ・梅雨明けももうそこにありますが、…。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う今日このごろ、…。 ・首を長くして待った梅雨明け宣言が聞けました。 ・梅雨明けのこの暑さ、皆さま元気にお過ごしでしょうか。 梅雨に出す手紙の結びの言葉 手紙の結びの言葉は難しいものではなく、大体形が決まっています。 相手を気遣う言葉を使って思いやりの気持ちを込めると良いでしょう。 例文 ・もうすぐ梅雨入りとなりますが、どうかご自愛ください ・うっとうしい梅雨入りももうすぐですね。 皆様のご健康をお祈りいたします。 ・うっとうしい毎日ですが、どうかくれぐれもご自愛下さい。 ・長く降り続く雨の時期を乗り越えながら、お互い健康には気をつけましょう。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う毎日ですが、お風邪など召されませんように。 ・季節の変わり目ですので、どうぞお身体をご自愛くださいませ。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、どうぞお身体ご自愛下さい。 ・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨冷えの厳しい今日この頃、お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。 ・うっとうしい毎日ですが、気持ちだけはさわやかに過ごしましょう。 ・雨の外出もまた風情あるものです、ぜひお出かけください。 ・梅雨寒の時節柄、風邪などお召しにならぬよう、お気を付けください まとめ 季節を感じる言葉と相手を思いやる言葉の組み合わせで、手紙が一気に温かいものに仕上がります。 恩師や目上の方、親戚などに送るときに便利に使えます。 ぜひ季節の趣がある手紙を送ってみましょう。

次の