東京esp。 コンビナートESP|エネルギーサービスプロバイダー(ESP)とは|東京電力エナジーパートナー株式会社

東京ESP (とうきょういーえすぴー)とは【ピクシブ百科事典】

東京esp

1巻を読み終えたばかりです。 ヒロインは可愛らしく、他の登場人物も個性豊かに描かれています。 ストーリーは、これからだと思いますが、ちょっとオリジナリティと言いますか、読み続けるにはインパクトに欠ける印象です。 お笑いの箇所も、楽しい印象は受けるものの、自分は笑うことはなかったです。 とは言っても、まだまだ続く漫画ですし、これからの展開次第でハマる可能性は充分にあります。 ただ、背景なんですが、恐らく写真を加工して切り貼りしてると思うのですが、それが見え見え?で、人物との相性が悪く、浮いて見えてしまいます。 それが気になって気になって・・・。 色々な表現があって、それを認めてはいるのですが、こうも合わなかったり多用されると、表現というより、手抜き的なことを感じてしまいます。 自分は下手でも良いので丁寧に描いた漫画が好きで、次巻以降、面白くなるのかも知れないという期待はあるものの、読み進めるのが、ちょっと辛いです。 雑誌記事で紹介されていて、超能力や絵柄が好きで買いました。 瀬川先生の作品を読むのはこれが初めてです。 まず、主人公の貧乏女子高生・リンカが健気でとにかくかわいいです。 1つ上の先輩・東(アズマ)に一途なんだけど、なかなか想いを伝えられなかったり どこまでも真面目で、なかなか器用には生きられなくて 読んでいて もどかしくなる場面も多々あります。 でも、そんなリンカと接するうちに、次第に心が洗われていく悪役もいて すがすがしい気持ちになることも。 他のレビュアー様も指摘されている通り、1巻には一部に読みづらい部分 (独特なコマ割りや、唐突に場面が変わって一瞬混乱しそうな箇所)があります。 これについては先の巻に進むに連れ、少しずつ改善されているように感じました。 ネタバレになってしまうので詳細は控えますが、5巻までのおおよその展開を。 1、2巻は伏線を張ったり前置きっぽい内容が多く、今一つ盛り上がりに欠けます。 3巻で大きく話が動き、4巻では仲間たちと特訓に励み 5巻ではこれまで謎にされていたこと(過去のこととか)が 徐々に明らかにされてくる…といった流れです。 全体を通せばシリアスなお話なものの、時折挟まれるコミカルな表現によって 暗くなり過ぎないように上手く中和されているかと。 ちなみに…個人的にいちばん気に入ってるのは、4巻でリンカが あるものを買うために、思い切ってある箱を開けるシーンです。 前作喰霊も集めてますが、この 漫画の原作者 瀬川はじめ さん。 の作品は、はっきり言って面白いです。 何故もっと広まらないかと、疑問です。 ベタな展開なのかと、思いきや、急カーブ どんでん返しじゃなく してくる感じの展開や、なんと言っても、主人公以外のサブキャラも魅力的であり、敵も、謎の要素を併せ持つ魅力があります。 服装などもよく変わり、観てて楽しい試みがあります。 超能力と言う王道な、漫画を、瀬川さんが面白そうだと想ったもの 影響受けた好きな映画等 を上手く混ぜ合わしたり、テンポよく、コミカルな作風でありながら、真っ直ぐな優しい彼らを中心に進むシリアスなストーリーで、観るものを惹き込みます。 読んで、つまらない時間を使ったと感じる事は、まずない物語だと想います。 作画も、かなり上手い方です、絵がお上手と言うだけではなく、演出や見せ方も、心地好いです。 そして、安易な萌え要素に頼らない作風も、好きな要素です。 作者の方の、モチベーションも、維持し、読んでいてグダグダやなぁと言う印象が皆無で、力を入れて、描ききっていると言う印象を受けます。 この作品、カッコイイですよ。

次の

「東京ESP」のキャラクター紹介 主要人物

東京esp

東京ESPとは、 で連載されている はじめ第2作品のである。 単行本は全16巻。 概要 前作の『 』連載が掲載されたにプ版のが掲載され、その次号より連載開始。 単行本発売時にはによる専用までされた。 での反省を生かして作られているらしく、から姿を似せたも登場しとなっている。 く書きたりなかったためであるらしい。 前作はにスポットが当てられていた部分もあったが、今作では今作ではにが当てられている。 第7巻から第2部に入り&組が第1部の漆葉&から条幕と是臼矢に変更されるが第1部のは引き続き登場する。 に際しての前作『』と『東京ESP』のの連載が発表されを開始した。 (後述) 発売の号にて進行中と発表された。 そしてに続報が発表され・が発表され、からまで全系局にて放送された、の第1巻から第6巻までの第1部を描いた、全12話。 あらすじ ある日の夕方を見上げると数ののが泳いでいてるが体に入るとが使えるようになっていた……。 登場キャラクター 主人公サイド(第一部) 漆葉(うるしば りんか) - 本作のでの。 なので。 が貧しいのでをしている。 は透過。 前作『』の忌野に似ている。 東 ( きょうたろう) - 本作ので2年生。 ・の名で人助けをしておりESPによる人助け「計画」を提唱している。 一人暮らし。 は「」。 漆葉胆(うるしば ) - ので元。 は物を念で集めてしまう。 姿は前作『』のに似ている。 を危険なに合わせるを良く思っていない。 小節(くろい こぶし) - の生まれで、最初はESPのを窃盗にしていたは化。 腕っ節が強い。 胆に救われたことから、彼を「オジサマ」として慕っており、いつの間にかに。 山(えどやま ) - で、とは死別しがいるががなため苦労が耐えない。 最初はがなかったものののたくらみによってを取り入れを獲得。 はリー。 養老師(ようだにろうし) - 元南役の格闘なためドウの知り合い。 普段はのを被っているが中身は某SWのに似ている。 は半径10kmの。 攻撃をよく行う。 大歩(おおぞら む) - 老師の子で。 姿&でがひどく姿だが姿と摘されるとキレる。 はで将来を期待されているため老師に関わることを思っていない。 予知はあらゆる可性の数後を一で予知&分析できる予知。 超能力解放戦線 (きょ) - 本名は、東 北斎( ほくさい)。 とある的のためESPを利用した活動を行う。 の養での実のとは研究だった。 東美奈美は実。 東 美奈美( ) - ので、とは同然の仲。 の事情を熟知しており身を呈してのやることに従う。 とつるむについては快く思っていない。 格之進() - の部下で「哀」ののを被っている大柄の男。 (くろい こづき) - 小節の。 と敵対しており、督を狙おうとを出しために解放戦線に加入した。 その他 警部(なべしま) - 胆の元部下。 独断で部下を動かし、へ任意同行をめる。 部下の女の釜田ツユ( - )と二人組で活動していることが多い。 山(えどやま) - の。。 との感を悩んでいる。 田(ほとけだ) - 山の組織下だった。 を得たことにより反乱を起こし…。 良山(めらやま) - 田の部下でので炎を操る者でのを燃やした本人。 胆とは面識がある。 助(すけさぶろう) -。 大麗亜 - 歩ので。 の急先鋒。 ケイ - 胆が行きつけのの店。 胆のが燃えた際に身を寄せることを戸惑いながらしてくれるなどいい人である。 リニエ - の両親がに研究・調に訪れたさいの世話をするとして雇われた。 の両親の死後もと一緒に過ごしていたが…。 第二部のキャラクター 条幕 (じょうまくれん) 第二部の。 ESPが発現したことによりられとなっていたがESP学園が開設されたことにより、を脱しESP学園にする。 実は歩と。 是臼 矢(ぜうすてつや) 第二部より登場。 ESP学園にしてきた。 実は官で潜入捜官としてしてきた。 作中で、と東京ESPが同じ観を持つ事にされた。 は1巻と東京ESPの1巻が重なり合っている。 は限定版1巻の特典として収録され、後にには単独販売もされた。 あらすじ るを追うためとは、とあるのに迷い込んだ所、調・除霊のためにを訪れた対策室にとして2週間のと。 鉢合わせしたさい恐怖のために霊と勘違いしてがを切りつけてしまうが・・・。 アニメ より他全系局にて放映された。 配信はと・ストアのみでにおいて配信の予定はない。 に『』ののと()と()が掲載されている。 なんと、第1話にととが登場し、にに登場した特戦一課の人やのも登場しているというが行われた。 スタッフ 前作『』のにに関わっていたが参加している。 ちなみに11話の協としてが参加していた。 (太字はに少しでも関わっていた)• 統括:剛• :はじめ(連載/・刊)• :滋仁• 脚本:・ ・靖子• : 満• ップ:拓哉• 美術:了香• 美術設定:沙• 設計:油ゆみ• 撮:智之• :倫基• 編集:野仁• : 倉裕宗• 担当: 好美• :0:• :楽音舎• :n ()• : ()、吉江成()• エグゼクブ:• :巨規• :[東京ESP] 主題歌 どちらも『』の挿入歌に参加していた・である。 この2者の組み合わせはと同一。 『救世ギョロス』• 第4話『 』• はじめ• 外部リンク•

次の

TOKYO MX * 「東京ESP」

東京esp

東京ESPとは、 で連載されている はじめ第2作品のである。 単行本は全16巻。 概要 前作の『 』連載が掲載されたにプ版のが掲載され、その次号より連載開始。 単行本発売時にはによる専用までされた。 での反省を生かして作られているらしく、から姿を似せたも登場しとなっている。 く書きたりなかったためであるらしい。 前作はにスポットが当てられていた部分もあったが、今作では今作ではにが当てられている。 第7巻から第2部に入り&組が第1部の漆葉&から条幕と是臼矢に変更されるが第1部のは引き続き登場する。 に際しての前作『』と『東京ESP』のの連載が発表されを開始した。 (後述) 発売の号にて進行中と発表された。 そしてに続報が発表され・が発表され、からまで全系局にて放送された、の第1巻から第6巻までの第1部を描いた、全12話。 あらすじ ある日の夕方を見上げると数ののが泳いでいてるが体に入るとが使えるようになっていた……。 登場キャラクター 主人公サイド(第一部) 漆葉(うるしば りんか) - 本作のでの。 なので。 が貧しいのでをしている。 は透過。 前作『』の忌野に似ている。 東 ( きょうたろう) - 本作ので2年生。 ・の名で人助けをしておりESPによる人助け「計画」を提唱している。 一人暮らし。 は「」。 漆葉胆(うるしば ) - ので元。 は物を念で集めてしまう。 姿は前作『』のに似ている。 を危険なに合わせるを良く思っていない。 小節(くろい こぶし) - の生まれで、最初はESPのを窃盗にしていたは化。 腕っ節が強い。 胆に救われたことから、彼を「オジサマ」として慕っており、いつの間にかに。 山(えどやま ) - で、とは死別しがいるががなため苦労が耐えない。 最初はがなかったものののたくらみによってを取り入れを獲得。 はリー。 養老師(ようだにろうし) - 元南役の格闘なためドウの知り合い。 普段はのを被っているが中身は某SWのに似ている。 は半径10kmの。 攻撃をよく行う。 大歩(おおぞら む) - 老師の子で。 姿&でがひどく姿だが姿と摘されるとキレる。 はで将来を期待されているため老師に関わることを思っていない。 予知はあらゆる可性の数後を一で予知&分析できる予知。 超能力解放戦線 (きょ) - 本名は、東 北斎( ほくさい)。 とある的のためESPを利用した活動を行う。 の養での実のとは研究だった。 東美奈美は実。 東 美奈美( ) - ので、とは同然の仲。 の事情を熟知しており身を呈してのやることに従う。 とつるむについては快く思っていない。 格之進() - の部下で「哀」ののを被っている大柄の男。 (くろい こづき) - 小節の。 と敵対しており、督を狙おうとを出しために解放戦線に加入した。 その他 警部(なべしま) - 胆の元部下。 独断で部下を動かし、へ任意同行をめる。 部下の女の釜田ツユ( - )と二人組で活動していることが多い。 山(えどやま) - の。。 との感を悩んでいる。 田(ほとけだ) - 山の組織下だった。 を得たことにより反乱を起こし…。 良山(めらやま) - 田の部下でので炎を操る者でのを燃やした本人。 胆とは面識がある。 助(すけさぶろう) -。 大麗亜 - 歩ので。 の急先鋒。 ケイ - 胆が行きつけのの店。 胆のが燃えた際に身を寄せることを戸惑いながらしてくれるなどいい人である。 リニエ - の両親がに研究・調に訪れたさいの世話をするとして雇われた。 の両親の死後もと一緒に過ごしていたが…。 第二部のキャラクター 条幕 (じょうまくれん) 第二部の。 ESPが発現したことによりられとなっていたがESP学園が開設されたことにより、を脱しESP学園にする。 実は歩と。 是臼 矢(ぜうすてつや) 第二部より登場。 ESP学園にしてきた。 実は官で潜入捜官としてしてきた。 作中で、と東京ESPが同じ観を持つ事にされた。 は1巻と東京ESPの1巻が重なり合っている。 は限定版1巻の特典として収録され、後にには単独販売もされた。 あらすじ るを追うためとは、とあるのに迷い込んだ所、調・除霊のためにを訪れた対策室にとして2週間のと。 鉢合わせしたさい恐怖のために霊と勘違いしてがを切りつけてしまうが・・・。 アニメ より他全系局にて放映された。 配信はと・ストアのみでにおいて配信の予定はない。 に『』ののと()と()が掲載されている。 なんと、第1話にととが登場し、にに登場した特戦一課の人やのも登場しているというが行われた。 スタッフ 前作『』のにに関わっていたが参加している。 ちなみに11話の協としてが参加していた。 (太字はに少しでも関わっていた)• 統括:剛• :はじめ(連載/・刊)• :滋仁• 脚本:・ ・靖子• : 満• ップ:拓哉• 美術:了香• 美術設定:沙• 設計:油ゆみ• 撮:智之• :倫基• 編集:野仁• : 倉裕宗• 担当: 好美• :0:• :楽音舎• :n ()• : ()、吉江成()• エグゼクブ:• :巨規• :[東京ESP] 主題歌 どちらも『』の挿入歌に参加していた・である。 この2者の組み合わせはと同一。 『救世ギョロス』• 第4話『 』• はじめ• 外部リンク•

次の