アルティメット スカー バスター。 安全・簡単にアルバスつきスロ5武器を作る方法 赤武器で攻撃+100盛り

アルティメットスカーバスター

アルティメット スカー バスター

コンテンツ [] 概要 の必殺技。 の姿勢から、更に相手の首を足で三角絞めのように絡めた改良技で、首のフックが甘いという弱点を克服し、三角絞めの効果を加えて首へのダメージも大きくなっている。 完成度は高く、一部のキン肉バスターの回避技の通用しない強力な技。 後述のアルティメット・阿修羅バスターに破られるまで、「バスター中のバスター」と注目され恐れられていた。 派生技・関連技 の派生技・関連技については、を参照。 アルティメット・阿修羅バスター アルティメット・アシュラ- 通常の阿修羅バスター同様、6本の腕で相手の両手足を固めた後、更に両足で首もフックする。 阿修羅バスターと改良阿修羅バスターの欠点を克服した最強の阿修羅バスターで、絶大な威力を誇る。 最初に使用したのは息子のシバに対してであり、彼を死に至らしめた事で再び悪魔超人に戻る切っ掛けとなった技である。 スカーフェイスの「アルティメット・スカー・バスター」よりも、より究極に近い美しさと破壊力があるということでこの名が付けられた。 も参照。 使用者• (派生技・関連技のアルティメット・阿修羅バスターを使用) 脚注• ゆでたまご「"究極技"が"究極技"に散る!? 」『キン肉マンII世 25』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉、2004年3月24日、、219頁。

次の

アルティメットスカーバスター

アルティメット スカー バスター

コンテンツ [] 概要 の必殺技。 の姿勢から、更に相手の首を足で三角絞めのように絡めた改良技で、首のフックが甘いという弱点を克服し、三角絞めの効果を加えて首へのダメージも大きくなっている。 完成度は高く、一部のキン肉バスターの回避技の通用しない強力な技。 後述のアルティメット・阿修羅バスターに破られるまで、「バスター中のバスター」と注目され恐れられていた。 派生技・関連技 の派生技・関連技については、を参照。 アルティメット・阿修羅バスター アルティメット・アシュラ- 通常の阿修羅バスター同様、6本の腕で相手の両手足を固めた後、更に両足で首もフックする。 阿修羅バスターと改良阿修羅バスターの欠点を克服した最強の阿修羅バスターで、絶大な威力を誇る。 最初に使用したのは息子のシバに対してであり、彼を死に至らしめた事で再び悪魔超人に戻る切っ掛けとなった技である。 スカーフェイスの「アルティメット・スカー・バスター」よりも、より究極に近い美しさと破壊力があるということでこの名が付けられた。 も参照。 使用者• (派生技・関連技のアルティメット・阿修羅バスターを使用) 脚注• ゆでたまご「"究極技"が"究極技"に散る!? 」『キン肉マンII世 25』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉、2004年3月24日、、219頁。

次の

アルティメット・スカー・バスター

アルティメット スカー バスター

ドリーム小説 かの有名なキン肉バスターの体勢になったスカーフェイスに、あちこちから驚愕の声が聞こえる。 あれはキン肉バスターの改良型ではなく、間違いなくスカーフェイスオリジナルの必殺技だと。 自身もあれこれと考えてはいた。 キン肉バスターを使うと、自分では体格的に威力が弱まるのと、首を抜けられてしまう可能性がかなり高いので改良を加えなんとかものにしようとしていた時期があったが、それでも自身の体格と力不足で補えない所があり歯噛みしたのは少なくない。 だがあれならどうだ?自分でもできる範囲の技。 たとえ猿真似野郎と言われても最強を目指すは技に貪欲だった。 だからこそ、今までの知識から分かるアルティメット・スカー・バスターの威力の高さ。 着地の衝撃でリングは壊れ、キッドに完全に技が決まる。 力無く壊れたリングに倒れ込むキッドに協会の者が呼び掛けるが、キッドは完全に失神し、誰から見ても危険な状態だと分かり担架で運ばれていく。 高らかに宣言されるスカーフェイスの勝利だが、スカーフェイスは気絶したキッドに蹴りかかる。 幼い頃から悪事に身を染めてきた。 だからこそ分かる正義と悪の概念の違い。 ジェイドの言うことも最もだが、それでは通用しないのが世の中。 ただ無表情でスカーフェイスとジェイドの言い争いを聞いていたは委員長の話すら聞き流し、物思いに耽っていた。 辺りが興奮で騒がしく鳴る中、頭上から巨大なフィギュアブリスターケースが姿を現した。 中にあるのは精巧な等身大フィギュアかと思われていたが、驚くべき事にその中にいたのは本人だった。 その中から優雅に現れたのはクリオネマン。 女性ファンからプレゼントを受け取るクリオネマンに対して万太郎は間抜けとしか言い様がない現れ方。 続いて降りてきたのはオーバーボディに身を包んだスカーフェイス。 だがそれが真っ二つに割れ、中から生身のスカーフェイスが現れる。 そのまま用意された椅子まで一直線に進み、ファンには一瞥をくれただけで椅子に座る。 そしていまかいまかとジェイドの登場を待つ一同の期待に反して、現れたのは謎の男。 会場は一瞬にして騒然としたが、軍帽を被った事でその人物がはっきりした。 「あぁ、ブロッケンJr. ーっ!」 「ブ、ブロッケンJr. 「どうして伝説超人のブロッケンJr. はそのまま本来であればジェイドが座るべきであろう椅子に座り、ミートと数十年ぶりの再開に笑みを浮かべる。 だがその後委員長との間に険悪な雰囲気が流れる。 に掴みかかるが、ブロッケンJr. はその腕を難なく絡めとり、一同が驚愕に目を見開くであろうセリフを放つ。 はスカーフェイスの腕を離し、舞台上のスクリーンに視線をやるよう促すと、スクリーンには山籠りの特訓をするジェイドが写し出された。 今日は朝からを見かけていない。 確か今日の記者会見での事も話すから来いと言われていたのに。 会場をさらっとだが見る限り、あの姿は見当たらない。 しかしまぁそのうち来るだろうと思っといたスカーフェイスだが、その考えは甘かった。 だが朝からスカーフェイスやジェイド、クリオネマンのファンに追いかけ回され、そろそろキレそうだった。 二期生で、特にスカーフェイスと仲が良さそうだと言う事から根掘り葉掘り聞きまくられそうになったのだから当然といえば当然である。 「あーぁ、記者会見まだ終わんねぇのかよ。 ったく」 実はその頃ジェイドとブロッケンJr. の出会いの話をしていて、しかもはベルリンの赤い雨を見逃していたのだからかなり勿体無い事をしたと後に嘆く。 仕方無しにはビルの屋上に向かって駆け登り、そこでごろりと横になった。 終わればスカーから電話があるだろうと。 は申し訳無さそうに答える。 だが立派な正義超人を育てた事で誉められ礼を言うブロッケンJr. をスカーフェイスは笑う。 そしてふと先程浮かんだ疑問を口にする。 「なぁ、今日はも記者会見出るはずだったよな?」 「おぉ!そうであった!」 すっかり忘れていたと委員長は声を上げ、咳払いの後マイクを手にする。 「実は今日、二期生の一人をご紹介したいと思い、席を用意させてもらいました」 残っていた椅子はそのためのもので、という名前に記者は質問を投げる。 「二期生のさんは何故今回の入れ替え戦に出場なさらないんですか?」 「それを含めて説明したいと思っております」 そしても同じように登場するのを会場は静かに見守るが、一向に現れる気配がない。 ざわつき始めた会場に、一人の係員が現れる。 やっぱりやりやがった。 数コールの後電話に出たは何故か眠たげな声色。 そんな空間の中で電話するというのは流石のスカーフェイスも話しづらいものがあったが、委員長に促されて再び口を開く。 はひくりと顔を引きつらせる。 『だって俺試合でねぇんだぜ?記者会見出たって意味ねーし、暇だし』 「だからお前の実力を見せるために試合を用意した事を伝えるのも含めて記者会見に来いといったんじゃ」 『は?マジ?じゃあ行くわ』 意外とあっさり来ることを承諾したはそういうとすぐに電話を切る。 それから少しもしないうちに会場入り口から姿を現したに視線が浴びせかけられ、ファンから黄色い声が沸き起こり、プレゼントを差し出されるが、はそれを一瞥しただけで、ステージに上がり椅子に座ろうとした所で委員長から拳を受ける。 「いってぇな!何しやがる!」 「あれほど言っただろう!絶対に来いと!」 「はぁ?なぁ〜んで俺がテメェに行動決められなきゃなんねぇんだよ」 思い切り睨まれ、その眼光に思わず竦み上がった委員長は溜め息を吐くと再びマイクを取る。 「このですが、総合力ではジェイドに劣りますが、HF一の実力者なので、今回に入れ替え戦は欠場としましたが、このの実力を知りたい方もいるでしょう!そこで余興になってしまいますが、の試合を組ませてもらいました!」 「おい委員長サン!んな事どうでもいいからさっさと俺の相手教えてくんねぇかな?」 不遜な態度でにやりと笑うに、突然ジェイドから怒号が入る。 『!何度も言うが失礼だぞ!少しは礼儀を身に付けろ!』 「あぁ?俺が礼儀を払うのは俺だーけ。 つかお前どこいんだ?」 『レーラァに言われて山籠りだ』 「は?レーラァ?」 ステージに立つ人間を見渡し、明らかに年上の超人を見つけ軽く目を見開く。 記憶違いでなければ、あれは間違いなく伝説超人の一人、ブロッケンJr.。 「おいジェイド!てめぇブロッケンJr. のシューラァだったのか?」 『あぁ。 いいだろ』 「死ねクソメット」 だからベルリンの赤い雨が使えたのかと一人納得した後思い切りジェイドを睨んみ、委員長に続きを言うよう促す。 せっかく試合を用意してもらったというのに。 首を傾げたスカーフェイスにはわざとらしい溜め息を吐く。 「いやぁ別にぃ?万太郎センパイと闘いたかったなぁ〜?なんて思ってねぇしぃ〜?」 「なぜわしを見ながら言う」 「元々テメェが俺を除け者にしたんだろーが」 今にも暴れだしそうなをクリオネマンが宥める。 二期生一の問題児であるに名指しで闘いたいと言われた万太郎は泣き声を言っていたがそれどころではない。 しかも本人たってのご希望だ。 それだけでこの除け者にされた一件は水に流してもいいと思えるほどのものとなった。 「じゃ、バッファローセンセとのガチバトルってのはしっかり聞いたから俺は帰る」 「ざけんなバカ」 椅子から立ち上がったところをスカーフェイスにひょいと担ぎ上げられ再び戻る。 それには舌打ちをするが、諦めたのか足を組んで退屈そうな表情を浮かべた。 会見はまだ終わりそうにない。 あとがき 短め。 最初は一期生のうち誰かにしようかとも思いましたがあまり理解していないのでボツ!.

次の