高額 医療 費 控除 申請。 高額医療・高額介護合算療養費制度とは?

高額療養費と医療費控除の違いと手続き [確定申告] All About

高額 医療 費 控除 申請

もくじ• 税金が安くなる?医療費控除とは 医療費控除とは 税金に関する制度で、簡単に言ってしまうと 税金が安くなる制度です。 具体的には、1月1日から12月31日までの間に自分や家族のための医療費を一定額以上支払った場合、確定申告をすることでその一定額以上の金額が所得から控除され、所得税の還付・住民税の減額が受けられます。 いくら所得から控除されるかは以下の計算式で表されます。 お金が戻ってくる?高額療養費制度とは 高額療養費制度とは 公的医療保険制度のひとつで、簡単に言うと ある一定金額を超えて支払った医療費が戻ってくる制度です。 具体的には、毎月1日から月末までの間に支払った自分や家族のための医療費のうち、年齢や所得に応じて定められた一定の金額を超過した部分が後から支給されます。 70歳未満の方 例えば、年収が500万円で、ある月に支払った医療費が30万円だとします。 健康保険を適用し3割負担で計算して支払った医療費が30万円とすると、元の医療費は100万円ということになります。 そこで、以下の数式から自己負担額は87,430円となり、差額の212,570万円があとから戻ってきます。 高額療養費制度と医療費控除の併用 すでに見てきたとおり、高額療養費制度と医療費控除はまったく別の制度であり、 それぞれを併用することは可能です。 具体的には、毎月の医療費が一定の金額を超えた場合には高額療養費制度を活用し、差額を還付してもらいます。 次に、1年間にかかった医療費を計算し医療費控除を申請することになりますが、その際には高額療養費制度を活用して還付を受けた、もしくは受ける予定の金額を医療費から差し引くことになります。 例えば年収500万円の人がある年の9月にガンで入院し、その月の医療費が100万円(窓口負担3割:30万円)かかったとします。 また、10月以降も通院治療の必要があり、10月から12月まで毎月100万円(窓口負担3割:30万円)づつ医療費がかかったとします。 ただ、ガン保険に加入していたため、10万円の給付金を受け取ったとします。 この場合、高額療養費制度の適用を受け、毎月の自己負担額が87,430円となり、差額の212,570円が戻ってきます。 さらに4回目からは『多数回該当』として自己負担額が44,400円になりますので、12月分としては255,600円が戻ってくることになります。 高額療養費の計算の際には、すでに述べたとおり保険金等(ここではガン保険の10万円)を考慮する必要はありません。 高額療養費制度でおさえるべき3つのポイント 高額療養費制度においておさえておきたいポイントは2つあります。 1つ目は限度額適用認定証です。 これは、医療費が高額になると思われる場合に事前に認定を受けることで、窓口での支払額が自己負担上限額までになるというものです。 高額療養費制度における医療費の還付は通常3ヶ月程度かかります。 その間、一時的にでも高額な医療費を負担しなければならず、場合によっては借金等をしなければならない場合もありえます。 そこで、この認定を事前に受けておけば、窓口での支払いを自己負担上限額までとできるため、負担を軽減することができます。 2つ目は、月毎(1日~末日)に計算がされる点です。 例えば、1回の入院で20日間入院したとすると、それが同月内なのか、月をまたぐかによって実際に負担する金額が変わってくることがあります。 入院するという場合の多くはすぐに治療の必要があると思われるため、期間を調整して入院することは難しいかもしれませんが、 1日~末日という期間を意識することで高額療養費制度をより有効に活用することができます。 そして3つ目は、対象外となる医療費があることです。 高額療養費は健康保険の制度であるため、保険適用外の自費診療にかかる費用は対象外となります。 さらに、入院時の食費や日用品代、差額ベッド代も対象外となります。 特に、大部屋以外に入院した場合にかかる差額ベッド代については、1日あたりで数千円から1万円以上かかる場合もあるため注意が必要です。 【スポンサーリンク】 医療費控除でおさえるべき3つのポイント 医療費控除でおさえておきたいポイントは3つあります。 1つ目は、同一世帯の医療費を合算することができるという点です。 1人分では金額が足りないという場合に、配偶者、子ども等に対してかかった医療費もすべて合算することもできます。 ただし、合算することができるのは同居している親族や、仕送り等で生計を立てている子ども等に限られる点には注意が必要です。 2つ目は、誰が申告すべきかを慎重に判断するということです。 通常、家族の中で最も所得が高い(所得税率が高い)人が申告を行うことが一番税金が安くなると思われがちです。 しかし、夫婦の一方が所得が低く、総所得金額が200万円未満の場合などは逆転現象が生じる場合があります。 例えば、夫の総所得金額が300万円、妻の総所得金額が100万円の場合で、医療費が20万円かかったとします。 3つ目は、医療費控除の対象となる費用は意外と幅広いという点です。 医療費控除の対象となるための要件は、簡単に言えば、『医師等の専門家に診てもらっていること』『病気や怪我等を治療するために必要なものであること』の2つです。 具体的に言えばきりがないですが、病院での診察や薬局・ドラッグストアでもらうお薬にかかる費用等が対象となります。 また、病院に行く際の交通費についても対象となります。 基本的にはバスや電車等が対象となりますが、その場合は利用したことの証である領収書等がありませんので、エクセル等でまとめて記録しておくことで対象とすることができます。 一方、対象とならないものの代表例としては、 美容を目的とした施術(歯列矯正やホワイトニング等)等があります。 また、 入院時の差額ベッド代や食費・日用品費なども治療のために必要なものとは言えない為、原則として対象外となっています。 領収書等はまめに保管しておくこと! 高額療養費制度と医療費控除について述べてきましたが、ともに活用することで大きなメリットがあります。 とはいえ、どんな費用が対象となり、いくら税金が安くなる・医療費が戻ってくるといった、詳細な内容については覚える必要はまったくありません。 難しく考えず、ポイントをおさえた上で、領収書等をまめに保管することが重要です。 あとは素人判断はせず、担当である税務署や加入している健康保険の方に詳細は問い合わせるようにしましょう。

次の

医療費控除はいつまでさかのぼって申告できるか?過去分の確定申告のやり方 [経理で働く・転職する] All About

高額 医療 費 控除 申請

最新記事 高額医療の概要 <有効期間(時効)> 高額医療に関しては、診療を受けた月の翌月1日から2年間は有効である。 ただし、診療費の自己負担金を診療月の翌月以降に支払った場合は、支払った翌日から2年間となる。 この期間を過ぎてしまった場合には、時効によって高額医療を還付してもらえる権利が消滅してしまう。 <限度額の計算> 高額医療の限度額は、とても複雑である。 限度額の計算方法は、所得によって3段階にわかれている。 上位所得者・一般所得者(上位所得者以外の世帯)・住民非課税所得者の3段階である。 12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受けた場合は限度額の計算方法が変わってくる。 また、一人の自己負担額が高額医療の限度額以下であっても同一世帯で合算して高額医療を請求することができたり、同一の医療機関でも診療科ごとに別々に計算する場合・同一の医療機関でも入院と外来は別々に計算する場合などもあるので注意が必要である。 高額医療と医療費控除の違い ・医療費控除 医療費控除というのは、確定申告で税務署へ申請するものであり、1年間で一世帯の医療費の支払いが10万円以上あった場合に、申告することができる制度である。 手続の方法としては、1年間に受け取った医療機関の領収書を、税務署へ提出する。 医療費控除の計算では、保険適用外のものも含まれるし、交通費も含まれるが、気をつけないといけないのは、保険金(給付金)は医療費から差し引く対象となるということである。 つまり、高額医療で還付された分は、医療費から差し引く計算になるのである。 勘違いしている方の中には、高額医療も年末に申請すれば良いと思っている人も多いようである。 高額医療と医療費控除の違いとしては、申請先の違いが大きい。 あとは、医療費控除は税金、高額医療は保険が還付されると考えるとわかりやすいでしょう。

次の

ネットでできる!医療費控除のカンタン申請方法

高額 医療 費 控除 申請

高額医療費の還付制度は、医療費の自己負担分をまずはいったん支払い、その後国保担当窓口や一般健保の窓口などで申請することで自己負担の限度額を超えた金額の還付を受けられるというものです。 この制度はまず先払いしなければいけないという負担がある上、申請から還付が支払われるまで3? 4ヶ月を要するので、患者さんにとっては一番辛い時期に大きな経済的負担がかかるという問題点がありました。 また、高額医療費制度は医療機関にとっても未収金が多くなるというデメリットがあります。 これらの問題点を解決するシステムが、高額医療費の事前申請です。 高額医療費の事前申請とは何か 高額医療費の事前申請とは、「限度額適用認定証」を医療機関の支払い時に提示することで、限度額以上の支払いをしなくても良いようになるというシステムです。 限度額適用認定証の事前申請の手続きは、非常に簡単です。 一般健保(会社や組合の保険)の場合は社会保険事務所、国民健康保険の場合は自治体の国保担当窓口に印鑑と保険証を持参すれば、誰でも申請することができます。 入院や大きな手術などで高額医療費が予想される場合、入院してからでも間に合う可能性が高いので、ただちに申請することをお勧めします。 高額医療費の事前申請の適用範囲 高額医療費の事前申請が適用されるのは、「保管の適用内」の治療です。 入院・通院費用、医師による処方箋を用いて薬局で薬を買う費用などがこれにあたります。 ただし、入院費用や通院費用のうち、差額ベッド代や食事代、自由診療扱いの検査や治療は該当しません。 具体的にどのような治療や検査が当てはまるのかわからない場合は、病院のソーシャルワーカーや各保険担当窓口に個別に聞いてみましょう。 事前申請の場合の限度額はどうなるのか 高額医療費の事前申請の場合の限度額は、通常の高額医療費の還付と同様です。 一般世帯の場合は80100円が限度額となっておりますので、事前申請している場合は支払い窓口で80100円以上請求されることはありません。 ちなみに高額医療費は1年間に4回以上適用があった場合、限度額の金額が下がります。 一般世帯の場合は44400円となります。 高額医療費の事前申請で注意すべき点 高額医療費の事前申請は、月別、診療科別、病院別、入院・通院別で行う必要があります。 1年間に4回以上高額医療費の適用がある場合は限度額が下がると申し上げましたが、これは1つの医療機関を利用した場合です。 複数の医療機関を利用した結果、適用が4回以上となった場合は、各保険事務所に自ら申請しなければなりません。 高額医療費の事前申請が適用されない場合は医療費控除を利用しよう 入院や通院の際は、保険適用外の経費も馬鹿になりません。 交通費や大人用のオムツ代など、高額医療費に含まれない(=保険適用外)の出費があった場合は、確定申告の際に医療費控除を申請しましょう。 申告年度の1月? 12月に、世帯で合計して10万円以上の医療費の出費があった場合、医療費控除が可能です。 医療費控除は各保険窓口ではなく、税務署での申請(例年2月中旬? 3月中旬)となります。 レーシックやインプラント、自由診療扱いの検査なども控除の対象になりますので、医療費の領収書は忘れずにとっておきましょう。

次の