デスクトップpc イヤホンマイク。 Windowsパソコンのイヤホンジャックから音が出ない。

【解決】PCのイヤホンジャックが認識しない場合の対処方法

デスクトップpc イヤホンマイク

Discordアプリを再起動します。 Discordアプリを再起動したら、画面左下にある歯車アイコン(ユーザー設定)をクリックします。 設定画面が表示されます。 左のリストの中から「音声・ビデオ」をクリックします。 音声・ビデオの設定項目の中から「入力感度」の項目を探します。 「入力感度を自動調整します。 」の右にあるスイッチがオフになっている場合はオンに切り替えます。 「入力感度を自動調整します。 」の下にあるバーを見ながらマイクに向かって喋ります。 バーが緑色に光れば問題なくマイクが認識されています。 喋ってもバーに変化がない場合は、マイクの音量が小さすぎるかマイクが認識されていないため、設定の見直しが必要です。 マイクが認識されない時の対処法 マイクテストを試してもバーが緑色に光らない場合は、Discordにマイクが認識されていないことが考えられます。 多くの場合、トラブルの原因はマイク側の機能や設定、またはDiscordアプリの設定・環境のどちらかに問題があります。 一通り見直しても思いつく原因が思い当たらなければ、考えられる対処法を順に試していきましょう。 Windowsでマイクを認識できているか確認 Discordのアプリ側でマイクを認識できていない場合、まず問題の切り分けを行うため、Windowsでマイク機能が使えるかどうか試してみてください。 Windows10でマイクの音声認識を確認するには以下の手順で操作します。 タスクバーの「スピーカー」アイコンを右クリックします。 「サウンドの設定を開く」をクリックします。 サウンド設定の画面が開くので入力の「マイクのテスト」のインジゲーターを確認します。 Windowsで正しく音声を認識していれば、インジゲーターに青色でボリュームが表示されます。 マイクの接続、Discordの設定変更でマイクを認識しない場合は、を試します。 マイクを再接続する 以下の点に気をつけながらマイクを正しくパソコンに接続し直します。 参考: Discordの再起動・再ログイン Discordのアプリエラーでマイクを認識できていないケースもあるので、一旦アプリを再起動してみましょう。 Discordはバックグラウンドで常駐しているので、完全に終了してから起動するようにして下さい。 Discordを完全に終了するには、タスクバーから「Discord」のアイコンを右クリックして「Quit Discord」をクリックします。 終了したら再度Discordを起動します。 また、ログアウトが有効なケースがあります。 Discordアプリを管理者権限で実行する アプリを管理者権限で実行しないとデータの送信に不具合が発生することがあります。 以下の手順で操作し、Discordアプリが管理者権限で実行されるよう設定し直します。 Discordアプリを一旦終了させます。 Discordアプリのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択します。 プロパティウィンドウが開きます。 「ショートカット」タブをクリックします。 ウィンドウ右下の「適用」をクリックしてから「OK」をクリックし、ウィンドウを閉じます。 ショートカットをダブルクリックしてDiscordアプリを起動します。 Discordアプリのショートカットが作成されていなければ、まずDiscordアプリのアイコンを右クリックし、「ショートカットを作成」を選択してアプリのショートカットを作成します。 通常はDiscordインストール時にデスクトップ上にアプリのショートカットが作成されます。 マイク機能のアクセス許可設定を変更する Windows10のパソコンを使用している場合、OSのセキュリティ機能によってアプリにマイクを使用する権限が与えられず、マイクのトラブルが発生することがあります。 以下の手順で設定を見直してみてください。 タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックします。 スタートメニューから歯車アイコンをクリックします。 設定ウィンドウが開きます。 「プライバシー」をクリックします。 ウィンドウ左のリストから「マイク」をクリックします。 「アプリがマイクのアクセスできるようにする」の項目をオンに切り替えます。 マイクのドライバーを再インストールする マイクのドライバーが正しくインストールされていないと、Discordで音声を認識しないケースがあります。 特にWindows10にアップデートしたパソコンでは、汎用のドライバーが自動的にインストールされてしまい、マイク機能が正しく動作しないことがあります。 インストールの手順は、マイクの機種によって異なるため製品マニュアルなどを参考にセットアップして下さい。 どうやってもマイクを認識しない場合は? ここまでの対処を行ってもDiscordがマイクを認証しない場合は、公式のヘルプセンターから問い合わせをしてみましょう。

次の

デスクトップPCにイヤホンマイクをつなげるときの注意点

デスクトップpc イヤホンマイク

次にメニューの『テーマ』から『 サウンドの詳細設定』を選択してください。 すると以下の様なサウンドプロパティのウィンドウが出現するので、 イヤホンを挿した状態の時にサウンドタブのサウンド設定が『 Windows 標準』になっているかを確認してみてください。 もしイヤホンを挿している時にこの項目が『サウンドなし』になっている場合は、この項目が音の出なかった原因ということになるので、『Windows標準』を選択した後『適用』をクリックしてウィンドウを閉じてください。 サウンドドライバの確認 もし上記の『サウンドプロパティ』を確認して問題が解決しない場合、続いて『サウンドドライバ』を確認してみます。 まずスタートメニューから『デバイスマネージャー』を起動してください。 すると以下のようなウィンドウが出現するので、『サウンド・ビデオ、およびゲームコントローラー』から『 Realtek HW Audio Codec』を右クリックし、プロパティを開いてください。 プロパティの最初の画面にオーディオドライバの状態が表示されています。 ここに『このデバイスは正常に動作しています。 』の表示が出ていることを確認してください。 もし正常に動作していない場合は、『ドライバー』タブから『ドライバーの更新』を選択し、正常なドライバーをインストールしなおしてください。 ただ、正常に動作していると表示された場合でも不具合が起こっている可能性があるので、その時は『ドライバー』タブの『削除』を選択してドライバーをいったん削除し、PCメーカーのホームページなどで配布されているオーディオドライバーを再インストールしてみてください。 念のため、をとっておいた方が良いかもしれません。

次の

[Windows10]イヤホンを挿してもPCが認識しない場合の対処法について簡単に解説!

デスクトップpc イヤホンマイク

次にメニューの『テーマ』から『 サウンドの詳細設定』を選択してください。 すると以下の様なサウンドプロパティのウィンドウが出現するので、 イヤホンを挿した状態の時にサウンドタブのサウンド設定が『 Windows 標準』になっているかを確認してみてください。 もしイヤホンを挿している時にこの項目が『サウンドなし』になっている場合は、この項目が音の出なかった原因ということになるので、『Windows標準』を選択した後『適用』をクリックしてウィンドウを閉じてください。 サウンドドライバの確認 もし上記の『サウンドプロパティ』を確認して問題が解決しない場合、続いて『サウンドドライバ』を確認してみます。 まずスタートメニューから『デバイスマネージャー』を起動してください。 すると以下のようなウィンドウが出現するので、『サウンド・ビデオ、およびゲームコントローラー』から『 Realtek HW Audio Codec』を右クリックし、プロパティを開いてください。 プロパティの最初の画面にオーディオドライバの状態が表示されています。 ここに『このデバイスは正常に動作しています。 』の表示が出ていることを確認してください。 もし正常に動作していない場合は、『ドライバー』タブから『ドライバーの更新』を選択し、正常なドライバーをインストールしなおしてください。 ただ、正常に動作していると表示された場合でも不具合が起こっている可能性があるので、その時は『ドライバー』タブの『削除』を選択してドライバーをいったん削除し、PCメーカーのホームページなどで配布されているオーディオドライバーを再インストールしてみてください。 念のため、をとっておいた方が良いかもしれません。

次の