じゃ の ひれ キャンプ 場。 淡路島「じゃのひれ」でキャンプ&釣り計画!

淡路じゃのひれオートキャンプ場 施設紹介

じゃ の ひれ キャンプ 場

レポ遅くてすみません。 高速代の節約にもなりますし 下道&山麓バイパスを利用して、直接神戸淡路鳴門自動車道へ向かいます。 特に混雑もなく、布施畑インターまで、約30分ほど。 ルート選択は正解でした 阪神高速神戸線西行が渋滞の時は、このルートお勧めです 神戸淡路鳴門自動車道を一路南へ 道中、何台ものキャンカーを見かけます。 どんな人が乗ってねんやろうと、キャンカーの横を通過する際は、常に夫婦二人でガン見 もし、視線を感じられた方がおられましたら、この場をお借りしてお詫び申し上げます あっという間に、西淡インターに到着。 ETC休日割引で、 1800円でした。 思った以上に 安い その後の下道もすいすいと、 13時過ぎにはキャンプ場に到着しました。 早速、 JAFカードを握り締めて受付へ。 キャンプ場の説明を聞いた後、料金を支払います。 JAF10%割引の恩恵で、 4050円(電源込み)を支払い、手続き完了。 サイトは、自由に選んでいいとのことでしたので、そのまま車で下見に行きます。 既に4組の方が居られました。 う~ん、 お湯の出る気配はなし・・・・ ふと管理棟の方を見ると、なんとなく給湯器の様な物が見えます そこで少し入り口方向に戻ったところのサイトに決め、設営を開始しました。 まずはテントということで、あっしゅんたちはオートサイトとつながった芝生広場に放牧し、家長(奥様)と二人で取り掛かります。 最初のセルフスタンディングテープ固定のペグ打ちは、仮固定みたいですね。 そこでしっかり打ち込んだせいで、引っ掛けにくかったのかなと自己分析してます。 一応不測の事態に備え、「ツレルンジャー」という、浮き&針のみという超簡易型釣りセットを持ってきてましたので、とりあえず管理棟に行ってみます。 さすが海のそばのキャンプ場。 ありましたよ、釣り餌が!!! こちらの売店には、炭やボンベなどのキャンプ用消耗品の他に、多少の釣りグッズも置いてあり、手ぶらでも簡単な釣りは楽しめるようになってました。 冬の波止釣りの過酷さ(ぜんぜん釣れない)のはよく知っているので、一番安い餌であったあみえび(確か500円程だったと思いますが・・・・)を買います。 そこで管理人のおばちゃんが、 「つれるといいねえ。 さっきの人はベラが何匹か釣れたっていってたよ。 」とのこと。 こちらはいかんせんリールすらないので、投げることもあたわず、まったく釣れる気がしません。 しかしながら、あっしゅん&家長(奥様)は、がぜん期待に目を輝かせます。 とりあえず、スズメダイでも引っ掛けに行くつもりで、テクテク波止場へ行きました。 5分程で波止場に到着 めっちゃ近いです! 普通の波止ですが、この近さはまさに釣り場併設キャンプ場といった感じです。 う~ん、サビキとかエギング の季節の連れてきてあげたい・・・・ 水面をのぞくと、一応スズメダイかな?小魚はいるようです。 準備して餌を付けて、釣り開始 全く釣れません 小魚は一応餌をつついているんですが、針が大きすぎてかかりません。 やはり、ブルーギルの様にはいきませんでした・・・ 家長(奥様)は食事準備とのことで先にサイトに戻り、チーム男子で小一時間程釣りを楽しみ?ました。 サイトに戻ると家長(奥様)が、「一応お湯は出るけど、すごいで(笑)・・・」とのこと。 やかんのお湯くみついでに、確認に行きます。 そのまま身支度して、ちょっと早めの21時就寝となりました 二日目へ続きます。。。。

次の

フィッシングパーク

じゃ の ひれ キャンプ 場

利用者のブログ・キャンプレポート 淡路じゃのひれオートキャンプ場 の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。 キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。 施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。 (なるべく実際の利用月を表示しています) ブログピックアップ更新:2020年03月11日• SNSでの評判 (インスタグラム・ツイッター) 淡路じゃのひれオートキャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。 (他の類似名施設と混在している場合があります)• ブログは利用日の近い記事や、わかりやすい記事をピックアップ キャンプ場の感想やレポート記事、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。 「キャンプ日記」「おでかけ日記」系のブログは、利用された日が近い記事をピックアップ。 2019年・2018年・2017年など、なるべく近年の記事をピックアップしたり、春・夏・秋・冬 季節のバランスもなるべく考慮するようにしています。 ファミリーキャンプやソロキャンプ、キャンプツーリング、自転車キャンプ、バイクキャンプなど、できるだけ幅広いスタイルの参考となるようにピックアップしたいと考えています。

次の

宿泊料金表

じゃ の ひれ キャンプ 場

綺麗で快適なウォシュレット付きトイレ 2日目の朝、車を見ると真っ白でした。 ちょっと気になったのでワイパーを持ち上げてみると、凍ってはなかったです。 2日目は朝ごはんでBBQをしてたんですけど、写真が一枚もない。 寒いのとお腹空いてたので忘れてたみたいです。 寒すぎたのでたき火をして暖を取ろうとしたのですが薪を外に出しっぱなしにしていたので、湿気て火が付きませんでした。 そんなわけであきらめてトイレへ。 外から見るとちょっと汚そうに見えたのですが中に入ると綺麗でした。 そして便座はウォシュレットでさらにあったかかったです。 ありがたいトイレですよね。 一緒に散歩してた犬たちはめっちゃ寒そうでした。 スポンサーリンク 洲本市のドッグカフェスマートでランチ 朝ごはんのBBQが終わってしばらくしたらお犬様孝行のために洲本市にあるドッグカフェに行きました。 意外に美味しかったキーマカレーと豊富なドッグメニューがある中々良いドッグカフェでした。 詳細は下の別記事をご覧ください。 温泉に行ってる間にテントに野良猫が侵入 ドッグカフェでランチを食べた後にっていう温泉に行きました。 どんな人でも浮き上がるジェット噴射とか言うお風呂がありました。 確かに僕も浮き上がりました。 でも100キロくらいだと無理じゃないか? そんな感じでのんびりお風呂に入った後はキャンプ場に戻ります。 戻ってきたらなんかタープ内でガサガサ音がします。 あれ?もう犬入れたっけ?と思いながら近づいていくと、横から白い物体が!? 昨日見かけた ネコがタープ内を物色して、犬のえさをガッツリ食べられました。 なかなかやるなあいつら。 キャンプ客は食べ物を持ってることを理解しているようです。 しかも人が居てないこともちゃんと分かってそう。 気を取り直して夜の準備です。 この日は夜から雨が降る予報だったのでテントをタープに収納しました。 パンパンです。 とりあえず作業スペースにキャノピーを立てました。 初めて もやい結びを使いました。 今までロープを適当に縛ってました 笑 真冬のキャンプでの煮込みラーメンはめっちゃ旨い そしてしばらくして晩御飯が出来上がりました。 煮込みラーメンです。

次の