妊娠 初期 胃 もたれ。 妊婦は胃薬を飲める?妊娠中の胃痛に市販薬を飲んでも大丈夫?

妊娠超初期症状の兆候今すぐチェック!もしかしたらデキたかも!

妊娠 初期 胃 もたれ

妊娠超初期症状の兆候は人それぞれ 妊娠に関わる兆候は、人それぞれ表れ方が違います。 それは、年齢や体型、遺伝、体質などひとりひとりの身体が違うからです。 場合によっては季節によって妊娠超初期症状の兆候が変化することもあります。 一概に、この兆候が現れたら妊娠超初期症状とは言い切れない部分があるのも事実です。 なぜ体調が変化するのか? 生理周期とホルモン分泌量の変化を見ると、周期のちょうど真ん中に来る排卵日後はエストロゲンに代わってプロゲステロン分泌量がぐっと増えます。 このプロゲステロンには体内に溜め込む作用があり、受精卵を子宮内に留め成長させるためには必要不可欠ですが、ただその性質によって、老廃物や余剰水分など便秘やむくみの原因となるものまで身体に溜め込んでしまうのが欠点です。 受精すると妊娠状態を維持させる為にプロゲステロン量は更に増加するので、それに伴う不快感が増えるのです。 妊娠超初期症状の時期は? 妊娠超初期症状は、排卵後受精卵が着床するまでの間に起こる不調を指します。 プロゲステロンの分泌量が増えるのが原因ですが、その点だけを見ると月経症候群と変わりません。 この時点ではまだ妊娠を決定付けるhCGホルモンが分泌されていないので、妊娠検査薬を使用しても陰性となります。 月経予定日後に吐き気・胸焼け・眠気などを急に感じるようになると、もしかして妊娠したかもしれないと早く確認したくなりますが、後1~2週間ほど待ちましょう。 この時期に妊娠検査で陰性だったからと、薬やアルコール・タバコを摂取してしまい、その後やっぱり妊娠だったと分かれば、お母さんの心配や不安は計りしれません。 その事態を避けるためにもフライング検査をしないよう注意しましょう。 さまざまな妊娠超初期症状の兆候 いつもの生理前と変わらない!? 妊娠超初期症状の兆候として見逃しやすいのが、生理前症状と酷似している場合です。 身体がだるくなったり、下腹部が重く感じたりと、毎月感じている生理前の症状と変わらないことがあるため、妊娠超初期症状の兆候と判断できない可能性があります。 生理前の症状と似ているけれど、いつまでたっても生理が来ないと思ったときは、妊娠超初期症状の兆候の可能性を考えてみましょう。 風邪と間違えやすい 生理前症状と同様、妊娠超初期症状の兆候と間違えやすいのが風邪症状です。 気だるさや熱っぽさなどから、ひきはじめの風邪と間違えられることもあります。 ただ、気をつけたいのは安易に風邪薬を服用しないということです。 妊活中の方なら、風邪っぽい症状こそ妊娠超初期症状の兆候の可能性があると考え、風邪薬を飲む前に妊娠の有無を検査するようにしましょう。 胃もたれを感じる いつもと同じように食べているのに、なんだか胃もたれを感じてしまう。 ときには気持ち悪さを感じることもある。 そんな場合も、妊娠超初期症状の兆候だと考えられます。 人によっては妊娠超初期の段階で、つわり症状が出る場合もあります。 もともとストレスなどで胃腸が弱いという方であっても、妊娠の可能性が考えられるのなら、単なる胃もたれではなく妊娠超初期症状の兆候と捉えましょう。 眠気が常につきまとう しっかり睡眠をとっているはずなのに、なぜか眠気が一日中つきまとう。 これも、妊娠超初期症状の兆候のひとつです。 お昼寝をしても、夜早めに寝ても眠気が襲ってくるのは、身体を休めようとする自然な働きでもあるのです。 妊娠超初期の頃は、まだ安定していない時期ですから眠気を無理に振り払おうとせず、ゆっくり休むことが赤ちゃんのためでもあるのです。 生理日を過ぎているのにまだ来ない、という時期に眠気を強く感じたら、妊娠超初期症状の兆候の可能性だと考えましょう。 食欲が増す いつもならお腹がいっぱいになるはずの量なのに、なぜか物足りない。 ついついご飯のおかわりをしてしまう。 食欲が増えるように感じたら、妊娠超初期症状の兆候の可能性があります。 食欲が増すということは、赤ちゃんに栄養を送ろうとする作用が働くためです。 妊娠超初期は、赤ちゃんを育てるための環境づくりがちゃくちゃくと進んでいる時期ですので、栄養も豊富に必要になります。 なんだかいつもよりお腹がすく、食べたい気持ちが強くなっていると感じたら、妊娠超初期症状の兆候と考えましょう。 匂いに敏感になる 街中でタバコの臭いが気になり始めた、ガソリンスタンドに近づくと匂いで気持ち悪くなってしまう。 そんな匂いに敏感になることがあれば、妊娠超初期症状の兆候だと言えます。 匂いに敏感になるのは、身体の防衛反応が働くためです。 タバコやガソリンなど、身体に良くない影響を及ぼす匂いを敏感にキャッチすることで、できるだけ近づかないようにしています。 人によっては、夫の匂いを受け付けなくなり、香水で気持ちが悪くなる、食べ物の匂いがすべてダメ、など匂いに敏感になる種類には違いがあるようです。 熱っぽい、頭がボーっとする 風邪のような症状はないのに、なぜか熱っぽさを感じる、頭がボーっとするのも妊娠超初期症状の兆候のひとつです。 これは、母親の体内の血液量が変化するためです。 基本的に血液量が増えると体温が高くなり、のぼせたように熱っぽさを感じるようになります。 生理前にも同じような症状が出ることもありますが、長引く場合は妊娠超初期症状の兆候の可能性を考えましょう。 頭がクラクラ、貧血気味になる 血液量の変化は、熱っぽさやボーッとした症状を引き起こすだけでなく、正反対の症状も発生させます。 クラっと立ちくらみして貧血気味のように感じ、頭がクラクラするのも妊娠超初期症状の兆候のひとつです。 血液が子宮へと集中するため、脳の血液量が減少しこのような症状を引き起こしてしまうのです。 ふらつきを感じた場合は、腰掛け横になるなど、安静にするようにしましょう。 鼻水が出やすい、唾液がたまる 一瞬風邪と間違えやすいのが、鼻水が出やすいという症状です。 しかし、唾液が口の中でたまりやすくなっている場合は、妊娠超初期症状の兆候だと考えましょう。 場合によっては、喉がいがらっぽくなる人もいますが、これらは妊娠によるホルモンバランスの変化により分泌作用が活発になるからです。 外から入ってきた異物をできるだけ排除しようという働きた強くなるため、いつもより鼻水が出やすく、喉がいがらっぽくなります。 また、唾液が増えるのは殺菌効果を高めようとする作用が働いているからです。 いずれにおいても、赤ちゃんを守るための症状だと言えます。 歩きにくい、腰周りが痛い いつもと同じ道を歩いているのに、どうも歩きにくい、ガニ股になりやすく、太ももの付け根あたりに違和感がある場合も、妊娠超初期症状の兆候だと考えられます。 妊娠超初期は、赤ちゃんを育てるための環境を整える力が強く働くため、血流の変化や骨盤の動きに変化が生じます。 人によっては、腰痛や下腹部痛を感じることもあります。 朝おきたら腰がモーレツに痛く、ぎっくり腰だと思って受診したら妊娠が発覚したというケースもあります。 胸やお腹が張る いつもより胸が張った感じがする、満腹でもないのにお腹に張りを感じる。 これも妊娠超初期症状の兆候のひとつです。 胸やお腹が張るのは、妊婦の身体へ変化している証のひとつです。 強い痛みを感じることはありませんが、生理前症状と間違えやすいので注意しましょう。 超初期症状と月経前症候群 妊娠超初期症状と月経前症候群の一番大きな違いは、お腹の痛みの原因です。 本人にしてみれば同じような痛みにしか思えませんが、実はその痛みがどうやって引き起こされたのか根本の原因が異なるのです。 月経症候群のお腹の痛みは、排卵後受精しなかった為に子宮が子宮内膜を排出しようと収縮し始めるのが原因なので、ギュッと内側に引っ張られるような痛みになります。 妊娠超初期症状の場合は反対に、少しずつ容積を増やし始めている子宮の筋肉が伸びる事によって起こる痛みです。 ですから超初期症状の場合は、子宮が伸びて刺激を受けるチクチクとした痛みになります。 自分のお腹の痛みがどのタイプか良く確認してみましょう。 便秘が続く いつもと生活リズムは変わらないのに、なぜか便秘が続いてしまう。 また、食中毒でもないのに下痢が続いてしまう。 そんなときは妊娠超初期症状の兆候だと疑ってみましょう。 妊娠超初期の頃は、血流が子宮に集中するため、周囲の臓器に血液が満足に行かなくなることがあります。 血流が滞ると、腸の運動が鈍くなり便秘や下痢を引き起こしてしまうのです。 また、子宮が少しずつ大きくなることから、膀胱が圧迫されトイレの回数が増えるというケースもあります。 基礎体温の高温期 基礎体温をつけている方は、自分の生理周期を細かく把握している事でしょう。 排卵前は低体温期で排卵後は高体温期になるのですが、その差は0. 55度程度の違いしかありません。 このように些細な違いは標準体温計では計測できず、小数点2位までを計測できる婦人用体温計でないとわかりません。 一般的には高温期が16日以上続いた場合は妊娠の可能性が高いとされていますが、それは生理予定日2日後で検査薬でも分からない時期です。 毎月ドキドキして生理を待っている方はなるべく早い時期に妊娠を確認する為に、ぜひ基礎体温をつけて記録をとりましょう。 上記の症状が継続する場合 生理に関係するお腹の痛みはいくつかありますが、起こる時期によってどのような原因から来る痛みなのか区別がつきます。 妊娠超初期症状は月経前症候群と似ていますが、月経前症候群の症状は排卵後から続き月経予定日前には終わるのに対し、妊娠超初期症状は排卵後から現れる様々な症状が月経予定日後も継続するのがポイントです。 また妊娠超初期には熱によるだるさや吐き気・下痢など風邪と思われる症状が出ますが、通常の風邪ならば安静にして薬を服用すれば3・4日で治まるはずが、ずっとその状態が継続したり更に酷くなる場合は妊娠の可能性を考慮に入れて良いかもしれません。 想像妊娠で症状が出ることも 赤ちゃんが欲しくて妊娠活動を続け、生理のたびに妊娠できたかどうか気になってしょうがない方も少なくありませんが、あまりにもその気持ちが強くなると想像妊娠になる事があります。 想像妊娠とは妊娠している状態ではないのに、生理が停止したり高温期が続く・吐き気や眠気に襲われるなど、妊娠同様の症状が現れる事です。 ただ、通常妊娠した場合はプロゲステロンやhCGホルモンの影響で症状が現れるのに対し、想像妊娠の場合それらの症状は自分の気持ちが身体に影響を与えているので、ホルモン分泌の増量はないのが特徴です。 症状だけを見ると区別は付きにくいのですが、妊娠検査薬や尿検査で想像妊娠かどうかが分かります。 妊娠超初期症状が出たらまず安静 妊娠超初期症状の程度は個人によるので、症状が強く現れた方は自発的に身体を休めますが、あまり強く出ない方や自分が妊娠しているという考えが及ばない方はその内治ると無理して身体を動かしてしまいがちです。 この時期はちょうど受精卵が着床場所に向けて移動している最中なので、妊娠初期よりも不安定な状態だといえるでしょう。 こんな状態の時に無理をして疲れが溜まってしまったり身体が冷えてしまえば、これから出産までの間にトラブルが多発する原因にもなりかねません。 いつもと違う腹痛や下痢・便秘を自覚したら、まずは横になって痛みが治まるまで安静にする必要があります。 ここまでのまとめ 妊娠超初期症状の兆候を感じたら、妊娠しているかどうか検査を行いましょう。 一刻も早く知りたいという方は、生理予定日から1週間後から検査をスタートすることができます。 薬局で簡単な妊娠検査薬も販売されていますが、検査薬により反応の出方は違いがあります。 妊娠の有無を正確に診断してもらうためにも、必ず医師に判断してもらうようにしましょう。 妊娠超初期症状の兆候をいち早く捉えることで、飲酒や薬の服用などをより早く控えることができます。 大切な赤ちゃんのためにも、僅かな妊娠超初期症状の兆候を見逃さないようにしましょう。

次の

妊娠超初期~妊娠初期の胃痛で知っておきたいこと

妊娠 初期 胃 もたれ

スポンサードリンク 妊娠に気がついて間もない頃から、何だか胃の調子が悪いな…と胃のもたれに悩んでいる方はいませんか? あるいは、生理が予定日より遅れており、普段はない胃もたれを感じることから「もしかして妊娠?」と妊娠の可能性を感じる方もいるかもしれません。 妊娠超初期も含め、妊娠中は胃もたれがしやすくなると言われています。 今回は妊娠超初期に胃がもたれる原因や対処法などを中心に、妊娠超初期の胃もたれについて以下3点をお伝えします。 妊娠超初期の胃もたれの原因• 妊娠超初期と生理前の胃もたれが似ている理由• 胃もたれの5つの対処法 胃もたれがひどいと、胃痛や吐き気、食欲不振につながる場合があります。 胃もたれが起こるメカニズムを理解し、妊娠超初期の胃もたれが少しでも楽になるよう対処法を心得ておきましょう。 妊娠超初期の胃もたれ・胃痛・吐き気がつらい!妊娠超初期の胃もたれの原因 妊娠中の女性は、体のさまざまな不調に悩まされることが多いです。 まだお腹のふくらみがなく、赤ちゃんの存在を感じづらい妊娠超初期でも、体の中は大きく変化しており、胃もたれや胃痛、吐き気など、胃に関するトラブルが発生しやすくなっています。 妊娠超初期に胃もたれが起きる原因は具体的に何なのか、考えられる主な理由は以下3つあります。 妊娠によるホルモンバランスの変化で胃の動きが弱っているため 妊娠するとホルモンバランスが変化して、胃や腸の動きが弱まると言われています。 そのため、妊娠前よりも食べたものが長く胃にとどまり、なかなか消化しないことによって、消化不良や胃もたれを起こすことが良くあります。 妊娠によるホルモンバランスの乱れやストレスで胃酸分泌機能が乱れるため 妊娠によりホルモンバランスが変化したり、体の不調などでストレスを感じることで、胃液に含まれる胃酸の分泌機能が乱れる場合があります。 胃は自律神経の影響を大きく受ける場所であり、ホルモンバランスの変化やストレスによる自律神経の乱れが、胃酸の分泌を低下させたり、過剰に分泌させたりするためです。 胃酸の分泌が低下することで、胃もたれや消化不良が起きやすくなります。 また、胃酸が過剰に分泌されることで、胃痛や胸やけを起こすこともあります。 だんだん大きくなる子宮に胃が押し上げられて圧迫されるため 妊娠をすると赤ちゃんのいる子宮は少しずつ大きくなっていきます。 子宮が大きくなることで、胃が子宮に押し上げられて圧迫され、少しの量を食べただけで胃もたれを感じてしまうことがあります。 また、胃酸が食道に逆流しやすくもなり、胸やけを感じる人もいます。 より子宮が大きくなる妊娠後期に特に多い症状ですが、妊娠初期でも少しずつ大きくなっている子宮が胃を圧迫して不快感を感じることがあります。 胃がムカムカする・胃が重い・胃が気持ち悪い、という人は以上のことが原因かもしれませんね。 参考 生理前の症状と似ている?妊娠超初期の胃もたれが生理前の胃もたれと似ている理由 生理前はいろいろな体のトラブルが起きやすい時期ですが、生理前に起きる胃もたれと、妊娠超初期の胃もたれの症状が似ていると感じる方もいるでしょう。 中には、生理前にいつも胃もたれが起きるので、今回の胃もたれも生理がくる前兆だと思い、妊娠に気がつかなかったという方もいるかもしれません。 ではなぜ、妊娠超初期は、生理前と似たような胃もたれが起こるのでしょうか。 それは、胃もたれを引き起こす原因であるホルモンバランスの変化が大きく関係しています。 妊娠初期のホルモン状態は生理前と似ている!プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加する 女性の体は、生理周期に応じていくつかのホルモンの分泌量が増加・減少を繰り返し変化することで、毎月排卵や生理が起こっています。 排卵後、生理予定日までの平均約14日間(11日間~16日間程の個人差がある)は黄体期と呼ばれ、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加します。 このプロゲステロン(黄体ホルモン)には、子宮内膜を分厚くし受精卵を着床しやすくして、妊娠を継続させる役割があります。 妊娠しなかった場合は、生理開始日に近づくにつれて、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量は少しずつ減少していきますが、妊娠した場合はプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌され続けます。 したがって、妊娠初期と生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多いという点で共通していると言えます。 プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠を継続させるために必要不可欠な女性ホルモンですが、同時に生理前に起こりがちな頭痛や体のむくみ、眠気やだるさ、胃もたれなどさまざまな体のトラブルを起こす原因にもなっています。 よって妊娠超初期、妊娠初期の時期はプロゲステロン(黄体ホルモン)の増加によって、生理前と同じように胃腸の機能が弱まり、胃もたれを感じる人がいるということです。 参考 妊娠超初期の胃もたれ5つの対処法 ~ 胃にやさしい食べ物を少量ずつ分けて食べよう! 妊娠中のつらい胃もたれは、少しでも改善してお腹の赤ちゃんのためにも健康的な生活を送りたいですよね。 胃もたれはどのように対処すれば良いのか、対処法を5つ紹介します。 食事は1度に食べる量を少なくして、5~6回に分けて食べる 妊娠中は胃の機能が弱まり、普段よりも消化に時間がかかる状態になっています。 1度の食事でたくさん食べると、それだけ食べ物が胃にとどまる時間も長くなり、胃もたれを起こしやすくなります。 できるだけ、1回の食事で食べる量を少量にし、1日3回ではなく5~6回などに分けて食事をとることで、胃もたれをおさえることができます。 刺激の強い食べ物やカフェインの摂りすぎは避ける 辛いものや塩気の強いもの、脂っこいものなど、刺激が強い食べ物は胃が荒れる原因になります。 また、コーヒーや紅茶によく含まれるカフェインも、胃への刺激が強いと言われています。 これらの食べ物は、無理に我慢をする必要はありませんが、摂りすぎると胃の不調をさらに悪化させる可能性がありますので、食べ過ぎないよう注意しましょう。 お粥やうどん、煮物など消化に良いものを中心に食べる 胃もたれがつらいときは、なるべく消化に良いものを中心に食べると良いです。 水分を多く含み、あたたかくやわらかいものが消化しやすい食べ物です。 お粥や煮込みうどん、野菜の煮物、温かいスープなどを意識して食べるようにすると良いでしょう。 食後30分間ほどはなるべく動かずに横になってゆっくり休む 食べ物の消化を助け胃もたれを防ぐためには、食後30分ほどはなるべく動かずに、横になって休むようにしましょう。 食後に激しく動いてしまうと、胃もたれだけでなく、胃酸の逆流による胸やけや吐き気、胃痛を引き起こす可能性もあります。 症状がひどい場合は医師に相談して薬を処方してもらう 胃もたれの症状がひどい場合は、産婦人科や病院で相談をして薬を処方してもらうのも良いでしょう。 胃もたれが長引き、食事を満足にできない状態が続くと、脱水症状や栄養不足に陥ってしまう可能性もあり、お腹の赤ちゃんにとっても良くありません。 また、胃もたれによるストレスが、より胃の調子を悪化させたり、その他の体の不調を引き起こすこともありますので、無理をしすぎる前に病院で相談するようにしましょう。 対処法を実践して胃にやさしい生活を送ろう! 妊娠超初期や妊娠初期は、ホルモンバランスの変化や子宮が大きくなることによって、胃もたれが起きやすくなっています。 ホルモンバランスについては、生理前の状態と似ているため、妊娠超初期の胃もたれは生理前の胃もたれと勘違いしやすくなっています。 妊娠時期が進んでくると、胃もたれに加えてつわりによる吐き気や胃のムカつきが起こる場合もあります。 少しでも胃もたれを解消できるように、食事の量や食べ物に気をつけて、無理せず胃にやさしい生活を送るようにしましょう。

次の

妊娠中の胃もたれの原因と解消する5つの方法

妊娠 初期 胃 もたれ

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠初期には胃もたれや胸焼けなどに悩まされる妊婦さんがたくさんいます。 胃がムカムカして、吐き気をもよおすことも。 こうした胃もたれや胸焼けは、いわゆる「つわり」と関係があるのでしょうか?今回は妊娠初期の胃もたれや胸焼けの原因が何か、つわりとの関係性、解消法などをご説明します。 妊娠初期に現れる胃もたれや胸焼けとは?どんな症状? 妊娠初期はつわりに代表されるように、消化器系のトラブルはつきものです。 胃もたれや胸焼けが現れることは多く、気持ち悪さのあまりに吐いてしまう人もいます。 症状の感じ方は人によって違いますが、胃が重く感じたり、喉につまっているような感覚があったり、食べたものが胃に残っているような違和感があることも。 妊娠前であれば、食べ過ぎたときや、脂っこいものを食べたときに胃もたれや胸焼けを起こしますが、妊娠中は少し食べただけでも、まったく食べなくても症状が現れるのが特徴です。 関連記事 妊娠初期の胃もたれや胸焼けの原因は?つわりとの関係は? 妊娠初期の胃もたれや胸焼けは原因は、まだはっきりしていません。 しかし、妊娠すると分泌量が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)が胃腸などの消化器官に影響を与えているのではないかと考えられています。 そもそも、プロゲステロンは子宮内膜を厚い状態で維持し、子宮収縮を抑える役割があります。 子宮収縮を防ぐために筋肉の収縮自体を抑える作用をもたらすのですが、子宮近くにある消化器官の筋肉の収縮も弱めてしまうために、消化器官全体の機能が弱まってしまうのです。 そのため、妊娠中にプロゲステロンの分泌が活発になっていると胃腸の働きが弱まり、食べたものをうまく消化できずに胃もたれや胸焼けを起こしやすくなると考えられます。 胃もたれや胸焼けは、つわりで苦しい時期とかぶり、吐き気を伴うことも多いので、つわりの一種として考えられることもあります。 ただ、吐き気が治まった後も胃もたれが続くことはあるので、一概につわりの一種だとも言えません。 妊娠初期に起きやすいマイナートラブルですが、体への危険性が高いものではないので、落ち着いて対処してください。 関連記事 妊娠初期の胃もたれや胸焼けは胃酸のせいかも? 妊娠初期に胃もたれや胸焼けを引き起こすのは、ホルモンバランスのせいだけではありません。 妊娠初期のお腹はそれほど大きくありませんが、体内では少しずつ大きくなって周辺の臓器を圧迫します。 このときに胃が圧迫されると胃酸が逆流することがあり、逆流した胃酸が食道に炎症を起こすと「逆流性食道炎」になります。 妊娠中は消化機能が弱まっているため、消化に時間がかかり、胃酸の分泌量が増加してしまいます。 胃酸の量が増えると逆流しやすくなるのも、一つの要因です。 逆流性食道炎を起こすと胸焼けや嘔吐、げっぷ、胸部の不快感を引き起こします。 食後に前かがみになったり、横になったりしたときに不快感が現れるときは胃酸が逆流している可能性があるので、何日も続くときは病院に相談してください。 関連記事 妊娠初期の胃もたれや胸焼けを解消する方法は? 妊娠初期の胃もたれや胸焼けを解消するには、まず食事の取り方を見直しましょう。 食べ過ぎると胃酸がたくさん出て胸焼けを起こしやすい上、つわりがひどくなります。 1回の食事量は減らして、少しずつ食べるようにしてください。 空腹になると吐き気をもよおす「食べつわり」の人は、空腹時や寝起きに胃もたれ・胸焼けを起こしやすいので、すぐにつまめるクラッカーなどのお菓子を持ち歩いたり、枕元に置いたりして工夫しましょう。 食べづわりがひどいと、口にできるものが限られてしまいますが、食事内容にも注意してください。 脂っぽい食事やスパイスのきいた刺激的なメニューは胸焼けを引き起こしやすいので、控えてくださいね。 また、高カロリーのお菓子ばかり食べると体重が増えてしまうので、気をつけましょう。 就寝2時間前に飲食するのも、寝ている間に胃酸が分泌されて胃もたれや胸焼けを引き起こす原因になるので、なるべく控えましょう。

次の