あさ イチ 料理。 あさ川

きょうの料理

あさ イチ 料理

初心者でも簡単に作れる 【ぶり大根】の作り方を教えて!というお悩み&リクエスト。 NHKあさイチでは、"ばぁば"こと鈴木登紀子さんが、ぶりの下ごしらえなどをふまえながら、こっくりと美味しそうな 【ぶり大根】を作っていました。 色鮮やかな大根の葉と柚子の皮が、よく映えてます! <感想> ぶり大根は、旨みの染み込んだ大根が主役! と聞いたことがあります。 それだけに、大根をもっと大きめに切るべきでした。 大根をそぎ切りにするレシピです。 クタッというのか、ふにゃとした部分もありました。 私は、歯応えが少し感じられる方が好みです。 こっくりと甘辛い煮汁がよく染みて、ご飯のすすむ一品でした。 3切れ(300〜360g) 塩... 大さじ1 大根... 正味 800g 約1本 大根の葉... 適量 ゆずの皮(せん切り)... 適量 しょうが 皮付き、薄切り... 2かけ(30g) 昆布のだし... カップ3 A 酒、砂糖、しょうゆ... 各大さじ4 みりん... 大さじ3 塩... 水に放ち、ザルに上げて水けをきります。 大根の葉はサッと塩ゆでし、縦に切り目を入れてから繊維を断つ方向に切り、みじん切りにして水けを堅く絞っておきます。 今回は生のまま煮るので削ぎ切りにする 2.ぶり(3切れ300〜360g)は1切れを3つに切り分け、ザルに並べ塩(大1)を上から両面にふります。 たっぷりの熱湯を上から回しかけ、表面が白く色づいたら、すぐに氷水にとり、残ったウロコや血合いなどを取り、ザルに上げて水けをきります。 4.煮立ったらアクを丁寧に取り、落としぶたをし、強めの中火で煮ます。 5.煮汁が少なくなったらバットに上げ、器へ盛りつけます。

次の

あさ月

あさ イチ 料理

お品書き 料理 ¥15,000~¥20,000 季節食材 松茸・ズワイ蟹等は時価(ご相談ください。 ) 食材について、 魚は築地、金沢、福井、九州等から仕入れをしております。 通年通しては、兵庫県淡路島の魚を軸においております。 野菜も、日本各地からと 特約栽培 京都 大原野 上田農園の京都野菜を軸にしております。 (上記のお料理代に別途消費税・サービス料をいただいております。 ) お飲物 各種ご用意しております。 日本酒は、季節食材に合わせ数種類、 ワインもフランス産の白を中心に、数種類、 茶葉も静岡の茶葉店と相談の上、季節ごとのブレンドでご用意しております。 (お料理、お酒、ご要望がございましたら、可能な限りご対応させていただきます。 We will close at 22:00 Lunch and Dinner Menus: Chef's Choice course only. Holidays: Sunday, Japanese National holidays, Obon Summer holiday in August and New Year's.

次の

NHKあさイチ

あさ イチ 料理

[プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう!• [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。 [プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう! [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。

次の