まる ばつ ゲーム 必勝。 三目並べ

まるばつゲーム必勝法はあるのか

まる ばつ ゲーム 必勝

まるばつゲームはミスをしない限り、先手であろうが後手であろうが引き分けになります。 まるばつゲームを見ると、いつも僕の意識は小学生の夏休みの時空に飛んでしまいます。 住んでいた団地には当時信じられない供達が住んでおり、小学生達は朝広場に半強制的に集められラジオ体操をやらされておりました。 スタンプのカードを首からぶら下げて、参加したら参加した日にちの欄にスタンプを押してもらいます。 そして八月の終わりにスタンプカードと引き換えに何か文房具をもらっていました。 スタンプカードが全部埋まっていないと文房具がもらえないかもしれないとの不安も子供の心を締め付けていたかもしれません。 ラジオ体操が始まる時間は思い出せないのですが、生放送のラジオをかけていたようでしたので六時半から七時の間でしょうか思い出せません。 子供達は始まる前に広場に行き登校班ごとに一列に来た順番に地面に座って待っていました。 会社はいつも遅刻気味なのですが、当時の小学生の僕は絶対に一番乗りする使命感を何事も持っており、早めに広場に行っていました。 どこからその気持ちが湧いていたのかはわからないのです。 早く来るとやる事がありません。 列の先頭を取るために来たので、その場から動く事が出来ません。 そうするとやれることは、後から来て並んだ子供と動かないで何か遊ぶことだけです。 よくやっていたのが、まるばつゲームと棒倒し。 棒倒しは土で小山を作り棒を立てて、交互に山を削っていくのです。 削っていく過程で棒を倒したら負け。 まるばつゲームは余程の小さい子供か余程の間抜けとやらない限り引き分けになるので、当時のぼくは毎朝必勝法を編みだそうと考えていました。 当時はやそれとに心は奪われていたので、魔球や必殺技を編み出す事の使命感に駆られていたとようです。 それでも勝つためにはどうしたら良いか。 そうすると相手は角にXを書きます。 ここで角以外にXを付けるとXの負け。 でもこのミスをする人はまずいません。 まるばつゲームに勝つには、如何に相手のミスを誘い出すかです。 角か端の真ん中にうって、相手の動揺を誘いミスを誘う奇策を編み出し、その時は電気が脳に走り僕は天才やなと勘違いした記憶です。 まるばつゲームはユーチューブにたくさん出ていて、同じことみな考えていたようです。 まるばつゲームの経験から、理屈では勝てないことはわかっていても、相手のミスで勝ててしまう事があるので、最初からあきらめずに粘ってやるのもありなんだなあと。 年取って来るとふと思い出します。 疑惑もどう見ても真っ黒なのですが、証人喚問を拒否し逃げまくり親友を切り捨てる、自分のためなら何でもする粘り強さは、ある意味凄いです。 認めたらおわりですからね。 粘った入れば何かもっと凄い事が起こりうやむやになると思っているのでしょう。 呆れたものです。 まとめ あきらめないで粘り強く我慢して相手のミスを待つことは、最終的には失敗に終わるかもしれません。 その時は時間を無駄にしたことになります。 ですので一般的には早めにあきらめて新たなゲームを始めるのが、正解なんだと思いますので、これは大前提として頭に入れておかないといけません。 に同じこと考えてUPされてました。 じゃんけん必勝を考えました。 こちらもどうぞ。 YESMAN.

次の

[mixi]マルバツゲーム

まる ばつ ゲーム 必勝

マルバツゲーム(三目並べ)では両者が頑張れば必ず引き分けになる。 マルバツゲームのルール 二人で行うゲームです。 ときどき先攻が勝つこともありますが,後攻が勝つことはまずありません。 マルバツゲームは引き分けになる 実は,先攻も後攻も頑張れば必ず引き分けになることが知られています。 どちらにも必勝法はありません。 先攻が負けないことは簡単に確認できます(最初に真ん中に打てば後攻がビンゴを作るのは絶望的ですね)。 後攻も頑張れば引き分けに持ち込めます(後述)。 後攻が負けない戦略 後攻が負けない戦略を詳しく見ていきます。 ただし,例外が1つだけあります。 次の先攻の手としては以下の4パターンありますが,それぞれ「基本的な考え方」に従えば引き分けに持ち込めます(証明略)。 5手目以降も気になる方はぜひ自力で確認してみてください。 次の先攻の手として4パターンあります。 そのうち3パターンは上記と同様に「基本的な考え方」に従って打てば引き分けに持ち込めます。 先攻が右下に打ってきた場合だけ注意が必要です。 先攻は次にどこに打ってもビンゴを作るのは厳しそうですね(同様に確認できます)。

次の

勝ち方がわかれば簡単!棒消しゲーム(棒引きゲーム)の必勝法。

まる ばつ ゲーム 必勝

import java. util. out. out. out. out. out. out. out. in ; System. out. parseInt br. out. out. parseInt br. out. out. println ; System. out. out. println ; System. out. out. println ; System. out. out. println ; System. out. out. out. out. out. ここで使われている構文が分からなければ次の記事をご覧ください。 in ; System. out. parseInt br. out. 〇を書いた後、return文でボードの状況を返します。 out. parseInt br. out. 内容は〇を書くメソッドと同じです。 どちらかの勝ちか、引き分けが判明するとtrue、 判明しなければfalseを返します。 out. println ; System. out. out. println ; System. out. out. println ; System. out. out. println ; System. out. どちらが勝ちかを表示し、最終盤面を表示します。 順番を決めるメソッドで決まった順番をもとにIF文を使ってゲームを実行させます。

次の