リベ 大 ゆる コミュニティ。 リベ大ゆるコミュニティとは?入会して活かした方法を全てさらします。 | 春木悠ブログ

5年働いた会社を退職しようと思ったきっかけ。〜両学長との出会い〜

リベ 大 ゆる コミュニティ

リベ大ゆるコミュとは? 参加者が13,000人を超えた、無料コミュニティ。 チャットワークで気軽に参加でき、日々活発なやり取りがなされています。 リンク オフ会と言っても、何かしらの営利目的、知らない人と会うなどの不安もありますよね。 僕自身、初めてのオフ会参加でしたので、同様の不安を持ちながら参加しました。 しかし、自分を変えたい、そのために一歩を踏み出そうと勇気を出して、今回、参加を決断しました。 そして実際に参加してみると、いろいろな不安を感じていたのが信じられないくらい、多くのものが得られました。 それは、同じ目標、行動を行っている人たちと触れ合うことで、 モチベーションの向上や多様性を広げられること。 実際に副業などをやってみると、 副業を行っているのはかなりの少数派で、会社の中や友人などと話せる機会が殆どありません。 しかし、オフ会では自分と同じように行動をされている人と直接お話しする事ができます。 今回は、事前に感じていた不安は、どのように解消されたか。 近しい価値観の人たちと話す事で得られる事項に関して、それぞれ詳細にご紹介いたします。 リベ大ゆるコミュオフ会参加前に感じていた不安 オフ会に限らずですが、初めてやることに対し、不安はどうしても感じてしまいます。 しかし、そこを超えると、成長のきっかけを大きく得られました。 変な勧誘などをされるのではないか いわゆる詐欺系の不安ですね。 対面の場になりますので、動画よりも怖いところです。 結果から言えば、勧誘などは全く受けませんでした。 参加されている方のモラルなどもありますが、常にそういった行為がないか、運営チームの方々が目を光らせています。 具体的には自身も楽しみながらも、分担しながら各所に声をかけ、少しでも何かを察知すると 良い意味で 介入するといった具合。 そのため、僕自身含め全員が安心して、歓談に終始できた次第です。 知らない人と会う、話すのが怖い 別途ご紹介した書籍「」でもありましたが、やはり新しく人と会って話し、もし傷ついたらどうしようと思ってしまいます。 普段のコミュニティ会話を見ていても、レベルやステージの高い人ばかりで、これはとても不安でした。 しかし、 これも実際には全くありませんでした。 なぜなら、既に副業や事業で成功している人も、始めたばかりの人も、その大変さや苦しみを自身で体験している人ばかりだから。 誰でも最初は初心者ですし、絶対に失敗をして苦労も沢山重ねます。 それの苦労を知っている人ばかりなので、応援をすることはあっても、否定をすることはありません。 仲間が出来ると刺激をしあえ、一人では到達できないモチベーションの領域へ、簡単に到達します。 人に与えられるものはあるのだろうか まだまだ知識や経験も足りない中、他の人のように、何か人に与えられるものがあるのか不安でした。 人からもらってばかりになるのではないかと・・・。 しかし、これも杞憂でした。 自分が知っていて当たり前だと思っていることも、他の人にとっては、一つ一つが貴重な経験談です。 もしこの部分で不安を感じている場合、どうか自分を、卑下しないでください。 誰でも、いつでも、どこでも、人に与えられるものはあります。 それはお金や物でなくても構いません。 知識や経験が、足りなくても全然構いません。 例えば、人の話をひたすら聞くだけ、共感するだけでも、相手にとっては充分与えてもらっています。 自分だけではなく、誰でも不安なのです。 ですので、本当に話を聞いてもらうだけで、安心を相手に与える事ができます。 今自分にできる事だけを考えれば、この不安はすぐに解消されます。 それを実際に体感出来ました。 リベ大ゆるコミュオフ会に参加することでモチベーションを上げられる 理由はシンプル。 オフ会前に感じていた不安が解消されることの他に、 仲間を得られることです。 副業、自己投資、事業拡大・・・。 いずれも、一人ではどうしても壁にぶつかります。 毎回気力を沸かせて、壁を乗り越えていくことも出来るかもしれませんが、その疲弊は計り知れません。 徐々にその疲労は蓄積されて、いつか走るのを辞めてしまいます。 そうしてしまうと、今までと同じ状態に戻ってしまいます。 それを越える力をくれるのが、同じ目標に向かう仲間です。 仲間がいる事で、励ましあい、助け合いながら、ようやく越えていくことができます。 自分の会社や友人の中に既にいる場合は問題無いのですが、副業一つをとっても、その中から探すのは容易ではありませんし、ほぼいません。 そのため、 元々同じ目標を持つ人たちが集まるリベ大のコミュニティは、仲間を探すのに非常に適しています。 具体的な数値、言葉で示せませんが、この 仲間とモチベーションは、何にも代えがたい自分の財産となります。 これは 成長のための必須事項と断言できます。 リベ大ゆるコミュのオフ会はおすすめできる! 不安の解消 どころか成長要因に 、仲間、モチベーション。 大事なこの3つのものを、リベ大ゆるコミュのオフ会で得られました。 改めまして、ご参加されたみなさまに御礼申し上げます。 本当にありがとうございました。 リベ大ゆるコミュでは、月に一度程度のペースで、各地で頻繁にオフ会が開かれています。 つまり、 参加のチャンスは、まだまだいくらでもあります。 何より、オフ会に参加するという行動を起こしていること自体、前に進むための一歩を踏み出している状態です。 もし今回の記事が、オフ会への参加を躊躇されていたその背中を、押すきっかけになれば幸いです。 リベ大ゆるコミュのオフ会でお会いした際は、是非お話させてください! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

【2020年1月開催】リベ大ゆるコミュの東京オフ会で得られたもの|ゲーム会社員の副業雑記

リベ 大 ゆる コミュニティ

リベシティとは まずリベシティの説明をしますね。 リベシティは、のオンラインコミュニティです。 大学とは、日本一自由なIT会社の社長(兼、投資家)の両 リベ大学長と有志のスタッフが運営しているWebコンテンツの総称です。 「自由に生きる人を増やしたい!」という想いのもと、 《時間の自由》《経済的自立》《精神的自立》を得るために必要な知識を様々な形で配信しています。 特に動画配信が有名で、はチャンネル登録者数35万人を超える(2020年6月8日現在)一大コンテンツとなっています。 の他に、 、インスタグラム などでも情報発信をされております。 また、6月19日にはこの大学が書籍になります。 こちらもぜひ手にとって読んでみたいですね。 リベシティは、このリベ大の理念に共感を持った方が時間の自由、経済的自立、精神的自立を得るために会員どうしで情報交換をするオンラインコミュニティとなっています。 リベ大と出会うまで 幼少期 幼少期は母が読む雑誌、「」や「サンキュ!」をよく読んでいました。 特に「〇〇で1千万円貯金しました!」などという、読者の家計簿のところは好きで読んでいました。 20代 20歳で就職しました。 当時は住宅手当込みで 手取14万円程度。 支出はこんな感じでした。 家賃 55000 電気 5000 ガス 10000 水道 3000 携帯 5000(途中でと2台持ち9000円) 保険料 9000 ガソリン 10000 小計 97000 手残り 40000ちょっとでした。 これで食費、飲み会、日用品、趣味、遊び、貯蓄を賄うわけです。 車も必須の地域で、親に借りていました。 貯蓄は当然無理でしたし、赤字をボーナスで埋める生活でした。 このため、自然と、節約・倹約の情報を雑誌やネットで探しまくる日々を送りました。 4年間で無事卒業しました。 学費は交通費なども含めると、100万円近くかかりました(学業優秀で5万円の給付型を受け取れました)。 この間に簿記2級と2級ファイナンシャル・プランニングの検定に合格しています。 また、お金の勉強のための本を買いさりました。 50万円近くかかったのではないかな。 ・保険 保険には無知だったなあと反省していて、当時読んだ節約本に「独身は最低限の(終身)に入ろう」と書かれており、月額2258円の掛け捨て(終身払い・60歳以降半額)を契約し、払い続けました。 また、職場のにも月4000円、団体定期生命保険には月2500円ほど支出しました。 自分への保険だけで9000円近く払っていました。 新しい商品やサービスにも目がなく、このようなものも買いました。 ・iPhone4 と契約、ドコモと2台持ちに。 解約でドコモは1300円程度に。 は7000円以上支払いで9000円近い出費に。 この頃すでに税金(4万円)、保険(車両保険付7万円)、車検(2年に1回10万円)を自分で出しています。 車両代金を除いても月当たり1万3千円程度の出費。 ・ ゴルフ会員権(30万円、年会費2万円) 友人の間で流行しました。 今は1年近くゴルフに行っていません。 このように危機感を持っているようで、持っていなかったと感じています。 はぴしん、リベ大に出会う 30代に入り、結婚なども考えるようになりましたが、手元のお金が少ないことに気づきます。 それなりに安定した職につきながら、30代中央値よりもやや下くらいの貯金しかありませんでした。 これはやばいと思い、2019年の秋頃からネットを使ってお金の勉強を始めました。 なんとなくをみていたある日。 変態筋肉ライオンに出会いました。 両です。 」(今より元気ない) その時点でたくさんの動画がありました。 その内容に驚愕しました。 はじめは何となく、「正しいこと言ってるなー」と思っていただけでしたが、動画を見ていくにつれ、体系立てた知識が身につき、また新しい学びがあることに気づきました。 以後、通勤時間に毎日両学長の動画を見続けています。 リベ大に出会う前に実践していたこと リベ大に出会う前に実践していたことはこのようなことです。 両学長の言っていることが正しいなーと思っていたのはこの辺を実践していたからだと思っています。 ただし、車両保険あり) ・掛け捨て生命保険の減額 ・家賃の値下げ交渉 ・火災保険の自己加入 リベ大に出会って実践したこと 固定費の削減 リベ大に出会って、まだまだ私の実践は不十分だと感じました。 リベ大に出会ってから改めて自分の考えを見直し、実践につなげたのは次の通りです。 結婚 すでにご報告させていただき、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、5月に結婚しました。 家賃とは私もち、食費と日用品は妻もちで計算しています。 お互い10万ずつ予定しておき、余った分は2人のための貯蓄にしています。 また、妻は料理が好きでやってくれており、その分も考えると 10万円あればあとはお小遣いだけということになり、生活にゆとりが出ました。 投資にチャレンジ! 独身時代にやっていた投資の見直しを行いました。 3万円)を積み立て ・毎月分配型(買ってました・・・)の解約 ・eMAXISslim米国に毎日1000円積立(年間24. 5万円) ・先進券に毎日333円(年間8. 2万円) ・ニッセイ外国株式インデックスファンド毎日333円(年間8. 買うタイミングは、こびと株さんのブログと学長の動画をみた上で、自分で企業の財務分析をしてから割安なタイミングで買っています。 国内、米国とも高配当株投資については株価が急騰しており、最近は手が出せていません。 米国のに切り替えようかと検討中です。 妻には、でつみたてNISAにチャレンジするよう話をして、今証券口座解説手続き中です。 ブログ、、、を始める ブログ、、、を始めました。 ブログでは、暮らしやお金にまつわる知識を活字で紹介していきたいと考えています。 では、「はぴしん校」とチャンネル名をつけて、お金のこと、簿記やFP資格の講義動画などを発信していきたいと考えています。 、はこれらの記事や動画の紹介、告知を行っていきたいと考えています。 リベ大コミュニティチャット「ゆるコミュ」に参加する これらの知識は実生活の友人知人とはなかなか話すことがありませんでした。 そのため、ネット上の仲間と共有したり、詳しい人からの教えを乞いたいと考え、 ゆるコミュに参加することにしました。 当時は無料でしたので、まさに破格の金融教育、情報機関でした。 出会いは突然に ゆるコミュからリベシティへ 学長自身がでも発言されていましたが、ゆるコミュの参加者が多くなり運営管理が難しくなりました。 当初は、ゆるコミュ廃止の流れでしたが、参加者や学長はじめとする運営者の皆様の尽力により新たに「リベシティ」という形でスタートを切ることになりました。 ゆるコミュとリベシティの違い ゆるコミュとリベシティの違いは大きく2つだと思っています。 1つは応援会員制度、もう1つは講師陣です。 応援会員制度 ゆるコミュは無料で参加できましたが、リベシティは初月無料(新入生)で2ヶ月目以降は1000円以上の応援会費を納入します(応援会員となります)。 金額は設定されたものの中から任意で選択できますので、リベシティでの成果(固定費削減や事業所得の増加など)を会費に反映させれば良いのです。 代や保険を見直すことで1000円は簡単に削減できますので、新入生はまずはじめに固定費削減に取り組みます。 講師陣がすごい! 講師陣は、税理士などの士業の方、ブログなどで実際に生計を立てている方など実績を兼ね備えた強力な講師陣となっています。 月1000円で全ての講師陣からの教えを受けられるとは、資格学校や通信教育もびっくりのコストパフォーマンスとなっています。 突然のコンタクト申請(メッセージのやり取り) リベシティの申し込み(応援会員登録)を済ませ、チャットを眺めていたある日のこと、なんと学長から直々にメッセージが届きました。 (詐欺かと思った笑) 内容は固定費見直しの講師をやって欲しいとのことでした。 私の考え方やノウハウが少しでも皆さんのお役に立てるならと2つ返事でOKしました! まずは、新入生を中心に固定費見直しのお手伝いをしたいと考えています。 講師になったことの自分へのメリット 講師になったことで私にもメリットがありました。 発言に責任を持つようになった• 原因自分論で考えるようになった• 会員一人ひとりの意見を理解しようとするようになった• 私も学ぶ身として不動産投資に興味を持った など 今後の夢 リベシティで一人でも多くの方の固定費を削減する まず第一歩としての固定費削減の効果をより多くの人に体験してもらって、投資や起業へのステップアップにしてもらいたいと考えています。 私自身の夢、やりたいこと 自分の事業を持つ【事業所得を得る】 自分の事業として、家計見直しアドバイザーや執筆業が起業できないかなと考えています。 そのためにも、リベシティで学び、またそれ以外でも学びを深めたいと考えています。 FPとしてのステップアップも検討していきたいです。 不動産投資(事業)を始める【不動産所得を得る】 小さい物件からの不動産投資を始めようとしています。 今は勉強と物件検索を繰り返す日々ですが、将来的には月5〜10万円くらいのが作れるように2〜3件くらいの物件の所有を考えています。 投資の効率を上げる【配当所得の増加】 事業所得、不動産所得が得られるようになったら、投資にお金をかけていきたいと考えています。 での資産最大化はもちろん、高配当株・投資の額を大きくし、さらに多くの配当所得を得たいと考えています。 最終的な目標はFIRE( Financial Independence, Retire Early) 最終的な目標はFIRE、つまり経済的自立と早期リタイヤの達成です。 当初は、できれば40代で、遅くとも55歳までには達成したいと考えていました。 最近はサイドFIREという考え方もあり、経済的にある程度の自由を得て、必要な分は給与所得などの労働で得るという考え方です。 高齢期にあたってはこの部分がになってくると思いますので、週20時間くらいのゆるい労働で生活できるくらいのサイドFIREを早期に達成できるよう、今後も活動をしていきたいと考えています。 まとめ や経済の先行き不安で先の見えない世の中ですが、だからこそ複数の収入源を得て、投資により資産を増やすことがますます重要性を増してきました。 今日がいちばん若い日ですから、行動すれば変わります。 気になった方はぜひ大学のサイトや両学長の動画、リベシティにアクセスしてみてください。 一緒に学びましょう! 長くなりましたが、最後までご覧いただきまして、 どうも、ありがとうございましたー!(学長風) smart-life2019.

次の

5年働いた会社を退職しようと思ったきっかけ。〜両学長との出会い〜

リベ 大 ゆる コミュニティ

Contents• ブラック保育園〜両学長との出会い〜 新卒で入った保育園がブラックだった 新卒で就職した保育園は、私立ということもあり、様々な行事に力を入れている園だったので、持ち帰りの仕事やサービス残業も多く、正直職場環境が良いとはあまり思えませんでした。 しかし、1年目は目の前の業務をこなすことに必死で怒涛のように過ぎ去っていったものの、2年目、3年目…と年数を重ね余裕が出てくると、業務量の多さに納得がいかなかったり、当たり前のようなサービス残業に違和感を抱き始めるようになりました。 もっと早く気づけ〜って感じですが…(笑) 辞めることも考えたものの、周りの人たちには恵まれていたので、引き止めてもらったりするうちに「やっぱり頑張ろうかな…」と思い直したり…ひたすら揺れ動いている自分がいました。 「辞めたい」気持ちがピークの時に訪れた「両学長」との出会い 違和感を感じながらも、保育の仕事は好きだったし、周りの人には恵まれていたので続けていましたが …。 4年目の時、年長クラスの担任になりました。 年長クラスは保育園生活最後の学年ということもあり、行事も多く経験のある先生が抜擢されることが多いです。 しかし、以前から転職すべきか否か … 悩んでいたところに、今まで以上の仕事量が降って来たことから、精神的にも体力的にも大きなストレスとなり …。 結果、ストレスから風邪をこじらせ、肺炎で 1 週間入院することになってしまいました。 ここに来てようやく、「このままじゃダメだ」と転職を本格的に考え始めるのですが、• 「ここで辞めたら逃げじゃないか」• 「大変だけど、保育業界となればどこもそれほど変わらないのでは」 ということを悶々と考えてしまい、いまいち行動に踏み切れませんでした。 そんな時にふと。 以前、ツイッターで見かけた「両学長」の存在を思い出したんですね。 実は、この時点で両学長のことは少し知っていました。 以前、「自分の好きな事をして自由に生きよう!」ということを発信しているのを見て、よくあるネットワークビジネスかなにかかな?と勝手に思い、それ以上詳しく見ることはなかったのですが … (笑) その日帰ってからツイッターをくまなく見ていくと … 目からウロコの情報ばかり。 「こんな生き方があるのか」• 「私も自由な生活を送りたい!」 と、強く思いました。 けれど、そうは思ったものの当時は全く行動に移せておらず。 固定費削減しなきゃ、副業始めなきゃ、と思う反面、何をしたら良いか分からないしいまいちイメージが湧かず … そのままずるずると5年目に突入してしまいました。 リベ大コミュニティ 仮 発足!ブログ開設 両学長「 iMac プレゼント企画」〜ナナさんとの出会い〜 5年目となると、感じていた職場への違和感は大きくなり、もうほとんど「辞めたい」という気持ちしか残っていませんでした。 両学長の YouTube も始まり、勉強させて頂いてましたが、「知識はあるけど行動力が足りていない」そんな状況でした。 そんな時。 両学長の「 iMac プレゼント企画」というものがあったんですね。 それからしばらくして、 iMac 企画の当選者が発表されました。 当選者は、• りんたさん• ナナさん というお2人です。 後日、両学長の「第8回 リベ大iMacプレゼント企画で当選する方法【考えて行動する】【社会 トレンド】」という動画の中で、なぜこの二人が当選したのか?という解説があったのですが…。 ナナさん:パソコンも持っていないゼロからの状態から学長オススメの安いPCを買い、ブログ更新50日以上、プログラミングの学習も続けている、という実績をお持ちの方でした。 同じように両学長から情報を得ているのに、圧倒的な行動力の差に愕然としました。 「何をしたらいいのか分からないなあ」なんてぼんやり考えていた自分が恥ずかしくなり、あ、このままじゃダメだ、と思ったんですね。 そして、ナナさんが更新しているブログの中の、「」という両学長との出会い〜自分が変わったきっかけやここまでの道のりをまとめた記事を読んで、ナナさんの熱量がとても伝わってきて。 彼女のブログに強い感銘を受けました。 そして文章を書くこと自体は子どもの頃から好きだったので、「私もブログに挑戦してみよう」と決意し、ブログを開設することにしました。 リベ大実践コミュニティ(仮)への応募 そして、実際にブログを開設してから数日… 今度は「リベ大実践コミュニティ 仮 」という企画の募集が始まりました。 両学長と更に近いところで学ぶことが出来るなんて … 素晴らしい … と思い立ったものの …。 前回の iMac 同様、自分には何もアピールできる実績がありません。 ブログを開設してから数日は経っていたものの、まだ何も更新していないので真っさらの状態…しかも、 私がこの企画に気付いた時は応募締め切りの1週間 前でした。 (笑) 今回の応募は諦めて、「追加で募集する可能性もある」とのことだったので、後々行動していこうかとも思ったのですが … ここで行動しなきゃずっとこのままだ!!と思い、締切日のギリギリまで、 自分にできる限りのことをして挑戦してみようと決意しました。 ブログを開設し、途中ナナさんがオススメしてたJINに乗り換えたりアドセンスの申請をしたり…とりあえず自分にできることは全てやる、くらいの勢いで挑戦しました。 そして、応募の締切日。 応募フォームでは、思いの丈をぶつけました。 数百人の応募が来ているとあったので、本当は短く簡潔に伝えるべきだと思っていたのですが …。 書いているうちにいろんな思いが溢れ出し、止まらなくなってしまって。 応募フォームはいろんな項目があったので、悩みに悩んで考え、丸 2 日ほどかけてようやく完成しました … (笑) 書き終わった後は、これで落ちてももう後悔はない、と感じるくらいの達成感がありました。 (笑) でも、今になって振り返ってみると正に「 魂を込める」そんな状態だったなぁと思います。 リベ大実践コミュニティ(仮)での活動 そして、応募から2日ほど経った日の事。 なんと…ツイッターに、当選(?)通知のDMがきていました。 価値観マップを作って自分の根っこの部分を固めたり、コミュニティの中でも「give」や「発信」をすることの大切さを学んだり…。 まだまだ始めたばかりで仲間がいなかった私に、共に頑張る仲間となってくれたのが「リベ大実践コミュニティ」の皆さんでした。 皆さんの頑張る姿にパワーをもらったり、勇気付けられたり、励まされたり…。 あの時の活動があったからこそ、今の自分があるんだと心の底から思います。 そして、現在。 〜これからのこと〜 そして、「リベ大実践コミュニティ(仮)」は1ヶ月の試験運用を経て、解散となりました。 今では会員数7500人の活動の場として、「」が展開されています^^ 私も、あの時から少しずつ亀の歩みではありますがようやくここまでこれました。 飽き性で何をやっても続かない私が、4ヶ月も継続できていることに自分でも驚きです(笑) 仕事が辛くてどうしようもない中訪れた、両学長との出会い。 色々と行動していく中で、学長を中心にどんどんと輪が広がり、共に肩を並べてくれる仲間も増えました。 そして、今「自由になるため行動している」ことが自分の中での自信となり、5年間迷っていた「今の仕事を辞める」という決断を下すことができました。 仕事は大変だけど、一緒に働いてる人たちのことは大好きなので寂しさや不安もあって迷いも大きかったです…。 でも、自分がやりたいことを実現させるためには、やっぱり今の環境じゃ厳しいってことに気づきました。 そんな風に思えたのも、ここまでの道のりがあったからです。 仕事を辞めた後は、保育業界からは少し離れ、web系の仕事に転職できないかと考えています。 上手くいくかわからないし、未経験なので不安の方が大きいのですが、挑戦して後悔するよりも、挑戦せずに後悔する方が怖いなって気持ちがあるので自分がやれるところまでやってみようと思います^^ あの時、両学長に出会えて本当に良かったです。 やっとスタート地点に立てたくらいなので、まだまだこれからもっともっと頑張ります! 長々と書いてしまってすみません。 自分のことを5000字近くも書いてしまって、読んでくれる人いるのかなって感じですが…(笑) ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます( ; ; )!! まだまだ駆け出しの私ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします。 それでは^^.

次の