スターダスト レビュー 木蓮 の 涙。 木蘭の涙(スターダスト・レビュー) / コード譜 / ギター

スターダストレビュー 木蘭の涙 歌詞&動画視聴

スターダスト レビュー 木蓮 の 涙

僕はこの歌を、一緒に住んでいる祖父に教えてもらった。 でも、長い間、歌っている人の名前もタイトルも知らなかった。 この歌は、僕の中ではずっと「おじいちゃんがよく歌っている歌」だったからだ。 祖父がこの歌を歌うのを何度も何度も聞いているうちに、だんだん僕も歌詞を覚えた。 「逢いたくて 逢いたくて」「いつまでも いつまでも」と同じ言葉を繰り返すところを真っ先に覚えたので、そこだけ一緒に歌うようになった。 次に、「あなたを探している あなたを呼んでいる」のメロディが好きで、そこも歌うようになった。 後の部分はあんまり気にしたことがなくて、なんとなくわかるところだけ歌ったり歌わなかったりしていた。 ゴールデンウイークに、遊びに来たいとこ達と生まれて初めてカラオケに行った。 そこで僕が「木蘭の涙」を歌ったとき、叔父に「よくそんな昔の歌知ってるなあ」と驚かれた。 家に帰って、さっそくYouTubeで検索したら、出てきたのが男の人だったので、びっくりした。 歌詞の中で「わたし」と言っているので、てっきり女の人だと思っていたからだ。 聴き始めて、もう一回驚いた。 サングラスのよく似合うおじさんが、男の人の声で女の人の歌を歌っているのに、まったくおかしいと思わなかったから。 それどころか、その少しかすれた声が優しいメロディにぴたっと合っていて、聴きなれていたのと全然違う歌に聞こえた。 僕は感動して、何度も繰り返し同じ映像を再生した。 何回聞いても飽きることがなかった。 言葉の意味も考えずにただ口ずさんでいた歌詞が、ドラマや映画みたいに僕の頭の中で映像になって流れていった。 僕は、よく晴れた日に吹いた気持ちいい風や、ぐんぐんのびる草のにおいを確かに感じた。 大切な人を失った主人公の女の人の悲しみまでまるで自分の事のように思えて、胸がきゅっと痛くなった。 音楽が流れている数分間は、周りの景色もさっき食べたお昼ご飯も明日の学校も忘れて、僕は現実の僕から切り離された。 単純に声がいいとか、音程があっているとかじゃなくて、歌によって人の心に魔法をかけられる人の事を「歌手」というのだと感動した。 僕はすっかり興奮して、体験したことを祖父に話した。 祖父は「心を動かされたと感じた出来事は大事にしたほうがいい。 そういう出来事の一つ一つが将来へとつながっていくから」と言ってくれた。 それから、「『木蘭の涙』はどういう歌だと思う?」と聞かれた。 僕は、この歌の女の人は笑いながら泣いていると思った。 恋人は死んでしまってもう二度と会うことができない、一緒にいることもできない。 二人がバラバラになってしまった事が悲しい。 とても悲しいのに、自分は生きているから嫌でも一日ずつ年をとっていって、どんどん恋人との距離は離れていく。 悲しみの中にいながら、それは恋人のせいではなく仕方がないことだとわかっているので、「嘘つき」と言いながらも恋人を本当に責めてはいない。 ただ、せいいっぱい無理をして、笑顔でサヨナラを言っている。 そういう歌だと思った。 そう言うと、祖父は「チビはよく考えているな。 えらいえらい」と褒めてくれた。 祖父は僕の事をチビと呼ぶ 今度は僕が「おじいちゃんがこの歌をよく歌っているのは、おばあちゃんの事を思い出すから?」と聞いた。 僕の祖母はずっと前に亡くなっていて、僕は祖母の顔を写真でしか知らない。 父や母によると、とても仲のいい夫婦だったそうだ。 今でも祖父は、祖母の月命日にはお花とお菓子を必ずお供えしている。 「歌で思い出すんじゃなくて、思い出して歌を聴いて、歌に救われているんだ」と祖父は答えた。 「大事な人が死ぬっていうのは本当にきつい。 涙も出なくなるほど悲しいし、急にいなくなったことに対して勝手に怒りをもってしまったりする。 いろんな感情が混じって、苦しくてのたうちまわって、死んだ人に対してもどうしてこんな思いをさせるんだってドロドロした憎しみすらわいてきてしまう。 そんな時に、おばあちゃんの写真を穴が開くほど見て、この歌を聴くんだ。 そうしたら、汚い感情がそぎ落とされて純粋に『悲しい』って気持ちだけになれる」 「歌に気持ちを添わせていくと、おばあちゃんとの楽しい記憶だけがポコポコ出てくる。 憎しみとか怒りとかの嫌な気持ちがすっと消えて、ただ悲しみだけが残る。 きれいな感情でおばあちゃんを思い出して、そしてその死を悼める」 「それが音楽の力だ。 音とか、歌詞とか、声とか、全部ひっくるめて一つの世界を作り出して、そこに連れて行ってくれるんだ。 その世界に、おじいちゃんは救われたんだ」 祖父の話はよく分からなかった。 僕はまだ親しい人を亡くしたことがないから、しょうがないのかもしれない。 でも、同じ歌を聴いているのに、僕以上のものを感じている祖父がうらやましい。 だから、僕と祖父は約束をした。 「きっとおじいちゃんはチビよりも先に死ぬから、その時に『木蘭の涙』を聞いてごらん。 おじいちゃんの言っていたことがきっと分かる」 祖父が死んだときに「木蘭の涙」を聴く。 僕と祖父は、指切りげんまんした。 その日が来たとき、僕はどんな気持ちでこの歌を聴くのだろう。 二十年後か三十年後、それは避けることができない未来だ。 今は想像もできないその日が来たとき、きっと僕は泣くだろう。 でも、それは、できればずっと先の事であったらいいなと、僕は思っている。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

木蘭の涙 スターダスト・レビュー 歌詞情報

スターダスト レビュー 木蓮 の 涙

こちらはかつてカラオケバトルで林部智史さんが歌ったので、カラオケマニアの間では力試しになっている曲の一つですね。 木蓮の涙には通常バージョンとアコースティックバージョンがあって、林部さんが歌ってるのはアコースティックバージョンなのでご注意を。 曲調が全く違います。 かなり高音がキツイ曲ですが、原曲キーで歌うためのコツということで書いていきます。 ちょっと哀しい内容の歌詞ですが、しんみり来る名曲なので、女性とイイ感じになってきたときにおススメです。 うまく歌えれば感動させ、泣かせることができるでしょう。 木蓮の涙をうまく歌うための3つのポイント 基本的に高音域を使う曲ですが、そんなに起伏は激しくないので音程は取りやすいです。 なので慣れれば高得点が狙いやすい曲です。 また、点数とか関係なく歌っても、抑揚とか表現はしやすく、感情もこめやすいため上手く聴かせやすい部類です。 とはいえ、決して簡単ではないので、うまく歌うためのポイントとしては、• 高音の対処• ロングトーンの対処• 抑揚 になります。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 では、木蓮の涙においてはどうやって高音に対処するのか、これをさらに3ポイントに分けて解説します。 出やすくなるというより、高い響きが増幅されるということです。 木蓮の涙は基本的に高い音域を行き来するので、常に鼻に響かせる感じにすれば高い響きがキープできます。 この曲はサビから始まるので、サビで出した高音の響きをAメロで落とさない方がいいです。 Aメロは声を出しやすい音域に入るので、ここで響きを胸に落とし過ぎてしまうと声質が変わってしまいます。 次のサビでまた鼻腔共鳴にシフトできればいいですが、Aメロをチェストボイスでラクに歌ってしまうとまた引っ張り上げるのが難しいです。 なのでいつも、声は鼻の奥のほうに当てる感覚で歌う方が簡単です。 よくあるパターンは、歌い出しのサビでは勢いよく歌えるのに、後半で息切れするパターンです。 これは前半で強い息を声帯に当て続けたため、後半で声帯が耐え切れなくなったからです。 なので、前半から飛ばし過ぎないように注意してください。 意識としては、息を吐かないで響かせる感じです。 これには「支え」が必要になりますが、おなかで息をちょっとずつ吐くように調整してください。 (地声というか、ミックスボイスで歌ってますが いわゆるファルセット的な裏声は使ってないという意味) 林部さんが歌ってるやつなんかは 「空へとたびだ あった~~ ウォオオオ オ~~」 のとこで裏声を使ってますね。 歌としてもぜんぜん不自然ではありません。 上手い人はこういうところで、無理せずうまくコントロールしている印象があります。 なので、これを安定して歌えないとたちまち崩れてしまいます。 ポイントは、やはり 呼吸コントロールです。 十分な息が吸えていないて、支えができていないとロングトーンは安定しません。 十分な息を保つには、姿勢を良くして胸郭の拡がりをキープすることです。 肋骨をしぼませないように気を付けてください。 また、ロングトーンでは吐く量を一定に保てないといけません。 この練習は 『ロングブレス』が最も良いです。 ロングトーンが安定したら、ビブラートもしっかりかけられると非常によいですな。 つかみはいいですが、後半は飽きられてスマホイジリをされるのがオチです。 なので、抑揚はめっちゃつけましょう。 少し音程が高くなるところで盛り上がるようにすればOKです。 哀しい歌詞にも連動して、顔の表情を歌に合わせて変えていくと感情もこもります。 クサいくらいの感情表現をしてもいいでしょう。 まとめ さて、今日は軽めでしたが スターダストレビューの『木蓮の涙』アコースティックバージョンでした。 内容が哀しい曲なので、歌う場面・タイミングには注意してください。 聴かせる相手がしんみりモードの時にい歌うのが効果的です。 カラオケで歌う際のポイントをおさらいすると、• ロングトーンの安定 支えて息を一定に吐けるようにコントロールする。 かなり抑揚をつける でした。 これを原曲キーで歌おうとしたらなかなかキツイです。 もちろん、無理して原キーにこだわるより、キーを下げてラクに歌うほうがいいですが、それでも原曲キーにチャレンジしたい人はやってみてください。 原曲キーでもラストまで安定して歌えたら、かなりレベルが高いと言っていいと思います。 なので、この曲は一つのバロメーターとしてもイイ選曲なのであります。 んでは、今回は以上。 それが、 です。 Free Time Music school では、この を 期間限定で無料プレゼントしています。 レッスン生限定のコンテンツを、無料でゲットしたい方は.

次の

木蓮の涙

スターダスト レビュー 木蓮 の 涙

15年前、「木蓮の涙」をラジオで聴いて、いい曲だなぁと思いました。 そして楽団ツアーに行きスタ・レビの大ファンになりました。 寝たきりの息子を介護しながら、ふと寂しい時聴くと涙が出てきます。 いい曲に出会えました。 〈たつえもん〉 この歌は、初めて聴いた時から大好きです。 歌詞といい、曲といい、最高。 私にはこの歌詞のような思い出も何もありませんが、木蓮が咲く時期には特にこの歌を思い出し、(白)木蓮の白が目にしみてきて、切なくなります。 この歌をたくさんの方がカバーしているようですが、スタ・レビにしか歌えない歌だと思っています。 また、誰がなんと言おうと、アコースティックより原曲の方が好きです。 〈まきねん〉 25年間一緒に暮らしていた人が今年の夏、亡くなりました。 喧嘩もしたけれど楽しかった事ばかりが思い出されます。 最後は眠るように旅立って行きました・・・今でも心の中で話しかけたりしているので不思議と寂しくありません。 人生って夢のようなものなのでしょうか?〈かめきち〉.

次の