マッチ ロック ガナー。 火縄銃とは (ヒナワジュウとは) [単語記事]

火縄銃とは (ヒナワジュウとは) [単語記事]

マッチ ロック ガナー

フリントロック式とは、世紀に開発されたの点火方式の名称である。 概要 当時、それまでのなどの火器は、式(など)やホイール式などの点火方式により、火へ着火し射撃していた。 これらの着火方式は基本的な部分ではフリントロック式と相違は大きくなく、式との違いは火を散らす資がそれぞれ異なり、ホイール式とは機構が異なる以外は違いはかった。 構造 1:当たりは垂直に構え、点火の入った間の蓋(=火蓋)の役も担う。 燧石側はこの時点では当たりに密着する形で待機している(この状態から撃を引くように起こして初めて機するので、この状態はいわばー) 2:燧石が付いた撃を手前に起こし、を引くと燧石が備わった機構が当たりめがけて突っ込む。 この衝撃で当たりは(射手から見て)のけぞるように側へと倒れこむ(同時に点火がになり、火による着火が行われる) 3:点火が弾を押し出すガンパに引火して、めでたく弾丸が前方に飛んでいく まず火打石に対する誤解として、石と石が衝突により火の発生させるという物がある。 火打石の火は、石とが衝突することにより発生した高温の極小片である。 フリントロック式はこの原理が用いられている。 尚、この構造を実現するためには、良質な燧石の存在が欠かせなかったのだが、においては産の燧石の品質が悪く、併せてそもそも新しい点火方式を必要とするような不安定な時代ではなくなったことから、ではしなかった(そのまま引き続きが現役として使われ、になって洋式の輸入より実践に投入された)。 利点 前述の通り、フリントロック式には先行した点火方式として式とホイール式があった。 しかしそれらの点火方式にはそれぞれがあった。 まず式は単純ではあるものの、湿気に弱く、火種はとなり敵に露見する危険性もあった。 にその火種が引火の原因にもなることから、密集した形が取りにくいという欠点もあった。 そのため、撃が振り下ろされるその間まで火種が現れないフリントロック式は、新しい点火方式であった。 さらには同じく燧石を利用した点火方式を有していたホイール式に対しては、ホイール式がで機構を構成していたために、高価な上に信頼性が良好ではなかった。 よって共通の点火方式を採用してはいたが、簡易的な構造であったフリントロック式がその後していくこととなる(フリントロック式は後にの正式採用になるが、ホイール式は専ら用だった)。 欠点 しかし万ではかった。 まず燧石を利用して点火する構造上、燧石と当たり()の調整が必要とした。 これは、射撃の度に変形が進み、良好な状態を維持するために必要とした。 そしてその燧石は火だけではなく、衝撃も生み出すことになり、これは命中精度にも悪いを及ぼした(ただでさえ破滅的な命中精度であるにもかかわらず)。 これらのことから明期のは、口径が小であったようである。 問題はこれだけではなかった。 大きく2つの問題点があるが、ひとつは火が綺麗に点火引火せずに起きる不発と、時代にはして存在していた火蓋がフリントロック式にはないことである。 特には暴発のが伴った。 これらのことにより式やホイール式のすべてが、フリントロック式に置き換わることはなかった。 フリントロック式のその後 万ではなかったが優れた点火方式だったフリントロック式は、その後にのとなったの、初代正式に採用された。 そして年後にはが登場し、フリントロック式誕生から約200年ほど後にが登場する。 フリントロック式が抱えていた不発をすることになるこのが、後の点火方式のなっていくのは明であった(の点火方式は的には)。 が登場するに至り、前装式はその絶頂を極めることとなった。 関連項目• これらの特徴を折衷して世紀前期に発明されました。 >欠点 記事でも挙げられているように、口径の小ささと不発のしやすさが理由として、初めの頃から急速に導入された訳ではかったようです。 スナップ式の事例ですが、1年のではこのを「棄すべき遺物」扱いし、信頼性の高い式に切り替えるように提案していました。 (但し、口径は19. 6mm程度なので径ではありません) を発明したでは、3年に径を理由にを止する王が出されました。 それでも非正規にク兵と入れ替える行為が頻発し、年には一部復活、99年には式を止するまでに至りました。 の動作の様子() sm4753422 5 ななしのよっしん.

次の

フリントロック式

マッチ ロック ガナー

フリントロック式とは、世紀に開発されたの点火方式の名称である。 概要 当時、それまでのなどの火器は、式(など)やホイール式などの点火方式により、火へ着火し射撃していた。 これらの着火方式は基本的な部分ではフリントロック式と相違は大きくなく、式との違いは火を散らす資がそれぞれ異なり、ホイール式とは機構が異なる以外は違いはかった。 構造 1:当たりは垂直に構え、点火の入った間の蓋(=火蓋)の役も担う。 燧石側はこの時点では当たりに密着する形で待機している(この状態から撃を引くように起こして初めて機するので、この状態はいわばー) 2:燧石が付いた撃を手前に起こし、を引くと燧石が備わった機構が当たりめがけて突っ込む。 この衝撃で当たりは(射手から見て)のけぞるように側へと倒れこむ(同時に点火がになり、火による着火が行われる) 3:点火が弾を押し出すガンパに引火して、めでたく弾丸が前方に飛んでいく まず火打石に対する誤解として、石と石が衝突により火の発生させるという物がある。 火打石の火は、石とが衝突することにより発生した高温の極小片である。 フリントロック式はこの原理が用いられている。 尚、この構造を実現するためには、良質な燧石の存在が欠かせなかったのだが、においては産の燧石の品質が悪く、併せてそもそも新しい点火方式を必要とするような不安定な時代ではなくなったことから、ではしなかった(そのまま引き続きが現役として使われ、になって洋式の輸入より実践に投入された)。 利点 前述の通り、フリントロック式には先行した点火方式として式とホイール式があった。 しかしそれらの点火方式にはそれぞれがあった。 まず式は単純ではあるものの、湿気に弱く、火種はとなり敵に露見する危険性もあった。 にその火種が引火の原因にもなることから、密集した形が取りにくいという欠点もあった。 そのため、撃が振り下ろされるその間まで火種が現れないフリントロック式は、新しい点火方式であった。 さらには同じく燧石を利用した点火方式を有していたホイール式に対しては、ホイール式がで機構を構成していたために、高価な上に信頼性が良好ではなかった。 よって共通の点火方式を採用してはいたが、簡易的な構造であったフリントロック式がその後していくこととなる(フリントロック式は後にの正式採用になるが、ホイール式は専ら用だった)。 欠点 しかし万ではかった。 まず燧石を利用して点火する構造上、燧石と当たり()の調整が必要とした。 これは、射撃の度に変形が進み、良好な状態を維持するために必要とした。 そしてその燧石は火だけではなく、衝撃も生み出すことになり、これは命中精度にも悪いを及ぼした(ただでさえ破滅的な命中精度であるにもかかわらず)。 これらのことから明期のは、口径が小であったようである。 問題はこれだけではなかった。 大きく2つの問題点があるが、ひとつは火が綺麗に点火引火せずに起きる不発と、時代にはして存在していた火蓋がフリントロック式にはないことである。 特には暴発のが伴った。 これらのことにより式やホイール式のすべてが、フリントロック式に置き換わることはなかった。 フリントロック式のその後 万ではなかったが優れた点火方式だったフリントロック式は、その後にのとなったの、初代正式に採用された。 そして年後にはが登場し、フリントロック式誕生から約200年ほど後にが登場する。 フリントロック式が抱えていた不発をすることになるこのが、後の点火方式のなっていくのは明であった(の点火方式は的には)。 が登場するに至り、前装式はその絶頂を極めることとなった。 関連項目• これらの特徴を折衷して世紀前期に発明されました。 >欠点 記事でも挙げられているように、口径の小ささと不発のしやすさが理由として、初めの頃から急速に導入された訳ではかったようです。 スナップ式の事例ですが、1年のではこのを「棄すべき遺物」扱いし、信頼性の高い式に切り替えるように提案していました。 (但し、口径は19. 6mm程度なので径ではありません) を発明したでは、3年に径を理由にを止する王が出されました。 それでも非正規にク兵と入れ替える行為が頻発し、年には一部復活、99年には式を止するまでに至りました。 の動作の様子() sm4753422 5 ななしのよっしん.

次の

フリントロック式

マッチ ロック ガナー

フリントロックを多方向からみた図 大まかな仕掛けはと変わりない。 大きく違うのは次の三点である。 撃鉄(hammerまたはcock)の先端に火縄ではなく()が取り付けられている。 pan cover と striking surface, striking steel を兼ねたL字型のフリズン()がある。 フリズンを閉じるばねがある。 発砲までの操作・動きは以下のとおりである。 銃口からと弾丸を詰める(火縄銃と同じ)。 撃鉄を少し起こして、ハーフコック・ポジションにする。 一種の安全装置でありハーフコック・ポジションでは引き金を引けない。 この状態でフリズンを開け、(panまたは)に点火薬(伝火用の火薬)を入れた後にフリズンを閉じる(火皿に点火薬を入れるのは火縄銃と同じ)。 撃鉄をさらに起こしてコック・ポジションにする。 これで発砲準備は完了。 引き金を引く。 フリントを取り付けた撃鉄が作動して、フリントがフリズンの当たり金とこすれ火花を発する。 同時にその衝撃でフリズンが開くが、ばねにより瞬時に閉じられ、火皿内に火花が閉じ込められる。 火花によって火皿の点火薬に伝火され、さらに銃身に開けられた火門()を通って銃身内の装薬が爆発する(火縄銃と同じ)。 弾丸が発射される。 利点 [ ] 19世紀の製フリントロック式• 先行して登場していたは複雑で信頼性が低く、その高価格からあまり普及せず、それ以前のマッチロック式(火縄式)が主流のままであった。 しかし、 フリントロック式はホイールロック式の利点をそのまま持たせながら、火皿の中に火花を閉じ込めるという仕組みにより不発率を大きく低減させた。 マッチロック式に似た単純さにより安価で製造でき、射撃時火蓋を開ける必要も無いなど射撃間隔も縮めることが出来るため、各国は進んでこの技術を取り入れていった。 マッチロック式の場合は密集すると、隣の射手の銃の火縄から引火する危険があったのに対し、フリントロック式は火種を使わないため射手がより密集する事が可能であるため、集団戦には効果的であり、より実戦的であった。 また火種を使わず、さらに火蓋を閉じたまま射撃体勢にかかることが出来るため、天候の影響が小さいのも大きな長所である。 欠点 [ ]• マッチロック式に比べると、撃発時の衝撃で銃身がぶれ、また、引金を引いてから装薬に引火爆発するまでの時間差があるため命中精度に難がある。 数発発砲すると、フリント(燧石)と当たり金の相性が変化し、不発を起こし易くなるため、撃鉄のねじツマミを緩めてフリントの当たり具合を調整し直す必要が生じてくることが欠点とされる。 このためか、初期のフリントロック式マスケット銃はマッチロック式のそれに比べ口径が小さい傾向にあり、フランスでは1653年に用フリントロック式銃の 廃止が決定されたこともある(もっとも現場ではまるで遵守されず、同世紀に撤回された)。 火種ではなく火花に頼っているため不発の可能性も残っており、さらに火蓋を当たり金と一体化させて無くしてしまったため暴発の問題も付きまとうなど、信頼性の面では劣った。 そのため、マッチロック式が完全に駆逐されることは無いばかりか、一部地域では主流のままであり続けた。 日本におけるフリントロック式 [ ] では、に、現物が輸入されたり書物から得た知識として「火打ちからくり」等の名で知られ、また、一部のによる試作品も今に伝えられている。 しかし日本産の燧石(火打石)は発火の火花が弱く銃向きでない事から採用されなかったと云われる。 また既に平和な時代になっていた事から、集団戦向きであるという長所が理解されず、むしろ射撃術が個人技になっている状況から、(火縄式)の中でも特に命中精度が良いが引き続き使用され続けた。 なお、フリントロック式の技術そのものは当時の日本でも十分に導入可能なものであり、応用製品としてこの機構をそっくり借用したがなどによって、「刻みたばこ用点火器」の名で製造されている。 ガンロック [ ] ガンロックは、フリントロックを利用した大砲の点火機構である。 それらは海軍砲術の大幅な技術革新であり、1745年には最初にで使用されていた。 これは旧式の砲に後付けができなかったので、それらの使用は徐々に普及した。 フランス側は一般的にの時までにそれらを採用していなかった。 それまでは先端に火縄を取り付けたで火門に緩く詰めた導火薬に点火するやり方であり、点火には砲の反動を避けるため横から行わなければならず点火棒の操作と発射まで顕著な遅延があり、危険な上に揺れる船上での正確な射撃は不可能であった。 ガンロックは、拉縄を引くことで作動した。 砲手は砲の後方で反動から安全な場所に位置し、船の横揺れによって砲弾が海面に落下したり敵船上を飛び越えること無く砲が敵船を捉えた時に発射することができた。 砲弾は主装薬の袋に火門を通して貫通した、導火薬を充填した中空の軸によって点火され、従来の緩く詰めた導火薬を使用した時より安全かつ迅速に行うことができた。 ガンロックの導入後、点火棒は予備の発射手段としてのみ保持された。 様々な亜種 [ ] スナップハンスロック式 [ ] スナップハンスロック式 Snaphance lock, Snaphaunce, Snaphaan は1550年代末頃にオランダ・スペイン・スウェーデン・ドイツ等のうちのいずれかの国で開発されたと考えられている。 フリントロック式との違いは当たり金と火皿蓋が独立している点である。 自動で火蓋を開く機構があるため構造は複雑で比較的高価ではあるが、この機構が登場する以前のホイールロック式よりは安価であったことから、やなどでは普及した。 しかし、程なくL字型の当たり金に火皿蓋を兼ねさせる、構造が簡単で安価なミクェレット式が開発されたために取って代わられた。 ミクェレットロック式 [ ] ミクェレットロック式 Miquelet lock, Miguelet, Miquelete は1580年ごろにで発明された。 スナップハンス式からの改良点は、L字型の当たり金に火皿蓋を兼ねさせ、火皿蓋をスライドさせる独立した機構を省いた点で、構造が大幅に簡略化された。 ただし、後に登場するフリントロック式と異なり撃発用のばねが機関部の外に露出している(火皿蓋用のばねは内蔵されているものが多い)。 発火機構を直接制御するばねが二つとも剥き出しなため暴発しやすくはあったが、安価でメンテナンスも容易なため、フリントロック式の普及後もスペインやなど南部を中心として使われ続けた。 語源 [ ] スナップハンス(: Snaphaan)/ミクェレット(: Miquelete)は両方とも 泥棒を意味する言葉であり、そしてこれら二つの機構は、「夜中に目立つ火縄が無く、かつホイールロック式より安価な銃を欲した泥棒がこの新機構を発明した」という、まるで同じ伝説を持っている。 ドッグロック式 [ ] ドッグロック式 Dog lock とはフリントロック式の撃鉄根元に鉤状の安全装置をつけ、暴発の危険性を減らした機構である。 イギリスや、のなどで使用された。 脚注 [ ] []• 「Pistols: An Illustrated History of Their Impact」 Jeff Kinard著、2004年、ABC-CLIO刊• 「増補図解古銃事典」所壮吉著、雄山閣刊、1974年、P28• 『歴史を動かした兵器・武器の凄い話』89頁• 『歴史を動かした兵器・武器の凄い話』88頁• 点火薬は装薬と同じであるが、伝火を確実にするために細かくすりつぶしてある。 量はスプーン一杯ほどとかなり多い。 『別冊Gun 素晴らしきGunの世界』205頁。 ただし、瞬時に発砲されず、火皿の白煙が上がった後にやや遅発気味になる。 これは装薬に伝火する際、火皿を経由するのでワンテンポ遅れるためである。 『別冊Gun 素晴らしきGunの世界』201頁。 『歴史を動かした兵器・武器の凄い話』90頁• 「Guns of the Old West : an illustrated guide」 Chapel, Charles Edward著、ドーバーハプリッシング、2002年刊、P12• 「増補図解古銃事典」所壮吉著、雄山閣刊、1974年、P25• 「増補図解古銃事典」所壮吉著、雄山閣刊、1974年、P25• 三浦権利 『図説 西洋甲冑武器事典』 柏書房、2000年 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の