ヤッホー 意味。 クラフトビールシェアNO.1「ヤッホーブルーイング」のブランディング術 〜社員もファンもチームの一員へ〜【後編】

ヤッホー|割れ台(週刊)|note

ヤッホー 意味

ヤッホーの意味や語源とは ヤッホーの意味は、 登山者の合図の掛け声、嬉しい時の歓声となっています。 この登山者同士の合図だったことが、やまびこを聞くために使われるようになった、と考えられています。 さて、このヤッホーの語源ですがこれにはいくつかの説があるんです。 ドイツ語説。 オーイとの区別説。 おぉ!神よ!!説• ヨーデル説• エコー説 上記がヤッホーの語源の説と言われているものです。 どれが正しいというのは、まだ分かってはいないようです。 では、どういった説なのか1つ1つ詳しく見ていくとしましょう。 ドイツ語説 日本の登山はドイツの影響を受けていると言われています。 そのドイツで使われている掛け声である「 johoo」という言葉が、ヤッホーの語源だと言われています。 読みは「ヨッホー、ヨッポー」 つまり、ヨッホーやヨッポーが訛ってヤッホーとなったという事ですね。 オーイとの区別説 山の中で誰かを呼ぶときに、オーイ!と叫んでしまうと救助を求めて叫んでいると間違われるため、ヤッホーという言葉ができたという説です。 確かに、山でオーイ!と叫んでいると助けて欲しいのかな?と思ってしまうような気がしますね。 ヨーデル説 ヤッホーというのは、遠くの人に話しかける時の音の表現方法が語源という説です。 独特でおなじみのヨーデルで、離れた人たちに連絡するために発達したこの方法を登山者たちが使うようになって、日本に入ってきたとういことです。 その登山者たちが使っていたものをやまびこの時に、使うようになったと考えらているようです。

次の

ヤッホーの意味や語源とは?外国ではこんな叫び方だった!! | ページ 2 | 情報トレジャー

ヤッホー 意味

「ヤッホー 意味」 と検索したことがあるだろうか。 私はこれを調べては忘れ調べては忘れしている。 一年ごとに同じキーワードで検索している。 noteに書けば二度と忘れずにすむのではないかと思ったのだが、今まで何を書いたかもあまり覚えていないので望み薄である。 「ヤッホー」は、登山者が居場所の確認など合図に使う掛け声である。 語源は「ヨーホー」とか「ヤッフー」とか「ヤハウェ」とかいろいろ言われているようだ。 「ヤハウェ」を「ヤッホー」に変形させたらヤハウェが怒るんじゃないかと思ったが、「ナムアミダブツ」を「ナンマイダ」などと縮められても許してしまう阿弥陀様と同じで結構寛容なのかもしれない。 しかし、山で叫ぶ言葉としてはどうなんだろう。 結構な音量で叫ばなくてはいけないが、「ヤ」も「ホ」もそんなに叫びやすいようには思えない。 叫ぶなら「ダ」とか「ギャ」の方がよさそうである。 「ダギャーーー!」 いけない。 これでは名古屋人である。 名古屋人が語尾を発音しながら滑落していく。 思うに、あまり強い音で叫ぶと、呼び掛けというより事故や熊などに遭った人の悲鳴に聞こえてしまうからよろしくないのかもしれない。 その点「ヤッホー」は響きがのどかだ。 他の叫び声と区別しやすそうである。 そういえば、中学時代に女の子達の間で「ヤッホー」が流行ったことがあった 登山ブームではない。 校歌に山は登場するが、学校から見える範囲に山はなかったのだ。 いつのまにか彼女たちの生活のほとんどの挨拶が「ヤッホー」になっていた。 山の幻覚でも見ているのかと思った。 当時のヤッホー女子を一学年分山に上らせたら、登山者と山彦が混乱に陥りそうだ。 彼女たちは新しい妖怪として名を馳せるかもしれない。 ましてや当時は毎日何人もの何回分もの「ヤッホー」を聞いていたので、私の中の「ヤッホー」の概念がすっかり崩壊した。 何回も「ヤッホー 意味」で検索してしまうのはあの頃の後遺症なんじゃないかと疑っている。 追記:名古屋で「だぎゃー」という語尾を使う人、実際には見たことがないな。

次の

やまびことこだまの違いとは?なぜヤッホーなのかも調査

ヤッホー 意味

ヤッホーの意味や語源とは ヤッホーの意味は、 登山者の合図の掛け声、嬉しい時の歓声となっています。 この登山者同士の合図だったことが、やまびこを聞くために使われるようになった、と考えられています。 さて、このヤッホーの語源ですがこれにはいくつかの説があるんです。 ドイツ語説。 オーイとの区別説。 おぉ!神よ!!説• ヨーデル説• エコー説 上記がヤッホーの語源の説と言われているものです。 どれが正しいというのは、まだ分かってはいないようです。 では、どういった説なのか1つ1つ詳しく見ていくとしましょう。 ドイツ語説 日本の登山はドイツの影響を受けていると言われています。 そのドイツで使われている掛け声である「 johoo」という言葉が、ヤッホーの語源だと言われています。 読みは「ヨッホー、ヨッポー」 つまり、ヨッホーやヨッポーが訛ってヤッホーとなったという事ですね。 オーイとの区別説 山の中で誰かを呼ぶときに、オーイ!と叫んでしまうと救助を求めて叫んでいると間違われるため、ヤッホーという言葉ができたという説です。 確かに、山でオーイ!と叫んでいると助けて欲しいのかな?と思ってしまうような気がしますね。 ヨーデル説 ヤッホーというのは、遠くの人に話しかける時の音の表現方法が語源という説です。 独特でおなじみのヨーデルで、離れた人たちに連絡するために発達したこの方法を登山者たちが使うようになって、日本に入ってきたとういことです。 その登山者たちが使っていたものをやまびこの時に、使うようになったと考えらているようです。

次の