世界 丸見え テレビ 特捜 部 2019 年 12 月 23 日。 「世界まる見え!テレビ特捜部」の動画を視聴!

世界まる見え2020過去~最新放送動画無料見逃し配信再放送はこちら!

世界 丸見え テレビ 特捜 部 2019 年 12 月 23 日

Main Contents• こちらの記事では、 世界まる見え!テレビ特捜部の無料視聴方法(見逃し配信を無料で見る方法)、あらすじ、見どころ、Youtube動画などを紹介しております。 は 2週間の無料トライアル期間があって、 登録して2週間以内に解約すれば一切お金はかかりません! 例え、無料期間を過ぎて継続したとしてもHuluは月額1000円程度なので、他の動画配信サービスに比べてもとても安くお得感満載です。 TV Series• 「ハケンの品格 続編」篠原涼子 4月15日 :2020春ドラマ• 「ギルティ~この恋は罪ですか?~」新川優愛 4月2日 :2020春ドラマ• 「未満警察 ミッドナイト・ランナー」平野紫耀、中島健人 4月11日 :2020春ドラマ• 「美食探偵 明智五郎」中村倫也 4月12日 :2020春ドラマ• 「やめるときも、すこやかなるときも」藤ヶ谷太輔 1月20日 :2020冬ドラマ• 「知らなくていいコト」吉高由里子 1月8日 :2020冬ドラマ• 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」横浜流星、清野菜名 1月12日 :2020冬ドラマ• 「同期のサクラ」高畑充希 10月9日 :2019秋ドラマ• 「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」本田翼 10月3日 :2019秋ドラマ• 「俺の話は長い」生田斗真 10月12日 :2019秋ドラマ• 『あなたの番です』(原田知世&田中圭主演):2019春・夏ドラマ• 「ボイス 110緊急指令室」唐沢寿明 7月13日 :2019夏ドラマ• 「わたし旦那をシェアしてた」小池栄子 7月4日 :2019夏ドラマ• 「偽装不倫」杏 7月10日 :2019夏ドラマ• 「簡単なお仕事です。 に応募してみた」Snow Manメンバー4人:2019夏ドラマ• 『白衣の戦士!』(中条あやみ&水川あさみ主演):2019春ドラマ• 『向かいのバズる家族』(内田理央主演):2019春ドラマ• 『俺のスカートどこいった』(古田新太):2019春ドラマ• 『遊戯みたいにいかない』(東京03):2019春ドラマ• 「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」菅田将暉 1月6日• 「家売るオンナの逆襲」北川景子 1月9日• 「イノセンス~冤罪弁護士~」坂口健太郎• 「人生が楽しくなる幸せの法則」夏菜 1月10日• 「ザンビ」齋藤飛鳥 1月23日• 「節約ロック」上田竜也 1月21日• 「獣になれない私たち」新垣結衣、松田龍平 10月10日• 「PRINCE OF LEGEND」片寄涼太 10月3日• 「ブラックスキャンダル」山口紗弥加 10月4日• 「プリティが多すぎる」千葉雄大 10月18日• 「部活、好きじゃなきゃダメですか?」高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹 10月22日• 「ドロ刑」中島健人 10月13日• 「今日から俺は!! 」賀来賢人 10月14日• 「高嶺の花」石原さとみ• 「サバイバル・ウェディング」波瑠• 「ゼロ 一獲千金ゲーム」加藤シゲアキ• 「正義のセ」吉高由里子• 「ラブリラン」中村アン• 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」菜々緒• 「崖っぷちホテル!」岩田剛典• 「anone」広瀬すず主演• 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」山田涼介主演• 「トドメの接吻」山崎賢人主演• ガキの使いやあらへんで 絶対に笑ってはいけないシリーズ 過去シリーズ~2018年まで• 「奥様は取り扱い注意」綾瀬はるか主演• 雨が降ると君は優しい• 名探偵コナン• 鬼灯の冷徹• おそ松さん• 愛してたって、秘密はある。 福士蒼太主演• WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマの3つのチャンネルが見放題! 月額2,300円 税抜! 選りすぐりの番組が集まるWOWOWのメインチャンネルWOWOWプライム、 観客席の感動と興奮をお届けするライブ専門チャンネルWOWOWライブ、 初放送タイトルが年間700本の24時間映画専門チャンネルWOWOWシネマ の3つのチャンネルをWOWOWではご用意しております。 今なら初月無料キャンペーン中です! なら登録すると 2000ポイント無料でもらえるので、月5本以上新作映画を無料で見れます! さらに、• ピーターラビット• ボヘミアンラプソディー• アベンチャーズ• リベンジgirl• デッドプール• そもそも違法アップロードされた動画を視聴することだけでも違法ですし、違法な動画や怪しい動画サイトはウイルス感染する可能性もかなり高いです。 私は過去ウイルスに感染し、スマフォのデータは消え、修理費で恐ろしいほどお金がかかってしまいました。 余計な出費を抑えるため、そして大切なデータを守るためにも、ドラマ、映画、アニメなどの動画をいつでもどこでも安全に視聴するなら ! 今なら2週間無料で使えますよ! いつまでも無料キャンペーンがあるとは限らないので、今のうちに登録して毎日楽しい動画ライフを満喫してみてはいかがでしょうか? 世界まる見えテレビ特捜部過去~最新放送& 世界まる見えで紹介された「キャットフィッシュ~リアルレポート ネット恋愛の落とし穴~」を無料視聴するなら! アーカイブ• カテゴリー•

次の

世界まる見え!テレビ特捜部

世界 丸見え テレビ 特捜 部 2019 年 12 月 23 日

Main Contents• こちらの記事では、 世界まる見え!テレビ特捜部の無料視聴方法(見逃し配信を無料で見る方法)、あらすじ、見どころ、Youtube動画などを紹介しております。 は 2週間の無料トライアル期間があって、 登録して2週間以内に解約すれば一切お金はかかりません! 例え、無料期間を過ぎて継続したとしてもHuluは月額1000円程度なので、他の動画配信サービスに比べてもとても安くお得感満載です。 TV Series• 「ハケンの品格 続編」篠原涼子 4月15日 :2020春ドラマ• 「ギルティ~この恋は罪ですか?~」新川優愛 4月2日 :2020春ドラマ• 「未満警察 ミッドナイト・ランナー」平野紫耀、中島健人 4月11日 :2020春ドラマ• 「美食探偵 明智五郎」中村倫也 4月12日 :2020春ドラマ• 「やめるときも、すこやかなるときも」藤ヶ谷太輔 1月20日 :2020冬ドラマ• 「知らなくていいコト」吉高由里子 1月8日 :2020冬ドラマ• 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」横浜流星、清野菜名 1月12日 :2020冬ドラマ• 「同期のサクラ」高畑充希 10月9日 :2019秋ドラマ• 「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」本田翼 10月3日 :2019秋ドラマ• 「俺の話は長い」生田斗真 10月12日 :2019秋ドラマ• 『あなたの番です』(原田知世&田中圭主演):2019春・夏ドラマ• 「ボイス 110緊急指令室」唐沢寿明 7月13日 :2019夏ドラマ• 「わたし旦那をシェアしてた」小池栄子 7月4日 :2019夏ドラマ• 「偽装不倫」杏 7月10日 :2019夏ドラマ• 「簡単なお仕事です。 に応募してみた」Snow Manメンバー4人:2019夏ドラマ• 『白衣の戦士!』(中条あやみ&水川あさみ主演):2019春ドラマ• 『向かいのバズる家族』(内田理央主演):2019春ドラマ• 『俺のスカートどこいった』(古田新太):2019春ドラマ• 『遊戯みたいにいかない』(東京03):2019春ドラマ• 「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」菅田将暉 1月6日• 「家売るオンナの逆襲」北川景子 1月9日• 「イノセンス~冤罪弁護士~」坂口健太郎• 「人生が楽しくなる幸せの法則」夏菜 1月10日• 「ザンビ」齋藤飛鳥 1月23日• 「節約ロック」上田竜也 1月21日• 「獣になれない私たち」新垣結衣、松田龍平 10月10日• 「PRINCE OF LEGEND」片寄涼太 10月3日• 「ブラックスキャンダル」山口紗弥加 10月4日• 「プリティが多すぎる」千葉雄大 10月18日• 「部活、好きじゃなきゃダメですか?」高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹 10月22日• 「ドロ刑」中島健人 10月13日• 「今日から俺は!! 」賀来賢人 10月14日• 「高嶺の花」石原さとみ• 「サバイバル・ウェディング」波瑠• 「ゼロ 一獲千金ゲーム」加藤シゲアキ• 「正義のセ」吉高由里子• 「ラブリラン」中村アン• 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」菜々緒• 「崖っぷちホテル!」岩田剛典• 「anone」広瀬すず主演• 「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」山田涼介主演• 「トドメの接吻」山崎賢人主演• ガキの使いやあらへんで 絶対に笑ってはいけないシリーズ 過去シリーズ~2018年まで• 「奥様は取り扱い注意」綾瀬はるか主演• 雨が降ると君は優しい• 名探偵コナン• 鬼灯の冷徹• おそ松さん• 愛してたって、秘密はある。 福士蒼太主演• WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマの3つのチャンネルが見放題! 月額2,300円 税抜! 選りすぐりの番組が集まるWOWOWのメインチャンネルWOWOWプライム、 観客席の感動と興奮をお届けするライブ専門チャンネルWOWOWライブ、 初放送タイトルが年間700本の24時間映画専門チャンネルWOWOWシネマ の3つのチャンネルをWOWOWではご用意しております。 今なら初月無料キャンペーン中です! なら登録すると 2000ポイント無料でもらえるので、月5本以上新作映画を無料で見れます! さらに、• ピーターラビット• ボヘミアンラプソディー• アベンチャーズ• リベンジgirl• デッドプール• そもそも違法アップロードされた動画を視聴することだけでも違法ですし、違法な動画や怪しい動画サイトはウイルス感染する可能性もかなり高いです。 私は過去ウイルスに感染し、スマフォのデータは消え、修理費で恐ろしいほどお金がかかってしまいました。 余計な出費を抑えるため、そして大切なデータを守るためにも、ドラマ、映画、アニメなどの動画をいつでもどこでも安全に視聴するなら ! 今なら2週間無料で使えますよ! いつまでも無料キャンペーンがあるとは限らないので、今のうちに登録して毎日楽しい動画ライフを満喫してみてはいかがでしょうか? 世界まる見えテレビ特捜部過去~最新放送& 世界まる見えで紹介された「キャットフィッシュ~リアルレポート ネット恋愛の落とし穴~」を無料視聴するなら! アーカイブ• カテゴリー•

次の

「世界まる見え!テレビ特捜部」の動画を視聴!

世界 丸見え テレビ 特捜 部 2019 年 12 月 23 日

お願い:スポンサーの過剰な記述はしないで下さい。 (およびを参照) 世界まる見え! DX特別版(日曜昼前時代) 放送期間 2009年 - 放送時間 10:25 - 11:25 放送分 60分 世界まる見え! DX特別版(日曜昼時代) 放送期間 2011年 - 放送時間 12:45 - 13:55 放送分 70分 特記事項: 2017年4月より、月曜20:00 - 21:00に変更。 『 世界まる見え! テレビ特捜部』(せかいまるみえ! テレビとくそうぶ、英称: WORLD GREAT TV)は、1990年7月9日からで、毎週の20:00 - 21:00()に放送されている。 通称「 まる見え」。 からまでは毎週の12:45 - 13:55にアンコール放送である『 世界まる見え! DX特別版』を放送していた()。 概要 [ ] 世界各国で放送されている番組から厳選した番組の内容を紹介する番組。 基本的には外国のテレビ局より購入した番組を再構成して放送するが、企画によっては独自取材を行うこともある。 海外の人気番組に本番組の企画に協力してもらうことも過去にあった。 などのバラエティから、事件解明までさまざまなジャンルを扱っている。 の放送から、実施を開始したが、スタジオ映像とビデオ映像は4:3のままで、両端に番組タイトルを表示している。 同年の放送よりスタジオがハイビジョン対応になり映像も16:9のハイビジョンとなった。 からを実施している。 頃まではスタジオの初代司会者の横にモニターがあり、これに楠田が指を指しながら紹介していたが、後にによるものになっている。 一度だけモニター時代にモニターが登場と同時に爆発するというドッキリを楠田に仕掛けたことがあったが、例によって楠田は全く動じなかった。 本番組が好評を受けていることもあり、『 世界まる見え! 特別版』や『 世界激選映像まる見え! 』として、不定期にの昼間にスタジオなしのだけの特別版を放送することもあった。 2020年に放送開始30周年を迎えたが、これは日本のテレビ局のゴールデン・で放送されるレギュラーバラエティ番組では最長の記録を持つ。 沿革 [ ] 10月から3月まで放送していた『』の後番組『 』が低視聴率によってで終了し、秋開始の『』の準備期間のとして開始した。 笑えるTV番組グランプリ』というタイトルで1990年に放送された。 1990年にレギュラー放送を開始。 この時のゲストは、、、、だった。 当初の予定通りに終了。 なおこの時期の司会はとのみで、は出演していない。 レギュラー終了後、1990年(金曜日、ゲストは、、、)と1990年(土曜日)の同日とも21:00 - 22:54に特番を放送。 2これが好評だったため、『TVマンモス』を打ち切ってに再びレギュラー化。 この2度の特番と再スタート時から司会にビートたけしを加えた。 当時、スタジオでVTRの振りとして所が「 世界」と言ったのに続いて、全員で「 まる見え! 」とコールしながら両手を頭の上につけ、両腕で輪を作った「」のポーズをするのがお約束となっていた。 当番組のオープニングテーマである、「 Hooray for Hollywood」(ハリウッド万歳) 、エンディングテーマともども、番組開始当初から同じ曲が使用されている。 一方オープニングに使われるアニメは何度も差し替えられている(初代ロゴ初期は最初にタイトルが全面から1文字ずつ同時に現れるシーンがあったが、90年代後半に最初からタイトルが表示されるようになった。 2代目ロゴの2006年10月に最初のアニメーションが復活し、2010年以降は再び最初にロゴが1文字ずつ出てくるCGとなった。 3代目ロゴの2012年4月以降はアニメーションが変更されている)。 の放送から番組ロゴが初代から2代目にリニューアルし、英語表記及びサブタイトルの『 WORLD GREAT TV』も表記されるようになった。 そしてに入っても珍しく公式サイトを持っていなかった番組のひとつだったが、この日の放送終了後、公式サイトがようやくオープンした。 これと同様なスタイルを持っていたのは、やはり同じスタッフによって構成されている所ジョージ司会の『』である。 2009年4月より、平日帯バラエティ番組『』の新設に伴い、19:58 - 20:54に変更(2分拡大)。 これにより、日本テレビの20時台は全ての曜日がを行う。 日本テレビ系列の月曜20時台の番組がフライングスタートになるのは、日本テレビ史上初である。 ただし開始前には30秒のがあるため、正式な開始時間は19:58. 30からとなるが、当時の日本テレビの20時台の番組でカウキャッチャーが付いているのは当番組のみだった。 2009年9月28日放送分の3時間特番で番組開始当初から司会を務めていた楠田枝里子が降板した。 この回のラストはこれまでの楠田の活躍ぶりをVTRで紹介した後、所・たけしと当時のレギュラーであるからそれぞれ祝福の花束が贈呈され、(所)「 世界」(楠田)「 まる見え! 」と言いながら、先述の「なんちゃっておじさん」のポーズを取ると、スタジオ内のからが発射されて祝った。 楠田の後任は(当時日本テレビアナウンサー)が担当した。 2009年10月から『SUPER SURPRISE』が2分短縮し、19:56までの放送になる為、当番組は19:56開始に変更になったが、変更後も30秒のカウキャッチャーは存続のため、正式開始時刻は19:56. 30となる。 2010年4月19日放送分からは、月曜19時枠の番組が『』に変更、そして放送分からは『』にそれぞれ変更されたが、一貫してステブレ入り接続及び正式開始時刻は変わってない。 しかし放送分から月曜19時枠番組が『』に変わると、ステブレ入り接続はそのままだが、19時枠番組からのと番組前のカウキャッチャーが廃止され、正式開始時刻が19:56に変更、そして同年放送分より月曜19時枠番組が『』に変わると、遂に19時枠番組との接続は初のステブレレスに変更、この結果、20時台番組へのステブレ入り接続は、前述の日曜日だけになった。 放送分からリニューアルが行われ、外国人エージェントが世界中から仕入れてきたVTRを紹介するというスタイルに変わった。 また、西尾とレギュラーだった少年隊の二人が降板し(降板に際して挨拶などの演出はなかった)、所・たけしとゲストのみに、も一新された。 番組ロゴが2代目から3代目に、スタジオセットも所の意向により「森の秘密基地」をモチーフにしたセットに変更された。 また、同年放送分からは、西尾の後任として(日本テレビアナウンサー)がMCに加わった。 2013年18:45 - 22:00には番組初の生放送スペシャルが放送された。 19:00 - 21:54には番組25年目突入を記念した3時間スペシャルが生放送された。 スペシャルゲストとして と初代進行役の楠田が生出演 した。 4月4日19:00 - 21:00には放送1000回を記念した2時間スペシャルが放送され、スペシャルゲストとして明石家さんまが出演した。 以降毎年4月のスペシャルには明石家さんまがゲスト出演している。 より20:00 - 21:00の60分枠に枠切り変更の上、フライングスタートを廃止および枠拡大となり(枠変更・拡大後初回は19:00からの2時間SP)、同月10日から4分後拡大される『』からおよび『』にミニ番組を挟まずにつなぐ編成をする。 なお、枠切り変更初回は放送27周年を記念して、明石家さんまがスペシャルゲストとして出演した。 放送分を以て、3代目進行役の杉野真実(日本テレビアナウンサー)が降板し、翌週9月17日の3時間スペシャルからは(日本テレビアナウンサー)が4代目進行役を務めている。 19:00 - 21:54には番組30周年を記念した3時間スペシャルが放送され、スペシャルゲストとして明石家さんまが出演したほか、レギュラーだった東山紀之・田中義剛も記念ゲストで登場。 番組途中ではがVTRで登場し、30年間の世界のテレビ番組の変遷をクイズ形式で解説するコーナーが設けられた。 出演者 [ ] 司会 [ ]• 後述の西尾由佳理降板時から杉野真実就任までの期間(2012年4月・5月)は単独で司会進行を務めた。 2018年10月15日放送分はの摘出手術を受けて入院中だったため、(日本テレビアナウンサー)が代役を務めた。 進行 [ ]• (日本テレビアナウンサー) 4代目の進行役として、2018年9月17日の3時間スペシャルから担当している。 スペシャルパネラー [ ]• 1991年の第2期再スタート後からスペシャルパネラーとして登場。 第1期レギュラー放送前とレギュラー放送終了後の特番のみに出演。 しかし、第1期のレギュラー放送には全く出ていない。 その後、1990年末、1991年春の改編期の特番を経て2期からレギュラーとして出演。 エージェント [ ]• (アメリカ担当、2012年5月7日 - )• ティム・ケリー(イギリス担当、2012年4月16日 - )• (アフリカ担当、2012年6月25日 - ) ナレーション・ボイスオーバー [ ]• (ナレーション全般、2012年4月9日 - )• (若い女性役、サブナレーション、2012年4月9日 - ) 2012年4月9日以降は上記2名以外クレジットされない。 過去の出演者 [ ] 進行 [ ]• 初代:(、進行役、開始当初 - 2009年9月)• 2代目:(フリーアナウンサー、2011年8月31日まで日本テレビ所属。 進行役、2009年10月 - 2012年3月)• 3代目:(日本テレビ) アナウンス部に配属される前の2012年5月21日放送分に研修の一環として加入し、所と共に司会・進行を務めた。 同年6月1日にアナウンス部に正式に配属され、6月4日放送分の2時間SPから正式に番組に加入した。 2018年9月10日の放送を以て降板。 過去の準レギュラー [ ]• (現・林家正蔵)• (元 )• (元 光GENJI) 諸星と山本は隔週で出演。 出演途中で光GENJIは解散したものの、その後も不定期で両者とも毎年継続して出演。 (元 TOKIO)• (TOKIO) それまで出演していたの先輩である諸星・山本に代わり城島・山口・国分は順繰りで出演していたが、『』の収録との関係で降板することになり、こちらもジャニーズの先輩である少年隊の植草・東山と交代した。 (実業家としての多忙もあり、2008年以降は出演していないが、2020年3月30日のスペシャルで出演)• (演出家としての多忙もあり、2009年以降は出演せず)• (1993年頃 - 2012年3月12日)• (・1998年頃 - 2012年3月5日)• (少年隊・1998年頃 - 2012年3月12日) 植草と東山は隔週で出演。 少年隊のもう一人のメンバーであるは出演しなかった。 植草・東山が出演出来ない時はジャニーズ事務所の後輩のやなどのメンバーが出演した。 なお、東山は2020年3月30日のスペシャルで出演。 過去のナレーション・ボイスオーバー [ ] レギュラー [ ]• (中年女性役、子供役、2008年まで)• (若い男性役、老人役、広告クイズのナレーション、動物学者の吹き替え、2008年まで)• (若い男性役、衝撃映像番組のナレーション、2012年3月12日まで)• (中年男性役、「ザ・ベスト」のナレーション、2012年3月12日まで)• (セレブ向けや料理番組などのナレーション、2012年3月12日まで)• (中年男性役、オープニングクイズのナレーション、2012年3月12日まで)• (若い女性役、「ザ・ベスト」のナレーション、2012年3月12日まで。 但しリニューアル後もノンクレジットで端役を担当。 ) 不定期 [ ]• (「アニマル フェイス オフ」のナレーション)• (中年女性役)• (若い女性役、中年女性役)• (スペシャル等)• の文体は原則として(登場人物の吹き替え(ボイスオーバー)除く)武田を除く男性が普通体(「だ・である」)、女性が丁寧体(「です・ます」)となっている。 一部ナレーターを除きほぼ全員が所属であり、2012年4月以降も引き続き『世界まる見え! DX特別版』を担当している。 2014年11月24日放送の25年目突入スペシャルでは掛川、広中、武田が一時的に復帰した。 リポーター [ ]• (2012年1月30日)• (2012年2月6日)• (2012年2月20日)• (2012年2月20日) 番組名物 [ ] 本番組では所はたけしを「おじさん(たけしが、映画監督として世界的に認知され出した頃から所は「北野さん」)」と呼んでいる。 個性豊かなもある。 主になどの大規模なイベントでは、熱狂的な煽り言葉で絶叫する、間の抜けた出来事をクールに鋭く突っ込む、などの食文化や風習を情緒豊かに語るなど、ベテランによるときにはアドリブも交えた話芸である。 バーチャル動物同士のバトルを放送するの番組「アニマル フェイス オフ()」を紹介する際にはなどの格闘技番組でナレーションを担当しているを起用した。 たけしはを常備しておりに使用するが、ほとんどの場合ボケた本人ではなく所を叩く。 最近では所が自ら頭を下げ、叩きやすくする配慮もしている。 番組予告 [ ] からまでは前時間のアニメ(放送開始当時『』、以降は『』)の終了直後に広告なしで5秒間の司会者3人が登場するPR画面()があった。 この告知は、当時は楠田が「このあとは! 」と言うと、たけしが「の『』」、「『』、『』」というように全く別の番組名を言っていたり、(もちろん画面には正しい番組名が表示されている)「世界 まる見え」(これを言ったあと、楠田・所が「あらっ! 、この後すぐ! 」と言っていた。 他にも、「世界まる出し てんこ盛り」や、「世界 」と言ったバリエーションもある)や、3人全員で「世界まる見え! 」と言った後に「このあとあと」と言っていた。 のちにたけしは「見ってねー」と言うようになりボケはなくなった。 たけしの番組名ボケは『』や、他局であるが『』()や『』(、期首特番)の、それぞれの直前予告でも見られた。 たけしの着ぐるみ [ ] オープニングはビートたけしが着ぐるみを着て登場する。 初登場の番組復活後第一回ではたけしは着ぐるみではなく、普通の服で登場した。 着ぐるみの種類はなど多種多様で、時には、を発射するもの、水、、小麦粉、クリームを発射するものも登場している。 2012年以降はお笑い芸人(若手・中堅・ベテラン共通 など)のゲストが毎回登場後、たけしからバズーカやパイ投げなどで全身を汚される、或いは炭酸ガスや冷却ガスを放射されるなどで悲惨な目に遭うのがお約束となっており 、お笑い芸人とたけしはスタジオではジャージ姿(男性は 青・女性は 赤・阿佐ヶ谷姉妹はイメージカラーに合わせた 桃・たけしは自身の似顔絵入り)に着替えてVTRを鑑賞する。 着ぐるみは視聴者からもデザインを募集しており、それが採用されることもある(視聴者からの採用デザイン第1号は、2006年12月4日の放映で着られている )。 2018年9月17日の3時間スペシャルでは、本来は(・)がバズーカ攻撃を受ける予定だったが、たけしが岩田アナに「入社何年目だっけ?」とさりげなく質問をして、その隙にバズーカを左にずらして発射したため、クリームが岩田アナに被弾した。 そのため、岩田アナは急遽赤いジャージに着がえて進行を担当した。 また、岩田アナの後ろにいたも巻き添えを喰らい被弾してしまった上に、青いジャージもよゐこ向けにしか用意されていなかったため、グレーのジャケットを脱いだ状態で(奇跡的にバズーカ攻撃を免れたよゐこの2人はそのままの服装で)本編鑑賞を行った。 2019年9月23日の3時間スペシャルでは前述の攻撃を受けてからか、荒俣が再びバズーカを喰らい、その後は用意された青いジャージ姿で鑑賞している。 2020年4月13日以降の放送では、着ぐるみやお仕置きの演出が省略され、ハンマーとカツラのみで登場した。 2020年6月15日以降の放送では、着ぐるみおよび小道具でのお仕置きが段階的に復活している。 これまでの着ぐるみの製作費の合計は数千万円と言われている。 200回記念特番1995年では億を超えたと述べられている。 制作費が明らかにされている中での最高額358万円は、長崎にあるカステラ屋のクマであった。 なお、最低額1500円は大道具担当。 「この着ぐるみを着たたけしを世界各国の人に見せ、反応を窺う」というコーナーがあったが、その際、映画監督としての北野武とのギャップに驚き、泣き出してしまうファンさえいた。 この時にたけしは「だ! 」と語っている。 このコーナーの総集編を初めて流したのは『世界の人々よ 日本の番組を見てくれ』シリーズのモスクワ編。 モスクワの小学校で子供たちにこのコーナーVTRを見せたが、大笑いした後の子供達の感想が「自分を犠牲にしても皆を楽しませようとするエライ人」と冷静に分析された。 なお未開のジャングルに住まれる方々に見せた折は「これほど着飾れる立場の者なのだから」と部族長と勘違いされて貴重な狩猟の道具を贈られていた。 「平成教育男()」、「ゴールデンハンマー男()」など、この番組の司会者またはレギュラー出演者に縁がある他局の番組が元ネタの着ぐるみもあった。 オートバイ事故直後に放送予定であった着ぐるみは、ウエイトレスが運んできた皿には血まみれの生首「たけし本人」が乗っているというものであった。 しかしこれは差し替えで他の着ぐるみの回が放送され、収録ストック分最後で放送された。 なお、同日収録分は、オートバイで走り回る暴走族の着ぐるみであったので、これも日付を後に差し替えられている。 過去にあったコーナー [ ] 近日公開ルーレット 番組のラストに電動ルーレットで選ばれた来週以降に放送予定のVTRを数秒だけ流すコーナー。 TIMEマシーンQUIZ 過去に撮影された映像からクイズを出題。 問題が出た後、「まる見え特選 究極の四択」と題して4つの選択肢を提示。 スタジオでは、パネラーがその4択の中から答えを選ぶ。 正解発表のVTRでは、ルーレットを模した演出で発表。 正解の選択肢でルーレットが止まり、そのまま映像の続きが流される。 スタジオでの正解者には、週替わりの賞品が送られた。 まる見え5秒クイズ VTRの続きを予想する3択クイズを数問出題。 1問ごとに、5秒以内に正解だと思う選択肢の札を揚げる。 全問終えた時点で正解数が最も多かったパネラーに賞品。 ロシアンルーレット スタジオの企画。 VTR終了後、その内容に因んだロシアンルーレットゲームにパネラーが挑む。 大抵は1人1本ずつ紐を切っていき、ハズレの紐を切ると大量の発泡スチロールや水に塗れる形式で行われる。 対象国は、、、、、、、など。 その他 [ ]• の特番放送時には、前のに『』の曲を流用していた。 1990年代番組内では『』のBGMが、5秒クイズなどを中心によく使用されていた(この当時から提供スポンサーにがついているため)。 さらに任天堂がスポンサーになった数回目にたけしが「スーパーマリオブラジャーズ」のコスプレで登場した。 似たような事例では、同じく日テレで任天堂が提供している『』ではコイン獲得時のSEが使用されている。 同様にたけしがF1レーサーになった回では当時の番組スポンサー全社のロゴがあしらったレーシングカーが登場した。 たけしが何らかの都合で出演できない場合、本人に似せて作った人形が彼の席に置かれていた時期がある。 この際、所によって鼻に指を突っ込まれて運ばれてきたり、椅子に上下逆さに座らせられたりと散々な扱いをされていた。 バイク事故で療養中だった1994年秋からの半年間などでは、所への伝言などを書いた置き手紙式の看板札をたけしの座っていた椅子に立てていた。 かつてたびたび行われていたは、2003年ごろから実施されなくなっていたが、2009年3月30日放送の2時間スペシャルにて再び実施された。 海外の嘘くさい番組の検証を番組独自に行うことが時折見受けられるが、初期には、稀にタレントを伴った回が存在する。 中国の村人全員奇術師だらけ村にはを、台湾の市街戦の様相を呈した地獄絵図な花火大会には林家こぶ平(現・)を出演させていた。 手品の検証にはMrマリックで、爆竹とロケット花火に泣き叫ぶ情けない役どころにはこぶ平と、ベストマッチ・ミスマッチでの出オチも狙った適材適所なタレントを配していた。 スタジオ [ ] パネリストは画面から左に準レギュラー2-3人、正面に女性司会者・所・たけし、右にゲストパネラー2-3人(2人では女性タレントと男性タレント、3人では女性タレントとお笑いコンビ1組の場合が多い)という構成になっている。 2012年4月のリニューアル以降は、所・たけしの右隣にゲストが2人 - 3人、高い椅子に2人程度座る。 ほとんどの時間はが中心で、から最新グッズを紹介することやクイズコーナーもある。 以前はというコーナーもあり、2003年ごろから行われていなかったが、2009年3月30日の2時間スペシャルで久々に復活した。 クイズコーナーで出題されるクイズには何の広告かを当てるクイズ、正しいと思う事柄をA・B・Cの中から当てるクイズ、わかったら正解を叫ぶクイズ、5秒で考える名前通りの「5秒クイズ」などがある。 一定数の問題を終えた時点で、正解数が最も多い参加者が優勝となり景品が送られる。 かつては『』で出題されたこともあった。 ネット局と放送時間 [ ] 『世界まる見え! テレビ特捜部』ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 (NTV) 制作局 月曜日 20:00 - 21:00 (STV) (RAB) (TVI) (MMT) (ABS) (YBC) (FCT) (YBS) (TSB) (TeNY) (SDT) (KNB) (KTK) (FBC) 日本テレビ系列 (CTV) 日本テレビ系列 (ytv) (NKT) (HTV) (KRY) (JRT) (RNC) (RNB) (RKC) (FBS) (NIB) (KKT) (TOS) 日本テレビ系列 (KYT) 日本テレビ系列 (UMK) フジテレビ系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 土曜日 13:30 - 14:30 (OTV) フジテレビ系列 木曜日 15:53 - 16:50 過去のネット局 [ ]• (当時フジテレビ系列・日本テレビ系列(NNNのみ加盟、NNSは非加盟)、現在フジテレビ系列) - 1990年7月から9月まで放送されたレギュラー第1期を同時ネット。 なお1991年4月から開始のレギュラー第2期は、同時期に開局した長崎国際テレビにて現在まで放送している。 (当時フジテレビ系列・日本テレビ系列、現在フジテレビ系列) - 鹿児島読売テレビ開局前の1994年3月まで同時ネットで放送後、鹿児島読売テレビへ放映権移行。 放送時間の変遷 [ ] 期間 放送時間() 1990年7月 - 1990年9月 月曜日 20:00 - 20:54(54分) 1990年10月 - 1991年3月 () 1991年4月 - 2009年3月 月曜日 20:00 - 20:54(54分) 2009年4月 - 2009年9月 月曜日 19:58 - 20:54(56分) 2009年10月 - 2017年3月 月曜日 19:56 - 20:54(58分) 2017年4月 - 月曜日 20:00 - 21:00(60分) 世界まる見え! DX特別版 [ ] 再放送はかつては行われていなかったが、2009年10月4日より、過去に本放送で反響があったVTRを集めた『 世界まる見え! DX特別版』 が放送されていた。 当番組では、本放送の再放送VTRのほか、スタジオでは独自の特集やトークが繰り広げられる。 楠田は2009年9月に本放送の司会を降板したが、この『DX特別版』の司会として引き続き出演していた。 放送時間は当初、毎週10:25 - 11:25であったが、2011年4月より日曜日12:45 - 13:55に枠移動した(『』が枠移動し、放送時間が拡大したため)。 枠移動後はとなったが、毎週1人ずつゲストを迎えている。 を以て放送終了。 出演者 [ ]• (日本テレビアナウンサー)• (2012年11月 - 2013年3月、日本テレビアナウンサー)• (2011年4月 - 2012年3月、当時日本テレビアナウンサー)• (2012年5月 - 2012年11月、日本テレビアナウンサー) 主なナレーション・ボイスオーバー [ ]• 野田圭一(中年男性役、「ザ・ベスト」のナレーション)• 江森浩子(若い女性役、「ザ・ベスト」のナレーション)• 広中雅志(若い男性役、衝撃映像番組のナレーション)• 掛川裕彦(中年男性役、オープニングクイズのナレーション)• 三村ロンド(2012年4月以降のナレーション全般)• 國府田マリ子(2012年4月以降のサブナレーション及び女性役)• 幸野善之• 山本圭一郎• (2013年1月13日のナレーション) ほか。 なお武田広はこちらを担当しておらず、武田がナレーションしていたものは新たに収録し直されている。 過去のネット局 [ ] 一時期、以下の局でも同時ネットされていた。 MMT (2009年10月4日 - 2010年1月17日)• SDT (2009年10月4日 - 2010年1月31日)• (KKT)(2009年10月18日 - 2010年3月14日)• (CTV)(2010年7月25日 - 2010年12月19日)• RNC (2009年10月4日 - 2011年3月27日)• (KTK)(2010年4月4日 - 2011年3月27日)• HTV (2010年10月3日 - 2011年3月27日) スタッフ [ ] 世界まる見え! テレビ特捜部(2012年4月9日から) [ ] 2020年6月15日時点• 構成:、、、平出尚人/• カメラ:矢作陽一、星勇次• 調整:飯島友美• 音声:加賀金重 十 郎、高木哲郎、小境健太郎• 照明:小川勉• アートプロデューサー:高津光一郎• 美術・デザイン:田澤奈津美、高木智恵子• 装置:原仁志• オブジェ:清水綾乃• 装飾:後藤隆彦• 電飾:村上愛奈• モニター:中川英幸• 美術協力:• 編集:反畑弘一()• MA:東口智大、松岡洋一(オムニバス・ジャパン)• 音効:堺慶史郎、室加徳彦• AD:村田晴香、中村万里、飯作優太、白井拓人、久保木泉、ネルムス健、廣井嶺、傳彩夏、藤見勝久、石山裕一朗、浅野峻祐、小澤椋馬、加藤百夏、山本圭一、内藤七海、服部未来、新井麻友、宮崎夏帆、平野千智、一瀬天也、山根繭、石尾竜晟、中野有貴、都竹栞、斉藤瑞穂• デスク:高桑繭子• TK(タイムキーパー):毛利弘子• AP:岡野芳子、竹下美佐• 演出・プロデューサー:渡邊政次(2016年12月5日-2019年11月まで演出、2019年12月2日から演出・プロデューサー)• 総合演出:三浦伸介(2012年4月9日-2016年11月28日は演出、2016年12月5日から総合演出)• 制作協力:、、(旧:)• 製作著作:日本テレビ放送網 過去のスタッフ [ ]• 制作協力:、えとせとら、インターフォース• 映像協力:、GMA-7• 企画・監修:(2009年7月6日 - 2012年6月4日、1998年6月 - 2007年6月まではCP)• 総合演出:吉川圭三(開始当初から1997年7月まで)、財津功、小澤龍太郎• 構成:、、/、、小池正宏、石塚祐介、• 編成:松隈美和、中村圭吾、池田潔美、渡瀬慶吾、森俊憲• 広報:織田弘美、大関雅人、斉山嘉伸、小泉真紀、立柗典子、長谷川幸恵、、斉藤由美、友定紘子、永井晶子• 営業:齊藤尚宣、中山大輔、影林雅子、前田晋太郎、末岡寛雄• 演出:尾髙賢哉• 制作進行:伊藤英恵• AD:栗原憲也、川久保貴之、垣内彬江、河野裕昭、深田健志、小川英樹、西谷理、儀武良、櫛山慶、田上明日香、大石文博、黒川潤平、阪本麻友、吉岡那月、齋藤竜司、森田佐知子、佐藤俊輔、宮下健太郎、木下佑輔、坂本純一、安田純奈、近藤新平、大江舞、佐々木健太、尾崎貴志、木村洋平、原郁実、横井啓人、奥秋桃子、手塚真顧、肥田大輝、崔熙善、清瀧朋奈、田名網晃二、伊藤颯希、村松千晶、河野寛之、竹澤里美• 海外プロデューサー:岡部喜一、小野田尚央、佐藤久美子、矢沢秀樹、岩下英恵• 海外コーディネーター:OFFICE KEI INC. 海外リサーチ:AKIHITO SHIMOKAWA、本間章予• 映像コーディネート:安藤啓雄、太田三貴子、大濱航至、三又菜採、トーマス・ハム、十文字笙子、高橋沙季• リサーチ:今井紳介• リサーチ協力:NTVE、杉本ルリ子、山口恵子、西川恵 育 子、和久井桃子、戸谷早苗、土居ひとみ• 調査:稲葉潔• デスク:佐々木美香、遠藤由紀子、上松千花• TM(テクニカルマネージャー):高木冬夫• TD(テクニカルディレクター):安波次夫• SW:新井悦男、小林宏義• カメラ:松村興、工藤恂児、水梨潤、望月達史、保刈寛之、小林宏義、佐藤裕司、早川智晃、田代義昭、大庭茂嗣、吉田健治、岩永雄允• 調整:斉 斎 藤智徳、中野信、佐藤満、夏目充博、沼田広美、竹内幸治、小熊透、佐久間治雄、田口徹、飯島章夫、杉本裕治、笈川太、岩原正明• 音声:飯地浩美、小川洋文、斉藤勝彦、古川誠一、鈴木詳司、清水秀明、今村公威、中島和真、瀧島要介、高木哲也、勝又理行、小原正広、滝口祐造、瀧健太郎、宮内貞• モニター:飯野和彦• 美術(アート)プロデューサー:山浦俊夫、小野寺一幸、松崎純一、山本澄子、牧野沙和、園田悠之佑、戸苅裕一• 美術デザイン:石附千秋、熊崎真知子、本田恵子、小川裕史• 美術進行:小池寛• 装置:三宅武士• オブジェ:今井隆之、前田賢治• 装飾:秋山弥生• 電飾:高橋知雄、渡辺恵美、稲葉光宣、飯塚奈美• 造園:安澤淳• 衣装:宮田薫• メイク:外山奈津子• 持道具:福井沙羅、深澤麻莉子• 特効:平岡栄治、松田梓、栗原寛享• ロケ技術:宗円俊之、宮武亜伊• 編集:新井隆水、内田恵美、藤田麻美、今泉麻美、嶋野淳子、松崎猛、米山滋、山中陽子、田中直人、稲垣浩二(オムニバス・ジャパン)• MA:清水伸行、水野貴浩、坂本龍平(オムニバス・ジャパン)• 音効:岩田匡司、井上研一、山本香織• TK:池田佳寿子 世界まる見え! DX特別版 [ ]• 企画・監修:吉川圭三• 構成:吉橋広宣、ヒロハラノブヒコ• TM:木村博靖• SW:高野信彦、大庭茂嗣• カメラ:水梨潤、早川智晃、今別府元気• 美術:山本澄子• デザイン:本田恵子• 美術協力:日テレアート• 編集:松崎猛、米山滋(オムニバス・ジャパン)• MA:水野貴浩、東口智大(オムニバス・ジャパン)• 音効:堺慶史郎(M-TANK)• デスク:高桑繭子• AP:小原綾• AD:上沼拓也、北川めぐみ、大江舞、伊藤翔一• 海外リサーチ:NTVIC、NTVEUROPE• 映像協力:TOKYOBISION、モスキート(以前は制作協力)• 制作協力:AX-ON、日企、インターフォース(途中まで)• ディレクター:陶山桂輔、木村光一、深谷圭二、吉田尚代、合田伊知郎、櫛山慶、藤井良記、藤村潤• 演出:小江翼• プロデューサー:國谷茉莉(日テレ)、吉田尚代、佐藤悌(AX-ON)、岩谷友美、松島美由紀• チーフプロデューサー:面高直子(日テレ) 人気コーナーとなった海外の番組 [ ] 本番組では海外の人気番組を集めて放送しているが、その中でも番組内で度々放送される事になった作品を本項目では記述する。 また、一部の番組は日本テレビ系の動画配信サービスで配信されているため、番組終盤ではその告知が入ることもある。 Beyond 2000()• 関連項目 [ ]• - 1991年秋では初出場かつ優勝者。 1999年春では所が出演している『』と同時に参加。 - 日本で初めて紹介。 - 同上。 日本ではの番組『』として放送。 たけしも1000万円を獲得経験あり。 脚注・出典 [ ]• 『世界まる見え! テレビ特捜部』担当。 一部放送回はで実施。 番組開始から2011年9月まではを実施。 リチャード・A・ホワイティング Richard A. Whiting 作曲。 元は1937年のミュージカル映画「聖林(ハリウッド)ホテル」Hollywood Hotel のナンバー、演奏は指揮• 1994年までの特番にほぼ毎回ゲスト出演した後は長らく出演が途切れていたが、この回で当番組に20年ぶりに出演した。 楠田は東海地方での仕事の都合で放送終了30分前にスタジオ入りした。 マイナビニュース 2017年2月20日発行、同日閲覧。 但し2012年11月5日放送分はがクレジットされた。 攻撃を受けるのはコンビ芸人が多く、などの一部ピン芸人や、のなどのコンビ芸人の地味な方は、出演してもたけしの攻撃対象にならない場合もある。 また若手芸人はブレイク後にこの番組に出演することが多いため、コンビによっては攻撃後にたけしに感謝のコメントをする者もいる。 水やバズーカなど、服装を汚される場合は攻撃を喰らう芸人のみピンマイクを付けていない状態で登場する。 回によってはセットおよび他のゲストへの汚損防止として床面やスタジオ内に透明なビニールシートが敷かれていることがある。 スタジオ全体への無差別放水の場合もあり、その時は最前列の観客にもビニールシートが渡されている。 炭酸ガス・冷却ガスの場合はお笑い芸人も着替えずに私服のままでVTRを鑑賞。 回によってはトーク中に所やたけし・芸人以外のタレント・エージェントなどの出演者から「誘拐犯」や「売れない芸人」などまたは芸人本人らのネタをイジられたり、VTR鑑賞途中で仕掛けを食らったり、ゲテモノ料理を食べさせられる事がしばしばである。 2015年3月までは同時ネット。 2015年4月から月曜19時台・20時台がフジテレビ系同時ネット枠に変更された関係で、土曜午後の遅れネットとなった。 なお遅れネット化と同時に、『』から続いてきた月曜20時台の日本テレビ系番組同時ネットも終了した。 放送上及び正式タイトルは『 世界まる見え! テレビ特捜部 DX特別版』。 2011年秋頃は、エグゼクティブ・プロデューサーと表示。 外部リンク [ ]• - 番組公式サイト• - 19:56 - 19:58枠 前番組 番組名 次番組 ギャンブル狂騒曲 - ムーン・ナイト・セレナーデ 月光夜曲 - 夢見るジョンジョロリン - いい加減にしろよ - Do! - - 寿司屋 生鮮魚介類小片付握飯量販店 - ほんとうにいい気持ち - ご心配なく - 正男という名で小学生 - 君と二人で - まったくやる気がございません - 銀座アンノン娘 - - 私の名前で出ています - - - 恋のバックファイヤー - LAST NUMBER - 白いTシャツ - ブルーライトチャイナタウン - 故郷 - 世田谷のアラブ人 - 春一番の前 - 真っ暗な夜に - ラクダの商人 - 僕の犬 - 東京BIG CITY - わかんない2 - - トンカチ - - - アルバム ジョージ・ファースト 現金に手を出せ!! - ジョージのセロリ・パセリ - 成りさがり 大学ぐらいは出たかった - LIVE 追跡 - REVENGE OF HONG KONG 〜ホング・コングの逆襲 - みんな不良少年だった - FUEL ALBUM - PILE DRIVER - FROM TOKOROZAWA WITH LOVE 〜所沢より愛をこめて - BLUE LIGHT CHINATOWN - HEAVY LIGHT - NIGHT OF COYOTE 〜コヨーテの夜 - ホテル・チャイナタウン - 僕の犬 - ブタとダイヤモンド - - - - 本物 - 安全第二 - コケコッコゥ!! 〜七色の声色〜 - ハーレーの唄 関連項目.

次の