とくとく bb 電話。 0570045109はGMOとくとくBBお客さまセンター

【徹底解説】GMOとくとくBBの解約方法!解約月の確認から違約金まで

とくとく bb 電話

ホームタイプは、一戸建てにお住まいの場合にお申し込みいただけます。 解除後の引込線撤去には撤去工事費28,800円(税抜)がかかります。 2018年2月28日以前のお申し込みで、回線撤去が必要な場合は撤去工事費10,000円(税抜)がかかります。 auひかり ホームタイプ ギガ得プランは2年間を契約期間(ご利用開始月~24カ月目の月末まで)としてご利用いただくプランです。 2年単位で自動更新となります。 契約更新月(契約満了月の翌月および翌々月)以外の月に解除またはギガ標準プランへプラン変更された場合、契約解除料9,500円(税抜)がかかります。 auひかり ホームタイプ ずっとギガ得プランは3年間を契約期間(ご利用開始月~36カ月目の月末まで)としてご利用いただくプランです。 3年単位で自動更新となります。 契約更新月(契約満了月の翌月および翌々月)以外の月に解除または他プランへ変更された場合、契約解除料15,000円(税抜)がかかります。 auひかり マンションタイプ お得プランAは2年間を契約期間(ご利用開始月~24カ月目の月末まで)としてご利用いただくプランです。 2年単位で自動更新となります。 契約更新月(契約満了月の翌月および翌々月)以外の月に解除された場合、契約解除料7,000円(税抜)がかかります。 auひかり マンションタイプ お得プランは2年間を契約期間(ご利用開始月~24カ月目の月末まで)としてご利用いただくプランです。 2年単位で自動更新となります。 契約更新月(契約満了月の翌月および翌々月)以外の月に解除された場合、契約解除料9,500円(税抜)がかかります。 お申し込み後、実際の世帯数および住居環境を確認した後に確定となるため、お客様にて選択できません。 国内ダイヤルアップ接続(テレコミアクセスポイントを除く)は、追加料金なしでご利用いただけます。 ただし、auひかり 電話サービスからのダイヤルアップ接続はできません。 初期費用はお客様の環境、工事の規模・状態などにより金額が異なる場合があります。 この場合、別途追加工事費用が発生する場合があります。 初期費用は分割払いとなります。 開通月の翌月より発生し、月遅れでのご請求となります。 お支払いが完了する前にauひかりを解除された場合、初期費用残額を一括してご請求させていただきます。 なお、宅内LANサービスをお申し込みの場合、機器レンタル料500円(税抜)~の追加料金がかかります。 ホームタイプ、マンションミニ ギガの月額費用には、ご利用に必要な機器レンタル料金が含まれております。 なお、宅内LANサービスをお申し込みの場合、機器レンタル料500円(税抜)~の追加料金がかかります。 機器レンタル料は月遅れでのご請求となります。 初期費用と月額費用はGMOとくとくBBへのお支払いとなります。 ただし、お支払い方法「KDDIより請求する」をお選びいただいた場合、KDDIへのお支払いとなります。 お申し込み手続き時にお支払い方法を「KDDIより請求する(auケータイとまとめる)」(以下「KDDIまとめて請求」といいます)を必ずご選択ください。 「KDDIより請求する(マイラインとまとめる)」「KDDIより請求する(ホームプラス電話とまとめる)」をご選択いただいた場合、KDDIが実施する「固定通信サービス請求統合」の対象となりますが、auまとめトークは適用されません。 KDDIまとめて請求は、auケータイの請求とKDDIが提供する固定通信サービスの請求をまとめるサービスです。 KDDIまとめて請求をご利用の場合、auまとめトークにおいて、ご自宅のauひかり 電話サービスからauケータイ、auおうち電話(マイラインを除く)への国内通話が24時間無料になります。 KDDIまとめて請求は、まとめる先のauケータイのご契約者名義がauひかりのご契約者と同一または家族の範囲でお申し込みいただけます。 同一名義人もしくは同一姓・同一住所でない場合、KDDIより家族関係を証明する書類の提出をお願いする書面が送付され、KDDIに再申し込みが必要となります。 お手続きに際して不備などがない場合は、初回請求よりKDDIまとめて請求となります。 不備が発生した場合はauひかりサービスなどの単独でのKDDI請求となります。 なお、お手続きの結果につきましては、KDDIより書面にてお知らせします。 KDDI請求で窓口払い(auショップ、コンビニエンスストア、各種金融機関などでの窓口払い)のお客様は、振込用紙のお届けが必要なため、「紙請求書」を発行します。 割り引きの適用は、お手続き完了後となります。 、はKDDIのサービスとなります。 適用条件や割り引きの詳細は、リンク先のページをご覧ください。 ・本サービスはベストエフォート型のサービスです。 記載の速度は、理論上の最大接続速度でありインターネットご利用時の通信速度を保証するものではありません。 ・ネットワークへの過大な負荷が生じるのを防ぐため、一度に大量のデータを送受する通信が一定期間継続された場合、通信速度を制限させていただくことがあります。 ・最大速度とは、技術規格上の最大値であり、お客さま宅内での実使用速度を示すものではありません。 ・本サービスはクーリングオフの対象外となりますのであらかじめご了承ください。 ・本サービスに関するお問い合わせは全てまでお願いいたします。 お困りの際は、をご活用ください。 ・法人名義の方もお申込みいただけます。 しかしながら、2019年6月末日までに入会したお客様は2019年9月分のご利用料金から、2019年7月以降に契約したお客様は契約開始時点から、社団法人電気通信事業者協会が公表した番号単価を「ユニバーサルサービス料」としてお客さまのご負担とさせていただきます。 ユニバーサルサービス料についてはをご確認ください。

次の

ドコモ光(GMOとくとくBB))に接続

とくとく bb 電話

注意 : GMOとくとくBB、解約時の違約金は最大24,800円 まずは、GMOとくとくBBを解約するときに大きなネックとなる解約違約金について確認しましょう。 WiMAX2+の3年契約プランの場合、 3年ごとの契約更新月に解約すれば解約違約金は請求されません。 ですが、どうしても他社に乗り換えないといけない場合や、急にWiMAX2+が不要になった場合は、契約更新月まで待てないこともありますよね。 その場合、 解約するタイミングによって契約違約金が大きく異なることに注意が必要です。 下の図を見るとわかるように、WiMAX2+の端末発送月の翌月を1か月目として、24か月目までに解約した場合は、24,800円もの解約違約金を支払わなければなりません。 そして、25か月目以降、契約更新月以外に解約する場合は、解約違約金は一律9,500円です。 最初の2年以内に解約する場合のお得な方法 先ほど述べたように、最初の2年以内に解約する場合は、 解約違約金がかなり高額となります。 そのため、2年以内で解約したい場合は、あえて解約時期をずらしたほうがお得になる場合があります。 24か月目までの解約違約金(24,800円)と25か月目以降の解約違約金(9,500円)の差額は15,300円。 そして、各プランの月額利用料金は、• 契約後すぐなら、違約金無料になる場合も もし、あなたがGMOとくとくBBを契約したばかりで、「申し込んではみたものの、思ったほど速度が出ない」といった不満を持った場合は、 契約後すぐであれば契約違約金を払うことなく解約することができます。 次の2つの方法があるので、順番に説明しますね。 端末本体• 内装箱• 取扱説明書• 保証書• USBケーブル• 電池パック(内蔵型の機種をのぞく)• SIMカード• 初期契約解除書面(下図参照) これらを返却しない場合、端末代金(20,000円)が請求されてしまうので注意してください。 なお、解約違約金は不要ですが、事務手数料(3,000円)は請求されます。 初期契約解除書面例 画像引用: 20日以内の解約違約金無料キャンセル 「解約したいけど、8日を過ぎてしまった!」「8日では接続状況がよくわからないから、もう少し長く試してみたい」という人は、こちらを検討してみてください。 以下の3つの条件に該当すれば、申し込みから20日以内であれば、解約違約金なしで解約(キャンセル)することができます。 BBnaviにログインする• 「現在ご利用中のサービス確認」を選択して、契約更新月を確認する 画像引用: なお、 契約更新月に解約する場合は、表示されている契約更新月の前月21日~契約更新月20日の間に手続きをする必要があります。 ただし、 毎月1日~10日頃(請求作成期間中)はBBnaviでの解約手続きができません。 このとき、• とくとくBB会員ID• 契約者氏名• 生年月日• 契約時の電話番号• メールアドレス などの情報を入力することが求められるので、会員IDなどはあらかじめ準備しておくことをおすすめします。 契約更新月についての回答は、GMOとくとくBBからメール(info gmobb. jp)で送られてきます。 jp」からのメールを受信できる状態にしておきましょう。 契約更新の案内メールからの確認方法 契約更新月の1か月前頃に、GMOとくとくBBから契約期間の更新に関する案内メールが届きます。 自動更新後の契約期間なども書かれているので、次の契約更新月も把握できます。 BBnaviでの解約を考えている場合は、このメールを受け取ってからBBnaviで解約ができる21日になるまでの間に忘れてしまわないよう、対策をとっておきましょう。 STEP1.へログインする• STEP2.「サービス・オプションの削除・解約」を選択し、一番下の「解約」ボタンをクリック 画像引用:• STEP3.注意事項を読んですべてにチェックを入れ、一番下の「解約」をクリック 解約の受付が完了すると、「解約」ボタンが「退会をキャンセル」ボタンに切り替わります。 また、「解約申請受付のお知らせ」メールが送られてくるので、内容を確認しておきましょう。 なお、前にも触れましたが、 解約更新月で解約するためには、契約更新月の前月21日~契約更新月20日の間に手続きをする必要があります。 契約更新月の21日以降に解約を申し込んだ場合は、解約違約金が発生するため、注意しましょう。 注意 : BBnaviから解約手続きができない場合 BBnaviは手間の少ない解約手続き方法ですが、以下の場合はBBnaviからの解約ができません。 契約更新月以外• 請求作成期間中(毎月1日~10日頃)• 申し込みから1か月経過していないオプションがある それぞれくわしく説明します。 契約更新月以外 BBnaviから解約できるのは、契約更新月の前月21日~契約更新月の20日まで。 その間だけ「解約」ボタンが表示されるので、解約手続きに進むことができます。 この期間以外に解約する場合は、メールまたは電話で手続きしましょう。 請求作成期間中(毎月1日~10日頃) 毎月1日~10日頃は請求作成期間となるため、BBnaviでの解約手続きはできません。 この場合も、メールまたは電話で手続きしてください。 申し込みから1か月経過していないオプションがある GMOとくとくBBのすべてのサービス/オプションには、特に契約期間や最低利用期間の明記がなくても、1か月の最低利用期間が設けられています。 したがって、 申し込んでから1か月が経っていないサービス/オプションがひとつでもあると、契約更新月であっても「解約」ボタンが表示されず、解約手続きができません。 GMOとくとくBBの解約手順【メール編】 ここからは、メールでの解約手順について解説します。 更新月以外で解約したい場合や、申し込んでから1か月を経過していないサービス/オプションがある場合など、BBnaviで解約手続きができないときには、時間を気にせずに利用できるメールでの解約が便利です。 手順は2ステップ。 「お問い合わせフォーム」にアクセスする• 以下の情報を入力して送信する• とくとくBB会員ID• 契約者氏名• 生年月日• 契約時の電話番号• メールアドレス• 問い合わせ内容 送信後、GMOとくとくBBから解約についての連絡があります。 注意:GMOとくとくBBからのメールを受信できるようにしておく 前述のように「お問い合わせフォーム」から解約を申し込むと、記入したメールアドレスにGMOとくとくBBからメール連絡があります。 そのため、事前に「info gmobb. jp」からのメールを受信できる状態にしておきましょう。 GMOとくとくBBの解約手順【電話編】 最後に、電話での解約手順を解説します。 ネットでの手続きが面倒な人は、電話で解約するといいですね。 ただし、• 受付は平日の10時~19時まで• 契約者本人が電話をする必要がある といった制限があるので注意してください。 電話での解約手続きは、「GMOとくとくBB お客さまセンター」へ電話するだけ。 それらの曜日や時間帯を避けて電話することをおすすめします。 GMOとくとくBB解約時によくある4つの質問 ここまでで、GMOとくとくBBの契約更新月や解除手順について理解できましたね。 最後の章では、GMOとくとくBB解約時に多くの人が疑問に思う点を4つご紹介します。 これらを確認すれば、安心して解約手続きに進むことができますよ。 〔GMOとくとくBB〕解約時によくある質問• Q1,• Q2,• Q3,• Q4, Q1. SIMカード、端末は返却する必要がある?• 【A1.SIMカードのみ返却する必要があります。 】 解約した場合、WiMAX2+の端末は返却不要ですが、SIMカードは返却する必要があります。 解約手続きを終えたら、 解約月の翌月末までに、GMOとくとくBBにSIMカードを返送してください。 SIMカードを返送しなかった場合は、SIM損害金(3,000円)が請求されますので、忘れないようにしましょう。 解約後の再契約は可能?• 【A2.再契約はできますが、キャッシュバック特典は適用されません。 】 再契約はできますが、高額キャッシュバックキャンペーンは適用されません。 このキャッシュバックキャンペーンは、新規申し込みの場合にのみ適用されるからです。 過去にGMOとくとくBBを契約していて退会した人が申し込んだ場合は、このキャッシュバックキャンペーンの対象外となります。 再契約をする場合は、月額割引キャンペーンがオススメです。 契約更新月の20日までなら解約をキャンセルできる 「解約違約金のかからない契約更新月に慌てて解約してしまったけど、早まってしまった!」という場合は、契約更新月の20日までであれば、再契約などの手続きなしで解約をキャンセルすることができます。 「」でも触れましたが、BBnaviでの解約手続きが完了した後、「サービス・オプションの解除・解約」画面の「解約」ボタンは「退会をキャンセル」ボタンに切り替わります。 この「退会をキャンセル」ボタンを押せば、解約をキャンセルできます。 解約月は日割り計算で請求になる?• 【A3.解約月は日割り計算されません。 】 20日までに解約手続きした場合、その月の末日付けで解約となります。 したがって、 1日に解約手続きをしても、20日に解約手続きをしても、月額利用料の日割り計算はされず、1か月分の料金が請求されます。 解約するとGMOポイントはどうなる?• 【A4.GMO IDを変更すれば引き続き利用できます。 jpなど)が使えなくなります。 そのため、GMO IDにこのGMOとくとくBBのメールアドレスを使っている場合は、解約後は貯めたGMOポイントが使えなくなってしまいます。 ですので、 GMOとくとくBBを解約する場合は、事前にGMO IDをGMOとくとくBB以外のメールアドレスに変更しておきましょう。 まとめ 最後にここまでの内容をおさらいします。 解約違約金は解約のタイミングによって異なる• 24か月目までに解約した場合:24,800円• 25か月目以降の契約更新月以外に解約した場合:9,500円• 契約後8日以内であれば、解約違約金なしで解約できる(事務手数料は必要)• 契約後20日以内であれば、解約違約金なしで解約できる(事務手数料、月額料金は必要)• 契約更新月前月21日~契約更新月20日に解約手続きをすれば、解約違約金なしで解約できる• 契約更新月は以下のいずれかで確認できる• BBnavi• 問い合わせフォーム• 契約更新の案内メール• GMOとくとくBBの解約は以下のいずれかで手続きできる• 契約更新月以外• 請求作成期間中(毎月1日~10日頃)• 申し込みから1か月経過していないオプションがある• メール(問い合わせフォーム)• 電話(GMOとくとくBBお客さまセンター:0570-045-109(平日10:00 ~19:00))• 解約後はSIMカードを返却する必要がある• 解約後に再契約をしても、キャッシュバックキャンペーンは適用されない• 解約月の料金は日割り計算されず、1か月分が請求される• 解約前にGMO IDをGMOとくとくBBのメールアドレス以外に変更しておけば、解約後もGMOポイントが利用できる 1日遅れただけで、24,800円や9,500円もの出費が発生するのは、本当に避けたいですよね。 今回の記事を参考に、できるだけお得にGMOとくとくBBを解約し、新たなインターネットライフに進んでください。

次の

GMOとくとくBB (ドコモ光)のデメリットや悪い評判が気になる!速度や料金など実際に使って公開!

とくとく bb 電話

これは一体どう言う事なのか、 考えられる原因についてご紹介します。 そして、万が一 請求上の間違いがあるのであれば、過払いにならないように 早いうちから対応して貰いましょう。 ちなみに、 各キャンペーンによって 月額料金が異なり、それぞれの月額料金は以下のようになります。 更に、 月額割引キャンペーンに申し込んだ方が WiMAX端末のクレードルを購入した場合には、 クレードル代も請求されます。 その他にも、WiMAX端末で ハイスピードプラスエリアモードを利用した月には、 月額1,005円の LTEオプション料も発生します。 ちなみに、 3年プランや auスマホ割プランに申し込んだ方は、 LTEオプション料が免除となります。 ですので、実際に請求される金額は 消費税分が加算されます。 月額割引キャンペーンに申し込んだ方が WiMAX端末のクレードルを購入すると、 クレードル代も請求される。 WiMAX端末で ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、 月額1,005円の LTEオプション料が発生する。 このタイミングは決まっていて、 契約2ヵ月目のタイミングとなります。 これらの有料オプションには 最大2ヵ月の無料期間があり、 無料期間の終了したタイミングで急に請求が始まるのです。 ただ、 各有料オプションには 最低利用期間がありますので、契約後 すぐに解約出来る訳ではありません。 ですので、 実際の請求が始まる前に 各有料オプションを解約するのを忘れないようにしましょう。 各有料オプションには 最低利用期間が定められているので、 無料期間中に忘れず 解約手続きを済ませる。 ですから、 どう考えても明らかに請求額がおかしい場合には、 遠慮せず お問い合わせフォームからお問い合わせをしてみましょう。 君得ネット 「 インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」 そう言う、 インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。 その理由ですが、 インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。 それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。 また、 それら インターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。 ですので、 その 最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。 そこで頼りたくなるのが、 インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。 ただ、 インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。 しかも、その情報が正しければ良いものの、 誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。 その中には、 超有名な大手比較サイトでありながら、 1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。 この 大手比較サイトの嘘情報については、 私自身も一度騙されました。 だからこそ思うのですが、 私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。 そして、こう言った 悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。 じゃあ、 今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか? そこで立ち上げたのが、この 君得ネットです。 このサイトを通して 正しい情報発信を続けて行く事で、 後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。 そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、 良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。 」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。 自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。 一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、 企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。 ですので、 より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。 利害関係があるから 良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、 私自身気持ち的にも楽だったりします。 ですので、 家電量販店で インターネットの販売員をするような事はせず、こうして インターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。 自分が実際に使って、 これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。 そう言う形で 世の中に貢献出来たらと思います。 私が インターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、 ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。 そして、 2014年の8月1日からは、 モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。 それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、 あえて様々なサービスを 実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。 勿論、その中には失敗もあったりしつつ、 何度も 痛い経験をしています。 だからこそ、 インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、 実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。 そこが、 インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。 私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。 メニュー•

次の