早坂 声優。 早坂七星

【かぐや様は告らせたい】早坂愛のかぐやへの愛情は本物? 検証まとめ

早坂 声優

出典 : Amazon. 『かぐや様は告らせたい』の中でも特に人気の高い女性キャラクターと言われている早坂愛についてまとめました! 彼女の魅力、妹のような存在でもあるかぐやとの関係性、そしてかぐやに対しての愛情が演技なのか、それとも本心なのかを徹底検証します! 早坂愛(はやさか あい)キャラクター概要 出典 : Amazon. jp 『かぐや様は告らせたい』のメインキャラクターの1人で、 四宮グループ幹部の娘。 四宮家に仕える 使用人であり、本作の主人公・ 四宮かぐや(しのみや かぐや)の 侍女を務めています。 アイルランド人のクオーターで、明るい色の髪をサイドで束ねています。 状況に応じてメイド、ギャル、男など様々な 変装を施すため、多様な顔を持っています。 成績は学年114位とやや下の方。 ただしこれは、日頃かぐやの世話に多忙を極めているため勉強するまとまった時間を確保するのが難しいからと推察されます。 地頭は決して悪くはありません。 かぐやとは姉妹同然に育っており、生徒会長・白銀御行(しろがね みゆき)への好意も含め かぐやが素を出せる数少ない人物。 そのため、かぐやに依存されている傾向が強く、あらゆる難題を片づけるハメになり、日々の生活で 相当ストレスを抱えています。 そういった背景もあってか 少々スレた性格で、普段は冷静沈着でクールですが、時折不満が爆発することも。 また、適度なガス抜きなのか、 かぐやに対してちょっとした意地悪を仕掛けることもあり、かぐやからは「性格が悪い」と断言されています。 (ただしお互い様) 母親とはあまり接する機会がないため、複雑な思いを抱いているようです。 しかし基本的には甘えたいという欲求がかなり強く、要するに マザコン。 アニメの担当声優は 花守ゆみり(はなもり ゆみり)。 主(かぐや)にも遠慮しないクールビューティー 名門校・秀知院学園の副会長であり総資産200兆円の巨大財閥「四宮グループ」のご令嬢・四宮かぐやには、小等部からずっと侍女として生活をサポートしてくれる同じ年の女の子がいます。 四宮グループ幹部の娘、 早坂愛です。 姉妹同然に育っているため、かぐやにとっては 素の自分を出せる数少ない人物であり、全幅の信頼を寄せています。 一方、早坂の方もかぐやを 「かぐや様は私にとって主人である前に妹みたいなもの」と発言するなど、主従関係とは違った感情を抱いています。 というか、主従関係についてはほとんど意識していないようです。 主人であるかぐやに対し、正論の暴力で泣かせてしまったり、私物を勝手に見たり、ケータイまで勝手に触ったりと、結構な 傍若無人ぶりです。 侍女のような立場のキャラは「表では従順でも裏では……」というタイプも多いものですが、彼女の場合は表で既に遠慮も容赦もないようです。 別モードもひたすら可愛い かぐやと早坂の関係は、四宮家の人間以外には 内緒にしています。 これは生徒会の面々に対しても同様で、かぐやの思い人である白銀会長や親友の藤原千花(ふじわら ちか)についても例外ではありません。 その関係性が周囲にバレないよう、早坂はかぐやの関係者として彼らと会う時には 変装して対応します。 例えば白銀会長と接する際には髪型、眼の色(カラコン)、バストサイズ(増量)を変えた 「スミシー・A・ハーサカ(ハーサカちゃん)」に擬態します。 ハーサカちゃんは 「横浜に住む良いとこのお嬢様で、退屈な女子校に嫌気が差して東京で男を漁っている清純派ビッチ……だったけど最近本気になれる男(会長)と出会った」という設定です。 一方、藤原書記と会う時には男装した 「ハーサカくん」の姿で対応しているようです。 こちらは 「中東の紛争で両親を亡くしたアイルランド人で、ハーバードを飛び級で卒業し、父方の祖国の日本で財閥の幹部に見込まれ執事に就いているちょっと泣き虫な男性」という設定になっています。 更に学園内では 「オシャレが大好きで一見軽そうなギャルだけど実はバイト三昧でしかも男性と付き合った経験ナシ」という設定の校内擬態早坂愛で過ごしています。 いずれの早坂も口調から表情まで普段の面影が一切なく、特にギャルモードの彼女はいつものクールな姿とはまるで正反対の能天気なギャル口調です。 そして何より、どのモードの早坂も可愛い! 一粒で何度も美味しいキャラになっています。 「対四宮家早坂愛」の真相は? 出典 : Amazon. jp 仕事に関しては非常に意識が高く、ほぼ完璧にこなす早坂ですが、それだけに不測の事態(藤原書記との遭遇etc. )や厄介事(かぐやのワガママetc. )が起こると仕事が一気に増え、 ストレスも増大するみたいです。 それが心の声や独白、白銀会長への愚痴という形で表面化するケースも多く、特に かぐやへの愚痴は結構辛辣な内容になることもあります。 しかしそれは決して、かぐやを嫌っているとか、実は煙たがっているとか、本当はあんまり好きじゃないとか、そんな訳ではありません。 5巻収録のエピソード「花火の音は聞こえない」で、かぐやが京都にある本邸に呼び出され、父親からあまりにも無頓着な態度を取られた際、早坂はとても静かに 怒りを露わにし、かぐやの手にそっと自分の手を重ねます。 かぐやがまるで置物のように扱われている状況を心底忌み嫌い、それでも四宮グループの令嬢として生きなければならないかぐやの立場を理解し、 彼女に寄り添って辛さを共有している……そんな風に見えました。 表面上ではそう見えない時もありますが、 早坂のかぐやへの愛情は本物だと思われます。 ただ、唯一気になるのが11巻に収録されている 早坂の各モードに関する解説ページの記述です。 ここには前述した「ハーサカちゃん」「校内擬態早坂愛」「ハーサカ君」の説明に加え、 「対四宮家早坂愛」という 四宮家で普段仕えている際の早坂についても言及しています。 そこには、 「なんでもソツなくこなすクールなメイド。 主人のわがままに時々反発し、やや生意気な態度を取りつつ深い愛情を注ぎ主従を超えた姉妹のような関係を築いている……という設定」と記されています。 これをそのまま受け取ると、かぐやと接している時の早坂もまた、 彼女の数ある擬態の中の1つに過ぎない……ということになりますね。 また、その11巻に収録されている第108話(本誌98話)「早坂愛は話したい」では、白銀会長に 「四宮家の本家の意向で、かぐやの身辺を調査している」と述懐しています。 そして実際、 かぐやの高校生活に関するあらゆることを本家に報告しています。 かぐやを逐一監視し、彼女が四宮家の本道から外れないよう、 本家から送り込まれたスパイということです。 この一面だけを見ると、早坂がスパイ活動を円滑に行うため、かぐやに好かれやすい人格を 演じている……と解釈することもできます。 かぐやは身内に恵まれず、家族愛に飢えているため、彼女の心の拠り所となるには姉のような立場になるのが合理的だからです。 しかし、洞察に優れたかぐやが十数年ずっと一緒にいて、それに気付かないはずがありません。 早坂が自分の監視役で、本家に定期的な報告を行っていることなど、 とうに見抜いているでしょう。 かぐやもまた、常に仮面を被って生きている女の子なのですから、それに気付かないはずはありません。 お互いの行動、立場を全て理解した上で、それでも姉妹のように接しているのです。 早坂が「対四宮家早坂愛」を演じているのは、本家に「かぐやに取り入るために姉のような立場を演じている」と見せることで、 かぐやの傍にいられる環境を保持するためと推察されます。 繰り返しになりますが、 早坂のかぐやへの愛情は本物です。 自分の恋愛は……? 色ボケでどんどんアホになっていくかぐやに諦観の念を抱く早坂ですが、その一方で 羨ましくも思っているようです。 人格さえ変えてしまうほどの熱烈な恋愛を、早坂は 一度もしたことがない様子。 恋愛経験が皆無なので、キスの経験も当然ありません。 かぐやから会長とキスしたことを聞いた際には、他のどんなことよりも 「キスがどうだったか」という感想を先に聞きたがっており、実は乙女なところを露呈してしまいました。 自画自賛するほどの美貌を持っている彼女ですが、かぐやの世話で手一杯のため、出会いに恵まれるのは難しかったのかもしれません。 そんな早坂の唯一ともいえる男っ気は…… 白銀会長だったりします。 かぐやの為に彼の人となりを調べ、そのウブな行動に呆れつつも可愛いと称し、いつの間にか LINEでやり取りする仲になっているくらいなので、その魅力には多かれ少なかれ気付いているかと思われます。 かぐやとの些細な言い合いから 「自分は白銀をオトせる」と豪語し全力で挑んだものの失敗に終わった……なんてこともありました。 これは白銀会長と恋に落ちる疑似体験に他ならず、読者視点で見る分には立派な フラグと言えます。 その後、白銀会長が心ならずも合コンに参加することになり、その阻止のためかぐやから派遣された「ハーサカちゃん」モードの早坂は、 「今度はいけます」とリベンジ宣言し会長に接近。 しかし会長のなまこの内臓みたいな声のラップに撃墜され、 フラグもへし折れました。 やはり早坂にとって白銀会長はあくまで 「主人の想い人」であり、 恋愛対象にはなり得ないようです。 ラブコメでは、恋愛が絡むキャラはどうしても良い面も悪い面も詳らかにされてしまい、応援するファンも多いけど「面倒臭い奴」とも思われてしまう……というケースがよく見受けられます。 特にこの『かぐや様』の場合は、恋愛特有の面倒臭さをテーマにした作品なので、それがより顕著に現れています。 早坂は藤原書記同様、恋愛が絡むことのないキャラなので、今後も人気をキープしていくでしょう。 ただ、それが当人にとって幸せかというと……結構複雑かもしれません。 まとめ アニメのハーサカ、期待通り……いや期待以上の可愛さでしたね! 花守ゆみりさんのメリハリの利いた演技も素晴らしかったです! でも、1期で映像化された範囲だけではまだまだハーサカの可愛さは完全に出し切れていないと思うので、ぜひ2期以降もやって欲しいです! 関連記事.

次の

全員北海道出身若手女性声優が東京から「北海道」をかわいく話す 「なまらぶ♡」

早坂 声優

中学生の頃にアニメにはまり、友人の後押しもあり声優を目指すようになったそうです。 第二回ぽにきゃん声たまオーディションに応募し、審査員 審査員奨励賞を見事受賞!これがきっかけとなり、声優として活動を始めた花守ゆみりさん。 2016年には「ガラスの花と壊す世界」でアニメ初出演にて初主演を務めるという実力。 また「歌って踊れる、なんでもできる声優」を当初目指していましたが、自身が前に出ることによってキャラクターのイメージを変えてしまう恐れを次第に考えるようになったそうです。 役柄に対しての思い入れが感じられとても好感が持てる声優さんですよね! 花守ゆみりの他の出演アニメとキャラクター 早坂愛 はやさかあい を担当している花守ゆみりですが、かぐや様以外でも多くのキャラクターを務めています。 — クラウド・スカッツ がんばれ京アニ nonname49 映像研には手を出すな!:百目鬼 2020年よりたくさんの主演を演じられています。 どのキャラクターも性格が違っており、花守ゆみりさんの演技力の幅に驚かされます。 かわいいほんわりとしたキャラクターも、きりっと芯の通った女性のキャラクターもしっかり演じられています。 早坂愛 はやさかあい の紹介 「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」では四宮かぐやの付き人として白銀御行との恋愛関係をアシストする重要な役柄です。 メイド、女子高生…など様々な顔を持つ早坂愛のプロフィールをご紹介いたします。

次の

【かぐや様は告らせたい】アニメ・早坂愛はスパイだった?早坂はアイルランド人のクオーター

早坂 声優

朝井彩加のプロフィール 名前:朝井 彩加(あさい あやか) 生年月日:1992年5月11日 年齢:24歳 出身地:静岡県 血液型:A型 身長・体重:160cm・?kg 学歴:アミューズメントメディア総合学院 東京校 職業:声優、女優 所属事務所:青年座映画放送 特技:マッサージ、水泳 資格:書三味本部硬筆特待生、書三味本部毛筆推薦、ワープロ検定試験2級 経歴 高校卒業後、 アミューズメントメディア総合学院 東京校に入学。 2013年1月1日より 青年座映画放送に所属。 同年3月、アミューズメントメディア総合学院を卒業。 声優としての活動を始め、2013年に放送されたアニメ『 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 』で初のレギュラー出演を果たす。 2014年、『 カリメロ』のカリメロ役で初の主演を務める。 2015年、『 新妹魔王の契約者』の成瀬澪役で初のヒロイン役を務める。 同年、『 響け!ユーフォニアム』に加藤葉月役で出演。 2016年、『 アイカツスターズ!』で桜庭ローラ役を担当。 声優を目指したきっかけは? 幼いころからアニメが身近にあったという朝井彩加さん。 2人の兄の影響で『ガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』など男の子向けアニメをよく観ていたそうです。 小学生のころは演技が大好きな女の子だったそうですが、アニメのキャラクターのセリフを兄とマネをしているうちに「声優になりたい」と思い始めたそうです。 わかりますww アニメが好きになったのは兄の影響がかなり大きかったんですね! 高校1年生のときの夏休みに声優の専門学校を調べ、体験入学に行っていた際、 アミューズメントメディア総合学院を見つけ、フィーリングで進学を決めたそうです。 現在のところとんとん拍子で人気声優の階段を上っている朝井彩加さん。 身長:160cm スリーサイズについては、ネット上で B89・W63・H89だと言われています。 抜群のスタイルをお持ちですね! おそらく体重は 40~45kg、カップは D~Eカップくらいあるのではないでしょうか? 結婚はしてる?熱愛彼氏は中村悠一? 2017年現在、朝井彩加さんが結婚しているとの情報はありませんでした。 まだ24歳でお若いですからね! 熱愛中の彼氏がいるのか調べてみると、同じく声優の 中村悠一さんのお名前が。 2015年に放送された『 新妹魔王の契約者』で主人公「 東城 刃更」役を演じている中村悠一さんと、ヒロイン「 成瀬 澪」役を演じている朝井彩加さん。 第2期も放送されたこのアニメで、中村悠一さんと朝井彩加さんは一気に仲良しに。 しかしこの刃更と澪は 義理の兄妹ということもあったのか、役を演じている2人が恋愛に至ることはなかったようです。 宮城県出身の14歳で、眼帯をつけている中二病系の女の子で、担当声優が誰になるかファンの間で話題となっていました。

次の