電気 料金 比較。 電気・ガスはまとめてお得!電気・ガスセット料金プラン比較

電気料金比較サイトについて

電気 料金 比較

お得率と 年間節約額 1人 月4316円 2人 月9226円 3人 月10721円 4人 月12302円 備考 おうち電気B 40A以上で契約可 40A以上で契約可 -10. 世帯人数別におすすめの電力会社を紹介します。 一人暮らし世帯には 条件 おすすめの電力会社 30A・40Aで契約 20A以下で契約 一人暮らしで使用量が少ない場合は、が安いです。 大手旅行代理店のH. の電気です。 関連記事• 20A以下で契約している場合はがおすすめです。 電気料金だけで安くなるので、車を持っていなくても大丈夫です(給油の割引特典も別途ある)• 関連記事• 2人暮らし世帯には 2人暮らし世帯にはがおすすめです。 30A・40Aで契約している場合は、中電の「従量電灯B」と比較して定率で安くなるウルトラプランが安いです。 関連記事• 3人以上の世帯には 電気を多く使う3人以上の世帯では、が圧倒的に安いです。 電気料金の単価が最安値水準で、特に使用量が多い世帯で安く使えます。 解約違約金もありません。 40A以上のみ契約可能。 関連記事• ガスの自由化も 2017年4月からは、ガス会社(都市ガス)も選べるようになりました。 平均的な世帯で年間数千円以上の節約になります。 中部地方では新規参入がの1社だけ(しかも東邦ガスのエリアのみ)となります。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 東邦ガスのガスと 中部電力の電気 6705円 9181円 15886円 - 電気・ガスともに東邦ガス 6705円 8972円 15677円 -209円 電気・ガスともに中電 6217円 9181円 15398円 -488円 中電のガスと の電気 6344円 8724円 15068円 -818円.

次の

電力会社375社、電気料金プランの比較表【3286プラン】|新電力ネット

電気 料金 比較

お得率と年間節約額 1人 月170kWh 2人 月348kWh 3人 月391kWh 4人 月437kWh 備考 使った分だけ -2. みなと銀行やオリックスなどが出資し、神戸に本社を置く「関西資本」の中堅新電力です。 解約時の違約金が無い点でも安心して契約できます。 聞いたことが無い会社は不安だ、という人には次点で安いがおすすめです。 2年契約ではシンエナジーとほぼ同額、解約違約金の無い通常の契約でも最安値水準です。 関連記事• 2・3人世帯には 2・3人の世帯には、がおすすめです。 電気料金が「最安値水準」かつ、キャッシュバックなどの入会特典があるためトータルでお得です。 解約時の違約金発生もありません。 関連記事• 4人以上の世帯には 4人以上の世帯には新電力大手のF-Power社の「」がおすすめです。 使用量が多い世帯で関西最安値水準の料金プランです。 関連記事• 関連記事•

次の

電気・ガスはまとめてお得!電気・ガスセット料金プラン比較

電気 料金 比較

この記事の目次• 実は、お住まいの地域によって契約できる電力会社は異なり、 電気料金にも地域差があるんですよ!そうなると、自分の住んでいる地域の電気料金は、他の地域と比較して高いのかな?安いのかな?と、気になりませんか? この記事では、日本の旧一般電気事業者10社の電気料金を比較し、ランキングにしてみました。 日本で一番電気料金の高い電力会社は、一体どこなのでしょうか? 旧一般電気事業者とは……北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力をいいます。 更新日 2019年11月11日 「」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。 電力会社別料金ランキング 日本の旧一般電気事業者のなかで、電気料金が高いのはどの電力会社なのでしょうか? 電気料金プランは電力会社によって異なります。 そこで、一般的なプランの「従量電灯」を基本に、一般家庭の1カ月の平均的な電気使用量である300kWhを使用した場合の料金を算出し、比較をしています。 旧一般電気事業者10社の電気料金を比較した場合、このような結果になりました。 一般家庭が従量電灯プランで月300kWh使用した時の電力会社別料金(高額順) 1位 8,400. 6円 2位 8,055. 1円 3位 7,464. 92円 4位 7,054円 5位 7,152円 6位 7,125. 6円 7位 7,118. 62円 8位 6,789円 9位 6,246円 10位 6,055. 2円 2019年10月の消費税増税10%適用後の料金で計算しています。 ・・・・・は「従量電灯B」プランの料金単価で計算、・・は「従量電灯A」プランの料金単価で計算、は「従量電灯」プランの料金単価で計算しています。 燃料費調整額・太陽光発電促進付加金・再生可能エネルギー発電促進賦課金・口座振替割引などは計算に含まれていません。 同じ家庭で同じだけ電気を使ったとしても、住む地域(契約している電力会社)が変わるだけでこんなにも差があることがわかりました。 一番高いと一番安いでは、同じ300kWh使用した場合でひと月に 2,345. 4円も違ってきます。 そもそも電気料金の内訳ってどうなってるの? 今回は、あくまでも月300kWhを使用した場合の基本料金 最低料金 と従量料金を計算し、比較をしています。 しかし、毎月の電気料金は、基本料金 最低料金 と従量料金以外にも、支払わなければならない内訳があるんです。 ここで、どんなことにお金がかかるのか、おさらいしておきましょう。 ひと月の電気料金は、以下のような内訳となります。 それぞれを説明します。 基本料金、または最低料金 使用量に関わらず 毎月必ず支払う固定費用です。 北海道電力、東北電力、東京電力EP、北陸電力、中部電力、九州電力の一般的な電気料金プラン「従量電灯B」を契約している方は契約容量ごとに基本料金が設定されています。 関西電力、中国電力、四国電力エリアの一般的な電気料金プラン「従量電灯A」を契約している方と、沖縄電力エリアの一般的な電気料金プラン「従量電灯」を契約している方には最低料金が設定されています。 電力量料金単価は、電力会社・電気料金プランごとに異なります。 火力発電で使う燃料の輸入価格は常に変動しているため、その変動分を調整するために毎月「今月の燃料費調整額はいくらです」と自動的に電気料金に含まれて請求されてくるものです。 飛行機の燃油サーチャージと似た仕組みです。 くわしくは「」をご覧ください。 再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、風力発電・地熱発電・水力発電などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担するものです。 再エネ賦課金単価は国が決めます。 くわしくは「」をご覧ください。 特に「再生エネルギー発電促進賦課金」については、年々値上がりをしています。 基本料金・電力量料金を割安なものを選んだとしても、この「再エネ賦課金」の影響を受けて、毎月の電気料金があまり変化がない、もしくは割高になる可能性が考えられます。 割安なプランを選ぶには? 「3. 燃料費調整単価」と「4. 再エネ賦課金単価」は選べません。 電気料金を安くするためには、ライフスタイルにあっている「1. 基本料金または最低料金」「2. 電力量料金単価」が今よりも割安な電力会社・プランを選べばよいということになります。 電気料金を安くしたいなら、電力会社・プランの見直しをおすすめします! 同じ電力量を使っているのに、金額にこれだけの差があるなんて、びっくりですよね。 特にランキングの上位に入っている電力会社と契約している方は、「もっと節約しないと」「電気代がもっと安くなる方法を知りたい!」と考えた方もいませんか? 実は、ご家庭にぴったりの電力会社・プランは毎日の電気の使い方によって異なります。 ぜひ、ご家庭にぴったりな電力会社のプランを探してみてください。

次の