インスタの質問箱って本当に匿名。 Instagram(インスタ)で質問箱のURLを貼り付けたい!設置や回答のやり方

Peing(質問箱)で特定したい!特定する方法やされる/バレる可能性は?

インスタの質問箱って本当に匿名

そもそも「質問箱」とは、SNSを介してユーザーとやりとりをするためのツールだ。 ほかにも、同様のサービスは複数存在する。 匿名で質問を送ることができる一方、ほかのユーザーが質問した内容は一覧になって見ることがでいる。 芸能人やインフルエンサーなども活用していることから若年層にも広がっている。 「誰かわからないので、もしかしたらクラスのみんなにこんな風に思われてるんじゃないか、と一時期学校に行くのが辛いことがありました」 そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、秋田県の高校3年生、しめさん。 「質問箱」を通じたいじめに悩まされた経験を持つ。 「1人が言い出すとそれに便乗して書き込む人も多かったので連続で悪口や偏見、根も葉もないうわさを書かれました。 自分の見た目や性格のこと『何時に誰といたよね』など、常に監視されてるんじゃないかと思ってしまうくらいの個人情報も質問箱に来たことがあります」 「匿名で誰が書きこんでいたか本当に分からなかったです。 だからこそ余計に、学校で自分がこう思われてるんだな、学校行きたくないな、人の目が怖いな、と負のループに陥ってしまいました」 対人関係に不安も すぐに、質問箱は閉鎖した。 しかしトラウマはなかなか、抜けなかった。 「正直に言うと、質問箱を消してからも対人関係に不安を持つようになってしまいました」 しめさんは、ネット上で知り合った友人に相談をしたことで、いじめを乗り越えたという。 「自分には学校しかないわけではない、他にも逃げ道はあるんだ、と楽観的に考えてるうちに、自分を演じて生活することはなくなりました。 当時からTwitterで仲良くしてた女の子に相談をしていて、その子に支えられて乗り切れたと思います。 ある程度『無関係』を築けるネットの方が楽だなとも思い始めました」 同じような被害に遭っている人に伝えたいことを聞くと、こう語った。 「質問箱などのツールを消してしまうのをおすすめしたいと思います。 消すという行為は悪口を書き込んだ人からすれば『逃げた』とも思われるかもしれませんが、ネットのいじめは、現実世界でのいじめより遥かにタチが悪いです」 「顔が見えないのをいいことに好き放題書き込む人たちは、人の気持ちを理解できないんだなと、ちょっと嘲笑ってしまうくらいが丁度いいんです。 あまり言いすぎて自分まで加害者にならないような大人な対応をすること、そして、ネットでも現実でも構わないので、誰か一人本当に信頼できる人を見つけ相談することで、少し気が楽になると思います」 「ブス」「友達いるんですか」 「誰かもわからない、匿名の悪口は怖かったです…」 同じく「質問箱」でいじめを受けた経験がある、京都府に住む高校2年生のあいさんはそう語る。 自身のInstagramのアカウントに3週間ほど設置したところ、送られてきた40ほどの質問のうち、8割は悪口だったという。 「ブス」「自分のこと可愛いって思ってる」「うるさい」「天パやからちゃんとストレートアイロンかけろ。 ウザイ」「〇〇(電車名)でめっちゃうるさいので黙れ」「友達と話しているけど、あなたの友達みんな苦笑いしてるよ」「友達いるんですか?」 そうした罵詈雑言の数々は、全てが匿名だった。 誰が書き込んだのかがわからないーー。 それが、あいさんを一番苦しめたものだ。 「すぐに、質問箱を封鎖しました。 匿名はすごく残酷なもので、書いた本人は軽い気持ちだと思います。 『匿名だから絶対に分からないだろう笑』みたいな感じで……」 中学時代に友人を失ったことがあるというあいさんは、もしいま、いじめを受けている人がいたとしても「絶対に自殺しないでください」と語る。 「絶対に自殺はしないでください。 絶対に人生いいことあります。 誰が書き込んだか、わからない人はSNSから離れるのもいいと思います。 学校や、SNSだけがあなたの人生でないです」.

次の

質問箱 peing(ピング) は本当に危険なのか?危険性について徹底解説

インスタの質問箱って本当に匿名

Twitterアカウントを連携させて登録する• Peing IDを作って登録する どちらの方法で登録しても、利用できるサービスに変わりはありませんが、今回はTwitterでPeingに登録してみたいと思います。 自分のTwitter IDとパスワードを入力すれば登録完了。 実際に共有されるとこんな感じ。 質問が来ているときは、画面下部の箱のマークに質問の件数が赤く表示されます。 内容を確認して、質問に答えてみましょう! 質問の内容は、箱のマークをタップで確認できます。 また、初期設定のままであれば、Twitterアカウントを作成するときに登録したメールアドレスにメールで通知がくるようにもなっているので、そちらも合わせて確認してみてくださいね。 そのまま下へスクロールすると回答欄がでてきます。 質問に答えたい場合はここから回答しましょう。 回答欄へ回答を記入したら、「回答する」をタップで回答がTwitterへ投稿されます。

次の

質問箱で運営からのbot質問をブロックする方法+見分け方

インスタの質問箱って本当に匿名

BOXFreshで相手を特定することは可能? 匿名質問サービスの「BOXFresh」では、TwitterやインスタなどのSNSに紐づけておくことで、誰かから匿名の質問が来ることがあります。 SNSでの話題作りや、ちょっとしたエンタメ要素として楽しむことができますが、中には心にもない、アンチのような質問をしてくる人もいるでしょう。 そういった際に質問される側としては、 相手を特定したい、もしくはストーカーのようで怖いなどの思いをすることもあるかもしれません。 BOXFreshではサービスとして、あくまでも「匿名」を第一優先しており、 完全に相手の特定をするのは難しいです。 しかし、場合によっては相手が絞れることもあるので、覚えておくのが良いでしょう。 アカウントで特定 Twitterと連動してBOXFreshを利用している場合、自分が鍵アカであれば相手を限定することは出来ます。 自分が鍵付きのアカウントなのに質問をしてくることができるということは、相手は必ず自分のフォロワー内の人であると言えます。 フォロワー数によってはかなり大きい規模の限定となってしまい、特定までは至りませんが、ある程度絞ることは可能です。 質問内容で特定 質問の内容で一部の人を特定することは可能です。 完全に個人までを当てる事は難しいですが、近い存在までは特定できるかもしれません。 例えば、BOXFreshをTwitterと連動しており、「昨日食べていたカレーおいしかったですか?」という質問が来たとします。 Twitterではカレーの画像や動画を上げておらず、ツイートでも触れていない• カレーは友達のグループLINEで画像を貼りつけた• インスタのプライベートアカウント(鍵つき)で載せた この3つを条件にした際、相手は「グループLINEの友達」or「インスタのフォロワー」というところまではほぼ確定で特定することが可能です。 さらに、ストーリーなどであれば、足跡機能で誰が見たのかまで確認できます。 このように 完全に個人までたどり着くのは難しいですが、質問内容によって、ある程度は人やグループを特定できる可能性があります。 文章で特定 BOXFreshで届いた文章に特徴がある場合、その文脈や顔文字、絵文字などで相手を特定できる可能性があります。 例えば、あるフォロワーは必ず文の最後に「! 」という顔文字をつける、「〇〇っしょ?」などの質問の仕方をしてくるなど、文に特徴がある場合はBOXFreshでも同じように質問をしてくる可能性があります。 ただし、これには致命的な問題があり、 誰かが別の人を装うことができるという点です。 特徴的な人であればあるほど、他の人も真似をしやすいため、偽装して質問ができてしまいます。 そのため、 特定に近いところまでは持っていけますが、絶対ではないので注意が必要です。 時間帯で特定 質問が来ている時間帯で特定することも可能です。 特に深夜帯や、平日の昼間などあまり自由に時間を使える人が少ない時間に来る質問ほど、時間帯での特定はしやすくなります。 例えばインスタなどと連動している場合はわかりやすく、インスタでは設定にもよりますが、相手がどれくらい前までオンラインだったのかを確認することができます。 質問が来た際にすぐスマホを確認したのであれば、インスタで「オンライン」となっている人が非常に怪しいという風に特定することが可能です。 警察に相談する こういった匿名系のサービスでは、行為がエスカレートして、かなり迷惑なことをしてくる人もいます。 あまりにもひどいと感じた場合や、ストーカーのようで怖いとなってしまった場合は、警察に相談をしましょう。 本当に事件性がある場合は、警察が動いてくれるので、 IPアドレス等から個人を特定して問題を解決することが可能です。 しかし、 場合によっては法的措置をとる必要があり、依頼料としてお金がかかることもあるのでご注意ください。

次の