イオン カップ 麺。 【笑】カップ麺買い占め問題、またもやイオン「カップヌードルの山!」「カップ麺の棚!」完璧である

【実食】ノンフライ麺 しょうゆラーメン イオン激安カップ麺の実力は‥

イオン カップ 麺

トップバリュ ノンフライ麺 しょうゆラーメン イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の中でも値段の安さに特化した黄色いラベル、「TOPVALU BESTPRICE(トップバリュベストプライス)」のノンフライ麺を採用したカップラーメンになるのですが、この「ノンフライ麺」シリーズは今回の「しょうゆラーメン」を含めて4種類あります。 「ノンフライ麺 しおラーメン」は、指定の4分だと麺の戻りが悪く、何世代か前のゴムっぽい質感に思えてしまいました。 しかし、5分くらい待つと違和感が解消され、自然な小麦の粘り気と弾力が楽しめる、また素朴な塩スープとも相性は良好。 なぜだろうw けっこう美味しかったんですよね。 「ノンフライ麺 みそラーメン」は、おそらく前述した「しおラーメン」と共通のノンフライ麺で、やっぱり指定の熱湯4分じゃ厳しかったんですけど、4分30秒から5分ちょっと待つと印象がよく、その段階だと税込62円で購入できるカップ麺とは思えないクオリティ。 スープはキレのあるレトロな袋麺っぽいテイストで、具材のフライドガーリックも印象的でした。 開封 小袋はスープ&かやくと書かれた「かやく粉末スープ」1袋で、お湯を注ぐ前に開封して投入します。 見た感じノンフライ麺は「しお」や「みそ」と同じ雰囲気で、だとすれば熱湯4分ではなく5分が適切なのですが、粉末スープとの兼ね合いもありますから念のため指定の時間通りにフタを開けて食感をチェックしてみますね。 ちなみに容器側面にある製品情報には「群馬県の工場で作っています」とだけ書かれているのですが、メーカーの社名までは明記されていません。 しかし、製造所固有記号(「販売者:イオン株式会社」の右)は「J768」となっているので、群馬県の工場というのは「群馬県高崎市 加ト吉水産株式会社 フーズ部群馬工場」を意味しています。 あまりに安すぎるから群馬県にある怪しい工場で作っているのではないかと不安になった方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、テーブルマーク(資本金225億円)のグループ会社で、特に冷凍食品の製造に長けている加ト吉水産(資本金2億300万円)の工場ですから、ご安心ください。 先ほど前述したレビュー済みのノンフライ麺3品も、同じく加ト吉水産が製造工場です。 製品情報・購入価格 製品名: ノンフライ麺 しょうゆラーメン 販売者:イオン株式会社 製造所:加ト吉水産株式会社 フーズ部群馬工場 内容量:70g(めん60g) 発売日:- JANコード:4549741159180 希望小売価格:58円(税抜) 発売地域:全国(イオングループ) 購入価格:62円(税込) 取得店舗:イオン 麺の種類:ノンフライ麺 容器材質:プラ(PS) 湯量目安:350ml 調理時間:熱湯4分 小袋構成:1袋(かやく粉末スープ) 原材料名とアレルギー表示 【原材料名】めん[小麦粉、ばれいしょでん粉、食塩、パーム油]、添付調味料及びかやく[食塩、粉末しょうゆ(大豆・小麦を含む)、砂糖、香辛料(小麦を含む)、ねぎ、わかめフレーク、チキンエキスパウダー、スクランブルエッグ、なると、酵母エキスパウダー、なたね油]、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、カロテノイド、紅麹)、炭酸Ca、かんすい、酸味料、乳化剤(大豆を含む)、リン酸塩(Na)、膨脹剤、V. B2、V. B1、酸化防止剤(V. E(大豆):遺伝子組換えではありません。 麺はノンフライ麺、別添のオイルなども付属していないので、こってり感は皆無に等しいでしょう。 さて、完成です。 わかめが膨張してくれたので、実際のパッケージよりも豪華になりました。 スクランブルエッグは飾り程度に見えますが、しょうゆラーメンのイメージにナルトは嬉しいですし、丁寧に整えると悪くないビジュアルなのではないでしょうか。 ノンフライ麺は「しお」「みそ」のイメージから不安は感じていないので、わかめの風味が及ぼす影響力や言及されていた香辛料(ペッパー)とコストパフォーマンスにも注目しながら、「めん」「スープ」「かやく」の項目に分けて解説します。 1食(70g)当たり カロリー:229kcal たん白質:6. 7g 脂 質:1. 6g 炭水化物:48. 1g 食塩相当量:5. 9g (めん・かやく:1. 4g) (スープ:4. 5g) めん 4分30秒〜5分がオススメ 4分でフタを開けて軽く混ぜてハイ実食! でも食べられないことはありませんが、やはり短くても30秒くらい我慢したほうがほぐれやすく、しっとりとした口当たりとナチュラルな質感が楽しめます。 きちんとケアしてやることで小麦の風味も増しますし、ゴムっぽい質感もマシになってスープとの一体感も高くなるので、ほんのちょっと我慢。 おそらく同シリーズの「しお」や「みそ」と同じノンフライ麺だと思うのですが、しっかり待ってやれば麺のクオリティについては文句無しで値段以上です。 さすがに定価180円のノンフライ麺を採用した大手メーカーのノンフライ麺には叶いませんが、実売価格を加味しても半額近い値段ですし、上等上等。 確かなコシと小麦の香り、平打ちの形状と適度な縮れからスープとの一体感も高く、今回の醤油味とも違和感なくフィット。 もちろんスープとの兼ね合いで相性の良し悪しは生じると思いますし、リアリティを追求した生麺タイプではありませんが、激しくスープを選ばない万能型のノンフライ麺ですね。 でも、これ実際かなり安いですからねw ちょっと雑味が気になったけど、値段を思えば値段相応で、麺のクオリティを加味すれば及第点でしょう。 私は人並外れて胡椒に強く、コショウかなり効いてるよ? ビックリしても知らないよ? などと警告された食べ物でも笑顔で完食してきたのですが、その免疫を差し引いても特別に胡椒の刺激が強いとは感じませんでした。 この写真は通常の手順で調理し、わざと完成した状態から10分間放置。 それから波風立てずに麺・スープ・具材を取り除き、底に溜まっていた香辛料の含有量を撮影した「可能な限り香辛料を残してみた図」になるのですが、そんなに多くないですよね。 少なくもないけれど、カップ麺の香辛料としては特別に多い量ではありません。 どうしても胡椒に敏感な方には強めに感じてしまうかもしれませんが、一般的なラーメンにアクセントで入っている程度のペッパーが大丈夫なら構える必要はないと思います。 あ、でも最後の一滴まで飲み干した場合、けっこうピリッときます。 かやく わかめの風味、効いてます スクランブルエッグが粉末醤油と食塩で塩っぱくて、ちょっとネガティブだったんですけど、ナルトは雰囲気の演出に効果的で、ネギはシャキシャキとした歯触りで食感のアクセントに貢献。 わかめは湯戻し段階でスープに香りが移るのと、スープ自体が没個性なタイプだったので、その存在感は大きかったです。 とはいえ当の本人はペラッペラで頼りないのでw あまり歯ごたえには期待できませんが、その風味は効果的でした。 逆にスッキリとライトに食べたい場合、けっこうハマるかもしれません。 香辛料のキレについては密集した部分に当たったり、最後までスープを飲み干すと最終的に強く残る印象がスパイシーになるかもしれませんが、それよりも化学調味料特有のピリピリと直接的な塩気が気になりました。 「とあるように、やはりノンフライ麺が美味しいシリーズですね。

次の

トップバリュの「カップラーメン」シリーズを食べ比べた感想

イオン カップ 麺

どうも、taka :aです。 本日の一杯は、イオングループ限定のカップ麺、トップバリュベストプライス「 ノンフライ麺 みそラーメン」の実食レビューです。 イオングループのプライベートブランド、「トップバリュ」の中でも特にロープライスをモットーにしている黄色いラベル、「TOPVALU BESTPRICE(トップバリュベストプライス)」のノンフライ麺を採用したカップラーメンを食べてみました。 イオンの激安カップ麺は美味しい?マズい?お買い得?実際に食べてみた感想をもとに販売価格を加味した上で総合力を評価し、そんな疑問を解消します。 製造所の特定方法も記載しているので、お時間よろしければ最後までお付き合いください。 主に高評価のコメントでは、とにかくコスパの高さ(値段の安さ)について絶賛されていました。 反面、星3つの評価ではニンニクを控えてほしいという意見や反対にスープを濃厚にしてほしい、また具材を増やしてほしいなど、PBカップ麺に有り勝ちな要望が書かれています。 しかし、たった1行や2行で同じような内容のコメントばかりでは詳細が掴めません。 というわけで、徹底的に掘り下げます。 「トップバリュベストプライス」は、「トップバリュ」「トップバリュセレクト」「トップバリュグリーンアイ(オーガニック・ナチュラル・フリーフロム)」全4つのブランドの中でも徹底して地域いちばんの低価格を目指し取り組んでいる安さが売りのブランドです。 公式ではないネットやツイッター上の評判では安かろう悪かろうのイメージが強いかもしれませんが、けっこうカップ麺のクオリティは侮れなかったりするんですよね。 パッケージには「味噌とポークのうまみをきかせたスープ」と書かれていますが、先ほどの公式ホームページに記載されていたニンニクも注目したいポイントですね。 私はニンニクバカなので、それが強いと高評価に傾く恐れがあります。 (気をつけます) 具材は「しおラーメン」もショボかったんですけど、みそラーメンも賑やかな宣材写真ではありません。 これはテーブルマーク(資本金225億円)のグループ会社、「群馬県高崎市 加ト吉水産株式会社 フーズ部群馬工場」(資本金2億300万円)が製造所であることを意味しているので、安心してください、わけがわからないメーカーではございません。 それでは、開封して中をチェックしてみましょう。 開封 小袋はスープ&かやくと書かれた「かやく粉末スープ」が1袋で、ノンフライ麺だけど先入れです。 麺は雰囲気的に、同シリーズの「しおラーメン」と一緒でしょうか。 熱湯4分という指定の時間も同じですし、この時点では色やサイズなどにも大きな変化は見られません。 ちょっと熱湯4分では厳しかったんですけど、スープとの兼ね合いなどでも変動するので、とりあえず4分待ってからフタを開けて確認します。 製品情報・購入価格 製品名: ノンフライ麺 みそラーメン 販売者:イオン株式会社 製造者:明星食品 内容量:71g(めん60g) 発売日:- JANコード:4549741159203 希望小売価格:58円(税抜) 発売地域:全国(イオングループ) 購入価格:62円(税込) 取得店舗:イオン 麺の種類:ノンフライ麺 容器材質:プラ(PS) 必要湯量:350ml 調理時間:熱湯4分 小袋構成:1袋(かやく粉末スープ) 原材料名とアレルギー表示 【原材料名】 めん[小麦粉、ばれいしょでん粉、食塩、パーム油]、添付調味料及びかやく[粉末みそ(大豆・小麦を含む)、食塩、とうもろこし、わかめ、スクランブルエッグ、ねぎ、オニオンエキスパウダー、ごま、ポークエキスパウダー、香辛料、フライドガーリック、酵母エキスパウダー、ぶどう糖]、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、着色料(カラメル、カロテノイド)、乳化剤(大豆を含む)、香辛料抽出物、リン酸塩(Na)、膨脹剤、V. B2、V. B1、酸化防止剤(V. E(大豆):遺伝子組換えではありません。 もちろん勝手に具材を増やしたり減らしたりせず、きっちり内容物のみで盛り付けましたが、ほぼほぼ同じように再現することができました。 それでは、実際に食べてみましょう。 1食(71g)当たり カロリー:238kcal たん白質:7. 6g 脂 質:2. 3g 炭水化物:47. 7g (糖 質:45. 5g) (食物繊維:2. 2g) ナトリウム:2. 1g (めん・かやく:0. 5g) (スープ:1. 6g) ビタミンB1:0. 26mg ビタミンB2:0. 23mg 食塩相当量:5. 4g(めん・かやく:1. 3g)(スープ:4. 1g) めん レベルは高いけど5分は待ちたい おそらく「しおラーメン」と共通のノンフライ麺と思われますが、税込価格62円で購入できるカップ麺とは思えないクオリティの高さです。 さすがに定価180円の「麺職人」(日清食品)や「麺づくり」(東洋水産)には及びませんが、なかなか侮れません。 ただし、やっぱり5分は待ったほうが吉です。 4分でフタを開けても食べられないことはありませんが、せっかくのポテンシャルが引き出せません。 せめて最短でも4分30秒は待ち、よくかき混ぜて5分前後を意識してみてください。 しっとりとした口当たりと自然な弾力、そして強めのコシが楽しめます。 味噌ラーメンにしては平均的なサイズよりも細めですが、コシの強さから存在感が埋没することはありません。 案外このノンフライ麺って、スープを選ばない万能麺なのかもしれない。 スープ けっこう味は濃いめ かなり「しおラーメン」のスープはアッサリしていましたが、こっちは力強いです。 完全に赤味噌主体ではないものの、どちらかというと豆味噌寄りのキリッとした輪郭の持ち主で、しっかりと味噌が主体のスープに仕上がっています。 しかし、思っていた以上に硬派ですね。 なんというかレトロな袋麺の味噌ラーメンに別添されている粉末スープに近い雰囲気で、もっと頼りない食塩頼みの味噌風味を覚悟していたこともあり、いい意味で予想を裏切られる結果となりました。 他の味に例えると、「サッポロ一番 みそラーメン」などの系譜にあるクラシックでオーソドックスなテイストです。 しかし、わかめが増えて広がるので、パッケージよりも少し多いかも。 わかめ、ねぎ、スクランブルエッグは「ノンフライ麺 うどん」にも入っていたし、とうもろこし、スクランブルエッグ、ねぎに関しても「同 しおラーメン」と共通です。 ただ、ちょっと味噌汁っぽい雰囲気を醸し出す要因にもなっていたんですけどね(笑)でも結果的に悪くなかったし、というか具材の寂しさを誤魔化してくれる重要なポイントで、とうもろこしは言わずもがな違和感なく味噌ラーメンの雰囲気にフィット。 で、ニンニクの原因はコレですよフライドガーリック。 最初から粉末スープと一緒に入っているため取り除くことはできませんが(できないこともないけど骨が折れる)、不意に口の中に飛び込んでくると当たり前のようにニンニクなので、なるほど言及されていたのにも納得の存在感。 ぜんぜん個人的にはウェルカムだったし、なんだったら生おろしニンニク追加したい感じだったんですけど(間違いなく合います!)、パンチの演出に効果的だと感じました。 きちんと正しくケアしてやれば値段以上の品質を叩き出してくれる麺、レトロでクラシックな路線にありながらも味には芯があったスープ、わかめのボリュームとフライドガーリックが効果的な具材の構成など、ただ低価格に特化しただけの安かろう悪かろうなカップ麺ではありませんでした。 とりあえずノンフライ麺の出来は値段以上、スープも安定の味わい、製造は天下のテーブルマークグループなので、具材のボリュームにさえこだわらなければ買って損のないカップ麺です。 アレンジにオススメのトッピングは、生おろしニンニクや一味唐辛子、山椒、花椒あたりが間違いないでしょう。 少しだけコチュジャンや豆板醤など、辛味噌系ちょい足しも輪郭のあるオリジナルのスープに合うと思います。 ちょっと変わった味噌ラーメンを食べてみたい方は、青海苔(アオサ)を入れてみてください。 けっこう雰囲気が変わるので、面白いですよ。

次の

トップバリュの「カップラーメン」シリーズを食べ比べた感想

イオン カップ 麺

B2、V. B1、酸化防止剤 V. E 保存方法 においが強いもののそばや直射日光を避け、常温で保存してください。 栄養成分 1食 70g 当たり エネルギー227kcal たんぱく質6. 5g 脂質1. 5g 炭水化物47. 9g 糖質45. 7g、食物繊維2. 2g 食塩相当量6. 6g めん・かやく2. 3g、スープ4. 3g カルシウム141mg ビタミンB1 0. 25mg ビタミンB2 0. 30mg 参考値 調理直後に分別した値 エネルギー めん・かやく222kcal スープ5kcal この表示値は、目安です。 お客さまよりお問い合わせを多くいただいた栄養成分 リン68mg カリウム194mg 70g当たり この表示値は、目安です。 外語表記 Shoyu Soy Sauce-flavored Ramen with Non-fried Noodles 販売者 イオン株式会社 〒261-8515 千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1 問合せ先 トップバリュお客さまサービス係 TEL:0120-28-4196 10~17時:日曜日は除く 製造・加工について 加ト吉水産株式会社 フーズ部 群馬工場 群馬県高崎市新町2330-26 その他 商品の詳細情報につきましては、パッケージをご確認ください。 パッケージに製造所固有記号がある場合は下記URLから検索する事が出来ます。 表示の本体価格はイオングループ標準小売価格です。 一部取り扱いのない店舗がございます。 万一品切れの際は、ご容赦ください。 同じ商品に見える場合であっても、製造工場の違いにより栄養成分やアレルギー情報などが異なる事がございます。 パッケージに記載されている内容のご確認をお願いいたします。 トップバリュでは、卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生及びあわび・いか・いくら・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチンのアレルゲンについて管理しています。 アーモンドについては、現在表示追加対応中です。 商品の特性上、規格、デザイン、価格の変更および販売を終了させていただく場合がございますのでご了承ください。 予告なく商品の仕様が変更になる場合や地域によって記載されている内容が異なる場合がございますので、お買い上げの際は必ず商品の表示をご確認ください。 しょうゆラーメン ノンフライ麺の評判・口コミ 5. それは100円以上するカップラーメンとして評価した場合です。 お値段は税込みでも62円!正直言って、何も具が入ってない袋麺より美味しいです。 スープに旨味がしっかりありますし、具は確かに少なめですが、ノンフライ麺と美味しい醤油味のスープのバランスは非常に捨てがたいです。 決してこってり系ではないですが、あっさりとおやつ感覚でいただけるカップラーメンだと思います。 おまけにノンフライ麺で脂質が少なく、カロリーも非常に低いのも、お腹がすいた時の夜食用としてもありがたいですね。 まだ、醤油と塩、そして味噌しか試していませんが、個人的には醤油かな~。 でも、塩や味噌もお値段考えると満点付けたくなる感じでした。 次は、ちょっとだけお値段が高い、豚骨を試してみたいと思います。

次の