鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く。 鬼滅の刃の最終回が表紙じゃない理由は?巻頭カラーではなくセンターカラーに疑問の声多数│MINBRO

「鬼滅の刃」はなぜヒットしたのか……アニメ「犬夜叉」で振り返る、女性がどハマりする少年漫画“3つの共通点”

鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く

鬼滅よりも雑に終わった少年漫画なんて沢山ありますからね… 全然綺麗に終わった方ですよ。 医者や彼岸花に関してはそこまで掘り下げなくてもいいかなって思います 鬼滅がジャンプ本誌で評価されていた点は ワードセンスとキャラクターとテンポの早さですね 鬼滅の最初の方はテンポが悪いのですが善逸達が出て来た辺りからはポンポンと話が進んでいき テンポの良さが評価されてました。 特にその頃のジャンプはテンポの悪い作品が多かったというのもありましたからね。 1から100まで漫画に書かないといけない! みたいな作品が多かった中で 鬼滅はざっくりと話を進めて言ったのが評価されたポイントですし 設定やストーリーはシンプルなので それが逆によかったんだと思います。 NARUTOの作者が原作を担当した「サムライ8」という漫画が少し前まであったのですが こっちは設定を盛り込み過ぎてしまい 話のテンポは良いものの説明不足のような状態で話が進んでいってましたからね。 その結果、作品の評価は悪く打ち切りとなりました。 最近は特にシンプルなストーリーが好まれる傾向にありますので 鬼滅は時代と合っていたというのも大きいのでしょうが 作品としてはとても良い漫画だと思います。 逆に医者とか彼岸花は読者それぞれの想像で埋めるのもそれはそれで楽しいですし せっかく楽しい漫画を読んでるのにあれこれ考えすぎると 「過大評価かな?」とか作品を悪く見てしまいます 美味しい料理食べる時に 「出汁はこれでソースはあれこれを~」 とか考えながら食べても美味しくないですよね。 ですのであんまり深く考えすぎないで娯楽を楽しんだ方がいいと思いますよ それに所詮は「少年漫画」ですからね。 あんまり理屈っぽいと少年漫画ではなくなりますし あくまで私見であります。 大好きな大好きな漫画ですけど、やはりどうしても不満というかロスの気持ちが強すぎます。 最後、バタバタっと終わらせてしまった感は払拭できないですよね。 これだけの壮大なストーリー、描きもらしたことたくさんあるはずで、ワニ先生、素晴らしい話をコミックでこぼれ話的な感じで、文字でサラサラっと書いちゃってるのが実にもったいなかった。 まず、これまでほとんどの鬼についての人生や背景が丁寧に描かれてあったにもかかわらず、無惨の人間時代の話やエピソードについてはあまり深く掘り下げられていなかったのが残念です。 188話の座敷牢の扉絵だけ見たとき、無惨の人間時代きたきたと思いましたがなんと伊黒さんだった! まあ、無惨というのは臆病者の上に実に空虚で考えなしの空っぽな男であり、語ることなど何もない奴だったということなのかな。 珠世さんや愈史郎についてももっと知りたかった。 ワニ先生に外伝、スピンオフ描いていただきたいですね。 やはり、柱や人々を死なせすぎでした。 煉獄さんは早すぎたし、最終決戦だからというのは分かりますが、モブ要員や時透くんや玄弥の死に方は残酷すぎた。 メンタルやられまくり、夢にまで見てしまった。 甘露寺さんみたいなキャラクターも死んで欲しくなかった。 かなり引きずり中です。 柱たちをもっともっと知りたかったし深く掘り下げて欲しかった。 宇髄さんもあっという間に引退しちゃって。 死んだ人たちが幸せになったことを表現したかったんでしょうが、現代版はあまりしっくりきませんでした。 その後を見たかった。 鬼殺隊というかなり特殊なまとまりの中に生きていたので仕方ないのかもしれませんが、職場結婚が多すぎだなあとは思いました。 確かにお似合いではありますが。 青い彼岸花については、太陽を克服できた禰豆子を喰えばいいと思い直した無惨はもういらないと言ってましたよね。 だからもうそれほど重要なアイテムじゃなくなっていたのかも。 医者も含めてやっぱり平安時代の無惨の様子見たかったですね。 長々と失礼しました。

次の

私の知っている鬼滅の刃の世界じゃなかった!?【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く

簡単に説明すると、 悪い印象を持ってる人が良いことをすると 、より評価が上がりやすいという効果のことです。 普通の人がお年寄りに席を譲っても「ふーん、やるじゃん」くらいのものが、不良がお年寄りに席を譲ったら「ほぉぉ!やるやーん!」ってなるアレですね。 ゲインロス 効果とは、簡単に説明すると、人の心理状況において、プラスとマイナスの変化量が大きいほど、人の心に影響を与える度合いが大きくなる 効果のことを指します。 つまりは、相手に対して、最初にマイナスの印象を与え、その後にプラスの印象を与えた方が、より良い好印象を抱かせることができる、ということです。 1人目、我妻善逸 あがつま ぜんいつ 善逸の初登場は印象深いと思う!僕は原作漫画を読んでたからこのシーンが楽しみで仕方なかったけど、アニメ初見の人からしたら「なんやコイツ?」でしょ。 初登場 最終選別の時は除く では、女の子に泣きながら結婚をせがんでいるという最悪の登場シーン。 そして、とにかく うるさい。 おまけに自分に自信がなくて「俺は死ぬ死ぬきっと死ぬ!」と叫び、もとは炭治郎がくれたオニギリを「ほら、半分食えよ」となぜか上から目線で渡す所業。 そして うるさい。 鬼殺隊に入隊したのも、女に金を貢いで背負った借金を肩代わりしてくれたのが鬼殺隊を育てる育手 そだて のじいちゃんだったからという始末。 そして うるさい。 これでもかってくらい ダメキャラとして登場するわけで。 海外のリアクション動画とかよく見るんだけど、みんな善逸の初登場では呆れて肩をすくめてたね。 こんな可愛いキャラになっちゃうんだぜ!?? 物心ついたときから両親がおらず、しばらくイノシシに育てられたという悲しい過去をもっていた伊之助。 炭治郎たちと出会うまでは 「他の生き物との力比べ」だけが生きがいだった伊之助が、炭治郎たちと共に行動することで少しずつ丸く、柔らかくなっていくのがたまらん! 「戦闘狂キャラ」は非戦闘シーンだと「単純」や「世間のことをあまり知らない」という天然可愛いキャラに、戦闘シーンでは頼れる「仲間」に。 その他、柱の人たちや鬼までも 原作漫画だと7巻 現在18巻まである までがアニメなんだけど、それだけでも色々な鬼が敵として登場します。 鬼は基本的に、 何の罪もない一般人を何人、何十人、何百人と食ってます。 凄くわかりやすい悪!そんな悪である鬼を鬼殺隊という正義がやっつけるという非常にわかりやすいストーリーな本作ですが… 何の罪もない人を食いまくるという絶対的な悪にも関わらず、鬼が切られるシーンでは鬼に同情してしまう自分が居るんですよ。 まぁ出てくる女の子みんな可愛いけどな。 男性に対しては、やっぱり主人公が少しずつ強くなっていく昔ながらの王道展開が胸熱。 「~の呼吸。 ~の型」みたいな必殺技が大好き。 女の子可愛い。 男同士の友情や信頼関係みたいなの熱い。 実在する組織とか土地を元にした設定が多いからその辺の論理的考察が楽しい。 女性に対しては、隊士の男女比が明らか男が多い みんなカッコいい。 炭治郎の優しさが胸に染みる。 炭治郎と義勇さんイケメソ。 善逸が可愛い。 OPの紅蓮華が良い。 萌え豚用の展開や演出がない。 …辺りが好感度が高いのかな。 もちろんこの限りじゃないし、入れ替わりもあると思う。 要はもう、 ギャグはいらない派ですよね。 シリアスならシリアスで貫き通してる戦闘アニメが好きな方には、善逸のうるささや伊之助のチャーミングさって不必要なのかもね。 めちゃくちゃな漫画・アニメファン もう今までの名作といわれるアニメ、漫画をすべて読破し、真のアニメオタクの称号を得ているような人は「物足りない」という感想を抱くかもしれない。 真のアニメオタクならアニメーションの観点から批評はしなさそうだけども。 ただやっぱり、ストーリー的にはわかりやすいし、展開的には王道少年ジャンプ感あるからね。 アニメ玄人には「過大評価されてるなー」と感じてしまうかもしれない。 「鬼滅の刃」は過大評価されてる?まとめ。 かまぼこ隊がもっと魅力的になっていく17~20話。 この辺まで観てからようやく「鬼滅の刃」という作品を評価判断 していいレベルってわけ。 ワンピースでゾロもサンジも仲間になってない内から「ワンピースはちょっとなぁ」とか言ってたら「は?」でしょ。 見れば見るほど、噛めば噛むほど味が出る「鬼滅の刃」。 序盤だけ観て判断せず、ぜひぜひ後半まで食い入って見て欲しい!! きっとアナタの「人生史に残る作品」になると思うから!.

次の

【鬼滅の刃】十二鬼月のベースに疫病があるんじゃ無いか

鬼 滅 の 刃 あまの じゃ く

『週刊少年ジャンプ』24号で『鬼滅の刃』が最終回を迎えました。 昨年のアニメ放映から人気が過熱した『鬼滅の刃』ですが、コミック最新刊も書店に行列ができるなど今も人気となっています。 そんな人気絶頂の中での最終回ですが、『ジャンプ』の表紙ではなくセンターカラーでの掲載となっていることに疑問の声があがっています。 鬼滅の刃の最終回が表紙じゃない理由は? 鬼滅の刃が最終回ではなかった理由について、ORICON NEWSでは下記のように考察していました。 社会現象化している『鬼滅の刃』の最終回が掲載された同誌で今回、表紙を飾ったのは新連載『タイムパラドクスゴーストライター』(原作:市真ケンジ 作画:伊達恒大)で、表紙&巻頭カラー54ページで掲載。 コンビニなどで売り切れが続出しているため、購入する際、多くの人が目にして注目したことは間違いないだろう。 ファンが言うように「終わる漫画より次の漫画を見てほしい」という、完結する作品人気を使い、新連載へ注目させる狙いがあるように感じられる。 出典: この記事によれば、人気絶頂の中で最終回を迎える『鬼滅の刃』の注目度によって、新連載である『タイムパラドクスゴーストライター』にも注目してもらいたいとジャンプが考えているのではないかということですね。 新連載とかべつにええやろ。 — 🐺かんてらともす kannteratomosu ジャンプ感想始めます。 鬼滅の刃完結!最高の最終回でした。 去年の4月にアニメが始まって一気に火がついて今ではもう社会現象…。 この後の鬼滅感想で書きたいこと全部書きます。 たったの2例しかないスラダンとこち亀が凄すぎた。 表紙に最終回なんて一言もないし。 — sakura0011 sakurawhatilove.

次の