退職 の 挨拶 手紙。 メールはOK?退職の挨拶のマナー(メール・電話・手紙・スピーチの例文つき) |転職ならdoda(デューダ)

退職時にそのまま使える!【挨拶メールのテンプレ集】

退職 の 挨拶 手紙

〇〇様、いつも大変お世話になっております。 〇〇会社の〇〇です。 さて、突然のご連絡となりますが、実はこの度、〇月〇日をもって会社を退職することとなりました。 今まで本当にありがとうございました。 落ち着いたらまたご連絡させて頂こうと思いますが、まずはお手紙にてご挨拶させて頂きます。 どうぞ引き続き、よろしくお願い申し上げます。 やはりポイントは、 これで関係を終わらせるのか、それとも 転職したらまたお付き合いを願いたいのか、 でしょうか。 どちらにしても、ひとまずは丁寧に 退職のご挨拶をすることが大切です。 上司 ・先輩の場合 次は「上司や先輩の場合」です。 一概には言えませんが、一般的には お世話になった上司や先輩といっても、 会社を退職したら関係性は無くなります。 ただ、本当に仲も良くて プライベートでも 親交があるほどの方という前提なら、 以下のような感じでいかがでしょうか? 〇〇先輩、いつも大変お世話になっております。 〇〇です。 さて、突然のご報告となりますが、この度、〇月〇日をもって会社を退職することとなりました。 ご相談もせずに決めてしまい、申し訳ありません。 ただ、会社を辞めても〇〇先輩とは交流を持ちたいと思い、お手紙を書きました。 落ち着いたらまたご連絡させて頂きますので、引き続きよろしくお願い致します。 先輩や上司なら、基本的には あなたの退職を知っているはずですが、 例えば出向中などで会えていない中の 退職なら、こんな手紙もアリでしょう。 事後報告になるものの、それでも 連絡のうえで退職したのなら、きっと 先輩もまた交流を持ってくれるでしょうね。 なお、上司向けをもっと知りたい方は 以下の記事も参考にどうぞ。 色んな考え方がありますね。 同僚の場合 そして「同僚の場合」です。 同僚なら普段から交流があることも 多いものの、 例えば仲良しの同期が 先に退職していたり、 長期出張中だったりすることもあります。 そういった同僚と 退職後も改めて交流を 図りたい意図があるなら、 以下のような例文でいかがでしょうか? 〇〇さん、お久しぶりです。 〇〇です。 さて、突然のご報告になるのですが、実は〇月〇日で会社を退職することになりました。 今後は〇〇社へ転職することになります。 落ち着いたらまたご連絡させて頂くので、どうぞこれからも変わらないお付き合いをお願いします。 上司や先輩などに比べればラフに書いた方が より親密感が出てくるでしょうね。 また例文では転職の情報を載せましたが、 特に決まっていないのなら、代わりに 「時間が取れるので会いましょう」 的な内容もアリです。 ちなみに同僚なら、 メール等もアリかもしれません。 社長の場合 さらに「社長の場合」です。 一般的な会社だと、社長というのは 一般社員との交流がないことも多いですが、 小さな会社なら普通にあります。 そして中には、 本当に社長には 感謝の気持ちしかないこともあるので、 そんな時なら以下のような例文で いかがでしょうか? 〇〇社長、〇〇です。 今まで本当にお世話になりました。 〇〇社長のおかげで、入社当時と比べて色々な意味で成長できたと思っております。 にも関わらず、退職の道を選んでしまい申し訳ございません。 新天地では、ここで教わったことを存分に活かして活躍したいと思います。 重ね重ね、本当に今までありがとうございました。 やはり社長からすると、 優秀な社員が辞めてしまうのは 残念でしかありません。 その点について謝罪しつつ、過去を存分に 感謝すれば、少しは社長もあなたを 「巣立つ子供」のように感じて 嬉しくなるでしょう。 取引先の場合 最後は「取引先の場合」です。 この場合は 少し立ち位置が 難しいかもしれません。 ただ、ひとまずあなたの思いを 伝えたいとして、以下のような 例文でいかがでしょうか?.

次の

【退職手紙の書き方】最後の挨拶で気をつけるべきことをご紹介

退職 の 挨拶 手紙

退職メールはいつ送るもの? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで退職の挨拶メールを送ればいいか、悩ましいところです。 社外向けと社内向けとではその意味合いもタイミングも違いますので、しっかり区別して用意しておきましょう。 退職を公表してもいい時期になり、社内に周知された後には、まず社外の人に退職のメールを送ります。 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、 2~3週間前には伝えたいもの。 退職まであまり日がないタイミングだと、取引先に対して「最後まで仕事を全うしない人」とのレッテルを貼られてしまいます。 ちゃんと引き継ぎの期間を設けることで相手も安心しますし、不安材料や問題などがあれば解決する時間も取れます。 社内宛ての退職メールは、退職を報告するというより「最後の挨拶」に近いものになりますので、 最終出社日に送ることが一般的です。 勤務中ではなく定時が過ぎてから送るのがマナーという会社もありますし、1週間前にメールすることが慣例だという会社もあります。 会社特有の暗黙のルールがある場合があるので、ここは先輩方や今まで受け取った退職挨拶メールを参考にするのがよいでしょう。 社内向け退職メールのポイントと文例 大きな会社の場合、仕事でもプライベートでもあまり接点のない人もいるでしょう。 そういう人には一斉メールでもかまいません。 この場合、送るときは一斉送信の一覧がわからない 「Bcc」に送付先を入れましょう。 件名は「退職の挨拶」とし、件名だけで用件がわかるようにします。 退職理由は「一身上の都合」が基本。 細かく書かないことがビジネスメールでのルールです。 出産や結婚などのおめでたい理由の場合は、書いてもよいでしょう。 また、可能であれば、今後の連絡先を添えておくのも円満退職の秘訣です。 残った社員にとっては、今後の連絡先が全くわからなくなるのは寂しいもの。 私用の連絡先があることで、「会社は辞めるけど、会社の人とは今後もお付き合いしたい」という気持ちがこもります。 仕事上でお世話になった人や関わりの強い人に対しては、必ず個別に送るようにし、文面にもその人とのエピソードや思い出など一文を入れると心がこもります。 送別会をしてもらったり、記念品をもらったりした場合は、ここでお礼を入れるのもいいでしょう。 親しかったとしても、退職の挨拶メールで 会社の愚痴や苦言などを入れるのはご法度です。 メールは相手が削除しない限り、文書として残ります。 「立つ鳥跡を濁さず」を肝に銘じて、クリーンな印象でお別れをいいましょう。 このたび、一身上の都合により8月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 業務を通して多くの方々と関わり、さまざまなことを学ばせていただきました。 壁にぶつかるたびに、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しております。 この会社で学んだこと、経験のすべてを、今後も活かしていきたいと思います。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡をいただけると幸いです。 メール:xxx xxxxx 携帯:xxx-xxx-xxx 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外向け退職メールのポイントと文例 前述したとおり、社内へ送る退職メールと社外へ送る退職メールは意味合いが違います。 社外には会社の信用を損ねないこと、不安や不満を残さないことが鉄則です。 その為にも退職するあなた自身の信頼を守ることが大切です。 具体的なポイントは3つ 退職日は明記すること。 退職日が1週間後なのか、1か月後なのかで先方の優先順位も変わってくるので、必ず明記しましょう。 次に、 後任者や引き継ぎについて明記すること。 後任者と一緒に直接挨拶に行くのがベストですが、それができない場合はメールの中で名前を伝えておくことが大切です。 後任や引き継ぎについて何も書かれていない退職メールは相手に不安を与えますし、今までどんなに誠意を持って仕事をしていたとしても、一瞬で信頼関係が崩れてしまうでしょう。 最後に、社内メールと違い、社外宛ての退職メールには 私用連絡先などは書かないことが大切です。 あくまで今までのお付き合いは会社を通しての関係なのでここは一線を引いておきます。 転職先や、退職理由などを書くことも、会社やあなた自身の信用を損ねる原因となりますから気をつけましょう。 ここにあらためてお礼を申し上げます。 本来なら直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。 上司向け退職メールのポイントと文例 上司への退職の挨拶メールは、基本的には社内用メールと同じです。 ネガティブな内容は避けて、今までの感謝を伝える文面であれば大丈夫です。 ただ、一斉送信だと気を悪くする人もいるので、面倒でも一人ずつに宛名入りで送るといいでしょう。 一身上の都合により、本日を持ちまして、退職することになりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んで参りたいと思います。 末筆ではございますが、改めて皆様の長年のご厚情に深謝すると共に、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。 退職メールを受け取ったら返信するべき? 退職の挨拶メールを受け取った後の返信はどうすべきか、気を遣いますよね。 あまり難しく考えず、自分が退職する立場だったらもらいたい返信メールを心がけましょう。 返信は必須ではありません。 あまり仕事上で関わりのない人の場合は、スルーしても失礼には当たりません。 退職者は大勢の人に挨拶メールを送っていますから、ビジネスメールとしてはあえて返信しないのもマナーのひとつ。 親しい間柄の場合や、伝えたいことがある場合のみ返信しましょう。 ポイントは、お世話になったことへのお礼と、退職することに対しての残念な気持ち、最後に退職後の活躍や健闘を祈る言葉です。 退職する側もそうですが、ネガティブな言葉は避け、退職者が気持ちよく退社できるような言葉選びに気を付けましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 一緒に仕事をさせていただいた経験は私にとって大きな財産となりました。 おわりに 退職を伝えるメールも、それに対する返信も、大切なのは今までお世話になったことへの感謝の気持ちです。 円満に退職することは、新しい生活を迎えるための必須条件です。 明るく爽やかに挨拶をして、美しい後ろ姿で次のステップへと向かいましょう。

次の

【例文あり】退職メール・退職挨拶・手紙・電話・退職スピーチを攻略!

退職 の 挨拶 手紙

1.退職時の挨拶のマナー どんな手段で挨拶をするにしても、3つのポイントは退職時の挨拶の共通のマナーですので、しっかり押さえておきましょう。 伝える際は業務に支障の出ないよう配慮し、相手によって手段やタイミングを考慮しましょう。 この前提が分かれば、伝えるべき内容もみえてきます。 単に「ありがとう」と言うよりも、具体的エピソードを挙げて「何をされて・自分にどのような好影響を与えてくれたか」と伝えられるとベターでしょう。 そう考えると、グチや恨み言はNG。 退職時の挨拶もめぐりめぐって自分に返ってくると肝に銘じて、気持ちのいい最後を迎えましょう。 2.メールでの挨拶の例文とポイント メールの長さはPCの画面内に収まりきる程度の分量にし、一文が長すぎないようにしましょう。 伝えたいことはたくさんあるかもしれませんが、長文になるとそれだけ相手の時間を割いてしまうので、読みやすい分量を心がけましょう。 内容は「お礼・感謝を伝える」以外にも、退職の挨拶に盛り込むべき基本項目があります。 まずは「退職する日付」と「退職する理由」、そして「感謝の気持ち」、最後は相手の人・企業の「繁栄や活躍を祈るエール」を伝えて結びます。 「退職する理由」は結婚・出産などおめでたいライフイベントなどの場合を除いて、具体的に伝える必要はなく、「一身上の都合」で構いません。 また、具体的な転職先も伝えないのが無難です。 この基本をふまえたうえで、挨拶する相手や手段によって内容をアレンジしていきます。 以下の代表的なシチュエーションの例文もチェックしてみましょう。 本来であれば直接ご挨拶に伺うべきところ、メールでのご報告・ご挨拶となってしまい大変申し訳ございません。 これまで何かと至らぬ点もあったかと思いますが、お世話になり本当にありがとうございました。 答えが見えず泣いた日々もたくさんありましたが、それでも少しずつ前進していくことに「本当の仕事の面白さ」を感じることができました。 また、業務を通して多くの方々と関わり、たくさんのことを学ばせていただきました。 ここでの経験があり、次へつながっていると思っています。 心より感謝申し上げます。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡いただけると幸いです。 com 電話:000-0000-0000 最後になりましたが、今後益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで本当にありがとうございました。 本来ならば直接ご挨拶に伺うべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 入社当初から業務を通して多くの方々と関わり、たくさんのことを学ばせていただきました。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んでまいりたいと思っています。 今まで、本当にありがとうございました。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡いただけると幸いです。 不慣れな私に対し、時には叱咤激励をいただきながらも、プロジェクト成功のためにご尽力いただけたこと、誠に感謝しております。 本日をもちまして、一身上の都合により退職することになりました。 これまで何かと至らぬ点もあったかと思いますが、お世話になり本当にありがとうございました。 この会社に入社し、この部署でみなさんと働き、業務を通して多くの方々と関わり、たくさんのことを学ばせていただきました。 ここでの経験があり、次へつながっていると思っています。 みなさまには心より感謝しております。 どうぞよろしくお願いいたします。 本日をもちまして、退職いたしますが、どうぞ今後とも変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。 最後になりましたが、皆さまの今後のご活躍を心よりお祈りしています。 以上で退職の挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。 挨拶をするタイミングはいつがいい? 退職が承諾され、退職日が決まり次第、始めましょう。 早めに挨拶が始められれば、「都合が合わずに挨拶できていない」という事態も防げます。 役職や年次が上の人から順番に伝えていきましょう。 挨拶の開始時期や挨拶範囲などで迷った場合は、上司に聞くのが確実です。 最終出社日に不在の相手への挨拶はどうしよう? 事前に挨拶を済ませているという前提であれば、出張などで相手がいない場合は最終出社日に挨拶ができなくても問題ありません。 前もって不在だと把握しているなら数日前に改めて伝えても、後日メールで挨拶を重ねてもいいでしょう。 「当日でいいやと思っていたのに不在で退職の挨拶が一切できていない!」という事態は避けたいので、そのためにも早い段階から挨拶回りを始めたいところです。 挨拶をする相手はどの範囲まで? お礼・感謝を伝えるために挨拶をするのですから、お世話になった・日頃からやりとりがある相手かどうかが一つの判断基準。 個別に挨拶するほどでもない場合、たとえば同じ部署の仲間なら数人で一緒にランチに行って伝える手も。 退職の挨拶は相手とつながるチャンスでもあるので、いまは疎遠になった人に連絡をして付き合い復活の契機にしてもいいでしょう。 職場にお菓子は渡すべき?どんなお菓子がいい? お菓子は必須ではありませんが、感謝の気持ちを形で表すことができます。 最終出社日や部署内の挨拶をスピーチで済ませる場合に、みんなで食べてもらえるお菓子を用意してもいいでしょう。 その場合のお菓子は日持ちがするものが無難。 缶入りのクッキーなど、すぐに食べなければならないものよりも、個包装されているものの方が、持ち帰ったり翌日以降に食べたりできるので親切です。 wardnm cutString itemc.

次の