スロット やめ どき。 【保存版】スロットを辞めたい人におすすめの23の裏技【借金減額も】

スロットのヤメどきについて質問ですよく即やめと書いてあるの...

スロット やめ どき

パチンコ・スロットの「やめどき」 一般的な使い方 これは先述のように、勝ち逃げという言葉と共に使われる事が多い使用法です。 例えば、北斗無双を打って投資1万で運よくSTに突入、そこから怒涛の連荘を見せた結果、2万発ほどの出玉を獲得。 しかしその後、初当たりまで大きくハマって1万発分の出玉を使ってしまい、その大当たりではSTに突入せずに時短が終了したところでヤメ。 こんな場合、ここでの使い方としては「やめどきを間違えた」とか「2万発出たところがヤメ時だった」てな感じで使います。 自分自身もパチンカーやスロッターと会話する時には、割と使う言葉です…が、あくまでも冗談の一種で、本気でそこで止めておくべきだった…とは思っていない事がほとんどです。 パチンコにしろスロットにしろ、本当の意味で重要な「やめどき」というのは「結果的に出玉が最大になっていた地点」ではなく、「期待収支的に最大の利益を見込める(最小の損害に留められる)地点」の事を意味します。 パチンコで本当に意識するべき「やめどき」 まず上げておくべきなのは 潜伏確変状態では止めないという事。 極まれに内部的に確変であっても、この回転率じゃ打つ価値なし…という釘・スペックの台もありますが、普通の潜伏確変で普通の釘であれば、基本的に潜伏確変中は止めない方が良いのは間違いありません。 パチンコの場合は明確に意識するべき「やめちゃダメな状況」というのはそれぐらいでしょうか。 スロットで本当に意識するべき「やめどき」 天井絡みの話 天井という機能が搭載されている台(通常時〇〇〇〇GはまるとARTが確定など)は、基本的にハマっている台を打った方がハマっていない台を打つよりも期待収支が高くなります。 つまり、例えば天井が1000Gの台があったとして、その台を200Gから打ち始めるのと、700Gから打ち始めるのでは、700Gから打ち始める方が断然お得であることが多いのです。 そんな台で、それこそ900Gぐらいでヤメるというのは、やめどきとしては最悪の部類だと言えます。 逆に、天井をしっかり消化し終えてから止めるのは、良いヤメ時ですね。 ただその場合、ART後に天国的なものが期待できる状況なら、それも消化しないと良いヤメ時とは言えなくなりますが。 ゾーン絡みの話 天井だけではなく、特定のゲーム数に何かしらが優遇されている、いわゆる「ゾーン」というものが搭載されている台の場合、その特定ゲーム数の直前でヤメるというのも、ヤメ時としては悪いやめどきだと言えます。 逆に言えば、ゾーンを消化し終えた所は、良いヤメ時だと言えます。 ただ仮に、そのゲーム数が天井間際だったりしたら、その時は天井まで行かないと…という事にもなるんですけどね。 設定1の機械割より実践が酷い よく、「せめて設定1並みに当たって欲しい」とか、「設定1でも甘いスペックなのに〇万いかれた!」という話がありますよね。 多くの場合は1でも誤爆する時があるように、下に振れる事もある…というだけの話だったりしますが、実は最低でも設定1の機械割で打てているつもりで、そうではないケースも少なからず存在します。 それは、不利な状況ばかり打って、有利な状況で打ててないから…というケース。 先ほどの天井やゾーンの話にも関係あるんですが、設定1の機械割って、ちゃんと美味しい部分も含めた数値なんですよ。 つまり、ゾーンを消化したり天井に到達したり、その台の酸いも甘いも味わった末の機械割が、その台における設定1の機械割なんです。 なので例えば、ゾーン以外のゲーム数ばっかり打っている…とか、中途半端なゲーム数から打ち始めて、天井に行くでもなく当たらずヤメ…なんて打ち方をしてると、設定1の機械割よりも遥かに低い機械割の状態で実践している事になってしまうんです。 なので、設定1を打つにしても、期待収支的に最良のやめどきを実践する事が、長い目で見て負け額の軽減、あるいはプラス域への足掛かりともなるのです。 設定1を最悪の状況から打ち始めて最良の状態でやめれば、長い目で見て設定1なりの数値になると思います。 さらに言えば、若干悪い程度の状況から打ち始めて最良の状態でやめれば、長い目で見てプラス収支になる可能性だって、機種によってはあります。 ここにこそ、本当の意味での「やめどきが重要」という意味がズシリと込められているんじゃないでしょうか。 閉店間際の話 ノーマル機はともかく、ART機などに関しては、その一撃性が高いほど閉店取り切れずのリスクが大きく圧し掛かってきます。 自分自身がそうなんですが、とにかく取り切れずがイヤなんです。 だから、ついつい早めにヤメたくなるんですが…実は自分を始め多くのスロッターが思っているよりは、ART機でもそこそこなスペックの高設定であれば、閉店ぎりぎりの時間まで打っていても期待収支的にプラスだったりするんですよね。 そこそこ一撃が期待できる台であっても、閉店30分前ぐらいまでなら余裕でプラス、15分前でもかなりの台がプラスじゃないでしょうか。 でも自分は、展開次第ではありますが、10時を過ぎた段階で何もなければヤメちゃいますね。 この場合は、期待収支的に最良のヤメ時を、精神的な満足感を優先したい気持ちが上回った結果と言えます。 自分だけじゃなく、多くの期待収支大好きスロッターが不合理な判断をしがちな数少ない場面…それが閉店前なのかもしれませんね。 やめどき まとめ ここまで基本的に期待収支に基づいた価値観で語って来ましたが、そうはいっても我々は人間なので、精神的な満足感を無視するべきではないのです。 最後の話でもあったように、精神的な満足感が期待収支的なそれを上回る状況なら、そちらを優先すれば良いと思うんです。 ただ、そこはあくまでもその事実を認識したうえで、基本的な認識を捻じ曲げずに、真摯に期待収支と向き合いつつ、自らのエゴにも正直にパチンコ・スロットと接して行きたいものです。 要するに「楽に楽しく勝ちましょ、パチンコもスロットも。 」って事です。

次の

【保存版】スロットを辞めたい人におすすめの23の裏技【借金減額も】

スロット やめ どき

天井恩恵解析 【ゲーム数第1天井と恩恵】 「400Gor500Gor600Gor700Gor800G」以降のボーナスでART当選 第1天井振り分け G数 振り分け 400G 5. 設定変更で天井までのゲーム数はリセット 2種類の天井を搭載 パチスロ「バイオハザード リベレーションズ」のゲーム数天井恩恵はART当選と強めですが、天井発動条件は ボーナス&ART810Gと深いのがネック。 まあこの手のスペックのゲーム数天井は、「バイオハザード リベレーションズ」に限らず狙いにくいですけどね(苦笑) そして、もう一つの天井であるARTスルー天井は、ボーナスが14連続でART非当選となることで天井状態となり、 15回目のボーナスでARTに強制当選するといったもの。 なお、「バイオハザード リベレーションズ」には「ノーマンチャレンジ」なる高期待度CZが搭載されており、 CZからARTに当選した場合もスルー回数がリセットされる点に注意してください。 そのため、「モンハン 狂竜戦線」のようにART当選に関わる内部モードやテーブルが存在するかもしれませんね。 なお、第1天井ゲーム数は、ボーナス・ART終了時に毎回再抽選されます。 狙い目 ここからは、2種類の天井狙い目をそれぞれ考察していきます。 ゲーム数天井 パチスロ「バイオハザード リベレーションズ」のゲーム数天井の狙い目は、 通常時540Gハマリを目安ということで立ち回っていきます。 ボーナス初当たりが軽いことを活かして、絶対に当たるゾーン狙いという感覚でコツコツと打っていけるのがベストですが、狙える機会がないことが根本的な問題ですね(爆) ゲーム数天井の場合、リセット恩恵にも期待できないと思うので、ARTスルー天井狙いが中心になってくると思います。 狙い目としては、 430Gハマリ付近から狙っていくのがいいと思います。 天井到達率は低くハマリにくい台には違いありませんが、このラインからなら狙える機会はまだありそうです。 ARTスルー天井 ARTスルー天井に関しては、とりあえずは 10連続スルー 9連続スルーが目安ということで。 スルー回数実践値にART当選率の偏りがあった場合や、解析情報次第で狙い目は微調整していきます。 さすがに10連続スルーとなると当日ハマリ台は目に付きやすいので、基本的は宵越しを絡めながら狙っていくスタンスになりそうです。 具体的な狙い目ですが、 0スルーからでも十分狙っていくことができると思います。 これだけ聞くと、ART5連続スルー台をピンポイントで狙っていけそうな気もするかもしれませんが、リセット台は1~5回目のボーナスでのART当選率が優遇されているといった傾向上、ARTを5連続でスルーしている時点で継続抽選に漏れている可能性が高いと思います。 そのため、リセット台狙いは朝一1発目のARTに照準を合わせましょう。 やめどき やめどきに関しては、 ボーナス・ART後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してからやめということでOKでしょう。 この手のタイプは内部状態によってボーナス成立時のART当選率が異なるため、高確は確実にフォローしておくべきです。 なお、戦慄状態滞在時には 筐体が赤く点灯します。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

『パチンコ・スロットはヤメ時が重要』の本当の意味【勝つ為のやめどき 潜伏確変・AT・ART・RT機】│ブレスロ.2dps

スロット やめ どき

パチンコ・スロットの「やめどき」 一般的な使い方 これは先述のように、勝ち逃げという言葉と共に使われる事が多い使用法です。 例えば、北斗無双を打って投資1万で運よくSTに突入、そこから怒涛の連荘を見せた結果、2万発ほどの出玉を獲得。 しかしその後、初当たりまで大きくハマって1万発分の出玉を使ってしまい、その大当たりではSTに突入せずに時短が終了したところでヤメ。 こんな場合、ここでの使い方としては「やめどきを間違えた」とか「2万発出たところがヤメ時だった」てな感じで使います。 自分自身もパチンカーやスロッターと会話する時には、割と使う言葉です…が、あくまでも冗談の一種で、本気でそこで止めておくべきだった…とは思っていない事がほとんどです。 パチンコにしろスロットにしろ、本当の意味で重要な「やめどき」というのは「結果的に出玉が最大になっていた地点」ではなく、「期待収支的に最大の利益を見込める(最小の損害に留められる)地点」の事を意味します。 パチンコで本当に意識するべき「やめどき」 まず上げておくべきなのは 潜伏確変状態では止めないという事。 極まれに内部的に確変であっても、この回転率じゃ打つ価値なし…という釘・スペックの台もありますが、普通の潜伏確変で普通の釘であれば、基本的に潜伏確変中は止めない方が良いのは間違いありません。 パチンコの場合は明確に意識するべき「やめちゃダメな状況」というのはそれぐらいでしょうか。 スロットで本当に意識するべき「やめどき」 天井絡みの話 天井という機能が搭載されている台(通常時〇〇〇〇GはまるとARTが確定など)は、基本的にハマっている台を打った方がハマっていない台を打つよりも期待収支が高くなります。 つまり、例えば天井が1000Gの台があったとして、その台を200Gから打ち始めるのと、700Gから打ち始めるのでは、700Gから打ち始める方が断然お得であることが多いのです。 そんな台で、それこそ900Gぐらいでヤメるというのは、やめどきとしては最悪の部類だと言えます。 逆に、天井をしっかり消化し終えてから止めるのは、良いヤメ時ですね。 ただその場合、ART後に天国的なものが期待できる状況なら、それも消化しないと良いヤメ時とは言えなくなりますが。 ゾーン絡みの話 天井だけではなく、特定のゲーム数に何かしらが優遇されている、いわゆる「ゾーン」というものが搭載されている台の場合、その特定ゲーム数の直前でヤメるというのも、ヤメ時としては悪いやめどきだと言えます。 逆に言えば、ゾーンを消化し終えた所は、良いヤメ時だと言えます。 ただ仮に、そのゲーム数が天井間際だったりしたら、その時は天井まで行かないと…という事にもなるんですけどね。 設定1の機械割より実践が酷い よく、「せめて設定1並みに当たって欲しい」とか、「設定1でも甘いスペックなのに〇万いかれた!」という話がありますよね。 多くの場合は1でも誤爆する時があるように、下に振れる事もある…というだけの話だったりしますが、実は最低でも設定1の機械割で打てているつもりで、そうではないケースも少なからず存在します。 それは、不利な状況ばかり打って、有利な状況で打ててないから…というケース。 先ほどの天井やゾーンの話にも関係あるんですが、設定1の機械割って、ちゃんと美味しい部分も含めた数値なんですよ。 つまり、ゾーンを消化したり天井に到達したり、その台の酸いも甘いも味わった末の機械割が、その台における設定1の機械割なんです。 なので例えば、ゾーン以外のゲーム数ばっかり打っている…とか、中途半端なゲーム数から打ち始めて、天井に行くでもなく当たらずヤメ…なんて打ち方をしてると、設定1の機械割よりも遥かに低い機械割の状態で実践している事になってしまうんです。 なので、設定1を打つにしても、期待収支的に最良のやめどきを実践する事が、長い目で見て負け額の軽減、あるいはプラス域への足掛かりともなるのです。 設定1を最悪の状況から打ち始めて最良の状態でやめれば、長い目で見て設定1なりの数値になると思います。 さらに言えば、若干悪い程度の状況から打ち始めて最良の状態でやめれば、長い目で見てプラス収支になる可能性だって、機種によってはあります。 ここにこそ、本当の意味での「やめどきが重要」という意味がズシリと込められているんじゃないでしょうか。 閉店間際の話 ノーマル機はともかく、ART機などに関しては、その一撃性が高いほど閉店取り切れずのリスクが大きく圧し掛かってきます。 自分自身がそうなんですが、とにかく取り切れずがイヤなんです。 だから、ついつい早めにヤメたくなるんですが…実は自分を始め多くのスロッターが思っているよりは、ART機でもそこそこなスペックの高設定であれば、閉店ぎりぎりの時間まで打っていても期待収支的にプラスだったりするんですよね。 そこそこ一撃が期待できる台であっても、閉店30分前ぐらいまでなら余裕でプラス、15分前でもかなりの台がプラスじゃないでしょうか。 でも自分は、展開次第ではありますが、10時を過ぎた段階で何もなければヤメちゃいますね。 この場合は、期待収支的に最良のヤメ時を、精神的な満足感を優先したい気持ちが上回った結果と言えます。 自分だけじゃなく、多くの期待収支大好きスロッターが不合理な判断をしがちな数少ない場面…それが閉店前なのかもしれませんね。 やめどき まとめ ここまで基本的に期待収支に基づいた価値観で語って来ましたが、そうはいっても我々は人間なので、精神的な満足感を無視するべきではないのです。 最後の話でもあったように、精神的な満足感が期待収支的なそれを上回る状況なら、そちらを優先すれば良いと思うんです。 ただ、そこはあくまでもその事実を認識したうえで、基本的な認識を捻じ曲げずに、真摯に期待収支と向き合いつつ、自らのエゴにも正直にパチンコ・スロットと接して行きたいものです。 要するに「楽に楽しく勝ちましょ、パチンコもスロットも。 」って事です。

次の