アウディ a6 アバント 新型。 新型アウディRS6アバントの日本発売時期&価格+スペック評価🤔AMG E63Sと徹底比較!

アウディ A6アバント

アウディ a6 アバント 新型

アウディは11月18日、米国で11月20日に開幕するロサンゼルスモーターショー2019に、新型『RS6アバント』(Audi RS6 Avant)を出展すると発表した。 0リットルV8ツインターボ搭載 同車は、新型アウディ『A6アバント』をベースに、「アウディスポーツ」が開発した高性能な「RS」モデルとなる。 新型のパワートレインは、直噴4. 0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ「TFSI」エンジンだ。 最大出力は600hp。 最大トルクは81. 6kgmを、2050~4500 rpmで引き出す。 トランスミッションは8速「ティプトロニック」、駆動方式は4WDの「クワトロ」で、RS専用チューンが施された。 この性能は、世界最速クラスのワゴンとなる。 新型には、48Vのマイルドハイブリッドを採用した。 48ボルトの電源システム、BAS(ベルト駆動式オルタネータースターター)、リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、走行中にエンジンを最大40秒休止させ、惰性走行で燃費を稼ぐ。 減速時には、BASが最大12kWのエネルギーを回生し、リチウムイオンバッテリーに蓄える。 アウディによると、マイルドハイブリッドの効果により、実走行で100kmあたり最大0. 8リットルの燃料消費を削減するという。 気筒休止システムも搭載する。 「アウディドライブセレクト」のダイナミックハンドリングシステムを使用して、走行特性を変更できる。 アウディドライブセレクトのドライブモードとして、「RS1」と「RS2」を設定した。 ステアリングホイールの「RS MODE」ボタンを操作することにより、エンジンとトランスミッション、パワーステアリング、サスペンション、ダイナミックオールホイールステアリング、クワトロスポーツディファレンシャル、エンジンサウンドなどが変化する。 パワードーム付きの新しいボンネット、新デザインのスリムなヘッドライトを装備する。 「RSマトリックス」と呼ばれるLEDレーザーヘッドライトも用意した。 LEDテールライトと同様に、車両がロック&アンロックされた時、RS専用のダイナミックインジケータ(流れるウインカー)が作動する。 新型RS6アバントの外装は、フロントドア、ルーフ、テールゲートを除いて、RS専用パーツのみで構成されている。 全幅は40mmワイド化されており、21インチの大径タイヤ&ホイールを収めた。 新開発のRSセラミックブレーキシステムは、およそ34kgの軽量化を可能にする。 「RSスポーツエアサスペンション」により、車高は新型A6アバントよりも20mm低い。 段差などでは、車高を20mm引き上げるリフトモードが利用できる。 シングルフレームグリル内の立体的なハニカム構造は、光沢ブラック仕上げ。 フロントバンパーも専用デザインで、アウディによると、『R8』のモチーフを取り入れたという。 リアは、ルーフスポイラーとディフューザー、光沢ブラックのデザインエレメントを備えたRS専用バンパーで構成された。 専用の排気システムは、楕円形のクロームテールパイプを装備している。 すべてデジタルのオペレーティングシステムのユーザーインターフェイスは、クリアなブラックパネルデザインと調和させている。 ダッシュボードの上側には、「MMIタッチレスポンスディスプレイ」をレイアウトした。 「アウディバーチャルコックピット」では、専用のRSディスプレイにより、タイヤ空気圧、トルク、出力、エンジンオイル温度、ブースト圧、ラップタイム、Gに関する情報などが表示される。 シフトライトディスプレイは、最大エンジン回転数に達すると、ドライバーにシフトアップを促す。 フラットボトムのスポーツレザーステアリングホイールは、アルミ製の大型パドルシフトと多機能ボタンが備わる。 「RSスポーツシート」には、ハニカムパターンとRSエンボス加工が施されたバルコナレザーが使用されている。

次の

2019年3月12日に日本発売 アウディ 新型A6 2019 フルモデルチェンジ 写真・動画情報

アウディ a6 アバント 新型

アウディ ジャパンは、「アウディ A6アバント」に、「2. 0 TFSI エンジン」を搭載するグレードを追加して、2020年1月22日に発売した。 1984ccのTFSIエンジンは、直噴ターボ技術により245psと370Nmを発生し、今回新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた。 ベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)はクランクシャフトにつながっており、エネルギー回生とスムーズなエンジン再始動を実現します。 このBASは最大5秒間、6kWと60Nmの力でエンジンをアシストすることができ、その回生・アシスト効果により100km走行あたり最大0. 組み合わせるギアボックスは、デュアルクラッチ式の7速Sトロニックで、quattroシステムにもインテリジェントなAWDクラッチを備えるタイプを採用し、高効率と高いドライビングダイナミクスを両立するハードウェア構成となっている。 MHEVシステム用に追加されたリチウムイオンバッテリーは、0. 15kWhの容量を持ち、エンジンルーム内に配置した。 またスマートフォンライクな操作を実現した先進のMMIタッチレスポンスは、「55 TFSI」同様に標準装備。 ダンピングコントロールサスペンションやダイナミックオールホイールステアリングをオプション設定した。 アウディ ジャパンは、アッパーミドルクラスのステーションワゴン「アウディA6アバント」を2019年3月12日に発表、同年3月20日より販売を開始した。 新型となった「A6アバント」はスポーティなボディラインと、先代と同様に広大なラゲッジコンパートメントを備えている。 1050mmの荷室の積載幅、標準状態で565L、リヤシートのバックレストを倒した状態では1680Lの積載容量を確保する。 エクステリアはシャープなラインと伸びやかなサーフェス、縦方向に絞ったリヤウインドーを特徴とし、長いボンネットと緩やかに流れるルーフラインによってエレガントかつスポーティなまとまりを見せている。 先代よりもわずかに大きく、リヤシートのレッグルーム、フロントおよびリヤシートのヘッドルームとショルダールームはさらに拡大している。 インテリアは流れるような造形のインストルメントパネル、左右に連続した水平ラインが広々とした印象を与え、センターコンソールには直感的な操作とカスタマイズの可能な大型ディスプレイ、「MMIタッチレスポンス」がドライバー側に向けられて設置される。 このMMIタッチレスポンスは上下2画面で構成され、アッパーディスプレイはインフォテインメントシステム用、ローワーディスプレイは空調コントロールやテキスト入力などに使用する。 MMIナビゲーションプラスは日本仕様では標準装備となり、最上位のデータ転送モジュールは、新しいLTEアドバンストに対応している。 パワーユニットは3. 0リッターV6直噴ターボ。 トランスミッションは7速Sトロニックで駆動方式はクワトロのみ。 ステアリングを切るにつれてダイレクトなレシオに変化するプログレッシブステアリングを採用し、先代よりもスポーティなハンドリング特性とした。 ダイナミックオールステアリングホイール(4輪操舵)も設定され、すぐれた操縦安定性と市街地における良好な取り回し性を実現したという。 ドライバーアシスタンスシステムでは、アクティブレーンアシストやトラフィックジャムアシストを含む「アダプティブドライブアシスト」をはじめ、見通しの悪い交差点などで動作する「フロントクロストラフィックアシスト」、全方位からの事故について予防し、被害軽減を図る「プレセンス360」が装備される。 なお、導入を記念した期間限定車として、装備バランスを検討して価格を955万円とした「55TFSIクワトロ デビューパッケージ」がリリースされている。 アウディジャパンはステーションワゴンの中核モデルであるA6アバントの装備・仕様を一部変更して、2016年10月20日に発売した。 今回の仕様変更では、エクステリアを中心に質感を向上するためのリファインを実施。 従来はオプション設定だったS lineエクステリアを標準装備とした。 フロントバンパーは、従来では一体型だったエアインレット部を3つに独立することで立体感を強調し、より力強くスポーティなデザインにするとともに、サイドシル部をより拡幅し、ワイド&ローなスタイルに仕上げている。 またリアディフューザーのデザインを変更して、高級感を演出した。 さらにS lineパッケージ装着車は、S6と同デザインのシングルフレームグリルを採用。 エアインレット部も新デザインとなり、クロームの水平バーを備えている。 2018年1月1日には価格改定を実施した。 アウディジャパンはステーションワゴンの中核モデルであるA6アバントに、外観デザインの変更や新エンジンの搭載など、ビッグマイナーチェンジを実施し、2015年7月30日に発売した。 外観デザインはフロントのシングルフレームグリルの形状を小変更したほか、ヘッドライト、バンパー、エアインレットなどが変更されている。 リヤもテールランプやバンパーが変更され、サイドシルも新しくなった。 ヘッドライトはバイキセノンヘッドライトが基本で、マトリクスLEDヘッドライトがオプション設定された。 このライトはハイビームアシストなど自在な制御を実現したもので、装着車はウインカーを使うと内側からクルマが向かう外側に向けてイエローのラインが流れる「ダイナミックインジケーター」を内蔵している。 搭載エンジンはベースグレードとなるFF車にA6として初めて直列4気筒1. 8リッターのDOHC+インタークーラー付きターボ仕様のTFSIエンジンが搭載された。 また従来の2. 8リッターエンジンに変わって搭載された直列4気筒2. 排気量を小さくしながらも、パワーは20%以上、トルクは30%以上向上させながら、燃費も15%以上も向上させている。 ほかにV型6気筒3. 0リッターエンジンも搭載されている。 このエンジンも動力性能が向上している。 各エンジンと組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニックだが、FFの1. 8リッターエンジン用の7速Sトロニックは専用設計で、軽量化や効率アップが図られた。 安全装備の充実化では、従来からのアウディプレセンスプラスに加え、アクティブレーンアシストやサイドアシスト、セカンダリーコリジョンブレーキなどが全車に標準装備された。 このほか、MMIに統合される進化した仕様のアウディコネクトでは、コンシェルジュサービスやグーグルアースとの連携、Wi-Fi対応などが採用され、足の動きで開閉が可能なバーチャルペダル機能付きオートマチックテールゲートも装備されている。 グレードは1. 8TSFI、2. 0TFSIクワトロ、3. 0TFSIクワトロの3グレード設定だ。 アウディジャパンはアッパーミドルクラスのステーションワゴンであるA6アバントに、高出力と高効率を両立する2. 0TFSIエンジンを搭載するとともに、FWD 前輪駆動 方式を採用したアウディA6アバント2. 0TFSIをエントリーグレードとして追加設定し、2014年2月4日に発売した。 搭載エンジンは2. 0TFSIというグレード名が示すように直列4気筒2. 0リッターの直噴ターボ仕様で、無段変速のマルチトロニック CVT を組み合わせている。 8kmを達成し、2015年度燃費基準+20%を達成して、エコカー減税の免税対象になっている。 装備はひと目でアウディと分かるLEDポジショニングランプを備えたバイキセノンヘッドライトが標準でLEDヘッドライトをオプション設定。 またMMIやBOSEサラウンドサウンドシステム、ウォールナットウッドのデコラティブパネル、インテリアアンビエンスライト、アドバンストキーシステムや専用の17インチアルミホイールなどを標準装備する。 安全装備はアウディブレーキガードやアダプティブクルーズコントロールなどを含めた、先進のセーフティシステムがアウディプレセンスパッケージとしてオプション設定されている。 同年7月22日には「A6アバント 2. 8 FSI クワトロ」をベースに、SラインパッケージやLEDヘッドライトなどを標準装備した特別仕様車「Sラインプラス」を100台限定で発売した。 アウディジャパンはアッパーミドルクラスのステーションワゴンであるA6アバントに、高出力と高効率を両立する2. 0TFSIエンジンを搭載するとともに、FWD 前輪駆動 方式を採用したアウディA6アバント2. 0TFSIをエントリーグレードとして追加設定し、2014年2月4日に発売した。 搭載エンジンは2. 0TFSIというグレード名が示すように直列4気筒2. 0リッターの直噴ターボ仕様で、無段変速のマルチトロニック CVT を組み合わせている。 8kmを達成し、2015年度燃費基準+20%を達成して、エコカー減税の免税対象になっている。 装備はひと目でアウディと分かるLEDポジショニングランプを備えたバイキセノンヘッドライトが標準でLEDヘッドライトをオプション設定。 またMMIやBOSEサラウンドサウンドシステム、ウォールナットウッドのデコラティブパネル、インテリアアンビエンスライト、アドバンストキーシステムや専用の17インチアルミホイールなどを標準装備する。 安全装備はアウディブレーキガードやアダプティブクルーズコントロールなどを含めた、先進のセーフティシステムがアウディプレセンスパッケージとしてオプション設定されている。 アウディのアッパーミドルセダンA6をベースにしたステーションワゴンのアバントは2012年2月にフルモデルチェンジを受けた。 ボディはセダンのA6と基本的に同じサイズで、ホイールベースは変わらず、全長が10mm、全高はルーフレールの採用で30mmほど高くなっているだけ。 車両重量も40kgの違いでしかない。 流れる ようなルーフラインをボディの後方まで伸ばしたアバントのボディはいかにもスタイリッシュなもの。 フロントにはや形状を変えて洗練された印象を強めたシングルやフレームグリルやLEDポジショニングランプ、さらにオプションのLEDヘッドランプなどによってアウディのデザインを強調する。 ボディはアルミとスチールを組み合わせた構造を採用することで、剛性を高めると同時に20%の軽量化を図っている。 インテリアはアウディらしい質感を備えており、ラゲッジスペースは標準状態で565リッター、最大では1680リッターの容量も持つ。 搭載エンジンはV型6気筒2. 8リッターの直噴仕様 FSI と、V型6気筒3. 0リッターの直噴スーパーチャージャー仕様 TFSI 仕様の2機種。 両方ともストップシステム アイドリングストップ機構 を採用し、7速Sトロニックと組み合わされる。 全車ともフルタイム4WDのクワトロだ。 減速エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーへ還流させるエネルギー回生システムを搭載するなど徹底的に効率を高めることで、20%ほど燃費を向上させたという。 快適装備はMMIタッチが標準となるほか、 BOSEサラウンドサウンドシステムなども標準。 安全装備はアダプティブクルーズコントロールやアウディサイドアシストなどがオプション設定されている。 さまざまなドライブを実現するアウディドライブセレクトも全車に標準だ。 2013年モデルではSラインを追加設定した。 アウディのアッパーミドルセダンA6をベースにしたステーションワゴンのアバントは2012年2月にフルモデルチェンジを受けた。 ボディはセダンのA6と基本的に同じサイズで、ホイールベースは変わらず、全長が10mm、全高はルーフレールの採用で30mmほど高くなっているだけ。 車両重量も40kgの違いでしかない。 流れる ようなルーフラインをボディの後方まで伸ばしたアバントのボディはいかにもスタイリッシュなもの。 フロントにはや形状を変えて洗練された印象を強めたシングルやフレームグリルやLEDポジショニングランプ、さらにオプションのLEDヘッドランプなどによってアウディのデザインを強調する。 ボディはアルミとスチールを組み合わせた構造を採用することで、剛性を高めると同時に20%の軽量化を図っている。 インテリアはアウディらしい質感を備えており、ラゲッジスペースは標準状態で565リッター、最大では1680リッターの容量も持つ。 搭載エンジンはV型6気筒2. 8リッターの直噴仕様 FSI と、V型6気筒3. 0リッターの直噴スーパーチャージャー仕様 TFSI 仕様の2機種。 両方ともストップシステム アイドリングストップ機構 を採用し、7速Sトロニックと組み合わされる。 全車ともフルタイム4WDのクワトロだ。 減速エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーへ還流させるエネルギー回生システムを搭載するなど徹底的に効率を高めることで、20%ほど燃費を向上させたという。 快適装備はMMIタッチが標準となるほか、 BOSEサラウンドサウンドシステムなども標準。 安全装備はアダプティブクルーズコントロールやアウディサイドアシストなどがオプション設定されている。 さまざまなドライブを実現するアウディドライブセレクトも全車に標準だ。 2004年7月に7年振りのフルモデルチェンジで登場した現行モデルは、アッパーミドルクラスのプレミアムサルーンに新たなベンチマークの提案をテーマとした。 全長4915mm、全幅1855mmという堂々たるボディはクーペを連想させる流れるような美しいルーフラインと躍動感あふれるダイナミックさを融合。 新しいアウディのフロントフェイスを象徴する台形のシングルフレームグリルが存在感を示している。 最上級モデルのA8と同様、コントローラーによって車内の装備品の操作を行うMMIが採用されて操作性を高めている。 2005年6月に追加されたステーションワゴンのA6アバントは、先代に比べて110リッターも拡大した大きなラゲッジスペースを持つ。 またレールシステムをフロアに一体化することで、アレンジが容易で使い勝手が向上。 2005年8月にはセダンが改良を受け、アバントと同様にアダプティブエアサスペンションが採用された。 2006年8月にはリヤビューカメラ付きアウディパーキングシステムや、バイキセノンヘッドライトなどを装備。 2007年8月には2. 8リッターの直噴+バルブコントロール機構付きエンジンの搭載車を追加している。 2009年1月には大幅な変更が行われ、内外装の仕様を変更したほか、改良された2. 8リッターエンジンと新開発のV型6気筒3. 0リッターでスーパーチャージャー仕様のTFSIエンジンを搭載し全車をクワトロとした。

次の

アウディ新型A6が発売!フルモデルチェンジでマイルドハイブリッド&自動運転を採用

アウディ a6 アバント 新型

新型アウディRS6アバントの日本発売時期はいつ? 新型アウディRS6アバントの日本発売時期は、 2020年6月と推測します。 その根拠ですが、多くの海外カー関連メディア(例:カードライバー誌)では、 「新型アウディRS6アバント(2020年モデル)は、欧州では2020年第一四半期に発売される。 また来年の第2四半期または第3四半期には米国で発売予定である」と発表されています。 多くのアウディのモデルに見られる傾向として、 本国での発売から約半年後に日本で発売という流れがあります。 それで新型アウディRS6アバントが、欧州マーケットで第一四半期のはじめである 2020年1月に発売されるとすると、2020年6月ごろに日本での発売という流れになるでしょう。 つまり、2020年東京オリンピック開催に間に合う時期に日本でも発売されると思います。 新型アウディRS6アバントの価格(値段)はいくら? 新型アウディRS6アバントの価格(値段)は、 1800万円~と推測します。 なお、現時点ではアウディは価格(値段)については明らかにしてはいないものの、欧州メディアの予想では 「エントリーモデルで8万ポンド~での発売スタート」とのこと・・・。 現行の アウディRS6アバントのエントリーモデルの価格(値段)が1729万円~であることから、ほぼそれに近い価格での発売を予想します。 また、スペック面で非常に近い後述するライバル車・メルセデスのAMG E63Sの新車価格が1858万円~スタートと考えると、1800万円前後での発売の可能性は妥当でしょう。 6秒 3. 新型アウディRS6アバントの590ポンドフィートに対して、AMG E63Sでは627ポンドフィートとなっています。 Some leaked images of the new 2020 Audi RS6 Avant - King of wagons — Earl Karanja Earlsimxx ま~、そこまでエンジンを回しきるような乗り方を普通はする機会が少ないはずで、その違いに気づかないはず。 また、0-60MPHまでの時間もほぼほぼ一緒です。 足回りについてですが、 新型アウディRS6アバントでは、エアサスペンションとスチールスプリングを使用した従来のパフォーマンスサスペンションから選べます。 一方 AMG E63Sでは、エアサスペンションでのみ使用可能な点が、この2台で異なる部分といえます。 一つ言えることは、「どちらを選ぶか?」と迷う場合は、両方試乗してみて好みの乗り味の方を選択することになるでしょう。 ただし、もともとアウディ乗りの方であれば、迷わず新型アウディRS6アバント(2020)をチョイスすることになるはず^^ 【関連記事】 日本発売前に知っておきたい!新型アウディRS6アバントの安全性能は? 新型アウディRS6アバント(2020)の安全性能は、 ユーロNCAPによるクラッシュテストで最高スコアの5つ星に相当します。 実際には、新型アウディRS6アバントのユーロNCAPによるクラッシュテストは行われていません。 しかし、ほぼ同じ性能の アウディA6の2018年のクラッシュテストで最高スコアの5つ星を獲得したことから、新型アウディRS6アバントの安全性能は、ユーロNCAPによるクラッシュテストでの最高スコア5つ星相当といえます。 日本発売時期: 2020年6月• 価格(値段): 1800万円~• 新型アウディRS6アバント VS AMG E63S: あまりにも意識し合っていて、かつ似ている2台。 試乗して好みのモデルを選びたい! 新型アウディRS6アバント(2020)に限った話でもないですが、 「 欧州 のクルマの個性は日本のクルマにはないもの」とつくづく実感です。 アウディにしてもメルセデスベンツにしても、 同じドイツという国・土壌で生まれ育ってきたのに、出来上がったクルマを見ると、ここまで個性と雰囲気の違うものかと感心しますし、 時代が変わっても決して曲げないポリシーのようなものを強烈に感じます。 いずれにしても、新型アウディRS6アバントが日本で発売されたら、是非試乗してみたいものですね! ただ、一度乗ってしまうと、欲しくなること間違いなしなのが、怖いかもです^^ 【関連記事】 【まとめ関連記事】.

次の