ファイル メーカー 18。 Claris 公式トレーニング教材

ファイルメーカー、最新版「FileMaker 18」を販売

ファイル メーカー 18

FileMaker 18 プラットフォームが発表されましたね。 このブログでは、ライセンスの価格についてご紹介いたします。 ライセンス価格について FileMaker Ver. 17より、ライセンス体系が変更となったことで、 ライセンス価格も変更となりました。 FileMaker Ver. 18では、FileMaker Ver. 17より ライセンス体系も価格もそのまま引き継がれることになりました。 ・全社員の6割がFileMaker プラットフォームを使う ・25人以下の企業でFileMaker プラットフォームを使う方が13名以上いる 上記の場合、ユーザーライセンスの契約よりも サイトライセンスの契約がお得になる場合があります。 FileMaker Pro 18 Advanced をPC1台にインストールできる個人向けライセンスです。 <期間限定キャンペーンのお知らせ!!> 2019 年 9 月 20 日までの期間限定キャンペーンとして、 FileMaker Pro 15 および FileMaker Pro 15 Advanced をお持ちのお客様も アップグレード製品をご購入いただくことができます。 シングルライセンスをお持ちの方は、ぜひこのキャンペーン期間にアップグレードしてくださいね! 弊社はファイルメーカー社からリセラーとして認定を受けております。 貴社にとって最適なライセンスをご提案いたします。 また、何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ! お問合せTEL:03-3797-3921(平日10:00~18:00).

次の

ファイルメーカー HMWY2J

ファイル メーカー 18

ファイルメーカーは5月23日、データベースソフトの最新版「FileMaker 18」の販売を開始すると発表した。 セキュリティーやユーザーインターフェース(UI)、スクリプト機能の強化が図られている。 セキュリティー面では、カスタムアプリのアクセス管理を効率化する新たな管理画面を提供する。 また、ファイルの他の部分への完全アクセス権を付与する必要なしに、アカウントごとのアクセス管理を他のチームメンバーに委任できる新しいアクセス権セットも用意する。 UIでは、フィールド名の先行入力機能により、インポートしたソースデータをより簡単にフィールドへマッピングできる。 特定のファイルタイプをインポートする際に、カスタム区切り記号を指定できるようになった。 スクリプト機能では、外部データファイルの読み取りや書き込みを実行したり、管理したりするスクリプトを作成できるようになった。 例えば、ログファイルの作成やカスタム形式でデータをエクスポートできる。 その他では、ハードウェアやソフトウェアのクラッシュ時にファイルを自動復元する機能が強化された。 さらに、ファイルが適切に閉じられなかった場合、そのファイルが次に開かれるときに、FileMaker Serverの復元ログがクライアントアクセスの前にデータベースエントリーを検証するようになった。 希望小売価格は、FileMaker Pro 18 Advancedのフルバージョンが税別5万7600円、アップグレード版が同2万2800円、アカデミック版が同3万4560円。 なお、「FileMaker Cloud for AWS 1. 18」は、FileMaker 18の全ての新機能をサポートする。

次の

FileMaker Pro 18 Advanced のインストール方法

ファイル メーカー 18

ファイルメーカーは5月23日、データベースソフトの最新版「FileMaker 18」の販売を開始すると発表した。 セキュリティーやユーザーインターフェース(UI)、スクリプト機能の強化が図られている。 セキュリティー面では、カスタムアプリのアクセス管理を効率化する新たな管理画面を提供する。 また、ファイルの他の部分への完全アクセス権を付与する必要なしに、アカウントごとのアクセス管理を他のチームメンバーに委任できる新しいアクセス権セットも用意する。 UIでは、フィールド名の先行入力機能により、インポートしたソースデータをより簡単にフィールドへマッピングできる。 特定のファイルタイプをインポートする際に、カスタム区切り記号を指定できるようになった。 スクリプト機能では、外部データファイルの読み取りや書き込みを実行したり、管理したりするスクリプトを作成できるようになった。 例えば、ログファイルの作成やカスタム形式でデータをエクスポートできる。 その他では、ハードウェアやソフトウェアのクラッシュ時にファイルを自動復元する機能が強化された。 さらに、ファイルが適切に閉じられなかった場合、そのファイルが次に開かれるときに、FileMaker Serverの復元ログがクライアントアクセスの前にデータベースエントリーを検証するようになった。 希望小売価格は、FileMaker Pro 18 Advancedのフルバージョンが税別5万7600円、アップグレード版が同2万2800円、アカデミック版が同3万4560円。 なお、「FileMaker Cloud for AWS 1. 18」は、FileMaker 18の全ての新機能をサポートする。

次の