グラン エース。 全長5.3mの巨大高級ワゴン、トヨタ 新型「グランエース」発売

グランエースはセミボンネットスタイルを採用する迫力満点の新型フルサイズワゴン

グラン エース

パワー・操作性・静粛性・環境性能など、あらゆる機能を高次元でバランスさせた直列4気筒2. 8Lディーゼルターボエンジン。 低燃費と、発進時から力強い加速をもたらす動力性能、ならびに高い静粛性を実現。 DPR *1 (排出ガス浄化装置)や尿素SCR *2 システムなどにより排出ガスのクリーン化を果たし、さらにフリクションの低減などにより、優れた燃費性能を実現しています。 DPR:Diesel Particulate active Reduction *2. お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 利便性を考え、尿素水の給水口位置を給油口と同じ箇所に配置。 これにより、尿素水を給水する際、エンジンフードを開けるなどの手間を省き、燃料給油と同じ感覚で給水することができます。 1Lです。 なお、尿素水溶液の残量がなくなるとエンジンの再始動ができなくなります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。 警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。 ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 単眼カメラにより道路上の白線(黄線)だけではなく、走路(アスファルトと草・土・縁石との境界)を認識することで、車線逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、ブザーもしくはステアリング振動とディスプレイ表示による警報でお知らせ。 さらに逸脱しようとする方向と反対側の車輪に制動力を加えることでヨー(クルマを回転させる力)を発生させ、車線・走路逸脱の回避をサポートします。 車線逸脱警報。 また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。 運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。 対象や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。 アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。 車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。 また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。 ドアミラーでは確認しにくい、後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。 車両を検知すると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯。 その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。 一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。 ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。 衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減を支援します。 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。 また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで後退できます。 車両後方カメラの映像をインナーミラー内に表示。 切り替えレバーを操作することで、鏡面ミラーモードからデジタルミラーモードに切り替えることができます。 ヘッドレストや荷物などで視界をさえぎられずに後方を確認することが可能です。 走行中は、デジタルインナーミラーの位置やディスプレイに表示される映像を調整しないでください。 また、外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合には、鏡面ミラーモードに切り替えてください。 また着雪や雨滴、汚れ等により映像が見づらくなる場合があります。 その場合には鏡面ミラーモードに切り替えてください。 画面はイメージで実際とは異なる場合があります *1. DCM:Data Communication Module *2. 初度登録日から5年間無料になります。 ワイドFM(FM補完放送)は、AMラジオの放送対象地域において、難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴)対策や災害対策を目的に整備されたAMの補完放送です。 ワイドFM対応局に限りFM周波数帯(90. 1~95MHz)でAM番組の受信が可能です。 対応する携帯電話は限られます。 html)にてご確認ください。 接続機器および記録されたデータファイルの状態によっては再生できない場合があります。 また、再生可能なデータ形式、規格は限られます。 スマートフォンやタブレットなど機器の接続には機器付属のUSBケーブル(または市販のケーブル)が別途必要となります。 また、一部ケーブルには対応できないものがあります。 スマートフォンの画面表示をWi-Fi接続で他のディスプレイに映し出すことができる機能です。 ディスプレイからの操作はできません。 *10. *11. オプション購入(契約)にはT-Connect契約(エントリープランまたはスタンダードプラン)が必要となります。 *12. apple. 本機での動作を保証しているわけではありません。 *13. android. 本機での動作を保証しているわけではありません。 *14. ナビアプリは機器付属のUSBケーブル(または市販のケーブル)が別途必要となります。 また、一部ケーブルには対応できないものがあります。 24時間365日、専任のオペレーターが丁寧に応対。 ご希望に沿った目的地を検索し、ナビに送信します。 さらに、オペレーターサービス Plusなら目的地をご案内した後、ホテル、レストラン、国内航空券 *2 などの予約 *5 が必要な場合もそのまま依頼できます。 「トヨタつながるクルマの保険プラン」加入者のみのサービスです。 マイレージカードが必要になります。 また、マイレージカードはJAL、ANAのみとなります。 別途利用料が必要です。 オペレーターサービスとオペレーターサービス Plusはどちらか一方のみお選びいただけます。 ご希望に沿えない場合があります。 あらかじめご了承ください。 ドアのこじ開けなどでオートアラームの作動を検知すると、メール・電話やスマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」 *5 にすみやかにお知らせします。 さらにお客様のご要望により、車両の位置追跡や警備員の派遣も行います。 事前にサポートアドレス(電話番号・メールアドレス)の登録が必要です。 警備員は、車両の確保はいたしません。 車両追跡のみ行います。 (車両の追跡や警備員の派遣を依頼する場合は、警察に被害届の提出が必要です)。 別途利用料が必要です。 専用通信機(DCM)が通信できる状態・環境の場合、ご利用いただけます。 スマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」のインストールが必要です。 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。 また、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続。 さらに、あおり運転などのトラブルのときにも、警察へ状況に応じて通報します。 ご利用にはサービス開始操作が必要です。 ドクターヘリは、必ずしも出動するものではありません。 場所、時間帯、天候などによって出動できない場合があります。 hemnet. 警告灯点灯時、クルマの状態をeケアコールセンター(または販売店 *3*4 )で確認し、専門オペレーターを通じて走行を継続できるかの判断など適切なアドバイスを行います。 *5 eケアコールセンターは24時間365日、販売店の営業時間外でも対応します。 運転中の場合は、安全な場所にクルマを停止してから、販売店またはeケアコールセンターへ通話、接続いただくようお願いいたします。 事前に担当する販売店(リモートメンテナンス店)の登録が必要になります。 お客様が走行中に、販売店からお電話をさせていただく場合がございます。 安全のため携帯電話のハンズフリー通話の設定をお願いいたします。 販売店からのご連絡はすべての警告灯点灯時に実施するものではありません。 「走る」「曲がる」「止まる」の走行に支障が出る可能性が高いものに限ります。 ウォッシャー液量などのメンテナンスや半ドア表示などのインジケーターに関する警告灯についてはご連絡いたしません。 の商標です。 の商標です。 また、テレビ放送などの映像、静止画は、安全のため走行中はディスプレイの画面が消え、音声だけになります。 また、電波状況によりサービスがご利用いただけない場合があります。 運転中は、運転手以外の方がご利用ください。 予告なく変更・中止される場合があります。 さらには、予約ロック機能を全車に採用。 パワースライドドアの自動クローズ中にスマートキーのロックボタンまたはフロントドアハンドルのセンサーに触れるだけで、クローズ後の施錠を予約できます。 7~1. 5m以内となります。 電波発信を停止することもできます。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 の商標です。 の商標です。 また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。 実際の走行状態を示すものではありません。 実際の走行状態を示すものではありません。

次の

グランエースはセミボンネットスタイルを採用する迫力満点の新型フルサイズワゴン

グラン エース

パワー・操作性・静粛性・環境性能など、あらゆる機能を高次元でバランスさせた直列4気筒2. 8Lディーゼルターボエンジン。 低燃費と、発進時から力強い加速をもたらす動力性能、ならびに高い静粛性を実現。 DPR *1 (排出ガス浄化装置)や尿素SCR *2 システムなどにより排出ガスのクリーン化を果たし、さらにフリクションの低減などにより、優れた燃費性能を実現しています。 DPR:Diesel Particulate active Reduction *2. お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 利便性を考え、尿素水の給水口位置を給油口と同じ箇所に配置。 これにより、尿素水を給水する際、エンジンフードを開けるなどの手間を省き、燃料給油と同じ感覚で給水することができます。 1Lです。 なお、尿素水溶液の残量がなくなるとエンジンの再始動ができなくなります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。 警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。 ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 単眼カメラにより道路上の白線(黄線)だけではなく、走路(アスファルトと草・土・縁石との境界)を認識することで、車線逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、ブザーもしくはステアリング振動とディスプレイ表示による警報でお知らせ。 さらに逸脱しようとする方向と反対側の車輪に制動力を加えることでヨー(クルマを回転させる力)を発生させ、車線・走路逸脱の回避をサポートします。 車線逸脱警報。 また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。 運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。 対象や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。 アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。 車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。 また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。 ドアミラーでは確認しにくい、後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。 車両を検知すると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯。 その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。 一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。 ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。 衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減を支援します。 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。 また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。 詳しくは取扱説明書をご覧ください。 常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで後退できます。 車両後方カメラの映像をインナーミラー内に表示。 切り替えレバーを操作することで、鏡面ミラーモードからデジタルミラーモードに切り替えることができます。 ヘッドレストや荷物などで視界をさえぎられずに後方を確認することが可能です。 走行中は、デジタルインナーミラーの位置やディスプレイに表示される映像を調整しないでください。 また、外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合には、鏡面ミラーモードに切り替えてください。 また着雪や雨滴、汚れ等により映像が見づらくなる場合があります。 その場合には鏡面ミラーモードに切り替えてください。 画面はイメージで実際とは異なる場合があります *1. DCM:Data Communication Module *2. 初度登録日から5年間無料になります。 ワイドFM(FM補完放送)は、AMラジオの放送対象地域において、難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴)対策や災害対策を目的に整備されたAMの補完放送です。 ワイドFM対応局に限りFM周波数帯(90. 1~95MHz)でAM番組の受信が可能です。 対応する携帯電話は限られます。 html)にてご確認ください。 接続機器および記録されたデータファイルの状態によっては再生できない場合があります。 また、再生可能なデータ形式、規格は限られます。 スマートフォンやタブレットなど機器の接続には機器付属のUSBケーブル(または市販のケーブル)が別途必要となります。 また、一部ケーブルには対応できないものがあります。 スマートフォンの画面表示をWi-Fi接続で他のディスプレイに映し出すことができる機能です。 ディスプレイからの操作はできません。 *10. *11. オプション購入(契約)にはT-Connect契約(エントリープランまたはスタンダードプラン)が必要となります。 *12. apple. 本機での動作を保証しているわけではありません。 *13. android. 本機での動作を保証しているわけではありません。 *14. ナビアプリは機器付属のUSBケーブル(または市販のケーブル)が別途必要となります。 また、一部ケーブルには対応できないものがあります。 24時間365日、専任のオペレーターが丁寧に応対。 ご希望に沿った目的地を検索し、ナビに送信します。 さらに、オペレーターサービス Plusなら目的地をご案内した後、ホテル、レストラン、国内航空券 *2 などの予約 *5 が必要な場合もそのまま依頼できます。 「トヨタつながるクルマの保険プラン」加入者のみのサービスです。 マイレージカードが必要になります。 また、マイレージカードはJAL、ANAのみとなります。 別途利用料が必要です。 オペレーターサービスとオペレーターサービス Plusはどちらか一方のみお選びいただけます。 ご希望に沿えない場合があります。 あらかじめご了承ください。 ドアのこじ開けなどでオートアラームの作動を検知すると、メール・電話やスマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」 *5 にすみやかにお知らせします。 さらにお客様のご要望により、車両の位置追跡や警備員の派遣も行います。 事前にサポートアドレス(電話番号・メールアドレス)の登録が必要です。 警備員は、車両の確保はいたしません。 車両追跡のみ行います。 (車両の追跡や警備員の派遣を依頼する場合は、警察に被害届の提出が必要です)。 別途利用料が必要です。 専用通信機(DCM)が通信できる状態・環境の場合、ご利用いただけます。 スマホアプリ「MyTOYOTA for T-Connect」のインストールが必要です。 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。 また、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続。 さらに、あおり運転などのトラブルのときにも、警察へ状況に応じて通報します。 ご利用にはサービス開始操作が必要です。 ドクターヘリは、必ずしも出動するものではありません。 場所、時間帯、天候などによって出動できない場合があります。 hemnet. 警告灯点灯時、クルマの状態をeケアコールセンター(または販売店 *3*4 )で確認し、専門オペレーターを通じて走行を継続できるかの判断など適切なアドバイスを行います。 *5 eケアコールセンターは24時間365日、販売店の営業時間外でも対応します。 運転中の場合は、安全な場所にクルマを停止してから、販売店またはeケアコールセンターへ通話、接続いただくようお願いいたします。 事前に担当する販売店(リモートメンテナンス店)の登録が必要になります。 お客様が走行中に、販売店からお電話をさせていただく場合がございます。 安全のため携帯電話のハンズフリー通話の設定をお願いいたします。 販売店からのご連絡はすべての警告灯点灯時に実施するものではありません。 「走る」「曲がる」「止まる」の走行に支障が出る可能性が高いものに限ります。 ウォッシャー液量などのメンテナンスや半ドア表示などのインジケーターに関する警告灯についてはご連絡いたしません。 の商標です。 の商標です。 また、テレビ放送などの映像、静止画は、安全のため走行中はディスプレイの画面が消え、音声だけになります。 また、電波状況によりサービスがご利用いただけない場合があります。 運転中は、運転手以外の方がご利用ください。 予告なく変更・中止される場合があります。 さらには、予約ロック機能を全車に採用。 パワースライドドアの自動クローズ中にスマートキーのロックボタンまたはフロントドアハンドルのセンサーに触れるだけで、クローズ後の施錠を予約できます。 7~1. 5m以内となります。 電波発信を停止することもできます。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 の商標です。 の商標です。 また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。 実際の走行状態を示すものではありません。 実際の走行状態を示すものではありません。

次の

全長5.3mの巨大高級ワゴン、トヨタ 新型「グランエース」発売

グラン エース

先日閉幕した東京モーターショーで大勢の来場者にお披露目されたトヨタグランエース。 全長5m以上のボディサイズの車内にはおもてなしの空間を提供しており、3列目はもちろん、4列目までシートを設置したグレードまでラインナップ。 3列7人乗りシートは数多くあるが、4列以上のシートがある車種だとハイエースワゴンや日産NV350キャラバンワゴンがあるが、4席まで上質感を持たせたモデルというのは国産車では他にない。 実際、グランエースはホテルや旅館などの送迎用として開発されたそうで、くつろぎと上質感に満ちたスペースを実現しているのだ。 グランエースのグレードは、3列シート6人乗り「プレミアム」が650万円、4列シート8人乗り「G」が620万円の2種類をラインナップ。 すでに2019年10月末より受注を開始しており、正式発表は2019年11月25日、発売日は12月16日。 納車時期は2月から3月を予定している。 さて、ここで改めてグランエースの魅力を紹介するとともに、最大のライバルとされる、ベンツVクラスやアルファードベースの高級ミニバン、レクサスLMと徹底比較。 グランエースは世界一のミニバンなのか検証していきたい。 文/野里卓也 写真/ベストカーWEB編集部 アルファードに比べるとフロントマスクは大人しく感じるが、ボディサイズ自体がふた回りも大きいため威圧感を感じる グランエースの全長は5300mmもあり、全幅は1970mm、全高は1990mmもあり、そのボリューム感はアルファード/ヴェルファイアの比ではない。 アルファードに比べて全長は350mm長く、全幅は120mm広く、全高も40mm高い。 顔立ちはアルファード&ヴェルファイアに比べて少し大人しいが、体格で圧倒する。 基本プラットフォームは縦置きエンジン後輪駆動のレイアウトを採用している。 これは8名乗車時の重量を支える車体剛性や後軸への荷重などを考慮すると後輪駆動でないと成立しないため、堂々たるサイズ感になっている。 一見すると無条件にアルファード&ヴェルファイアより広そうだが、実は使い方、乗車定員の変化によって、そうでもなかったりするのだ。 例えば、5~6名で乗車して、長距離を移動する機会の多いユーザーにとって、グランエースはアルファード&ヴェルファイアよりも上級だが、逆に4名で乗車して、自転車のような大きな荷物を積みたい場合は、グランエースは上級とはいえない。 6人乗りの3列目は、エグゼクティブパワーシートと同様で、格納して荷室に変更できないためだ。 グランエースの積載性は大幅に下がるためだ。 同じグランエースでも、4列シートの8人乗りなら4列目の座面を持ち上げて前方へ寄せられるが、このタイプはマイクロバス的な仕様だから各シートの足元空間が狭く、ビジネス向けで一般ユーザーには不向き。 4名以内で乗車する用途では、グランエースは無駄が生じて荷室の使い勝手も悪くなるのだ。 このほかグランエースの全幅は1970mmもあるため、自宅周辺の道路や車庫が狭い、ハイブリッドが欲しい(グランエースのエンジンはクリーンディーゼルターボのみ)といったニーズにも対応できないのだ。 グランエース(8人乗り)は6人乗りに比べて、前後のスペースがかなり狭くなる。 8L、直4ディーゼルターボ(最高出力:176ps/3400rpm、最大トルク:45. 0km/L。 市街地モード燃費/8. 1km/L、郊外モード燃費/9. 9km/L、高速道路モード燃費/11. ただし、6人以上が広々としたスペースで座り、落ち着いて移動できる空間を備えたモデルとなると、国産車ではライバル不在といってもいいだろう。 というわけで日本では右に出るモノなしのモデルだが、海外勢に目を向けると強力なライバルたちがいる。 最大のライバルはベンツVクラス! エクスクルーシブシートパッケージをオプション設定。 2列目に高級感のあるエクスクルーシブシート(ブラックもしくはベージュ)を採用し、ヘッドレストクッション、オットマン、リラクゼーション機能などを装備し、上質な移動空間を提供。 また、シートヒーターと、熱や湿気を内蔵ファンで除去するシートベンチレーターも備えている まずは、東京モーターショーで披露されたマイナーチェンジ版メルセデスベンツVクラスだ。 2Lのディーゼルを搭載し、フロントデザインも一新している。 定員乗車7人で3列シートを設定し、さらに高級感を高めるために2列目シートにはオプションで、オットマンやリラクゼーション機能のほか、シートヒーターとベンチレーションまで備えたエクスクルーシブシートパッケージを用意。 先進装備には自動ハイビームシステムやドライバーの疲労や眠気を検知して注意力を喚起するシステムを標準装備する。 ラインナップには標準とロングボディの設定があり、4MATICのラインアップはなし。 そのほかメルセデスにお馴じみのCOMANDシステムも採用されている。 2L、直4ディーゼルターボ(最高出力:163ps/3800rpm、最大トルク:38. マイナーチェンジ版Vクラスは従来モデルとは異なり、乗用車と商用車のラインを分けて生産するようになったという。 いずれのラインも工場は同じというものの、新型は乗用車のラインで生産をするようになったことで「インテリアの質感が大きく向上した。 世代でいうと2世代くらいの進化。 また、アンビエントライト(間接照明)やエクスクルーシブシートを装着できるようになったのもこの恩恵があるはず」(メルセデスベンツ広報部)というから、グランエースのライバルといっていいだろう。 2019年4月の上海モーターショーで発表されたレクサスLM レクサスLM300hのリアスタイル。 アルファード比で全幅は変わらないものの、全長で90mm、全高は10mm拡大されている チーフエンジニアの吉岡憲一氏によると、アジア圏(とりわけ中国)のショーファードリブンカーの需要拡大は著しく、プレミアムミニバンの広さ、快適性を味わってしまうと、どんな豪華セダンでも狭苦しく感じて戻れなくなってしまうという。 アルファードのエグゼクティブラウンジをベースにし、2列シートで乗車定員は4人の設定。 後席前にはテレビモニターまで装備。 豪華なリムジンのような仕様となっている。 また、シート自体もフロアから伝わる不快な振動を排除するために、作りそのものまでこだわった仕様となっている。 一方で走りもベースモデルと比べて剛性を向上させ、足回りまでも乗り心地重視でセッティングを煮詰めたというから相当スキがないレベルに仕上がっているという。 レクサスLMの内装。 3列目を廃し、2名掛けとして後席の快適性に特化。 5L、直4ハイブリッド&3. VWのLクラス高級ミニバンT6 VWの高級ミニバン、T6 さて、異色ではあるが、先に紹介したメルセデスベンツのVクラスに続き、同じドイツにも多人数乗車の好敵手がいる。 VWのT6だ。 日本では正規で輸入されていないものの、一部の並行輸入業者が導入している。 乗用車というよりは商用に近いモデルで、VWの質実剛健なイメージそのものである。 ルーフにポップアップルーフ(ルーフベッド内蔵)と車内にキッチンを備えたキャンピング仕様の「カリフォルニア・オーシャン」もあるが、3列シートで定員乗車7人の「カラベル」を取り上げた。 ボディサイズや価格は以下の通りだ。 さて、このT6だが、マイナーチェンジ版とされるT7がまもなく発表されるという噂がある、しかし、YMワークスによると「まだ全然情報が入ってこない。 日本にはまだまだ先の話だろう」とのことだ。 まとめ 今後この顔が街を走っているシーンを多く見かけることになる というわけで、グランエースのライバルとなるモデルを挙げてみたのだが、レクサスLM以外は7名乗車を可能としている。 乗車定員をマストとするならば、室内の質感や先進装備などと比べてもやはり、最大のライバルはベンツVクラスだろう。 しかし、リムジンに匹敵する格別な雰囲気を堪能したいならばレクサスLMを味わってみたい……気もする。 VWのT6は人とは違う個性を求めるならお薦めではある。 こうして、グランエース、レクサスLM、ベンツVクラス、VW T6を見てきたが、やはり高級Lクラスミニバンに必須の豪華さ、居住性、質感、先進装備などを総合的に考えると、グランエースの最終ライバル車はレクサスLMになるだろう。 しかし、価格は2000万円と予想され、価格が高すぎるうえに乗車人数が4名では実用上不便というユーザーも多い。 現時点ではグランエースが、世界の高級Lクラスミニバンの王者といってもいいだろう。 日本向け次期ハイエースはどうなった? 海外版ハイエース。 日本仕様とはサイズを含めかなり違う ところで最後に気になるのが話題をひとつ、商用車のハイエースだ。 グランエースのベースとなるモデルであり、海外向けはひと足先にモデルチェンジをしたが、日本への導入は2019年11月20日現在未定となっている。 もし仮に発売されても取り回しはもちろん、普段の仕事での使い勝手を考えると、あのボディサイズでは躊躇してしまうだろう。 しかし、一方ではその大きさを快適な居住空間と捉えることもできる。 それがバンをコンバージョンしたキャンピングカーでのニーズだ。 ところが……キャンピングカーを製作するビルダー数社に聞いてみたのだが「ボディサイズは問題ないが、それよりも鼻先が長くなって見切りが気になるのと、ラゲッジスペースが小さくなったのが気になるので今は様子を見たい」と、異口同音にコメント。 ビルダーたちにとっても、スタイルや荷室サイズに戸惑いを感じているようだ。

次の