ロビンソン歌詞。 【歌詞の意味】スピッツ ロビンソン【徹底解説】

絢香 ロビンソン 歌詞

ロビンソン歌詞

スピッツの名曲「 ロビンソン」誰もが一度は耳にしたことのある不朽の名曲です。 イントロ聞いて3秒でわかる曲ですよね!? ロビンソンもそうですが、スピッツの曲って、世間で認知されているほど爽やかラブソングではないですよ。 そのあたりスピッツのファン歴の長い方なら、きっと皆さん知っていると思いますが、さてさて、人によって解釈が全く異なるのがスピッツの 曲の魅力。 聞く人のバックグラウンドで全然違う曲の解釈が可能なんですけど、ロビンソンの 歌詞の 意味で、僕が一番面白いなと感じているのが 「自転車に乗って走っているのはどっち?」 というもの。 けっこう謎だとおもうんですけどね、お付き合いくださいな。 もくじ…あった方がいいよね?• スピッツの名曲ロビンソン 名前の由来はタイのデパート これは超有名な話ですよね。 マサムネさんがタイを旅行中にロビンソンのフレーズを思いついた。 その時にロビンソンというタイのデパートか、百貨店があったので、仮タイトルで「ロビンソン」とつけたところ、そのまま仮タイトルが本タイトルで曲のリリースまで行ってしまった…という話です。 「スピカ」の仮タイトルはたしか「粉のように」だったとか。 歌詞にそのままその使われていますね。 ロビンソンはレコーディングしていた時、あまりにもメロディーがシンプルかつ淡泊すぎるという理由で、シングルカットするかどうか迷った…という話もありますよね。 ちなみにマサムネさんご自身が曲を作ってみて「俺は天才かな?」と自画自賛で悦に入ったという曲は「 渚」だそうです。 走らされているのは君?僕?ロビンソンの歌詞の意味 ロビンソンの歌詞で 走る君を追いかけるくだりがありますよね? で、一人称の「僕」が「走る君」を追いかけているのはわかりますが、果たして自転車に乗っているのはどっち?というシンプルな疑問が… もう一回頭の中で、ロビンソンの歌詞を転がしてみてください、どちらが自転車に乗っていますか? つまり、「僕」が自転車をこいで「(自転車には乗らずに)走っている君」を追いかけたらすぐに追いついちゃうのでは? って思うんですけど… これでもスピッツファン歴25年のベテランブリーダーですが、今の今でもそう思います! 物語のつじつまが合うのは、むしろ自転車に乗って走っているのは「君」の方であって、「僕」はイケてない男子なので(たぶんね)イケてる女子…かはわかりませんが、「君」に相手にされていない状況だと思うんですよね… なにしろ「新しい季節」がなぜかせつなく感じちゃう今日この頃なわけです、この「僕」は。 それっておそらく恋をしたけど、両想い…ではないんでしょうね? だから! 走らされてるのでは?河原の道を! 自転車で先行して走ってる君に…全然追いつけないダメダメな「僕」の方がストーリーとしてはありそうかな…と。 どうでしょうね? 置いてけぼりくってる感じ、するんですけどね… あるいは二人とも自転車に乗っているか…です。 多分この曲を聴いた99%の方が自転車で走っているのは一人称の「僕」だと想像すると思いますが、ちょっと想像してみると、それだとすぐ追いついちゃうぜ! ということになるわけです。 まあ追いついてもいいんですけど、多分「君」は振り向いてもくれないし、ましてや止まってもくれないかもしれませんね! Sponsored Link 宇宙の風に乗るのはなに? で、ロビンソンは爽やかなラブソングではないわけで、けっこうエゴに満ち溢れた幼いガキの発想…というか… ようはこちらの世界で一緒になれないなら、一緒にあちら側の世界へ来てよ! というわけですよ、多分。 作戦決行は…河原? 「君」の瞳が驚いている描写なので、きっと思いもしなかった行動にでたんでしょうね? K君が。 仮に「僕」を「こころ」になぞらえて「K」としましょうよ。 「君」の首に何か巻き付いているのかもしれませんね? 「K」の手のようなものが… 「青い車」の歌詞とちょっとダブるんですけど、僕の解釈だと「青い車」と「ロビンソン」の世界観は近いかな…と。 どちらも「輪廻の果て」を目指しているっぽいので。 「K」の願望がかなうのは、あちら側の世界なわけで… あちら側の世界っていうのは、つまり「二人だけの国」なのかな~。 それをさ、どうすの?っつー話です。 だから、「二人だけの国」を作り上げた「K」はどうするの? そりゃ飛ばすでしょ、「うちゅーの風」に乗せて、こちら側の世界に置いておいてもろくなことないし… なにしろ憧れの「君」と一緒になれないんだから。 そう、僕の解釈だとうちゅーの風に乗るのは「僕」と「君」じゃなくて、(もし乗れたら…ではなくて)そんなファンタジー感あふれるものじゃなくて 魂……かな? 気をつけたいのは、原作者のマサムネさんが今の今まで一切曲の解釈についてはコメントをしていないことです。 リスナーに解釈は任せている…という理由から、メディアに曲の意味や歌詞の意味、解釈を語った事はありません。 ので、ここでも 僕の解釈なわけです。 リリースから20年以上たっているのに、未だに曲の解釈について云々討論できるなんて、ほんと素晴らしいよね! マサムネさんの歌詞は国語のリテラシーが不足しているとしっかりと理解できなかったりすので、わかるためには国語を勉強しなければいけないという… 「聴いてわかれ!」とはまさにこの事で… ちなみに「 夜をかける」という曲を理解するためには、間違いなく読書の経験値が必要です。 西の方角がうんたらかんたら…ときたら、それは読書の世界共通の設定事項として「西には天国がある」ということを抑えて読まねばなりません。 だから、西遊記というタイトルです。 孫悟空と三蔵法師は天国への道すがらに出会うわけで、西へ西への旅だから西遊記ですよね? アメリカのバンド「 イーグルス」の超名曲「 ホテルカリフォルニア」もカリフォルニアは「西海岸」の州だというところが、ミソですよね? 西に稲妻が走ったからにはこの物語の「君」と「僕」の未来には暗雲が立ち込めているよ? つまりハッピーエンドにはならないっぽいよ? と示唆しているっぽいですね。 ……っぽい…っていう表現、マサムネさんけっこう好きっぽいので、僕も使っていますよ。 最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。 スピッツ抜きでは人生過ごせない僕のたわいのない記事でした。 昨年(2018年)の夏ころから騒がれ始めた超超高校級のピッチャー、大船渡高校の佐々木朗希投手です。 561,167 views• 人気バンドスピッツのボーカル草野マサムネさん。 50代に入った草野マサムネさんですが、結婚したという発表... 308,445 views• 埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手は結婚してますよね。 2019年はメジャーに移籍か? と騒がれているこの... 168,253 views• 俳優の瀬戸康史さんの妹の瀬戸さおりさんが、ジャングルポケット、通称ジャンポケの斉藤さんと結婚したのか?... 166,173 views• 女優で実業家の紗栄子さんといえば、女優としてドラマにもけっこう出演していました。 上野樹里さん主演ドラマ... 162,955 views• 女優の上野樹里さんが結婚してから一年以上たちました。 上野樹里さんといえばのだめカンタービレで大ブレーク... 138,467 views• 女優の能年玲奈さんていましたよね。 結構前から芸名を能年玲奈から「のん」に変更していることは知ってますよ... 118,066 views• 元中日ドラゴンズのピッチャーでNHK 「サンデースポーツ」のキャスターも務めたことのある与田剛さんが、中日ドラ... 111,665 views• 俳優の中村倫也さんに興味を持って、中村倫也さんで検索するとなぜか 中村倫也 矢口真里 っ... 110,354 views• 2018年の夏の甲子園大会は記念の100回大会でした… 平成最後の夏の甲子園で、秋田県代表の金足農業高校... 90,032 views• HKT48の指原莉乃さんといえば、AKB48の総選挙で2度1位に輝きました。 自身がセンターを務めたシン... 83,272 views• 女優の本田翼さんは大のゲーム好きとしても知られていますよね。 いわゆるゲーマーな本田翼さん。 67,221 views• ダウンタウンの看板番組「ガキの使いやあらへんで」の総合演出として番組開始以来長きにわたって制作に携わっているヘ... 66,509 views• 女優の清野菜名さん…話題のドラマ「今日から俺は!!」で聖子ちゃんカットが可愛いと話題ですね。 可愛いな可... 64,341 views• 和牛の川西さんがマジギレした!? 温厚な性格で、誰にでも優しい性格で知られている川西賢志郎さん。 61,664 views.

次の

【歌詞の意味】スピッツ ロビンソン【徹底解説】

ロビンソン歌詞

こんにちは。 シンガーソングライターの福島亮介です。 今回の曲は「ロビンソン」 言わずと知れたスピッツの代表曲。 タイトルは、草野さんがタイへ行ったときに印象に残っていた「ロビンソン百貨店」というお店から取られたもので、深い意味はないそうです。 怖い噂も尽きませんが、比喩の表現が多く色々な捉え方ができる歌詞だと思います。 ラブソングにも聴こえるし、確かに恐ろしいことを企てているような歌にも聴こえたり。 そして「地味な曲だから売れないと思っていた」とのメンバー談ですが、それが今でも歌われていて恐ろしいほど寿命が長い名曲です。 これからも、今後の音楽史に受け継がれてほしい名曲。 それでは、今回も詳しく歌詞を見ていきます。 そして今日も同じように、いつもの道を自転車で君の後に続く。 ただ、 「なぜかせつない日々」とあるようにそれが原因なのかどうかはわからず、深く考えようともしていない印象。 ・ 思い出のレコード=変わらない大切なもの ・ 大げさなエピソード=充実した人生への期待 そのままでも意味は通りますが、このように考えるとしっくりきます。 それらを、変わらない日常で疲れた肩にぶらさげて、不機嫌そうにただ君の後を自転車で走っている。 そんな風景が浮かびます。 そして、このパターンだと次の歌詞の解釈も変わってきます。 ・思い出のレコード=「君」との楽しかった時間 ・大げさなエピソード=この後に起こる顛末の想像 楽しかった時間を自分で壊してしまうことに罪悪感を感じているのか、精神は疲れ笑顔は消え、そんな弱った状況をイメージできます。 そのことを思い返している様子。 繰り返しで変化のない毎日であっても、その中で「君」とつくり上げた大切な時間があるでしょ?というような。 また、 「つくり上げた」というのは2人の時間のことではなく、心中を決意するにいたった主人公の精神状態のことを指しているのかもしれません。 またはこういった微笑ましい毎日から彼女への想いが爆発、強烈な想いから歪んだ愛し方に発展してしまったのかもしれません。 その結果 「つくり上げた」ものが心中にいたる主人公の心情。 そしてサビへ 主人公が想像し願望を抱く二人の未来、その具体的な心境が描かれた場面。 そんなかけがえのない「君」の手を離さない、というストレートで熱い思い。 そして、 ここで言う 「大き な力」とは、「君」自身や取り巻く時間・感情その総てを想う主人公の気持ち、「君」との未来への決意など。 その特別な空間に、この強い想いで誰も知らない二人だけの世界を乗せる。 そんな、二人だけのより完全な世界を想像しているのではないでしょうか。 ・ 大きな力=心中に対する決心や、重大なことを行うという意識 ・ 空に浮かべたら=心中を遂げたら ・ 宇宙=2人だけの死後の世界 平たく言うと、 迷わずに「君」と心中を遂げ、その後死後の世界を二人だけで漂う。 といったところでしょうか。 そんな欲望、不吉な解釈ですがとても純粋で真っ直ぐな想いにも感じます。 2番Aメロ~Bメロ 曲中で一番ドラマチックで、ストーリーの核となる行為が行われる場面。 ここは続けて見た方がイメージがつきやすいので、A~Bメロまとめていきます。 それが「君」であれば、野良猫を見て弱った「君」を思い出し無理やりに頬をよせて抱きしめる。 そんな絵が浮かびます。 そしてそれが自分なのであれば、この野良猫を自分に似ていると感じるところから、このときの主人公の心理状態がとても弱っていることがわかります。 個人的には、次に続く歌詞から後者かなと思います。 日々で蓄積されたストレスや疲れなのか、「君」との関係がうまくいっていないのか、弱った気持ちを引きずったいつもの帰り道。 その途中にある交差点で、いつも目に止まる家の丸い窓。 自分の精神状態からか、この日はそれがうす汚れて見え、その窓に反射して見える月も今にも隠れてしまいそうなぎりぎりの三日月。 主人公の落ちた気分に拍車がかかるような、何から何までさえない状況。 そんな辛い情景をイメージしてしまいます。 そして主人公は 「夢のほとり」で待ちぶせをします。 夢=主人公にとって安心を得られる場所、「君」との時間 Aメロでの弱った心理状態の主人公は、そんな夢に救いを求め、「君」を待ち伏せをします。 これからの人生で「君」が必要と悟った主人公。 特に会う約束もなく突然現れた主人公に驚く「君」に対し、二人が生まれ変わるような大切なことを伝える。 つまりはプロポーズをしたのではないでしょうか。 さえない落ちた気分の主人公が、「君」の存在の大きさを再確認し、こみ上げる想いそのままに突然のプロポーズ。 そんなドラマチックな展開を想像します。 ここはまさに「決行当日」を描いている場面。 すでに死を覚悟している主人公、かろうじて生きている猫に「残り少ない生」という共通のものを感じ頬をよせます。 いつも君の家に向かうときに通る交差点から、見上げたうす汚れた窓に反射して見える三日月。 まるで物陰から覗かれているような、これから行う行為に後ろめたさを感じているような様子にもうかがえます。 「夢」についてもやはり解釈が変わり、ここで言う夢はおそらく主人公が想像する死後の世界。 そのほとりで待ちぶせをしています。 つまりもう主人公は決行するつもりで、「君」を待っています。 突然現れた主人公と、続いてその行為に驚く君。 おそらくこの場面で「君」は殺され、そしてすぐに自分も後を追っているのではないかと。 生まれ変わるには一度死ぬ必要があるので、僕らは今ここで死ぬと言っています。 そしてそのまま次のサビへ繋がりますが、生まれ変わる先は誰も触れない二人だけの国。 肯定はできない歪んだ愛ですが、これもひとつの純愛と言われると軽はずみに否定もできません。 そして最後のサビへ 二人の新しい関係、その後の様子がイメージできるラスト。 ここに大きな違い、特に時期や二人の関係の違いを感じます。 おそらくここではすでに二人は結ばれていて、主人公の言う 「二人だけの国」が叶った後。 つまり、これからの二人の人生にたくさんの素敵な足跡を残して生きたいという想いなのではないかと思います。 同じような繰り返しのサビでも、このちょっとした違いで前後の歌詞の意味や聴き方も変わってきます。 この2番のサビになる頃には 「誰も触れない二人だけの国」がとても現実味を帯びていて、これまで見てきた特に主人公の心境の変化や「君」への想いから、とても温かい気持ちになります。 二人はすでに死んでいて、死後の世界と想像できます。 「終わらない歌」、たくさんの解釈が浮かびますが、中でもしっくりくるのが、これは生きている間永遠に続く日常のストレスや苦しみ、悲しみなど負の感情や辛い記憶など。 少し過ぎた想像ですが、死後を天国、生前を地獄とし、その天国から地獄に向けてそういった言わば不純物、これからの二人に必要がないものをばらまき捨てていく。 二人でせっせとそんな作業をしているような、微笑ましいと思えるくらいの風景が浮かびます。 最後に 最後は、もはや日本中みんなが知っているのではないかと思うくらい有名なフレーズ 「大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る」 が繰り返されてエンディング。 淡々と進む曲調の中で起こるたくさんのドラマを感じることができます。 この曲が大ブレイクを果たしたのは、曲調や草野さんの歌声もあり、また曲中に込められた歌詞の意味が聴く人なりに形を変えて、しっかり伝わっているからかもしれないですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

スピッツの名曲、ロビンソンの意味や由来は?歌詞の意味も

ロビンソン歌詞

スピッツのハチミツリリースから20年が経ち、トリビュートアルバムも発売されたということで、それを記念して歌詞考察をしていきたいなあと思う。 スポンサーリンク 今回はスピッツの不朽の名作「ロビンソン」にスポットを当てたい。 早速、「ロビンソン」の歌詞をみてみよう。 1番の歌詞について まずは出だしのフレーズから。 「新しい季節は~君を追いかけた」の部分。 新しい季節ということは、おそらく4月と思われる。 新学期なり新年度になった直後である可能性が高い。 さて、ここでひとつの違和感が生じる。 普通、4月だとワクワクする人も多いと思うが、この主人公は「なぜか」せつないのだそうだ。 確かに新天地になってブルーな気持ちになるのもわからなくはないが。 ただ、この主人公、具体的なブルーな理由は申さず、それを「なぜか」ということにしてはぐらかしている。 何かかから目を背けているのではないかと言わんばかりに。 では、次のフレーズでせつない理由が見えてくるのかといえば、そんなことはなく、自転車で走る君を追いかけるというのだ。 どちらかというと、楽しそうな光景が頭に浮かんでくる。 これだけでは何とも言えないので、次のフレーズをみてみよう。 「思い出のレコード~まぶしそうに」の部分。 疲れた肩ということは、この主人公は仕事で日々忙殺されているということなのだろうか。 また、思い出のレコードと大げさなエピソードというフレーズは、君との思い出がたくさんあること匂わせるフレーズではなかろうか。 なんとなくリーマンとOLの恋愛であり、付き合って1年そこらが経っているカップルというイメージが想起される。 しかし、最近仕事が忙しくてろくにデートもできていないのかもしれない。 でも、悪くはない生活をしている印象を受ける。 次のフレーズをみてみよう。 「同じセリフ~つくり上げたよ」の部分。 いつも口にする簡単な言葉とは、おはようとかおやすみのような挨拶なのかもしれないし、愛してるとか大好きとかそういった類の言葉なのかもしれない。 ただ、ありふれたものだそうだから、そこまで難しい言葉ではないのだろう。 そんな言葉で作り上げた世界とはどんな世界なのだろうか。 そんな疑問を抱きながら、歌詞はサビに繋がっていく。 「誰も触われない~宇宙の風に乗る」の部分。 ここでポイントになるのが、空に浮かべたらというフレーズ。 昔のマサネムの歌詞は飛ぶことをイメージさせることが多い。 そして、ほとんどの場合、それは死のイメージを想起させる不吉な言葉として意味を広げていく だから、三日月ロック以降、あまり飛ぶという言葉が使用されなくなったのであろう。 宇宙の風になるほど飛ぶのだから、相当な飛行である。 それにしても、誰も触れない国なんだったら、わざわざ宇宙にまで届くくらい空に浮かべる必要なんてないのではないか。 そもそも、こんなにも君とラブラブなのだとしたら、「なぜか」せつない日々になる必要なんてないのではないか。 主人公の身になにかあったのだろうか。 2番の歌詞をみていこう。 スポンサーリンク 2番の歌詞について 「片隅に捨てられて~無理やりに頬よせるよ」の部分。 ここがすごくキーポイントだと思う。 片隅に捨てられた猫(おそらくはノラ猫だろう)をみて、主人公は似ていると言っているのだ。 君とふたりだけの国を作るはずの主人公が、独りぼっちのノラ猫と似ている? そんなのおかしい。 ここで、もう一度歌詞を見てみると、そのノラ猫はまだ「生きている」といっている。 なぜ、ここでわざわざこの猫のことを「呼吸をやめない」という言葉をくっつけて表現したのだろうか。 弱弱しくもなんとか生きていることを表現したかったのだと思うが、その猫と主人公が似ているということになれば、この歌の様相が少しずつ変化していくことになる。 だって、主人公は死にかけということになってしまうから。 とりあえず、次のフレーズをみてみよう。 「いつもの交差点で~三日月も僕を見てた」の部分。 このフレーズを絵でイメージしてみればわかるが、位置関係がよくわかならい。 主人公は丸い窓を見上げているのだから、おそらく交差点で高層ビルの窓を見ている感じだと思う。 その高層ビルがどれくらいの高さなのかはよくわからないが、その窓は三日月と僕=主人公を見ているというのだ。 普通に考えて、地上にいる主人公と空に浮かんでいる月を平行して「見る」というのは位置関係から考えておかしいではなかろうか。 これではまるで、主人公が少しずつ浮かんでいるようではないか。 やがて、浮かんだ主人公は月と同じ高さまで昇っていくような。 ここで追い打ちをかけるように、次のフレーズがやってくる。 「待ちぶせた夢のほとり~生まれ変わるよ」の部分。 夢のほとりがどこなのかはひとまず置いておくことにする。 ただ、君が驚いているというのだから意外な場所であることは間違いない。 恋人同士ならば、浮気現場でも目撃されない限り、町中で出会ったところで驚く必要なんてあるのだろうか。 おそらく君からしたら、僕がこんなところにいるわけないのに、なんでいるの?と思ったから驚いているのであろう。 だが、主人公はそんなよくわからない場所で生まれ変わろうとしている。 何に生まれ変わるというのか。 次のフレーズをみてみよう。 「誰も触われない~宇宙の風に乗る」の部分。 生まれ変わることで、二人だけの国が終わらないものになるのだとすれば、それは平たく言えば天国なのではないかと思ってしまうフレーズ。 青い車では輪廻の果てに飛び降りたマサネムである。 ここでいう宇宙の風というのは地球レベルではない身体に乗り換えようとする一瞬なのではないかと思う。 思えば、主人公は最初からなぜか思いつめていた。 冒頭、主人公の日々がせつなかったのはそこにもう君がいなくなってしまったからなのではないか。 新しい季節とは、君がいなくなってからの時間経過を表現するための言葉だったのではないか。 河原の道というのはこの世とあの世を繋ぐ道で、君は自転車に乗りながら走り去ろうとするから、 つまり、何かしらの理由で死んであの世に向かおうとしている から主人公は走って追いかけようとしたのではないか。 思い出のレコードと大げさなエピソードという、君とラブラブだった頃の思い出を糧になんとか日々生きてきた主人公。 それこそ片隅に捨ててなんとか呼吸をやめようとしない猫と似ているほど精神的にやつれた主人公であったが、限界は近くまできていたのだろう。 いつもの交差点というのは人生の分岐点を示唆する言葉。 そこで主人公が選んだのは、上の方向。 三日月と同じ高さになるまで空に向かって飛んでいく(天国に向かう)という選択だったのだ。 やがて、たどり着いた夢のほとりで君を待ち伏せた。 君は僕を見て驚く。 だって、君は先にあの世に向かったはずなのだから。 こんなところで僕に会うなんて、と。 でも、僕は言うのだ。 「ここで生まれ変わろう」と。 ここで誰も触れないふたりだけの国なんていうのだ。 おまけにその国が宇宙の風になるのだ。 もう答えは見えたも同然である。 その国とはあの世の「天国」なんだ ということで、先に死んだ君を後追いで追いかける恋人の歌、というのがロビンソンのひとつの解釈。 もちろん、これすらもひとつのメタファーで実はさらなる仕掛けを施しているのかもしれないし、穿った見方をしすぎて論点を外しまくっていると言われても否定はできない。 でも、恋の歌に死の予感を漂わせているのは間違いないし、だからこそ草野正宗の歌詞は面白いのだ。 関連記事: スポンサーリンク.

次の