進撃の巨人2 final battle フリースキル。 フリースキル 進撃の巨人2 Final Battle 攻略

【進撃の巨人】ジャン・キルシュタインまとめ【キャラまとめ】

進撃の巨人2 final battle フリースキル

インフェルノモードのストーリー任務で実験。 場所は完全討伐が10回できるなら何処でも良いです。 以下はインフェルノでも序盤の比較的簡単な2章 第2話『巨人捕獲作戦』で実験してみました。 緊急討伐までいき結果を見てみると・・・。 「輝く巨人結晶」や・・・ 「巨人の大結晶」が・・・• とんでもない結果に・・・・。 巨人の大結晶が約60• 緊急討伐対象で部位破壊せずに即効で倒した女型から輝く巨人結晶x21・・・• 他の武器改造に必要なインフェルノ素材も大量に入手。 圧倒的な稼ぎの効率です。 以前からあった公式ブーストのDLC任務の「折れる心と傾く塔と」などと似たように圧倒的インフェルノ資材の多さになりました。 どの任務でも適用可能だと思われますので、これでインフェルノ以上の装備を今までとは比較にならない速度で作成していけますね。 その他のメモ• ユミル巨人などにもためしてみましたが、一回の戦闘で、一匹のみ撃破+2か所資材部位破壊すると 巨人の牙片・大を計40個落としました。

次の

ゲーム「進撃の巨人2」

進撃の巨人2 final battle フリースキル

基本情報 発売日 2019年7月4日 対応機種• Nintendo Switch• PlayStation4• PC(Steam) メーカー コーエーテクモゲームス 価格• 通常版:7,800円(税別)• アップグレードパック:4,800円(税別) 「進撃の巨人2」を所持している場合、アップグレードバックを適用することで本作と同じ内容を遊べるようになります。 アップグレードバックはダウンロード版のみの販売です。 「獣の巨人」「超大型巨人」「鎧の巨人」などの巨人と調査兵団の戦いが描かれます。 各Seasonによって、プレイヤーはオリジナルキャラクターとして調査兵団に加わったり、原作のキャラクターを操作して物語を追体験したりすることになります。 プレイアブルキャラクターを追加 出典: 「進撃の巨人2」で使用可能だった、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイなどおなじみのキャラクターに加え、新たなキャラクターが操作可能になります。 リヴァイ班のオルオやペトラ、憲兵団のマルロやヒッチなどのキャラクターや、Season3のメンバーも参戦し、総勢40人以上のキャラクターで楽しめます。 パワーアップしたアクション 出典: シリーズの特徴である立体機動装置は本作でも健在です。 その爽快感はそのままに、本作ではブレードではなく銃を使って攻撃するアクションが楽しめます。 さらに敵は巨人だけではなく、人間と戦うこともあります。 対巨人とは違う戦い方が求められそうです。 強力な新兵器の「雷槍」も登場。 巨人に大ダメージを与えることができますが、使い所を見極める必要があるそうです。 壁外奪還モードを追加 出典: 新モードとして「壁外奪還モード」が追加されます。 自分だけのオリジナル兵団を作り、壁外領域の奪還を目指します。 好きなキャラクターを兵団に勧誘することができますので、原作ではありえない組み合わせの兵団で戦えます。 各種条件を満たすとキャラクター同士の親密度が上がり、ゲームオリジナルの会話イベントなどが発生します。 本編をクリアした後もやりこみ要素として長く楽しめるようになっているとのことです。 進撃の巨人2 final battleの動画.

次の

【進撃の巨人】ジャン・キルシュタインまとめ【キャラまとめ】

進撃の巨人2 final battle フリースキル

基本情報 発売日 2019年7月4日 対応機種• Nintendo Switch• PlayStation4• PC(Steam) メーカー コーエーテクモゲームス 価格• 通常版:7,800円(税別)• アップグレードパック:4,800円(税別) 「進撃の巨人2」を所持している場合、アップグレードバックを適用することで本作と同じ内容を遊べるようになります。 アップグレードバックはダウンロード版のみの販売です。 「獣の巨人」「超大型巨人」「鎧の巨人」などの巨人と調査兵団の戦いが描かれます。 各Seasonによって、プレイヤーはオリジナルキャラクターとして調査兵団に加わったり、原作のキャラクターを操作して物語を追体験したりすることになります。 プレイアブルキャラクターを追加 出典: 「進撃の巨人2」で使用可能だった、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイなどおなじみのキャラクターに加え、新たなキャラクターが操作可能になります。 リヴァイ班のオルオやペトラ、憲兵団のマルロやヒッチなどのキャラクターや、Season3のメンバーも参戦し、総勢40人以上のキャラクターで楽しめます。 パワーアップしたアクション 出典: シリーズの特徴である立体機動装置は本作でも健在です。 その爽快感はそのままに、本作ではブレードではなく銃を使って攻撃するアクションが楽しめます。 さらに敵は巨人だけではなく、人間と戦うこともあります。 対巨人とは違う戦い方が求められそうです。 強力な新兵器の「雷槍」も登場。 巨人に大ダメージを与えることができますが、使い所を見極める必要があるそうです。 壁外奪還モードを追加 出典: 新モードとして「壁外奪還モード」が追加されます。 自分だけのオリジナル兵団を作り、壁外領域の奪還を目指します。 好きなキャラクターを兵団に勧誘することができますので、原作ではありえない組み合わせの兵団で戦えます。 各種条件を満たすとキャラクター同士の親密度が上がり、ゲームオリジナルの会話イベントなどが発生します。 本編をクリアした後もやりこみ要素として長く楽しめるようになっているとのことです。 進撃の巨人2 final battleの動画.

次の