鬼滅の刃炭カナ。 【鬼滅の刃】炭カナっぽい話を原作・公式から紹介!2人の関係は?

【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

鬼滅の刃炭カナ

鬼殺隊は解散。 炭治郎の左腕はマヒになったかのように、上げ下げはできても握ることはできず。 ひじから下は触られていることも分からない状態。 そして右目も形は整っているものの機能していない状態になっていました。 ただ鬼となった炭治郎にかまれた禰豆子(ねずこ)は無事でした。 そしてその後は、これまで出会った人たちとの触れ合いの後、善逸や伊之助と共に家に戻った炭治郎。 ここまでが204話で描かれていました。 その後の展開ですが、左腕と右目に不自由を抱えていましたので、 体を使った仕事をすることが炭治郎には難しかったのかもしれません。 とはいえ炭治郎が最後に鬼を葬った事実は、周囲に知れ渡っていたことでしょう。 鬼殺隊は政府公認組織ではないため、表立った表彰などはなかったはず。 ただそれでも 藤の花の家紋の家は、炭治郎たち鬼殺隊の面々のその後の面倒を見たと思われます。 大きな傷を負った剣士・炭治郎は、左腕と右目が不自由でも周囲に助けられて、妹の禰豆子とゆっくりとした生活を続けていったでしょうね。 ヒノカミ神楽の継承も難しく また炭治郎の左腕と右目の状況からすると、おそらくですが 炭治郎はヒノカミ神楽を体で再現することは不可能だったはずです。 それでも、もしかすると 炭治郎はヒノカミ神楽のやり方を文章で残していた可能性はあるのかもしれません。 善逸も鬼を倒した時のことを小説として残していたように、炭治郎はヒノカミ神楽を念のために記録として残していた。 古き平安の世に鬼が出たのならば、また今後に鬼が出ないとも限らない。 そんな想いからヒノカミ神楽の文書化を進めていたと思われます。 禰豆子に善逸が迫り続ける そして妹の禰豆子には、善逸が迫り続けたことでしょう! 最終回の205話で描かれていた、我妻善照(あがつま よしてる)と我妻燈子(あがつま とうこ)はそれぞれ善逸と禰豆子に似ていました。 ということは善逸と禰豆子が一緒になったということなのでしょう。 個人的には女好きな善逸は禰豆子ではなく、別の女性と一緒になって欲しかったかな?という気持ちもあります。 女好きな善逸は浮気でもしたのではないか?と思うと、禰豆子がかわいそうに思えるからです。 この辺りはどうだったのでしょうか? 想像にすぎませんが、具体的に物語が描かれなくて正解だったのかもしれませんね。 カナヲと交友を深める炭治郎 また炭治郎に恋をしていたのでは?とウワサされていたカナヲ。 最後に登場した204話では、目も全然見えないわけではないとのことでしたが、「全然見えないわけではない」というその言い回しはほとんど見えていないほど状態がひどいことを表していたと思います。 そんなカナヲは伊黒の鏑丸(かぶらまる)を不死川にもらったと言っていました。 この鏑丸の世話をカナヲと炭治郎が行っていって、2人はその後も交友を深めていったのかもしれませんね。 スポンサードリンク 炭治郎、カナヲと結婚! カナヲと付き合う炭治郎 美容院連れてくのもなぁ、と思って娘の前髪を切ったらまあ案の定ぱっつんになってしまったんだけど。 そして心優しい炭治郎は自分も右目が見えない中で、カナヲの不自由さを解消しようと何かと助けていたのかもしれません。 そんな炭治郎の優しさに触れて、さらに炭治郎に対する恋心が強くなっていくカナヲ。 そして徐々に心を開いてきたカナヲとの会話がとても楽しくなってきた炭治郎。 いつしか炭治郎もそんなカナヲに対して恋心を抱くようになったのかもしれませんね。 カナヲと結婚する炭治郎 そしてついに炭治郎がプロポーズする時が訪れます。 スパッとプロポーズを切り出す炭治郎。 炭治郎のプロポーズを涙で受け止めるカナヲ。 目に不自由さを抱えた二人の結婚に周囲は少し心配したかもしれませんが、禰豆子はとびっきりの笑顔で大賛成。 善逸や伊之助、冨岡義勇や鱗滝などの鬼殺隊の面々もそろって二人の門出が祝われたことでしょう。 また大正時代には新婚旅行も一般化していたそうですが、ただ二人は目の不自由さを抱えていましたし、藤の花の家紋の家々から助けをもらいながらの生活だったはず。 新婚旅行は心優しい炭治郎がしないことを決めたのかもしれません。 子供は2人できた そんなささやかな結婚生活を営んでいた炭治郎たちが子宝に恵まれることになります。 先に女の子が誕生。 そして2年後に男の子が誕生。 他の人を助けたいと願う野口英世は、心優しい炭治郎と気が合ったかもしれません。 そして意気投合して医療の将来を熱く語る二人の姿がそこにはあった。 そんな微笑ましい光景が大正時代に見られたのかもしれません。 スポンサードリンク まとめ 鬼滅の刃かっこいいシーンとかあるのにたまにこうゆうバラエティ感ある発言とか絵好きだわ〜😆 — けい kei1003oo ここまで鬼滅の刃の炭治郎のその後を考察してきました。 鬼殺隊の面々は最終回の一つ前の204話までしか登場していませんでした。 そのため炭治郎をはじめとするメンバーのその後については、現時点では何も語られてはいません。 ただ最終回の205話で、炭治郎など鬼殺隊の子孫であろう人の姿はチラホラと見ることができ、そこから炭治郎とカナヲが無事にゴールインしたことも予想されます。 また炭治郎は左腕と右目に不自由さを抱えることになりました。 その後の生計を立てるのに苦労したのかな?とも思ったのですが、鬼舞辻無惨を倒したという功績は世間一般からは評価されなかったとしても、藤の花の家紋を掲げている家々からはその大きな功績から様々な援助の手が差し伸べられたはずです。 そうした周囲からの温かいサポートの中で、炭治郎もカナヲも不自由なく生活できていたかもしれませんが、心優しい炭治郎だけに、カナヲの世話をする中でカナヲの目を何とかしようと、医学を学ぶようになるかもしれないとも想像しました。 炭治郎のその後については他にも様々な可能性があるとは思いますが、ここで最終回を迎えた鬼滅の刃の「炭治郎のその後」に関する考察を終わります。 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!.

次の

【鬼滅の刃アフレコ】完結/恋愛テストしちゃう生意気すぎるカナヲ先生【きめつのやいば・竈門炭治郎・我妻善逸・胡蝶しのぶ・栗花落カナヲ・カナヲの幼少期・アテレコ・MAD・おきゃんチャンネルさん推し】

鬼滅の刃炭カナ

スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレ考察:自分勝手すぎる無惨 冒頭で自分が生まれた頃の事を語り始めた無惨。 ようやく死にゆく無惨の様子が描かれるのだとちょっとホッとしていました。 想いこそが永遠であり不滅である。 その産屋敷の言葉を認めざるを得なくなった無惨。 受け継がれた想いによって 自分が打ち負かされた事で涙してさえいました。 完全に負けを認めたような展開でしたが、問題はこの後の無惨の台詞でした。 「私の想いもまた不滅なのだ。 永遠なのだ」 ・・・・・じ、自分勝手すぎる・・・!! 誰の想いも受け継いでいない無惨がいきなり正反対の想いを持った炭治郎に自分の想いを託そうとするって、いくらなんでも無茶苦茶すぎませんか?? 結局の所自分の想いを残そうというよりは、自分自身を残そうとする単なる生存本能のような気がしてしまいます。 結局の所生き汚いだけなのに、それを正当化しているような口ぶりが最高にムカつきますね! スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレ考察:最悪の展開と富岡の素早い判断 最終決戦の間ずっと塞がれていた右目も治り、左腕も再生する事となった炭治郎。 目の色なんかも無惨と同じものになってしまってしまい、 完全に無惨の血を色濃く受けた鬼になってしまったようです。 仲間達を容赦なく殺そうとしてしまうなど、 理性のない普通の鬼という感じですね。 しかし炭治郎が鬼になったと分かってからの富岡の判断は早かったです。 動ける者を集めて、鬼になった炭治郎を陽の光で焼き殺そうとする。 こういう所は柱として素早く正しい判断をしていますよね。 しかしそれは全て炭治郎自身の為でしょう。 炭治郎の誇りやこれまでやって来た事を守るというそういう意味合いが強い気がします。 とはいえ自分が守る事が出来なかった炭治郎を、 今度は自分で殺さないといけないという状況はあまりにもキツすぎますよね・・・。 スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレ考察:同期組の強い絆 無惨の狙い通り、遂に陽の光まで克服してしまった炭治郎。 富岡も既に戦闘不能状態となり、 戦えるのが伊之助だけというのも厳しい所。 もちろん伊之助も死亡一歩手前という感じではあるのですが。 幸いな事に・・・というのも変ですが、 今の炭治郎は鬼としてめちゃめちゃ強いという感じでもありません。 瀕死状態の伊之助であっても、なんとか斬れるレベルなのだと思われます。 が、 だからと言って簡単に斬れるはずもないのが更に辛い所でしょう。 炭治郎、伊之助、善逸の3人で交わした約束。 それを果たすのが今だったとしても、優しい炭治郎を斬る事はそう簡単には出来ないでしょう。 この何をやっても絶望的な状況から果たして幸せな展開が待っているのか注目ですね! スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレ展開考察:炭治郎を救うのはカナヲ!? 完全に鬼となってしまった炭治郎。 今戦えるのは伊之助しかいない状況ながらも、 その伊之助は仲間だからこそ簡単に炭治郎を斬る事が出来ません。 このままでは伊之助が炭治郎に殺されてしまうかもしれませんし、 そうなってしまえばその時点でバッドエンドが決定と言えるでしょう。 そうなってくると、この状況で誰かが助けに入るはず。 炭治郎に助けられて以降カナヲが登場していませんので、ここで登場する事になるのかもしれません。 とはいえ炭治郎に助けられたカナヲが炭治郎を斬れるとも思いませんし、 厳しい状況は続いてしまうかもしれませんが。 スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレ展開考察:珠世の薬が残っている!? 最悪すぎる状況になってしまいましたが、 炭治郎が殺されて物語が終わってしまうというのは最悪な展開ですよね。 だからと言って炭治郎が新たな無惨となって物語が続いてしまうのも色々と辛すぎます。 そうなってくると やはり炭治郎をこの場で救う必要があるでしょう。 陽の光を克服したとはいえ、 炭治郎は無惨程の化け物じみた戦闘力を持っている感じでもなさそうです。 どうにか動きを一度止めれれば、色々と試したりする事も出来るでしょう。 珠世の薬は禰豆子を人間へと戻している訳ですし、それが残っていれば炭治郎を人間に戻せる可能性もあるのではないでしょうか。 鬼滅の刃202話ネタバレ展開考察:炭治郎はずっと鬼のままなのか!? ほとんど死んでいた炭治郎は、無惨の血や力を与えられたせいで鬼として復活しました。 その意識はもうないように見えます。 炭治郎はこのままずっと鬼として暴れ続けるのでしょうか!? 炭治郎はまだ13個目の型を完全な形で再現できていません。 今回の鬼化により意識は深いところへ閉じ込められており、そこで縁壱と出会う可能性もありますね。 そこで改めて、正しい13個目の型を習得するのかもしれません。 炭治郎は禰豆子の兄なのです。 長男だから!と、炭治郎自身の意識を取り戻してほしいですね。 そして何とか自分の中の鬼を倒す方向へ動いてくれやしないかと願います。 スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレ展開考察:禰豆子の呼びかけで炭治郎は戻ってくるか!? 鬼となってしまった炭治郎にとって何が一番効果的かと言えば、それは やはり禰豆子の声ではないでしょうか。 鬼になってしまったばかりの頃の禰豆子も炭治郎の声には反応していましたし、人間の炭治郎を庇いまでしました。 鬼になろうともそれだけ兄の事を大事に想っていたからなんですよね。 そうなってくると今回は 物語の始まりの部分の逆の感じになってくるでしょう。 今度は 人間の禰豆子が呼びかけることで炭治郎が正気に戻っていく。 体内に残った無惨の血を炭治郎自身がどうにか消し去っていくような展開なのではないかと思います。 スポンサードリンク 鬼滅の刃202話への読者の声 『鬼滅の刃』最新話202話に向けての感想や考察を集めました! ちょっと前までは鬼化炭治郎の頸は干天の慈雨で斬る。 伊之助が刃を炭治郎に振らない、い や振れない所も泣けた。 炭治郎、鬼にならないで欲しかった 鬼舞辻無惨本当に恨む。 202話読むのが怖い……. 失った腕も直ったし。 問題は誰がどのようにして決着をつけるか。 倒すなら冨岡さん、人間に戻すなら禰豆子か。 だって禰豆子が炭治郎の言葉で踏みとどまったんだから炭治郎も踏みとどまれなきゃダメでしょう。 長男だから頑張れるはず。 それを止めたのは禰豆子でした。 お兄ちゃんごめんね。 そう謝りながら、禰豆子は炭治郎を抱きしめました。 肩には炭治郎の牙が食い込んでいます。 ずっと何もわからなくなっててごめんなさい。 お兄ちゃん独りに全部背負わせたね。 禰豆子は涙を流します。 どうしていつもお兄ちゃんばかり苦しい目にあうのだろう。 どうして一生懸命生きてる優しい人たちが、いつもいつも踏みつけにされるのだろう。 負けないで、あともう少し。 鬼になってはダメ。 家に帰ろう。 禰豆子は優しく語りかけました。 しかし炭治郎は大きく叫ぶと、 禰豆子の背中に爪を突き立てました。 そしてそのまま投げ飛ばそうとしたのです。 善逸や伊之助がそれを必死に止めようとしました。 禰豆子は人間に戻ってる、怪我をさせるな。 元の炭治郎に戻れよ!と伊之助は泣きながら炭治郎の頭をボカボカと叩きました。 すると炭治郎は口を開くと、 まるで無惨の衝撃波のような攻撃を周囲へ放ちます。 禰豆子はしがみついたままでしたが、善逸や伊之助、義勇は吹き飛ばされてダメージを負いました。 暴れる炭治郎に、禰豆子の声も、友達の声も届きません。 誰が炭治郎を止めることができるのでしょうか!? スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレ:止まらない攻撃 炭治郎の背中からは、骨でできた管が何本も飛び出ていました。 まるで獣のように這いつくばり、禰豆子が負けないでと声をかけ続けるも、善逸へその管を向けました。 すると義勇が打ち潮を使い、善逸を守りました。 炭治郎は禰豆子を噛んでしまったのです。 それは血の味を覚えてしまったということ。 人を殺す前に早く炭治郎を殺さねば、と義勇は焦りました。 しかし今の炭治郎には、日光も赫刀も効きません。 殺す方法がないのです。 次に炭治郎は、 口から気功砲のようなものを出そうとしました。 誰も殺さないで、お兄ちゃんお願いやめて!と禰豆子は炭治郎の口元を手で押さえようとしました。 しかし攻撃は放たれ、 禰豆子の左手は血塗れになってしまいます。 そんな姿になってしまっても、禰豆子は炭治郎へだめだと訴え続けます。 ここで義勇は違和感を覚えたした。 炭治郎は何故禰豆子を殺さないのか。 目の前に血の滴る食い物があるというのに。 さらに先程の攻撃は、義勇から逸れていました。 このことから、 炭治郎もまた抗っているのだと思いました。 もし炭治郎の自我を取り戻すことができれば…と義勇は考えます。 しかしそんな奇跡が容易く起こせるものなのか。 義勇は炭治郎の攻撃を避け続けました。 炭治郎は禰豆子すら傷つけてしまいました。 しかし、 抗っているようにも見えます。 炭治郎の自我を取り戻すことはできるのでしょうか!? 鬼滅の刃202話ネタバレ:しのぶの薬 そんな様子を、愈史郎が建物の影から見ていました。 なんとかしようにも、 日の光のせいで鬼である愈史郎は向こうに行くことすらできません。 太陽の下では血鬼術ですら塵になってしまうのです。 自分にはもう何も出来ることはない、と悔しそうに歯を食いしばりました。 その時、目の前をカナヲがふらふらと歩いているのが見えました。 カナヲは胸ポケットに忍ばせていた薬の無事を確認します。 それは戦いの前に、しのぶから預かっていたものです。 禰豆子に使う薬が足りなければと思って、しのぶが藤の花から作ったものでした。 鬼を人間に戻す薬は珠世が三つも作ってくれたため、この薬は必要なかったそうです。 あの人は凄い方です、尊敬します、としのぶは言っていました。 目を片方残してくれたのはこのためたったんだね、姉さん。 そう呟くと、カナヲは彼岸朱眼を発動させました。 そして炭治郎の攻撃を掻い潜り、 炭治郎の背中へしのぶの薬を投与しました。 その時、カナヲに炭治郎の攻撃が届いてしまいます。 炭治郎だめだよ、早く戻ってきて。 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ。 カナヲのその言葉に、炭治郎は動きを止めました。 カナヲが持っていた、しのぶの薬は炭治郎を人間へと戻すことはできるのでしょうか!? また、カナヲは無事なのでしょうか!? スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレの感想考察 炭治郎の元へ、ついに禰豆子がやってきました。 禰豆子は体を張って炭治郎を止めようとします。 しかし いくら強く抱き締めても、何度声をかけても炭治郎は我を忘れている状態でした。 次々と攻撃もエスカレートしていきます。 そんな中、カナヲが残った左目で彼岸朱眼を使い、炭治郎へしのぶの薬を投与しました。 この薬は炭治郎に効果があるのでしょうか!? この薬を投与する際、カナヲは炭治郎の攻撃を受けてしまっています。 カナヲが無事かどうかも気になりますね。 炭治郎の攻撃が原因でカナヲが命を落としてしまうのだけはないと思いますが…けっこう刺さっているように見えたので心配です。 また、一命を取り留めたとしても、 彼岸朱眼の後遺症で左目までも失明する可能性はかなり高いでしょう。 そして暴れていた炭治郎が、 禰豆子だけは致命傷を与えないままである、というところにほんの僅かな希望が見えましたね。 心の奥底で、炭治郎は禰豆子のことを想っているのです。 それは初めからずっと変わらない、優しい長男の炭治郎。 お願いだから、どうか、意識を取り戻してほしいです。 禰豆子が鬼ではなく、人間の姿でやってきたのも必ず意味があるはずです。 今度は兄が鬼、妹が人間という逆の立場。 この二人ならきっと、また乗り越えられる…そう信じたいですね! 次回は急遽ジャンプ自体がお休みとなるため、2週待たねばなりません。 どんな展開が待っているのか、ドキドキしながら待ちましょう! スポンサードリンク 鬼滅の刃202話ネタバレまとめ 無惨は消える前に、炭治郎へ自分の血や力の全てを注ぎ込みました。 もし炭治郎が生きていれば、鬼の王になれ。 無惨は最後に自分の夢を炭治郎に託したのです。 そして炭治郎は鬼として目覚め、周囲の人間を襲いました。 炭治郎を炭治郎のまま死なせてやるために、義勇は辛い気持ちを押し込めて動きます。 駆けつけた伊之助に、炭治郎が襲いかかりました。 しかし伊之助には炭治郎を斬ることはできません。 誰か炭治郎を止めることはできるのでしょうか!? また、 今の炭治郎を見た禰豆子は、どんな行動に出るのでしょうか!? >>> >>> >>> >>> >>> >>> >>> >>> 次回のを楽しみに待ちましょう!.

次の

【鬼滅の刃】炭カナっぽい話を原作・公式から紹介!2人の関係は?

鬼滅の刃炭カナ

鬼滅の刃26話 感想…『鬼滅の刃』の感想と言うよりカナヲの感想を書く。 自分で何も決められないから、コイントスで自分をどう動かすか決める少女、栗花落カナヲ……何事にも興味を示さない彼女が何故、炭治郎を好きになった…? アニメと原作、両方から考えてみる。 栗花落カナヲ 幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。 やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(曰く『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』)、 親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。 当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。 そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。 引用:• しのぶとカナエと出会ったカナヲの回想… 原作の番外編(7巻)、アニメ25話で胡蝶カナエが発した台詞。 「いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」 そこで映し出されるのは竈門炭治郎…。 この場面が無ければ、「カナヲは炭治郎に恋に落ちた!!」なんて思わなかった。 それ位に後押しされるシーンでした。 マンガ(7巻のコイントス) もしかしたら前述したカナエの台詞が無ければ、そうは思わなかったかもしれない。 「全部どうでもいいから」。 というカナヲの心のバリアを少し溶かした様に見えた…でも、とてもじゃないけどカナヲが炭治郎のことが好きになった様には思えない。 炭治郎のことが、これから好きになるかもしれない。 と、思わせる程度の淡白さだった。 けれどその後の背後から話しかけられてズッこけたシーンから、炭治郎とのやり取りはカナヲが大きく動揺していたのが伝わってくる。 アニメ26話のコイントス まず最初にそのシーンを見入った最大の理由…ただカナヲが好きなだけではない。 炭治郎役の花江夏樹さんの無邪気に落としにくる演技(あれは男でも惚れる)と、カナヲ役の上田麗奈さんの動揺して声をうわずらせる演技…… 原作で魅せたカナヲが炭治郎に心を開く。 だけでは留まらない…!! その声優さんの演技力に加えて、コイントスの音色が心地よく反響させる静寂さや、色合い綺麗な作画、動揺して振るえるカナヲの眼…そして何より演出。 最後の炭治郎がカナヲへ向けた、優しさ溢れるキラースマイル… カメラがヒキから、一気にカナヲへ吸い寄せられる様にアップになる演出…ドアップになったカナヲの藤色の眼が煌く。 カナヲと炭治郎 このシーン好きだなぁ〜 — RonieのMAD部屋 Ronie0077 この一連の流れを見て、カナヲは炭治郎のことが好き!!としか思えない。 いや、実際にはまだマンガもアニメも、カナヲの心を溶かし始めた段階なのかもしれないけれど、私自身が「好きだ!!!」と思いこみたい。 そんで早く炭治郎とカナヲは両思いになって欲しい。 さいごに 今更ながらに鬼滅の刃のアニメを視聴した。 それから予告を観てマンガを読んだ。 こりゃあ人気出るワケですね(確信) 敵も味方も回想を交えて感情移入させて共感させる…残酷な奴でも、憎みきれない爽やかさと儚い悲しさが残る読み応え、アニメは演出と、声優さんたちの演技力で一度も目が離せません。 とりあえず無限列車の映画を早くやって欲しいのと、カナヲのフィギュアを発売して欲しい。 3万まで出すので是非、よろしくお願いします…… では読んで頂き、ありがとうございました。 Baskerville.

次の