平均 値 で っ て 言っ た よね op。 なろうアニメ『私、能力は平均値でって言ったよね!』第1話の評価・感想まとめ

【第1話から全話まで】アニメ『私、能力は平均値でって言ったよね!』見逃し動画無料フル視聴する方法

平均 値 で っ て 言っ た よね op

ひと昔前は、ゲーム(VRMMORPG)からの現実に戻れない状態や、赤ん坊からの一からの転生が主流でしたが、今ではジャンルもだいぶ増えましたね~。 なろう系は内容的に衝撃的な作品もありますが、 個人的にはやはり「蜘蛛ですが、何か?」の衝撃を超えるものはまだ出ていません。 (衝撃という意味ではオバロは次点)中身は普通に読みやすい作品なんですけどね。 (あと、なろうではないですが、『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』の衝撃も個人的にはなかなか超えられない。 稀~にいるんですよね、オンゲやっていると超強いお母さん……w) 今のところ、アニメ化が決まっているものは以下のラインナップのようです。 ・盾の勇者の成り上がり(1月から・ 2期&3期決定) ・賢者の孫(4月から) ・ありふれた職業で世界最強(7月から・ 2期決定) ・異世界チート魔術師(マジシャン)(7月から) ・魔王様、リトライ!(7月から) ・うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (7月から) ・慎重勇者(10月から) ・本好きの下克上(10月から) ・私、能力は平均値でって言ったよね!(10月から) ・痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 判明しているもののみ) 一部では、なろう作品のタイトルは、頭を抱えたくなるタイトル群と思われているようです。 (笑)まあ、そのくらい異世界ファンタジー作品が多いってことでもありますし、なろうは受賞作品と違い、文章力や構成力などの技術が物を言う世界でもないので(悪く言えばそこのところはレベルが低い)、「せめてタイトルは目立たせる」というのが主流になったのではと思われます。 例によってアニメ公式やなろう作品ページへのリンクなど軽くまとめます。 とりもげ自身も参考にしますが、気になる作品があったら参考にしてみてください。 図書館で四勇者について書かれた本を手にとった大学生の岩谷尚文は、盾の勇者として異世界にある国家・メルロマルクに召喚された。 そこには、剣の勇者、弓の勇者、槍の勇者の3人も召喚されていた。 次元の亀裂から魔物が大量に湧き出すという波から世界を守ることを国王から命ぜられ、それぞれの武器を鍛えるために供を連れて旅をすることになる。 だが、盾は攻撃ができず人気が全くなかったため、盾の勇者である尚文の供になったのは、女従者マインのみであった。 しかし、マインは尚文を裏切って全財産を盗み取っただけでなく、尚文は婦女暴行の冤罪をかけられる。 勇者としての名声や金銭や信頼を失い、異世界の人々に絶望して1人で旅に出ることを決めた尚文は、パーティーの攻撃役として奴隷商人から亜人の少女ラフタリアを買い、2人での旅を始める。 主人公の尚文は勇者として召喚されますが、「盾の勇者」らしく、 攻撃が一切できない・関節技もダメと、結構な制限がかかっています。 さらには女性から騙され、女性不信にも陥りました。 この状況を尚文がどう打破し、成長していくのか、攻撃役に抜擢した奴隷のラフタリアなどの女性たちの、相手が女性不信ゆえの心温まるハートフルな展開にも癒されます。 アニメは丁寧に作られていることもあり、人気を博しています。 「灰と幻想のグリムガル」や「Re:ゼロから始める異世界生活」「ゴブリンスレイヤー」などが好きだった人は好まれていそうです。 放送予定の「ありふれた職業で異世界最強」も相性がよさそうです。 彼は前世の記憶を持つ異世界転生者であった。 マーリンに育てられ規格外の魔法使いとなったシンだったが、人里離れて育てられたため一般常識を知らない世間知らずになってしまった。 家に良く訪れるディスおじさんの勧めもありシンは王国アールスハイド高等魔法学院へ通うことになったのだが、型破りな彼は様々な事件に巻き込まれる なろう作品にしてはタイトルが短いですが、その短さのままに、シンプルに転生した主人公が前世の記憶を駆使して俺TUEEEしていく内容です。 展開的には転生ものの王道ものと言えますが、 賢者の二人をはじめ、国王や王子、元騎士団総長(剣聖)、宮廷騎士団長、商会長などの歴々が既に主人公と既知の仲にあり、やり取りが非常に微笑ましく、流れがスムーズです。 学園ものでもあり、クラスメイトたちを鍛えて最強の魔術師軍団にしていきます。 また、女性関係では、主人公であるシンは、シシリーへの一目ぼれから始まり、交際、婚約まで結構な早さで至ります。 もちろん、嫁の存在は敵勢から付け入られることにもなるのですが、そこをどう潜り抜けていくのかが楽しみどころの一つです。 アニメ化の際には「転生したらスライムだった件」のように、誰でも気軽に楽しめるスタンダードな転生ものの一つになりそうです。 「俺がユエを、ユエが俺を守る。 それで最強だ。 クラスメイトが次々に戦闘向きのチート能力を発現するなかで、地味な錬成師となってしまったハジメ。 異世界でも最弱の彼は、クラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまう。 ありふれた職業で世界最強と、なかなかタイトルからは内容が推察しにくいところ。 異世界転生ものは今日さまざまなストーリーがあり、ある程度のテンプレートも把握されつつあるところですが、 「クラスメイトたちと異世界へ」「序盤に仲間にハメられる(裏切られる)」「魔物転生のように、魔物の能力を手に入れる」などの、異世界転生の主要な要素を、3つも兼ね備えるこの作品はじゅうぶん個性的といえる作品でしょう。 自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18歳の日本人であったこと、幼い少女を助けようとして命を落としたこと、そして、神様に出会ったことを…… 出来が良過ぎたために周りの期待が大きく、思うように生きることができなかった海里は、望みを尋ねる神様にこうお願いしたのであった。 なろうものの人気作品でもやはり少年主人公が多いですから、これだけでもじゅうぶん特色と言えます。 さらには 10歳という年齢もなかなか規格外です。 それだけに主人公ないし作品の内包している「はじけるような瑞々しさ」は随一です。 また、魔法を行使するのに「ナノマシン」を介するという一風変わった世界設定もあります。 どこにでもいる普通の高校生・西村太一と、運動神経抜群でモデル体型の美少女・吾妻凛。 平和な高校生活を送っていた二人はある日突然、 不思議な魔法陣の光に包まれ、見知らぬ土地へ迷い込んでしまう。 そこは恐ろしい魔物が生息し、獣人やドワーフ、エルフといった 多様な種族が存在する、まるでファンタジーのような世界。 ちょっと没個性なタイトルではありますが、魔術師ものないし魔法使いものではあるのは当然として、 異世界に行くのが主人公とヒロインの二人という配役が少し個性的な作品です。 もちろんヒロインは既に主人公に惹かれていて、少し懐かしい感じのする物語でもありますね。 異世界転生ものは、魔物に転生する物語があり、ダンジョンRPGやMMORPGなどのゲーム知識が豊富だったり、史実的な中世の人々の生活観に関する造詣が深かったりして、まだまだ一般的と言いづらい内容もちらほらありますが、そういう意味では異世界チート魔術師は日本寄りの異世界ファンタジー知識を生かした作品で、見やすい内容になっています。 女子高生だったはずの「私」は目覚めると……なんと「蜘蛛」に転生していた! 周囲は毒ガエルや猿の化け物、果ては龍まで……って、コレもう詰んでない!? 種族底辺・メンタル最強女子の、迷宮サバイバル開幕! なろう作品ないし、異世界転生ものには衝撃的な作品も数多くありますが、「蜘蛛ですが、なにか?」はその最たる作品と言えるでしょうね。 なぜって、主人公が蜘蛛になってしまうのですから。 さらには その蜘蛛になる主人公が女子高生だというのだから、なかなか、というかかなり、……いや、 日本屈指と言っていいほどエッジの効いた物語です。 (蜘蛛にばかり目がいきますが、クラスが丸々異世界転移してしまうタイプの転生ものです。 ) 蜘蛛というと代表的な嫌悪される虫です。 そのためにこの作品の映像化の難しさは想像に難くないものですが、PVを見てみるとその辺もしっかり考えられていることが分かります。 蜘蛛子のキュートさは、どことなく 海外アニメーションの動物たちの可愛らしさがありますね。 アニメ自体の作りもそうですし、PVの再生数もその注目度の高さを物語っています。 ヤングエースでは、マンガ版が35話分の内容を一挙に読むことができますよ。 そこで出会った片足が不自由な女の子と旅をし始めるが、圧倒的な力を持つ「魔王」を周囲が放っておくわけがなかった。 魔王を討伐しようとする国やら聖女から狙われ、一行は行く先々で騒動を巻き起こす。 見た目は魔王、中身は一般人の勘違い系ファンタジー! 初見はタイトルの感じから「はたらく魔王さま」を思い出しましたが、主人公はダンディな40代男性であり、酷薄な性格をしている人物。 「魔王様、リトライ!」は、現実世界からファンタジーの世界に行くいわゆる転生ものであり、自分が運営していたゲーム内の最強の存在に転生してしまったという作品です。 もちろん中身は一般人で、ゲーム内キャラとして存在していた九内伯斗の人格で話が進むわけではありません。 設定だけを聞くとありふれている内容で、40代の渋いおじさんにしたことでずらしてきた、という印象も強いですが、 最近はアラサー、アラフォーが主人公の作品は多いですし、アニメ化に際しては設定を軽くし、見やすくなっていることは最大の武器です。 原作の方も、設定含めて肩肘張らずに読むことができるので、先ほど例に出したギャグ要素が強かったはたらく魔王さまのファン層も案外がっちりはまるかもしれません。 絵的にもね。 女の子が多いですが、個性的な外見と性格のキャラが多いのも魅力ですね。 新米女神リスタルテが担当することになった世界は難度Sのゲアブランデだった。 ゲアブランデを救うべく勇者候補リストを見ていたリスタルテは超ハイスペックな勇者を発見する。 喜ぶリスタルテ。 だが、その勇者はありえないくらいに慎重派だった。 「鎧を三つ貰おう。 着る用。 スペア。 そしてスペアが無くなった時のスペアだ」 簡潔明瞭なタイトルの通り、 主人公が勇者なのに慎重すぎる作品です。 「勇者なのに慎重すぎる」とあるように、勇者なのに慎重すぎる部分にスポットを当てているので、コメディ要素も含む最強系ないし勇者系の物語ですね。 あと、ヒロインの女神リスタが、某駄女神ほどではないにせよ、叫び&顔芸担当で面白いキャラに仕上がっているのも特徴ですw(個人的には書籍原作やアニメよりもマンガのリスタが好み) ちなみにWEB掲載時のタイトルは「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」です。 副題にしているようですが、タイトル変更は正解でしょうね。 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。 転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。 いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。 本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない。 目指すは図書館司書! 随分前からアニメ化を待望されていた人気作です。 古い作品(2013年連載開始)で、なろうの累計ランキングも常連で、なろう作品を少しでも読んだことがある人はこの名前を知っている人も多いでしょう。 仮になろう作品を読んでいなくとも、 「このライトノベルがすごい!」の1位を2回も受賞しているので一般認知も高いという、ラノベ・ファンタジー作品部門でもまだまだ若干認知範囲の狭い嫌いのもあるなろう系にしては多方面に知られている作品です。 一般読者に薦めやすいんでしょうね。 ちなみにどちらかというと女性向き作品のように思います。 本好きの下克上は、本好きとあるように、転生ものだとか最初から最強であるとか、一般的ななろう作品とは趣の違う作品です。 ただ、舞台は本のない世界でした。 想像できるでしょうか? 本のない世界って。 木を薄くしたり、乾かしたり、そういう世界です。 (笑)本がない=紙が庶民に浸透していなかったわけです。 また識字率も低く、そもそも街中に文字もほとんどありません。 これでは本を読むという以前の話。 なのでマインは 粘土板や木の板に文字を書いたり、インクをもらうために知り合いの事務仕事を手伝ったり……文明起こしは転生ものにもちょくちょくありましたけど、ここまで腰を据えた物語もそうありませんよね。 そんなマインですが、その人生はやがて波乱万丈のものに。 非常に勉強になり、そして本好きと豪語するだけあり、小説としても非常に読みやすい作品でもあります。 派手なバトルとかは少なく、従来の深夜アニメファンの期待に応えるには難しい部分もあるとは思いますが、突飛な展開はなく着々と地に足付いたスピードで物語は進みます。 原作ファンの人はもちろん、世界名作劇場とかが好きな人には楽しめるかと思います。 (あと、デスマや町おこし系・技術革新系が好きな人も) Kindle Umlimitedに加入していると、1~3巻が無料で読めるのでおすすめです。

次の

【私、能力は平均値でって言ったよね!】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ【のうきん】

平均 値 で っ て 言っ た よね op

ちなみにDailymotionやpandoraなどの海外サイトで見れないのか?と疑問を持つ方もいると思いますが、低画質低音質で広告が邪魔だったり、ウイルスに感染したりなどのリスクがありますので、絶対に公式な動画配信サービスの利用をお勧めします! ということで『私、能力は平均値でって言ったよね!』が配信されている主要動画配信サービスはこちらです。 とはいえまだまだ駆け出しで、怪しいアルバイトなんかもやったりしつつ、地道に依頼を受け、経験を積んでいく。 ある時、護衛依頼を受けた四人は盗賊団の襲撃を受ける。 楽勝楽勝と思いきや、レーナの様子がどこか変で……。 『私、能力は平均値でって言ったよね!』第5話の声優・関係者の声 「のうきん」第5話。 みんなの気になる過去話。 」のキャラクターデザインである矢野茜さん からマイルのイラストをいただきました! ありがとうございます!! メーヴィスに近い反応してしまった…なんか悔しい。 しかしこの世界はシビアというか、レーナとポーリンの過去は予想以上に重かった。 でも独りで抱え込まず語り尽くす事で気持ちが和らぐ想いもある。 何かキャラ立ての仕方がおかしい気がする。 突き詰めれば、発見できる気もするが、あまり労力を費やしたくないな。 どっちかというと、サンダーブレークの方が大事。 例えばベッドの上でグレンダイザーごっことか。 その方が大事。 何か先に宿題片付けようみたいな回でした。 学校入学だけでも奇跡だと。 無詠唱の魔法や、腕試しの生徒を倒し、友達もゲット。 自分が女神だと偽る状況がなければ、卒業まで楽しい生活が続いただろうに。 いざという時に動けるからこそ、冒険者向きなのかもね。 そりゃツンツンにもなるわけだ。 しかし、マイルとポーリンの反応wえっここ泣くところじゃないの💦自分はメーヴィスに近い反応でしたけど…まあ重く受け止めないのも優しさなのかな。 「未来はきっと明るいよ」って、ちょっと前の自分に伝えたい。 レーナ、ポーリン、マイルにとって、EDは重い意味を持つ歌詞なんだなぁ。 あっ、メーヴィスにもちょっとね。 レーナの重い過去話に反応が薄いポーリンとマイル。 二人もかなり重い過去が。 光子力が格子力だと字幕で明かされるがグレートマジンガーのサンダーブレイクは一部日本語になっただけw 居心地の悪い思いは感じるがギリギリコメディを保ってるからいいよね。 — greenmale66 greenmale66 私、能力は平均値でって言ったよね! 5 「みんなの昔話って言ったよね!」 おしまい ギルメンの過去を当番回じゃなく、5話だけで全員分回収しちゃってたけど…すっきりしてたし、アリだね。 にしてもレーナに対するマイルとポーリンのあっさりさよw — はじめました hajimema4ta 私、能力は平均値でって言ったよね! 第5話観た。 これまでの話。 原作未読なので詳しいことわからないけど、異世界転生ものの序盤でちょっと退屈しそうなとこをここに持ってきたっぽい感じで構成うまいなぁと。 は笑ったけど助かる、レーナの過去重すぎたから作品へのダメージを和らげてくれた。 ナノマシン別にT-1000でよかったのに笑 火を囲んでできる語らいの時間…自らの過去を明け透けに話すことで、体だけでなく心も温まる。 』 レイナとポーリンの過去が無性に重いんですが! だからといって,躊躇わないために人の命を奪う練習をしとく!は,同じレベルまで自分を下げる行為なんですよね。

次の

私、能力は平均値でって言ったよね!

平均 値 で っ て 言っ た よね op

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年4月) 私、能力は平均値でって言ったよね! ジャンル 、、 小説 著者 イラスト 出版社 レーベル 刊行期間 5月 - 巻数 既刊13巻(2020年3月現在) 小説:私、能力は平均値でって言ったよね! リリィのキセキ 著者 赤井紅介 FUNA・亜方逸樹(原作) イラスト 亜方逸樹 出版社 アース・スター エンターテイメント レーベル アース・スターノベル 刊行期間 12月 - 巻数 既刊1巻(2019年12月現在) 漫画 原作・原案など FUNA、亜方逸樹 作画 出版社 アース・スター エンターテイメント 掲載サイト レーベル 発表期間 2016年 - 巻数 既刊4巻(2019年10月現在) 漫画:私、日常は平均値でって言ったよね! 原作・原案など FUNA、亜方逸樹 作画 森貴夕貴 出版社 アース・スター エンターテイメント 掲載サイト コミック アース・スター レーベル アース・スター コミックス 発表期間 - 巻数 既刊2巻(2020年3月現在) アニメ 原作 FUNA 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 渡辺奏 音楽 アニメーション制作 製作 のうきん製作委員会 放送局 ほか 放送期間 10月 - 12月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 私、能力は平均値でって言ったよね!』(わたしのうりょくはへいきんちでっていったよね、英名: Didn't I Say to Make My Abilities Average in the Next Life?! )は、によるの。 イラストはが担当。 にて1月14日よりWeb版の連載を開始。 同サイトにて四半期ランキング第2位となり、同年5月に()より書籍化、刊行されている。 出版元による略称は「 のうきん」。 著者のFUNAは「 平均値」とも呼んでいる。 メディアミックスとして、作画による版と 森貴夕貴によるスピンオフ4コマ漫画『私、日常は平均値でって言ったよね!』が『』にて配信されている ほか、2019年10月から12月までテレビアニメが放送された。 シリーズ累計は2020年3月の時点で100万部を突破した。 あらすじ [ ] 平均よりも『出来る子』であった少女 栗原海里は高校の卒業式が終わった後、自転車で転倒した少女を大型車から救い、それと引き換えに死亡する。 もう戻らないはずの意識を取り戻すとそこには 創造主(神に相当する立ち位置。 と名乗っている)が立っており、海里は彼らが管理する「世界」について説明される。 海里が救った少女は人類が他の恒星系へ行くために必要な技術の基礎理論を作り上げることになる予定であったため、重要人物を死から救ったことに対する創造主からの礼として異世界転生の話を持ちかけられる。 海里は生前、周囲に期待の目で見られ続け窮屈な生き方を強いられてきたため、能力を「平均値」にするように願う。 転生先の世界に散布されている ナノマシンと、その応用技術である 魔法について説明を受けた後、海里は アデル・フォン・アスカムとして生まれ変わる。 アスカム子爵家に生を受けたアデルは前世のことを思い出すこともなく過ごしていたが、10歳の誕生日に激しい頭痛と共に突然記憶を取り戻す。 平均値にするようにと願った能力は、創造主の勘違いか思いやりかは不明だが、全生物の平均値ではなく(中央値や最頻値でもない)、「古竜種や神を含む全存在のなかで、その分野ごとの最低値と最大値の平均」であり、一人間としては破格のものだった。 アデルは「普通の女の子」として生きたい一心で家出を決意し、Cランクハンター「 マイル」として力を隠しつつ生活する。 登場人物 [ ] 声の項は特記がない限りテレビアニメ版の声優を示す。 赤き誓い [ ] 物語の主要人物。 ハンター養成学校で知り合い、卒業後はCランクパーティーとして活動している。 銀髪の長髪にピンクのリボンを付けている。 ハンター養成学校入学時12歳。 前世は日本人の (くりはらみさと)であり、日本での18歳時に少女をかばって事故に合い、転生して アデル・フォン・アスカムとしてアスカム子爵家に生を受ける。 生まれてからの約10年間は前世の記憶が存在しなかったが、10歳になったある日に強烈な頭痛と共に全てを思い出す。 転生時に出会った 創造主によって ナノマシン(声 - )の存在を知らされており、学園入学前にはナノマシンと会話できることに気付く。 その際、アデル自身の思念波出力がこの世界で最大出力の古竜種の半分くらいで、魔力を有する人間の平均値の約6800倍であることを知る。 さらにナノマシンを利用できる権限レベルが5(通常の生物は基本的にレベル1、創造主がレベル10)になっている ことを知らされる。 それでも「普通の女の子」として生きるという理念のもとエクランド学園に入学するが、能力を隠しきれず失敗に終わる。 そのまま学園にしばらく通うが、とある事件をきっかけに、この国の第三王女であるモレーナからの謁見の要望が来たため、逃亡の計画を立て、即時実行する。 母国を離れ地方都市で マイル と名乗り、ハンター登録する。 その後ハンター職員の推薦でハンター養成学校へ入学し、今の「 赤き誓い」のメンバーと出会う。 魔力や権限レベルが規格外なだけあってその能力は凄まじく、赤き誓いのメンバーからは剣術や魔法の師匠のような扱いをされることもあるが、本人は普通の少女として生きたいと願っているので、その実力を公にすることは少ない。 ただし、自分や仲間の命に関わる事態の場合は全力を出す。 彼女との付き合いが浅い者からは、収納魔法の能力(実際はアイテムボックス)が圧倒的なことから 収納少女と呼ばれることもある。 前世の記憶が蘇る以前(アデルとしては8歳前後の頃)に祖父と母親を(極刑に相当する重罪)を目論む入り婿である父親の陰謀で殺されている。 その後、父親によって子爵邸に入り込んだ後妻(声 - )とその連れ子の プリシー(声 - )によって子爵家は乗っ取られ、アデルは入学するまで無視されるか苛められる悲惨な境遇を送る。 後に彼らのお家乗っ取りが明るみとなり、父親と後妻は捕えられて処刑され、プリシーは子供であることから情状酌量で父方の実家の養子となって平民になったため、アデルが事実上の子爵家当主となる。 「 ミアマ・サトデイル」 ので物語の執筆もしており、出版社から原稿料も貰っている。 赤髪で「赤のレーナ」の異名を持つ。 ハンター養成学校入学時15歳。 攻撃魔法(特に炎魔法)が得意。 首にチョーカーをつけている。 赤き誓いの中で唯一人を殺した経験がある。 実際のリーダーはメーヴィスであるが、前に立ってメンバーを取り仕切るなど、実質的に「赤き誓い」のリーダー的な態度を取ることが多い。 マイルの破天荒な行動による被害を受けることが特に多い。 ハンターになる前は父親(声 - )と行商の旅をしており、10歳になったある日、盗賊に父親を殺される。 その際、レーナを助けたパーティー「赤き稲妻」に入ることになる。 その後13歳になったある日には、悪質な商人に自身を盗賊に引き渡されそうになり、自分以外の赤き稲妻のメンバーが殺されてしまう。 その際の激しい憎悪によって攻撃魔法の才能に目覚め、襲いかかった盗賊と悪徳商人を焼き尽くした。 大切な人を二度も奪われたことから盗賊には深い恨みがあり、ハンターとして初の護衛任務では、本来の目的である行商人の護衛よりもとにかく盗賊を殺すことに執着していたが、それを赤き誓いのメンバーに咎められる。 「盗賊は絶対悪」という価値観こそ変わらなかったが、盗賊を皆殺しにするという思想を改め、今度こそ大切な仲間を守ることを心に誓った。 ハンターになる前は、生活が少し充実する程度の補助魔法しか使えなかったが、赤き稲妻に入った後、エリック(アニメではオーガスト)に色々な魔法を教わり、赤き稲妻が盗賊に殺された際に骨をも焼き尽くすオリジナルの炎魔法・赤き炎獄を使えるようになった。 マイルの指導を受けてからは、炎以外の攻撃魔法や水を沸かす程度の威力に抑えた炎魔法のコントロールも可能になった。 メーヴィス・フォン・オースティン 声 - 「赤き誓い」のリーダーで、オースティン伯爵家の末っ子にして長女。 金髪で短髪。 ハンター養成学校入学時17歳。 身長はパーティー内で一番高い。 真面目な性格で曲がったことを嫌う。 の兄が3人と自分のことを溺愛する父がいる。 自分を過保護にする家族に感謝はしているものの内心では辟易しており、騎士になることを目指して家族の反対を押し切って家を飛び出している。 マイルの指導で既に剣の腕前は父や兄達を凌駕している。 剣技だけを鍛えていたため、当初魔法は使えなかったが、マイルの特訓を受けたことで、身体能力強化の魔法や剣を媒介に風の刃を飛ばす風魔法を使えるようになった。 また、剣も折れた際にマイルにチートクラスの性能(この世界で上から5番目程の強度)にして直してもらっている。 ポーリン 声 - 気の弱そうなふわふわ少女。 ハンター養成学校入学時14歳。 他のパーティーメンバー三人と比べて圧倒的にが大きい。 とある商人の愛人の娘。 正確にいうと愛人の連れ子で、実の父は有名かつ有力な商人であった。 しかし当時父の部下で番頭であった現養父の盗賊への依頼による強盗に見せかけた事件で実の父を殺害され、店までも奪われたという過去を持つ。 そんな経歴がある事と父の仇を討つといった執念からなのか、そのおっとりとした外見とは裏腹に腹黒い。 兄弟にはアランという同母同父の弟がいる。 「赤き誓い」の経済に関することを担っており、金銭絡みのことになると凄まじい交渉能力や商魂を発揮する。 治癒魔法が得意とする反面、複雑な工程の攻撃魔法は不得手だったが、マイルの指導を受けた結果、生活に困らない程度の水魔法や簡単な攻撃魔法などを使えるようになり、治癒魔法の腕前も最高クラスに向上した。 戦闘の際は攻撃魔法の他、熱湯やを混ぜた水を使った魔法(通称・ホット魔法)をぶつけて相手を無力化している。 後に父の命を奪い商会長となった元番頭に対し、群衆の目の前でこれまでの悪行三昧を弾劾するという作戦を決行。 元番頭と共に数々の悪事を働いていた領主である子爵までも巻き込んだ壮大な報復劇を展開する。 元番頭や子爵がマイルやポーリンに刺客を差し向けていたことに激怒した国王の命令もあり、店や家族を奪っていた者達を一掃する。 その後は取り戻すことができた大切な母(声 - )や弟に店を任せ、皆と共に旅を続けることにする。 ブランデル王国 [ ] アデルの出身地。 アデルが領主のアスカム領がある。 ワンダースリー [ ] アデル(マイル)のエクランド学園時代の女友達3人組。 当初は男子にちやほやされるアデルが気に喰わずやっかんでいたが、アデルのあまりに酷い現状(一部勘違い)を知って深く憐れみ、一転して親しく接するようになる。 アデルにとって前世・現世を合わせて人生で初めてできた友人である。 アデルがブランデル王国から逃亡した後、3人はアデルがハンターとして生活していると考え、彼女と再会するためにパーティーを組み、Dランクハンター・「ワンダースリー」を結成してハンターとして活動するようになる。 マルセラ 声 - 「ワンダースリー」の1人。 男爵家の三女。 高慢に見られやすいが本当は面倒見が良い。 魔法の才能は「家事に便利」程度であったが、アデルに魔法のコツを教わり攻撃魔法ができるようになった。 これにより、愛人か後妻になるしかなかったところをある程度縁談を選べるほどになった。 特技はアデルの思考を先読みし、彼女の行動を把握するアデルシミュレーターで、透明人間になって自分の近くにいるアデルの居場所を正確に当てている。 モニカ 声 - 「ワンダースリー」の1人。 商人の娘(次女)。 元々は魔法を使えなかったが、アデルに魔法のコツを教わり実用レベルの魔法が使えるようになった。 これにより、有力者の愛人にされるかもしれなかったところを、独立した商家への嫁入りが狙えるようになった。 オリアーナ 声 - 「ワンダースリー」の1人。 平民の娘。 モニカと同じく元々は魔法を使えなかったが、アデルに魔法のコツを教わり「家事に便利」程度の魔法が使えるようになった。 一般入学よりも倍率の高い奨学金入学で、学園に入った。 「ワンダースリー」の中で一番頭が良い。 エクランド学園 [ ] マルセラ、モニカ、オリアーナについては「ワンダースリー」を参照。 ケルビン・フォン・ベイリアム 貧乏男爵家の五男。 正妻の子ではなく、の子3人のうちの1人。 経済的な問題で、アードレイ学園ではなくエクランド学園に通っている。 騎士志望で、特技と趣味も剣。 エクランド学園でトップになろうとするが、運動能力測定でアデルが手を抜きながら自分に匹敵する記録を出したため、彼女を強くライバル視している。 バージェス アデルのクラスの担任教師。 武術の訓練教官も務める。 かぎしっぽ アデルのエクランド学園時代、アデルに懐いていた猫。 餌を貰いに度々アデルの部屋を訪れていた。 「かぎしっぽ」以外にも「虫取り器」など様々な名前がつけられている。 王宮 [ ] モレーナ 声 - 王国の第三王女。 アデルのことを女神の依り代と信じ込み、友達になりたいと思っている。 国王 第一王子アダルバート、第三王女モレーナ、第二王子ヴィンスの父親であり、現国王。 女神の御加護があるアデルを、どうしても手に入れたいと思っている。 アダルバート 王族の長男であり、第一王子。 モレーナの兄。 ワンダースリーと話す機会が多い。 ヴィンス 王族の次男であり、第二王子。 モレーナの弟。 ワンダースリーと話す機会が多い。 とくに最近はマルセラに気がある模様。 バーグル 王宮の護衛隊長。 アデルの逃亡を許してしまった張本人。 国王からアデル探索の命を受けている。 ティルス王国 [ ] アデルがブランデル王国を去った後についた国。 ハンター登録もこの国で行った。 赤き誓いが出会ったハンター養成学校がある。 レニー 声 - 赤き誓いのメンバーが拠点にしている宿屋の娘。 明るく人当たりの良い性格で若干10歳ながら事実上宿屋を切り盛りしている。 服やエプロンで目立たないが、実はマイルやレーナよりも胸が大きい。 レリア 声 - 王都ハンターギルドの受付嬢。 ラウラ 地方のハンターギルドの受付。 金髪の女性。 マイルには「ラオウ」と呼び間違えられる。 エルバート 声 - ハンター養成学校の校長。 主任教官と槍術の教官も兼ねる。 ティリザ エルバートの妻で、王都ギルド職員。 元Cランクの後衛のナイフ使い。 モーブ 声 - ハンター養成学校の生徒。 現役ハンターで、素手でオークを絞め殺す怪力の持ち主。 グレン 声 - 左座翔丸 現役トップクラスのBランク冒険者パーティ『ミスリルの咆哮』のリーダー。 大剣使い。 Aランクハンター。 40代。 オルガ ミスリルの咆哮のメンバー。 支援・治癒系の女魔術師。 アボット 声 - アボット商会の主。 岩トカゲ討伐の依頼主。 アンヌ 声 - アムロスの街に住む老御者(声 - )の孫娘。 クーレレイア 声 - エルフ族の学者。 10代の子供に見えるが年長者。 ヘルモルト近郊の森の異変を調査するため調査隊を組んだが、獣人に囚われていたが赤き誓いに救われる。 ブーンクリフト 声 - 、(少年時代) 元宮廷魔術師長で一流の魔術師。 ワイバーン(名はロブレス)の元飼い主。 貴族 [ ] アレディー 声 - 女子児童誘拐犯のリーダー。 権力を振りかざす貴族。 百合気質で執念深い。 美少女ハーレムが目的で、特に美少女の幼女が好き。 マイルに目を付け我が物にしよう企み権力でハンター養成学校を廃校に追い込んだ。 アラン 声 - ポーリンの弟。 ボードマン子爵の陰謀に巻き込まれるが母親(声 - )に助け出され赤き誓いによって救われる。 ボードマン子爵 声 - 街の領主。 盗賊を雇いポーリンの父親を殺害した上にベケットと手を組み文章を偽造して商会を乗っ取っとりポーリンを養女しとて迎えようと企むが、赤き誓いによって罪を暴かれる。 ベケット 声 - ボードマン子爵領の領都タルエスに店を構える中規模商家の悪徳商会長。 強引にポーリンの母を愛人として囲っており養父にあたる。 悪徳商売を領主の権限で支えられていたが、赤き誓いによって罪を暴かれる。 オースティン伯爵 声 - メーヴィスの父親。 剣の達人。 親バカ。 メーヴィスがハンターになることを反対しており、メーヴィスに実家に戻って花嫁修業続行を命じている。 ウィルソン メーヴィスの兄。 武闘派伯爵家の長男。 剣の達人。 赤き稲妻 [ ] 盗賊に襲われていた幼いレーナを助けた男4人(アニメでは男3人と女1人)のパーティー。 父親を失ったレーナをパーティーに誘い、行動を共にする。 その後、悪質な商人にレーナを盗賊に引き渡されそうになり、抵抗した末にレーナを残し全滅した。 ブラウン 声 - 剣士。 38歳。 レーナをパーティーに誘った。 オーガスト 声 - 剣士。 27歳。 アニメでは女性魔術師に設定が変更されており、炎魔法を使う。 レーナがつけているチョーカーは、アニメでは元々はオーガストの死んだ母親の形見だったがレーナが欲しがっていたため彼女に譲り渡した。 ゴードン 声 - 槍士。 22歳。 エリック 声 - 魔術師兼弓士。 28歳。 古竜 [ ] 世界最強の魔物でヘルモルト近郊の森の支配者。 ウェンズ 声 - 古竜のリーダー。 黒い竜。 獣人に命じて失われた精神文明とおぼしき遺跡を探させていた。 古竜の目的はナノマシンの禁則事項に触れるため理由を聞くことは不可能。 ジェララ 声 - 古竜の一人。 紅一点の赤い竜。 ベレテテス 声 - 古竜の一人。 緑の竜。 転生前の世界 [ ] 栗原 海里(くりはら みさと) マイルの前世。 二人姉妹の長女として、ごく普通の家庭に生まれる。 平均より優れた面が多かったため、周囲に期待の目で見られ続け窮屈な生き方を強いられてきたという背景がある。 部屋着として着ぐるみ風衣装を愛用する。 生前は父親の部屋で昔の白黒画像時代のアニメを視聴したり、などので遊んだりしており、それが転生後のマイルの繰り出すネタや「日本フカシ話」に繋がっている。 栗原 経緯子(くりはら けいこ) 声 - 海里の妹。 身だしなみに無頓着な海里の髪型を代わりに整えるなど、世話を焼いている。 家族でひとりだけ古いアニメやゲームのネタを知らないため、ときおり家族内の会話で仲間外れになっている。 その他 [ ] 創造主 声 - 海里がアデルとして転生するときに出会った神様的存在。 見かけ上は20歳前後の青年とされる。 「『天国』のようなもの」に存在し「『神』に相当する立ち位置」であると自身で述べている。 用語・世界観 [ ] 転生後の世界 栗原海里がアデルとして転生した世界。 過去に幾度かの文明の崩壊を迎えており、創造主が救済策と実験を兼ねて通常ではやらない大規模な手出しをしたが、 ナノマシンの万能性が故に文明の進歩が停滞してしまっている。 1週間が6日間で6週間(36日)で1か月、10か月と年末年始の祝日5日間で365日の1年となっている。 貨幣は銅貨(日本円にして十円相当)、小銀貨(同百円)、銀貨(同千円)、小金貨(同一万円)、金貨(同十万円)、他に金貨の10倍相当の価値を持つオリハルコン貨がある。 ナノマシン 実験ケースとしての大規模な干渉として、「魔法」を実現するために創造主が散布したもの。 一定濃度になるまで自動的に増殖するようになっており、生物の思念波に反応して化学変化や物理変化などの様々な現象を起こす。 会話することも能力的には可能だが、存在を知るものはマイルを除きほとんど存在しない上にナノマシンを利用できる権限レベルが3以上の者でないと会話をすることが許されていない。 ちなみにマイルが和食を再現しようとした際、納豆菌などの細菌・ウィルス兵器の生産は権限レベル7必要であると拒否した。 本来目には見えないが、光線の屈折などを用いて仮の姿を見せることができる(権限レベルの都合上マイルにのみ)。 コミカライズ版では機械的な外見、アニメ版では猫のような小動物の姿を取った。 アイテムボックス マイルだけが使える異次元空間。 ナノマシンとコミュニケーションがとれる権限レベル3以上であることが使用できる前提条件。 一定数使える者がいる収納魔法と違い、空間内では時間が流れず、容量に制限がない。 マイルは収納魔法ということにして使っており、時間が停止しているため収納した食物が劣化していない点については「冷却魔法をかけ続けている」と誤魔化している。 それでも周りは違和感を持つこともある。 赤き誓いの仲間は時間停止とまでは気づいていないが、取り出した食材が冷たくないことなどから通常の収納魔法に冷却魔法の組み合わせではないことには気づいている。 収納魔法 物体を収納する魔法。 各国に2桁程しか使える者がおらず、珍しく、貴重とされる。 マイルのみが使えるアイテムボックスと違い、空間内でも時間が流れ、維持には常に魔力が必要とされる。 そのため収納容量も魔力(=思念波出力)に依存する。 収納する物の容積と重量には相関関係があり、軽くても容積の大きいものや、小さくても重量の重いものは収納限界に大きく負荷をかける。 ハンター 魔物の討伐や護衛などの依頼を受ける人々。 個人的に直接依頼を受けることもできるが、多くの場合は「ハンターギルド」を経由して依頼を受ける。 GからSまでの8つのランクがある。 赤き誓いのメンバーは全員、最も人数の多いCランクに属する。 Sランクに属するハンターはごく数名に限られる。 日本フカシ話 マイルが前世の記憶を元にし、赤き誓いのメンバーに向けて作った物語のシリーズ。 主に地球の童話や昔話、冒険譚やアニメ、ゲームの話をアレンジしたものになっている。 世界フカシ話もあり、こちらも作家としてのマイル(ミアマ・サトデイル)の執筆のネタにもなっている。 既刊一覧 [ ] 小説 [ ]• FUNA・亜方逸樹、アース・スター エンターテイメント〈アース・スターノベル〉、既刊13巻(2020年3月14日現在)• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!』2016年5月14日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!2』2016年8月15日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!3』2016年11月15日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!4』2017年3月15日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!5』2017年6月15日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!6』2017年10月17日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!7』2018年03月15日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!8』2018年07月14日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!9』2018年11月15日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!10』2019年3月15日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!11』2019年7月16日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!12』2019年10月12日発売 、• 『 私、能力は平均値でって言ったよね!13』2020年3月14日発売 、• 赤井紅介(著)、FUNA・亜方逸樹(原作)『私、能力は平均値でって言ったよね! リリィのキセキ』 アース・スター エンターテイメント〈アース・スターノベル〉• 2019年12月14日発売 、 漫画 [ ]• FUNA・亜方逸樹(原作)、ねこみんと(漫画) 『私、能力は平均値でって言ったよね!』 アース・スター エンターテイメント〈アース・スターコミックス〉、既刊4巻(2019年10月12日現在)• 2017年3月15日発売 、• 2017年10月17日発売 、• 2018年6月12日発売 、• 2019年10月12日発売 、• FUNA・亜方逸樹(原作)、森貴夕貴(漫画) 『私、日常は平均値でって言ったよね!』アース・スター エンターテイメント〈アース・スターコミックス〉、既刊2巻(2020年3月12日現在)• 2019年10月12日発売 、• 2020年3月12日発売 、 テレビアニメ [ ] 2019年10月から12月までほかにて放送された。 スタッフ [ ]• 原作 - 、• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 渡辺奏• プロップデザイン - 宮川治雄• 美術監督 - 松宮正純、宮本実生• 美術設定 - 香川松吉• 色彩設計 - 鈴木ようこ• CGラインディレクター - 濱村敏郎• 撮影監督 - 二村文章• 編集 - 小野寺絵美• 音響監督 -• 音響制作 -• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 大胡寛二• プロデュース -• プロデュース制作 -• チーフプロデューサー - 大胡寛二、稲垣高広• プロデューサー - 飯塚彩、岩野貢、清水陽介、梅田和沙、横田由里香• アニメーションプロデューサー - 糀谷智司• アニメーション制作 -• 製作 - のうきん製作委員会 主題歌 [ ] 「スマイルスキル=スキスキル!」 作中のパーティー「」によるオープニングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は。 作詞は畑亜貴、作曲は永塚健登、編曲はtatsuo。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 第1章 新天地でやり直しって言ったよね! 守田芸成• 渡辺奏• 清丸悟• まんたんウェブ MANTAN. 2019年10月6日. 2020年4月21日閲覧。 アース・スター ノベル. 2018年2月27日閲覧。 株式会社ナターシャ. 2016年8月5日. 2018年2月27日閲覧。 ラノベニュースオンライン. 2019年6月4日. 2019年7月16日閲覧。 コミックナタリー 株式会社ナターシャ. 2019年10月29日. 2019年11月27日閲覧。 エキサイトニュース. 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 MANTANWEB. 2019年7月25日. 2019年7月25日閲覧。 FUNA 2016年5月13日. 2019年6月4日閲覧。 ツイート. より 2019年6月4日閲覧。 MANTANWEB. 2019年8月9日. 2019年8月11日閲覧。 , 第五章 女神顕現. , 第六章 新米ハンター. , 第七章 ハンター養成学校. FUNA 2016年8月9日. 2019年6月4日閲覧。 ニコニコニュース. 2019年9月30日. 2019年10月3日閲覧。 TVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」公式サイト. 2019年8月28日閲覧。 MANTANWEB. 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 TVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」公式サイト. 2019年12月15日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」公式サイト. 2019年10月14日閲覧。 2019年9月29日閲覧。 書誌情報 [ ] 以下の出典は『』内のページ。 書誌情報の発売日の出典としている。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年3月15日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年8月10日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年11月16日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2019年3月15日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2019年7月16日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2019年10月12日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2020年3月14日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2019年12月14日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年2月27日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年6月17日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2018年10月12日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2019年10月12日閲覧。 アース・スター エンターテイメント. 2020年3月12日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の