剣 盾 特殊 アタッカー。 【ポケモン剣盾】サザンドラが現在特殊アタッカートップである理由

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング|使用率まとめ【鎧の孤島】|ゲームエイト

剣 盾 特殊 アタッカー

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】サザンドラが現在特殊アタッカートップである理由

剣 盾 特殊 アタッカー

ゲンガーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 65 60 130 75 110 タイプ タイプ1 タイプ2 ゴースト どく 特性 のろわれボディ 30%の確率で受けた技を使えなくする 長所・短所 非常に優秀な種族値で、初代から活躍し続けてきたゴーストタイプの強豪です。 特に 特攻種族値が130とかなり高く、 素早さ種族値も110と高速特殊アタッカーとしてかなり優秀な能力を持っています。 また、攻撃技も変化技も多種多様なものが揃っており、 アタッカーとしてもサポートとしても使える万能なポケモンでもあります。 メガシンカこそ仕様の関係で無くなったものの、代わりに キョダイマックスを得たことで新しい使い方もできるようにもなりました。 …が、第八世代でドラパルトが現れてしまったせいで アタッカーとしての活躍の場を一気に奪われてしまうという事態に。 サポート型にしようにも ミミッキュやギルガルドの存在があり、それもままならない状態です。 結果、 メガシンカ以外は特に弱くなったわけでもないのに使い道が無くなって使用率がマイナー並に激減する羽目になってしまった模様です。 今後 DLCで旧ポケモンが多数登場するようになるため、そちらでゲンガーの使い道をまた得られるようになるのを祈りましょう。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 特攻:252(実数値182) 特防:4(実数値96) 素早さ:252(実数値178) 技構成 解説 これまでも使い続けられてきた、特攻と素早さに特化した高速アタッカーの型です。 元々ゲンガーは技の多さと特攻・素早さの高さから、 対面性能の高い高速アタッカーとして使われてきました。 ドラパルトの台頭で厳しいことになってしまっていますが、それでも今の環境で通用する性能はあるので引き続き特殊アタッカーとして使用します。 努力値は当然 特攻と素早さに特化し、さらに性格補正も加えて 素早さも最速にしておきます。 また、持ち物は きあいのタスキにすることで連続技以外は耐えられます。 元の耐久の低さや特性と合わさって相性がいいので持たせておきましょう。 技構成は対フェアリータイプも兼ねた一致技の ヘドロウェーブは確定。 サブウェポンの きあいだまと補助技として おにびを持たせます。 これで最悪攻撃が通らない相手が来たとしても、 おにびで火傷を撒いてスリップダメージと攻撃ダウンのデバフをかけることができます。 もう一つの一致技は火傷状態の相手にダメージが倍になる たたりめか、安定した性能の シャドーボール。 好きな方を入れましょう。 実演してみた では、このゲンガーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 話題に出した天敵のドラパルトがいるんですがどうしたらいいでしょう。 対戦、よろしくお願いします。 まさかあのゲンガーがメジャーポケモンじゃなくなる環境が来るとはだれも思ってなかったと思います。 使用率が激減しても実力は衰えてません。 オーロンゲくらいならヘドロウェーブで一撃で落とせます。 先制技でも使われない限り、ゲンガーも速く動けるんじゃないかなと。 弱点を突いたとはいえ、ダイマックス相手にもこのダメージ。 やはり上位互換に近いのが現れたせいで使われないだけで、 実力に陰りは無いようですね。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 長い間環境で活躍し続けたポケモン、ゲンガーの育成論でした。 強力な特殊アタッカーとして君臨し続けた種族値と、攻撃も補助もなんでもござれの技の数々。 他の強豪ゴーストが君臨する今の環境でも、まだまだ戦える実力は十分にあります。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】ルカリオの育成論と対策

剣 盾 特殊 アタッカー

【ポケモン剣盾】オニシズクモの育成論と対策【世界6位使用!鬼火無効の超火力アタッカー】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はオニシズクモの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ランクバトルではあまり見かけませんが、正直僕はオニシズクモ入りのパーティに勝てたことがないかもしれないくらいの隠れ強ポケです。 実際でも採用されているポケモンだったりします。 オニシズクモの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【オニシズクモの特徴1】非常に高い特防 オニシズクモはHP種族値68と抑えられているものの、特防種族値132もあり無振りでも相当の耐久があります。 とつげきチョッキ+H252振ればタイプ一致弱点であるトゲキッスの命の珠ダイジェットも耐えるほどです。 防御種族値も低いかというと92となっており、不一致弱点くらいなら耐える耐久を持っています。 【オニシズクモの特徴2】特性:すいほう オニシズクモの非常に強力な点は通常特性のすいほうです。 水タイプ威力2倍• 炎技のダメージ半減• 火傷にならない という3つの性能がすべてつきます。 オニシズクモの攻撃種族値は70、特攻種族値は50とかなり控目ですが、特性をすいほうにすることで水技を使ったときに限り超火力アタッカーになります。 水は現環境ランクバトルにおいて通りがよく、さらにダイマックスしてダイストリームによる火力UP補正も載せられる上に雨による炎半減までできるタイプなので、これだけでも強力です。 物理型・特殊型どちらに育ててもこの効果は乗るので、通常は物理アタッカーですが意表をついた特殊アタッカーオニシズクモなんていうのも存在します。 また、水・虫の複合タイプなので炎は等倍なのですがすいほうにより実質半減で受けられます。 そしてさらに強いのは物理アタッカーとして育てても火傷にならないため、ランクバトルでよく撃たれる鬼火によって機能停止させられることがない点でしょう。 ちなみに夢特性はちょすいとなっており、受け型のオニシズクモを作る場合はこちらになります。 【オニシズクモの特徴3】鈍足 オニシズクモは素早さ種族値42と非常に鈍足です。 カバルドンの素早さ種族値47と比べてもその低さがわかることでしょう。 しかし逆に言えばトリックルームエースとしても活躍できるといえます。 オニシズクモの育成論と戦い方 環境で見かけるのはほぼほぼアタッカー型ですが、しんぴのしずくで火力を上げた型とトゲキッスの珠ダイジェットを耐えられるようにチョッキを持たせた型が多い印象です。 【オニシズクモの育成論】厨ポケ狩りチョッキオニシズクモ• 特性:すいほう• 個体値:C抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:アクアブレイク・とびかかる・むしくい・ミラーコート 特徴 ほぼほぼと同じオニシズクモで、特にトゲキッスも見れるようにした型です。 一応下図のようにS44まで振るとカバルドンを上から殴れるので、Aを削って殴れるようにするか、トゲキッスを見ることを諦めてHを削りSに振るかするのもあり。 オニシズクモの対策 物理弱点で倒すのがおすすめです。 基本的にオニシズクモは物理耐久に振っていないことが多いので、ギャラドスやウォーグルのダイジェットなど物理高火力タイプ一致弱点をうてるポケモンを連れていけばいいでしょう。 ミラーコートには警戒しましょう。 弱点でもトゲキッスなど特殊アタッカーの場合は、ミラーコート採用を警戒してステルスロックなどで削っておく立ち回りにすることで返り討ちにされるのを防ぎましょう。 たぶん初見オニシズクモのトレーナーはミラーコートで簡単にやられます。 まとめ:【ポケモン剣盾】オニシズクモの育成論と対策【世界6位使用!鬼火無効の超火力アタッカー】 いかがでしたでしょうか。 雨パなど水タイプは環境的に通りもよく、ダイストリームによって雨を降らせた後の天候効果も非常に強力なので水ポケモンは強いかもしれません。 オニシズクモはあまり注目されていないポケモンですが、だからこそ意表をついていけるので使用者が少ないタイミングで使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の