ジオン モビル スーツ。 ガンダムモビルスーツ一覧画像!ファースト一年戦争!連邦ジオン最強は?

モビルスーツ

ジオン モビル スーツ

(「」より)• (「」より)• の() (参考:google検索「」「」) ちなみにHCM-Pro G-Box ジャブロー潜入セット も発売されています。 [][][] [ ] 「 モビルスーツ」とは SFアニメーション (1979〜)に登場する 人型ロボット兵器のことで、身長はおおよそ人間の十倍以上あります。 ロボットと言っても「」や「」のように自律的に動くのではなく内部のコックピットに人間が入って操作する、という設定です。 念のため書いておくと、『機動戦士ガンダム』というアニメーションは(他の多くのアニメと同様に)フィクションですので、モビルスーツに関しても 架空の兵器であることは言うまでもありません。 (参考:「」) 当サイトで対象としている「ジオン水陸両用モビルスーツ」とはガンダムシリーズの最初の作品・初代「」(所謂、 ファーストガンダム)で、 ジオン公国軍側として登場した 水陸両用に作られたモビルスーツ達を指しています。 具体的には「 」「 」「 」「 」の4機種とその周辺を指します。 機動戦士ガンダムII 哀戦士編(映画) より。 右下のが人間体形型のモビルスーツ「グフ」で残りが水陸両用型モビルスーツ。 これらの特徴は以下の点が挙げられます。 一見して「ずんぐりむっくり」な体形であり、他の「スマートな」モビルスーツ達と一線を画する• その野暮ったいとも言えるデザインは ガンダムシリーズの中でも特殊であり、これは「土の中」「水の中」に適応したモビルスーツとしてリアルさを感じさせた• 制作者側としてもその違いは意識されており、早い時期から 裏 設定として付けられた「モビルスーツの型番」では他のモビルスーツの場合 MS-00 と異なる「MSM-00」という型番頭文字が与えられた(このMSMの後ろのMは「マリーン Marine 」=「海の」から来ていると思われる)• 動物をイメージしてデザインされたと考えられるが、その為に人間体形型モビルスーツにはない「可愛さ」がある(と高崎は 確信する) ところが、から、上のような特徴を持つモビルスーツはそれ以後ので登場することはほとんどなく、そのために初代ガンダムに特有なモビルスーツ群になりました。 ちなみに私・高崎は初代の「」(所謂「一年戦争」を描写としたとされるもの=ファーストガンダム)とガンダムシリーズ第二作品である「機動戦士Zガンダム」しか見ていないので、このページの内容はそれらの作品に基づきます。 その後のガンダムシリーズ作品を見ていないことによる偏見や誤解もあるかもしれませんが、御容赦下さい。 御指摘いただければ今後のサイト作りの参考にさせて頂きます。 [ ] 前述のようにずばり 可愛いからです(笑)。 4機種の中でももともとは結構人気があり、取り上げているサイトも多いので、当サイトでは残りの「」「」「」に主に注目して取り上げたいと思います。 (天の邪鬼...) 私は小学生だった1980年代にガンプラ(ガンダムプラモデル)を作っていましたが、その時にすでに水中用モビルスーツがお気に入りで、特に私は腕の伸縮する「」を好きだったのを覚えています。 なお、4機種の中でもアッガイは2005年現在「」化していますが、で書いたようにそれには理論的根拠(?)があります。 アッガイを可愛いと思えない人は哺乳動物ではありません( おぃ)。 [ ガンダム設定の「こじつけ」 と ] ガンダムシリーズでは、 その各種設定(人物設定、舞台設定、時代設定)がリアルなことが一つの特徴として観客達を魅了してきました。 けれども、初代ガンダムが大ヒットし、その後シリーズ化すると、最初の設定よりもさらに詳細な設定が続編制作のために必要になり、「後になって以前の作品の設定を細かくする」「以前の作品の説明していなかった部分を設定する」ということがガンダムシリーズの制作者達によって行われてきました。 そのことはガンダムシリーズ作品全体(ガンダム世界)の奥行きを広めることになった一方で「最初はあまり深く考えていなかったのだが既にそう描いてしまった以上、理由をなんとかして作り上げる」「矛盾が出そうになってきたことに対してなんとか根拠を作り上げる」すなわち「 設定・理由をこじつけていく」ことが一般になりました。 初代ガンダムすなわち「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム)はそのような点で、後になって 「こじつけられた」設定がもっとも多い作品です。 その作品は確かに最初からリアルな設定を持つアニメではありましたが、 25年以上もの間シリーズが続く作品になるとは制作者達も思っていなかったでしょうから、そのような出来事が発生したのはやむを得ない面はあります。 その点はガンダム制作の際に富野喜幸監督も参考にした米国SF(というよりファンタジー?)映画「」(StarWars)と似たような性質を持っています。 このような こじつけに対してどのような態度を取るかはファンそれぞれで、全面的に「こじつけられた設定」を受け入れる姿勢が一つあります。 しかしながら歴史学が好きだった私としては、そのような「こじつけ」はちょうど歴史資料から主観的に歴史を作り上げるような行為に感じられる為、あまり好きではありません。 ですので、それらの「あとから作られた、こじつけ的な設定」を盲信すること(受け入れること)は極力避け、 その作品が最初に発表された段階で制作者が意識していた部分までを特に重んじたいと考えます。 ただし、そもそもガンダムシリーズはあくまでフィクションですので、そのファンサイトの一種である当サイトが制作者達の作り上げた設定をあまりに軽んじ、ガンダムはあくまでフィクションでしかないということを強く強調することはアホらしいことです。 (当サイトはあくまでガンダム作品を肯定評価するページであり、否定するページではありませんから。 ) その為に当サイトでは「〜というように制作者達に設定された」というような言葉を使わずに、実際に「ノンフィクション」「歴史的事実」であるかのような記述で述べる部分も多いですので、その点は御了承下さい。

次の

コロニー国家 ジオン公国 の陸戦用モビルスーツ開発の意味とは?

ジオン モビル スーツ

ジオン自治共和国 YMS-03 ヴァッフ 型式番号:YMS-03 頭頂高:17. 34m/全幅:8. 8m 膨大な予算と開発期間を投じて、独立戦争の主力兵器たる人型機動兵器=モビルスーツの開発計画が進行していたが、宇宙世紀0074年において、試作実験機であるモビルワーカー01式 最後期型では最大の懸念事項であった動力用融合炉の小型化が実現できずにいた。 その結果、兵器開発の最高権限を持つギレン・ザビによってモビルスーツ開発計画は中止の危機に直面する。 そうした状況を打破し、モビルスーツ開発計画の継続を決定づけたのが、トレノフ・Y・ミノフスキー博士が提案した試作機YMS-03 ヴァッフの存在であった。 YMS-03 ヴァッフは、ミノフスキー粒子を用いた技術を採用することで、動力用融合炉の小型化と流体パルスシステムを応用した駆動性能の向上を実現。 その結果、宇宙空間での自在な機動性を獲得し、宇宙戦闘用の艦船や誘導兵器を凌駕する機動兵器としての可能性を提示した。 また、モビルワーカー01式 後期型以降に採用されている腕部アタッチメント交換機能も継承。 いくつかの武装を取り付けた実験なども行われた。 事実上モビルスーツの始祖的な存在となるYMS-03 ヴァッフは、ごく少数が試作機として生産されるが、その後、時をおかずに、より実戦的な後継機体の開発も行われていたため、兵器として制式採用されることはなかった。 ジオン自治共和国 モビルワーカー MW-01 01式 最後期型 頭頂高:15. 0m/全幅:11. 4m サイド3のダーク・コロニーにて、ドズル・ザビ主導のもと開発が進められていた人型機動兵器の試作実験機、モビルワーカー01式を改良発展させた最後期の機体。 モビルワーカー01式後期型を使用して行われていた駆動実験や格闘実験のデータや、テストパイロットからの意見をもとに各部に改良が施されている。 外部からの攻撃ダメージからパイロットを保護するために、コックピット周りとなる胸部装甲を増加。 後期型に採用されていた腕部マニピュレーターのアタッチメント交換機構はそのままに、肩部の可動性を拡大。 脚部に関しても各部のバランスの変更がなされることによって、後期型に比べてより人体に近い機動性を獲得した。 一方で、作業用機械であるという状況は変わりがないため、ライトやウインチなどの装備はそのまま残されている。 しかし、兵器として運用するための最大の懸念事項であった動力用融合炉の小型化は実現されておらず、人型機動兵器として採用されるには至らなかった。 ジオン自治共和国 モビルワーカー MW-01 01式 最後期型 宇宙仕様 頭頂高:15. 0m/全幅:11. 4m 人型機動兵器=モビルスーツの開発に向けた実験機であったモビルワーカーは、兵器開発のカモフラージュとして宇宙空間や月面での一般作業用の機体として生産され、各作業現場において目的に応じた運用が行われていた。 モビルワーカー01式 最後期型は兵器としての完成度には問題があったが、人型作業機械としては充分に使用に耐えうるものであり、人体に近い機動性の高さが見込まれて宇宙空間での作業用として採用された。 基本構造は最後期型をそのままだが、肩部や背部、脚部に宇宙空間での姿勢制御用のスラスターとバーニアを装備し、ジオン自治共和国の周辺宙域における宇宙漂流物(デブリ)などの回収作業などに使用された。 宇宙空間での姿勢制御技術や作業のデータは、そのままモビルスーツの開発の参考となっている。 ジオン自治共和国軍に配備されている、自国で開発が行われた装輪装甲車。 歩兵や人員、戦闘に必要な物資の輸送を前提としたAPC(Armoured Personnel Carrier=兵員装甲輸送車)として運用されている。 8輪操舵、8輪駆動による高い走行性と不整地走破性を持ち、厚い装甲に覆われた車体によって搭乗者を保護しながら、1車輌で8人程度の人員を迅速に目的地へ運ぶことができる。 人員の輸送を主目的とした車輌だが、車体上面には機銃座が配置されており、歩兵の援護や障害の排除などの支援攻撃を行うことも可能。 ジオン自治共和国国防軍士官学校にも訓練用として配備されており、ガルマ・ザビによる「暁の蜂起」では、ガーディアン・バンチに駐屯する地球連邦軍の兵営への襲撃時に活躍した。

次の

MECHANICAL|機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト

ジオン モビル スーツ

ジオンのデメリット• 開発コンセプトがバラバラで一品製作しているので、設計・実験に対する費用がそれぞれに必要となる。 部品点数が機種に比例して増えるので、メンテナンスを含め管理が大変。 基本操作が機種によって変わるので、パイロットの順応に時間が掛かる。 という所でしょうか。 一年戦争開戦当初、地球連邦軍は「新兵器」モビルスーツを軸としたジオンの戦略の前に手も足も出ず、敗戦を強く意識した時がありました。 それを考えると、上記のメリットにあるアピールやプレッシャーはそれなりの効果をもたらすかもしれませんが、これは無形なものなので、費用対効果を算出するのが難しいのです。 無形で算出しにくい事柄にお金を掛けているので、とても非合理的。 デメリットがメリットを大きく上回っていると考えられます。 地球連邦のメリット・デメリット しかし、時すでに遅く最終的に敗戦してしまいます。 しかし、ジオン公国軍は何も考えずにコストを掛けて色々なモビルスーツを開発していたのではありません。 それには、ちゃんとした目的がありました。 その目的とは、モビルスーツを製造するメーカーの技術開発競争を狙っていたからなのです。 競争させることにより、より高性能なモビルスーツを開発させる土壌をつくり、それらを量産化させ優勢に戦局を進めたかったのです。 短期決戦を狙っていたジオン公国軍にとっては必要な要素であったかも知れませんが、費用対効果と地球連邦との資金力の差、戦争が長期化した場合の2の手が無い。 それらの分析と読みが足りなかったも知れませんね。 まとめ・考察 ジオン公国、地球連邦 双方の戦争に対しての取り組みが、兵器の保有体制から見え隠れする部分があります。 その差とは、簡単に言うと、.

次の