リファ ビュー テック ストレート アイロン。 「リファストレートアイロンVSヘアビューロンストレート」値段と性能比較。どっちのストレートアイロンが良いの?

リファからドライヤー&ストレートアイロン発売中!サロン帰りの美髪が続く♪

リファ ビュー テック ストレート アイロン

プロセンシング機能を使うと乾かす時間がかかる• メンズ・男性にはあまり向いていないかも• しっとりする 【プロセンシング機能を使うと乾かす時間がかかる】 プロセンシング機能とは、髪の毛の温度を感知して、100度の温風と30度の冷風を自動で切り替えてくれる。 髪の毛は60度以上になると髪の毛の毛髪内で「タンパク変性」を起こしていきます。 これがダメージの原因。 これにより毛髪が痛んでいきます。 なので、リファビューテックドライヤーは自動で髪の毛の熱を感知してくれるので、髪の毛を傷める心配がないのですが、 温風と冷風を交互に切り替わるために、乾かすのに時間がかかります。 なので、時間が無い場合などはプロセンシング機能は使わずに乾かすことをオススメします。 また、ある程度乾かしてから、プロセンシング機能を使った方が効率が良さそうです。 女性のように 「 髪の毛をしっとりさせたい」 「 サラサラヘアになりたい」 「 まとまりが欲しい」 といった方にはかなりおすすめです。 【メンズ・男性にはあまり向いていないかも】 わたくし個人の感想ですが、 メンズの、特に「 髪の毛を立たせたい」 なんて人にはあまり向いていないような気がします。 ボリュームアップ機能もついていますが、普通のドライヤーに比べると立ち具合が悪いです。 男性の場合、女性のようなまとまりよりは、「 パサパサ、 ギシギシ」 くらいの方がセットしやすいんです。 【しっとりする】 上記で書いた内容と少しかぶる感じですが、何より「しっとり」してしまいます。 髪の毛は60度以上になると髪の毛の毛髪内で「タンパク変性」を起こしていきます。 これにより毛髪が痛んでいきます。 なので、リファビューテックドライヤーは自動で髪の毛の熱を感知してくれるので、髪の毛を傷める心配がありません。 また、美容室帰りでは、潤った髪の毛と艶が出ますが、実は美容師さんがドライヤーで上手くコントロールしてくれているんです。 家でやっても上手くいかなかった経験は皆さんあると思います。 そんなプロの美容師さんの様な技術がリファビューテックドライヤーで手に入ります。 常にアンダー60度になるように熱をコントロールしてくれて、熱による髪の毛のダメージを軽減します。 【手触りが良くなる】【しっとりする】【サラサラになる】 ハイドロイオン効果によって、 髪の毛の内部に「水分」を吸着させ、キューティクルを修復。 水イオンがキューティクルを補修してくれるので、手触りがサラサラになります。 この技術によって、しっとりさせることが可能に。 通称「レア髪」です。 【ドライヤーを振らなくて良い】 何気なく普段振っているドライヤーの作業。 この作業がなくなります。 なぜなら、ドライヤー自身が熱をコントロールしてくれるからです。 また、ドライヤーをフル事で起こるドライヤーの根本のコードの負担が減るのでドライヤー自体の持ちが良くなります。 リファビューテックドライヤーの価格• プロセンシング• ハイドロイオン• カーボンレイヤープレート 【プロセンシング】 髪の毛の温度を感知して、100度の温風と30度の冷風を自動で切り替えてくれる。 髪の毛は60度以上になると髪の毛の毛髪内で「タンパク変性」を起こしていきます。 これにより毛髪が痛んでいきます。 なので、リファビューテックドライヤーは自動で髪の毛の熱を感知してくれるので、髪の毛を傷める心配がありません。 また、美容室帰りでは、潤った髪の毛と艶が出ますが、実は美容師さんがドライヤーで上手くコントロールしてくれているんです。 家でやっても上手くいかなかった経験は皆さんあると思います。 そんなプロの美容師さんの様な技術がリファビューテックドライヤーで手に入ります。 常にアンダー60度になるように熱をコントロールしてくれて、熱による髪の毛のダメージを軽減します。 【ハイドロイオン】 ハンドロイオンがドライヤーから発生し、髪に吸着・浸透します。 髪の毛の水分量を高めキューティクルを修復します。 9%の高密度炭素とイオナイザーを搭載しています。 高密度炭素に専用のヒーターをつけることでより温まりやすくなり遠赤外線を放射します。 イオナイザーは空気中の分子をイオン化させる働きがあります。 【カーボンレイヤープレート】 こちらのカーボンレイヤープレートは、ドライヤーのことではなく、一緒に販売されるストレートアイロンのプレートに使われているテクノロジーで、「水」「熱」「圧」のダメージを抑えることができます。 これを髪の毛の「水蒸気爆発」といいます。 カーボンレイヤープレートは、3つの構造で熱の伝わりをマイルドにして、水蒸気を防ぎ、髪の毛を傷つけにくい構造になっています。 リファビューテックドライヤーの使い方 ドライヤーの後ろの位置に電源起動のスイッチがあります。 起動すると写真のように、液晶画面の部分に色々表示されます。 「volume up(ボリュームアップ)」 「moist(モイスト)」 と機能があり、用途によって使い分けができるようになっています。 refa. refa.

次の

mobile.360heros.com:カスタマーレビュー: リファビューテック ストレートアイロン

リファ ビュー テック ストレート アイロン

ヘアーチルドレン公式ライター・美容師の大脇です。 2019年10月に話題沸騰中の美容機器メーカー ReFa リファ から初となるストレートアイロンが発売されました。 美顔ローラーやシャワーヘッド、ヘッドマッサージャーなどエステ機器が多いイメージでしたが、この度ストレートアイロンとドライヤーといった美髪商品が新たに登場。 美容師として久々に気になるアイロンが登場したので、今回の発売が待ち遠しかったんですが、早速購入する事ができましたので今回は使い心地などレポートしていきたいと思います。 まず結論から書くと、Refaのアイロンの購入を考えてる方は「迷わず買い」なくらい美容師目線でもおすすめです!数あるアイロンと比べてもコスパが最強レベルです! 目次• 5M 生産国 日本 主な機能 ・カーボンレイヤープレート 水・熱・圧を抑える ・自動電源off機能 ReFaストレートアイロンを使ってみた感じた事 それでは早速使用してみましょう。 まずリファ・ストレートアイロンの温度は 140〜220度で5段階調節可能です。 アイロンの熱は高温の方が癖は伸びやすいですが、それに伴いダメージを与えやすくなってしまいます。 美容師としては基本160〜180度くらいでストレートアイロンを使用される事をおすすめします。 今回は180度に設定して使用していきます。 電源をONにすると特に音はありません。 180度までの立ち上がり時間は45秒と比較的上昇温度が早い方です。 設定温度まで数分待つアイロンも多いので、温度の立ち上がりが早いのはポイント高いです。 そして実際にアイロンワークしていきます。 美容師として今まで何十種類ものストレートアイロンを使用してきましたが、リファのアイロンを使用してみて実際に思った事が下記の通りです。 アイロンが軽くて操作しやすい• プレスする時の圧力がかなり少なめに感じる• アイロンを通した箇所 根元から毛先まで の艶が、実際にキラキラしているように見えるほど出やすい• 触ってみると毛先にしっとり感があり、質感が非常に柔らかい• ヘッドが丸いので毛先の動きをつくりやすい 外はね、内巻きも自由自在 アイロンが軽くて操作しやすい リファのストレートアイロンですが非常に軽いです。 その重さはコード込みで295gという驚きの軽さ。 大きさで言うと人気ストレートアイロンのADSTと似たような大きさでしたが、リファのアイロンを触ってみて一番初めに思ったのが 「軽い」という事。 多くの女性が使用される事を考えるとアイロンが軽いというのは使いやすさを左右するうえで重要ポイントですね。 プレスする時の圧力がかなり少なめに感じる そしてアイロンを髪の毛にプレスする時の圧力が非常に少なめです。 癖を伸ばす際しっかりプレスしている方も多いかと思いますが、リファのアイロンは プレス圧が少なめでもしっかり綺麗な仕上がりをつくりだす事ができます。 はじめはプレス圧が弱く違和感があるかもしれません。 ただ髪の毛のダメージを考えると、プレス圧が強いほど髪の毛にかかる負担も大きくなるので、ダメージを最小限に抑えられるつくりがリファのストレートアイロンにはあります。 アイロンを通した箇所の艶が、実際にキラキラしているように見えるほど出やすい これは実際に使用してみて驚きでした。 髪の毛を濡らしてるわけではないのに、アイロンを通した根元の箇所がなんだかしっとりした仕上がりになっていくのが分かるんですよね。 光にあたるとキラキラしているようにも見え、ツヤ感をかなり期待できるストレートアイロンになりそうです。 触ってみると毛先にしっとり感があり、質感が非常に柔らかい どのストレートアイロンも使い方を間違えなければ癖を綺麗にのばす事はできます。 それは市販の安いアイロンでも同様で、逆に高いアイロンを使っても使い方がよくなければ癖を綺麗に伸ばす事はできません。 ただ今どきのアイロンでは、癖を綺麗に伸ばす事はもはや当たり前で、全体のツヤ感やしっとり感、まとまり感をどれくらい出せるかがポイントとなってきます。 癖をいくら綺麗にのばせてもなんだかパサパサした感じではダメという事ですね。 その点最近の数万レベルのストレートアイロンですと、見た目以上に触った時の質感レベルが全然違ってくるというわけです。 ではリファのストレートアイロンは実際にどうなのか確かめてみたいと思います。 そこで下記のモデルさんの髪の毛で検証していきます。 今回は髪の毛を左右半分に分け、 ・左半分を市販でも購入できる7000円くらいのストレートアイロン ワンダム ・右半分をリファのストレートアイロン でアイロンワークを行ってみました。 実際に左右半分に分けて検証してみた結果がこちら。 左が7000円くらいのごく一般的なストレートアイロン ワンダム 右がリファのストレートアイロンでアイロンワークをした仕上がりです。 写真を見てみると実際そこまで見た目では違いが分かりにくいかもしれません。 ただよく毛先を見ると、右のリファのストレートアイロンを通した髪がしっとり感やまとまり感がある事が分かるかと思います。 普通のストレートアイロンでも美容師がやれば綺麗に伸ばす事はできますが、毛先のしっとり感などはアイロンの性能の差が出やすいという事が分かります。 また実際に触ってみると、左右の違いが一目瞭然でした。 これはモデルの女性の方も即答でしたが、右のリファのストレートアイロンの方が 柔らかくてしっとりしているというもの。 左の一般的なストレートアイロンを通した方はパサっとして、なんだか硬いイメージとの事です。 触ってみた質感の違いを写真で伝えにくいのが残念ですが、リファのストレートアイロンの仕上がりは柔らかくしっとりした質感をつくる事ができます。 ヘッドが丸いので毛先の動きをつくりやすい 外はね、内巻きも自由自在 ヘッドの部分が丸く型どられているので、毛先の動きをかなり簡単につくれそうです。 仕上げに毛先を内巻きにいれたい時や外はねにしたい時などスタイルは様々ですが、ヘッドが丸いとこれらも簡単につくれます。 今回のモデルの方がミディアムボブでしたので人気の外はねにアレンジしてみました。 はねさせたい時は外側に半回転ほどまわし丸みをつける感じです。 実際にリファのストレートアイロンで外はねにしてみた仕上がりがこちら。 柔らかいカールをつくりやすいので自然な外はねになりましたね! ストレートアイロンで外はねをつくろうとするとカクッとした硬い仕上がりになってしまうケースが多いんですが、リファのストレートアイロンでは自然かつ柔らかい毛先のカール感をつくる事ができそうです。 なんといってもカーボンレイヤープレートがすごい リファのストレートアイロンのプレートには カーボンレイヤープレートという独自の技術が加工されています。 そのカーボンレイヤープレートが驚きの質感をつくりだしているという事ですね。 ではカーボンレイヤープレートとはなんなのか。 公式サイトを見ると 水・熱・圧のダメージを抑えながら髪を美しく整えるレア髪ストレート をカーボンレイヤープレートが生み出せると解説されています。 カーボンレイヤープレートは 高密度炭素とヒーターと低反発コートという3重構造になっています。 一般的なストレートアイロンはヒーターのみですが、 熱をはさむ前に高密度炭素と低反発コートがクッションとなり、髪の毛のキューティクルを傷つけないつくりになっています。 またそのクッション効果があるおかげで、 濡れた髪の毛に使用しても傷みにくいという効果もあります。 一般的なストレートアイロンですと、濡れた髪の毛にアイロンの熱を通すと水蒸気爆発という現象がおき、髪の毛をとても痛めつけてしまう原因になってしまいます。 その点リファのストレートアイロンでは濡れた髪の毛にアイロンを通しても水蒸気爆発が起こりにくく、3重構造のおかげで熱の伝わり方をマイルドにする事ができます。 詳しくは下記の動画を見て頂いてもイメージがしやすいかと思います。

次の

「リファストレートアイロンVSヘアビューロンストレート」値段と性能比較。どっちのストレートアイロンが良いの?

リファ ビュー テック ストレート アイロン

プロセンシング機能を使うと乾かす時間がかかる• メンズ・男性にはあまり向いていないかも• しっとりする 【プロセンシング機能を使うと乾かす時間がかかる】 プロセンシング機能とは、髪の毛の温度を感知して、100度の温風と30度の冷風を自動で切り替えてくれる。 髪の毛は60度以上になると髪の毛の毛髪内で「タンパク変性」を起こしていきます。 これがダメージの原因。 これにより毛髪が痛んでいきます。 なので、リファビューテックドライヤーは自動で髪の毛の熱を感知してくれるので、髪の毛を傷める心配がないのですが、 温風と冷風を交互に切り替わるために、乾かすのに時間がかかります。 なので、時間が無い場合などはプロセンシング機能は使わずに乾かすことをオススメします。 また、ある程度乾かしてから、プロセンシング機能を使った方が効率が良さそうです。 女性のように 「 髪の毛をしっとりさせたい」 「 サラサラヘアになりたい」 「 まとまりが欲しい」 といった方にはかなりおすすめです。 【メンズ・男性にはあまり向いていないかも】 わたくし個人の感想ですが、 メンズの、特に「 髪の毛を立たせたい」 なんて人にはあまり向いていないような気がします。 ボリュームアップ機能もついていますが、普通のドライヤーに比べると立ち具合が悪いです。 男性の場合、女性のようなまとまりよりは、「 パサパサ、 ギシギシ」 くらいの方がセットしやすいんです。 【しっとりする】 上記で書いた内容と少しかぶる感じですが、何より「しっとり」してしまいます。 髪の毛は60度以上になると髪の毛の毛髪内で「タンパク変性」を起こしていきます。 これにより毛髪が痛んでいきます。 なので、リファビューテックドライヤーは自動で髪の毛の熱を感知してくれるので、髪の毛を傷める心配がありません。 また、美容室帰りでは、潤った髪の毛と艶が出ますが、実は美容師さんがドライヤーで上手くコントロールしてくれているんです。 家でやっても上手くいかなかった経験は皆さんあると思います。 そんなプロの美容師さんの様な技術がリファビューテックドライヤーで手に入ります。 常にアンダー60度になるように熱をコントロールしてくれて、熱による髪の毛のダメージを軽減します。 【手触りが良くなる】【しっとりする】【サラサラになる】 ハイドロイオン効果によって、 髪の毛の内部に「水分」を吸着させ、キューティクルを修復。 水イオンがキューティクルを補修してくれるので、手触りがサラサラになります。 この技術によって、しっとりさせることが可能に。 通称「レア髪」です。 【ドライヤーを振らなくて良い】 何気なく普段振っているドライヤーの作業。 この作業がなくなります。 なぜなら、ドライヤー自身が熱をコントロールしてくれるからです。 また、ドライヤーをフル事で起こるドライヤーの根本のコードの負担が減るのでドライヤー自体の持ちが良くなります。 リファビューテックドライヤーの価格• プロセンシング• ハイドロイオン• カーボンレイヤープレート 【プロセンシング】 髪の毛の温度を感知して、100度の温風と30度の冷風を自動で切り替えてくれる。 髪の毛は60度以上になると髪の毛の毛髪内で「タンパク変性」を起こしていきます。 これにより毛髪が痛んでいきます。 なので、リファビューテックドライヤーは自動で髪の毛の熱を感知してくれるので、髪の毛を傷める心配がありません。 また、美容室帰りでは、潤った髪の毛と艶が出ますが、実は美容師さんがドライヤーで上手くコントロールしてくれているんです。 家でやっても上手くいかなかった経験は皆さんあると思います。 そんなプロの美容師さんの様な技術がリファビューテックドライヤーで手に入ります。 常にアンダー60度になるように熱をコントロールしてくれて、熱による髪の毛のダメージを軽減します。 【ハイドロイオン】 ハンドロイオンがドライヤーから発生し、髪に吸着・浸透します。 髪の毛の水分量を高めキューティクルを修復します。 9%の高密度炭素とイオナイザーを搭載しています。 高密度炭素に専用のヒーターをつけることでより温まりやすくなり遠赤外線を放射します。 イオナイザーは空気中の分子をイオン化させる働きがあります。 【カーボンレイヤープレート】 こちらのカーボンレイヤープレートは、ドライヤーのことではなく、一緒に販売されるストレートアイロンのプレートに使われているテクノロジーで、「水」「熱」「圧」のダメージを抑えることができます。 これを髪の毛の「水蒸気爆発」といいます。 カーボンレイヤープレートは、3つの構造で熱の伝わりをマイルドにして、水蒸気を防ぎ、髪の毛を傷つけにくい構造になっています。 リファビューテックドライヤーの使い方 ドライヤーの後ろの位置に電源起動のスイッチがあります。 起動すると写真のように、液晶画面の部分に色々表示されます。 「volume up(ボリュームアップ)」 「moist(モイスト)」 と機能があり、用途によって使い分けができるようになっています。 refa. refa.

次の