みずほ 銀行 宝くじ ログイン。 当せん番号案内(ロト)

みずほ銀行:宝くじラッキーライン

みずほ 銀行 宝くじ ログイン

第1条 会員規定・本サービスの定義• 株式会社みずほ銀行 以下、「当行」といいます。 が第2条により会員となったお客さまに対して提供する、宝くじの通信販売サービス 以下、「本サービス」といいます。 については、本規定により取扱います。 本サービスは、コンピュータ端末・スマートフォン・モバイル機器 ブラウザ付携帯電話機を含みます。 等 以下、「端末」といいます。 を用いインターネット等のネットワークを介した、会員ご本人からのものであると当行が認めた依頼に基づき、宝くじの購入等が行えるサービスをいいます。 本サービスを利用するに際して使用できる端末は、当行所定のものに限ります。 本サービスの取扱時間は当行所定の時間内とします。 第2条 会員• 本サービスのご利用は、書面により申込んでください。 お客さまは、当行が発行する会員証を受領した時点で、会員となるものとします。 会員は、本サービスにかかる一切の費用を負担するものとします。 次の方は、会員となることはできません。 1 法人• 2 満20才未満の方• 3 外国に居住されている方• 本サービスは、みずほ銀行の口座をお持ちの方にご利用いただけます。 第3条 対象• 本サービスは、当行が販売を受託した、全国自治宝くじ、東京都宝くじ、関東・中部・東北自治宝くじ、近畿宝くじ、西日本宝くじ、地域医療等振興自治宝くじ、その他当行が指定する宝くじを対象とします。 ただし、スクラッチくじ、数字選択式宝くじのうちビンゴ5は除きます。 会員は、届出住所の都道府県にて発売されない宝くじを購入することはできません。 会員は、一時的に海外に渡航する場合を含めて、海外からの購入はできません。 海外からの利用であることが判明した場合には、その取引を取り消すことがあります。 第4条 本人確認• お客さまから当行に本サービスの申込があった際は、当行はお客さまに対し、本人確認の為の会員番号が記載された会員証をお客さまの届出住所宛郵送します。 お客さまは、申込書にてラッキーラインログイン用パスワード・購入用パスワードを届け出るものとし、初回ログイン時、または別途当行がホームページ等で告知するタイミングにおいて当行が求める場合は、ラッキーラインログイン用パスワードを変更してください。 本サービスをご利用になる場合は、お客さまが入力した会員番号およびラッキーラインログイン用パスワードと、当行で管理している会員番号およびラッキーラインログイン用パスワードが一致した場合、当行はお客さまご本人のご利用とみなします。 購入申込をご利用になる場合は、本条第3項に定める要件のほか、ラッキーライン購入用パスワードが当行で管理しているラッキーライン購入用パスワードと一致した場合、当行はお客さまご本人のご利用とみなします。 第5条 宝くじの購入• 宝くじの購入申込は、会員が端末により宝くじの種類および口数などを指定することにより行うことができます。 購入申込は当行が宝くじの種類毎に指定する期間に受付けます。 申込数字、申込タイプ、口数、継続回数(自動購入(*)の場合は継続回数にかえ、購入期間、購入パターン、自動延長)を選択・指定することができます。 (*)自動購入とは、一定の期間中、お客さまの個別の操作によらず、自動的に購入することができるサービスです。 1日あたりの購入申込口数は当行所定の取引限度口数の範囲内とします。 購入依頼• 1 第4条第3項所定の本人確認の手続の結果、当行がお客さまご本人からの申込と認め、お客さまから宝くじ購入サービスの申込を受信した場合には、当行は受信した依頼内容をお客さまが申込した端末に返信します。 2 お客さまは、前号に基づき返信された内容を確認し、申込内容が正しい場合には、ラッキーライン購入用パスワードを入力のうえ所定の手続に従って当行に送信してください。 申込内容を変更または取り消す場合は、所定の手続に従って当該申込を変更または取り消してください。 3 前号のラッキーライン購入用パスワードが当行に到達し、かつ受信したラッキーライン購入用パスワードが当行で管理しているラッキーライン購入用パスワードと一致した場合には、当行はお客さまご本人からの申込が確定したものと認め、購入を受付けます。 4 前号の場合、原則、申込の確定と同時に購入代金および第6条の郵便料(数字選択式宝くじを除きます。 )を、普通預金規定 総合口座取引規定を含みます。 にかかわらず、通帳、払戻請求書またはキャッシュカードの提出を受けることなく、指定預金口座から引き落とします。 ただし、数字選択式宝くじの購入予約取引(*)につきましては、翌日(0:00〜8:00に受付けた取引は当日、12月30日の18:30〜24:00に受付けた取引は翌年1月4日)の8:00から、自動購入取引につきましては抽せん日の8:00から自動的に宝くじ証票の発券(電磁的記録の作成)手続を行うと同時に、購入代金を指定預金口座から引き落とします。 (*)数字選択式宝くじは、抽せん日の場合 18:30〜翌日8:00、抽せん日ではない場合 20:00〜翌日8:00に受付けた取引は、購入予約取引となります。 5 購入申込受付後の申込の取消・変更はできません。 ただし、自動購入取引につきましては、翌日以降の抽せん分を取り消すことができます。 6 本項第 4 号の購入代金および郵便料の引き落とし後、お客さまへ申込を受付けた旨を返信しますので、当行への申込の確認の送信後もログアウトせずに(購入予約取引の場合は本サービスにあらためてログインのうえ)「購入申込明細」照会により受付結果が「受付完了」であることを確認してください。 また当行は、本サービスを利用して購入した宝くじの購入履歴を電磁的記録として保管し、本サービス画面上に一定期間、一定件数を表示します。 ジャンボ宝くじ・全国通常宝くじ・ブロック宝くじを購入された場合は、第6条の購入明細通知書により取引内容を照合してください。 万一取引内容に疑義がある場合、直ちにその旨を取引店に連絡してください。 なお、取引内容に疑義がある場合には、当行における電磁的記録等の取引内容を正当なものとして取扱います。 引き落とし日に指定預金口座から引き落とすべきもの 本サービスによるものに限りません。 が複数あり、それらの総額が指定預金口座の支払可能残高 当座貸越を利用できる金額を含みます。 を超える時は、そのいずれを引き落として手続きを行うかは当行の任意とします。 以下の場合は、当該申込に基づく取引は不成立とします。 またこの場合は、当行はお客さまに対して特に通知いたしませんので、本条第5項第(6)号の定めに従ってお客さまご自身で取引の成否を確認してください。 この取扱いにより、お客さまに損害が生じた場合であっても、当行の責に帰すべき場合を除き、当行は一切の責任を負いません。 1 購入代金および郵便料の合計額が指定預金口座の支払可能残高を超えるとき。 2 指定預金口座が解約済のとき。 3 住所変更の届出を怠る等により、当行においてお客さまの所在が不明となったとき。 4 お客さまより指定預金口座への支払停止の届出があり、それに基づき当行が支払停止の手続をとったとき。 5 差押等やむを得ない事情があり、当行が支払いを不適当と認めたとき。 6 災害・事変・裁判所等公的機関の措置等のやむを得ない事由があったと当行が判断したとき。 7 当行、または金融機関の共同システムの運営体が相当の安全対策を講じたにもかかわらず、端末機、通信回線またはコンピュータ等に障害が生じたことにより、取引を不成立とすることと当行が判断したとき。 第6条 購入明細通知の発送)• 当行は、前条の引き落としを確認後、お客さまの届出住所宛てに、宝くじの証票番号を記載した購入明細通知書を郵送します。 (数字選択式宝くじを除きます。 やむを得ない事情により宝くじの販売を行えないこととなった場合は、前条の引き落とし金額を、指定預金口座への入金により返還します。 購入明細通知書に記載された宝くじについては、お客さまは、発売開始日以降にその権利を取得するものとします。 第7条 宝くじの保管• 宝くじは、支払最終日まで、当行がお客さまを代理して保管するものとし、証票の引渡しは行いません。 第8条 当せんの確認および通知• 宝くじの当せん確認は、当行が抽せん日に行います。 前項の当せん確認後、1当せん金(数字選択式宝くじの場合は1口)につき金額3百万円以下の当せん金については、第9条における入金をもって通知にかえるものとします。 1当せん金(数字選択式宝くじの場合は1口)につき金額3百万円超の当せん金については、入金に加えて当せん通知書を発送します。 第9条 当せん金支払• ジャンボ宝くじ・全国通常宝くじ・ブロック宝くじの当せん金は、次の方法により支払います。 1 1当せん金につき金額1万円未満の当せん金 毎年、4月から6月までの抽せん分をまとめて7月末までに、7月から9月までの抽せん分をまとめて10月末までに、10月から12月までの抽せん分をまとめて翌年1月末までに、1月から3月までの抽せん分をまとめて4月末までに指定預金口座に入金します。 2 1当せん金につき金額1万円以上の当せん金 支払開始日から起算して5銀行営業日以内に、指定預金口座に入金します。 なお、1当せん金につき金額3百万円超の当せん金は、当せん通知書郵便料を差し引いた金額をご入金いたします。 数字選択式宝くじの当せん金は、次の方法により支払います。 原則として抽せん日の2銀行営業日後までに指定預金口座に入金します。 入金日の指定はできません。 また当せん金を現金で受け取ることはできません。 なお、1口あたりの当せん金が3百万円超の場合は、入金とともに当行から別途ご通知いたします。 1枚の宝くじについて当せんが重複した場合は、本条第1項の各号のうち、高額なほうの支払方法に従います。 第10条 宝くじの日のお楽しみ抽せんの取扱い• 宝くじの日のお楽しみ抽せんは、当行で当せん確認のうえ、お楽しみ賞品カタログと賞品申込はがきを郵送します。 宝くじの日のお楽しみ抽せんについては、当せん通知書は発送しません。 第11条 宝くじ証票の処分• 宝くじの証票は、支払最終日後、当行において処分します。 第12条 付利• 宝くじ購入代金および当せん金には、利息を付しません。 第13条 禁止事項• お客さまは、本サービスにかかる全部または一部の権利について、第三者に譲渡、担保差入れ等をすることはできません。 本サービスでは、複数名を代表した購入はできません。 また、事業性資金を原資とした購入もできません。 第14条 会員番号、パスワードの管理、セキュリティ等• 会員番号、ラッキーラインログイン用パスワードおよびラッキーライン購入用パスワード 以下、双方を含めて「パスワード」といいます。 は、会員自身の責任において厳重に管理するものとし、第三者 当行役職員および当行が本サービスに関する業務を委託する関係会社役職員(以下、双方を含めて「当行役職員」といいます。 )を含みます。 に教えたり容易に漏洩するような方法で書き残さないでください。 なお、当行役職員からお客さまにパスワードをお尋ねすることはありません。 会員番号を失念したり、会員証を紛失した場合は、書面により照会または、再発行を受付けます。 その場合は会員番号を届出住所宛郵便にて通知または、会員証を再発行のうえ郵送します。 パスワードを失念した場合には、書面により再登録を受付けます。 その場合はパスワード登録完了通知を届出住所宛郵便にて通知します。 会員番号について偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合は、速やかに本サービスを停止してください。 会員番号は変更できませんので、その場合はサービスの解約を届け出たうえで、再度本サービスのお申込手続を行っていただく事で、新しい会員番号を通知します。 パスワードについて、偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合は、速やかに本サービスを停止してください。 本サービスの一時停止の届出に対し、当行は本サービスの一時停止の措置を講じます。 お客さまが当行宛届け出たパスワードと異なるパスワードを一定の回数以上連続して入力した場合は、本サービスを停止します。 サービス利用の再開を依頼する場合には、書面により届け出てください。 なお、これらの届出の前に生じた損害については、当行は一切の責任を負いません。 第15条 取引内容の記録等• 当行は、本サービスによる取引内容を電磁的記録等により相当期間保存します。 本サービスによる疑義が生じた場合には、本サービスについての当行における電磁的記録等の取引内容を正当なものとして取扱います。 第16条 届出事項の変更• 住所、名称、印章その他届出事項に変更があったときまたは行為能力に変動があったときは、直ちに書面によって当行に届け出るものとします。 前項による届出を怠ったため、通知書その他当行からなされた通知または送付された書類等が延着し、または到着しなかった場合には、通常到着すべき時に到着したものとみなします。 第1項の届出の前に生じた損害については、当行は一切の責任を負いません。 第17条 免責• 通信手段の障害等 通信機器、回線およびコンピュータ等の障害ならびに電話の不通等の通信手段の障害により、本サービスの取扱いが遅延したり不能となった場合、あるいは当行が送信した口座情報に誤謬・脱漏等が生じた場合、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 通信経路における取引情報の漏洩等 インターネット等の通信経路において盗聴等がなされたことにより会員番号、パスワード、取引情報等が漏洩した場合、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 不正使用等 本サービスの提供にあたり、当行が第4条第3項、第4項所定の本人確認手続を行ったうえで利用者を会員ご本人と認めて取扱いを行った場合は、端末、会員番号、パスワード等につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 会員番号の通知 当行があらかじめ指定した会員番号の通知を行う際に、郵送上の事故、当行の責によらない事由により第三者 当行役職員を除きます。 が会員番号を知り得たとしても、そのために生じた損害については当行は一切の責任を負いません。 印鑑照合 当行が書類に使用された印影を届出の印鑑と相当の注意をもって照合し、相違ないものと認めて取扱いを行った場合は、それらの書面につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 災害・事変・郵便事情等 災害・事変・郵便事情等当行の責に帰すことのできない事由、または裁判所等公的機関の措置等やむを得ない事由により、本サービスの取扱いが遅延したり不能となった場合、そのために生じた損害については当行は一切の責任を負いません。 前各項において、お客さまに損害が生じた場合であっても、当行に故意または重過失がある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。 第18条 退会• 本サービスの退会は、書面により申し出てください。 本サービスを退会した場合、申込済の自動購入取引は翌日以降の抽せん分より停止されます。 次の各号の事由が一つでも生じたときは、当行から通知することなく、会員は当然にその資格を失い、本サービスは終了します。 1 指定預金口座が解約されたとき• 2 会員が死亡したとき• 3 住所変更の届出を怠る等により、当行においてお客さまの所在が不明となったとき• 4 支払の停止または破産もしくは民事再生手続開始の申立があったとき• 次の各場合には、当行からの通知によって、会員はその資格を失い、本サービスは終了します。 1 会員が本規定に違反したとき• 2 その他当行がとくに必要と認める事由があるとき• 前2項により、会員が資格を失った場合でも、すでに購入申込がなされた宝くじについては、本規定が適用されるものとします。 ただし、申込済の自動購入取引は、本サービスを終了した翌日以降の抽せん分より停止されます。 第19条 変更• 本規定は、民法第548条の4の規定に基づき変更されることがあります。 変更を行う旨および変更後の本規定の内容ならびにその効力発生時期は、効力発生時期が到来するまでに、電子メール送信、ホームページ掲載またはその他相当の方法により周知いたします。 第20条 準拠法・管轄• 本契約および本契約に基づく諸取引の契約準拠法は日本法とします。 本契約に基づく諸取引に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

次の

みずほ銀行:宝くじラッキーライン

みずほ 銀行 宝くじ ログイン

第1条 会員規定・本サービスの定義• 株式会社みずほ銀行 以下、「当行」といいます。 が第2条により会員となったお客さまに対して提供する、宝くじの通信販売サービス 以下、「本サービス」といいます。 については、本規定により取扱います。 本サービスは、コンピュータ端末・スマートフォン・モバイル機器 ブラウザ付携帯電話機を含みます。 等 以下、「端末」といいます。 を用いインターネット等のネットワークを介した、会員ご本人からのものであると当行が認めた依頼に基づき、宝くじの購入等が行えるサービスをいいます。 本サービスを利用するに際して使用できる端末は、当行所定のものに限ります。 本サービスの取扱時間は当行所定の時間内とします。 第2条 会員• 本サービスのご利用は、書面により申込んでください。 お客さまは、当行が発行する会員証を受領した時点で、会員となるものとします。 会員は、本サービスにかかる一切の費用を負担するものとします。 次の方は、会員となることはできません。 1 法人• 2 満20才未満の方• 3 外国に居住されている方• 本サービスは、みずほ銀行の口座をお持ちの方にご利用いただけます。 第3条 対象• 本サービスは、当行が販売を受託した、全国自治宝くじ、東京都宝くじ、関東・中部・東北自治宝くじ、近畿宝くじ、西日本宝くじ、地域医療等振興自治宝くじ、その他当行が指定する宝くじを対象とします。 ただし、スクラッチくじ、数字選択式宝くじのうちビンゴ5は除きます。 会員は、届出住所の都道府県にて発売されない宝くじを購入することはできません。 会員は、一時的に海外に渡航する場合を含めて、海外からの購入はできません。 海外からの利用であることが判明した場合には、その取引を取り消すことがあります。 第4条 本人確認• お客さまから当行に本サービスの申込があった際は、当行はお客さまに対し、本人確認の為の会員番号が記載された会員証をお客さまの届出住所宛郵送します。 お客さまは、申込書にてラッキーラインログイン用パスワード・購入用パスワードを届け出るものとし、初回ログイン時、または別途当行がホームページ等で告知するタイミングにおいて当行が求める場合は、ラッキーラインログイン用パスワードを変更してください。 本サービスをご利用になる場合は、お客さまが入力した会員番号およびラッキーラインログイン用パスワードと、当行で管理している会員番号およびラッキーラインログイン用パスワードが一致した場合、当行はお客さまご本人のご利用とみなします。 購入申込をご利用になる場合は、本条第3項に定める要件のほか、ラッキーライン購入用パスワードが当行で管理しているラッキーライン購入用パスワードと一致した場合、当行はお客さまご本人のご利用とみなします。 第5条 宝くじの購入• 宝くじの購入申込は、会員が端末により宝くじの種類および口数などを指定することにより行うことができます。 購入申込は当行が宝くじの種類毎に指定する期間に受付けます。 申込数字、申込タイプ、口数、継続回数(自動購入(*)の場合は継続回数にかえ、購入期間、購入パターン、自動延長)を選択・指定することができます。 (*)自動購入とは、一定の期間中、お客さまの個別の操作によらず、自動的に購入することができるサービスです。 1日あたりの購入申込口数は当行所定の取引限度口数の範囲内とします。 購入依頼• 1 第4条第3項所定の本人確認の手続の結果、当行がお客さまご本人からの申込と認め、お客さまから宝くじ購入サービスの申込を受信した場合には、当行は受信した依頼内容をお客さまが申込した端末に返信します。 2 お客さまは、前号に基づき返信された内容を確認し、申込内容が正しい場合には、ラッキーライン購入用パスワードを入力のうえ所定の手続に従って当行に送信してください。 申込内容を変更または取り消す場合は、所定の手続に従って当該申込を変更または取り消してください。 3 前号のラッキーライン購入用パスワードが当行に到達し、かつ受信したラッキーライン購入用パスワードが当行で管理しているラッキーライン購入用パスワードと一致した場合には、当行はお客さまご本人からの申込が確定したものと認め、購入を受付けます。 4 前号の場合、原則、申込の確定と同時に購入代金および第6条の郵便料(数字選択式宝くじを除きます。 )を、普通預金規定 総合口座取引規定を含みます。 にかかわらず、通帳、払戻請求書またはキャッシュカードの提出を受けることなく、指定預金口座から引き落とします。 ただし、数字選択式宝くじの購入予約取引(*)につきましては、翌日(0:00〜8:00に受付けた取引は当日、12月30日の18:30〜24:00に受付けた取引は翌年1月4日)の8:00から、自動購入取引につきましては抽せん日の8:00から自動的に宝くじ証票の発券(電磁的記録の作成)手続を行うと同時に、購入代金を指定預金口座から引き落とします。 (*)数字選択式宝くじは、抽せん日の場合 18:30〜翌日8:00、抽せん日ではない場合 20:00〜翌日8:00に受付けた取引は、購入予約取引となります。 5 購入申込受付後の申込の取消・変更はできません。 ただし、自動購入取引につきましては、翌日以降の抽せん分を取り消すことができます。 6 本項第 4 号の購入代金および郵便料の引き落とし後、お客さまへ申込を受付けた旨を返信しますので、当行への申込の確認の送信後もログアウトせずに(購入予約取引の場合は本サービスにあらためてログインのうえ)「購入申込明細」照会により受付結果が「受付完了」であることを確認してください。 また当行は、本サービスを利用して購入した宝くじの購入履歴を電磁的記録として保管し、本サービス画面上に一定期間、一定件数を表示します。 ジャンボ宝くじ・全国通常宝くじ・ブロック宝くじを購入された場合は、第6条の購入明細通知書により取引内容を照合してください。 万一取引内容に疑義がある場合、直ちにその旨を取引店に連絡してください。 なお、取引内容に疑義がある場合には、当行における電磁的記録等の取引内容を正当なものとして取扱います。 引き落とし日に指定預金口座から引き落とすべきもの 本サービスによるものに限りません。 が複数あり、それらの総額が指定預金口座の支払可能残高 当座貸越を利用できる金額を含みます。 を超える時は、そのいずれを引き落として手続きを行うかは当行の任意とします。 以下の場合は、当該申込に基づく取引は不成立とします。 またこの場合は、当行はお客さまに対して特に通知いたしませんので、本条第5項第(6)号の定めに従ってお客さまご自身で取引の成否を確認してください。 この取扱いにより、お客さまに損害が生じた場合であっても、当行の責に帰すべき場合を除き、当行は一切の責任を負いません。 1 購入代金および郵便料の合計額が指定預金口座の支払可能残高を超えるとき。 2 指定預金口座が解約済のとき。 3 住所変更の届出を怠る等により、当行においてお客さまの所在が不明となったとき。 4 お客さまより指定預金口座への支払停止の届出があり、それに基づき当行が支払停止の手続をとったとき。 5 差押等やむを得ない事情があり、当行が支払いを不適当と認めたとき。 6 災害・事変・裁判所等公的機関の措置等のやむを得ない事由があったと当行が判断したとき。 7 当行、または金融機関の共同システムの運営体が相当の安全対策を講じたにもかかわらず、端末機、通信回線またはコンピュータ等に障害が生じたことにより、取引を不成立とすることと当行が判断したとき。 第6条 購入明細通知の発送)• 当行は、前条の引き落としを確認後、お客さまの届出住所宛てに、宝くじの証票番号を記載した購入明細通知書を郵送します。 (数字選択式宝くじを除きます。 やむを得ない事情により宝くじの販売を行えないこととなった場合は、前条の引き落とし金額を、指定預金口座への入金により返還します。 購入明細通知書に記載された宝くじについては、お客さまは、発売開始日以降にその権利を取得するものとします。 第7条 宝くじの保管• 宝くじは、支払最終日まで、当行がお客さまを代理して保管するものとし、証票の引渡しは行いません。 第8条 当せんの確認および通知• 宝くじの当せん確認は、当行が抽せん日に行います。 前項の当せん確認後、1当せん金(数字選択式宝くじの場合は1口)につき金額3百万円以下の当せん金については、第9条における入金をもって通知にかえるものとします。 1当せん金(数字選択式宝くじの場合は1口)につき金額3百万円超の当せん金については、入金に加えて当せん通知書を発送します。 第9条 当せん金支払• ジャンボ宝くじ・全国通常宝くじ・ブロック宝くじの当せん金は、次の方法により支払います。 1 1当せん金につき金額1万円未満の当せん金 毎年、4月から6月までの抽せん分をまとめて7月末までに、7月から9月までの抽せん分をまとめて10月末までに、10月から12月までの抽せん分をまとめて翌年1月末までに、1月から3月までの抽せん分をまとめて4月末までに指定預金口座に入金します。 2 1当せん金につき金額1万円以上の当せん金 支払開始日から起算して5銀行営業日以内に、指定預金口座に入金します。 なお、1当せん金につき金額3百万円超の当せん金は、当せん通知書郵便料を差し引いた金額をご入金いたします。 数字選択式宝くじの当せん金は、次の方法により支払います。 原則として抽せん日の2銀行営業日後までに指定預金口座に入金します。 入金日の指定はできません。 また当せん金を現金で受け取ることはできません。 なお、1口あたりの当せん金が3百万円超の場合は、入金とともに当行から別途ご通知いたします。 1枚の宝くじについて当せんが重複した場合は、本条第1項の各号のうち、高額なほうの支払方法に従います。 第10条 宝くじの日のお楽しみ抽せんの取扱い• 宝くじの日のお楽しみ抽せんは、当行で当せん確認のうえ、お楽しみ賞品カタログと賞品申込はがきを郵送します。 宝くじの日のお楽しみ抽せんについては、当せん通知書は発送しません。 第11条 宝くじ証票の処分• 宝くじの証票は、支払最終日後、当行において処分します。 第12条 付利• 宝くじ購入代金および当せん金には、利息を付しません。 第13条 禁止事項• お客さまは、本サービスにかかる全部または一部の権利について、第三者に譲渡、担保差入れ等をすることはできません。 本サービスでは、複数名を代表した購入はできません。 また、事業性資金を原資とした購入もできません。 第14条 会員番号、パスワードの管理、セキュリティ等• 会員番号、ラッキーラインログイン用パスワードおよびラッキーライン購入用パスワード 以下、双方を含めて「パスワード」といいます。 は、会員自身の責任において厳重に管理するものとし、第三者 当行役職員および当行が本サービスに関する業務を委託する関係会社役職員(以下、双方を含めて「当行役職員」といいます。 )を含みます。 に教えたり容易に漏洩するような方法で書き残さないでください。 なお、当行役職員からお客さまにパスワードをお尋ねすることはありません。 会員番号を失念したり、会員証を紛失した場合は、書面により照会または、再発行を受付けます。 その場合は会員番号を届出住所宛郵便にて通知または、会員証を再発行のうえ郵送します。 パスワードを失念した場合には、書面により再登録を受付けます。 その場合はパスワード登録完了通知を届出住所宛郵便にて通知します。 会員番号について偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合は、速やかに本サービスを停止してください。 会員番号は変更できませんので、その場合はサービスの解約を届け出たうえで、再度本サービスのお申込手続を行っていただく事で、新しい会員番号を通知します。 パスワードについて、偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合は、速やかに本サービスを停止してください。 本サービスの一時停止の届出に対し、当行は本サービスの一時停止の措置を講じます。 お客さまが当行宛届け出たパスワードと異なるパスワードを一定の回数以上連続して入力した場合は、本サービスを停止します。 サービス利用の再開を依頼する場合には、書面により届け出てください。 なお、これらの届出の前に生じた損害については、当行は一切の責任を負いません。 第15条 取引内容の記録等• 当行は、本サービスによる取引内容を電磁的記録等により相当期間保存します。 本サービスによる疑義が生じた場合には、本サービスについての当行における電磁的記録等の取引内容を正当なものとして取扱います。 第16条 届出事項の変更• 住所、名称、印章その他届出事項に変更があったときまたは行為能力に変動があったときは、直ちに書面によって当行に届け出るものとします。 前項による届出を怠ったため、通知書その他当行からなされた通知または送付された書類等が延着し、または到着しなかった場合には、通常到着すべき時に到着したものとみなします。 第1項の届出の前に生じた損害については、当行は一切の責任を負いません。 第17条 免責• 通信手段の障害等 通信機器、回線およびコンピュータ等の障害ならびに電話の不通等の通信手段の障害により、本サービスの取扱いが遅延したり不能となった場合、あるいは当行が送信した口座情報に誤謬・脱漏等が生じた場合、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 通信経路における取引情報の漏洩等 インターネット等の通信経路において盗聴等がなされたことにより会員番号、パスワード、取引情報等が漏洩した場合、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 不正使用等 本サービスの提供にあたり、当行が第4条第3項、第4項所定の本人確認手続を行ったうえで利用者を会員ご本人と認めて取扱いを行った場合は、端末、会員番号、パスワード等につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 会員番号の通知 当行があらかじめ指定した会員番号の通知を行う際に、郵送上の事故、当行の責によらない事由により第三者 当行役職員を除きます。 が会員番号を知り得たとしても、そのために生じた損害については当行は一切の責任を負いません。 印鑑照合 当行が書類に使用された印影を届出の印鑑と相当の注意をもって照合し、相違ないものと認めて取扱いを行った場合は、それらの書面につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 災害・事変・郵便事情等 災害・事変・郵便事情等当行の責に帰すことのできない事由、または裁判所等公的機関の措置等やむを得ない事由により、本サービスの取扱いが遅延したり不能となった場合、そのために生じた損害については当行は一切の責任を負いません。 前各項において、お客さまに損害が生じた場合であっても、当行に故意または重過失がある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。 第18条 退会• 本サービスの退会は、書面により申し出てください。 本サービスを退会した場合、申込済の自動購入取引は翌日以降の抽せん分より停止されます。 次の各号の事由が一つでも生じたときは、当行から通知することなく、会員は当然にその資格を失い、本サービスは終了します。 1 指定預金口座が解約されたとき• 2 会員が死亡したとき• 3 住所変更の届出を怠る等により、当行においてお客さまの所在が不明となったとき• 4 支払の停止または破産もしくは民事再生手続開始の申立があったとき• 次の各場合には、当行からの通知によって、会員はその資格を失い、本サービスは終了します。 1 会員が本規定に違反したとき• 2 その他当行がとくに必要と認める事由があるとき• 前2項により、会員が資格を失った場合でも、すでに購入申込がなされた宝くじについては、本規定が適用されるものとします。 ただし、申込済の自動購入取引は、本サービスを終了した翌日以降の抽せん分より停止されます。 第19条 変更• 本規定は、民法第548条の4の規定に基づき変更されることがあります。 変更を行う旨および変更後の本規定の内容ならびにその効力発生時期は、効力発生時期が到来するまでに、電子メール送信、ホームページ掲載またはその他相当の方法により周知いたします。 第20条 準拠法・管轄• 本契約および本契約に基づく諸取引の契約準拠法は日本法とします。 本契約に基づく諸取引に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

次の

みずほ銀行:宝くじラッキーライン

みずほ 銀行 宝くじ ログイン

第1条 会員規定・本サービスの定義• 株式会社みずほ銀行 以下、「当行」といいます。 が第2条により会員となったお客さまに対して提供する、宝くじの通信販売サービス 以下、「本サービス」といいます。 については、本規定により取扱います。 本サービスは、コンピュータ端末・スマートフォン・モバイル機器 ブラウザ付携帯電話機を含みます。 等 以下、「端末」といいます。 を用いインターネット等のネットワークを介した、会員ご本人からのものであると当行が認めた依頼に基づき、宝くじの購入等が行えるサービスをいいます。 本サービスを利用するに際して使用できる端末は、当行所定のものに限ります。 本サービスの取扱時間は当行所定の時間内とします。 第2条 会員• 本サービスのご利用は、書面により申込んでください。 お客さまは、当行が発行する会員証を受領した時点で、会員となるものとします。 会員は、本サービスにかかる一切の費用を負担するものとします。 次の方は、会員となることはできません。 1 法人• 2 満20才未満の方• 3 外国に居住されている方• 本サービスは、みずほ銀行の口座をお持ちの方にご利用いただけます。 第3条 対象• 本サービスは、当行が販売を受託した、全国自治宝くじ、東京都宝くじ、関東・中部・東北自治宝くじ、近畿宝くじ、西日本宝くじ、地域医療等振興自治宝くじ、その他当行が指定する宝くじを対象とします。 ただし、スクラッチくじ、数字選択式宝くじのうちビンゴ5は除きます。 会員は、届出住所の都道府県にて発売されない宝くじを購入することはできません。 会員は、一時的に海外に渡航する場合を含めて、海外からの購入はできません。 海外からの利用であることが判明した場合には、その取引を取り消すことがあります。 第4条 本人確認• お客さまから当行に本サービスの申込があった際は、当行はお客さまに対し、本人確認の為の会員番号が記載された会員証をお客さまの届出住所宛郵送します。 お客さまは、申込書にてラッキーラインログイン用パスワード・購入用パスワードを届け出るものとし、初回ログイン時、または別途当行がホームページ等で告知するタイミングにおいて当行が求める場合は、ラッキーラインログイン用パスワードを変更してください。 本サービスをご利用になる場合は、お客さまが入力した会員番号およびラッキーラインログイン用パスワードと、当行で管理している会員番号およびラッキーラインログイン用パスワードが一致した場合、当行はお客さまご本人のご利用とみなします。 購入申込をご利用になる場合は、本条第3項に定める要件のほか、ラッキーライン購入用パスワードが当行で管理しているラッキーライン購入用パスワードと一致した場合、当行はお客さまご本人のご利用とみなします。 第5条 宝くじの購入• 宝くじの購入申込は、会員が端末により宝くじの種類および口数などを指定することにより行うことができます。 購入申込は当行が宝くじの種類毎に指定する期間に受付けます。 申込数字、申込タイプ、口数、継続回数(自動購入(*)の場合は継続回数にかえ、購入期間、購入パターン、自動延長)を選択・指定することができます。 (*)自動購入とは、一定の期間中、お客さまの個別の操作によらず、自動的に購入することができるサービスです。 1日あたりの購入申込口数は当行所定の取引限度口数の範囲内とします。 購入依頼• 1 第4条第3項所定の本人確認の手続の結果、当行がお客さまご本人からの申込と認め、お客さまから宝くじ購入サービスの申込を受信した場合には、当行は受信した依頼内容をお客さまが申込した端末に返信します。 2 お客さまは、前号に基づき返信された内容を確認し、申込内容が正しい場合には、ラッキーライン購入用パスワードを入力のうえ所定の手続に従って当行に送信してください。 申込内容を変更または取り消す場合は、所定の手続に従って当該申込を変更または取り消してください。 3 前号のラッキーライン購入用パスワードが当行に到達し、かつ受信したラッキーライン購入用パスワードが当行で管理しているラッキーライン購入用パスワードと一致した場合には、当行はお客さまご本人からの申込が確定したものと認め、購入を受付けます。 4 前号の場合、原則、申込の確定と同時に購入代金および第6条の郵便料(数字選択式宝くじを除きます。 )を、普通預金規定 総合口座取引規定を含みます。 にかかわらず、通帳、払戻請求書またはキャッシュカードの提出を受けることなく、指定預金口座から引き落とします。 ただし、数字選択式宝くじの購入予約取引(*)につきましては、翌日(0:00〜8:00に受付けた取引は当日、12月30日の18:30〜24:00に受付けた取引は翌年1月4日)の8:00から、自動購入取引につきましては抽せん日の8:00から自動的に宝くじ証票の発券(電磁的記録の作成)手続を行うと同時に、購入代金を指定預金口座から引き落とします。 (*)数字選択式宝くじは、抽せん日の場合 18:30〜翌日8:00、抽せん日ではない場合 20:00〜翌日8:00に受付けた取引は、購入予約取引となります。 5 購入申込受付後の申込の取消・変更はできません。 ただし、自動購入取引につきましては、翌日以降の抽せん分を取り消すことができます。 6 本項第 4 号の購入代金および郵便料の引き落とし後、お客さまへ申込を受付けた旨を返信しますので、当行への申込の確認の送信後もログアウトせずに(購入予約取引の場合は本サービスにあらためてログインのうえ)「購入申込明細」照会により受付結果が「受付完了」であることを確認してください。 また当行は、本サービスを利用して購入した宝くじの購入履歴を電磁的記録として保管し、本サービス画面上に一定期間、一定件数を表示します。 ジャンボ宝くじ・全国通常宝くじ・ブロック宝くじを購入された場合は、第6条の購入明細通知書により取引内容を照合してください。 万一取引内容に疑義がある場合、直ちにその旨を取引店に連絡してください。 なお、取引内容に疑義がある場合には、当行における電磁的記録等の取引内容を正当なものとして取扱います。 引き落とし日に指定預金口座から引き落とすべきもの 本サービスによるものに限りません。 が複数あり、それらの総額が指定預金口座の支払可能残高 当座貸越を利用できる金額を含みます。 を超える時は、そのいずれを引き落として手続きを行うかは当行の任意とします。 以下の場合は、当該申込に基づく取引は不成立とします。 またこの場合は、当行はお客さまに対して特に通知いたしませんので、本条第5項第(6)号の定めに従ってお客さまご自身で取引の成否を確認してください。 この取扱いにより、お客さまに損害が生じた場合であっても、当行の責に帰すべき場合を除き、当行は一切の責任を負いません。 1 購入代金および郵便料の合計額が指定預金口座の支払可能残高を超えるとき。 2 指定預金口座が解約済のとき。 3 住所変更の届出を怠る等により、当行においてお客さまの所在が不明となったとき。 4 お客さまより指定預金口座への支払停止の届出があり、それに基づき当行が支払停止の手続をとったとき。 5 差押等やむを得ない事情があり、当行が支払いを不適当と認めたとき。 6 災害・事変・裁判所等公的機関の措置等のやむを得ない事由があったと当行が判断したとき。 7 当行、または金融機関の共同システムの運営体が相当の安全対策を講じたにもかかわらず、端末機、通信回線またはコンピュータ等に障害が生じたことにより、取引を不成立とすることと当行が判断したとき。 第6条 購入明細通知の発送)• 当行は、前条の引き落としを確認後、お客さまの届出住所宛てに、宝くじの証票番号を記載した購入明細通知書を郵送します。 (数字選択式宝くじを除きます。 やむを得ない事情により宝くじの販売を行えないこととなった場合は、前条の引き落とし金額を、指定預金口座への入金により返還します。 購入明細通知書に記載された宝くじについては、お客さまは、発売開始日以降にその権利を取得するものとします。 第7条 宝くじの保管• 宝くじは、支払最終日まで、当行がお客さまを代理して保管するものとし、証票の引渡しは行いません。 第8条 当せんの確認および通知• 宝くじの当せん確認は、当行が抽せん日に行います。 前項の当せん確認後、1当せん金(数字選択式宝くじの場合は1口)につき金額3百万円以下の当せん金については、第9条における入金をもって通知にかえるものとします。 1当せん金(数字選択式宝くじの場合は1口)につき金額3百万円超の当せん金については、入金に加えて当せん通知書を発送します。 第9条 当せん金支払• ジャンボ宝くじ・全国通常宝くじ・ブロック宝くじの当せん金は、次の方法により支払います。 1 1当せん金につき金額1万円未満の当せん金 毎年、4月から6月までの抽せん分をまとめて7月末までに、7月から9月までの抽せん分をまとめて10月末までに、10月から12月までの抽せん分をまとめて翌年1月末までに、1月から3月までの抽せん分をまとめて4月末までに指定預金口座に入金します。 2 1当せん金につき金額1万円以上の当せん金 支払開始日から起算して5銀行営業日以内に、指定預金口座に入金します。 なお、1当せん金につき金額3百万円超の当せん金は、当せん通知書郵便料を差し引いた金額をご入金いたします。 数字選択式宝くじの当せん金は、次の方法により支払います。 原則として抽せん日の2銀行営業日後までに指定預金口座に入金します。 入金日の指定はできません。 また当せん金を現金で受け取ることはできません。 なお、1口あたりの当せん金が3百万円超の場合は、入金とともに当行から別途ご通知いたします。 1枚の宝くじについて当せんが重複した場合は、本条第1項の各号のうち、高額なほうの支払方法に従います。 第10条 宝くじの日のお楽しみ抽せんの取扱い• 宝くじの日のお楽しみ抽せんは、当行で当せん確認のうえ、お楽しみ賞品カタログと賞品申込はがきを郵送します。 宝くじの日のお楽しみ抽せんについては、当せん通知書は発送しません。 第11条 宝くじ証票の処分• 宝くじの証票は、支払最終日後、当行において処分します。 第12条 付利• 宝くじ購入代金および当せん金には、利息を付しません。 第13条 禁止事項• お客さまは、本サービスにかかる全部または一部の権利について、第三者に譲渡、担保差入れ等をすることはできません。 本サービスでは、複数名を代表した購入はできません。 また、事業性資金を原資とした購入もできません。 第14条 会員番号、パスワードの管理、セキュリティ等• 会員番号、ラッキーラインログイン用パスワードおよびラッキーライン購入用パスワード 以下、双方を含めて「パスワード」といいます。 は、会員自身の責任において厳重に管理するものとし、第三者 当行役職員および当行が本サービスに関する業務を委託する関係会社役職員(以下、双方を含めて「当行役職員」といいます。 )を含みます。 に教えたり容易に漏洩するような方法で書き残さないでください。 なお、当行役職員からお客さまにパスワードをお尋ねすることはありません。 会員番号を失念したり、会員証を紛失した場合は、書面により照会または、再発行を受付けます。 その場合は会員番号を届出住所宛郵便にて通知または、会員証を再発行のうえ郵送します。 パスワードを失念した場合には、書面により再登録を受付けます。 その場合はパスワード登録完了通知を届出住所宛郵便にて通知します。 会員番号について偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合は、速やかに本サービスを停止してください。 会員番号は変更できませんので、その場合はサービスの解約を届け出たうえで、再度本サービスのお申込手続を行っていただく事で、新しい会員番号を通知します。 パスワードについて、偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合は、速やかに本サービスを停止してください。 本サービスの一時停止の届出に対し、当行は本サービスの一時停止の措置を講じます。 お客さまが当行宛届け出たパスワードと異なるパスワードを一定の回数以上連続して入力した場合は、本サービスを停止します。 サービス利用の再開を依頼する場合には、書面により届け出てください。 なお、これらの届出の前に生じた損害については、当行は一切の責任を負いません。 第15条 取引内容の記録等• 当行は、本サービスによる取引内容を電磁的記録等により相当期間保存します。 本サービスによる疑義が生じた場合には、本サービスについての当行における電磁的記録等の取引内容を正当なものとして取扱います。 第16条 届出事項の変更• 住所、名称、印章その他届出事項に変更があったときまたは行為能力に変動があったときは、直ちに書面によって当行に届け出るものとします。 前項による届出を怠ったため、通知書その他当行からなされた通知または送付された書類等が延着し、または到着しなかった場合には、通常到着すべき時に到着したものとみなします。 第1項の届出の前に生じた損害については、当行は一切の責任を負いません。 第17条 免責• 通信手段の障害等 通信機器、回線およびコンピュータ等の障害ならびに電話の不通等の通信手段の障害により、本サービスの取扱いが遅延したり不能となった場合、あるいは当行が送信した口座情報に誤謬・脱漏等が生じた場合、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 通信経路における取引情報の漏洩等 インターネット等の通信経路において盗聴等がなされたことにより会員番号、パスワード、取引情報等が漏洩した場合、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 不正使用等 本サービスの提供にあたり、当行が第4条第3項、第4項所定の本人確認手続を行ったうえで利用者を会員ご本人と認めて取扱いを行った場合は、端末、会員番号、パスワード等につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 会員番号の通知 当行があらかじめ指定した会員番号の通知を行う際に、郵送上の事故、当行の責によらない事由により第三者 当行役職員を除きます。 が会員番号を知り得たとしても、そのために生じた損害については当行は一切の責任を負いません。 印鑑照合 当行が書類に使用された印影を届出の印鑑と相当の注意をもって照合し、相違ないものと認めて取扱いを行った場合は、それらの書面につき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、そのために生じた損害について当行は一切の責任を負いません。 災害・事変・郵便事情等 災害・事変・郵便事情等当行の責に帰すことのできない事由、または裁判所等公的機関の措置等やむを得ない事由により、本サービスの取扱いが遅延したり不能となった場合、そのために生じた損害については当行は一切の責任を負いません。 前各項において、お客さまに損害が生じた場合であっても、当行に故意または重過失がある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。 第18条 退会• 本サービスの退会は、書面により申し出てください。 本サービスを退会した場合、申込済の自動購入取引は翌日以降の抽せん分より停止されます。 次の各号の事由が一つでも生じたときは、当行から通知することなく、会員は当然にその資格を失い、本サービスは終了します。 1 指定預金口座が解約されたとき• 2 会員が死亡したとき• 3 住所変更の届出を怠る等により、当行においてお客さまの所在が不明となったとき• 4 支払の停止または破産もしくは民事再生手続開始の申立があったとき• 次の各場合には、当行からの通知によって、会員はその資格を失い、本サービスは終了します。 1 会員が本規定に違反したとき• 2 その他当行がとくに必要と認める事由があるとき• 前2項により、会員が資格を失った場合でも、すでに購入申込がなされた宝くじについては、本規定が適用されるものとします。 ただし、申込済の自動購入取引は、本サービスを終了した翌日以降の抽せん分より停止されます。 第19条 変更• 本規定は、民法第548条の4の規定に基づき変更されることがあります。 変更を行う旨および変更後の本規定の内容ならびにその効力発生時期は、効力発生時期が到来するまでに、電子メール送信、ホームページ掲載またはその他相当の方法により周知いたします。 第20条 準拠法・管轄• 本契約および本契約に基づく諸取引の契約準拠法は日本法とします。 本契約に基づく諸取引に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

次の