まどマギ2やめ時。 【完全版】まどかマギカ2(まどマギ2) 設定差まとめ|解析 設定判別 ART直撃 小役確率 魔女の結界

パチンコ・まどマギのスペックや信頼度を徹底解説!!

まどマギ2やめ時

打ち方:フリー打ち• 成立役:ベル or リプレイ or チャンス目B 中段リリベでチャンス目B! 中段にベル停止• 打ち方:フリー打ち• 成立役:ベル or ハズレ or 突入リプレイ or 転落リプレイ 中段にBAR停止• 成立役:中段チェリー or チャンス目A 中段チェリーの可能性もあるアツい停止形! 中段にスイカ停止• 打ち方:フリー打ち• 成立役:スイカ スイカ確定。 中段にチェリー停止• 打ち方:左にチェリー狙い• 成立役:弱チェリー or 強チェリー リーチ目 ボーナス終了画面の液晶タッチ ボーナス終了画面での液晶タッチによるセリフ示唆は健在。 今作では設定示唆となっている。 2つを合算すると設定5なら約BIG5回に1回、設定6なら約BIG4回に1回程度出現する確率になるので、BIGをそれなりに引いているにも関わらず1度も確認出来ないようなら高設定の可能性は低くなります。 上記の上乗せ抽選に当選した場合は下記の割合で内容を振り分け。 今作の「まどマギ2」にも非常に大きな期待が寄せられます。 システム面では穢れや特化ゾーンなどの良い所を残しつつ進化させた印象。 マギカクエストは偽物語の倍倍チャンスに近いタイプの特化ゾーンで特定マスでの引きが明暗を左右します。 PVでは「ワルプルギスの夜の継続大幅アップ!」といった記載も見られるのでこちらは突入率を下げて、メインで突入する特化ゾーンはマギカクエストといった感じでしょうか。 機械割が判別していない現在では総評は避けますが、前作は良く打った台だったのでかなり期待しています!.

次の

まどかマギカ2 スロット 天井 設定 ボーナス終了画面 フリーズ 評価 穢れ

まどマギ2やめ時

この記事に書かれている内容は…• pachist. 各演出とチャンスアップパターンを、ステージ別に見てきましょう! 【鹿目家ステージ】 ・おっきろー演出:たつやが起こすとチャンス ・朝の食卓演出:導入時まどか・パパとママがキスするとチャンス ・洗面所演出:導入時に洗面台・まどかの着替えでチャンス ・まどか部屋演出:まどかアップ・ほむら登場でチャンス 【学校ステージ】 ・授業演出:先生のアップ・ほむらを指名でチャンス ・体育演出:ハイジャンプ・華麗な着地でチャンス ・屋上演出:背景カットインあり・ほむら登場でチャンス ・渡り廊下演出:まどかアップ・ほむら登場でチャンス 【放課後ステージ】 ・アイス演出:杏子が笑顔・アイスの本数が多いとチャンス ・マミさん部屋演出:豪華な料理・まどかアップでチャンス ・プリクラ演出:豪華なプリクラ機・ほむら&まどか写真でチャンス ・カフェ演出:まどかがうつむく・ほむら登場でチャンス 【夕方ステージ】 ・街灯演出:導入時に街灯が点滅でチャンス ・車通過演出:バス・タンクローリーが通過でチャンス ・影演出:影が大きいとチャンス ・ほむらとまどかの会話演出:赤セリフだとチャンス ・魔女探索準備演出:導入時に表札・ほむら登場でチャンス ・お見舞い演出:2人の距離が近いとチャンス ・シネスコ発展:ボーナスorARTの大チャンス 【ステージ共通の激アツ演出】 ・キュゥベえルーレット演出:赤背景ルーレットでチャンス ・ほむら部屋演出:導入時に杏子アップでチャンス ・魔法少女変身演出:発生すればレア役orボーナス!? ・望遠鏡演出:杏子アップ・ほむら登場でチャンス ・ステチェン:ステージチェンジ発生時は色に注目(通常<赤<虹) ・スクラッチ演出:発生でレア役以上濃厚 ・インキュベーターの歴史演出:CZorボーナス濃厚 ・タッチ演出:タッチ演出はどこで発生しても激アツ ・カウントアップ演出:カウントが進むほどチャンス ・疑似連演出:まどかまで継続すれば確定 ・次回予告演出:発展先を示唆する激アツ予告 【前兆ステージ】 ・使い魔通過演出:使い魔が左から通過でチャンス ・噴水演出:背景にキュゥべえがいるとチャンス ・徘徊演出:魔女の口づけや仁美登場でチャンス ・魔女探索セリフ演出:文字の色が赤いとチャンス ・ソウルジェム演出:ほむらが登場でチャンス ・路地裏演出:文字の色が赤いとチャンス ・BAR演出:発生時点でアツイ 【連続演出(ミッション系)】 ・射的だ!マミさんVSお菓子の魔女:マミカットインでチャンス(期待度:18. 7%) ・さやか&杏子の吹っ飛べ!キュゥべえ:さやかの剣が大量ならチャンス(期待度:22. 9%) ・まどか&ほむらの弓道一直線:まどか&ほむらが矢を放つとチャンス(期待度:40. 8%) ・全員集合!水着DEビーチバレー:さやか&杏子の攻撃ならチャンス(期待度:88. 3%) 【連続演出(バトル系)】 ・VSハコの魔女(期待度:65. 3%) ・VS薔薇園の魔女(期待度:68. 1%) ・VS鳥かごの魔女(期待度:85. 7%) ・VS忘の魔女(期待度:100%) 【共通のチャンスアップ】 連続演出発展時は、タイトル文字の色に注目しましょう。 どの演出も共通して、赤文字以上なら、チャンスアップとなります。 タイトルの色による期待度は、以下の通りです。 ・赤:85. 6% ・花火柄:98. 【結果パート時・枠エフェクト色別の期待度】 枠が赤まで変わった場合の期待度は、80%超なので、期待大ですね! 【結界会話演出の赤セリフの期待度】 結界会話演出の赤セリフは、更に期待度が高く、最低でも89%超となっています! 【使い魔撃退演出 必殺技発生タイミングによる期待度】 必殺技発生時は、プッシュボタンが基本的に発生しますが、もし発生しない場合は、激アツとなります! 【結界キュゥべえ演出の期待度】 キュゥべえの後ろの背景が満月だと、期待度97. 13%となります! なお、ボーナス期待度もアップします。 【魔女登場演出の期待度】 次回予告は、機種を問わず、激アツ演出ですね! 【背景演出】 ハズレに対応しています。 背景と、枠のエフェクトの色が対応しており、矛盾するとART確定となります。

次の

まどマギ・まど2・実戦・立ち回り・狙い目・設定差

まどマギ2やめ時

どーも! パチ7ライターの鬼くんです。 10月はパチスロの新台が出なかったので、今回は番外編! 最近また見直され、支持を集め始めてるについて書きたいと思います。 この台、 でレギュラー入りするほど優秀な台なんです。 選んでるの僕ですけど(笑) 導入からだいぶ時間も経っているので、機種の基本情報の説明は省きますね。 僕が本機を推す一番の理由は高設定台を見抜きやすいから。 要素を細かくみていけば高い精度で推測できますし、実際に勝てているので重宝しています。 しかし決して良い事ばかりではなく、確認しなくてはいけない要素が多い分、手間は増えますし、悩む場面も多く訪れます。 ある程度慣れている僕だって悩む時があるくらいです。 設定推測をしながら打つ事に慣れてない人だと、ヤメるにヤメられなくなって気がついたら大負け。 なんていうパターンにもなりかねません。 信用できるパーラーであれば、 この2つが出た時点で設定6と思って全ツッパでいいでしょう! また、これらはなるべく早く見切るためのチェックです。 決め手がなくズルズルと3000G以上回してしまう場合もありますので、上記のようにもうひと縛り設けておくのもいいでしょう。 実戦してみると、最初は早い見切りに後ろ髪を引かれると思いますが、引き際が重要だという事を忘れずに。 高設定を見抜くと同時に、低設定を回避するためのものですからね。 9 (39回) 本記事で「簡単」を謳ってますが、それは別にライトユーザーに向けて書いているというわけではありません。 もちろん簡単なので設定推測が不慣れな人にもできますが、当然ガチ勢の皆さんにも試してもらいたいものです。 「 早見切りの根拠が欲しい」そんな時は是非実践してみてください。 あと、今回みたいな展開になった時はつくづく思いますが、やはりパーラーのクセを知らずには打てないなと。 正直なところ今回の場合、設定6が使われている確信があって、それでもまだどの台が設定6なのか分からない状態であればヤメてないですからね。 中間設定をバラまいて茶を濁すパターンもある事を知ってたからヤメようと思えたわけです。 クセを掴まないまでも、過去データを見てみて設定6を使うパーラーかどうかは知っておきたいところですね。 最後に、今回の記事内容はあくまで朝イチから打つ場合の立ち回りをまとめたものです。 夕方から立ち回る場合はこんなにドッシリ打っていたのでは上手く勝てません。

次の