間違い探し歌詞意味。 菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味を解釈!米津玄師が作詞で世界観がすごい!(パーフェクトワールド主題歌)

King Gnu『白日』歌詞の意味を考察・解釈

間違い探し歌詞意味

スポンサーリンク 槇原敬之は2020年でデビュー30周年! 槇原敬之は澄んだ歌声と素晴らしい楽曲を、私たちにずっと提供し続けてくれています。 そんな槇原敬之も、ついに2020年にはデビュー30周年を迎えるのです。 このように考えると、ふと自分自身の昔を振り返る人もいるはず。 槇原敬之の歌を聴いて、青春時代を過ごした人はとても多いですよね。 心に寄り添ってくれるような曲が多いので、聴くことによりパワーや癒しをもらえたという人もいるでしょう。 聞き間違いの歌詞の意味について 大切な人が近くにいること、これが当然になってしまいそうになる時も。 でもこれは当然ではないと、気付かされてくれる曲なのです。 伝えてほしいと思う言葉を、自分に言ってくれた人の存在を忘れることはないでしょう。 その時の風景と共に、いつも思い出す時があるのです。 二人で歩いていく時間や日々の中、色々な思いを持つ場面もあるでしょう。 でも変わらないものがあることについても、気づく時があるのです。 とても歌詞が美しく素晴らしいので、じっくりと聴く価値のある曲と言えるでしょう。 人は心に余裕がないと、音楽から離れてしまう時もあります。 でもこういう時こそ、このような素晴らしい歌詞の曲を聴くようにすると、見えてくる景色があるはず。 日常の忙しさ、そして苦しさや辛さに押しつぶされてしまうような時も。 でもこの歌を聴くと、人の価値とは?ということについても教えてくれるのです。 日々は旅の途中で、私たちはこの旅をこれからも続けていくのでしょう。 そしてこの旅は、大切な人と一緒に歩んでいきたいもの。 こう考えると、今近くにいる大切な存在について感謝したい気持ちになるのです。 照れてしまって言えない、でも伝えたい思いがありますよね。 この歌は、それを伝える勇気を与えてくれるものでもあります。 大切にしたい人を、大切にできる自分でいたい。 このために何ができるのかを、これからも探しながら歩いていく。 人はやはり旅の途中なのでしょう。 槇原敬之の魅力満載のアルバム カバー曲については賛否両論ありますが、曲や歌詞をどのようにとらえて、そして表現しようとしているのかにより、オリジナルとはまた違った魅力が生まれるのです。 実際に槇原敬之のカバー曲については、聴いていて新鮮な思いを持ったり感動したりすることができるものが多いので、とても魅力があると言えるでしょう。

次の

【菅田将暉/まちがいさがし】の歌詞の意味を徹底解釈

間違い探し歌詞意味

「まちがいさがし」の楽曲ができるまで 灰色と青で出会えて以来、会えばその都度「なんかやりたいね」という話を続けてきて、出来上がったのがこの曲でした。 彼の歌を聴くたび、バーンと喉から勢いよく飛び出してくるその声に毎度震えます。 いろんな人に早く聴いてほしいですね。 僕と同じように思うはずです。 <菅田将暉さんコメント> 四畳半の個室で「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 その後、お互いに何か作りたいと思う気持ちはあったのでしょう。 米津玄師さんは菅田将暉さんの能力を高く評価しており、米津玄師さんの方から 猛アプローチがあったのだとか。 米津玄師さんは、菅田将暉さんが歌う姿をイメージしてこの楽曲を作られています。 また、菅田将暉さんも自分しかわからない自分の苦しみを対象者がいることで苦しみの存在を肯定し、その温かい気持ちを大切に歌に込め、表現されたうようですね。 この楽曲「まちがいさがし」ができるまでの深い成り立ちを感じます。 — sudalove🍑🍑🍑 suda0626love MVにまで米津玄師みを感じるな… まっすぐ、染み込む感じ。 — ちゃー。 菅田将暉、横浜流星垢。 でも、もし正解の方だったら出会えていないと・・ 何と出会えていないのでしょう? それは米津玄師さんの続きの言葉 、「でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」という部分です。 今の目の前の人との出会いがあるのは、まさに自分が間違いの絵の方に生まれたからということを言っています。 間違いの絵の方には生まれたからこそ出会えたなんて、実際にはそれで正解だったのかもしれないですよね。 相応しく笑い会えること なぜだろうか涙が出ること ともに笑い合えたり涙したり、そんなことができる関係性の相手がいることって素敵ですよね。 そんな 喜怒哀楽を表現できることの温かみを歌っています。 君の目が貫いた僕の胸をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で退屈なくらいに 何気なくそばにいて ここで 「君」と「僕」 の解釈ですが、もし米津玄師さんが菅田将暉さんに贈った歌だとしたら、 「君」 は菅田将暉さんで 「僕」 は米津玄師さんになります。 仮定の話ですが、「君」は菅田将暉さんで「僕」は米津玄師さんという設定で読み解いていきますね。 菅田将暉さんの目が米津玄師さんの胸を貫いたという表現からもわかるように菅田将暉さんを見た瞬間、米津玄師さんは心を奪われているということがわかります。 辛かった深く暗い時期に、風に飛ばされ消えてしまいそうなくらいにか細い自分に対して、何気なく隣にいてくれた君の存在が大きくて、僕の世界を変えたということでしょうね。 2 人の関係が始まったきっかけが、米津玄師さんが菅田将暉さんへの猛アプローチだったということからも米津玄師さんが惚れ込んでいる様子がよくわかるフレーズですね。 間違いだらけのささいな隙間で くだらない話をくたばるまで 正しくありたい会えない淋しさが 何を育んだでしょう ひとつずつ探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 間違いばかりの人生だったけど、その要所要所でくだらない話を尽き果てるまで話せた存在。 そして正しくありたい僕が君に対しての募る想いを綴っていますね。 ひとつずつ探し当てていこうとは何を探し当てていくのでしょうか? 起きがけの子ども という表現から推測してみると、子どもは「夢」や「希望」に満ち溢れた存在のため、「夢や希望」といった素敵なものを見つけていきたいと表現しているのかもしれません。 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんて どうでもよかった 菅田将暉さんとの出会いや友情は米津玄師さんにとっては大切なもので、それは僕が生まれた間違いや正解の意味なんて君という存在があればどちらでも良かったんだと歌っているように感じます。 また、 菅田将暉さんと女性とを重ね合わせ、僕が愛する君という風にも考えられる意味を持っているのでは?と考えます。 ここでも、米津玄師さんが菅田将暉さんにまるで恋をしているような、 尊敬の友情を深い愛情に置き換え表現しているように感じます。 瞬く間に落っこちた淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないとただ強く思うだけ 淡い霧の中で君の存在を再確認するという行為は、 現実というモヤがかかった正解のわからない世界 の中で、隣にいる君の存在がいかに有り難いかということがわかったと読めるのではないでしょうか。

次の

RADWIMPS「最大公約数」歌詞の意味解釈・解説!計算間違い?

間違い探し歌詞意味

2019年1月期の日本テレビ系の土曜ドラマ「イノセンス」の主題歌として、常田大希さんが書き下ろした楽曲です。 2019年2月28日からYouTubeにて公開されたミュージックビデオでは、全編モノクロで音楽の演奏のみの構成となっています。 この曲が持つ、「孤独な感じと物悲しさ」が表現されたMVですね。 ちなみにタイトルとなっている『白日』は、『 はくじつ』と読みますが、意味としては、「 照り輝く太陽 真昼 」、「 身が潔白であることの例え」となっています。 このタイトルの意味は、歌詞の中にどのように隠されているのでしょうか? 歌詞の意味を解釈してみたいと思います。 その相手を傷つけてしまった「罪」が、あとあと分かった「 罪悪感」をこの歌詞は意味していると思います。 「雪が降り頻ろうとも」という歌詞からも主人公の心の寂しさが感じ取れます。 主人公にとって、過去の思い出を振り払うことはとても辛いことなんでしょうね。 この歌詞は、「今まで自己中心的にモノを考えていたけど、自分以外の人のこと思って生活するには、自分中心のモノの考え方ではいけない」と自分なりに答えを出した瞬間でもあると思います。 この歌詞での「正しいこと」とは、「 自分にとって都合のいいこと」と解釈しました。 「例え、相手を傷つけてしまったことを自分の中で忘れようとしても、これからも忘れることは出来ない」という意味に思います。 「今日だけ」という歌詞からも、『ほんの一時でもいいから、「罪」を忘れたい』という押しつぶされそうな「罪悪感」を感じ取れます。 が発する「こうして欲しい」というようなサインを見逃し続けていたのでしょうね。 そのことを後悔して、過去を思い出しながら、どんなことが相手を傷つけたのかを思い出しているのではないでしょうか。 「朝目が覚めると別人に変われないかな?」という主人公の「罪悪感」から逃避したい思いが歌われた歌詞ですね。 そのあとの「それでも愛し愛され」という歌詞で、『人 自分を含め には「 愛」が必要なんだ』という主人公の心情を歌っていると思いました。 『 自分は人生で後悔ばかりしている。 でも他の人も一つや二つぐらいは「取り返しのつかない過ち」を犯しているだろう』という自分に対しての慰めと、「うんざりする」という言葉で、「後悔ばかりの人生」に嫌気が差していることが分かる歌詞になっていると思います。 以降は1番サビ部分と同じ内容となるため、省略させて頂きます。 この『白日』という曲は、主人公が別れてしまった彼女に対し、無意識のうちに傷つけてしまったという「罪」をひたすら後悔するという曲に思えます。 個人的には、ドラマ「イノセンス」の内容をもっと身近な「罪」に置き換えて歌った曲に感じられましたが、「恋愛」という部分だけではなく、「家族」や「友達」にも当てはめられる歌詞にも感じます。 きっと共感出来る方も多いのではないでしょうか?.

次の