方位 磁石 見方。 方位磁石の見方や使い方!赤い針の意味は?|つぶやきブログ

意外と知らない!正しい方位磁石の見方とは?ドライ・オイル式の違いも紹介!

方位 磁石 見方

方位と方災 関連項目 九星の基本(相生・相剋) 祐気取り 時刻の九星(時間の調べ方) 方災 方災とは、凶方位を犯すことで被る災禍を言います。 旅行などは、季節や週末や祭日を利用して出かける。 転居は、暮らしてみたい環境などを重視か、転勤はほぼ強制的、ほか何らかの事情があって引っ越す。 どちらも吉方へ出掛けたり・転居を行っていれば、運勢の波風はあろうと基本的には物事が順調に運ぶはずです。 逆に、凶方位へ出掛けたり・転居など行っていれば、順調に思えても自ら災いを招いたり、突然の災難・災禍に見舞われやすい。 特に、五黄殺方位は、五黄土星の象意として自ら壊す、つまり癌など罹患しやすいので要注意です。 方位とは、自分の住んでいる場所から、東・西・南・北などの12方位をさします。 例えば、 東京から、北海道は北・東北にまたがり、関西は西方位、四国・九州の南部は南西になり、 自宅を中心にしてより詳しく方角の確認を必要とします。 地図と方位の基本的な見方 北海道(札幌軸) 関 東(東京軸) 関 西(大阪軸) 九 州(博多軸) 方位は、自分の住んでいる場所により、東北・東・東南・南・南西・西・西北・北の各方位に該当する範囲が異なります。 ・東・西・南・北の範囲は、中心線から左右15度(計30度)、 ・東北・東南・南西・西北の範囲は、中心線より左右30度(計60度)になります。 ・十二支の12方位の範囲は、30度になります。 例えば、 北は、子の方位で30度。 地図上に九星盤を重ねて方位をみますが、地図と九星盤の方位の向きに注意。 毎年変わる九星により各方角に回座する九星も異なり、毎年の吉・凶方位も変化します。 九星盤の見方は、地図に当てはめる時は上下を逆さにしてみます。 九星盤は、通常 上:南 ・ 下:南 地図上では、 上:北 ・ 下:南 真北と磁北の違い 真北と磁北と偏角 地図に表す「北」の向きには、「真北」、「方眼北」、「磁北」の3種類があります。 真北は、地軸上の北を「真北」。 地理学などで使う北の向きで、2万5千分1地形図など経緯度で区切られた地図は「真北」を上にしている。 磁北は、方位磁石が示す北の向きで、場所により異なる。 偏角は、地域により「偏角」の差は違ってきます。 方位を確認する上で「方位線か正方位線」を引きますが、実際にに用いる北は「磁北」になります。 各都道府県の凡その西偏角の一覧 気と方災 気が付くまでの日数 気 ・気そのものには、吉凶の別なく、相生・相剋や吉神・凶神の象意が現れる。 ・気は、良くも悪しくも「45日」で付くと云われています。 ・吉方位へ転居等を行った時は、最初の45日間は必ず23時迄に帰宅します。 ・吉方位へ転居した時は、最初の45日間は外泊や旅行なども避けます。 ・転居の場合は、約半年間は、23時迄の帰宅と外泊は慎んだほう良い。 ・良い気を得るには、相生の方位を活用します。 45日 方災が及ぶされる期間(年限) 方 災 方災とは、凶方位を用いたことから起こる災禍をいいます。 ・年や月の五黄殺・暗剣殺・破れ(歳破・月破)を用いたあとに必ずでる災いです。 ・相剋の方位を用いても出てきます。 ・定位対中の方位も出てきます。 但し、用いる・用いないの見解があります。 具体的には ・転居や海外旅行が、気の影響を受けやすい。 ・災禍は、仕事・事故・病気・様々なトラブルなど多種多様です。 ・五黄殺方位を用いると、五黄土星の象意から癌になるケースが多いようです。 ・暗剣殺方位を用いると、他動的な事故や事件に巻き込まれるケースが多い。 方位 : 期間 年の凶方 : 50 年 月の凶方 : 5 年 日の凶方 : 50 日.

次の

方位磁石の見方や使い方!赤い針の意味は?|つぶやきブログ

方位 磁石 見方

この「二十四山方位盤」は全方位を24の方位に分けるため、八方位の一つの方位をさらに3つに分けています。 方位盤と家相盤(家相方位盤)の違い:2つの種類 方位盤と家相盤(家相方位盤)には、違いがあります。 ここでは、その違いについて解説していきます。 方位盤:方位だけ書かれている 方位盤とは、方位のみが書かれているもののことです。 このような方位のみが書かれている方位盤は、 どちらの方位に家のどのような設備を設置すればよいか自分で調べる必要があります。 方位盤に書かれている方位が何を意味するのか、よく勉強してから使うようにしましょう。 jugem. この家相方位盤(家相盤)を用いることで、家相に対する知識があまりなくてもその家の家相の吉凶を調べることができます。 方位盤の使い方 ここでは、方位盤の使い方を解説していきます。 宅心を探す まず、家の中心である宅心を探しましょう。 宅心とは 家の四隅を対角線で結び、その対角線が交わったところの事です。 この方法で宅心を見つけることができるのは、家の平面図が正方形又は長方形であるときのみです。 家の平面図の形が複雑な場合には、どのような方法で宅心を見つければよいのでしょうか? そのような場合は、 家の平面図を厚紙に張り重心が取れる場所を探します。 この方法で重心が取れる場所が見つかれば、そこが宅心になります。 方位磁石で方角を探す 次に方位磁石を使って、家の方位を探します。 家相を判断したい家が、どちらの方角を向いているか正確に調べるようにしましょう。 これで、家相を見る準備の完了です。 方位盤は透明のほうがいい 方位盤は紙などで作られた不透明なものと、プラスチックなどで作られた透明なものがありますが、透明な方位盤を使用することをお勧めします。 透明な方位盤であれば、 宅心に方位盤の中心を合わせることも簡単にできますし、平面図に重ねた時に間取りの方位も見やすいためです。 方位盤を南北の線と宅心に合わせて方位盤の角をマークし、最後に線で結べば、家相を見る準備の完了です。 家相の方位盤を使う際に知っておきたい事 家相の方位盤を使う際には、いくつか知っておくべき事柄があります。 ここではその知っておきたいことを解説していきます。 鬼門(北東)と裏鬼門(南西) 方角の中には、鬼門(北東)と裏鬼門(南西)というものがあります。 鬼門とは その名の通り鬼(邪気)が出入りする門(方角)と考えられており、不吉な方角とされています。 また、裏鬼門(南西)とは、鬼門の反対側の方角のことです。 陰陽道においては、この裏鬼門(南西)も鬼門(北東)は不吉な方角とされています。 方位盤による鬼門(北東)と裏鬼門(南西)とは、 鬼門(北東)は「丑寅」、裏鬼門(南西)は「未申」の方向です。 鬼門(北東)や裏鬼門(南西)の方角には、玄関(門)、キッチン、水回り(トイレ・バスルーム)の3つの設備を設置は避けるべきとされています。 また、それ以外にも建物の形状の凹凸も作るべきではありません。 鬼門(北東)家相が悪いと、 財産や親族間の人間関係に問題が出る、幼児の病気や子宝に恵まれないなどの影響が出ると言われています。 また裏鬼門の家相が悪いと、忙しく疲れやすい、努力が報われない、夫婦間にトラブルが起こる、妻に難が及ぶといった影響が出るとされています。 鬼門(北東)・裏鬼門(南西)共にあっても良い設備は、寝室・子ども部屋・書斎などです。 鬼門(北東)・裏鬼門(南西)の禁忌には、昔の生活に根差した知恵が影響しているとも言われています。 昔は水回りの換気が悪かったため、鬼門(北東)に水回りがあると冬は冷えや湿気、空気のよどみなどの原因となりました。 また裏鬼門に台所を設置すると、 もちろん昔は冷蔵庫などがないため、日が差す夏場は特に食品が腐敗しやすいといったデメリットがあったと考えられます。 このような理由から、現代でも家相の点において、鬼門(北東)・裏鬼門(南西)には設置するべきではない設備が定められているのです。 正中線と四隅線(しぐうせん) 正中線は、 方位盤上で東西の線と南北の線が重心で直交した十字の線、四隅線とは北東から南西の線が重心で直交したX字の線のことです。 この四本の線上に、建物の欠けは厳禁とされています。 また、トイレやシンク、バスルームやごみ置き場、浄化槽などの「不浄物」がかかることも家相上悪いとされています。 さらに、キッチンや門、出入り口(玄関、掃き出し窓など)がかからないようにすることが家相上大切です。 それ以外にも火気が発生するストーブやポリバケツなどのごみ入れを置くことも望ましくありません。 鬼門と裏鬼門に関してはご存知の方も多いと思いますが、 正中線・四隅線についてはあまりよく知らないという方もおられます。 家を建てる際には、正中線と四隅線にも注意して設計を行うようにしましょう。 八方位・二十四山方位の五行 家相は陰陽五行に密接なかかわりを持つものであるため、八方位にはそれぞれ五行(木火土金水)が定められています。 八方位と五行の関係は以下の表のとおりです。 下の図の北の方位エリアには、 中心に「子」と都の両サイドに「壬(みずのえ)」と「癸(みずのと)」が入っています。 この「子」、「壬」、「癸」は全て水の五行であるため、北は「水の五行」となります。 木火土金水の五行には、それぞれ相性の良し悪しがあるため、家の間取りを考える際には、この相性にも気を配らなければなりません。 ですので、 土の五行である北東と南西、火の五行である南のエリアに水回りを配置することは家相上よくないということになります。 特に土の五行である北東と南西は鬼門と裏鬼門に当たるため、水廻りの配置は特に望ましくありません。 このように、 家を設計する際に家相を考えるためには、方角に対するさまざまな知識が必要となるのです。 html 新築注文住宅は家相のプロに無料相談しよう 新築注文住宅を建てる場合、まず家の設計から行うことになります。 その場合、土地の建ぺい率や容積率などの制約以外にも、家相を考えて設計することが望ましいといえるでしょう。 家相の考え方は単なる迷信ととらえる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし家相は、 昔の生活の知恵に則った暮らしやすい家づくりにも通じるため、おろそかにしないほうが良いでしょう。 ですので、良い家相の家を設計し建てるためには、プロの意見を聞くことをお勧めします。 相談するだけなら無料という設計士もいるため、気軽に相談してみましょう。 プロなら適切な間取りを考えてくれる 一般的な建築士であれば、 建ぺい率や容積率など法律上の土地の制約のみを考えて家の設計を行います。 しかし家相にもこだわるのであれば、家相にも精通したプロに設計を依頼しましょう。 このような家相に精通したプロであれば、 土地の法律上の制約のみではなく、家相の面からみても適切な間取りを提案してくれます。 せっかく家を建てるなら家相の良い間取りにしよう 家を建てるということは、ほとんどの人の場合一生に一度の大きなイベントになります。 そのようにして建てる家なので、 家相にも気を配って建てることをお勧めします。 新築の家で幸せなトラブルのない生活をおくるためにも、家相の良い間取りの家を建てましょう。 無料診断ができる一括資料請求サービスがおすすめ 家相の良い新築注文住宅を建てる場合には、家相の良い家であるかどうかを診断してもらうようにしましょう。 その際必要な資料を業者に請求して、 費用がいくらぐらいかかるのかを把握しておく必要があります。 ですので、新築注文住宅の建築を依頼したいと思っている業者には、必ず見積もりを出してもらうことが大切です。 この時に一つの業者にのみ見積もりを依頼するのではなく、 複数の業者に依頼することがポイントになります。 しかし、複数の業者を自分の足を使って訪問し見積もりや資料を収集することは意外と面倒なことです。 そのような場合は、一括資料請求サービスを利用することをお勧めします。 このサービスを利用することで、家にいながら希望する複数の業者の資料を手に入れることが可能になります。 新築注文住宅を建てようと思った際には、まずこのサービスを利用して各業者の資料を入手し、建築を依頼する業者の選定に役立てましょう。

次の

方位磁石の見方や使い方!赤い針の意味は?|つぶやきブログ

方位 磁石 見方

コンパスは磁北に対しての 相対角度を示す物です。 コンパスの機能としては見ての通り、単に方位を示すにすぎませんが、コンパス無しでは知らない土地で行動できません。 ここでは磁針とリング、ベースがある構造のコンパスを説明していきます。 山の店で"SILVA COMPASSES" Made in Sweden エバニュー取扱 等の名前で2000円くらいで売っています。 別に"SILVA"じゃなくてもいいけど。 コンパスの使い方として以下のものがあります。 任意の方位を示す。 ベースの矢印を任意の方角(好きな方角)に向かせて、磁北との相対角を読む。 「こっちの方角はどの方位かな〜?」という使い方。 定規で「これは何cmかな〜?」と測る様なもの。 あらかじめ設定した方位を示す。 ベースの矢印(度数線)とリングの矢印を任意の角度(好きな角度)にとり、リングの矢印を磁北に合せる。 「俺は北北東に進むんじゃい!」という使い方。 定規で「何cmの線を引く」様なもの。 基本操作 各部名称 ベース 四角い板の部分です。 ベースの矢印 この矢印を目的の方向に向ける。 度数線 ベースと連動しています。 リングの度数目盛を読みます。 磁針 磁北を示します。 常に北を向いています。 リング 方位の度数目盛が振ってあります。 リングの矢印 リングと連動しています。 磁針と方向を合わせます。 [注] 上記の名称は必ずしも一般に通用するとは限りません。 ベース:baseplate リング:bezel と呼んだりする事もあります。 ] [ 0] 初期状態 今はコンパスをただ置いてある状態です。 磁針が斜め上に向いています。 磁針はコンパスをどの方向に向けても、常に 北を指示します。 [ 1] ベースの矢印を好きな方位に向ける さて、任意の方位を調べてみましょう。 ベースの矢印を好きな方位に向けて下さい。 例えば目の前にある山の方でもいいです。 [ 2] リングの矢印を磁北に合せる 次にベースの矢印の向きをそのまま動かさない様にして、リングを回してリングの矢印を磁針の北に合せます。 そしてリングの方位の度数目盛を読みます。 度数線(ベースの矢印の根元)と重なった方位がベースの矢印の方位です。 これでベースの矢印を向ければどんな方位でも分かりますね。 [ 2] リングの矢印を磁北に合せる リングとベースの位置関係は動かさずに、ベースごと回します。 そしてリングの矢印を磁北に合せます。 一回設定すればコンパスをポケットにしまってもリングがずれる事はめったにありません。 以上で使い方は終わりです。 ]も最終的には• リングの矢印を磁北に合せる• リングの度数目盛を度数線で読む という点は共通しています。 コンパスの機能はたったこれだけですが、地図と組合わせると威力を発揮します。 磁北と偏差 実は磁針が指す北( 磁北)は真北とちょっとだけズレています。 このズレを 偏差と言います。 なぜ偏差があるかというと、地球の磁北の極(北磁軸極)と北極点が一致しないからです。 地球の磁北の極(北磁軸極)はグリーンランドの北、スミス海峡付近にあり、長い時間かけて少しづつ移動しています。 右の図"N"が真北(延長線上に北極がある)で、矢印が磁北(延長線上に北磁軸極がある)です。 紫の部分が 偏差です。 参考Web• 大雑把に使う分にはあまり偏差を気にしなくてもいいと思いますが、偏差の補正のやり方を書いておきます。 使用する地図に偏差分傾いた磁北線をあらかじめ引いておきます。 [参考文献] SILVA COMPASSES 取扱説明書.

次の