グラタン とは。 グラタンとは (グラタンとは) [単語記事]

夕飯がグラタンのときはご飯?パン?管理栄養士に聞いてみた

グラタン とは

スポンサーリンク グラタンとドリアの違い レストランの人気メニューと言えば、大勢の子供たちにも大人気のグラタンやドリアでしょう。 どちらも上に美味しそうなトロトロのクリームがかかっていて、見た目にもたいへんよく似たメニューと言えます。 しかし、グラタンとドリアには、基本的に言って二つの面で大きな違いがあると言われています。 その一つは使われている素材であり、もう一つはこれらのメニューが生まれた国です。 これらの違いをはっきり理解した上でそれぞれのメニューを楽しむことができます。 グラタンとドリアそれぞれの具材の違い グラタンとドリアには、使われている素材の点で一つの大きな違いがあります。 もちろんグラタンにもドリアにも共通して使われている素材があり、それは野菜や肉類のほかにベシャメルソースや卵黄、パン粉やチーズなどです。 しかし、ドリアにはグラタンに使われていないある素材が使われており、それがライスなのです。 簡単に言えば、素材としてライスが入っているのがドリアで、ライスが入っていないのがグラタンであるというわけです。 グラタンとドリアが誕生した国とは グラタンとドリアが誕生した国にも違いがあります。 表面の焦げた薄皮という意味を持つグラタンは元々フランス語で、グラタンを焼くとまるで表面が焦げた薄皮のようになるということから、この名がつけられました。 つまり、グラタンはフランスで誕生したメニューなのです。 それに対して、ドリアは何と日本で誕生したメニューです。 老舗ホテルの料理長が、フランス料理であるグラタンを日本人に食べてもらえるようにと考案し作り出されたのがドリアであるというわけです。 スポンサーリンク.

次の

フランスでは人気!? 甘~い“フルーツグラタン”とは?|ウォーカープラス

グラタン とは

グラタン皿の選び方 高温調理ができる耐熱調理用を選ぶ グラタン皿は必ず「オーブン使用可」「耐熱調理用」と記載のあるものを選びましょう。 グラタンは180度以上にもなるオーブンで調理するため、耐熱性ではないお皿を使うと割れてしまう危険があります。 中には直火や魚焼きグリルで使用OKのものもあります。 幅広い使い方をしたい場合は、オーブン・直火OKのグラタン皿を選ぶといいでしょう。 素材は主に4種類ある 和食に合う陶器 陶器は土でできた焼き物です。 土ならではのざらっとした温かみのある質感で、和食にもよく合います。 冷めにくい性質があるためグラタンを熱々のまま保ってくれます。 衝撃に弱く割れやすいのがデメリットです。 割れにくい磁器 磁器は石でできた焼き物です。 ツルツルした質感で、衝撃に強く割れにくいのが特徴です。 水や汚れが染み込みにくいため、洗いやすく清潔に保つことができます。 ただし、保温性はあまりありません。 汚れを落としやすいセラミック セラミックは陶器や磁器とは違う原料を使った焼き物です。 シリコンや炭化物など様々な種類があり、衝撃や耐熱性に優れています。 ビビットなレッドやブルーなどカラーも豊富で、汚れを落としやすいのも特徴です。 冷蔵にも強い耐熱ガラス 出典: 耐熱ガラスはガラスなので割れやすいですが、熱にも冷蔵にも強いため使い勝手がいいのが特徴です。 保温性も高いため、グラタン皿としてもバッチリです。 洋風のイメージに仕上げたい方におすすめです。 大きさや深さをチェックする グラタン皿は一人用からみんなで取り分けて食べる大きいものまで、サイズが豊富です。 一人用の容量は300〜400mlが目安とされています。 深さがあるものはアヒージョやスープなど、その他の調理に使うこともできます。 また、深いものほどグラタンの表面と中身の焼け具合に差が出てきます。 好みの火の通り具合を考え、深さを選びましょう。 電子レンジで使えると調理が楽に オーブンで使える耐熱性であっても、レンジで使用できるとは限りません。 電子レンジ対応のグラタン皿を選ぶと、冷めたグラタンを温め直すときも便利です。 また電子レンジで使えるものだと、グラタン調理以外でもグラタン皿を活用しやすくなります。 オーブンから取り出しやすい形状もある グラタン皿は高温になるため、持ちやすいかどうかが大切です。 厚手の鍋つかみでもすべらずしっかり持てるよう、長めの取っ手がついているものがおすすめです。 オーブン内で移動しやすいよう菜箸を引っ掛ける穴があいているものもあります。 汚れが落ちやすい加工がされているか グラタン皿はチーズのこげや濃厚なホワイトソースがこびりつきやすいですよね。 フッ素加工など汚れが落ちやすい加工がしてあると、食器洗いやお手入れが楽になります。 食器洗浄機を使用している方は、食器洗浄機対応かどうかもチェックしておきましょう。 グラタン皿を使ったおすすめレシピ グラタン皿はグラタンだけでなく、様々な料理に応用できます。 今回は、グラタン皿を使ったキッシュのレシピをご紹介します。 STEP1:具材を切って炒める ほうれん草やじゃがいもなど具材を食べやすい大きさに切ります。 フライパンにバターを熱して、火が通るまで軽く炒めます。 STEP2:卵液をつくる 卵・塩コショウ・生クリームを混ぜて卵液をつくります。 STEP3:グラタン皿に入れてオーブンで焼く グラタン皿にSTEP1で炒めた具材を敷きつめます。 チーズを振りかけたあと卵液を流し込み、180度のオーブンで25分焼いて完成です。 詳しい材料やレシピは、動画で確認できるこちらを参考にしてください。

次の

ラザニアとグラタンの違いは?メイン具材の違いが1番大きい!

グラタン とは

グラタンはの一つである。 やと並ぶのの定番である。 概要 のドーフィネのが発祥と言われている。 はにや・・などを用いる場合が多い。 特にそのの中にやなどを入れると一層美味しくなると言われている。 似たようなにがあげられるが、こちらはごはんをに調理したものである。 他にもとかもあげられるが、こちらはの一種である。 代表的な作り方• とを切ってなどで炒める• を茹でておく ゆで時間はにて確認 もしくは好みで• にを入れを入れてを少しずつ加えながら混ぜて行く を加え煮たせてを作る• 1.2. 3を全部混ぜる 味をなどので調整していく• グラタン皿に4.を入れてや粉などを振りかけてで焼きがつくまで焼く• さまざまなグラタン• グラタン• グラタン• グラタン• グラタン• グラタン• グラタン• グラタン• グラタン• グラタン 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• タンク - 『』に登場する万。 通称、称は「グラタン」。

次の