ボイス ドラマ。 ウルトラマンゼットとゼロの出会いを描くスピンオフボイスドラマを毎週土曜9:30に配信!『ウルトラマンZ』をさらに楽しめる関連名作配信も毎週月曜日18:00に実施決定!

ラジオドラマ

ボイス ドラマ

2019年7月13日から土曜夜22時に放送されているドラマ『ボイス 110緊急指令室』は、唐沢寿明演じる敏腕刑事と真木よう子演じる声紋分析官が協力して事件を解決していくタイムリミットサスペンスです。 2017年に放送された韓国ドラマ『ボイス~112の奇跡~』の日本版リメイク作品で、韓国版はアクションとサスペンスとヒューマンドラマが見事に融合した良作として、放送局OCNで歴代最高視聴率を記録しました。 この記事ではあらすじ、キャスト情報の他、ドラマ放送にあわせて、毎週各話のあらすじ・ネタバレを更新!見逃した人、先週のストーリーをおさらいしたい人は、目次から「【ネタバレ】ドラマ「ボイス110緊急指令室」の各話あらすじをおさらい」をクリック! 3年前に正体不明の暴漢に妻を殺された敏腕刑事・樋口彰吾を唐沢寿明が演じます。 勘と行動力で突き進むタイプの昔かたぎな刑事で、情に厚く、後輩からも信頼されている男。 ECUの班長として召集されますが、橘ひかりが室長だと知った樋口はチームに入ることを拒みます。 「今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです」というコメントから作品に対する自信がうかがえます。 7月13日に放送される第1話に、ゲストキャストとして若手女優・吉川愛と「フリースタイルダンジョン」で有名なラッパー・般若の出演が決定しました。 吉川は吉田里琴名義でドラマ『オー! マイ・ガール!! 』などで子役として活躍したのち、一時は芸能界から離れていました。 その後、2017年に現在の芸名で復帰しています。 彼女が演じるのは、ドラマの舞台であるECU エマージェンシー・コール・ユニット に最初に通報をする女子大生・荻原夏美です。 般若が演じるのは、吉川演じる荻原夏美を誘拐する犯人・川島武雄です。 3年前、「ハマの狂犬」と呼ばれていた強行犯係の樋口 唐沢寿明 は、妻の未希 菊池桃子 から着信があるも、仕事中で出られませんでした。 未希はそのとき殺人鬼に追われていて、110番に助けを求めます。 対応したのは緊急指令室のひかり 真木よう子。 怯える未希はまともに受け答えできず、電話が切れてしまいます。 ひかりが上司の指示でコールバックすると、「助けて」と声が聞こえます。 しかしコールバックの着信で居場所が犯人に分かってしまい、未希は殺されてしまったのです。 そのときひかりは「調子に乗るからだ」という犯人の声を聞いていました。 そして上司はひかりに全責任を押し付けます。 樋口は現場に駆け付け、泣きながら未希の遺体に話しかけます。 その後の捜査で分かった、犯人の男と思われる自宅に押しかけ、「どうして殺した」と何度も殴りました。 1ヶ月後。 裁判では、ひかりは「この男は犯人ではない」と証言。 通話記録を聞くと、なぜか犯人の声が消されています。 樋口は犯人をかばっていると思い、ひかりに対して激怒します。 ネタバレを見る 3年後、交番に異動した樋口は未希を殺したとされる男が失踪したため、行方を追っていました。 ひかりは科捜研で実績を積み、緊急指令室の室長になります。 そして緊急指令室にECUを設置したいと目論んでいました。 そんな時、夏美 吉川愛 という女性から誘拐の通報が入ります。 夏美は誘拐される際「何かキラキラしたものを見た」と言います。 樋口と後輩の石川 増田貴久 が現場に到着し探すと、夏美は隙を見て勝手に部屋の外へ出てしまいました。 夏美は部屋の前にブローチを落としたことで犯人に見つかってしまい、暴行を受けます。 ひかりはその犯人が女性連続殺人事件の犯人だと断定します。 樋口は必死に夏美を探します。 そしてひかりに「お前が一番通報者の近くにいる、キラキラしてるものを見つけ出せ」と言い、水の音とキラキラからアクアショップに夏美がいると導き出します。 ちょうど事件発生から10分が経過したときでした……。 ネタバレを見る 彼女は12歳のころ事故で一時期目が見えなくなり、そのときに絶対聴力を身に着けていました。 そして3年前、樋口の妻が殺害された事件の真相を語りました。 3年前、ひかりの父も樋口の妻と同様に殺されていました。 偶然現場を巡回していたときに犯人に出くわし、顔を見られたため殺害されていたのです。 しかし彼女の父は事故死扱いとなり、真犯人は警察をも動かせる人物だとひかりは思っていました。 そんなとき、樋口の妻を殺害し逃亡していた相良 平原テツ が死んだという連絡が入ります。 現場は自殺だと言っていますが、樋口とひかりは自殺ではないと判断。 警察はあくまで自殺と発表し、裏から手が回っていることを確信します。 妻殺害の真相を聞いた樋口は、ECUに入ることを決断します。 すると同じくECUに誘われていた栞 石橋菜津美 から、妹の葵 矢作穂香 が拉致されたと連絡が入ったのです。 ネタバレを見る 樋口は、犯人は大柄だったと証言し、大森は小柄で細身のため犯人ではないと考えていました。 そんなとき犯人の車が見つかり、中で大森が練炭によって亡くなっていました。 葵の姿はありません。 ECUでは、新田がレイプ動画を撮影し世界中に配信していることが判明します。 ひかりも新田を怪しんでいて、自ら接触。 しかし新田はひかりを襲い潜んでいたもう一人の男に頭を殴られ、拉致されてしまいます。 緊急配備を行っても一向に新田は見つからず、警察の動きが分かっているのではと睨みます。 ひかりは山の中で目を覚まし、穴に埋められそうになっていました。 葵の解放を願うひかりに、新田は樋口の妻が殺された事件の真犯人は自分だと言い始めます。 ひかりは否定しますが、新田は警察の無線を聞いていたのでした。 ひかりは穴に埋められてしまい、樋口は新田を発見するも逃げられてしまいます。 ひかりが埋められていると知らず、車の中にいると樋口は再度追跡しますが……。 樋口 唐沢寿明 とひかり 真木よう子 は、警察の中に協力者がいるとして引き続き捜査をします。 すると犯人には、顎だけでなく歩き方に特徴があることが分かります。 ECUには栞 石橋菜津美 が配属されました。 栞が最初に取った通報は、なんと6歳の歩 正垣湊都 が母親の奈央 ソニン にお腹を刺され、洗濯機の中から通報してきたものでした。 歩は母親の名前も知らず、部屋から出たことがないと話します。 奈央は歩を探し回りますが見つかりません。 樋口 唐沢寿明 と部下の石川 増田貴久 は現場の団地に向かいますが、部屋数が多く現場が特定できません。 実は歩には兄、姉もいましたが、海に出かけてから帰ってこないとのこと。 歩も養子縁組で、他にも被害に遭った子供がいたことも分かります。 ネタバレを見る パパが来るときにはカラカラという音が鳴るということから、ひかりはその音を風鈴だと特定します。 樋口は別の部屋の虐待の事実を発見するも、歩が見つかりません。 すると洗濯機の中で携帯を落とし、歩は奈央に見つかってしまいます。 ひかりは電話越しに奈央を説得し、母親自身も虐待を受けていたことを知ったのです。 樋口はようやく歩の部屋を特定しますが、母親が呆然としているだけで歩がいませんでした。 ECUは奈央の夫が歩を連れ去ったと考えますが、奈央は幼いころ義理の父に酷い虐待を受けていたことが発覚。 樋口は団地の管理人に子供が隠せそうな場所はないか尋ね、機械室を案内されますが、その瞬間に樋口が倒れてしまいます。 管理人は、自分が義理の父であり、奈央に虐待していたことと歩を連れ去ったことを証言。 樋口は実は倒れたふりをしていて、会話を録音していました。 保険金目当てで子供たちを殺し、奈央の夫も殺害していたことを認め、歩は隣の部屋から無事発見されます。 一方、樋口は情報網のチンピラから、顎を鳴らす男が不動産会社の社長ということを知ります。 しかしそれが判明した瞬間、複数のチンピラに襲われてしまったのです。 樋口 唐沢寿明 の消息が絶ち、石川 増田貴久 は樋口のGPSを頼りに現地へ向かいます。 ECUメンバーだけでなく、沖原 木村祐一 ら強行犯係も探しに向かいます。 ひかり 真木よう子 は樋口の電話の音から現場を特定。 目を覚ました樋口の前にはカチカチと顎を鳴らす男、上杉 手塚とおる が現れ樋口の妻を殺害したことを自供します。 ひかりは新田 森本悠希 が亡くなる最後の言葉が「硫黄」であったことを思い出し、現場を製糸工場と特定。 樋口は上杉の部下を倒し拘束を解き、上杉の元に向かいます。 しかし相手に銃口を向けられた瞬間、強行犯係が突入し樋口は助かります。 またもや上杉を取り逃がした沖原に対し樋口は、疑いの目を向けます。 ネタバレを見る 上杉は指名手配され、沖原は何者かに「樋口に勘づかれた」と電話をします。 沖原は会員制の高級クラブで女性にハメられ、脅されていたのです。 樋口は3年前の通話記録を消したのは沖原ではないと思い、本当の黒幕が署の中にいることを確信します。 大企業である本郷ホールディングスの会長、本郷 伊武雅刀 に会った上杉は、「雫と同じようにわが子だと思っている。 今は逃げろ、3日後に立て」と逃走資金をもらいます。 しかしこのままでは逃げられないと上杉は伝えます。 そんなとき、樋口の息子の大樹 鳥越壮真 の元に、パパの友達と名乗る男からラジコンがプレゼントされます。 大樹は入院中で、面会に来ていた石川が帰ったと同時に怪しい男に襲われます。 怪しんでいた石川が戻ったため無事でしたが、犯人は逃走し石川ともみ合いになります。 落とし前をつけると決意した沖原は、あるクラブへ。 上杉を監視カメラで見つけた沖原を追いつめたとき、何者かが現れ沖原は拉致されます。 顎を鳴らすその男、雫 伊勢谷友介 は沖原に鉄球をふりかざしたのです。 ネタバレを見る 樋口は、未希 菊池桃子 が「調子に乗るからだ」と言われて殺されたことから、通り魔ではなく、上杉の犯行ではないと確信し始めます。 本郷 伊武雅刀 は上杉を逃がすよう、警察上層部に圧力をかけます。 そんな中、人質を道連れに屋上から飛び降りようとしたDM建設派遣社員・高木 芹澤興人 から入電があります。 飛び降りそうになった高木を樋口が助けますが、このDM建設は劣悪な現場で働き体調を崩している作業員がたくさんいることが分かります。 その高木をDM建設に派遣したのは上杉の会社で、ソーシャルワーカーとして働いていた未希は上杉の会社に人材を派遣していました。 そんな時、上杉の側近が警察に捕まります。 未希は路上生活者をワーグナー商事という会社に数名紹介していましたが、全員行方不明になっています。 ワーグナー商事はペーパーカンパニーで、未希は派遣した人たちの行方を捜していました。 するとひかりの携帯に、未希と未希が派遣した行方不明者の一人が付き合っていたという匿名のメールが入ります。 高木もその噂を知っていました。 ひかりに打ち明けられた樋口は、頭を抱えます。 上杉は雫に助けを求めるも、樋口を殺すことを条件に出されました。 そこで上杉は樋口に、真犯人を教えるから逃がすよう取引を持ち掛けます。 警察に内通者がいると疑っている樋口は一人で向かうと、そこには上杉の死体があったのです。 ネタバレを見る ひかりは樋口に、ECUに内通者がいると告げます。 そしてそれは石川 増田貴久 だと推測。 その夜ひかりが家に戻ると、外から砲丸を持った男の足音に気づきます。 樋口に連絡し包丁を持ちながら外を見てみると、覗き返す目と3年前の事件の録音データが流れます。 ひかりは真犯人と確信し外に出ました。 すると超音波が流れブレーカーが落ちます。 ひかりが殺されそうになった瞬間、樋口が駆け付け、助かったのです。 ひかりは、真犯人は楽しんでいると確信。 そして未希 菊池桃子 は不倫をしておらず、音声データは作られたものだと分かります。 謹慎中なのに出勤した樋口を特捜部は責めますが、石川が警察内部で署名を集め、謹慎命令は不当だと訴えたため謹慎は解かれました。 田所に呼ばれたひかりと樋口は、任意の聴取に来ていた雫と対面します。 震えるひかりは、声や背格好から雫が真犯人だと確信します。 すると樋口は雫の胸倉をつかみ、絶対捕まえると宣言。 そんなとき、本郷ホールディングスが取り仕切る工事現場で暴動が起きたと通報が入ります。 現場に向かうと大きな音がしました。 地下トンネルで崩落事故が起こったのです。 本郷ホールディングスが取り仕切る地下鉄駅の現場で、トンネルが崩落する事故が起こります。 樋口 唐沢寿明 と石川 増田貴久 はひかり 真木よう子 に連絡し、中に残っている作業員を探すことに。 ひかりが電話の音を頼りに探すと、残りの1人を発見。 そして、直後にガス爆発が起こりました。 ただ全員無事に救出されたため、ECUは安堵に包まれます。 樋口は本郷ホールディングスの現場で事故が相次いでいることを知ると、そこに雫 伊勢谷友介 が現れました。 そばにいた石川の顔は強張ります。 雫からわざわざ電話で「これから長い付き合いになりますよ」と連絡を受けていたのでした。 ひかりは内通者である石川はチームから外すと言うも、樋口はその件は自分が探ると告げたのでした。 ネタバレを見る 樋口は調べで、石川の父が勤めていた工事現場で、父の居眠りが原因で1人作業員が亡くなっていることを知ります。 そのときに来たのが上杉 手塚とおる で、石川はしつこく絡んできた上杉の部下を突き飛ばし殺してしまったのです。 弱みを握られた石川は、上杉そして雫の言いなりになるしかありませんでした。 樋口は石川を呼び出し、拳銃で樋口を打つように告げます。 石川は泣きながら拳銃を置き店を後にします。 すると石川の元に雫から連絡が入ります。 その頃、ひかりはある事実を突き止めていました。 雫は幼い頃、父の本郷 伊武雅刀 が殺人を犯したところを目撃し、翌日に母が自殺していたのです。 すると石川から「兄貴、借りを返します」と連絡が入り、樋口は急いで石川を探します。 石川は雫に「もう言いなりにはならない」と言うも、何度も殴られます。 気絶した石川が目を覚ますと、雫は鈍器を持っておりそれを振りかざしたのです。 樋口 唐沢寿明 は石川 増田貴久 を助けるために別荘に向かうと、地下室で横たわる石川を発見します。 すると後ろから雫 伊勢谷友介 が現れ銃撃戦に。 樋口の弾が雫の肩を貫通したときに強行犯係が現れ、雫を取り押さえたのでした。 雫が逮捕されたニュースが流れると、本郷 伊武雅刀 は雫が搬送された病院の院長に連絡を入れます。 その後、なんと雫は容態が急変し意識不明になったというのです。 そして、雫は隠し持っていた青酸カリで自殺をし死亡したと樋口とひかりに連絡が入り、2人はすぐに病院に向かいます。 実はそれは院長が偽装したもので、雫は地下駐車場から逃げていきました。 本郷は雫に韓国行きのチケットを渡します。 雫は本郷が人を殺しているのを見た時「父さんは嬉しそうだった」と狂ったように笑い出し、本郷は何も言えずその場を去りました。 ネタバレを見る 樋口たちが出航する雫を待ち構えていたところ、ひかりは署長室に呼び出されます。 するとなんとそこに雫の姿があったのです。 ひかりは人質に取られ、ECUに「これから橘ひかりを殺す」と入電があります。 緊急指令室に閉じこもった雫は、ひかりを鈍器で殴ろうとしました。 すると雫の腕に銃弾が貫通。 それは隠れていた樋口が撃ったものでした。 樋口ははじめから雫は逃亡せず、ひかりと自分を殺しに来ると思い署内に待機していたのでした。 樋口は雫を何度も撃ち、鈍器で殴ろうとします。 しかし鈍器は雫の顔の横に落ちます。 樋口は、雫にとって刑務所で平凡に生きるのが一番の苦痛だと思い、殺しませんでした。 そして雫を無事逮捕。 ひかりと樋口は、父と妻の事件現場でそれぞれ手を合わせます。 重体だった石川も快方に向かっていました。 雫は車を降りたところを、逃亡していた本郷に刺され死亡します。 本郷も自らを刺し「地獄で会おう」と自殺したのでした。 ECUは正式に発足となり、樋口は新たな事件現場に向かっていました。

次の

土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』キャスト・見逃しあらすじネタバレ一覧 唐沢寿明主演で日本リメイク

ボイス ドラマ

樋口と雫が直接対決! は石川を探しに雫の別荘へと向かう。 そこで樋口は雫の車と真新しい血痕を見つけたため、が中にいると確信する。 別荘の中で石川は血まみれになりながら必死に雫に抵抗していた。 しかし雫に殴られ蹴られ、石川の意識は遠のいていく。 そして鈍器のようなもので雫は石川を何度も何度も殴るのだった。 樋口は別荘の中に入るものの人気がなく、雫と石川がどこにいるのか分からなかったが、ひかりが現場音を聞いて地下室の存在に気が付き、地下室へと向かう。 雫はその様子を防犯カメラで見て楽し気に笑っていた。 そして雫は遠隔操作で別荘内のセキュリティを強化するのだった。 なんとか樋口が地下室に辿り着くものの、そこで樋口が目にしたのは血まみれで横たわる石川の姿だった…。 すると後ろから雫が登場し樋口に奇襲を仕掛ける。 樋口と雫は激しい銃撃戦を交え、樋口は「ここで路上生活者を殺していたのか!それに気づかれそうになってうちの奴を…!」と怒りに震える。 そんな樋口に雫は「調子に乗るからだ。 それに真実を打ち消したのはあなたの弟分ですよ」とあざ笑う。 激闘の末に樋口が打った銃が雫の肩を貫通する。 するとその時、強行犯係が到着し、雫を取り押さえるのだった。 雫が服毒自殺?! 現場に合流したは、楽し気に笑う雫に「もう逃げられない」と告げるが、雫は尚も笑い「私は狂っているんですか?私から見ればあなた達の方がよほど狂っている。 何が楽しくて毎日生きているのか。 」と言いのける。 その後すぐに雫が逮捕されたというニュースが全国放送で流れ、本郷ホールディングスは炎上し、本郷ホールディングスと繋がっていた港東警察署長・田所賢一も地位を失うことになった。 その頃、雫の父で本郷ホールディングスの会長は、雫の搬送先の院長に怪しげな連絡を入れていた…。 樋口とひかりの元には、雫の容態が急変し意識不明だと無線が入る。 不審に感じた樋口とひかりは病院へと向かうのだが、たった今雫が青酸カリを使って服毒自殺を図り死亡したと告げられる。 そして雫の処置を施したのは院長だという。 するとその時、雫を乗せたストレッチャーが地下駐車場から運び出されたことに気付き、二人は急いで地下駐車場へと向かう。 そして雫が車で運び出されたと同時に二人が到着し、急いで緊急指令室に今出ていった車の車両照会をするよう指示するが、偽装ナンバーのため調べることはできなかった。 雫は会長のもとに到着し、会長は雫に韓国行きのチケットを渡す。 そんな会長に雫は「僕がこうなったのは誰のせい?今まで僕がやったこと何も言わなかったじゃない。 」と告げ、会長は「お前の罪は私の罪だ。 お前のためならなんでもする。 とにかく今は身を隠せ。 そして生きてくれ。 」と言う。 すると雫は「あの日、父さんは嬉しそうだった。 父さんが人を殺した時、父さんは嬉しそうだった。 」と狂ったように笑いだし、会長は何も言葉を発することが出来なかった。 ひかり絶体絶命! 樋口達は雫が出航するであろう港へ待ち伏せする。 間もなくして雫の車がやってくるのだが、こちらに気が付いた雫は逃亡を図る。 そんな時、ひかりは署長から呼び出しがかかる。 ひかりが署長室に向かうと、署長の席に座っていたのは田所ではなく、雫だった…。 先ほど港に現れたのは雫ではなく、偽装工作だったのだ。 緊急指令室には雫から「急いでください。 これから私は橘ひかりを殺します。 」と通報が入る。 間もなくして雫がひかりのこめかみに銃を突き付けながら緊急指令室に入ってくる。 雫は「全員外に出てください」と命令し、扉のロックをかける。 そしてひかりを今にも撲殺しようとしながら「さて、生きてるうちに樋口彰吾は到着できるかな」とニヤニヤ笑うのだった。 そんな雫にひかりは「あなたは悲しい人よ。 孤独なのよ。 私ならあなたが抱えてきた悲しみを聞くことができる。 」と告げるが、雫は「哀れみなどいらない。 」と言って振りかぶるのだが…。 その時、雫の振り上げた腕に銃が貫通する。 樋口が撃ったのだ。 樋口は初めから雫が逃亡する気などないと見抜いており、港に一度行ってから再び緊急指令室に戻ってきて中で待機していたのだ。 雫の驚きの末路 樋口は雫の額に銃を突きつけ、「ここがお前の墓場だ」と告げ、その後雫がいつも使っていた鈍器のような凶器を雫に向けて振りかぶるのだが…雫には当てず雫のすぐ横に落下するのだった。 樋口は「俺はどうやったらお前を一番残酷に殺せるか考えてたんだ。 でもお前に会って全て無駄だと分かった。 生きろ。 平凡な日常を生きてみろ。 それがお前にとって一番の苦痛だ。 」と告げ、「本郷雫!殺人容疑で逮捕!」と叫ぶのだった。 その後、樋口は一人息子の大樹が入院している病室を訪れ、寝ている大樹に「大樹、パパ約束果たしたぞ。 悪い奴捕まえた。 夢の中のママ、笑ってるか?」と囁くのだった。 翌日、ひかりは父の殺害現場を訪れ、花をたむけていると、樋口も未希の殺害現場に花をたむけて「待たせたな、未希」と告げていた。 重体だった石川は目はまだ覚まさないものの容態は安定し、快方へと向かうのだった。 雫の末路はというと、なんと会長に刺されて死亡し、会長も「雫、地獄で会おう!」と叫び、自らの腹部を刺して自殺するのだった。 その後、ECUは正式に発足となる。 ついに最終回を迎えました! 最初から最後まで1分たりとも目が離せない緊迫したシーンが続きましたね! 樋口は雫を殺さず、雫にとって一番の苦痛になるであろう「平凡な生活」を送らせることを選びました。 確かに雫を殺したところで、『狂人』の雫にとってはそんなこと辛いことではありませんもんね。 しかし、なんとラストで雫は父親である本郷会長に刺殺されましたね!会長も自殺しましたし、この展開にはとても驚きました。 また、石川が死なないでくれて本当に良かったです。 あんなに雫に殴られても生きているなんてすごいです。 早く元気になってまた樋口とバディを組んで欲しいです。 このドラマは1話から最終話までずっと脚本も出演者の演技も素晴らしくて飽きることなく毎週楽しく視聴することができました。 とても素晴らしいドラマでした! ドラマ「ボイス 110緊急指令室」最終回10話のTwitterの反応と考察 めっちゃ面白かった。 最終回も、最初から最後まで見応えあって最高。 — 100万円当選の為に生きる。 あとちょいグロある。 ちょいね。 最初は怖そうで見ないかもと思ったのに惹き付けられて終わってしまうの寂しいです。 『ボイス』(보이스)は、OCNを運営する韓国のケーブルテレビ「CJ ENM」で放送された韓国のテレビドラマである。 日本では『ボイス〜112の奇跡〜』のタイトルでDVD販売、動画配信が行われている。 シーズン1は2017年1月14日から3月12日まで全16回にわたって放送。 主演はチャン・ヒョク。 シーズン2は2018年8月11日から9月16日まで全12回にわたって放送。 主演はイ・ジヌクとイ・ハナ。 シーズン3は2019年5月11日から放送されている。 主演はイ・ジヌクとイ・ハナ。 2019年7月期に日本テレビにおいて、『ボイス 110緊急指令室』(ボイス 110きんきゅうしれいしつ)のタイトルでリメイクの上、放送される予定。 より引用 ボイス 110緊急指令室 関連記事・2019夏ドラマネタバレ感想記事とキャストあらすじまとめ記事.

次の

ボイス 110緊急指令室■最終回10話ネタバレ感想!~樋口は雫を捕らえることが出来るか!?驚きの結末!!~無料で1話~最終話の見逃し動画を見る方法|ドラマ情報サイトのドラマイル

ボイス ドラマ

ファン待望のシーズン2では、「112」 日本でいうところの「110」 への通報があった後、3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙、という被害者の安否を分けるタイムリミット「ゴールデンタイム」内に、誰よりも早く現場に向かい、通報電話から事件の手がかりを見つけ出す「112通報センターゴールデンタイムチーム」の活躍ぶりが、前作より更にパワーアップした緊張感溢れるストーリー展開で描かれている。 また、現代社会に蔓延る犯罪を扱い、深く描かれる被害者たちなどの人間ドラマも視聴者を引きつけ、視聴率は前作を上回り、最終話は最高視聴率7. 「ボイス」の勢いはまだまだ止まらない! 「リターン -真相-」「グッバイ・ミスターブラック」イ・ジヌクが新キャストとして合流! 協調性ゼロで一匹狼のクールな刑事役を熱演!! 「リターン-真相-」での熱血刑事役も記憶に新しいイ・ジヌクが、前作のチャン・ヒョク演じるジニョクに代わり新たにゴールデンタイムチームに加入! 彼が演じるト・ガンウは、かつて相棒を殺された事件の真犯人逮捕に向けて執念を燃やす一方で、知られざる過去を持つ陰のある役どころ。 鋭く深い眼差し、本音が分からない冷たい表情と、ジニョクの感情を剥き出しにする「熱い男」とはまた違った雰囲気を放っている。 協調性がなく、犯罪者の心理が読めることから周りから「サイコパス」と陰口を叩かれる一匹狼だが、時折人に寄り添うような優しさを見せ、次第にゴールデンタイムチームと協力し合い人間味溢れる一面も見せるようになるト・ガンウを、イ・ジヌクがワイルドな風貌、華麗なアクションと共に熱演。 112通報センターを指揮するセンター長として、研ぎ澄まされた感覚と的確な指示で事件を解決へと導き、そのカリスマ性は前作よりも更にパワーアップ! 「ナイショの恋していいですか!? 」などラブコメディでの活躍が多かった彼女だが、シリアスな演技もすっかりハマリ役となり、「ボイス」シリーズになくてはならない存在となった! CNBLUEイ・ジョンシン、入隊前最後のドラマ出演作! ミステリアスな男を怪演し、強烈なインパクトを残した! 「ラブ・トライアングル~また君に恋をする~」「猟奇的な彼女」など、俳優としても活躍しているCNBLUEのイ・ジョンシン。 ある日、地下鉄で立てこもり事件が発生。 グォンジュはチームのメンバーとともに解決に導く。 だがその矢先、連絡が取れずにいたチャン出動チーム長が車で人を撥ね、自殺したと連絡を受ける。 グォンジュが現場に駆けつけると、そこには遺留品を持ち去ろうとする謎の男、ガンウ(イ・ジヌク)が。 彼は3年前のある事件で相棒を失い、休職中の刑事だった。 今回の事件と3年前の事件を同人物の犯行だと主張するガンウを信じ、グォンジュはガンウを新たな出動チーム長として指名。 真犯人を捕まえるべく、協力して捜査に乗り出すが…。

次の